【肩幅の広さと、二の腕の太さの原因】

肩甲上腕関節の位置認識の間違いが原因。

上腕骨と肩甲骨の結合部である肩甲上腕関節。

ここに関節があると認識して腕を使っているかどうかで、無いという認識で使うと二の腕は劇的に太くなる。

さらに意識に上げつつも位置認識がズレると、左右差が生じたりで首が捻じれたり、その捻じれが下半身の捻じれにもつながったりする。

 

※画像参考元http://yoshitakaabe.blogspot.jp/2017/04/blog-post_11.html

この方のブログはとても参考になります。

 

肩甲骨を寄せる。というとき、鎖骨の端、肩峰を寄せようとしても絶対寄りません。

数センチ下あたりの上腕骨頭の位置をしっかりと覚えさせ(脳に)、肩甲上腕関節の可動を広げていく。

 

位置を覚え、意識できるようになったら、小円筋等を使い、上腕骨を外側に捻じるようにする。

すると二の腕は細く出来ます。簡単に。

わかり易く、わかりづらく言えば、こんなイメージで身体を、肩をイメージする。

二の腕のラインの差に表れる。腕のラインが肩峰から外側へ広がるか、内側に入るか。

肩甲上腕関節の位置を正しく認識して、肩甲骨を寄せる。筋肉をしっかり使う。

 

肩甲骨の可動域が増してくると、股関節も動かしやすくなるし、腸や太ももの血行、緊張なども取れてきます。

認識の改善は即効性があり、すぐさま二の腕、特に三角筋が弛んできますので、お試しあれ(`・ω・´)

タイトル的には今更感(;´・ω・)

ですが、わずか数センチの認識のズレが機能を大きく低下させる、肉付を良くしてしまう、代謝を低下させる。

画像参考元※http://yoshitakaabe.blogspot.jp/2015/02/blog-post_46.html

わずかな視点のズレ。この差が大きい。

 

股間節と股関節の間は思っている以上に狭い。

脳内で広めに捉える(大体は大転子と間違って認識?)ことで、太ももの横幅が太くなる。

前後に認識がズレれば、大腿四頭筋が発達して前後に太くなる。

座位においても左の図のように骨盤が寝てしまっていては、お尻が平べったくなる。くびれがなくなる。

スタイルにこれくらの差が出ます。

園さとは股関節の可動域の差であり、骨盤の可動域の差。支点の認識の差。

 

ウナを支点として、膝、股関節を正確に通る軸を作り、スタイルを微調整していく。

肋骨の可動域も変わってくるし、背骨のS字も綺麗に修正されていく。

究極の身体 (講談社+α文庫)

男性は、ち〇この感覚を意識からはずし、骨盤が地面に対して垂直に立っていることを正確に意識する。

 

膝蹴りと骨盤と。

今はこれがお気に入り。
前後の位置、左右の位置を正確に。
 
股割りを目標に今週は取り組んできていましたが、まだまだ先は長いかも。
股関節の位置を正確に脳内に落とし込み、股関節の可動域をMAXに、骨盤可動域をMAXに持って行く。
 

【股関節】股関節を組み込み、全身の使い方をアップロード

 
書くのは何度目かわかりませんが(;´・ω・)
今回は精度を最大に高めて身体に落とし込みたい!

【カリウム不足であった】

サイコパス実験の元、糖質、ナトリウムに偏った食事が続き、さらにはアルコール摂取、飲料としては特にコーラが多かった1か月。

カリウム摂取と言えば会社で飲むインスタントコーヒー程度で、圧倒的にカリウム不足状態にあったのだなと思います。

 

画像引用元※https://www.adpkd.jp/yomoyama/vol05_02.html

 

筋肉付いた\( 'ω')/と思っても、糖質を摂ったりするとすぐ低下したり、手足が浮腫んだり肌質が悪くなったり力が入りづらかったり。

低カリウム血症に近い症状まで体内カリウム量が低下していたと推測。

 

カリウムは過去実験で、プチトマトを1キロ食べる(1食で)という実験で痛い目にあった(高カリウム血症:しびれ、吐き気、他)ので、嫌煙してた部分もありましてそれ以降考察は深まっていなかったのです(;・∀・)笑

 

