ニュースに掲載

…されてました!!


『渋谷に10代を対象にした「街の保健室」―性に関する悩みに対応』
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=905030&media_id=5


ここに、スタッフとして参加してます。

仕事が忙しくなっちゃって、週1ペースでしか、はいれてないけど。

インフル然り、感染症は国際問題。
さらに、日本は、先進国の中でも未だHIVが増えている。


元気で生まれて、生きてるって当たり前じゃないよ。

自分で守れる健康もあるよ。

他人事じゃなく。
未来をつくるひとたちに、若い頃から、
からだやいのちを大切にしてほしい。

と思ってたので、こういう活動できるのを待ってました。


入場無料なので、
手づくりがんばったポップ&看板たちを見に来てくださいわーい(嬉しい顔)

じゃなくて。

涼しいし、お菓子もあります。
永遠のティーンズの方々も、
歩き疲れにふらっと立ち寄って、
ふ~んって思っていってください。

興味のある方(専門職はもちろん、じゃない方もOK)、
ボランティアもお待ちしてます♪
AD

弱肉強食

テーマ:
急な夏日到来に伴い、
衣替えをしました。

季節外の衣たちは実家に置いてあるため、
取りに帰ると…

ない。

ない!!!

なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!


どうやら、父が、間違って捨てたらしい。

捨てていい群と、
絶対間違っても、何があっても捨ててはいけない群の袋を、
あってはいけない思い込みで取り違えた…らしい。


残ったのは、捨てていいもんばっかり。
消えたのは、全部高値のものばっかり(私にしては)。

あー。毎年楽しみだったあのスカートも。
あー。思い出深いあのボレロも。
あー。鮮やかで好きだったあのワンピも。
あー。夏こそは!のマリントップスも。
あー。1度しかはいてない新品の短パンも。

あー。あれもこれも…。


思い出せば出すほど、
おもしろいほど寝られなくなり、
うなされ続け―

翌日は、胃がキリキリ子。胃薬も利かず。
午後からは、丸2日以上、お腹が壊れっぱなしときたもんだ。
過敏性大腸炎に違いない。。。


父に言ったら、しょげてしまうのはわかっていたけど、
ここは一言、かーなーりー、抑えて言わせてもらった。

わめかないのが逆に怖かったのか、


・・・そっかー。悪かったなぁ。

と、雨に打たれた子犬のように言うから、
それ以上訴えられず、余計に夜な夜なうなされる。。

まして、お腹壊したなんて言ったら、
父もお腹壊すは想像に易し。
血吐いちゃうかも。

あまりにも貧弱な理由…
に、負けず劣らず貧弱な胃腸。
と、それに似合う貧弱父子。

あー。タイムマシンで取りに戻りたい!!!!
AD
大学院の後輩(明らかに人生の先輩)にご入学の看護協会の方々に、
診療所日記を勧められたので、備忘録。


応援してくださった皆様、ごめんなさい。
日本の途上国で仕事して、早、半月。
2日前、退職してまいりました。

実習並の短さです!

しかし、私は長いほう。
1日、3日、1週間で辞める人もザラらしい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

道を挟めば、ホテル街。
最寄の駅は、歓楽街。

患者さんの属性は、
「職業=フーゾク」と答えちゃうひと、
同伴した通訳にも日本語が通じない国のひと、
元男性・今女性のひと…。

毎日、中絶手術でも、
性感染症だらけでも、
母子離れ離れになることがわかってるお産でも。
社会の闇を支える医療も必要です。

だけど。

ここにいたら、私、いつか患者さんを殺しちゃう!
ような場所でした。

日本なのにねー…。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
<疑問だらけのDr(ドクター)>
・86歳のおばあちゃん医師は、
 よたよた、よぼよぼ。
 目も悪いから、患部以外をピンセットでつまんじゃう。
 
 →イテテテ! で。
 
 座っておしゃべり&顕微鏡で細胞見る係に、プチ隠居。
 だけど、みんなに同じ診断?!
 正確性は疑問です。

 幸か不幸か、跡継ぎもいるわけで…。

・3浪の末、お金で医大に入った息子(おばあちゃん談)御年60歳。
 国家試験はお金で買えず、3回失敗。
 案の定、診療しないで、
 2階でぬくぬくテレビ漬け。
 向上心のかけらもないが、ワイドショーには、勉強熱心。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
<お役所の命令>
・衛生局の指導勧告は、トーゼン無視。


<Drのコミュニケーション能力>
・妊娠判明時、必ず最初に「で。今回どうします?」
 …他に、もっと聞き方ないの?

