『ビビッときたら書くブログ』 by nippy

ビビッと感じたこと、フレーズ、気になったこと、感じたことを書いていくメモ帳的なブログです。
※あくまで素人による仮定と推測、実験考察がほとんどです。

NEW !
テーマ:

25日、26日と東京出張のため更新お休みでしたm(__)m

その間も改造は続けています。

蒙古タンメン(品川店で)を久々に食ってきました(`・ω・´)幸せ\( 'ω')/

 

【背骨のリセット】

リセットの話。

脊柱起立筋群、多裂筋などを始めとする背骨の筋肉の緊張によるロックを解き、背骨26個の柔軟性をMAXにする。当然柔軟性をMAXにすれば歪みやすい状態になる。

歪み調整したのち、再度ロックすればいい話。

 

仮)背骨のロックと解除(アンロック)

これを忘れてた!そして思い出した(`・ω・´)
 
背骨のロックは外旋、外転によって起こる。上部は腕(上腕骨)、下部は脚(大腿骨)の外転によって。
巻き肩等を恐れ、外旋、外転の方が機能的。という意識が強すぎていたため、外旋、外転のまま固まってしまっていたことが今の自分の歪みに繋がっていた。
 
脚の内転筋を鍛え、内転可動域をMAXまで持っていく。
上腕骨の内転筋(小円筋?)を鍛え、同様にMAXまで。
 
そうすることで背骨全体が圧倒的に弛む。
ポイントはつま先(膝下)や手先(前腕)の向きに惑わされないこと。
しっかりと大腿骨、上腕骨を筋肉の収縮で内転出来ているかという点を重視すること。
 
首や腰の歪み、違和感を一発で解消できる。
 
腰の硬さ、首の歪み、内太ももの太さ、肩回りの硬化、肋骨の硬化など、
それらの原因は内転筋の不足、外転のし過ぎであると推測できる。
この【呼ッ】がポイント。
吸うと弛む。吐くと固まる。足首の角度も大事だし、連動して横隔膜の可動も大事。
全身を弛めてショックを吸収、受け流す。
手脚を思いっきり内転させて背骨を弛める。
 
【腕と脚の連動(共通点)】
 
脚にとっての中臀筋は、腕にとっての三角筋(上部)。
肩甲骨は寛骨。
内転筋群は小円筋、大円筋も?
 
とか書きたかったけど、まだ文章化出来るほど知識足りてなかった(/ω\)
=================
とりあえず内にも外にも捻じりまくれ(`・ω・´)!
 
 
前腕だけじゃなく、しっかりと根元の鎖骨、上腕骨が捻じれるように。
脚も股関節から大腿骨をしっかりと捻じる。
 
中臀筋あたりから、なかなか文章化が難しいところ。。
どれもこれも原因の一つ(大きなポイントであることに違いはないのだけど)であって、全ての原因ではない。(例えばO脚なども)
 
ものすごーくわかり易く詳細にまとめられている記事を見つけたので貼っておきます!
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現在脚(股関節)の内転を極め中(*`・ω・)ゞ
腕と脚は連動することを意識。

内旋と混同しないように、爪先の向きに騙されないように。数センチ、数ミリ単位で股関節に、内転筋郡に負荷を与える。

効果は絶大!
詳細書きたいけど現在東京出張中なので後日!明日帰るので明後日更新予定。

内外転、ともに全開に!
電車に乗りながら重心、背骨、股関節の調整だヽ(o・∀・)ノ

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は続・中臀筋からの太もも改造、あとは上半身と下半身の連結、連動まで行けたらいいな(`・ω・´)

 

さて、一つ前の記事で書いた代償運動(中臀筋不足で言えばトレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ徴候等)。この概念でかなり色々な原因と改善方法が見えてきた!

 

【中臀筋不足が大腿筋膜張筋の緊張状態を招き、常に大腿骨が外転状態になってしまい、内転、内転筋の不足を招く結果、内太ももの脂肪が落ちづらくなる】

 

内太もものぷにぷにの肉が落ちない。

というのは、大腿骨の外転の際、中臀筋不足の代償運動により大腿筋膜張筋を使って外転をさせることになる。過度に発達した大腿筋膜張筋の慢性的な収縮により、大腿骨が常にMAX外転状態になり、太ももの裏側の肉が内側に捻じれ回ってくる。

 

なのでその解消方法としては、外転を行う際は徹底的に大腿筋膜張筋を使わないで、中殿筋の収縮を意識すればよいということになる。

 

