大阪大学は21日、豊中キャンパス(大阪府豊中市)で、大学院言語文化研究科の研究棟の2つの研究室から現金や電子辞書、教員の緊急連絡網が盗まれたと発表した。豊中署は窃盗事件として調べている。

 阪大によると、20日午後4時ごろ、教員らが会議を終え、同じフロアにある両研究室に戻ったところ、それぞれ高さ2メートルの天窓が外されているのを発見。室内から現金約1万6千円やパスポートなどが入ったかばん、電子辞書(購入時約9万円)が盗まれ、同日深夜にかばんだけが見つかったという。

【関連記事】
もう盗ったらいかんぜよ!!、福山さんらサイン再提供
サクランボ畑でミツバチの巣箱盗まれる 青森・弘前
盗難車がガス欠で自首 窃盗容疑で43歳男逮捕
教諭2人の車荒らされ成績盗難 高校生約千人分 愛知
AKB内ユニット、“握手券”の盗難&偽造で握手会中止

残間里江子さんが学長就任記念講演 大手町Newsカレッジ(産経新聞)
岩出市の元部長に有罪判決=公共工事汚職―和歌山地裁(時事通信)
原口総務相に是正申し入れ=ネットの児童ポルノ対策―国家公安委員長(時事通信)
<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)
【from Editor】企業と読者のナビ役に(産経新聞)
AD