台湾のCMで、なんか良いのを見つけました。

 老人達の映像なのですが、自分はどうなりたいかと聞かれた感じがしました。



 老いてしまったグループのひとりが、友人の葬式後のレストランで突然「バイクに乗るぞ!」と叫んでいます。






 なんか師匠を思い出したよね。

 師匠とは全然キャラが違うけど(笑)

 でも自分が老いた時に、ここまでのバイタリティがあるのだろうか。

 私の場合はこういうきっかけがあっても、死を待つばかりというか、ポックリ苦しまずに死にたいとだけ思うやろうからね。

 やっぱりこういうのは、人間の生命力というか、気力というか、人間力というか、ポテンシャルというか、バイタリティが重要になってくるんやろうかね。

 すぐに飽きて、何でも面倒くさがる自分を変える必要があるなと思う次第です。








 追記:
 とは言ったものの、特に変わるつもりはないんですけどね(爆)











 NEXT→は、下の【<<ひそかに居残りをく…】をクリックしてください。





AD



「日本人預金山分け」韓国人から詐取

TBS系(JNN) 7月24日(火)7時33分配信
「津波で死亡した日本人の預金を山分けしよう」などと持ちかけて韓国人から金をだまし取ったとして、国際詐欺集団が摘発されました。

韓国の警察に摘発されたのはインドネシアやナイジェリア国籍などの男女5人です。

5人は今年3月、外国人の文通相手を求める「ペンパルサイト」に登録していた韓国人の73歳の男性に女性の名前でメールを送信し、「自分が勤めるマレーシ アの銀行に津波で一家全員が死亡した日本人の預金が420万ドルある。親戚を装って相続し、山分けした後、一緒に住もう」と架空のもうけ話を持ちかけまし た。

韓国人の男性は関連費用として10万3000ドルを4回に分けて送金しましたが、その後も送金を追加するよう要求があったことから不審に思い、韓国の警察に相談して事件が発覚しました。

警察は5人のうちインドネシア国籍の34歳の女を逮捕するとともに、ほかにも余罪があるとみて調べを進めています。



 --------------------------------------------------




 騙した方も騙された方も、どっちもクズですな。
 
 お互い潰し合いながら死んでいくことを願っておりますお願い






ポレポレ見聞録 in アフリカ♪













 NEXT→







AD


 田舎者スタッフのマナーの件ですが、諦めることにしました。


 せめて彼には最低限のマナーを知って欲しかったのですが、やっぱりアフリカンスタイルを貫いて欲しいと考え直しました。

 彼にマナーの話をするのは、ペンギンに飛べと言っているようなものなのかとぺんぎん

 マナーや信頼の話なんかは、彼には一体何のことを言っているのか理解できないのでしょうね。

 そんな引き出しが無い者に対して、その引き出しの中身を説く難しさは、まさにこの動画のようなことなんでしょうよ。



                        【ダイアン 寿司のネタ】



 知識のない者に対して、口だけで説明できるわけないよねムチ

 そもそもそんな概念すら持って無さそうやしね。










 NEXT→は、下の【<<シュラインというク…】をクリックしてください。





AD


 実を言うと、名作【エイリアン】の中の人はナイジェリア人なんですよねエイリアン 


$ポレポレ見聞録 in アフリカ♪


 ボラジ・バデジョという青年で、手足が長く、身長も218cmもあった為、現実離れした体型のエイリアン役にうってつけだと思われたそうです。

 ちなみに当時の彼はデザイン学校の学生で、バーで飲んでいたところをスカウトされたそうですSkype


 

 カメラテストの様子

   ↓   ↓




 かなりシュールやね。










 追記:
 動画の着ぐるみがグレイ顔なのが気になりますな宇宙人













 NEXT→は、下の【<<無い物は出てこない…】をクリックしてください。






WHO、タリバーンのポリオワクチン禁止に懸念 パキスタン北西部


7月18日(水)10時51分配信


【CNN】 

パキスタンで子どもたちへのポリオ予防接種が実施されるなか、北西部の部族地域では反政府武装勢力タリバーンが接種を禁止している。世界保健機関(WHO)は、同地域の子ども約28万人が接種を受けられず、感染の危険にさらされると懸念を示している。

