『ビビッときたら書くブログ』 by nippy

ビビッと感じたこと、フレーズ、気になったこと、感じたことを書いていくメモ帳的なブログです。
※あくまで素人による仮定と推測、実験考察がほとんどです。

NEW !
テーマ:

パーツごとの可動域や重要な筋肉を細分化して調整して、全てを組み合わせていくと、

結局は【5番】に戻る。

・腹横筋

・脊柱起立筋群(多裂筋)

・骨盤底筋

・脚の外旋(外旋六筋、他)

・腕の外旋

・肋椎関節、胸肋関節

・肩甲骨

・その他色々

 

全てを同時に発動させて、バランスを維持すると、必然的に5番の形になる。

自分にとってのスタートラインが【5番】なんだなーとようやく確信しました。

5番をスッと出来るような可動域、身体能力、身体意識が出来てようやくスタート。

 

【5番】ポジションをやってみて、出来ないところ、出来ていないところを修正する。

ということがスタートラインへの近道。と考えればやることははっきりと見えてくる。

 

過去何度も【5番】について調べたり考えたりしてきたけど、

当然だけど今が一番出来る状態(`・ω・´)

 

チェックした結果、

・右脚の外旋が左に比べ全然足りていない

・左腕の外旋が右腕に比べて足りていない

というところが浮き上がってきた。

 

脚の外旋可動域のバランス差が原因で、身体が捻じれた状態にあるということ。

今日はとりあえずこれを修正する。

 

http://ruccab.web.fc2.com/asiage2.html

骨盤のズレ具合、片脚だけの外旋不足はこの記事が最も参考になりました。

 

==============

人体の構造、機能性を突き詰めれば必ずヨガ、バレエに行きつく、戻る。

といつも思います。

 

バレエのポジション、ポーズ、ヨガのアーサナ。

 

解剖学、構造、力学的な視点、人体の仕組み。

そういった知識を増やし、数ミリ単位での調整をしていき、身体機能の向上を図る。

 

ただ形だけ真似ても意味はなく、なぜそのポーズなのか、なんのための、何の意味があるのかを考えて行うことが大事なのだと思います。

 

と言いつつも、ヨガもバレエもやったことないのだけどね(/ω\)

構造から考えて自分なりに調整方法を考えていくと、どうしたってヨガやバレエのポーズに行きついてしまう。

 

遥か昔ポーズ、アーサナを生み出した人達もきっとそうだったに違いない。

 

自分の場合、【全ては麻雀のために】という、もっと強くなりたい!というところがスタートだったりしますが笑

 

その過程で生み出される何かが、健康やダイエット、コンプレックス改善、症状の改善などに役立てば、

そんな嬉しいことなない。

 

このブログは自分の麻雀愛が生み出した結果なのです(`・ω・´)w

愛の深さが伝わればいいなー。

=========

って全然5番の話書いてないや!笑

 

まー色々調子の悪い日が続いていたけど、ようやく復調の兆し。

 

全然書いてないけど、5番に戻りましたという話でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【正座】

の存在を忘れてた。

 

30秒の「かかとくっつけ正座」で腰痛・O脚・猫背が治るらしい

 

※画像拝借元http://riraseko.exblog.jp/tags/%E6%AD%A3%E5%BA%A7/

 

踵を付けることで膝下のみならず、大腿骨の捻じれバランスも整えることが出来る。

さらには股関節の可動域や膝周りの腱の帯電除去も出来る。(帯電が多い人は当然放電が起こり痛みを感じるけど、徐々に放電させることで数日で痛みは無くなる。)

 

正座を思い出したのは、いつも通り何気なしに調整していた時のこと。

左右別々に股関節の可動域を広げようと、それぞれ単独で加重、捻じれ負荷を掛けていた。

画像の左のおねーちゃんのような感じ。

※動画やテレビなどを観ながら調整することが多いですが、自分の場合、

 

半跏趺坐(はんかふざ)で行うことが多いです。

瞑想なんかも(最近は本腰入れてやることは少なくなってしまいましたが)結跏趺坐までやらず、踵を会陰に当てる感じで。

===========

と、説明を書こうとしたのだけど、角度、捻じれ、膝下、膝上、の組み合わせを書くときりがないので、感覚的に、直感的に正座を思い出しました(/ω\)

 

股関節の調整も、踵をくっつけながら行うとよりやりやすい(体勢にもよるけど)なと思います。

何より骨盤や背骨を連動して調整できるので、単体で可動域拡張をして、最後に連動調整するよりも、踵を付けながらの正座は手間が大きく省ける。

 

そうはいってもある程度の関節可動域がないと、踵をくっつけて正座するのは難しいと思います。

色々やったあとの最終バランス調整に使うのが良いかもしれません。

 

膝周りや太ももの浮腫み(筋肉の緊張)も取れやすくなり、結果的に脚が細くなります。

 

ということで、正座のススメでした。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

蝶形骨で忘れてた!

