☆周南市の共創プロジェクトに「神楽でまちづくり」が第1号の案件として採択されました。
☆テレビ放送。YAB山口朝日放送にて、三作神楽&神楽アイドル、取材・ニュース放送されました。(2016.2.1&2/6)
☆テレビ放送。アイドルオーディションの様子がYAB山口朝日放送にて、取材・ニュース放送されました。(2016.1.15)
☆「三作神楽」と「NPOまなびデザインラボ」YAB山口朝日放送、取材&VTR&生放送出演(2016.12)
☆テレビ放送されました。『まなポート』の取り組みを連日取材、NHKニュース「特集」で放送されました。NHK山口放送局(2016年1月20日)→中国地方全域で再放送されました(2016.1)


☆日々の様子はfacebookで更新中。
★地域情報新聞「ほっぷ」にて、教育コラム「勉強が未来を創る」連載中(毎月第1週発行号)
★まなラボスクールの教育への取り組み「まなびのプラットフォーム」。ホームページにて。
☆テレビ放映されました。「まなラボスクール」の取り組みに3日間にわたりテレビ取材を受けました。YAB山口朝日放送(2015年8月27日放送)
☆不登校支援「まなポート」しゅうなんFM、NHK、雑誌MIRAI、日刊新周南、地域情報新聞ほっぷ、など各種メディアにて取りあげていただいております。
☆三作神楽「息吹き祭」各メディアにて取材。YAB山口朝日放送、毎日新聞、朝日新聞、日刊新周南、CCSケーブル周南、周南経済ニュース、yahooニュース、ほか。

☆ひらお町民サムさんによるまなポート公式テーマソング「笑顔になれるなら」CD発売
(アレンジ・録音、master Honda担当)

講座/ワークショップ予定
facebook参照

各種プロジェクト(詳細はfacebookで)
・周南市による「共創プロジェクト」にて、まなラボ&三作神楽保存会による「神楽でまちづくり」が第1号の案件として採択されました。三作神楽PR&後継者育成へ。
・周南市大道理、農業小学校。こどもたち(小中高校生など)の年間を通じた農業体験を、大道理夢求の里交流館と連携スタート。野菜づくり。

随時
・まなポート無料相談会(随時個別) @まなびデザインラボ
・各種イベント、プロジェクトでのボランティア募集中

開催実績(2015~現在)
済・10/3 仕事噺第4回 スクール生限定講座(周南市長) @まなラボスクール
済・10/17(土)「学習効率125%アップ!超絶リラックス体得セミナー」
済・11/14(土)仕事噺第5回 講師:おっきー(沖永優子さん)
済・12/5(Sat) 速読講座 小松範之先生
済・12/12(Sat) 読んドク~読んでアクションする読書会~
済・12/12(Sat) 仕事噺第6回 切り絵作家 敦臣先生
済・12/22(Tue)まなポート開校記念パーティー「船出だヨ!全員集合」
済・1/30(土)イベント「ようかい幼稚園」@まなポート(和光ビル)
済・1/31(日)月の映像作家河戸浩一郎、作品上映会 @まなポート(和光ビル)
済・2/6(土)7(日) TOEIC WARS~英語難民の逆襲~「16時間耐久『TOEIC対策 超集中講座』@まなラボスクール
済・2/14(日)14:00- Afraさんによるワークショップ @まなポート(和光ビル)
済・世界一大きな絵@まなポート 2016.3.26 & 27
済・北京語講座2016.3.26
済・ゲーム実況サミット2016.3.27 ライブあり
済・映画ロケ参加(スクール生限定)「八重子のハミング」佐々部清監督作品
済・English picnic @福田フルーツパーク(周南市須金)2016.4.23
済・博士対談 美術vs工学 2016.4.24
済・musewan ライブ&トーク @まなポート(関西を中心に活動するアーティスト)2016.4.24
済・月の映像作家河戸浩一郎 作品上映会 2016.5.21&22
済・まなラボ フットサル部 2016.6.5 @コスタ・デル・ソル
済・お母さんのためのコーチング講座 2016.6.29 
済・まなラボ フットサル部 2016.7.10 @コスタ・デル・ソル
済・「スイーツ数学」2016.7.17
済・大道理農業体験、野菜苗植え 2016.7.21
済・トランペット講座 2016.7.27 @まなポート
済・こども向けプログラミング講座 2016.8.2(愛媛・テックプログレス社共催)
済・チャーハン野球(野球観戦)@由宇 2016.8.4
済・大道理農業体験、野菜苗植え 2016.8.9 @大道理(周南市)
済・ハイスクール世界サミットin福島 山口県代表としてNPOより2名が参加 8月7-11
済・婚活イベント「らぶサル」フットサルで婚活(周南市婚活イベント開催事業補助金事業) 2016.8.21 @コスタ・デル・ソル
済・「寺子屋サマースクール」川・山・寺で自然体験 8月(1期3日間。全4期参加可能)
(周南市子育て支援活動補助金活用事業)
済・こども神楽教室(周南市和田) 夏休み開催
済・周南萌えサミット出店 まなポートエンタメ部 8.28
済・大道理農業小学校、やさい収穫&乙カレー2016.8.30
済・9/3 (月) 東京「不登校セミナー」小松コーチ
済・9/22(祝)フットサルを楽しもう まなラボブットサル部 @コスタデルソル
済・9/24(土)秋のスイーツ数学 まなラボスクール
済・10/1(土)それいけ!農業小学校 @大道理
済・10/1 (土)辰尾神社(秋季例大祭前夜祭)にて「月」映像上映会 月の映像作家・河戸浩一郎
      協力・すおうランプ、田邑ガラス店、コーヒーボーイ
済・10/2(日)英語探偵スルメ 英語を学ぼう @まなラボ
済・10/4(火)世界的グラフィックデザイナー稲吉紘実教授(ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学教授)講演会および授業参加 @周南市立福川中学校 
済・11/5(土)世界一大きな絵&川フェス @ソレーネ周南
済・11/19(土) 三作神楽「息吹き祭」@三作神楽伝承館 メディア取材多数!
済・11/23(日)スイーツ数学 和 @まなラボ
済・11/26&27 月の映像作品上映会&朗読&ライブ @本丁蔵部
済・1/6(金) たき火レジェンド@周南市和田
済・1/15(日) アイドルオーディション 最終審査(実技・面接) 第1期生2名選出

☆NPO法人「まなびデザインラボ」(まなびと教育)
 受験指導「まなラボスクール」、不登校支援「まなポート」
☆音楽制作の「uta-Line(うたライン)」東京と山口を中心に楽曲制作受付中。
★Master Honda「music-art work」ホームページにて公開中。
★kindle電子書籍発売(トップ1%に入るためのマインドセット)
☆受験生応援ソング、iTunes storeで配信中こちら
  • 17 Apr
    • まなラボスクール生徒募集中(小・中)

