文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:

 

 

光文社の古典新訳文庫から出ている『失われた時を求めて』を読み進めている。

この作品は大変長大な小説で、さまざまな伏線が張り巡らされており、
それを味わいながら読み進める楽しみがある。

大まかにいうと、語り手の幼い頃から、時間を追ってエピソードが綴られているが、
語り手の知り得ない過去の話が入ってくることもある。

それも含めて、ロジックではなく思いつきの連鎖でエピソードが綴られているのが特徴で、
人間の頭の中に浮かぶものを次々写し取って書いたかのような趣がある。


私は、読者の位置がはっきりした小説が好きだ。
いわゆる「信頼できない語り手」の小説は楽しい。
語り手の語りにバイアスがかかっていることを理解しながら、実際にはどういうことだったのかを明らかにする。

この『失われた時を求めて』の場合は、情報が小出しにされる楽しみがある。
読者は、小出しにされる情報から、語り手である主人公をめぐる人間関係を読み解いていくのである。

光文社の古典新訳文庫は、シリーズのコンセプトからも読みやすい訳になっているのだが、
それ以上に、この新訳文庫のシリーズで読み進めたい理由がある。
それは、他の日本語訳の場合、伏線が指摘されてしまっているという点だ。
それでは伏線を楽しむ魅力、はっきり言えば、この小説の魅力はほぼなくなってしまうということだ。


私がエラリー・クイーンの国名シリーズを読んでいたときのことだが、
最後の『ニッポン樫鳥の謎』を古い創元推理文庫で手にいれ、
カバーに書いてある数行の、事件の概略に目を通し、いざ読み始めた。

ところが、その数行の事件のあらましの中に、トリックが示されてしまっていたのである。

「あれ、この事件の説明、カバーに書いてある説明と違うな~」
と思いながら読んでいたら、結局それがトリックだったという……。
おかげでミステリーとしては全く楽しめなかった。
では純粋に文学として楽しめるかというと、やはりそうではないわけだ。
私にとってこの作品を読んだ意義は、当時の欧米人が日本文化をどう見ていたかの一端がわかった、ということのみだ。


そんな苦い経験があるので、伏線を楽しむことができないのなら、私にとってその小説を読み進める価値はほぼなくなる。
このシリーズならばその心配はないようだ。

 

まだ途中まで(最新刊は四巻めにあたる、第二篇「花咲く乙女たちのかげにⅡ」)しか読み進めていないのだが、冒頭部分の、眠れずにいる語り手が一体何歳なのか、
要するに、小説内現在がいつなのかがはっきりしない。

眠れずにいる語り手が、幼い頃の回想をはじめ、それが5歳くらいの幼い頃から少年といっていいくらいの年齢になるまでを描いたのが、
おそらく第一篇「スワン家のほうへ」だと思うのだが、はっきりしたことはわからない。

ただその回想の中で描かれる、語り手をとりまく人間関係の生臭い感じ、特に社交界の人々のスノビズム、俗悪さが、
非常にわかりやすく示されているのがおもしろい。

・ほぼ寝たきりのため、日がな一日、窓から街の通りを行き交いする人々を眺め、
「○○夫人はきっと雨に濡れてしまう」「××夫人は、今日は15分も遅れている」など、
その動向を一々重大事件のように考えている、語り手の叔母。

・自分のもとを訪れる女性に、自分の召使いの悪口を言い、召使いの方にはその女性の悪口を言う、語り手の叔母。

・年若い召使いをやめさせるために、アスパラガスばかり剥かせて喘息を悪くさせようとする叔母の召使い(ただし彼女の料理の腕は天才的)。

・語り手の一家といるときには、スノビズムを忌まわしき物としているのに、実際は有名人にすり寄るのが好きな医師。

・避暑地のホテルで、貴族の邸に招かれることをこの上なく光栄なことと考えているくせに、
「あれは偽物」「あれは高級娼婦」などと勝手に偽物扱いしているブルジョワ。

・実は知り合いでもなんでもない有名人を、自分の知り合いであるかのようにみせて自慢する語り手の友人の父親。
彼の場合はまだ、知り合いであると名言してはいないため、嘘「は」ついていないのだが、
(その叔父になると、完全に虚言癖になっている。)


時代は違えど、「そういう人間いるよね」と言いたくなる感じだ。

とはいえ、この語り手は、そういう人間をただ切り捨てるのではなく、
注目されたいとか、綺麗な女性の気をひきたいとかいった、自分のマイナスの感情もしっかり描いているのがおもしろい。
また、語り手が繊細すぎるのもおもしろい。

・一人で寝る前に母親からのキスを求め、来客がいると母親が一緒に部屋に上がってきてくれないため、
来客を憎み出す幼い頃の語り手。

・叔父が高級娼婦を自宅に招いている時に、叔父の家を一人で訪れ、叔父が口止めしたにもかかわらず、
家族の前で口にしてしまい、叔父と自分の家族を険悪な関係にさせてしまった幼い頃の語り手。

・大して造詣が深いわけでもないのに、造詣が深いかのように見せている友人を信じ込んでしまう、少年期の語り手。

・美しい女性に注目してもらえるよう、公爵夫人と知り合いだということをアピールしたい青年の語り手。

など、「おいおい」とつっこみたくなるが、色々な人に共感される人間らしい主人公といえるだろう。


そういった語り手と、その周りの人物が、どう関わってどう関係を結んでいくのか、読み進めるのが楽しみである。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。