こめかみで調整できるということ。

乳様突起を使って側頭骨の回転を微調整できること。

こめかみ周りの血行が悪く、部分的に肌が劣化しやすいという人は、

ストレートネック気味で蝶形骨が前方へずれてしまって下垂体圧迫がある状態。

 

かなり弱めの力で、かなり細かい調整をするため、慎重にする必要がある。

※当然自己責任で。

仮)頭蓋骨がねじれる。(偏頭痛の原因と治し方)

それとは別に、腰椎の一部がほんちょっと捻じれていることを発見。

お陰で【正面を向いているつもりが斜めに捻じっている】という状態になっていて、その歪みが頸椎や頭部の捻じれに繋がっていることがわかった。

斜めに歩いてみたり、負荷を正面(と感じる方向)へかけてみて微調整。

土台が狂っていればその上に立つものは全てやり直しじゃ・・・(´・ω・`)

これは今日中に治す。

========================

そしていつものことながら、寝起きはまた歪みが生じている。。。

 

ベッドが柔らかいせいもあるのだろうけど、ほんとなんとかならんものか。

前日に100満足いくまで改良できた!と思っても、寝起きではひどいときは50くらいまで戻っている。

んで午前中に80~100まで戻して、前日に上乗せして改良していくということの繰り返し。

そんな生活をかれこれ7年くらいやっている。というか7年て!!!

まだ納得のいくスタートラインにすら立てていないという。

一生スタートラインを追い求めていくの嫌だなーと。

かといって理想と落とすのはもっと嫌だ。

 

まるで成長してないとまではいかないけど、納得いくレベルは遥か彼方先・・・

 

あーーー精神と時の部屋があればいいのになー笑

あ、無ければ作ればいいのか!イメージで(`・ω・´)

久々に本気の瞑想でもしますか。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

祝、肋椎関節の開通ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

 

腕(上腕骨)の外転、腕の外旋、脚(大腿骨)の外転、脚の外旋をひたすらやり続けた結果、

肋椎関節が納得いく感じで全部動き出しました!

最終的には【空手の引手】の概念が役に立ちました。

拳を握る際に小指、薬指をしっかり握り、親指でロック。これにより尺骨を軸として腕を使えます。

さらには全力で引く際、三角筋上部を収縮させることとなり、上腕骨の外転がしっかり出来るようになる。

 

次いで引く高さを乳首ラインくらいの高目で引く。これにより肩甲骨のロックが外れます。(前鋸筋、小胸筋、棘下筋、小円筋等、外旋に関わる筋肉を剥がしたり、肋骨と背骨の間の関節:肋椎関節への負荷を掛けられる。)

 

これらの左右の可動域バランスを調整しながら行うことが大事。

左右のバランスが整い、頸椎上部1番、2番あたりが(その他拘束背芯全部)パキっとハマる感覚が起こると、頭部への、脳内の血行が良好になるを感じられる。

 

超スッキリ!

 

【甲状腺ホルモン分泌への影響】

と思ったのもの束の間。

 

今朝からスーパー怠い。寝すぎたのかな?とも思ったけど、左手に力が入りずらい。

さらに代謝が良すぎて暑い、発汗もすごい。疲れやすい。息が切れる。元気が出ない。

 

などの症状を感じる。

 

やったことと、調整した個所から考えると、頸椎の改善による何か。

 

知識として持ってる中で思い浮かんだのは、

・バセドウ病

・メニエール病

の症状と近いなと。

 

ストレートネックという点から考えると、起こり得るのはメニエール病。

姿勢から下垂体を圧迫することによる甲状腺ホルモンの不足。

胸鎖関節と乳様突起を繋ぐ胸鎖乳突筋の筋弛緩、緊張などが関係すると考えられる。

で、ストレートネックが改善する過程を考えると、

・下垂体の圧迫が取れる

ということより、血行改善が起こり甲状腺ホルモンの分泌が正常化される。ということに繋がるが、

一気に正常化されてしまう結果、甲状腺ホルモン分泌が一時過剰状態になるのではないか?