      まなラボスクール生徒募集中 (小学生・中学生)   http://hondayahonda.wixsite.com/manalabschool   博士が教える高校生コースはこちら→ http://hondayahonda.wixsite.com/manalabschool/high       ・勉強が子どもたちにとって「最も価値あるもの」だということを大切にし、伝えています。   2つの学習(学び)を柱にしています ・「学術的学習(受験勉強・学校の勉強)」に、徹底的に取り組みます。テスト結果や点数、順位にこだわります。 ・社会で生きていくための「コミュニケーション力」「思考力」などが伸びる取り組みをしています。学問以外の学びを大人から学ぶ、講座やワークショップなどを開催しています。   ・スクールは、授業形式プラス寺子屋個別学習の「通い放題」形式です。 ・認定コーチ、教育コーディネーター本田が責任を持って指導いたします。地域のお子様を10年以上、2000名以上(市内市外9教室)を直接指導してきました。過去問等の問題分析と授業が得意です。 ・公立高校、高専、中学受験の分析・対策に10年以上の実績があります。主に県内のトップ校のトップ合格を輩出してきています。 ・受験/入試/教育等データ、情報量/情報収集および発信については全国トップクラスです。 ・日本各地から教育関係者が訪れています。 ・スクール生の半数以上はトップ校(主に徳山高校)を受験・進学してきました。特に学年トップ、450点以上を目指す学習・受験指導が得意です。大学進学先(東大現役合格、早慶、ほか多数)。 ・2015年度実績、県内私立中学受験トップ合格、全国模試トップ5%入りなど。   ・アメリカで発達したコーチングと呼ばれる科学的な特殊技能を用いた指導となります。目標を持ち、自ら主体的に学ぶサポートをします。また認定コーチが指導します。   ・スクールのコース設計上、スクールに通っていただく回数が多く、勉強にかける時間が長く、勉強量が大きくなります。スパルタや強制では実現できない量の勉学をしています。(例:テスト対策補習、3学期学年末は18時間以上を実施) ・部活や習い事ではなく、まなびと教育を優先されるご家庭に通っていただいております。   ・単に点数を上げる、だけではなく、将来役に立つ、考える力、生きる力、コミュニケーション力を育成します。 ・コーチングを基礎にしたコミュニケーションを大事にしています。 ・カリキュラムは個々で組みますので、予習や復習などの対応が可能です。   ・子どもたちが「主体的」に「考え」「学ぶ」ことを念頭においた「コミュニケーション授業」を提唱、実践しています。(アクティブラーニング、プレイフルラーニング等に加え、コーチングの手法を取り入れた授業の形式)   ・教室での会話から授業、個別指導に至るあらゆる場面において、賢くなるためのコーチング手法を用いています。そのため、教室に通っていただくことで「賢くなる」ことが可能です。   ☆センター試験廃止など文科省が目指す学校教育と入試制度が大きく改革されるため、主体的に学ぶ力、社会で要求される力、の育成と、新入試制度をクリアしていくことを念頭に置いて、指導をしていきます。(従来の講義型授業や知識詰め込み型での受験は形骸化していきます。)   ・子どもの意見や話を聞かず、一方的に授業をする(先生の自己満足)という旧来のスタイルの授業は行っていません。何より、「楽しい」と思える授業づくりを基本としています。 ・「思考力」は「コミュニケーション力」に深い結びつきがあり、学習時も「対話・会話」をすることを重視しています。 ・結果、ここ3−4年間に担当した子すべての子の点数が上がりました。成績アップ、点数アップといった目標を持ち、結果を出すことを重視しています。 ・全国の教育関係者から支持・信頼をいただいております。取材や見学などがある場合がありますが、御了承ください。   ・教育を提供している性質上、税金を使わず民間で行うと大変高額になってしまいます。できる限りご家庭のご負担を減らすため、スポンサー・寄付(個人・企業)により、月謝を低価格化しています。   ・子どもだけでなく大人も学ぶ必要があると考えています。また、スクールは教室のような閉じた場所ではなく、地域の大人が足を運び「共に学べる」場でありたいと考えています。今後、大人も学びに来る場作りをしていまs。ご協力・ご支援をどうぞ宜しくお願いします。   ・受験勉強に加えて、将来に役立つスキルを学ぶため、社会で活躍する大人「サポートコーチ」(様々なプロフェッショナル)から学ぶ授業やセミナーも受けていただけます。地域の大人と共に行う活動です。ぜひ、ご参加下さい。   ・教育は大人からのギフトであると考えています。通い放題などサービスは高額になってしまいますが、当スクールの低学費の実現は、地域の企業・個人からの寄付・協賛金で賄われています。またそのために運営母体をNPOとしております。   ・ITC教育が広がりを見せています。先端の学びの場として、より効果・効率的に学ぶために、デジタルツールなどの導入も積極的に行っていきます。   ・小学生は、2015&16年は、週1で講義時間をとり、「論理の授業」をしています。論理的に考え文章を書き、プレゼンする力を養っています。 →2017年は金曜日に。 ​ ・小学生は、半数が私立や県外の受験生(中高一貫校など)、半数が非受験の生徒です。使用教材難易度は、中の上から、全国トップクラスの難易度のものまで取り組んでいます。     http://hondayahonda.wixsite.com/manalabschool        

      8
      テーマ:
  • 12 Apr
    • まなラボ 他 リンク集 (NPOまなびデザインラボ)

      2017年度もスタートしました。 NPOまなびデザインラボが運営する、 各種スクール「まなラボスクール」「まなポート」をはじめ、様々なプロジェクトが今年度も進んでいきます。   今回は、ここで各ページURLをご紹介します。 (まなラボ・リンク集)   NPO法人まなびデザインラボ http://www.manabidesignlab.org   受験学習指導塾「まなラボスクール」(生徒募集中) http://hondayahonda.wix.com/manalabschool   不登校支援フリースクール「まなポート」(生徒募集中) http://manaportschool.wixsite.com/manaport   三作神楽 official homepage http://manabidesignlab.wixsite.com/mitsukurikagura     -各種facebookページ- NPOまなびデザインラボ https://www.facebook.com/manabidesignlab/ まなラボスクール https://www.facebook.com/manalabschool/ まなポート https://www.facebook.com/manaport/ 三作神楽 https://www.facebook.com/mitsukurikagura/ 神楽アイドル https://www.facebook.com/kaguraidol/ 本田屋 https://www.facebook.com/hondayagroup/ uta-Line(音楽制作) https://www.facebook.com/utaline/     -他- Atsushi Honda(ビジネス) http://hondayahonda.wix.com/atsushihonda master honda(音楽制作) http://hondayahonda.wix.com/masterhondamusic uta-Line(音楽制作) http://hondayahonda.wix.com/uta-line     なお、各種プロジェクトなど最新情報は、 主にfacebookにて更新中です。   どうぞごらんください。      

      2
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 三作神楽ホームページ開設

      NPOまなびデザインラボは、 周南市に1300年伝わる「三作神楽」 (みつくりかぐら/国指定重要無形民俗文化財)の 後継者問題の解決とPR活動を担っています。   このたび、 神楽のホームページを開設しましたのでお知らせいたします。   三作神楽(みつくりかぐら)公式ホームページ http://manabidesignlab.wixsite.com/mitsukurikagura (日本語・英語)   なお、神楽公演依頼等、お問い合わせは、 まなびデザインラボまで。 http://www.manabidesignlab.org

