1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-10 17:45:59

スプリングテスト

テーマ:ブログ

先日のチャンプカップでは、電動ツーリングでレースに参加する為に7年前に京商トロフィーの電動レースに使ってたTF-5S(190mmに変更)を引っ張り出し、当時は2000KVに3000mAh程度の動力系だったのを5.5Tに6000mAhの最近のパワートレーンに変えると、とんでもない扱い難いマシンに手を焼きつつも最新マシンに交じって3位となり、電動ツーリングも息抜きで走らせるには新鮮で新たな発見も有ったり、新しいマシンも欲しいなとも思ってたりします。

 

 

ここにきて2016年の京商ファイナルも終わり、2017年の開幕も視野に入れつつ今年は中国大会が無くなりそうなので、関西大会が激戦になりそうなので少し気が早いけど昨日は京商カップに向けてR4を弄ってみました。

 

去年の関西大会からは大まかな部分には変更してないが、それ以降はPGTCやOSグランプリで使うタイヤに合わせてセッティングも変えてたので、もう一度KCスリックとSC430で走ってみました。

 

さすがに去年使ったKCミディアムでは手応えが殆ど感じられないグリップで、今までの空力ボディにラッシュやタバタのタイムから2秒落ち程度のタイムしか出なかったが、新たな事を始めるには良いタイミングだと思い、隠し玉のスプリングをテストしてみました。

 

18年前に発売されていたDUAL SUPRINGセットで、見た目は実車でのアシストスプリングやヘルパースプリング、テンダースプリングと同じですが、実車のような1Gで縮み切るようなものではなく、どちらかと言えばプログレッシブスプリングと同じような使い方に成ります。

 

 

この日の為に各スプリングのレートを測ってグラフにして持って行きましたが、今までのスプリングのレートと計算が合わなかったが、とりあえずスプリングの硬さを見る為だけに使ってましたが、改めて良く調べるとスプリングを2枚重ねで使う時の計算式が有り、改めて2枚重ねでの数値を計算する必要があります。

 

仮に10kスプリングで、6kのアシストを入れた場合と、4kのアシストを入れた場合のレートを計算すると
(10×6)÷(10+6)=3.75k
(10×4)÷(10+4)=2.85k

となるようです。

ただ、アシスト側のスプリングが縮み切るとメインの10kのレートになります。

 

現場ではこのような事になってるとはつゆ知らず、適当なスプリングを組み合わせては走りつつタイムの見てると、今までのスプリングよりタイムが上がってきたり、柔らかいだけのスプリングを使ってる時より車はふらふらせず、違和感はあまり感じる事は無くかった。

 

この日は武空調のTらべさんも同じ京商カップ仕様のR4を持ち込んでいて、そのR4にはソフトタイヤが装着されてて、雨上がりで肌寒いこの日にはソフトのタイヤの方がマッチしてるようで、手持ちのソフトは無く雨用として買ってたのを作りました。

改めてソフトのニュータイヤで走ってみると驚くほど良く曲がり、インフィールドでは激変する走りでかなりのタイムアップも期待しつつ高速コーナーへ進入したとたん突然のスピン!
それもステアリングを操作した直後にリヤがすっぽ抜けるような感じで、さっきまでのミディアムではこのような事は起きなかったのだが、グリップが上がり前後のバランスとロールスピードが極端に変化したのが原因だと思います。

 

前後ともスプリングを硬めにすると高速コーナーでのスピンは無く成りましたが、その分インフィールドではさっきまでの動きは無く成り、タイヤへの負担も増えてソフトタイヤのダメージも大きそうです。

 

もう一度DUAL SPRINGを煮詰め直し高速コーナーでも安定しインフィールドでは激速でタイヤの持ちが良い魔法のセットが手に入れられるようシコシコセット出しに励んでみます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-23 14:40:42

PGTC第1戦

テーマ:レース

先週の3連休にPGTCの第1戦がOSフィールドで行われました。

 

年間5戦のシリーズ戦の初戦と言う事で全体で40名ほど集まりました。

 

 

40名中スポンジタイヤユーザーは32名、TGゴム車は8名となり、もう少し増えてくれたら良いのにな。Queenly

 

朝から計測機器のトラブルで開始時間が遅れて予選が2回で決勝は20分なので、タイヤの使い方が難しい判断になりました。

 

