文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:

 

『かもめのジョナサン完成版』を読みました。

子どもの頃に読んだきりだから、25年以上は経っているでしょう。

あの頃読んだのとは全く違った形で、この物語を捉えることになりました。

 

陳腐な日常を嫌い、飛ぶこと自体を追求しようとするかもめのジョナサン。

そのため、日常を生きる群れの仲間から疎まれ(何しろ共同体を破壊する存在ですからね)、群れから追放されますが、それによって新たな仲間を得ることになります。

所属させられている共同体に嫌気が差し、生活に耐えられず、たとえば都会へ出て志を同じくする仲間と出会った喜びを経験したことのある人なら、誰でも共感するのではないかと思います。

要するに、意識高い系のかもめである…というと、ジョナサンに大変失礼な気がするけれど(笑)。

 

今回読んで驚いたのは、エネルギーワークとかスピリチュアリズムの発想が多くあるということでした。

群れから追放されたジョナサンの目の前に現れたのは、日常生活から抜け出した先輩達。
その中でもリーダー格のかもめがジョナサンに示した境地は、「自分が完全なかもめとしてここにある」という悟りによって、物理的限界をこえるというものでした。

子どもの頃読んだときにはわからなかったものですが、これは現在のスピリチュアル的な自己の捉え方と同じではないでしょうか。

 

さらに、その境地に至ったジョナサンが、後輩のかもめに示してみせる「愛」も、男女の愛であなく、偉大なる存在、大いなるものとしての愛を想定しているものでした。

 

訳者である五木寛之氏は、かつての訳者あとがきで、食事を下等なものとみなす高いところからの語り、あるいは異性愛が全く描かれない点に違和感を持ったと記しています。

1974年という時代的なものもあり、どうしてアメリカ人にこれほどまでにこの作品が好まれたのかを見極めたい思いもあったのかもしれません。

 

個人的には、努力でつかむ境地という発想がアメリカで受けたのはよく分かる気がします。

また日本においても多く読まれましたが、それは指示待ちの日本人とは対極的なあり方として、あるいは日本でもこうあらねばならない理想として、捉えられたからではないでしょうか。

何しろ、全てのすぐれたものは海の外から来るとDNAに教え込まれている日本人は、今の日本のあり方はだめだ、すぐれた海外に学ぶべきだ、という論調が大好きですから。

 

その点、同じように達人の境地を描いていても、最終的には技を出すことなく、その道具すらもわすれはてた名人を描く、中島敦の『名人伝』の方が、ずっと絶望的です。

何しろ『名人伝』の方は、認知症の老人が名人と祭り上げられ伝説化していくことを描いたもの、と読むことが可能ですから……『山月記』といい『名人伝』といい、中島敦の、天性の才への絶望感はすごいと思うのです。

 

さて、『かもめのジョナサン』に話を戻して。

伝説化、というキーワードで考えたいのは、40年ぶりに公開された『かもめのジョナサン』の最後の章には、まさしくその、伝説となることによって形骸化されたジョナサンの教え(そもそもジョナサンは教えなど授けていないのです。彼は飛ぶことを導いていただけだったのですから)を描いています。

 

飛ぶことに意味を見いだしたジョナサン自身のあり方とは逆に、彼は偶像崇拝の対象となり、ジョナサンの出した驚異的なスピードも、伝説の域を出ない、フィクションとみなされる時代になりました。

陳腐な日常を抜け出したいと思ったジョナサンのあり方が、陳腐な日常となってしまった逆説性……宗教の堕落を寓話化したものとみなすことができます。

 

ですが、その中にもやはり、かつでのジョナサンのように、形骸化したあり方を嫌うかもめが現れます。

あの『カンディード』が、最終的に耕すことから始める、立ち返ることをチョイスしたのと同様に、かもめがやはり最後に立ち返るべきだったのは……?

 

これを40年前に描いていたのもスゴイし、やはりこの最後の章あっての作品だと思いますね。

冒頭のジョナサンのあり方との対応までという点でも、小説全体の完成度が非常に高いという印象を受けました。

まだお読みになっていない方にもぜひおすすめしたいと思います。

寓話的小説なので、さほど長文でもありませんしね。

 

AD
いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。