      7
      テーマ:
  • 06 Feb
    • 2017-18年度 生徒募集(小・中)について

      まなラボスクール 2017-18年度 生徒募集(小・中)について (HPより転載します)   ・新年度スタートは3月です。 ・すでに席数に限りがあるため、3月1日時点で満席が予想されます。どうぞお早めにご連絡を。 (昨年中は予約待ちの状況が続きました) ・すでに通塾可能学年のお子様は、学習習慣および思考の習慣を養うため、新年度前、早めの通塾スタートをお願いしています。(現状、通塾期間の長いお子様との差が大変大きいことが予想されます) ・賢くなる、思考力をつける、論理的思考を学ぶ、テストで結果を出す、勉強習慣の確立、学習法の上達、入試合格、を目標とした指導をしています。 ​ ​   お申し込み方法 当ホームページのお問い合わせフォームより、ご連絡ください。こちら ​(ご紹介の場合は、ご友人のお名前を教えてください) 入塾前に、「親御さん&お子様との面談」および「体験授業」を必ずしていただくことになっております。 (なお、全国より見学希望などが多数あり、また、実際に授業を体験していただくことを大事にしているため「見学のみ」のお申し込みはお断りしております。全国で他にない指導をしておりますので、ぜひ実際に体験をされてみてください) ​ 入塾までの流れ 1・お問い合わせをいただく 2・ご返信、面談および体験授業のスケジューリング 3・面談および体験授業 4・ご連絡をいただき、入塾     ​ 中学生コースについて ・全国に先駆けたアクティブラーニングの場、さらに成績や結果にもこだわる学習をします (2016年度、学年一位複数人、ほぼすべての回で一位をとり続けています) ・平日は自由に通塾できるため、高いレベルの学習習慣が身につきます (毎日欠かさず通ってくれる小・中学生もいます) ・特殊スキル「コーチング」を用いた指導をしています ​・コミュニケーションを重視した指導です(「コミュニケーション授業」) ・大規模塾経営および指導経験があるため、高い授業スキルのもとで指導しています ・全国での認知度が高いため、業界内の(入試・受験・指導などの)情報量はトップクラスです ・通塾回数を増やせるため、また、学習習慣が身につくため、学習量は県内トップクラスです。 ・学習量はトップクラスですが、基本的に宿題は出しません。 ・学習量はトップクラスですが、子どもたちはなぜか楽しいと言いいながら通ってくれています   ・中学生は授業形式を週2で行います。 ・週末を中心に、地域に出て各種学びイベントに参加できます ・定期テスト前の週末には、土日も開放し、テスト対策勉強会を実施します ・季節講習(春・夏・冬)があります。学習定着および入試対策のため全員出席となります ・NPO運営にて、低学費を実現しています ​ ​ 小学生コースについて ・全国に先駆けたアクティブラーニングの場、さらに成績や結果にもこだわる学習をします ・平日は自由に通塾できるため、高いレベルの学習習慣が身につきます (毎日欠かさず通ってくれる小・中学生もいます) ・特殊スキル「コーチング」を用いた指導をしています ・コミュニケーションを重視した指導です ・学校での学習が易化したため、もう一段上を目指す子どもたち中心に通塾いただいています ・新年度のメンバーとスケジュールの都合をみて、年度の半ば、または後半より「論理の授業(授業形式)」を行います ・通常は授業形式はなく、個別学習形式です。 ​・中学受験(県内外)に対応します(全国模試トップ数%ランクインなど)   ・大規模塾経営および指導経験があるため、高い授業スキルのもとで指導しています ・全国での認知度が高いため、業界内の(入試・受験・指導などの)情報量はトップクラスです ​・入試対策が得意です ・通塾回数を増やせるため、また、学習習慣が身につくため、学習量は県内トップクラスです ・学習量はトップクラスですが、基本的に宿題は出しません ・学習量はトップクラスですが、こどもたちはなぜか楽しいと言いいながら通ってくれいます ​ ・週末を中心に、地域に出て各種学びイベントに参加できます ・季節講習(春・夏・冬)があります。学習定着のため全員出席となります ・NPO運営にて、低学費を実現しています。 ​ ​ お願いごと ・「成績が悪い」ことでお子様を叱ることをおやめください。指導効果が下がり、結果が出なくなります ・自主性に任せていますが、現在の通塾生を見ても、通塾回数が多くなる子が多いので、親御さんの「送迎」には大変ご苦労があると思います。どうぞよろしくお願い致します。 ・部活優先(中学)の方はお断りしております(予約待ちも生じる中、少人数指導の貴重な席を確保させていただいており、季節講習などの欠席に対応させていただくことができません) ・学校での授業態度などに問題をお持ちのお子様はお断りしています ・メディア取材などが入ることがございます。ご了承ください。またインタビューなどでは、ご協力をお願いすることがあるかもしれません。よろしくお願いいたします ・講演会やセミナー、まちづくり・社会問題対応の行事やイベントなどにより、教室をお休みすることもございます。よろしくお願いします。 ・周囲に迷惑をかけてしまうお子様はお断りしています ・地域で活躍する大人も多く出入りする地域の学び場となっています。新興宗教関連、ネットワークビジネス、暴力団関係者のみなさまの出入りは固くお断りしております     まなラボスクールHP http://hondayahonda.wixsite.com/manalabschool   NPO法人まなびデザインラボ http://www.manabidesignlab.org     ☆博士が教える高校コース(個別・英、数)も募集中です。詳しくはホームページにて。      

      13
      テーマ:
  • 17 Jan
    • 神楽アイドルオーディション・アイドルメンバー決定!そして・・・追加募集も決定!(周南市)

      1/15(日)「神楽アイドルオーディション」の最終審査が行われ、2名のアイドル・メンバーが決定しました。場所は、周南市ふれあいセンター。 当日は、報道陣も詰めかけ、緊張感と熱気あふれるオーディションとなりました。   写真は、YAB(山口朝日放送)さんでの翌日の夕方に放送されたニュースの様子です。  ついに、アイドルオーディションにて一期生、2名が決定!アイドルとしての活動がスタートします。 このアイドルは、三作神楽とNPOまなラボによる周南市主催「共創プロジェクト」によって生み出されたもの。地域のみんなで応援して、地域のみんなで育ててもらいたい、そんなアイドルグループです。 そして・・・・さらに、2/4から、『1.5期生の募集スタート』も決まりました。そうです、早速ですが、追加メンバーを募集します。 応募し損ねたみなさんのチャレンジや、今回の審査にもれてしまったみなさんの再チャレンジをお待ちしています。 なお、神楽アイドル情報は、特設HPまたはfacebookページにてご覧いただけます。 神楽アイドルオーディション・特設ホームページhttp://www.manabidesignlab.org/kaguraidolaudition facebookページ 神楽アイドルオーディションhttps://www.facebook.com/kaguraidolaudition/   

      7
      テーマ:
    • まなラボスクール 2017-18年度生徒募集(小・中)について(HPより)