カリウムは体内のミネラルの中で2番、もしくは3番目に多い物質であり、体重のおよそ0.2%を占めている(すなわち、60 kg の成人ではおよそ 120 g のカリウムが含まれる)言うまでもなく超重要な物質。

 

98%は細胞内にあるので、不足していくとその量に応じて部分的に影響が出てくると感じます。

脚、足だけが浮腫んだりというのがそれで、上半身はカリウムは不足していないけど、下半身に回す分までは体内に足りていない。

そのため充足すると入浴後、下半身の汗の量が凄い出たり、浮腫みが一気に解消されたりします。

 

また各細胞にカリウムが充足されるとキメ細かさが戻ります。

さらにはミトコンドリア活性も活発化し、代謝が良くなり、古い細胞を新しい細胞へ、新陳代謝が促進されて細胞ごと新しくしやすい状態になります。

 

筋肉を正常に保つという作用から、テストステロン値にも大きく関わると考えられます。

これは後日機序などから考察しますが、ホルモン合成やバランス維持にもカリウムが重要になってくるものと思います。

 

注意すべきはナトリウムとのバランス。

ベジタリアンやヴィーガン、フルータリアンなどは摂る野菜によってはカリウム過多になりがちで、塩分不足に陥り、高カリウム血症気味になったりしやすい。不整脈、筋力低下などにも繋がる。

 

低カリウム血症にしろ、高カリウム血症にしろ、不整脈、筋力低下に繋がるわけで、大事なのはナトリウムとのバランスです。

ナトリウム不足も同じくらいかそれ以上に問題です。極度の低ナトリウム血症は心臓が止まります。力が出なくなります。

 

力強く、出力目一杯で全力全開元気に生きる上では、カリウムとナトリウムの充足が必須と言えますね。

 

============

なんか上辺だけの薄っぺらい記事になってしまった(;´・ω・)もうちょっと掘り下げて核心までたどり着きたい。

 

ちなみに摂取した果物

・プチトマト1パック

・パイナップル(カット:1パック)

・リンゴ3個

・イチゴ1パック

・グレープフルーツジュース1リットル

 

あと水(ボルビック)も一杯飲みました。

 

細胞にカリウムを行きわたらせ、血液の濃度を変え、赤血球の酸化を還元して、身体全体を細胞レベルで変える。

イメージはこれですね。血管(特に毛細血管)清掃。

 

そうすることで痩せやすい身体を作れます。

楽して一気に痩せるためには準備が必要です。代謝を細胞レベル上げてから、ダイエットに取り組むべし。

果物は糖質が多いので、その他食材も意識して摂取せねばね(`・ω・´)

 

【仮)代謝不良はカリウム不足によるミトコンドリア不活性】

サイコパス実験してから、野菜嫌い生活が続き、かなりのカリウム不足に陥ってた可能性に気が付きました。

今日は以前主食が如く食べていたプチトマトを久々に食べたら、頭部、脳内に感じていたモヤモヤがスーッと抜けていった!

ということから、カリウムかな?と推測。※リコピンどうこうはあまり考えたことがないです。

なのでバナナや他の果物を一杯食べてカリウムを充足します。

とはいえ摂りすぎると手足に力が入らなくなったり心臓弱ったりする(ナトリウムとのバランスが崩れて電力不足になる)ので注意。

特にストレスや糖質過多で副腎疲労(アドレナルファティーグ)状態の人はカリウム摂ると具合悪くなるので注意です。

 

マグネシウムサプリを飲んで寝るのは日課だけど、カリウム不足の状態だと、ミトコンドリアだけではなく、酵素機能や代謝機能、排出機能が低下する。

マグネシウムカップス (400mg) 180カプセル 海外直送品

明日辺りから再度断食を再開しますが、その前に

血管の詰まり解消、弾力回復をさせて、ミトコンドリア活性を出来るだけ最大値に持って行ってからやります。

 

・全身マッサージ、加圧による体内静電気放電

・グレープフルーツジュース2リットルくらい、果物の多量摂取

・呼吸を最大限に酸素摂取量を増やし、入浴での体温アップ。

 

で、ダイエットの下準備を完了させる。

===================

カリウム不足に陥る原因は、

・カリウムの摂取不足

・糖質過剰摂取

・ナトリウム摂取過多

・アルコールの過剰摂取

などなど。

 

