初日はマイナス2.7キロ

テーマ:

ま、初日はいつもこんな感じ。元が元だから┐(´д`)┌w

 

・ほぼ断食

・エプソムソルト入浴(47度、浴槽30分程度)※テレビ観ながら:youは何しに日本へ(/ω\)

・便1回

 

入浴前にプチトマト1パック。(カリウム摂取で発汗促進)

 

79→76.3キロ

 

ということは連日の多量の炭水化物摂取で、体内の水分蓄積量がかなり増えていたということ。

糖分子1つに対して4個の水分子が付くとすれば、糖質1g摂取で5gの体重増加。

棟を燃焼させ水分の吸着を剥がし、発汗、排尿で体外へ排出すればこれくらいは落ちる。

 

経験上、2週間くらいまではノンストップでマイナス10キロくらいまでいける。

※以前は1か月目でマイナス18キロ。

 

初日の2.7キロペースは維持できないけど、1.0キロ/日 ペースは維持できる。

毎日順調に減っていくのが楽しい!というペースを維持できれば、食べる楽しみを超え、ホメオスタシス機能は働かない。(食べるたのしみと痩せる楽しみどちらが勝つか)

 

ヒトには設計図がある。

 

体温が上がりすぎれば下げるし、下がりすぎれば上げる。

血糖値も同様だし、身体が傷ついても元と同じ形に復元する。

それは設計図があるからであり、そこに体重なりホルモンバランスなり様々な数値が刻まれている。

 

例えば現状の79キロという数値が脳、設計図に刻まれていれば、どんなに痩せようとも79キロに戻そうとする力が働く。

なので79キロという数字を60キロに書き換えてやれば、勝手に60キロに向かって減っていく。

 

その場合精神的なストレスは発生せず、努力という感覚はない。

本当の自分は60キロの自分なわけだから、79キロの自分が嫌で嫌で仕方がないし、減らしたくて仕方がない。やって当然のことをするのは努力とは言わない。(楽しいというのも薄れるけど)

 

じゃあどうやって数値を書き換えるのかというと、やはり目標の設定。

本当にやりたいこと、なりたい自分、理想的な身体等をリアルにイメージする。

 

今のままの太ったからだで残りの人生を過ごすか、好きな体形で楽しく過ごすか。

 

=========

なーんて懐かしいことを書いてみた。

 

さてさて今週末までには6~7キロ落とすぞ><

それでも72~3キロか・・・月末までに60キロ台!これで行こう。

 

人生で最高の状態を常に今に持ってくる。

今回は最も身体の出来上がった状態を作り上げる。

 

 

このおじいちゃんは72歳らしい!

顔の皮膚の糖化、しわに対してもうちょっとちょちょっとやれば、30代くらいの見た目をキープできるんじゃなかろうか。

 

普段口癖のように言ってるのだけど、60歳の時に20代の見た目で居たい(`・ω・´)

6年前の減量の頃とは知識量が1000倍は違うぜ(`・ω・´)w

より精度の高い減量を目指す。

 

===========

※新ブログ 裏nippy~気が向いたら書くブログ~を初更新しました。方向性は定まっていないけど、今となってはこちらに書きづらいのものをとりあえず気が向いた時に書いていこうかと思います。

 

 

 

 

 

 

AD

という基本に帰る。

 

折角断食するのだから呼吸を極める。

 

普段からの糖質漬け生活では、ミトコンドリアでエネルギー合成をしなくなってしまい、ミトコンドリアが減少してしまう。

 

糖質は糖質(グルコース)1分子から得られるエネルギーは2つのATP(エネルギー通貨単位)。

それに比べてミトコンドリアのTCA回路を回し得られるエネルギーは38個のATP。

 

糖質から得られるエネルギーの19倍!