      まなラボスクール2017-18年度 生徒募集(小・中)について(HPより転載します) ・新年度スタートは3月です。・すでに席数に限りがあるため、3月1日時点で満席が予想されます。どうぞお早めにご連絡を。(昨年中は予約待ちの状況が続きました)・すでに通塾可能学年のお子様は、学習習慣および思考の習慣を養うため、新年度前、早めの通塾スタートをお願いしています。(現状、通塾期間の長いお子様との差が大変大きいことが予想されます)・賢くなる、思考力をつける、論理的思考を学ぶ、テストで結果を出す、勉強習慣の確立、学習法の上達、入試合格、を目標とした指導をしています。​​ お申し込み方法当ホームページのお問い合わせフォームより、ご連絡ください。こちら​(ご紹介の場合は、ご友人のお名前を教えてください)入塾前に、「親御さん&お子様との面談」および「体験授業」を必ずしていただくことになっております。(なお、全国より見学希望などが多数あり、また、実際に授業を体験していただくことを大事にしているため「見学のみ」のお申し込みはお断りしております。全国で他にない指導をしておりますので、ぜひ実際に体験をされてみてください)​入塾までの流れ1・お問い合わせをいただく2・ご返信、面談および体験授業のスケジューリング3・面談および体験授業4・ご連絡をいただき、入塾  ​中学生コースについて・全国に先駆けたアクティブラーニングの場、さらに成績や結果にもこだわる学習をします (2016年度、学年一位複数人、ほぼすべての回で一位をとり続けています)・平日は自由に通塾できるため、高いレベルの学習習慣が身につきます (毎日欠かさず通ってくれる小・中学生もいます)・特殊スキル「コーチング」を用いた指導をしています​・コミュニケーションを重視した指導です(「コミュニケーション授業」)・大規模塾経営および指導経験があるため、高い授業スキルのもとで指導しています・全国での認知度が高いため、業界内の(入試・受験・指導などの)情報量はトップクラスです・通塾回数を増やせるため、また、学習習慣が身につくため、学習量は県内トップクラスです。・学習量はトップクラスですが、基本的に宿題は出しません。・学習量はトップクラスですが、子どもたちはなぜか楽しいと言いいながら通ってくれています ・中学生は授業形式を週2で行います。・週末を中心に、地域に出て各種学びイベントに参加できます・定期テスト前の週末には、土日も開放し、テスト対策勉強会を実施します・季節講習(春・夏・冬)があります。学習定着および入試対策のため全員出席となります・NPO運営にて、低学費を実現しています​​小学生コースについて・全国に先駆けたアクティブラーニングの場、さらに成績や結果にもこだわる学習をします・平日は自由に通塾できるため、高いレベルの学習習慣が身につきます (毎日欠かさず通ってくれる小・中学生もいます)・特殊スキル「コーチング」を用いた指導をしています・コミュニケーションを重視した指導です・学校での学習が易化したため、もう一段上を目指す子どもたち中心に通塾いただいています・新年度のメンバーとスケジュールの都合をみて、年度の半ば、または後半より「論理の授業(授業形式)」を行います・通常は授業形式はなく、個別学習形式です。​・中学受験(県内外)に対応します(全国模試トップ数%ランクインなど) ・大規模塾経営および指導経験があるため、高い授業スキルのもとで指導しています・全国での認知度が高いため、業界内の(入試・受験・指導などの)情報量はトップクラスです​・入試対策が得意です・通塾回数を増やせるため、また、学習習慣が身につくため、学習量は県内トップクラスです・学習量はトップクラスですが、基本的に宿題は出しません・学習量はトップクラスですが、こどもたちはなぜか楽しいと言いいながら通ってくれいます​・週末を中心に、地域に出て各種学びイベントに参加できます・季節講習(春・夏・冬)があります。学習定着のため全員出席となります・NPO運営にて、低学費を実現しています。​​お願いごと・「成績が悪い」ことでお子様を叱ることをおやめください。指導効果が下がり、結果が出なくなります・自主性に任せていますが、現在の通塾生を見ても、通塾回数が多くなる子が多いので、親御さんの「送迎」には大変ご苦労があると思います。どうぞよろしくお願い致します。・部活優先(中学)の方はお断りしております(予約待ちも生じる中、少人数指導の貴重な席を確保させていただいており、季節講習などの欠席に対応させていただくことができません)・学校での授業態度などに問題をお持ちのお子様はお断りしています・メディア取材などが入ることがございます。ご了承ください。またインタビューなどでは、ご協力をお願いすることがあるかもしれません。よろしくお願いいたします・講演会やセミナー、まちづくり・社会問題対応の行事やイベントなどにより、教室をお休みすることもございます。よろしくお願いします。・周囲に迷惑をかけてしまうお子様はお断りしています・地域で活躍する大人も多く出入りする地域の学び場となっています。新興宗教関連、ネットワークビジネス、暴力団関係者のみなさまの出入りは固くお断りしております  まなラボスクールHPhttp://hondayahonda.wixsite.com/manalabschool NPO法人まなびデザインラボhttp://www.manabidesignlab.org 

      テーマ:
  • 27 Dec
    • 見立て 2017年

      普段の記事は、facebookでの更新が多く、そちらではちょくちょく書いていますが、今がまさに新しい時代の入り口にあって大事なことは、リアルを動かすということだと感じています。 ネットやSNS、そしてLineなどのツールで、バーチャルの、いわゆる情報空間でのやり取りなどが増えた中、だからこその、現実の世界で力強く歩むこと、そしてバーチャルではない「身体性を伴った現実」を動かすことの重要性が、より高まってきているのではないかと思っています。 2015年を大きな時代の節目、そしてそれが少しずつ明確になってきた2016年(2015がまさにそのような年であったということを確認する年だったように思います)。さらにやってくる2017年は、よりその流れが強まり顕在化していきそうです。 新しい価値観の時代へ。非常識が常識になり、過去の価値観が通用しにくくなる時代へ。 僕が仕事の中心で関わっている、ビジネスや教育の世界でも、それらが非常に顕著になってきています。 株主や利益を至上主義としていた時代の終焉。学歴と偏差値偏重、およびそこにある授業から、そこに流れる思想、たとえば強制や指示・命令といったもの、それらを軸とする教育の終焉。 すべてがリセットされる、すべてが失われる、ということではないですが、より新しい時代の価値観が生まれ、育ち、息づいていく。2017年はその顕在化と加速の年となりそうです。 時代の変革といいつつ、必ずしも良いものばかりが生まれていくわけではありません。利益偏重のビジネスがトレンドでなくなるといいつつ、大衆の消費への依存傾向は強まるばかりです。また、消費が生みだす、教育への悪影響もより大きくなってきています。  それでもなお、時代は流れ、より新しい時代へ。より、新しい、というよりも、ここまでとはまったく別の次元の時代へ。まさに変革。 その意味で、新しい潮流へともに漕ぎ出せる、仲間や周囲の協力者、支援者、理解者、というのも、誰でも良いことは全然なくて、大きく2極化してしまうでしょう。「次に歩める人たち」と「過去に取り残される人たち」です。   2017年へ。時代の大きく強い流れの中へ身を投じられるかどうか、自分がどちらの側に立てるのか、それを問われる年でもあり、次なるステップが大きく加速する年になりそうです。    

      6
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 学力低下の先に 「地域教育」というキーワード

      (facebook記事より) 学力低下は、何年も前から、そして何年もかけて述べてきて予想してきたとおり。目の当てられない状況になっています。現在の中1定期テストは、1−2学期のここまでで、軒並み50点から60点程度。ひどいものは50点を下回るものも。あらゆることに、あらゆる立場のそれぞれに、原因と責任があります。もちろん、時代の流れとともに、不可避な要因も多数あります。それでもなお、思考できない大人を育成していくことだけは、避けなければなければならないでしょう。 大きく3つの立場、「学校教育」「(大きな捉え方での)社会環境、時代の流れ」「家庭」それぞれが、考えなければならない問題です。 問題は、テストの点数が取れない、暗記できない、学習内容を理解できない、にとどまりません。「覚えられない、思考できない、考える力がない」 多くの小・中学生を中心に見ている立場として、非常に危機的状況が訪れている、その最中であると申し上げざるを得ません。社会に出た若者が、適応できず、うまく働けない。すぐにやめてしまう。叱られると逃げ出す。当然のことが起こっていますが、これからさらにこれらが加速します。現20代の子たちもたくさん教えてきましたが、今の小・中学生たちはその比ではありません。 この対策には、民間とコミュニティ、そこにある「地域教育」が鍵を握ります。賢くさせるためだけに、いわゆるアカデミックな勉学だけをしても、まったく意味がありません。それらは、それらに取り組むだけでは、力があがらないのです。数学をあげたいなら、数学だけやってもだめ、英語をあげたいなら英語だけやってもだめ、ということです。それが通用した時代は終わりました。よく、学習以前、授業以前、という言葉を耳にしますが、まさに言い得て妙。認知の力と同じように、非認知の力の重要性はますます高まるでしょう。  ひとつの、ヒントは、「こどもたちを地域活動に積極的に参加させること」です。学校をオープンにするという発想もありますが、これは教育機関とそこにいる人々が生来持つ性質上、進めるのは難しい。また、実社会ではない分、リアリティがない。だから、こどもたちを学校から地域に出し、地域で育てるのです。そう、リアルな社会の中で、です。 市立スポーツ中学校のような状況は、未来の地域・地方にとって、好ましい状況ではないことも付け加えておきましょう。このままでは、産業が倒れますよ。本気でやりたい運動は、地域のクラブチームでやればよいのです。わざわざプロっぽい人を、いれたくもない校内に招く必要はなく、プロの指導員のいるクラブチームに所属させればいいのです。少なくとも学校がやることは、プロのスポーツ選手を養成することではありません。学ぶこと、知識を重んじること、勉学。大事なものを本当に大事にしたいのなら、今、こどもたちを地域に出すべきなのです。 また、あわせて、そうすることで、子どもたちは、大人になり都会に出てしまうことではなく、(一時的には出たとしても、いずれは)地域に住み、地域で活躍することの意味を見出すことにも一役買うのです。NPOをたちあげてようやく1年が経ちました。公によらない自主採算部門を持つNPOとしては全国でも稀な存在です。そしてこれは、今後の鍵となる「地域教育」のために立ち上げたと言っても過言ではありません。消滅する地方自治体。貧困化する日本。 危機感を持たない自治体は、茹でガエルです。 誰が舵を切るのか。 皆で考える問題です。 (facebookより)  