また、ブリザリアンのシステムである、生体内常温核融合(ケルブラン)のシステム起動のきっかけ、核融合をスタートさせるにもカリウムが必要。核融合には放射線が必要であり、体内での放射性物質として有効なのはカリウム40による自然放射線。

カリウム40から放射される放射線により体内で核融合が起こり始めると考えられます。

ナトリウムと酸素の融合でカリウムに、カルシウムの酸化(電子を奪われる)でカリウムに。

という、カリウム以外にも、酸素、水素、マグネシウム、カルシウムといったリサイクルシステムが働きます。

 

水摂取によるH2O、呼吸による空気摂取(酸素、二酸化炭素、窒素、他)などを、あらゆる生命維持に必要なぶっしつに変換合成出来るシステムがヒトには備わっている。

 

小食になったり、断食であっても、ある程度の体重まで行くと、何も食べなくても体重が減らなくなってしまう。

というのはこのリサイクルシステムが起動したと考えれば良いのかと思います。

 

大事なのは最初のカリウム摂取によるシステム起動。

======

性格、精神もまた物質で出来ているわけであり、ホメオスタシス機能に刻まれているホルモンバランスや細胞の設計図、姿勢や体温等に至るまで、自分の身体や性格を本気で変えよう!と思う時も、その情報の書き換えにはカリウムが必要になると言えます。

 

成長したい、変わりたい、肉体を改造したい、新しく代謝して入れ替えたい!

と思うなら、カリウム不足の解消が先決。

 

逆に、一生子供で居たい、変わりたくない、ずっと今のままで居たい、面倒くさい、何も考えたくない、楽して生きていきたい、

といった精神状態下においては、カリウムを嫌う傾向にあるのかもしれません。

 

子供がコーヒーを苦手とするのは、案外苦いからではなく、そういった精神からくる嗜好なのかもしれません(適当)。

ということで、ちょっとカリウム多めの摂取実験開始します。

 

大量の果物とグレープフルーツジュースで一度全身の血管、細胞、ミトコンドリアをリフレッシュさせる。

 

骨盤を本気で立てる。

テーマ:

【骨盤を本気で立てる】

またまた基本に返っての普通のタイトル(;´・ω・)

 

骨盤を立てる。のは肉体改造、あらゆる機能アップ、シェイプアップ、ダイエット、ストレートネック改善、脚を細くする、下丹田を鍛える、精神を鍛える等、ありとあらゆる人体機能の調整において基本中の基本であり、まずやるべきは骨盤改善。

 

【結論】全ての改善は骨盤からやるべき【どんだけ遠回り】

と、もう3年半ほど前結論づけていたはずなのに、全然全くもって、立ててたつもりであった。。。(;´・ω・)

 

骨盤を本気で立てるには、股関節の可動域を最大限にしなければ辿り着けない。

【股関節】股関節を組み込み、全身の使い方をアップロード

  

 

まだまだ座位では悪い姿勢になることが多い。

また股関節の正確な位置が、脳内マッピング内においてズレていたことも判明。。

骨ではなく筋肉に加重を掛けてしまっていたため、左側股関節周りが尋常ではない硬さに。

 

とにかく骨盤を地面に対して垂直水平を意識して調整していく。本気で!

 

そしてこれは男しかわからないかもしれないけど、ち〇この触覚的な感覚が骨盤前傾角度調整において邪魔をする!!!笑

ズボンとち○この摩擦感覚が、脚の付け根、股関節の正確な脳内マッピング位置認識に誤差を生じさせている。

 

しっかり骨盤を立てているつもりでも、垂直ではなくわずかに後傾いてしまっていた。

 

アスリート(野球選手やボクサー、他)などが、試合前日にオナ禁をするよう、命じられるよう、ち〇この感覚がアップしては、骨盤を中心とする体軸の感覚がぶれてしまうためと言えるでしょう。

 

こんなにち○こが肉らしく思える日が来るとは思いませんでした(/ω\)笑

 

骨盤を立てる。ということに対しては今更新たに書くことはないかなと思います。

 

改善してきた全パーツが、骨盤を立てることによって全てが連動し始めるという感覚。

 

股割り。今日はちょっとやってみて、完成系までの距離感を探ってみます。

ってまだやってなかったのかい٩( ’ω’ )و w

 

本気でやった者にしかわからぬ感覚の世界へ行きたい。