文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:

夏休みも終わりですが、大人の自由研究のご報告☆


紗良(さあら)さん(http://ameblo.jp/sakamochiko/  @mochinomori )に教わるアロマハーブソルト作りです。




この、地層みたいな感じがいいでしょう?

ソルトとハーブを敷き詰め、アロマオイルを垂らして最後にお好みでクリスタルをのせてできるのですが、
紗良さんはプロなので、プロならではのいい素材が揃っています。







1週間から10日熟成させて、混ぜ合わせてバスソルトとして使ってもいいし、
このまま置いて香りを楽しむのもOK。







ご存知の方も多いと思いますが、平安時代は香りが非常に重要視されていました。


秘伝の合わせ薫物の作り方があり、光源氏が関係をもった女性たちは、
それぞれすばらしい薫物を調合することができるという点でも、優れた美質をもっていたと描かれています。

それに対し、やたら甘ったるい薫物や、煙がもくもく立つほど匂いを強くするのは下品、とされています。


ここからは、紗良さんとの楽しいおしゃべりの中ではころっとど忘れしてしまっていたところなのですが、
実は、平安時代にも、ポプリがあったのではないか、という研究もあるのです。


平安時代には、「百和香(はくわこう)」というものがありました。
『古今和歌集』には、「百和香」を題とした物名歌がありますし、
藤原道長の妻に、源倫子という人がいます。
(あまり知られていないかもしれませんが、平安時代は夫婦別姓です。
 というか、夫婦同姓に決められたのは、律令制の戸籍制度を復活させ、「戸」 の単位で国民を把握しようとした明治時代からなのです。
 夫婦同姓は、日本の歴史上、新しい制度なのですね。
 とはいえ、庶民は結婚しても戸籍をちゃんとすることをせずに放置することもあったようですが、
 戦時中、配給が始まることによって、妻を戸籍にちゃんと入れることが広まったようです)
彼女のために行われた「百和香歌合」というものもあります。


12世紀末に成立した『薫集類抄』という書物を見ると、「百和香」というのは、合わせ薫物であると説明されているのですが、
和歌の用例を見ると、「百和香を摘む」とか、「百和香に◯◯の花を入れる」などとありますし、
「百和香歌合」は、梅や山吹、藤、つつじ、柳といった、主に花の歌を詠む歌合となっています。
ですから、合わせ薫物というのには、やや違和感があります。
むしろ、花そのものを使っているのではないか、と考えたくなります。


この「百和香」に関して、古今和歌六帖全注釈でもご一緒させていただいている、久保木哲夫先生が、
「『百和香』とポプリ」(むらさき 25 1988年7月)
の中で、「百和香とは、現在のポプリのようなものではないか」ということに言及されています。


なるほど、種々の花びらを乾燥させ(さらに香料を足して)て混ぜ合わせたものが「百和香」だとすると、
この「百和香を摘む」だとか「百和香に◯◯を入れる」という用例もうなずけます。


実は千年前から、日本人はポプリを作っていた……そう考えると、
よりいっそう当時の暮らしに親近感がわきますね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。