文学に学ぶライフスタイル乙女塾

女性の人生に訪れるあんなできごと、こんなできごと。
実は1000年前の女性たちも同じことを経験していた!?

現代文の授業や入試問題、どんな風に考えればいいの!?

日々の生活でふと立ち止まり、
文学の世界をちょっとのぞいてみませんか。

恋愛、キャリアアップ、結婚、子育て…女性のライフスタイルに訪れる悩み。
私自身もさまざまな悩みを抱えながら生きています。

おそらくこれを読んでいらっしゃる読者の方も。


実は1000年前の女性たちも、同じ悩みを抱えていました。

恋する男性のつれなさ、仕事上の苦労、結婚生活の憂さ……。

恋に生きた平安貴族と侮るなかれ。

知れば知るほど、

男も女も、1000年後の私たちと同じように必死で生きていた姿が浮かび上がってきます。


ところでみなさん、旅行はお好きですか?
普段生活する場所から離れることで、気分転換にもなりますし、

新たなアイディアが生まれたり、自分の悩みの小ささに気づいて楽になったりするという経験のある方もいるでしょう。

特に海外旅行では、今まで自分が当たり前だと思っていた価値観が、決して普遍的なものではなかったことを思い知らされることがあります。

自分の経験や思考を相対化するきっかけとして、旅行は大事なものですね。


では、旅行という「共時的」な相対化だけでなく、

時間旅行という「通時的」な相対化もしてみましょうよ。


1000年前の女性たちがどんなことを考え、どんな生き方をしてきたのか。

知れば知るほど、あなたの仲間が時を超えて微笑んできます。

古典文学の女性たちのライフスタイルを、私と一緒に、ちょっとのぞいてみませんか。


私自身が1000年前の女性たちという「仲間」を得られて、人生が豊かになったように。

あなたの人生をもまた、「仲間」を得ることで豊かに彩ってゆきたいのです。


…そんな、平安時代と新日本プロレス棚橋弘至選手をこよなく愛する研究者の卵、morohiのブログです。


【研究活動】

・「女房の裳着―『落窪物語』あこぎを中心に―」(古代中世文学論考 第31集 2015年10月)

・「『赤染衛門集』の物語制作歌群―サロン活動としての物語制作―」(國語と國文學 2015年3月)

・「宣旨女房考―摂関期を中心に」(中古文学 第94号 2014年12月)

・「散逸物語『みかはにさける』考―摂関期女房の呼称と官職をふまえて」

   (平安朝文学研究 復刊第22号 2014年3月)

・「上東門院彰子サロン―文化を湧出する場の女房たち―」

   (人間文化創成科学論叢 第16巻 2014年3月)

・「江侍従伝再考―和歌活動を中心に―」(古代中世文学論考 第27集 新典社 2012年12月)

・「大弐三位藤原賢子の出仕時期―女房呼称と私家集から―」

    (和歌文学研究 第104号 2012年6月)

・「中宮宣旨の一考察―威子・章子内親王に仕えた宣旨―」

     (平野由紀子氏編『平安文学新論』 風間書房 2010年)

・『古今和歌六帖全注釈』第一帖・第二帖

   (古今和歌六帖輪読会 お茶の水女子大学E-bookサービス 2012年3月

    こちらから無料で読むことができます

    →http://www.lib.ocha.ac.jp/e-book/  )


【ライター活動】

ぼくらのプロレス


漫画紹介サイトFLOCKS
平安文学研究者が伝えたい『あさきゆめみし』の魅力

愛されることに不器用な貴人たちの王朝恋愛絵巻『いづれの御時にか』


現代女性が描く理想の男性像(1)―会長はメイド様―

現代女性が描く理想の男性像(2)―姉の結婚―


Spotlight

『こころ』の先生は何歳?有名小説の意外な年齢設定
誕生日がきても年をとらない国がある!?誕生日と加齢の不思議な関係

プ女子増殖中!女子が新日本プロレスにハマる理由





テーマ:

みなさん、お久しぶりです。

このたび、博士論文を提出し、博士号を授与されたmorohiです。

博士(人文科学)となりました。どうぞよろしく(←?)。

 

さて今回は、摂関期女房研究者としても大変興味深い、講談社学術文庫で復刊された『女官』という本を紹介します。

 

 

明治天皇と皇后に、権掌侍御雇として仕えた、華族の娘、久世三千子の手記です。
(姓が変わっているのは、退職後に結婚したから)

時代は明治になってはいますが、おそらく平安時代においてもそうだったのではないか、と思われるような記述がところどころに見えます。

 

現在では、例えば天皇皇后両陛下、皇太子殿下と妃殿下、秋篠宮殿下と妃殿下はそれぞれ別の住まいをもっていますから、それぞれ別の人が仕えている状況というのは無理なく理解できますね。

しかし、平安時代においては、天皇と皇后(あるいは中宮)は、同じ宮中ではあるものの、廊下でつながった別の御殿に住んでいるのが基本でした。

天皇に仕える者と皇后に仕える者は別だったのです。

 

では明治時代はどうだったのでしょう。

この手記を読むと、明治期において天皇と皇后はそれぞれ別の部屋をもっており、食事などは一緒にするけれども、寝る部屋は別々でした。

なので、服を着せるとか風呂で身体を拭くとかいったことも含めた天皇の身の回りのこまごまとした世話は、権典侍(いわゆる側室)が行っていたことがわかります。

皇后はしないのか?と思う人もいるかもしれませんが、身分制度のはっきりした時代では、皇后のような身分の高い人が、夫である天皇とはいえ、他者の身の回りの世話に奉仕するなんてことは考えられないことでした。