・お薬説明時は、誰かれ構わず「薬入れるのは、お仕事終わってからですよ」
 …みんなが、夜のお仕事とは限らないのにボケーっとした顔

・「出産はお金がかかるから」→迷ってる人には中絶の勧め。
 …中絶手術=自費診療で、病院側はいいんだろうけど泣き顔


<診察>
・おばあちゃんは動けないから、診察は准看任せ。
 …内診さえ違法なのに、そこまでやんの?

・息子「○○ちゃん(おばあちゃんの呼び方)」は、患者さんの質問に答えられず。
 …知識浅すぎ。

・過去の搬送記録を読んでも、明らかに判断ミス。
 …赤ちゃん死ななかったのが奇跡。

・妊娠高血圧症、妊娠糖尿病の患者さんも放置。
 …すっかり症状出てるのに?

・私が指摘しても、「食事指導でいい」との返答。
 …そんなんで 治るわけナイだろう?

・分娩後も1日以上寝かせたまんま。帝王切開後は3日寝かせきり。
 …いつ歩くの?腸くっついちゃうよ?

・「根拠は?」と訊いたところで『うちは昔からそうだから』
 …医学の進歩はなんのため?


<オペ>
・息子の「技術を試したい」って理由で、時々行う帝王切開。
 …でも、未熟すぎて、ヘルプの医師(他院)へ執刀変更。

・麻薬の使用や管理も曖昧。
 …その麻薬、期限平気?えー!使っちゃうの?

・オペ中の記録?ありません。
 …バイタルも、薬剤も指示も闇の中♪

・要入院の中絶時期でも、日帰りで。
 &胎児は医療廃棄物。
 …いのちの尊さなんて説けません。。


<記録>
・記録はチラシの裏に。もちろん、罫線さえもなし。
 …切りっ端だけど、いいですか?

・ついでに、サインレス(サインなし)。
 …1000円以下の買い物ですか。

・時間も適当。
 …AM?PM?行ったり来たり、時間旅行。


<勤務>
・医師2名(実働0名)+准看2名
 +助産師1名(私だけ)+時々ヘルプの助産師1名。

・入院があれば、3日帰れないのは当たり前。
 …日勤→連続夜勤→当直明けのまま日勤→そのまま夜勤→リピート。
  住み込み気分で、って言われてもあせあせ(飛び散る汗)

・おばあちゃんの食事の世話から、自宅兼診療所の掃除まで。
 …お手伝いじゃないっつーの。

・シフト勤務を提案しても、必要な人材がわからない経営者(医師)。
 …ただ、誰でも雇えばいいってもんじゃないよ。

・この半月で新しく来たのは、おばあちゃん専用の准看。
 …もちろん、話し相手採用。
  でも続くかどうか。


<身に迫る危険>
・どんな感染症も、1つの消毒薬でオールオッケー。
 …なわけないよね?効く菌と効かないの、あるよね?

・記録にしても、医業にしても、責任の所在が不明瞭。

・院長の責任逃れ→事務になすりつけた過去あり。

              などなど
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

これほど、何かあってもおかしくない現場なのに、
何かあった時の対策がなく、毎日ヒヤヒヤ。

日本なのに、カルチャーショックで毎日葛藤。
「昔のまま」から脱しない姿勢にキレて、
勝手に変えようと思ったけど、所詮、雇われの身。

あーこの診療所は、
妥協か辞職の二択なんだ、と思いました。

患者さんは、日本人じゃなくても、ここは日本です。
守れる命は、守らなきゃいけません。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

尊敬できる40年戦士のヘルプ助産師さん、
疑問を抱きながら働く事務さん、
素直で一生懸命な患者さんたちと会えてよかったし、

どうにも役立たずなDrに代わり、
しようかしまいか悩むヒマなく、
助産師外来をできた経験は◎?

お産難民も多い昨今、
こんな場所さえ必要としてる患者さんがたくさんいるのに。
あー、この診療所、もったいないなぁ。

だけど。

患者さんのために努力しないDrとは、
一緒にチームを組めないし、
安全が保障されない医療は提供できないわ右斜め下

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

というわけで、冒頭の
患者さんを殺しちゃう!危機感につながるというわけです。

4月からは別の仕事。
助産じゃないけど、新しい領域で働きます。


長くなりましたが…
こんな診療所もあるんですねー。
病院も選びモノですねー。
AD

途上国で働きます

テーマ:
…と言っても、国内なんだけど。

日本に、しかも身近に、そんな場所があるなんて信じ難いことでした。


日本なのに、日本の患者さんは、ほとんどいない。
10人中、1人いたらいいほうです。

日本語?英語?通じません。
多種多様なアジアの言語。

ある意味、どんな国際病院よりも、国際的なんじゃ?


