なんちゃってオーシャンセーラーのブログ

オーシャンセーリングに憧れて。。。
今は、実現に向けてヨットの整備と身の丈より少しだけ背伸びをした活動をしています。


テーマ:

2017年2月18日、土曜日。

 

完全に錆びて片手では動かなくなってしまったエンジンストップケーブル、、、

 

取り付け部分の厚みが分厚すぎたので自分でアルミ板を切り出して作った取り付けプレートごと外し、強引にハサミやドライバーを隙間に入れてこじ開けました、、、DASH!

純正のエンジンのストップケーブルはコクピットに野ざらしで取り付けることなんて想定していないんでしょうね〰、、、コンジットの中とケーブル自体はステンレスみたいなのですが、ノブにケーブルをスエージングで取り付けているスエージング自体が鉄で樹脂でできたコンジットの入り口部分の中で錆びて膨らんでしまって固くなるようです。。。

 

過去に何度も錆を取ったりオイルを入れたりしているのですが、いい改善案が浮かびません、、、DASH!

エンジンパネルと一緒に直接水がかからない場所に設置できればいいのですが、、、DASH!

もしくは、このスエージング部分がステンレスで出来たものがあればいいのですが、、、DASH!

 

元々はキャビン内にあったエンジンパネルとストップケーブル、、、シングルハンドで荒れ始めた時にはキャビンに入ってエンジン始動やエンジン停止をするゆとりがなく大変だったので自分でコクピットに移設しました。。。扱いやすくはなったけど、、、DASH!

 

もう一つ問題はこのケーブルは5m、、、過去に2度交換しているのですが、2GMのパーツリストには3mのものしか記載されていない、、、はてなマーク

 

新西宮ヨットハーバー前のヤンマーの代理店の『シーポイント』に相談に行くと、『たぶん2GMではなく他の形式のエンジンの部品を流用しているのかも知れません。例えば”4JH”とか、、、月曜日にパーツセンターに確認してみます。ケーブルの規格だけメモして写メ取っておきますね。』ということなので、、、

 

とりあえず強引に引き抜いたスエージング部分を240番のペーパーで錆を落としておく。。。

これで、スプレーグリスをコンジットの中に入れれば3月いっぱいは使えるかなはてなマーク

 

パーツはできる限りまとめて発注したいので、とりあえずオイルとオイルフィルターを買って艇に戻ってオイル交換を、、、

 

廃油処理箱忘れた、、、汗ホームセンターまで買いに走る車DASH!

 

戻ってきてまずはゲージチェック、、、ほぼ下限、、、

下限ギリギリって実際にはどれくらいオイルが残っているんだろうはてなマークはてなマークはてなマーク

 

まずはオイルチェンジャーをセット、、、前回オイルをぶちまけてしまったからチェンジャーは新聞紙にくるんだまま、、、チェンジャー自体の整備をしないと、、、あせる

チェンジャーのアウト側のホースが潰れてるな〰、、、ホースだけって売ってるかな???

とりあえず、そんなに長さがいらないから切って使おうかな???このままじゃ下手に圧がかかったらまたオイルぶちまけるし、、、前回は燃料タンクの上だけだから辛うじて助かったけど、燃料タンクを外して掃除しないといけないという大仕事が増えたしな〰、、、DASH!

 

抜き切ってみるとペットボトルに約半分、、、1L弱というところか、、、

ロングで洋上なら継ぎ足して使うところだけど、年明けで丁度いい交換時期ということで、オイルフィルターと一緒にオイルも交換しておく。

 

新しいフィルターは、、、白ビックリマーク

フィルターの色も変われば、純正オイルの4L缶のパッケージも変わっていた。。。

 

あ、アワーメーターチェックするの忘れた、、、汗

明日チェックしたら、ここに追記しておこ。。。

 

エンジンの始動前にビルジをすべて綺麗にして水漏れ&オイル漏れの場所が確認できるようにスタンバイ、、、

 

エンジンを始動して右舷側から覗いていると、、、どうも冷却水ポンプ(海水)の下が濡れている、、、さっき拭いたのにビックリマーク

 

ということはやっぱりその上の清水クーラーの”ソクフタ”から漏れているのか、冷却水ポンプ辺りでもれているのか、、、

 

左舷に回ってエンジンルームに体をねじ込んで正面から観察、、、

 

どうやらプーリーの後ろ側当たりからポタっと水滴が、、、

 

水漏れを確認すべくエンジンルームに体をねじ込んでエンジンを正面から観察すると、、、

 

オイル漏れはここか〰!!

