木馬の四方山ばなし

趣味の話や日々の出来事を中心に何となく、自己満足のためにつづっていくブログです。


テーマ:
その後の太もも枕について書こうと思う。

いや、言葉が足りない・・・
JK太もも枕・・・・
・・・・・・じゃなくて
JK太もも枕を超えるべくセッティングを画策中の「じぶんまくら」だ。バキッ!!☆/(x_x)

先日、各自の好みに応じてセッティングが出来る枕を買ったという話を書いた。

http://ameblo.jp/mokuba-red/entry-12179150507.html

その筋のお店に行けばJKに太もも枕をしてもらうことだって出来そうなお値段だった。バキッ!!☆/(x_x)

ま、まじめな話、購入後、2、3日はいろいろ考えたり、気にしながら使って居たが1週間もたつと何も気にせず、気にならず。(^_^;
良い意味で快眠を得られていると言うべきだろう。

実際のところ、暑くて寝苦しい季節ではあるが総じてぐっすりと深い眠りを得られている気がする。
首のヘルニアに関しては残念ながら、可もなく不可もなしというところではあるが。(苦笑)
それでも今のところ首が悪化することはないし、全体としては非常に満足している。
首のヘルニアに関しては長い年月をかけて変形視した首の骨が数週間の単位で改善されるはずも無いため、ここはひとつ長い目で様子を見るべきだろう。少なくとも悪化さえしなければOK。数ヶ月、数年にわたって使ううちにわずかでも改善傾向となれば万々歳というところだろう。

その値段に見合った快眠かと問われると何とも答えに窮するがよく眠れているのは間違いなく、それにいくら支払う価値を見いだすかは人それぞれと言うところである。

オイラは満足している・・・・と書いておこう。(´ー`)┌フッ
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この週末に観た映画たち。。。


ウォーロード/男たちの誓い  (2008)  

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%EF%BC%8F%E7%94%B7%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E8%AA%93%E3%81%84/332678/ 

タイトルを見て「戦争の道」という意味だと思ったら、ROADではなくLORDだった。
「将軍」とでも訳せば良いのかな、この場合。 何でも実話に基づいた話らしい。
特にすばらしいとも思わないけど大量のエキストラを使った戦闘シーンは圧巻ではある。ただし、黒澤映画の影響を感じるけど。(苦笑)
古い時代の中国の戦争を描いた作品っていくつか見ているが 
HERO  
http://movies.yahoo.co.jp/movie/HERO/240359/ 
は映像は詩的で綺麗だった。
特に槍の名手の動きには魅了されたものだ。ストーリー的にも文学的というか哲学的というか・・・・。(^_^;
ラストシーンは印象的だったので細部は忘れてもあのシーンは忘れないと思う。  
今回のウォーロードは強いて言えば
レッドクリフ 
http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%95+Part+I/329757/ 
に近いのかなぁ。
ただし、レッドクリフは内容をあまり覚えていないが。(苦笑)
どちらにしても、ウォーロードも可もなく不可もなし。



カムバック! (2014) 

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%AB%E3%83%A0%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81/349168/ 

いや、久しぶりにこういう映画を見た。
純粋に楽しめた。理屈抜き。楽しい、ハッピー。
そんな映画だ。(^^)v


  G.I.ジョー  (2009) 

http://movies.yahoo.co.jp/movie/G.I.%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC/333700/

そもそもGIジョーってリカちゃん人形のアメリカ兵士版のおもちゃの名前だよなぁ・・・くらいの知識しか無くて、そのお人形さんの世界観としてどんな前提があったとかは全く知らない。(苦笑)
同じネーミングの映画があることは知っていたがたまたま2作を連続放映したので見てみたというわけだ。
映画の中で描かれている設定がお人形のGIジョーのものと一致するのかすら知らないので、単純、純粋に映画を見ただけの感想となる。

・・・でもって感想。
何でもありのアクション映画だね。ヽ(´ー`)ノ ハア
すでにストーリーの細部を忘れているくらい,ノー天気丸出しの映画である。
酒を飲みながら酔っ払ってみている分にはまあ悪くないかな。(´ー`)┌フッ



G.I.ジョー バック2リベンジ  (2013)


 http://movies.yahoo.co.jp/movie/G.I.%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%80%80%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF2%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8/341958/ 