予選1回目はタバタの中古のミディアムにラッシュのソフトインナーで走りましたが、路面の感触がしっくりこなくて喰ってる感じも薄いしヌルってる感じで、タイムも18.1秒程度と予想とは程遠いタイムしか出てない。

最近の路面の具合がゴム車にも合わず、スポンジタイヤユーザーからも良い話は聞こえて来ない状況のようで、予定ではタバタのハードを投入する予定でしたが、ミディアムの感触が悪過ぎたのでハードをチョイスする気に成らず、2ヒート目はラッシュの36に変更する事にしました。

 

予選2ヒート目は1ヒートよりは少しはマシな動きでしたが、それでも満足行くには程遠く我慢の予選となりました。

 

予選結果はPGTC HP

 

当日は全く上手く行って無くて、他のカテゴリーのタイムも見ずにいましたが、改めて見るとスポンジタイヤのオープンクラスの4位に相当するタイムは出てたようで、ゴム車だけが遅い訳じゃなかったようです。

 

決勝は予選2回目で使ったタイヤで走る事にしましたが、半分を過ぎる辺りからタイヤが引っ掛かる感じがしてきたり、前回安定してたはずの1/8レーシングのブレーキローターが熱ダレじゃなく逆に効きが良く成るようになり、冷えてる時と熱が入った時の差が激しいので、もう一度パッドとの相性を探る必要が有りそうです。

後半は車がギクシャクするような感じになりつつも、無事に走り切り初戦を優勝する事が出来ました。

 

詳しい結果はPGTCで HPで!笑

レースレポートはこちら!

 

同じ日に厚木の京商サーキットでは2016年度の京商カップファイナルが行われていて、自分のレースよりそっちのレースの状況が気に成ってました。笑

色々なドラマが有ったであろう京商ファイナルのレースのレポートも早く知りたい所です。

 

次は4月のチャンプカップですが、今回はEPとTGゴムのWエントリーになるでしょう。

EPと言っても、数年前に京商カップで使ってたTF-5(樹脂シャーシにシャフトドライブ)を引っ張り出して、最新のサーパントのプロジェクト4XやBD-8と戦います。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-07 23:41:48

ベンチレーティッドディスク

テーマ:ブログ

先日のFORD GTに引き続き1/10GPのボディも新調しました。

デザインは型紙を作ってるので最近は同じデザインですが、カラーリングは色んなタイプを挑戦するのですが色のコンビネーションのイメージがなかなか掴めず、何時も塗り掛って途中で色を変更しては失敗してましたが、今回はまだマシな仕上がりとなりました。Queenly

 

 

それと前回のレースで苦しめられたブレーキですが、ローターとパッドの組み換えでは改善する見込みも無く、ドライビングしながらのブレーキレートを操作するしかないかと思ってましたが、チャンプの棚に古びたタグのブレーキローターを見つけ、サイズが合うのか判らなかったのですがダメ元で買ってきました。

 

 

物自体は京商の1/8レーシングのエボルバの物だと思うのですが、ローター径はR4の物より3mm大きく3枚構造で真ん中の物がフィンの形状していて、3枚重ねるとベンチレーティッドディスクの構造に成る物でした。

 

流石にポン付けとは行かず、厚みの増した分だけバルクのパッドの納まる所を削らなかったり、ローター径が大きくなって干渉する部分も削る必要が有りますが、それさえしてやればちゃんと装着する事が出来ました。

 

後はパッドの種類をどうするかでしたが、赤パッド2枚では効きがソフトに成り過ぎてストロークが多過ぎるので、片面だけ黒パッドに交換するとタッチも良い感じでした。

以前は走行開始3~4分で効かなくなってましたが、今回では1タンクずっと同じフィーリングで走り続ける事が出来ましたし、これで最後まで悩んでた部分が解消する事が出来ました。

 

ブレーキの問題も解消して気分良く走行してましたが、有るタイヤをテストしてみた時に曲がり込むコーナー後半でリヤが流れる症状が出ました。

 

以前から他のR4使いの人達がリヤが巻くと言う話を聞いてて、私の車はそのような症状は無かったのですが、インナーが少し張り気味のタイヤを使用した時に同じような症状が現れ、同じ硬度のタイヤでも少し張りの無いインナーにするとそのような症状は出ないいで走れました。

薄手のインナーだと転がりが悪くなったり引っ掛かった感じが有りますが、その辺の微妙な部分はどれを優先するかが問題ですね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。