      5
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 11/26&27 月の映像上映&ライブイベントのお知らせ

      11/26&27、月の映像詩&ライブイベントのお知らせ(facebookイベントページより)https://www.facebook.com/events/1604157382964595/ 月の映像詩の上映会です。作家自身の郷里である周南市で、継続的な作品発表を始めることになりました。河戸浩一郎 月の映像詩定期上映会「月影の真ん中を往く」季節を追いながら、定期的に催していく予定です。さて、第1回となる今回は 月に馳せる想いを綴るような会にしたいと考えています。 日時:個展形式の上映会11月26日(土)15:00〜21:0011月27日(日)13:00〜17:00 ライブイベント「月に想いを馳せる夜」11月27日(日)19:00〜21:00(18:30開場) 料金:両日とも個展形式の上映会は ¥1,000(入場後は出入り自由)27日19時からのライブイベントは ¥3,000(1ドリンク付き)  会場:本丁蔵部周南市児玉町2-25 (徳山駅から徒歩10分)http://www.honcho-club.com/information 出演:河戸浩一郎(映像) ninni(歌と朗読) 山口徹(ピアノ)協力:まなびデザインラボ11月26日と27日の17時までは、個展スタイルの上映会です。開場中は常に作品を繰り返し上映しますので、いつでもご入場いただけます。上映途中での出入りも自由です。1本が3分から10分程度の作品を何本か連続して上映します。全作品のトータルで約60分ほどの作品群となります。27日の19:00からは、特別企画として「月に想いを馳せる夜」と題してライブイベントを行います。山口県を中心に活動されているシンガーの ninniさんをお迎えして、月を題材にしたスタンダードナンバーの演奏や詩の朗読と月の映像の共演で、月を感じていただければと思います。ライブイベント「月に想いを馳せる夜」は、ご予約も承ります。このfacebookイベントページでご参加を表明していただいても良いですし、メールでのお申し込みも可能です。 以下のメールアドレスに、お名前と人数をお書き添えください。kawato@tsukimachibito.comお気軽にお問い合わせくださいませ。 https://www.facebook.com/events/1604157382964595/  

      テーマ:
  • 15 Nov
    • アイドルオーディション開催!申し込みスタート 

      「神楽アイドルオーディション」http://www.manabidesignlab.org/kaguraidolaudition 山口県周南市和田に1300年続く、伝統芸能「三作神楽(みつくり・かぐら)」。 この「三作神楽」を全国にPRし、未来につなげるアイドルユニット「神楽ガールズ(仮)」のメンバーを募集します。​​オーディション合格後は、歌、振り付け、ダンスレッスンを経て、ライブ活動やイベントなどのプロモーションで幅広く活動します。 ☆周南市の新しいプロジェクト「共創プロジェクト」の一環として行われるもので、まち全体で、まちと神楽を応援するアイドルグループを創出します。☆三作神楽(保存会)公認のアイドルとして、神楽や周南市、地域の特産品のプロモートなどを行います。 ご応募はこちらから。オーディション公式ページhttp://www.manabidesignlab.org/kaguraidolauditionfacebookpagehttps://www.facebook.com/kaguraidolaudition/ 協力:三作神楽保存会​後援:周南市、株式会社シティーケーブル周南、エフエム周南株式会社運営:NPO法人まなびデザイラボ 

      1
      テーマ:
    • 11.19 山口県周南市の神楽「三作神楽」の上演 「息吹き祭〜IBUKI〜」

      11月19日(土)、周南市にて、「三作神楽(みつくりかぐら)〜息吹き祭〜」が開催されます。 三作神楽は、山口県周南市で、1300年守られ続けてきた神楽です。(国指定重要文化財(無形民俗文化財)です)。 そして、今、高齢化や少子化が進む中、切実な後継者問題に直面しています。 伝統や文化、歴史を大切にする心のあり方を、今一度、私たちは見つめ直す必要があるのかもしれません。 次の1000年のために。7年に一度の式年祭の前年にあたる今年、三作神楽(みつくりかぐら)に新たな生命が吹き込まれます。それが「息吹き祭〜Ibuki〜」です。  このたびの上演は、周南市が主催する新しいプロジェクト「共創プロジェクト」にて、私ども「NPOまなびデザインラボ」と「三作神楽保存会」のみなさまがタッグを組むことで生まれた、新しい上演会となります。 11.19、共に、次なる歴史への一ページが開かれるその瞬間を、目撃しましょう。   

      テーマ:
  • 02 Nov
    • 11月イベント予定 

      11月イベント 世界へ漕ぎ出すイベントが盛りだくさんの11月です。各イベント詳細は、facebookイベントページにてご確認ください。   ・11月5日(土)音楽ライブ「川フェス」 @道の駅ソレーネ周南 http://nk-coaching.wixsite.com/kawafes  ・11/19(土)三作神楽「息吹き祭」(Mitsukuri-Kagura Ibuki)  @河内神社https://www.facebook.com/events/1792415274365633/  ・11/23(水・祝)冬のスイーツ数学〜和算と和菓子〜 @まなラボhttps://www.facebook.com/events/103352946803575/  ・11/26(土)&27(日) 月の映像作品上映会「月影の真ん中を往く」河戸浩一郎 @本丁蔵部https://www.facebook.com/events/1604157382964595/  NPOまなびデザインラボが主催または共催するイベントです。いずれのイベントもボランティアスタッフを募集しています。お問い合わせください。   

      2
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 「消費と学び」再掲(「連載勉強が未来を創る」より)