 

と考えると、一時的にバセドウ病、橋本病のような症状が出たのかもしれないなと思いました。

※下垂体圧迫と生理不順の関係は過去記事メモ書き)仮)視力と下垂体の関係

 
とにかく経過を観察したい。
メニエール病は姿勢改善でいけそうだけど、バセドウ病となると姿勢改善という路線だと、逆に圧迫しないといけないのかな?という考えもあるけど、今回の場合はホメオスタシス機能の安定待ちのような気もする。
 
良くも悪くも毎日違う身体の使い方をして、様々な変化が起こる。
なにをどうしたらどうなるか?を解明していくのはほんと楽しい!(悪い変化も自己責任ですが)
これをさらに治せたら、症状で悩む人の改善の可能性に繋がると思うと、よりやる気が出ます(`・ω・´)
 
次の段階は【甲状腺ホルモン分泌コントロール】となるのだろうか。
楽しみ♪
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

糖質制限や炭水化物抜きの効果が認知されると共に、

【糖化】という言葉、概念がようやく社会的に広まってきたように感じる昨今。

 

という書き出しで書くと果てしないので端的に(/ω\)

 

【抗糖化作用色々】

1.糖質を摂らない(控える)

というのが最も効果的なのは言うまでもないけど一応。

 

2.血管拡張(血行不良の解消)

血管が細いと酸化した赤血球が詰まりやすく、体内静電気の帯電も起こりやすい。

また糖化した血管は硬くて脆いため、血圧も上がりやすく、破れやすいのですぐに内出血などを起こしてしまいます。

太ももに知らないうちに痣が出来てる・・・などという場合、その人はかなり末期の糖化レベルだと自分は判断しています(/ω\)10段階で8くらいは糖質塗れの感じ。

 

血管の弾力を取り戻し、拡張させることで、血管の詰まり易さは解消されるため、それ自体が抗糖化に繋がります。

血管拡張を目的とする場合、

 

・アルギニンの摂取(一酸化窒素による血管拡張作用)

・慢性的な筋収縮の解消(脱力)

 

というのが効果的。

 

【アルギニン摂取】

に関して(自分がやってているの)は

Lアルギニン 500mg 250粒(海外直送品)

サプリでの摂取。もしくはアーモンド。(その他色んな食材にアルギニンは含まれていますので、食材からの摂取。)

アルギニンは30歳を超えてくると体内合成量が少なくなってくるという統計があります。

若さを維持するには必須のアミノ酸と言えます。

 

【慢性的な血管収縮の解消】

血管収縮とは筋肉の収縮。交感神経優位から副交感神経優位状態へ。

それらを物理的に操作する。

わかり易くはリラックスする、脱力するということ。無意識に入っている力を抜く。

 

・カモミールティ

・御岳百草丸

・エプソムソルト

・マグネシウム摂取(カルシウム過多の解消)

・マッサージ、ストレッチ

・体内静電気の除去(および帯電予防)

・ビタミンC.Eなどの積極的な摂取

 

などなど。

※カモミールティや百草丸は過去記事を参照ください

https://ameblo.jp/nippys-fancy/theme-10070723082.html

それぞれに含まれる物質による筋弛緩作用が抗糖化、コルチゾール分泌を少なくするなどの効果を高く望めます。

エプソムソルト コスメティックウォーター 8kg(4kgX2) 入浴剤(浴用化粧品) クエン酸配合 シークリスタルス

血行さえよければ(赤血球の酸化さえ良ければ)、大体の糖化は防げます。

という主旨です。

 

どんなに糖質を摂ったって血行さえ良ければダメージは少ない。

なので同じ糖質量を摂取しても、血行の良い人と悪い人では差が出るし、

歪みのある場所、無い場所によって糖化度合いは変わります。

 

太ももやお尻にだけにセルライトが出来る人、顔だけ浮腫む人、腕だけに出来る人。

血行の悪い場所、代謝の悪い場所に糖化反応は起こりやすいのです。

 

3.シャワーや入浴のお湯の温度を熱めにする

 

というのも効果的。(体内静電気の除去や血管拡張)

 

ですが、糖質を摂取した状態(血糖値の高い状態)で行うのはマイナス効果。

糖化は温度によって起こり、メイラード反応が起こりやすい状態となります。

 

日焼けなども同じ作用言えます。

 

4.リンゴ、玉ねぎなどの摂取

 

糖化しやすい物質、つまりは糖質と結びつきやすい物質や、半端に糖化した茶系の物質の摂取は、

血中の糖質と細胞の代わりに結びついてくれるため、抗糖化物質として血糖値を抑えてくれます。

 

===========

時間なくて端折っちゃった(/ω\)

 

他にも菌とかショウガとか酢とかクエン酸とかミトコンドリア活性とか色々あるけどそんな感じ!

よい週末をヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。