タリバーンの地元司令官が先月、米軍による無人機攻撃が中止されるまで、ポリオワクチンを禁止すると宣言。「無人機攻撃はポリオより悪質だ」などと主張していた。

WHOや米疾病対策センター、国連児童基金(ユニセフ)などによる予防接種は先週、パキスタン各地で一斉に始まった。医療従事者やボランティア18万人が 3日間で5歳未満の子どもたち3400万人への接種を目指しているが、部族地域の北ワジリスタン、南ワジリスタン両地区では、タリバーンの妨害により活動 停止を余儀なくされているという。

首相府でポリオ予防を担当する顧問は「近い将来に再開できるよう願っている」と話す。部族地域へ出入りする際の通過地点には接種所が設置された。

ポリオは世界で予防接種による撲滅運動が進み、ウイルス常在国は現在パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアの3カ国のみとなっている。パキスタンでは部族地域を中心に、今年22人の患者が報告された。

ポリオ予防接種をめぐっては昨年、米中央情報局(CIA)が国際テロ組織アルカイダの指導者オサマ・ビンラディン容疑者一家の所在を確認するため、パキスタン人医師に地域一斉接種を装ってDNAを採取するよう依頼したとして、非難を浴びた。




 --------------------------------------------------------




 パキスタンもアフガニスタンも、紛争やら戦争やらで大変な地域ですが、そうではないナイジェリアが未だにエントリーされてるのが笑えたね。


 さすがグレート・ネイションですな(爆)


 とはいえ最近のテロ以外でも、宗教間の暴動や何やらで、数百人が簡単に死にいくナイジェリアってのは、紛争地といってもいいかも知れませんな。











 NEXT→









食品安全性1位は米国、中国は39位―英調査機関


Record China 7月13日(金)21時9分配信

2012年7月11日、米華字メディア・多維新聞によると、英経済紙エコノミストの調査部門であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は 10日、世界105カ国の食品安全性に関する調査報告書「グローバル・フード・セキュリティー・インデックス」を発表した。

報告書によると、食品安全性が最も高いのは米国、デンマーク、ノルウェー、フランス。安全性が高い理由として、供給が安定していること、国民収入が高いこ と、食品の生産開発に積極的であることなどが挙げられている。

安全性が低いのは、エチオピア、ルワンダ、ナイジェリア、モザンビークなど主にサハラ砂漠以南のアフリカ諸国が多く、最も低い国はコンゴ民主共和国という結果となった。

近年食品安全性で不祥事がたびたび起きている中国は、この調査では39位。食品安全ネットワークプロジェクトの存在や農業生産の安定性、栄養基準が比較的 高いことなどが評価された。

しかし同時に、農業開発への支出が少ないことや1人当たりGDPの低さ、食生活の多様性が低いこと、政治面での不確定要素など も指摘されている。(翻訳・編集/岡田)




 ---------------------------------------------------




 アフリカンパワーと言って憚らないナイジェリアは、毒入り餃子やダンボール肉まんの中国よりも低いのか・・・





 激マズなうえに安全性まで低いって、何の取り得もなくて羨ましいぜ!!(高爆)









 追記:
 実は今回で千回目の更新になります。
 4年チョットでワン・サウザンドかぁ・・・ 多いか少ないか分かりにくいなぁ(笑)
 しかしアラビアンナイト(千夜一夜物語)って凄いよね。
 毎晩話して千夜に至るって、話題が豊富過ぎるでしょランプ1












 NEXT→






タンクローリー爆発事故

テーマ:



交通事故のタンクローリーが爆発、100人以上死亡 ナイジェリア


【AFP=時事】
12日午前6時(日本時間同日午後2時)ごろ、ナイジェリア南部のリバース(Rivers)州でタンクローリーが交通事故を起こした。

 漏れた燃料をすくい取ろうと数百人が集まったところタンクローリーが爆発し、女性と子供を含む100人以上が死亡した。

 タンクローリーは、近づいてきたミニバスなど3台の車を避けようと急ハンドルを切ったが、避けきれずに衝突した。

 爆発が起きたのは衝突から約1時間30分後という情報があるが、爆発までの時間はもっと短かったという複数の当局者の証言もある。

 事故現場に到着した軍の兵士は引火する恐れがあるので近づかないように警告したが、大勢の人が燃料を手に入れようと警告を無視して衝突の直後から現場に集まっていた。

 州の情報当局者は100人以上が焼死し、約50人が重度のやけどを負って病院に運ばれたと語り、また極めて重傷の人もいることから犠牲者の数は10~15人程度増える恐れがあると述べた。