      なぜ消費が教育と相反するものなのか。 自身の連載記事より転載します。(再掲)以下、長いですが、簡単にまとめたものです、参考までに。 なお、記事は、少し前(2012年)ですが消費と学びについての記述したものです。 勉強が未来を創る 第9回「学校について考えよう1」私たちの社会において「学び」を考えるとき、学校の存在を欠かすわけにはいきません。今回は学校に関する少し小難しい話をしてみたいと思います。学校は私たち国民がその必要性を感ずる中で成立した機関のひとつでしょう。「そんなもの勝手に国が作ったんだから知らないよ」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、私たち一人一人が国家の成立と安定を考えるとき、教育が国を良くも悪くもすると自然に想像するでしょうから、学校必要論に行き着くのは不可避であるといえます。必要であるからこそ存在する学校は今、大きな転換期を迎えています。ご存知の通り、学校は全国どこを見渡しても、絶対的な信頼や支持のもとで運営されているところは皆無ともいえます。私はまさに今、教育の現場にいるのですが、課題は山積みです。多数ある課題の中でも、学校(および先生)と保護者の方々との信頼関係と呼べるものが存在していないというのが昨今言われている一般的な見方でしょう。様々な課題を抱える教育の現場ですが、問題点のひとつに「先生がえらくなくなった」ということがあります。私自身の幼いころの記憶をたどれば、間違いなく「学校の先生」=「偉い」という漠然とした思いがあったように思います。先生に対するある種の絶対的尊厳がそこにはあったように思うのです。それが子どもたちの学びを先導していた。ではなぜ近年、学びの先導者であるはずの先生がその尊厳を失っているのでしょうか?そこには、「学び」を「消費活動」の一環として見てしまっているという過ちがあります。学校に子を通わせる親の側が、学びの本質を知ることなく、学びの本来的活動を、消費活動のそれと混同してしまっているのです。消費とはその名の通り、「代価を支払って、ある商品を買おうとする」行為です。学びは消費活動とは似て否なるもの。ですが、消費の概念を学校にも適用させてしまっているのです。では、学びを消費として完結させようという行為がなぜ悲劇を呼ぶのか。そのあたりの話を次回に。  勉強が未来を創る 第10回「学校について考えよう 2」「先生が偉くなくなってしまった」のは、学ぶ側の「消費主体」としての行動が強まってきてしまったから。ここまでが前回の内容でした。学ぶ側というのは学校に行く子どもたち、及びそこに子を通わせる私たち大人のことです。では、消費主体としての行動とはどのようなものなのでしょうか。消費行動というのはその言葉通り「お金を出して物を買う」ということです。消費者は自分の持っている「お金」をそれに見合う「商品」と「交換」しようとします。価値の等しいと思える取引、つまり「等価交換」です。現代に生きる私たちは何でも「お金」を「それに見合う商品」と交換しようとする「思考の癖」のようなものが身についてしまっています。数ある教育論の指摘によれば、この「等価交換」思考が、学校や社会における学びに大きな弊害をもたらしていると言われています。特にこの傾向は高度経済成長期以後の社会において顕著です。ひと昔前の私たちの出発点は「労働」でした。小さい頃を思い起こしてみてください。私たちは親に命じられて「家でのお手伝い」をしていました。いわゆる「家事」です。子どもが何らかの社会環境の中で一番最初にする行動は「労働」的なものだったわけです。家事には消費における取引のような概念は存在しません。子どもたちが受け取れるものは「ありがとう」といった親からの感謝の言葉くらいでしょう。部屋の掃除がいくらで、お風呂掃除がいくらで、というような取引目線だとか消費者目線は存在しない。なぜ私が掃除をし、なぜ私がお風呂を洗うのか、というように意味や目的すら考えることもないでしょう。ただ親の「しなさい」という指示に、意味など見い出さないうちに「ただ行う」のです。その見返りは「がんばったね」「ありがとうね」といったねぎらいや感謝であり、それによって子どもは自己を形成していく。こうした「労働」を起源とする自己形成が、以前の私たちのあり方でした。(つづく)  勉強が未来を創る 第11回「学校について考えよう 3」教育の現場で起きているのは、学ぶ側が学びの場においても、消費主体としての「消費行動」を基準にふるまうようになったということ。ここまでが、前回までの内容でした。労働という形で共同体に初めて関わっていた旧来の形は姿を変えたのです。消費行動とは「等価交換」です。主体が「お金(もしくはそれに代わるもの)」を支払い、その対価として「モノ」を得る、そういう取引です。そもそも等価交換できるはずのない「学び」というものが、ノウハウや知識のように簡単に取引可能なものとして捉えられてしまっているという問題もここには含まれています。たとえば、コンビニに買い物に行くとします。ほしいモノがあるのでお金を持ってレジに並ぶ。レジの店員は、お金を持っている消費者を「どのような人」であっても対等に扱います。たとえそれが「老人」であっても「3歳児」であっても、です。お金はその持ち主が誰であろうが差別をしません。100円は誰が使おうと100円の価値なのです。消費主体は等価交換を行おうとするとき、誰の前であっても対等であり、また絶対的存在であるのです。その絶対的な主体として君臨するというのが、子どもたちの共同体との最初の関わり方なのです。ですから彼らが学び手として召喚されたとき、学びの場でも「そのようにふるまおう」とすることは変わりません。ここに学校(先生)と生徒の間にズレが生じるのです。学ぶということは、これまでなかった知見を手に入れることであり、同時にその知見によって自分自身を変革していくことに他なりません。学ぶ側にとって大切なのは、「私はまだ学んでいない=私は完全ではない」というスタンスであり、「自分の変化を受け入れようとする」柔軟さなのです。しかし、子どもたちが消費行動から共同体に参加し始めることで、絶対者としての感覚のみで学びに向かってしまい、学ぶべきものが学べない状況が生まれているのです。(つづく)  勉強が未来を創る 第12回「学校について考えよう 4」消費行動はいわば対等な取引です。先生と生徒が取引をしてしまうと、授業が従来通りに「うまく」いかなくなることがわかります。消費者として取引(特にここでは等価交換)を望んでいる子たちは、自分の都合を優先します。できるだけロスのない形で、できるだけ得をしたいという損得勘定が生まれます。これは消費者としては非常に「正しい」振る舞いです。誰だって、できるだけ手軽に安く買って、できるだけよいモノがほしいのですから。授業でも子どもたちがこうした振る舞いをしているとしたらどうでしょうか。授業の内容が自分にとって都合のいいものであれば「得だから」しっかり聞くでしょうし、逆に不都合なものは「損だから」聞かない。ですから、となりの友達としゃべっている子もいれば、机の下に隠したゲームをさわっている子もいる。先生の話を熱心に聞いていたと思えば、突然、後ろを向いてしゃべり出す。おのおのが取引とそれに伴う損得勘定によって行動する。これで授業が成り立つはずもありません。今、多くの場所で授業という授業が崩壊しているのです。お金も払っていないのに「消費行動」とは言えないのでは?「等価交換」とは言えないのでは?とお思いの方もいらっしゃるでしょう。実は、子どもたちはしっかりと自分たちの「代価」を差し出しているのです。それは、「苦痛」と「時間」という貨幣です。子どもたちは先生に対して、「俺たちはこんな苦しい思いをしてまで、しかも時間だって割いて聞いてやっているんだから、それなりの対価を払ってもらわなきゃあ困るんだ」と暗に告げているのです。無論、直接口にする子はいませんし、意識していないかもしれない。けれど、消費から社会活動に召喚された子どもたちが、無意識のうちにそのように振る舞っているとしたら?授業がうまくいかない現状は、消費と学びを混同してしまった子どもたちの、授業や先生に対する姿勢に、顕著に表れてしまっているのです。 (つづく) 勉強が未来を創る 第13回「学校について考えよう5」そもそも学ぶという行為は師弟関係の中で成立する行為でしょう。師弟関係という非常に一方的な関係性の中で成立する行為だと言えます。師は一方的に言いたいことを言う。弟子がそこから何かを得ることができればそれでいいし、伝わらなければそれでもいい。そうした「一方的」な関係性がそこにはあります。師が弟子に対し見返りを求めるということはないですし、その逆もまた然りです。弟子は何かを受け取れることもあれば、そうでないこともある。時にはクリティカルな学びの瞬間があるでしょうし、まったくもって無意味に感じる時間を過ごしてしまうことすらある。そこには等価交換だとか取引だとかいった概念が全くあてはまらないことがわかります。前回までに、現代の学校と生徒の関係は消費のそれと同様のものになっていると述べました。消費行動で学びをとらえることは不可能です。等価交換を基準に考えていては学びは成立しません。師弟関係の中にあるのは「ギフト」のような概念です。教える側は一方的に与える。受け取る側は受け取っても受け取らなくても良い。そもそも受け取れないことだって、ギフト自体に気づかないことだってある。ですから、師の教えを受け取る行為以上に、「受け取れる感覚」を磨いていくことが学びであるとも言えます。一方的に発信されるものを「これこそ私のために発信された何かだ」と勘違いする能力。本当は自分のためだけに発信されたものでないのかもしれないのだけれども、自分のためだけに発信されのだと感じる力。それを磨くことが学びの本質なのです。ですから学ぶ側が最初から師に向かって「私のために教えてください、さもなければ私は取引に応じません」という態度で臨んでいては、学びは発動しようもないのです。消費行動の等価交換の概念を持ち込むと学びはその本来の意義を失ってしまう。それが今、学校の現場で起こっていることの一つなのです。   勉強が未来を創る 第14回「学校について考えよう6」 社会との関わり方のスタートが消費行動となっている。それが現代の子どもたちの共同体の一員としての立ち上がり方であると書いてきました。消費が学びに向かないことは「時間」について考えてみても明らかです。今回は、学びと消費の中での「時間」に注目してみます。人が学ぶ際には必ず「時間」というものが存在しています。なぜなら、学ぶことは変化することだからです。たとえば、今日あなたが何かを学んだら、その瞬間からあなたの考え方や行動が変わるはずです。学ぶ前と学んだ後は別のあなたであると言ってもいいでしょう。学ぶことは変わることなのです。ですからそこには必ず「時間」の流れが存在していることになります。ところが消費はそうではありません。たとえば、あなたが買い物をするとしましょう。商品を買う前と商品を買った後のあなたは間違いなく同じあなたです。商品を買う前と買った後で、あなたが別人になってしまっては困ります。消費には時間が存在しないのです。あるとしてもできるだけ短い方がいい。たとえば、売り手の側は、在庫を抱えないようにできる限り早く商品を売ろうとします。時間は短い方がいい。このように、消費には時間の流れを無視しようとする、もしくはできる限り短くしようという指向性があるのです。 学ぶことが変化することであると知れば、消費主体として学びに参加することが無意味であることがわかります。しかし、多くの子たちが消費主体として学校で学んでいます。学校の授業が崩壊するのは当然かもしれません。学ぶとは変わること。学びは、学ぶ前のあなたと学んだ後のあなたを別人にするものです。無時間を基本とする消費主体として学びに参加したところで、自分を変えることはできません。むしろ変わることを拒むのが消費なのですから。学びの本質に立ち返る時、私たちはどのように学びと接するべきかがはっきりと見えてくるのです。  (終わり) 

