文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:



みなさまお久しぶりです。

仕事が忙しく、プロレスライターの方のお仕事が全然できていませんでした。

久しぶりのお仕事はこちら。


棚橋選手のベストファーザー賞受賞に寄せて です。


5月21日の後楽園大会の試合後、バレットクラブの面々に襲撃されて欠場を余儀なくされた棚橋選手。

もともとケガをしながらも試合をしていたのが、ついにここで限界を迎えたということのようです。


ゲスト解説のKUSHIDA選手が言っていたことですが、ROH遠征中の棚橋選手は、ケガのために練習できない日が続いていたとか。

もちろん当時そのようなことを棚橋選手もKUSHIDA選手も一言も言ってはいませんでしたが、実際にはそのような状態だったのだそうです。


結局6.19大阪城ホール大会でのIWGPインターコンチネンタル選手権ラダーマッチも欠場ということになってしまいました。
ファンとしては、新日本初のラダーマッチによるタイトル戦は楽しみではありましたが、やはりしっかり治して復帰してほしい気持ちの方が強いですね。


5月28日の土曜日、棚橋選手は池袋のニコニコ本社で生放送された、
「レッドリボンライブ2016~せんだのことは忘れてもエイズとHIV検査のことは忘れないで~」

に登場しました。

日本で1日4人増えているとされるHIV/エイズの啓発トークイベントです。


ビジネスとして上がってきている新日本プロレス。

これからは社会貢献、と棚橋選手は言っていました。

このようなトークイベントに出るのも、その一つですね。


昔は感染して発症し、亡くなられる方も多くいましたHIVウイルスですが、医学の進歩はめざましく、それだけに正しい知識によって偏見をなくすことが必要です。


棚橋選手選手は試合前に血液検査をしっかりしているということをおっしゃっていました。

これはHIVに限らず、流血することの多いプロレスだけに、しっかりとした対策をとっているということです。
そういう目でプロレスの試合を見たことがなかったので、なるほどなあと思いました。


さて、その生放送ですが、池袋のヘビーユーザーである筆者は、棚橋選手にあるメッセージを伝えるために、ニコニコ本社に足を運びました。

メッセージは簡単なものです。

100円ショップで購入したうちわに、折り紙を切り抜いて作った言葉を貼り付けました。


学生時代に皆勤賞だったという棚橋選手にとって、欠場はそれ自体悪のように感じられていると思います。

でも、しっかり治してから復帰してほしい。

そういう願いをこめて、うちわを作りました。


欠場してから、公の場に出るのは初めてという棚橋選手。

左腕は痛々しく吊るされていましたが、笑顔が見られてほっとしました。


ブースはガラス張りになっているので、一番前に立っていた私のうちわメッセージは、棚橋選手に届いたと信じています。


どうかどうか、しっかり治して。

そして不死鳥の如く、蘇った姿を私たちに見せてください。



次回、「雑な作りはご愛敬」の予定です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。