どうやら”カムシャフト”のオイルシールが痛んでいるみたい、、、前回交換してから丸8年ほどかな?

 

もう一か所、操縦装置(スロットル)とストップケーブルが付いているシリンダーカバーのパッキンか操縦装置のOリングが傷んでいてそこからもオイルがにじみでてきているんだよね。。。DASH!

 

つまりはギヤケースを外してオイルシールやパッキンかOリングを交換しないといけないし、ギヤケースを外すということはいろんなパッキンを交換しないといけないということ、、、汗

 

ちょっと時間が、、、汗

 

集中してできる環境が、、、汗

 

オイル漏れ対策はマメにチェックして継ぎ足しで対処して、ギヤケースの分解整備は年末に持ち越しますか。。。DASH!

 

 

一方の水漏れはというと、、、

 

どうやら冷却水ポンプ(海水)の本体からみたい、、、

 

1分間に6滴くらい、、、

なのでやはりバケツ半分ということは島精機カップくらいから漏れ出しているということになるかな?

 

8年前は確か勉強がてら分解してオイルシールだけ交換したような記憶が、、、8年前の整備記録どこ行ったのかな〰、、、発掘しなきゃあせる

 

今回はアッセンブリーで交換しようかな〰。。。

 

まあ、ソクフタの下の錆とミキシングエルボ付近の錆も気になりますが。。。DASH!

 

エンジン降ろして整備したいよ〰DASH!

 

神戸大学のヤマハ26CやNさんのC/F艇ヤマハフェスタが羨まし〰DASH!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年1月29日、日曜日。

 

正月明けの3連休は天気も悪く、おまけに船底の状態も悪く牡蠣クルージングは却下。。。

 

その次の土日は大寒波、、、桟橋で滑るのも怖いので土曜日に一人でもやいのチェックに行っただけ。。。

 

その次の土日はパートナーは僕を残して会社の同僚と夢の国、、、僕はT/D艇のチェックリストを作りに、、、ボースン!自分でやれよ!!なんで部外者の僕がやらんといかんのイラッ

日曜日は雨だったので倉庫にこもって模型作りの続き。。。

 

正月以来やっとまともに自艇に行った29日の日曜日。

 

やりたかったのはエンジンのチェック、、、どうも島精機カップくらいからエンジンルームのビルジの溜まる量が多いような気がする。。。

T/D艇のチェックリストを作った次の日?だったかな?にとりあえずバケツに半分の水を汲み出す。。。今まで溜まっても年に紙コップ2杯程度だったのに。。。汗

どこから漏れているんだろう???

 

しかもオイルも混じっている。。。オイルのにじみはずっと抱えているんだけど、今回は明らかに漏れているレベル。。。汗

 

オイル交じりのビルジはアマゾンで10ロールセットで先日注文したスコットのブルーの『ショップタオル』で拭いてビルジを綺麗にする。。。

 

ビルジの中からビス発見クラッカー

先日、ビルジを汲み出した時に燃料フィルターを取り付けているビスが行方不明になっていたから探していた、、、

が、、、落ちていたビスは締め込んだら効いたけど、逆のビスが規定トルクで締め付けても馬鹿になっている、、、汗

う〰、、、どうする???リコイル?ビスのサイズアップ?ソクフタの交換?