      6
      テーマ:
    • メルマガ配信中

      NPOまなラボ(まなポート&まなラボスクール)のメルマガを配信中です。 最新イベント情報満載です。登録は無料。 こちらからどうぞ。http://www.manabidesignlab.org/blank-2

      テーマ:
  • 09 Sep
    • 9月10月の予定をお知らせします 

      周南市および山口県から、世界に発信する各種予定をご紹介します。 9/22(祝)フットサルを楽しもう コスタデルソルhttps://www.facebook.com/events/1843194865904439/ 9/24(土)秋のスイーツ数学 まなラボスクールhttps://www.facebook.com/events/1765111277062043/ 9/26(月)秋のガーデニング講座 @大道理夢求の里交流館http://shunan-odori.jp/archives/553 9/1〜10/14 大道理フォトコンテスト(作品募集期間)http://shunan-odori.jp/archives/386 10/1 (土)辰尾神社(秋季例大祭前夜祭)にて「月」映像上映会     月の映像作家・河戸浩一郎      協力・すおうランプ、田邑ガラス店、コーヒーボーイhttps://www.facebook.com/events/1663801287281274/ 10/2(日) 三作神楽 周南市内での上演 10/2(日)英語探偵スルメ 英語を学ぼう @まなラボhttps://www.facebook.com/events/259394171126827/ 10/4(火)世界的グラフィックデザイナー稲吉紘実教授    (ポーランド国立ストゥシェミンスキー美術大学教授)     講演会および授業参加 @周南市立福川中学校http://www.hiromi-inayoshi-brand.com 10/9(日)まちづくりイベント『ゆめフェス~teshigoto 手しごと&ものづくり建築職人フェア in徳本工務店』(永源山公園ゆめ風車まつりと同時開催)https://www.facebook.com/events/1067212803368422/ 10/23(日)らぶサル第2回(婚活フットサル)@コスタデルソルhttps://www.facebook.com/events/1052811671504348/ 11月 世界一大きな絵 周南市内にて開催(予定)11月 神楽×月 コラボ上演会  (詳細は、各facebookイベントページまたはHPにて)  

      4
      テーマ:
  • 08 Sep
    • メルマガ配信スタート 無料 まなラボ

      NPO法人まなびデザイラボ(まなポート&まなラボスクール)の、無料メルマガをスタートしました  最新のイベント情報、プロジェクトの情報、ボランティア情報などを配信します。 月3-5回程度の配信を予定しています。(およそ週1) ぜひ、ご購読ください。 http://www.manabidesignlab.org/blank-2  

      4
      テーマ:
  • 30 Aug
    • 8.28「周南萌えサミット」まなポートエンタメ部・出店

      8月28日(日)は、周南市で行われた「周南萌えサミット」に、「まなポート・エンタメ部」として出店しました。 今回の出店は、まなポートを応援してくれている大学生ビートボクサーの「ももちネイル」くんによる企画・主催。大学生が自ら企画運営してくれるというのが、まなラボらしいです。 ももちくんが用意してくれたのは、「ゲーム実況」とサブステージでのライブイベント。 ゲーム実況は、午前の部と午後の部の2部構成でした。ゲストに、まなポートテーマソングでおなじみ「平生町民サム」さん、そして、県内でライブ活動をされているリトルツインズのお二人。ゲーム実況中の4人のトークで会場は大変盛り上がっていました。リトルツインズの二人は、午前、午後ともに、今日限定で2度のコスプレ姿を披露してくれました。(普段のライブではしてないとのことです)  サブステージでのライブも、サムさんの歌とものまね、リトルツインズの歌、そしてももちネイルくんのビートボックスで 会場のみなさんも楽しんでくれていました。   高校生、大学生のボランティアスタッフを中心に、NPOまなラボで参加した今回の「周南萌えサミット」。 会場も大変たくさんの来場者そしてコスプレイヤーで盛り上がっていて、充実のイベントとなりました。  関係者、ゲスト、スタッフのみなさま、お疲れさまでした。来場者のみなさま、ありがとうございまいした。       

      5
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 8.21フットサルでゆるーく婚活「らぶサル」周南市婚活イベント開催事業補助金活用事業