が、中臀筋不足の状態で意識に上げるのは難しい。まずは癒着を剥がしつつ、脱力させてから収縮させる必要がある。

 

1.大腿骨を思いっきり内転させる(内側に捻る)と大腿筋膜張筋、中殿筋のどちらも弛む(外転筋なので)。

思いっきり内側に捻ると画像のような筋肉の出方になります。(寝ながらやっても可です)

大腿筋膜張筋は弛み、大腿四頭筋が浮き出るような感じ。

 

膝下に関しては超内股状態になりますが、大腿骨を内転させたまま膝下のみ脱力して、大腿骨の捻じれに膝下の捻じれを合わせていく形で、O脚などの脚の歪み改善も容易に出来るようになる(容易は言い過ぎかもですが)

 

2.内転、外転可動域をMAXにする。

 

中殿筋の不足という点から考えれば、内転、外転可動域をMAX状態にするということは、中殿筋(大腿筋膜張筋もですが)収縮と弛緩をMAXにするということになります。

極力大腿筋膜張筋を使わないことを意識して、中殿筋の収縮で捻じるように意識することで、より細く引き締まった脚(太もも)を手に入れることができます。

単なの筋力不足でセルライト化した細い脚ではなく、機能的であり引き締まった細い脚を目指しましょう。

そのためには中臀筋不足の解消が重要。

お尻として使ってしまっている太もも上部を細くし、腰として使っているお尻の上部を鍛える。

ということで、太もも(股関節、大腿骨)を内転しまくる。

=========================

【背骨の捻じれ調整にもつながる】

内転(および外転)の可動域拡張は、中臀筋不足、左右差によるトレンデレンブルグ徴候などにより生じる側彎症などの改善にもつながる。

 

胸肋関節の可動域の左右差や、首の左右の違和感解消、腕の左右の長さ解消など上半身の左右バランス、可動域にも大きな影響が出ます。

====

昨日ソフトボールリーグが開幕し、長時間キャッチャーをやっていました(`・ω・´)

かなり股関節に負担が掛かるポジションですが、中臀筋への意識で立ち眩みやバッティング時の軸足の緊張などが改善されたように感じました。

 

ただ左脚股間節の内転が足りないために回転軸のブレなどがまだあり、上半身と下半身の連動の力強さが感じられない。。

 

中臀筋は身体機能向上の上でかなり重要なパーツの一つであるのは間違いないですが、併せて内転筋も重要なパーツであるはず。

そして上半身と下半身を繋ぐ重要パーツをまだ見つけられていない気がしてならない。

 

他にも見つけたポイントは色々あるのですが、「ちょっと長くなってしまってきたので、記事を数回に分けて書いていき体と思います。

 

美脚、美尻で溢れる世界を作りたい(`・ω・´)♡笑

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【代償動作(代償運動)】

中臀筋について掘り下げていくと、トレンデレンブルグ徴候、デュシェンヌ歩行といったものにたどり着く。

あー自分はこれだったんだと納得した。

 

トレンデレンブルグ徴候とは股関節外転筋力の低下で、軸足側とは反対側の骨盤が下がる。

デュシェンヌ歩行とは股関節外転筋力低下により骨盤が下がるのを防ぐ為に体幹を軸足側に傾ける。

「代償動作(代償運動)」とは、目的とする運動の不全を補助するために代償して起こる運動の事

 

 

であり、中臀筋に限らず、同じ作用を持つ筋肉同士の中で起こり得る。

こと中臀筋に対しては、側臥位(そくがいい、横向きの状態)で股関節外転を行う際に、中殿筋の筋力が弱いために大腿筋膜張筋の筋力を主に使用し、股関節屈曲位での外転の運動を生じてしまう等。

 

中臀筋不足は大腿筋膜張筋で補うこととなる。

お尻や他は小さいのに、太もも付け根だけが超が太い。という状態になるわけです。

 

多くの人は右利きで左脚軸であることが多いですし、左右差が無い事の方が稀かもしれません。

が、大きくなりすぎた左右差が、トレンデレンブルグ徴候などに繋がってしまうのかなと。

 

自分の場合は視力回復の一環や、バッティング(ソフトボール)のために右脚軸を数年前から意識していたため、右利きの右脚軸となり、左半身の筋力弱体化を招き、強烈な捻じれを起こしてしまっていたようです。