2作目。
いきなり話が大きくなり、全世界を征服しようとする敵を相手にわずか数名のGIジョーが大活躍し、各国の首脳どころか文字通り世界を救う痛快アクション映画。
あんまり褒めているわけでは無いが、別にけなしているわけでも無い。こういう映画があってもいいと思う。
それから退役軍人役でブルースウィリスが出てきたけどこう言うのは最近の定番だな。
しかし、地球を救ってしまった以上、もうこれ以上の続編は無理だと思ったらなんと3作目があるらしい。。。
次は宇宙を救うくらいのスケールにしないと視聴者受けしなそうだからタイヘンだなぁと素直に思う今日この頃。バキッ!!☆/(x_x)

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もお盆休みにはブルーサンダー号で北の大地を走りに行く。

そこで出発前の恒例行事となっているタイヤ交換をしてきた。

shop

昨年はピレリのMT21を履かせてみた。ブルーサンダー号に履かせてみたのは初めてだった。だが抜群に相性が良かった。(^^)v

shop2

アフリカツインで走っていた頃はサイズ的な選択肢もあり、ミシュランのT63をずっと使っていた。その流れでブルーサンダーにもT63を使ってきたのだが、よりアグレッシブに走れるバイクとのマッチングで言うとT63は少し物足りない。
ブロックのひとつひとつが大きめなので剛性があり、舗装路での安心感はあるのだが横方向のグリップが低く、滑り出しもやや唐突でコントロール性がよくないのだ。その点、MT21は舗装路ではグニャグニャして特に濡れたワインディングでは無理は禁物だが、ダートでは抜群。グリップ限界はT63とさほど変わらないと思うが、滑り出しが穏やかでコントロールしやすいから楽しいのだ。
ま、そんなわけで今年もMT21を履かせてきた。T63よりも少し高いんだけど、それよりもはるかに高いお金をかけてわざわざ北海道まで行くのにここでケチるのは愚の骨頂である。(´ー`)┌フッ

fr

rr

今年はチューブも2年経ったので交換した。本来ならもっと使えるはずだがパンク予防剤を入れていることもあり、2年で交換しているのだ。
以前、通勤スクーターに使った「スライム」という予防剤は1年を過ぎるとタイヤの中で硬化してしまい、本来の予防効果が期待できそうもなかったのを外したタイヤを見て知っているからだ。
もちろん、固まる前は実に良い仕事をしてくれた。釘の踏み抜きくらいなら空気の抜け方がゆっくりと成り、自宅まで走り切れたものだ。当時の経験はチューブレスタイヤをつけたスクーターだがチューブでもそれなりに期待できるはずだ。

今入れているのはビーバーシーラントという商品。
この予防剤ではまだパンクしたことはないのでどの程度の効果があるかは不明だ。(^^;) 
まあ、もともと予防剤事態が保険みたいなものだから入れなくても良いんだけどね。ただ、どのみちきちんとパンク修理をするにしても、安全な作業環境が得られる場所まで何とか走れればOKかなということで入れている。

ちなみに今回取り出したチューブを外から触ってもみもみしてみたが内部で固まっている感触は皆無で予防剤の寿命としてはスライムよりは長いのかも知れない。
ただし、固まりにくいと言うことはすなわち、いざ穴が空いたときにどれだけ素早く穴をふさいでくれるかというと正直不安要素とも言える。(苦笑)
古いチューブはバイク屋で処分してもらったが、どうせなら1本持ち帰って試しに穴を開けてみてもよかったかも知れない。そして最後はカットして中の状況を見ておくと今後のための参考になったかなぁ。

ちなみに先日林道ツーリングで少しだけノビ気味だったチェーンが走行中にスプロケットから外れてタイヤがロックしてしまった件と帰宅後のチェックでチェーンガイドがかなり摩耗していたため、新品に交換した話は既報だ。

http://ameblo.jp/mokuba-red/entry-12176443597.html

タイヤ交換のためのバイク屋の往復で確認したところ、同じくらいのチェーン張り具合でもやはりチェーンの暴れ方が全然違う。これでひと安心だ。(^^)v

今週末は鈴鹿8耐、その次の週末は出発前の最後のチェックと荷物の準備だ。ほぼすべての準備は終わっているので特にやるべきことは無いが。
楽しみな夏がやってくる。(^^)v
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末は漁港直送を売りにしているスーパーの魚売り場でこんなものを買ってみた。

umadurahagi

カワハギを肝醤油で食べるとすごく美味しいのでウマヅラハギでも味はほとんど変わらないという話なので買ってみたのだ。
季節的に肝はやせ細っているがまあ良いだろう。薄造りの練習も兼ねているのだ。