先進地区からわずかしか離れてない一角。
近寄りがたい場所ゆえに、見向きされず、取り残されてしまったような…。
昼でも通るのをためらってしまう、黒くて荒廃した地区に、
その診療所はありました。


決してキレイとはいえない、
設備も整ってない古い診療所。
集まるのは、他院に行けず、困ってるひとたち。

でも、助産師不足で、閉院の危機。


場所柄、多い感染症に、
日常茶飯な、望まぬ妊娠の対応。
しあわせなお産ばかりじゃない。

産んでほしい!と望んでも、
言うのは簡単・産むのは本人。

産む・産まないじゃなく、育てられるか、られないか。

始めからわかってながら、
虐待や、施設児を増加させてまで、
産んでもらうのがよいのだろうか?

きっと、生命の始まりや尊厳に、毎日直面する現場。


でも―
祖国の家族へ仕送りするため、
身売りしかないって言われたら、
身代わりも、肩代わりもできない。


生まれたくても、生まれてこられない命。
生まれることを許さない社会。

途上国で感じた、
医療だけではどうにもならない やるせなさ。


救えるはずの命があるなら、
そのために社会を変えなきゃ!と、
ジャーナリズムを勉強した。

だけど、再度、現場に身を置くのは、
そこが、必要とされてる場所だから。

現場を知らない机上の空論者より、
差し伸べられる手になりたい。


これが、世界に、そして、国内にある現実。
小さな診療所の現状は、世界に通じる扉だと思う。


誰もが新しい生命を喜べる―
そんな当たり前の環境を祈りながら。

世界の縮図がある場所で、
1人でも多くの命を守ることができますように。

そんな1日

テーマ:
長いマクラに続いて、
↓が続くほど、ついてない今日をまとめます手(パー)

・朝、きれいにするはずの洗濯で、変な汚れがつく雨
  ↓
・洗濯したのに、はちきれんばかりの袋で
 クリーニング屋に持ってくハメになるあせあせ(飛び散る汗)
  ↓
・はちきれんばかりの袋が、クリーニング屋の手前ではちきれる右斜め下
  ↓
・近々、必要な面接用シャツに限って汚れがひどく、
 ポイしないで涙!空しく、ポイするダッシュ(走り出す様)
  ↓
・シャツを買いに、だいぶ歩く走る人
  ↓
・お店到着電球
  ↓
・…今年初の定休日NG!!
  ↓
・花粉の中、歩いたのにー?
  ↓
・外出たついでに、確定申告メモ
  ↓
・書類を送ってきた、地元の税務署へ電車
  ↓
・電車に揺られて30分電車ダッシュ(走り出す様)
  ↓
・ごとんごとん。到着時計
  ↓
・難しいのよ!と文句だらけのおばちゃんの横で
 申告書と格闘爆弾
  ↓
・1時間経過
 そのうち自分も独りごとげっそり申告書マジック?!
  ↓
・がんばった。けど、もうお手上げだ手(パー)
  ↓
・係のひとに聞く…と。。
  ↓
  ↓


・「これはー。今住んでる所で出してくださいむふっ


  ↓
  ↓

・えっ??!!30分電車で来たのに?! 
 
 しかも、質問聞けてないしあせあせ(飛び散る汗)
 現住所の税務署って、真逆に30分だしチャペル  

  ↓
  ↓

・目が点になり、直帰家
  ↓
・もう、引きこもってやろうと、家で格闘続行爆弾
  ↓
・なんとか、自力でできるじゃん電球
  ↓
・おっと。ニュースが終わってしまったTV
 長期戦だったな。。
  ↓
・で。夕飯つくるレストラン
  ↓
・エビと卵とブロッコリーのサラダ+その他。
  ↓
・できた!
  ↓
・あれ?エビ、茹でたっけ?!
 …生じゃん?!
  ↓
・レンジるんるんチン
  ↓
・あ。ご飯炊けたレストランおいしそー
  ↓
・エビ、爆発しないかなーいい気分(温泉)
  ↓
・ご飯おいしそー目がハート
  ↓
・エビ、チン電球平気かなー
  ↓
・ご飯・・・

  ↓
  ↓


・用意してたお茶椀が手から落ちて、ガッシャーン雷


  ↓
・こんな時間に、掃除機をかけることになる右斜め下
  ↓
・慰めがてらネタにしようと、日記にしたら…

  ↓

・バグって消えるパソコン
 
  ↓
・諦めず書くメモ
  ↓
・接続ミスで、「表示できない」とメッセージパソコン

  ↓
・もう、書くのどうしようかな。。

 と思って、今に至ります。
 
 なんか。。
 もがいても、実がなんない1日バッド(下向き矢印)
 
 ネタにできたらおいしいけど。。
 こっから、オチになる出来事があるかと思うと、怖くて寝られません!!

 ・・・おやすみなさい眠い(睡眠)眠い(睡眠)眠い(睡眠)