 

ソクフタの交換が一番いいかも、、、このソクフタは間接冷却タイプの2GMで一番の欠陥品かも、、、冷却のための海水ポンプからのホースを接続するこのソクフタのホースとの接続部分は本来ならタケノコや返しの付いたニップルになっていないといけないのに、なぜかテーパー、、、ホースを差し込んでホースバンドをしっかりと閉めていくと自然に外れる。。。爆弾

 

で、しっかりと締めきれていないのでホースがズレてきて海水が漏れだしたのかも。。。

 

その証拠にこのソクフタのすぐ下にある燃料フィルターから燃料噴射ポンプへ繋がる、燃料噴射ポンプ側の管継ぎ手ボルトが錆だらけ、、、これも今回はパイプ(メッシュカバーのホース)ごと交換しとこ。。。

たぶんソクフタとホースとの接続は先にコーキングを付けて軽く締めこんで接着して、コーキングが固まってから増し締めしたほうがいいかも、、、でもコーキング塗布直後だと軽く締め込んだだけでも簡単に滑ってズレてしまいそうな気もするけど。。。汗どなたか対策をご存じの方アドバイスくださ〰い!!m(_ _ )m

 

さらにその下のほうのアイドリングアジャスターボルトの錆も酷いし、オイルパンの下のセールドライブのビルジ溜まりはオイル交じりの塩田状態、、、あせる

 

まあ、間違いなくソクフタとホースの間から海水は漏れてるな。。。DASH!

 

が、しかし、オイルパンの下のビルジ溜まりは塩田状態、、、ここから海水が全体に回ってバケツで汲み出すほど漏れているとは考えにくい。。。

 

 

で、やっぱり最近錆が急速に広がってきたこの辺りが気になる、、、

この上は、、、

 

ミキシングエルボ、、、

ミキシングエルボ自体は前回のオーバーホールの時に新品に交換済み、、、ボルトも規定トルクで締めてあるんだけど、、、ボルトの周りに錆があるということは、、、汗

 

パッキンを交換するだけで大丈夫かな?パッキンって規定トルクではダメなのかな???

 

もう一つ発見したのは、、、これ、、、

 

ウォーターロックとエグゾーストホースを固定しているホースバンドが切れていたあせる

これはホースバンドのステンレスのグレードが悪いのかな?まあ、これは既に21年目だから、すべての排気系統のホースバンドを316のステンレスの物に交換しとこ。。。

 

当然、これだけオイルが漏れていたら、、、、

 

やっぱりね、、、検油棒の上限と下限の間だとはいっても限りなく加減近くまでオイルが減っていました。。。あせる

 

本当はエンジンを降ろして整備したいところですが、前後逆に載っている我が艇のエンジン、、、

 

エンジンを降ろすには燃料タンクを片方外し、バッテリーをすべて外し、エンジンをセールドライブから切り離し、エンジンルーム内で人力で少しずつ板を挟んで上に上げていき、長い板をセットしてクウォーターバース側に人力で引きずり出して、メインキャビンの床に人力で降ろして、コンパニオンウェイの下まで人力でひっぱり出して、それでやっとブームにセットしたテークルで船外に出すことが出来ます。。。

 

デザイナーさんこれはないですよパンチ!建造の時はデッキを載せる前にクレーンでポンっと置けばいいけど、、、メンテナンスのことを考えていない艇って最低!!ムキーッ

 

宝くじ当たらないかな~、、、新しい3YM30買って、新しいセールドライブも買って、新しいフォールディングプロペラ買って、新しいエンジンマウントも買って、前後正しく載せ変えるんだけどな~、、、上架代まであわせると総額200万円くらい?、、、

 

さー、とりあえず頑張って整備しますか〰おーっ!

 

とりあえずエンジンルームを解放してしばらくエンジンをかけてみたけど海水の漏れもオイルの漏れも発見できず。。。

 

ほんともう一度エンジン降ろしてすべてのガスケットやパッキンやOリングを交換したい!!

ガスケットやパッキンやOリングって液状ガスケットと併用してもいいのかなはてなマークはてなマークはてなマーク

どなたかこれもご存じの方アドバイスくださ〰い!!m(_ _ )m

 

よろしくお願いします!!

 

金曜日にパーツの手配しよ。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。