出刃包丁と刺身包丁を心ゆくまで研ぎ直してから始めたのは言うまでもないだろう。

toishi


早速捌いてみた。
話には聞いていたけどカワハギって分厚い皮に覆われているんだね。その割に切れ込みを入れてやればあとはペリペリと手で剥いでいける。

usudukuri

う~ん難しい。
そもそも身がプニプニでしかも体が平べったいウマヅラハギを3枚におろすのはかなり難しかった。(^^;)
真ん中の骨周りに盛大に肉が残ってしまった上に、いざ薄造りという段でも薄皮を残して上手くそぎ取れず、どんどん食べるところが減ってしまった。(^^;) 
ま、初めてだからこんなモンだろう。
これだけでは寂しいがするめいかも買ってあったから大丈夫。(^^)v

ika

イカは手慣れたものだ。
ワタがちぎれないように頭から外し、頭は皮を剥く。
そして頭と胴はいかそうめんという名前のイカうどんにし、ゲソはゴロ焼き。(^^)v

goroyaki

sasimi

ひとつ計算外だったのはサザエ
何年ぶりか、下手したら何十年ぶりと言うくらいのスパンでサザエとはご無沙汰している。そこで奮発して2つほど買ったのだが、これが鮮度が悪いのかオイラの焼き方が悪いのか・・・・

料理酒と醤油をちょろっと垂らしてから網焼きしてみたのだが、どうにも生臭くて食べられたものでは無く、そのままゴミ箱行きとなってしまった。とほほ。

sazae

次からはどうせ贅沢するなら貝類ならば青柳とか蛤につぎ込むとしよう。(苦笑)
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その昔、アメリカのガーミン社の防水タイプのGPSナビをバイク用オプションとして各メーカーが採用を始めた。

パイロット5510は今思うとしょぼい性能だったがそれでも走りながら現在位置が確認できるだけでもかなり便利に感じたものだ。
その後、zumo660に変わってからは電池内蔵タイプとなり、お店や宿のデータも入っているのでデータ検索も出来るようになって飛躍的に便利になった。(^^)v

オイラのブルーサンダー号にはそのzumo660のホンダ純正版であるG3というモノが付けてある。正確に言うならば、通勤特急フォル香用として純正オプションのG3を購入し、そのマウントだけを単品購入してブルーサンダーにも付けられるようにしたという流れである。

これのナビ性能は車用ナビに比べると物足りないが、バイク用ならではの耐水性能や耐振動性能を考えると十分満足している。
ただし、残念ながらガーミン社はもうバイク用モデルの開発は止めてしまったらしく、現在、日本国内で販売しているバイク用ナビはユピテルあたりの製品くらいか・・・

友人たちの状況を見渡すと最近はスマホをナビ代わりに使う人が増えているようだ。確かに性能的には十分どころかむしろ常に最新の地図情報を得られる点では使い勝手が良いようだ。ハンドルマウントのスマホホルダーも今はいろんなものがあるので取り付けにも不自由しないのだろう。
だが、オイラの様にオフロードバイクに付けるとなると固定方法にかなりの不安が残る。先日も一緒に林道ツーリングに行った友人がアフリカツインに付けていたスマホを落としてしまったくらいだしね。(^^;) 

ただし、バイクを買い換えたときにはもう選択肢は無くてオイラもスマホを使うようになるのだろうなぁ。
世の中の趨勢に逆らってもどうにもならないからね。

それまではブルーサンダー号共々ガーミンナビも大切にしよう。(^^)v
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
寄生獣  (2014)

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E5%AF%84%E7%94%9F%E7%8D%A3/347596/

なかなかおもしろかった。
B級映画なみのスプラッターな描写など結構攻めている感じがする。(笑)
主役の染谷将太は演技力に定評があるが、オイラが見た範囲では彼の役どころはステレオタイプ化して居るように思える。それはこの役者の演技力と言うよりは、そのイメージから依頼される役どころに共通点があると言うことだろう。
どこか頼りなげで有りながら、避けて通れない運命に対峙したときには心の強さを見せる・・・みたいな感じだ。
もっと違う役どころを演じるところを見ないと本当に評判に見合った演技力を有するのかどうかはちょっとわからないかなぁ。確か菊地凛子と結婚したのでは無かったかな?
そのニュースを聞いたときには二人のイメージのアンマッチさに驚いた記憶がある。

まあ、何にしてもちょっとグロい描写もあるが映像としてはまあまあかなぁ。
完結編というのがとっくに公開されているようだが、まだテレビでやらないのかなぁ。見たい。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日来、悶々として悩んでいた

キヤノンEOS1DXマーク2

手元のお金をかき集めれば、発売当初よりも少し値下がりしたので買えそうな気がしてきた。だが、来月のカード引き去り予定金額を見るとかなり苦しい。さらに何かとお金が必要な夏休みも控えている。
そんなこんなもあり、冷静に考えて
断念
することにした。(^^;)