 

なのでミトコンドリアの数を増やし活性すれば、糖質まみれの疲れやすい身体比べ、19倍×ミトコンドリアの数 くらい、エネルギー代謝および合成量が増えるということ。(多分)

 

糖質摂取、喫煙、口呼吸、呼吸が浅いなど赤血球の酸化、細胞の帯電などにより全身細胞が酸素不足になることでミトコンドリア減少が進む。

 

逆に言えば酸素を多く取り入れ、赤血球の酸化する物質の摂取を制限、還元物質の摂取をしていけば、ミトコンドリアは増える。運動、マグネシウム摂取、ビタミンの摂取などなど。

 

今回の自分の過剰な体重増加は、糖質の過剰摂取よりも、喫煙量の増加という点が最も大きな要因かもしれないなと反省。(二箱/日くらいまで増加してた)

 

==============

〚AMPK〛AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)

というのが様々な機能の中で超重要!と

ミトコンドリアのちから (新潮文庫)

これを読んだ時にびびっときてたのに、それ以来調べてなかった。。

 

==========

【酢を飲んで炭水化物摂取】

すると太らない。という話もある。(テレビでやってたと聞いた)

 

自分も糖質摂った日は、グレープフルーツジュース飲んだり、ミカン食べたり、寿司屋ではガリを一杯食べたりするようにしてます。

 

それでもダメージおよび体重増加、糖化等を避けられないのが糖質の凄いところw

 

ミトコンドリアの減少は、体内のクエン酸(クエン酸回路)の減少とイコールとも言えます。

 

本来体内で事足りるクエン酸が、糖質の摂取、喫煙、呼吸の浅さ(酸素不足)、その他酸化作用などによりミトコンドリアの減少に繋がるので、外部からクエン酸を補う必要が出てしまう。

 

糖質摂らなければ、ミトコンドリアさえ普段から活性化していれば、

クエン酸を左程意識して摂取せずともいい話。

 

と思ったり。

=====

とまー今回の断食ではミトコンドリアを今まで以上に意識して考察していくことになりそうです(`・ω・´)

 

 

今日の入浴のお供が決定しましたよ。

 

AD
ここ6年くらいの中で、体重MAX記録を久々に更新中。。。
2011年 85(1月)→60(3月) まで落としてから6年目。
昨日体重を計ったら、79キロまで増量していた。
 
思い当たることは山ほどある(/ω\)
超大盛に挑戦し、(カレー&チャーハン&餃子:手稲山)
極太ニンニク醤油チャーシュー大盛りを食べ
 
就寝前にハーゲンダッツを食べる実験(起床時の血糖値と睡眠の質への影響実験)



さらに他にはバレンタインのチョコレート。
他にも回転寿司、弁当など多々ありますが(/ω\)
糖質まみれの2月を過ごした当然の結果です(`・ω・´)w
ほんと増やすのは超簡単w
 
1月にダイエットを決意しながらも、途中路線変更して肝機能アップ、太ももの帯電除去でどれくらい効果が出るか?という方向へ行きつつも、糖質の魔力に溺れてしまいました。
 
溺れたくないという気持ちもなく、溺れてもいいやーという気持ちがあったので、別に体重が増えたことは気にしてない。
 
増えたら増えたで減らせばいい話♪減らす楽しみがある!
 
今回は何の実験で落とそうかなー(*´▽`*)という楽しみが♪w
んで今回は、
=====================
【無期限断食】
 
をやってみたい。
その前にまずは最も重要な〚目標設定〛
 
痩せることを目的にしてはホメオスタシス機能に引き戻されるので、
痩せないと絶対できないことを目標にする。
 
服を着こなしたい、モテたい、そしてやりたい(/ω\)などを以前は目標にしてたし、性欲をエネルギーに変えて進化してきた。
 
けど、ここ数年は性欲をエネルギーに変えられなくなっているように感じる。。アラフォーですしね。。(この辺は書くと超長文なるので割愛)
 
6年前は『自分の思い描いた人生は、こんなはずじゃなかった!』という思いをエネルギーに変えた。
 
デブったまま酷い見た目で残りの人生を生き、糖尿病や透析などに怯えながら生きるのがとても嫌だった。
 
今回はどう設定すべきか。色々やりすぎて、安直な設定が難しくなったように思う。。
 
とはいえこんなブログを書いていながら、書いてる本人がデブってたらなんの説得力もなくなってしまう!という危機感はある(/ω\)
テレビの健康系の番組で、太った医者を見るたびに思うのだけど、人のこと言えないや。。
 
