文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:

 

 

平野啓一郎氏『マチネの終わりに』を読んだ。

現代小説を、刊行された年のうちに手に取ることは少ない私であるが、何か心惹かれるものがあったのだ。
ただ、その後もしばらく「積ん読」状態だった。
仕事や研究に追われていたため、何か小説、それも純文学の小説を新たに読み始めることに対する心理的ハードルがあったのである。

年末になって、ピースの又吉氏もこの小説を推薦しているということを知り、
また年明けに少し仕事が楽になったこともあり、ついに読み始めた。

ピースの又吉氏は本当に読書家だと思っている。
太宰治が好きな人というのは掃いて捨てるほどいるであろうが(私もなんだかんだで太宰は好きだ。何しろべらぼうに文章が上手い)、
私小説家である上林暁の作品を読んでいる人というのは、さすがに珍しいのではないだろうか。


一言でいえば、「大人の恋愛小説」である。
以下ネタバレなので色を変えた。読む人は気をつけてほしい。

 

人生経験を重ねた、ギタリストの男と著名な映画監督の娘でハーフの女が、お互いを「自分を深く理解してくれる人」であると知り、
たった三回しか直接顔を合わせていない(スカイプでの会話はしている)にもかかわらず、
結婚を考えるほどまでに心惹かれるようになっていく。
しかしながら、外的要因からくるすれ違いが起こり、それぞれ別の人と結婚。
心の中では強く愛し合いながら、それぞれ子をもうける。
男はブランクを経て新たなギタリストとしての成功をし、女は夫と別れ新たな仕事を始める。
そんな二人が男の演奏会(マチネ)が終わったあと、ニューヨークの公園で再会する、という場面で終わる。


ストーリー自体も十分ロマンティックであるが、この作品が単なる恋愛小説で収まらないのは、
芸術の価値、意義、
イラクの現状に代表される戦争や紛争における人間のあり方、
そしてそれによるPTSD、
サブプライムローン問題に代表される資本主義のあり方、
といった、現代世界が抱える問題を描き出している点である。

そこに安易な解決策が示されているわけではないが、
作者の是とするあり方、生き方は読み取れるようになっており、
基本的には私個人の考えと近いので、非常に共感をもって、楽しく読めた。

たとえばヒロインの洋子は、「冷たい」と評されるのだが、
私自身も高校時代に「だから君は冷たいんだよ」と当時の彼氏に言われ、
その話を夫にした時には「その時の彼氏の気持ちめっちゃわかるわ」と言われたことがある。
目の前の彼氏あるいは夫がそれを望んでいないとわかっていても、譲らないとなったら譲らない。
ジャーナリストと研究者という違いはあるが、分析タイプの人間という意味では似ているからだろうか。
(ヒロインの洋子のように美貌があれば、私も小説のヒロインたりえたかもしれない…スケールは10分の1くらいに縮んでしまうが)

中でもこの小説で私が大いに共感したところ、それは、この小説が、
「過去は変えられる」いや、厳密にいうと「過去の意味づけは変えられる」ということを繰り返し示していることだ。

これは、主人公2人の出逢いの場で既に示された、2人が共有する考えである。
子どもの頃からままごと遊びをしていた庭の石、その石が倒れた祖母の命を奪ってしまう。
そうなってしまえば、もはやその石は、単純なままごと遊びの思い出の石たりえない。
この考えを共有することで、2人の精神的な結びつきの強さが示されている。。
逆にいうと、この考えを共有できない登場人物を疎外するフィルターともなっている。

一方で、悪い意味づけであったものが、良い意味づけにかわることもある。
母と自分を捨てたと思っていた父親が、実は母と自分を守るために離れて生活することを選んだのだとわかる場面はその好例だ。
それによって自らの存在の核の部分をしっかり据え直すことができたヒロインが、最終的に男主人公の再会を決意することになる。

この「過去」あるいは「未来」に対する考え方は、作者である平野啓一郎氏の思想がはっきり示されているのだと思う。

彼の「無常ということ」というエッセイを授業で取り上げたことがある。
京都の八坂神社の前にコンビニができることについて「けしからん」というような論調で発言していた作家の浅薄さを批判しながら、
そのような考えは、「思い出の中の京都」という単なるノスタルジーに過ぎないのであり、
京都の名所として名高い二条城も、建設された当時は「田舎侍が天子様のそばに大きな建物を建てるとは不敬である」と思われただろうと述べる。
京都という町は、そんなに懐の狭い町ではないのだ。

 

この考え方には非常に共感できるところがあり、熱をこめて授業をしたのだが、伝わっていただろうか。
摂関期を研究対象にしている身からすると、現在の京都はそういう意味で「新しい建物ばかり」なのだ。
それを「けしからん」というのもおかしければ、その中でも最も新しい部類に入る平安神宮の庭園をけなすこともおかしい(特に真夏の平安神宮の庭園は、池を渡るかぜが涼しく大変心地よい)。

こういうふうに「時間」というものを客観的に捉えることができる平野氏の視点が、今回の小説に現れていたのが嬉しいことだった。
(ちなみに、「国家」あるいは「言語」というものに対する平野氏の客観的な視点についても、ある大学の推薦入試問題で出題されていたのを読んだ。大変共感できた)


そして何より、知的であることによって、人はこんなにも深く人生を味わうことができる、ということが示されていることは、
情報過多となり、教養をもつことの意味が軽視されている現代において、心強い援軍を得た気がしている。

 

ところで、この小説には「序」があるのだが、この「序」は、一体誰による「序」なのだろうか。

『こころ』における青年「私」のような存在なのか、それとも作者とほどイコールの語り手なのか。

残念ながら内部徴証からは判断できない。

「序」を入れずとも成立する小説だと思うので、あえて「序」を入れた理由がよくわからない。

あるいは、連載小説であるがゆえの方法だったのだろうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。