当初の予定通り、早くても購入は冬か来春くらいとなるだろう。

じゃあ、代わりにレンズが欲しいなぁと底なしの物欲が頭をもたげてくる。バキッ!!☆/(x_x)
今買い足すとすれば
100-400mmF4.5-5.6
だが、これまた冷静に考えるとあれば便利だが無くてもなんとかなる。
すでに型落ちばかりだが通常使う焦点距離はひと通り持っているので、上記の100-400にしても、70-200に2倍テレコンを付ければワイド端は少しロングとなるがカバーできるのだ。

じゃあ、レンズで無ければモニターだ。バキッ!!☆/(x_x)

本当に物欲に限りはないものだ。
現在21インチの液晶モニタを使って居るが27インチ程度のものが欲しいのだ。
だがこれまた、あると快適だが今のものでも作業は可能だ。

どちらにしても当面はすべての物欲を封印する努力が必要だ。

ほぼすべての場合に於いて、
あったらいいな

無くてもなんとかなる
と置き換えられることを経験で知っている。

大人になれ ⇒ じぶん (笑)

物欲を封印する代わりに、色欲を開放するか・・・・・(-。-) ボソッ
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
スキーに付けるビンディングの下にいわゆるプレートというものがある。
古くはVISTというメーカーが競技向けに販売し、あっという間に広まった。今やアルペン競技用スキーに於いてはどのメーカーもはじめからプレートを装備しているのが当たり前になっている。

そうしたプレートの狙い、効果は
振動の吸収
高さアップによるエッジグリップの向上
スキーのフレックスの調整(足下だけで無く加重をスキーの前後方向に長く伝える)
というところが一般に言われているところだろう。

オイラレベルでも何となくその効果は感じ取れる。(^^)v

そしてスキーのフレックスをソフトなままで操作性を維持しつつ、必要なエッジグリップを生み出すために前後それぞれのビンディングの下に敷いて上げ底にする
リフター(プレート)
と呼ばれるものもある。

話は脱線するがスキーブーツにもメーカーやモデルによって個性が有り、人それぞれ好みに合う、あわないがある。
今履いているのはノルディカ・ドーベルマンWC130EDTというモデル。その前はラングのZC?だったかなシェル高度が150と言われる競技モデルだった。
その前もラングだったが上記のラングに履き替えたときにブーツの脛の前傾角というよりは足裏の前傾角がフィーリングに合わず、結局インソールのかかと側に数mmのプレートを付けてOKになった。その後上述のドーベルマンでも同じセッティングがしてある。

当時は選手の安全確保のためにマテリアルのレギュレーションが細かく規定され始めた時代で有り、むやみな上げ底が規制された頃なのでブーツの高さも旧モデルに対して変わってきていたのだろう。
今はブーツで言えば、靴裏からかかとが接する部分までの高さが何mm以下とか、スキーのソールからブーツ裏が接するビンディングの踏み込み面までが何mmという風に細かく規定されている。
前述のように高さを上げるほどてこの原理でエッジへの加重が容易になり、エッジグリップが増す。だが際限なく高下駄のようになるとエッジグリップの向上とともに滑走速度が上がるし、なんと言っても膝や足首への負荷も増してしまい、選手の怪我につながりやすい。それに歯止めをかける意味でのレギュレーションだ。

もっともオイラは全く縁が無いレベルなのでそんなことはお構いなしだ。(^^;) 
昔は草レーサーの間で流行ったのがブーツの裏にプレートを付けて上げ底にすること。
プレートの厚み分だけコバの上面を削る必要があるが、そうした改造をしてくれるショップはいくらもあるのだ。オイラの以前のラングでは上げ底仕様にしていたのだが、たまたまではあるのだろうが、2度の骨折はそのブーツでやらかしたことも有り、今のドーベルマンは特別な上げ底にはしていない。
もっとも骨格のゆがみから来るのか右足が短いため、右足だけには2mmほどのプレートが付けてある。(笑)
それと前述のように滑走フィーリングとの整合のために左右ともにかかとだけ3mm程度上げてある。自然に前傾を深められるようにだ。
やり過ぎると前のめりになり、それをを防ぐために今度は体が起きてしまいかかと加重となる。何事もバランスなのだ。

前置きが長くなったが、基本バランスがとれている状態で少しだけつま先を高くするとスキーのトップへの加重がましてトップが噛みやすくなる。
以前インソールのつま先の下にガムテープを貼って2mm程度上げ底にしたときには良い感じだった。