・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・水分
・タンパク質
 
の摂取に気を付けながら、完全糖質制限で一気に落とすことにする。
上記は不足を感じた時にのみ摂取。
 
主食はバランスを考えてスルメ。たまにアーモンド。
体重を落とすのは入浴、たまに岩盤浴を交えて落とす。
これといった運動は一切しないスタイルは変えない。
マッサージやストレッチは今まで通り。
 
3月末には79キロ→60キロにする。
※筋肉量を踏まえると65ー68キロくらいがベストかもしれないので、減らしながら微調整はします。
 
しばしの間、グッバイ糖質。
 
しかし今の79キロと、6年前の79キロの状態では、明らかに肉の付く箇所が違う。
今は顔にはほとんど付かないので、あまり太ったように見られない。
かといって動けるデブになりたいわけではないw
 
まずは最終的にどんな体になりたいか?
という設計図を細かく作る。
 
どうせなら今までなったことのないような身体に(`・ω・´)
 
そんな感じで、
無期限(とはいえ3月末)プチ断食、スタート(/・ω・)/
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
AD
前腕骨間膜と下腿骨間膜、骨間筋の帯電(緊張)を除去する。
ということを徹底的にやっています。
に伴い、腕や脚の機能向上を目指す上でとても重要なポイント。
骨間膜の緊張が腕の捻じれを固定してしまい、首の捻じれや背骨の捻じれを生じさせる。
ここの緊張の除去がそれらを改善させる。脳幹の流れの正常化にもつながる。
 
また付随して、手足の骨間筋の緊張も除去。
 
これらにより、前腕、ふくらはぎ周りを細くすることができます。
逆に言えば骨間筋の帯電、緊張が太さの原因であると言えます。
 
=========
自分の場合、腕の骨間筋、前腕の筋肉の緊張がヤバいことになっていました。
エプソムソルト入浴で改善されるはずのこの部位の帯電除去ですが、入浴時に読書をしていたことが逆に仇となり、前腕の緊張を放置する結果となってしまったようです(と考察)。
※腕までしっかり浸かるようにせねば。
こうやって蓋の上に手を出して読んでしまっていた。
 
それにしても前腕、二の腕、肘回りの筋肉改善。超絶痛い!!( ノД`)
 
この痛みを全て除去出来たなら、それはそれは過去最高レベルの機能に達することができると確信しています(`・ω・´)v
腕は日常生活中にも揉めるので24時間可能な限りひたすら揉む。
脚は24時間ってわけにもいかずなので、運転中や入浴時、就寝前にやる。
そういやマグネシウムスプレーもあったな!
筋肉痛除去や疲労回復に有効。今回の改善実験では使わないけど(エプソムソルト入浴はする)、脚がツル、肩こりなど筋収縮でお悩みの方は是非お試しあれ☆
もちろん食事により体内のマグネシウム量を増やすというのが理想的。
体内の水分とマグネシウムを反応させ水素(電子)還元作用を起こしましょう。
 
 
 

体軸。

テーマ:
腹横筋という筒の中を、背骨(多裂筋)を通して、横隔膜で蓋をする。
 
腹横筋の収縮がウェストの細さを決め、多裂筋の収縮が安定感を上げ、横隔膜で固定する。
 
外周の筒は下から上、外から内に収縮させ、背骨(多裂筋)は上から下へ引き下げる)。
 
釘を使わない宮大工の技術のように、上下を繋ぎ合わせて固定する。
 
 
腹横筋、多裂筋などは前後で分けて考えるのではなく、360度、中心点。3Dで考えるべし。
大事なポイントは、地面に対して垂直水平という意識。
 
腰椎部分で上方向への収縮と下方向への収縮が、外周と中心軸で混じるので、それを捉えるまでが難しい。。