これは現在の感覚では理解しにくいかもしれませんが、平安時代の貴族の研究をしている身からすると、非常によく理解できます。

 

なお、権典侍は公的な行事には一切出ないという決まりがあったそうで、そのあたりの区別が厳しいのが、身分制度のはっきりした時代ならではだと思います。

大正天皇は、自分が明治天皇の皇后である昭憲皇太后の実の子であると信じていたようで、権典侍で後に典侍になった柳原愛子が実の母であることを知ってショックを受けたとのこと。

 

で、その典侍柳原愛子を世話親として出仕することになったのが、筆者、久世三千子だったのです。

この手記には、明治天皇と皇后の晩年の生活が記されています。

先日読んだ『天皇陛下の全仕事』という新書と比較すると、今上天皇の仕事、特に御所の外でする仕事が、明治天皇の時代と比べてどれだけ増えたかということがわかります。そこに今上天皇が探ってきた「象徴としての天皇」のあり方が示されているようにも感じられます。

すなわち本書は、現代の天皇と皇室を逆照射するものでもあるということです。

 

平安時代の女房と現代の仕事をもつ女性の違いを考えるとき、この明治時代の女官のあり方を一つの補助線にできるように思います。

平安時代では当たり前すぎて、文学作品には記されていない常識もあるからです。

たとえば女房はみな住み込みで働いていたわけですが、彼女たち自身が貴族で、奉仕を受ける側でもあったため、個室に自分専用の従業員がいました。その個室には下働きの女性たちも一緒に住んでいました。

現代の感覚では、たとえ住み込みで働いている人であっても、その個室に自分専用の従業員を雇っているということはほとんどないと思います。

 

この久世三千子の手記を読むと、彼女もまた局(個室)に侍女がいました。

その侍女は本郷では有名なお金持ちの娘で、彼女自身は炊事などをしたことなどないお嬢様。

行儀見習いということで、侍女として働いていたようです。

後には東大出の秀才を養子に迎えたそうで、そういった人が権掌侍の侍女として働いていたのです。

   皇后←(仕える)←権掌侍(華族の姫君)←(仕える)←侍女(本郷の金持ち)

庶民にとって、天皇皇后というのが雲の上の存在であるというのが、このような点からもわかります。

 

しかし一方で、現代にも通じる手記の内容もあります。

それは、女性ばかりの職場で働く苦労です。

彼女は二十歳前後で出仕したわけですが、ベテランの女官の中には、性格の悪い人もいたようで。

 

若手が年配の人の手を煩わせないようにと早めに仕事を始めても、意地の悪い人には、

「そんなに人を出し抜いて、お上の思し召しに入ろうとしてもだめですよ」

と言われるとか。

名簿の読みにくい名の読み方を皇后と楽しく話していたら(今でいうと、キラキラネームの読み方を考えて盛り上がるといった感じでしょう)、詰め所に帰ってきたところで、

「皇后様のおのどの下に入って、ご機嫌ばかりとるとは末恐ろしいお人や」

などという大きな独り言が聞こえてくるとか。

仕事を始めた頃、「どうしてそのようにするのですか」と聞いたら、「そのように決まっているからそのようにするのです。全く、学校出は生意気でいけない」と言われるとか。

 

もちろん優しくとりなしてくれる先輩もいたようですが、こんな先輩は嫌だ、という人のエピソードも結構書いてあります。

どれも現在に通じるエピソードですし、翻って、平安時代もきっとこういうことがあったのだろうと思わされます。

紫式部が日記や家集で、宮仕えのつらさをこぼしていますが、無理もないでしょうね。

ただ、紫式部日記には、彼女が同僚たちとした、他家に仕える女房への嫌がらせなども書いているので、紫式部自体、性格のいい人ではなかったと思いますけどね。

 

ところで、この手記を読んで気になるのは、大正天皇及び貞明皇后と、筆者の関係です。

大正天皇の実母である柳原典侍を世話親としてはいながら、大正天皇自体には仕えなかった筆者。

皇太子であった大正天皇に仕える女官と、明治天皇に仕える女官は別ですし、その雰囲気も違っていたようで、そりが合わない感じを受けたとあります。

明治天皇の崩御後、柳原典侍に大正天皇に仕えるよう言われても、昭憲皇太后に仕え続けることにしたため、柳原典侍はかなり腹を立てていたようです。

その面当てか、筆者の後輩が大正天皇付きの女官として、筆者より上位に任命されることに。

今も昔も、何が一番つらいって、人間関係ですよね。

 

明治天皇と昭憲皇太后については、素晴らしい方だったということしか書いていないのですが、どうも大正天皇と貞明皇后に対しては、そうではなかったらしいのです。

大正天皇がどうも筆者に興味をもっていたらしく、何くれと声をかけようとする(筆者の写真がほしいと言い、筆者が断ると、筆者の弟に命じて実家の写真を持ってこさせようとしたことも)、それが貞明皇后には気にくわなかったものか、「あの生意気な娘は私は嫌いだ」と言っていたとか。

昭憲皇太后は波風が立たないよう、大正天皇が筆者に声をかけても、うまく取りなしてくれていたようですが、大正天皇に対しての筆者の視線はやや冷たい印象をうけます。

 

あとがきにおける貞明皇后への微妙な物言いについては、解説の原武史氏も指摘しています。

しかし、それでも貞明皇后の偏見とみなされていることに対し、当時の皇室の風習であるから、わがままな偏見だったわけではない、ときちんと述べていて、そのあたり、内部事情を知る者としてのニュートラルな視点は担保されているように思います。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。