同じ理屈で前後のビンディング取り付け高さを調整してみた。最近のビンディングはやや前下がりのものが多く、かかと側に対してつま先側が2~4mm程度低く作られているようだ。知り合いのショップチューナーの話ではばらつきも少なからずあるようだ。
そんな流れで昨シーズンが終わってからメインで使って居る2台の大回転用スキーを調整した。

とっくに調整は終わっているがこれが本当に良いか悪いかは冬が来てからのお楽しみである。

135

今年はちょっと欲しいイタがあったが今持っているものでも十分な性能なので衝動買いは控えて、その分、チューンUPして見たというわけだ。(^_^)v

夏はバイク、冬はスキー、春~秋はカメラ。オイラはいろいろ忙しいのである。(^_^)v
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
人間ってなんだろう・・・
人間関係ってなんだろう・・・・


人間の本性は「善」であると思いたい。そう信じているつもりではある。だが、それを足下から崩しにかかってくる人がいる。
そしてそれってとどのつまり、行き着くところは金の話ばかりなんだなとつくづく思う。

身内の恥や我が身の恥を公の場でさらすつもりはないが、金にだらしがない人も居れば、何かにつけて金を無心してくるものも居る。
オイラも自分の収入の範囲で出来ることはしてあげているつもりだが身の丈以上の支援は不可能だ。
しかし、愚痴りたくなるようなことを言ってくる人たちが情けないと思うし、哀れだとも思う。それが近しいひとならばなおさらである。

金金金・・・・
人の心は金じゃ買えないはずなんだがなぁ。

ちなみに、何かにつけて「金がない」という人は意外に多いがオイラはそういう人は好きではない。
オイラの周りでそういうことを口癖のように言う人は金がないのではなくケチなだけだったり、金の使い道が他の人とは少し違うだけな場合がほとんどだ。

だから○×△にお金をたくさん使ってしまっているので、□○△に使えるお金はあまりないというのが正しい表現だろう。
別にいちいち他人にそんな説明をする必要はないのだがだったらいちいち金がないなどとほざくな。

それともっと不愉快なのは、人のことを、○×さんは金あるんでしょとか、△○さんは金持ちだなぁ・・・と言う言い方をされること。
話の流れでそういうことを言うことはオイラにもある。だが、それを繰り返し言う人はどうなんだろうねと思う。
いちいち説明することも馬鹿馬鹿しいので大人の対応として聞き流しているが、本音ではこう言い返してやりたい。

おまえとは価値観が違うからオレはこれにお金をつぎ込んでいるけど、金が有り余っているわけじゃない。それ以外のところではきちんと節約した上で、自分の価値観に基づいてお金の使い道を決めているのである。

それこそ、大きなお世話だ。
少し前の流行言葉をあえて使うならばまさに「ゲスの勘ぐり」ってやつだ。(´ー`)┌フッ
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
週末に見たお気楽映画。

ファンタスティック・フォー (2015) 

http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC/352382/

これ、以前の作品だとばかり思って居たらなんとリメイクバージョンだった。(^^;) 
個人的にはジェシカ・アルバの
すっごい美人って訳じゃ無いんだけど何となく惹かれる顔立ちと、なんと言ってもエロいボディ
が大好きだったのでちょっとがっかり。(苦笑)

いや、見始めたときに制作年が2015年と出たので、
げ、とうがたったジェシカは見たくない・・・・
と思ったものだ。
先日見たシン・シティの2作目がまさにそうだったからだ。バキッ!!☆/(x_x)

まあ、2005年のジェシカ・アルバのファンタスティック・フォーは実は見たことが無い。その続編で宇宙サーファー?みたいなのが出てくるやつは見たけど。
だから比較では無く、この作品がどうだったのかという基準で言うと、まあ、割とおもしろかったよ。


RED/レッド (2010)


http://movies.yahoo.co.jp/movie/RED%EF%BC%8F%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89/338115/


いや、これ面白かったよ。
スタローンのエクスペンダブルズ・シリーズがおっちゃんたちが相変わらず真正面からの正攻法でズガァ~ン、ドカァ~ン、バキュ~ンとやっていて、
俺たちはまだまだやれるぜっ!!
というノリなのに対して、この作品はまったくちがう。
主演のブルース・ウイルスは元CIAの凄腕工作員だが今は引退して年金暮らし。同じく引退したかつての凄腕たちと一緒に活躍するのは同じだが描き方は決定的に違うのだ。
アメリカのコメディドラマのような演出で微笑ましいのだ。
いや、まったく期待しないで見たので実に面白かった。(^^)v
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。