【大発見!】 視力が良い人の軸足は右脚 【肝臓と視力】

↑今となっては視力に対しても足首の角度と呼吸の関係による肺の収縮の左右割合という線の方が濃そうな気もしています。

==========

【ストレートネック改善にも中殿筋?】

 

ストレートネックの根本的な原因を解消する。という過去記事。

当時は今ほど歪みもなく、左右バランスが最も整っていたと感じていた期間。

 

中臀筋のトレーニングで、最終的に辿り着いた改善ポーズは、ストレートネック改善時に行っていたこれ。鳩尾(みぞおち)から下を脚として使い、支点を上に上げ、脚を後方へ上げる。

当時は大腰筋のストレッチ、トレーニングとして行っていましたが、それは中臀筋の代償動作(代償運動)として行っていたのかもしれません。

 

中臀筋の作用として股関節の外転運動があり、ストレートネック改善においても股関節の可動は重要。

また、ロベットブラザーの原理により、重心の支点を上に上げることで、仙骨周り、腰椎が弛みます。

そうすることで連動して首回り(頸椎)が弛みますのでストレートネック改善に繋がります。

 

このトレーニング動作の時、足を小指側に捻り外転させる。のですが、

大腿筋膜張筋ではなく、中殿筋がしっかりと収縮させられているかどうかに着目することが大事ということ。

中殿筋に関しては代償運動が容易で、大腿筋膜張筋等、他の筋肉を使って補うことが容易く出来てしまうので、ピンポイントで鍛えるには感覚を研ぎ澄ますことが重要なのかなと感じます。

 

同時に腰方形筋や下後鋸筋の収縮で腰を反らせる。

というこれもまた、腕の力で補わないように、しっかりと筋肉の収縮で曲げられているかどうかを意識すること。

 

腸骨稜の位置を正確に捉えて、お尻の位置を上に上げることで、脚も長くなり、ウェストラインも上がります。

お尻が垂れるというのは、の位置をお尻として使ってしまっているため、太もも上部の血行不良を招いているためと言えます。

お尻の位置、認識の間違いが中臀筋の不足や、太ももの太さ、脚の短さを増している。

弱体化している中臀筋に対してはまずストレッチから行いましょう。

 

機能的な身体はまずお尻から!骨盤周りの筋肉の収縮、脱力により内臓も柔らかく弾力を増します。

太もも付け根の細さだけではなく、子宮の収縮、弛緩にもつながり、生理痛などの改善にも繋がります。

 

世界が美尻で溢れかえる素晴らしい景色になりますように!°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

あー海行きたい(`・ω・´)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

どうも。尻フェチの変態おじさんです(`・ω・´)w

【お尻の正確なサイズ、位置、認識を改める】

文字で説明するには難しいけど、端的に書くなら

・お尻を半個分、1個分くらい上に上げる

という表現がしっくりかも?

 

腰と思っている部分の一部はお尻であり、お尻と思っていた部分の一部は太ももだった。

ということを認識するだけで、可動域や柔軟性などに大幅な機能アップが起こる。

わかり易い画像があった。右の方は寛骨上部に付着する中殿筋、大殿筋を隅々まで使えていない(発達していない、癒着状態)。筋力不足から骨盤前傾も甘く、脊柱起立筋群の発達も弱い。

ウェストラインも下にズレて、腰の位置が低くなる。

左の方はお尻の筋肉の発達、脊柱起立筋群の発達が見られラインがとても綺麗。

腰と思っている部分(仙骨基準)の下部数センチ~数十センチを、中殿筋を発達させお尻に転化する。

そうやってお尻の認識を半個分ほど上に上げると、お尻として認識していた太もも上部の筋肉が弛み、太ももの付け根が細くなっていく。

お尻の認識をの位置からの位置へ変える。

 

まずは骨盤(寛骨)の背中側の高さを正確に知るために、骨盤を触りまくって青ラインの位置を知る。

寛骨の位置がわかったら、中殿筋の筋膜の癒着を徹底的に剥がす。(大体の場合痛いです)

筋膜の癒着を剥がして帯電が除去されれば、代謝、血行が回復し、ふっくらしたすべすべの細胞に生まれ変わり始め、筋肉も発達しやすくなります。

 

お尻を正確に鍛えることで、

・ウェストラインが細く上に上がることはもちろん、

・バストサイズアップ、鎖骨、胸骨の可動域拡張、首の歪み改善

・猫背の改善

・腰痛改善

・太ももの付け根痩せ

なんかにも絶大な効果を生みます。

 

骨格ではなく、使い方の差。認識の差。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。