 現場には大型の重機が運び込まれ、遺体の損傷が激しく別の場所に運ぶのが困難と判断された約85人がその場で埋葬された。

 道路事情が悪いナイジェリアは交通事故が多い。また燃料を手に入れようと燃料漏れやタンクローリーの事故現場に人が集まることが多く、これまでにも爆発で多数の死者が出ている。

 1998年10月には南東部のデルタ(Delta)州で、燃料を盗もうと人が集まっていたパイプラインが爆発し、1000人以上が死亡した。【翻訳編集】 AFPBB News




 --------------------------------------------------



 事故が起きた地域は、住民の多くが1日2ドル以下で生活しているとのことです。

 リバース州は、外国人の殺害や誘拐が多発している地域でもあります。

 近くで石油が出まくっているのに、住民達には還元されない為、色々と事件が起こっています。

 負の連鎖やね。












 NEXT→








ドバイ覚醒剤密輸、2審も1審裁判員裁判の無罪支持

産経新聞 7月12日(木)15時22分配信

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイからスーツケースに隠した覚醒剤を密輸したとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われ、1審千葉地裁の裁判員裁判で無罪とされた女性会社員(42)の控訴審判決公判が12日、東京高裁で開かれた。

 小川正持裁判長は「1審判決には事実誤認はない」として、1審判決を支持、控訴を棄却した。

 女性は、昨年4月、覚醒剤約1・2キロ入りのスーツケースをドバイ国際空港で手荷物として預け、成田空港に持ち込んだとして起訴された。

 1審は、当時交際していたナイジェリア人男性が、現地で知り合いから譲り受けたスーツケースに女性の荷物を詰め替えたことなどから「自分が運び屋の役目を担わされていることに思い至らなかった可能性が否定できない」と無罪を言い渡した。

 検察側は、「密輸組織が覚醒剤を確実に回収する手段を講じた形跡はなく、(女性に)違法薬物の存在をあらかじめ了解させていたと推認する以外に合理的説明は困難」と主張。

 これに対して、小川裁判長は「検察官が主張する間接事実を総合評価してもなお、合理的な疑いを生じさせない程度の証明がなされたとは考えられない」と退けた。




 ----------------------------------------------------



 
 この手の話は頻繁にあるよね。

 やはりナイジェリアには関わらないのが一番ですな。 











 NEXT→








 ロイターのニュースです。







 新法を制定するよりも、まずは政府の汚職をなくす方が大事だと思います。

 法が出来ても守らんやろからね。

 ていうか、私でもゲリラになりたいと思うくらい政治が腐ってるし。

 ナイジェリアは未だに法治国家ではなく、役人の思惑ひとつでどうにでもなる人治国家やからね。

 結局アフリカ最大の問題は、民度などの人にありますからな。






 追記:
 どんなに完璧な仕組みや法を作ったところで、アフリカでは意味を成さないと思う次第であります。











 NEXT→は、下の【<<知らずに運び屋にさ…】をクリックしてください。







 ウチの事務所兼住居のある居住区ですが、例の馬鹿ドラマの俳優やミュージシャンが何人か住んでいるのは知っていたのですよ。

 
 テレビを観ながら、この俳優やこの女優がご近所だと聞いたこともありましたが、まったく興味が無かったのですよ。

 でも中々の名曲を歌っている歌手がご近所なのには、極々少しですけど“へぇ~”となりました。

 2faceという西アフリカでは結構有名な歌手なのですが、偶然私が好きな曲を歌っていたんですよね。



 この歌です。(African Queen)

      ↓    ↓








 でも上の曲はカバーで、オリジナルはこっちです。

      ↓    ↓


                       (歌は25秒から始まります)


 私はカバー曲の方が好きなんですけどね。

 でも聞き込んだらオリジナルの方が良いような気はします。







 追記:
 ご近所だからって、別に会いたいとかは無いです。













 NEXT→は、下の【<<石油泥棒は日常生活…】をクリックしてください。