      フットサルでゆるく婚活!「らぶサル!」@周南市コスタデルソルー周南市婚活イベント開催事業補助金活用事業ー  ★「らぶサル」はココが違う★ 1.ドレスコードはジャージ!ファッションより内面で勝負。大事なのはハートだぜ、お嬢さん。 2.愛のPK合戦(自由参加)告白はPKで。相手がボールをキャッチしたらカップル成立! 3.デートアシストどこでデートしたらいいの?協力店がアシストします。豪華お食事券がゲットできます! 協賛店:イタリア食堂 Bamboo、 焼肉酒場 山冠 、Coffee Boy、地域情報新聞ほっぷ 募集要項☆日時:8月21日(日)13:00-16:00☆場所:コスタデルソル(山口県周南市大字大島46-15)全天候型フットサル専用コート☆募集定員:40名(男性20名 女性20名)☆参加費:男性3,000円(税込) 女性1,000円(税込)☆参加資格:どなたでも(周南市外の方も参加可能です)☆服装:ジャージなど運動のしやすい服装でお越しください。間違ってもスーツで来ちゃ ダメですよ。足元は運動靴、スニーカーなどでお越しください。 ※屋根付き施設のため雨天時も開催します。※「周南市婚活イベント開催事業補助金」活用イベントです 司会進行役:山口県が誇るエンターティナー「平生町民サム」 〜当日の流れ〜開会あいさつメンバー自己紹介(1人10秒程度)チーム分け(10人1チーム×4チーム)第1試合開始10分第2試合開始10分休憩5分決勝戦10分フリートーク60分PKタイムカップル成立プレゼント(協力店の無料券など)優勝プレゼント、参加賞プレゼント記念撮影解散 ☆お申し込み方法(要申し込み・先着順):電話:090-9418-6091(らぶサル事務局・小松)メール:nk-coahing@excite.co.jp(小松)またはfacebookメッセージよりどうぞfacebookイベントページhttps://www.facebook.com/events/115942875506084/周南市HPhttp://www.city.shunan.lg.jp/section/jisedai/ikusei/konkatsu.html会場:コスタデルソルHPhttp://costa-del-sol.jp企画運営:NPO法人まなびデザインラボ(らぶサル事務局)0834-33-9314  ※当プログラムは、「周南市婚活イベント開催事業補助金」活用事業です。

      2
      テーマ:
  • 18 Aug
    • 消費という深い海の底

      大人が消費に侵され、消費を基準に物事を考えて生きることで、こどもたちへの「教育」そして「子育て」という領域がおろそかにされてしまった。 そういう時代の流れが加速してきた。 物だけを与え、善悪や正誤を教えるわけでもなく、消費以外の物事の価値観を教えるわけでもなく、消費やお金以外の喜びを伝えるわけでもなく、自らが教師、聖人たろうとしない、ただひたすらに過保護を貫き、子を守る個人の囲いを作ることだけに終始する親の登場。 上下関係はいらないと、親子が友達になり下がり、さらには子の機嫌をただとり続けようとする親。人様に迷惑をかけた子に謝らせることすらさせようとしない親、何かをしてもらって感謝の言葉を口にしない子を平然と傍観する親。理由すらいらない当たり前のこと、「ありがとう」も「ごめんなさい」も「おはよう」も、家庭レベルでいれば、理由すらいらない事柄でしかない。教育は忘れ去られ、子育てが物を与えること、にすり替わる。 子は、親の私物ではない。私物だと思うから、必要以上に過保護になり、ただ守ることだけに明け暮れる。そこに自立もなければ、社会性もない。我欲に満ち、人を人とも思わないモンスターのような子(大人)を作りあげるだけだ。 子は、親の私物ではない。 この視点が忘れ去れている間は、まともな家庭教育、地域教育は行われないだろう。もちろん、そうした土台がある前提で動く学校は機能させることが難しい。自分の子は自分の子でしょう?と不思議がられる方がおられるはずなので、ここで決定的なことを書いておこう。親は、「子は自分個人の子であるという視点、それ以外の視点が存在するのだ、ということを忘れないこと」だ。 あわせて、人の人生における最大の喜びは、物を買うこと、消費すること、お金を手にいれること、ではない。断じて。何度も書くが、死ぬ間際に、”フェラーリが買えた人生で幸せだった”と口にして、息をひきとる者は一人だっていない。それならば大人が伝えるべきは、人生が消費で成り立っているのではなく、それ以外の大事な何かが存在する、ということになるはずだ。 視野が狭く、短期的な思考、それが消費思考の特徴でもある。そうした思考のもとでは、教育は機能しない。子育ては目先のためにあるのではないのだ。消費思考が、大人である親を、教育とは相反する場所へ連れていく。果たして、私たちは取り戻せるのか。失った何かを。 子を持つ親世代、子育て世代として大きな危機感を感じている。同じ親として、自分がすべきことを問い続けながら、進んでいきたい。  なんというか、当たり前に思えるようなことを、こうして書かなければならないことを悲しくも思う。

      1
      テーマ:
  • 09 Aug
    • フットサルで婚活「らぶサル!」8.21周南市婚活イベント開催事業補助金活用事業

      フットサルでゆるく婚活!「らぶサル!」@周南市コスタデルソルー周南市婚活イベント開催事業補助金活用事業ー★「らぶサル」はココが違う★1.ドレスコードはジャージ! ファッションより内面で勝負。大事なのはハートだぜ、お嬢さん。2.愛のPK合戦(自由参加) 告白はPKで。相手がボールをキャッチしたらカップル成立!3.デートアシスト どこでデートしたらいいの?協力店がアシストします。協賛店:イタリア食堂 Bamboo、 焼肉酒場 山冠 、Coffee Boy、地域情報新聞ほっぷ募集要項☆日時:8月21日(日)13:00-16:00☆場所:コスタデルソル(山口県周南市大字大島46-15)全天候型フットサル専用コート☆募集定員:40名(男性20名 女性20名)☆参加費:男性3,000円(税込) 女性1,000円(税込)☆参加資格:どなたでも(周南市外の方も参加可能です)☆服装:ジャージなど運動のしやすい服装でお越しください。間違ってもスーツで来ちゃ ダメですよ。足元は運動靴、スニーカーなどでお越しください。※屋根付き施設のため雨天時も開催します。※「周南市婚活イベント開催事業補助金」活用イベントです司会進行役:山口県が誇るエンターティナー「平生町民サム」〜当日の流れ〜 開会あいさつ メンバー自己紹介(1人10秒程度) チーム分け(10人1チーム×4チーム) 第1試合開始10分 第2試合開始10分 休憩5分 決勝戦10分 フリートーク60分 PKタイム カップル成立プレゼント(協力店の無料券など) 優勝プレゼント、参加賞プレゼント 記念撮影 解散☆お申し込み方法(要申し込み・先着順)電話:090-9418-6091(らぶサル事務局・小松)メール:nk-coahing@excite.co.jp(小松)またはfacebookメッセージからどうぞfacebookイベントページhttps://www.facebook.com/events/115942875506084/周南市HPhttp://www.city.shunan.lg.jp/section/jisedai/ikusei/konkatsu.html会場:コスタデルソルHPhttp://costa-del-sol.jp企画運営:NPO法人まなびデザインラボ(らぶサル事務局)0834-33-9314※当プログラムは、「周南市婚活イベント開催事業補助金」活用事業です。

      2
      テーマ:

プロフィール

Master Honda

性別:
男性
血液型:
A型
お住まいの地域:
山口県
自己紹介:
本田篤嗣(ほんだあつし)=Master Honda 社会起業家。認定コーチ、終活カウンセラー、作家...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランキング

総合ランキング
392189 位
総合月間
276766 位
子育て
20449 位
四国・中国地方
3809 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。