この記事には一部、Amebaの健全なサイト運営にふさわしくない言葉・表現が含まれている可能性がある為アクセスすることができません。
AD

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼※5/21から無料放送開始! 会員限定・お掃除ビジネス黒帯道場オンラインTV
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼今回のテーマは・・・『もっとも洗練された注文のとれる対談DMのレイアウト』


■放送期間 : 2015年5月21日~2015年6月20日迄 (参加費無料)
■視聴対象 : クリニック経営虎の巻・商人道・おそうじde人生向上計画・各会員・顧問契約会員
■視聴方法 : 各会員資料に視聴アドレスとパスワードが記載されております
■視聴URL : http://bit.ly/cb-kuroobi (※要パスワード)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



■■お掃除ビジネス★成功通信 2015/6/20号■■
=================================================
【今日のテーマ】:手抜きせずに作業スピードが上がる特効薬
=================================================


いつもお読みいただきありがとうございます!
ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本です。


本日は、誰でも簡単に作業時間を短縮できる方法をご紹介します。
しかも、手抜きにつながらない正統派の方法で。


作業がはかどらず、多くの定期を一度に回れないとお悩みの方、
作業に時間がかかりすぎて利益を食ってしまっている方などに
すぐに活用頂ける『時間短縮』のノウハウです。


ぜひ本日のレポートから、手抜きなしで作業を効率化する秘訣を
学ばれてみてください。





<今日のテーマ>
───────────────────
■ 手抜きせずに作業スピードが上がる特効薬
───────────────────



飲食店の回転率と同様に、お掃除ビジネスも作業スピードや
作業効率の良さは、より多くの利益を残す上で非常に重要です。


しかし、作業効率を上げようとして、結果的に手抜きになってしまえば、
クレームのもとになりますし、お客さんも離れてしまうので意味がありません。
これは作業を短時間で終わらせることが効率化だという勘違いがもたらす結果です。
作業自体を早くしようとすればするほど、手抜きに直結してしまうのです。


作業を効率化するのはとても重要なのですが、
手抜きにつながる危険と隣り合わせだという事を知っておく必要があります。


では、作業を効率化することはできないのでしょうか?


いいえ、もちろんできます。
作業に直接関係のないところで発生している無駄を削減すれば良いのです。


例えば、作業が遅くて困っているというご相談を受けた時、
私が真っ先にアドバイスするのがトランシーバーの活用です。


意外なほどに見落とされがちなのですが、
作業中のコミュニケーションには非常に多くの時間が浪費されています。


あなたが経営者ならば、
作業の指示をする度にポリッシャーの動きを止める。

スタッフのところまで行って指示を伝える。

タンクの水がなくなったから自分で取りに行く。

しかし、汲み置きの水が無かったので、
手の空いているスタッフのところまで行って水汲みの指示を出す。

そして作業に戻る。


この何気ない動作だけでも、簡単に数分の空白ができてしまいます。
そして、数回このような動作を繰り返すだけで、
一日のうちに数十分のロスが出てしまう計算になります。


また、スタッフの立場であっても同じです。


リーダーのところへ次に行う作業箇所の指示を聞きに行く。

既に終わっている作業を重複してしまう。


このような動作が何度も繰り返されることで
一人当たり数十分のロスは簡単に出ているのです。


そしてこれは、小さな現場での話し。
仮にこのようなロスは現場が広くなればなるほど
一気に膨れ上がります。


このように、一回一回は小さなロスですが、
確実に作業時間を食ってしまっている無駄な行動が、
清掃の現場では、実際の作業以上に沢山あるのです。
とくにコミュニケーションには膨大な無駄があります。


この無駄を一気に削減してくれるのがトランシーバーです。


作業を行っている全員にトランシーバーを持たせると、
移動する事なくその場でコミュニケーションする事ができます。
これだけでも移動時間を完全に削減する事ができます。


そして、さらにトランシーバーの良いところは、
会話を全員で共有できるところです。


つまり、自分以外の作業がどこまで進んでいるのか、
どんな問題が発生しているのか、どういう流れで作業が進んでいるのかを、
当事者同士でなくても理解できるというところです。


とくに、作業を取り仕切っているリーダーは、
トランシーバーで発される会話を聞いているだけで
現場全体の流れを把握できるので、非常に強い安心感を得られます。


そして、移動のロス、作業を止めるロスを考えたら
ついつい控えてしまいそうになる小さな指示も、
的確にその場で実施することができます。


その結果、より緊密なコミュニケーションが実施され
作業効率はさらに高まるという相乗効果も引き出してくれます。


使ってもらえればわかる事なのですが、
実は、掃除屋にとってトランシーバーとは、
ポリッシャーと同じくらい作業効率を上げてくれる重要な仕事道具の一つなのです。
しかも、効率化してくれると同時に、作業品質も上げてくれる貴重な改善点という事もできます。


「でも、作業員は私一人なので必要ないんです」と言われる方もいるのですが、
いえいえ、一人親方さんでもトランシーバーは重要です。


一人で作業をする方ならば、応援を依頼することも少なくないはずです。
そんな時は協力業者さんにトランシーバーを装備してもらうようにしてください。
そうすることで、他社スタッフ相手でも現場全体の統率が簡単に取れるようになります。


もちろん、ご夫婦二人などの少人数の会社でも導入のメリットは大きいです。
というより、少人数だからこそ、受け持つ作業範囲が広がるので、
一人一人の距離が広がる分、トランシーバーのメリットを享受できるはずです。


今まで何百人の方にトランシーバーのアドバイスをして、
ほとんどの方が「使ってみたら本当にに便利」という感想をもらっています。
とても簡単で単純な作業の効率化ノウハウです。


作業自体にメスを入れれば、どうしても手抜きと表裏一体になってしまいがちなのですが、
無駄にロスしている行動の削減であれば、副作用なく効率化が可能になります。


ひと昔からすると、トランシーバー本体も非常に安くなっていますので、
作業効率は上げたいけれども、手抜きにつながることはやりたくないとお考えならば、
ぜひトランシーバーの導入をご検討されてみてはどうでしょう?




                             ダントツ掃除屋プロジェクト・宮本









□■編集後記■□


いま、すごく悩んでいることがあります。
もう、昼も夜も眠れないくらいに悩んでいます。


そう、新しくなったSurface3の件です。


えっ? 悩んでいない???
嘘でしょう???


マイクロソフトが発売した
タブレット&PC&めっちゃ軽いという
魔法のツールですよ???


・・・


・・・


って、こんな感じで身近でも盛り上がってるの僕だけです。
完全に空気読めてない感じが全開です(笑)


でも欲しい。
やっぱり欲しい。
パブリッシャーがそのまま使えるタブレットが欲しい。
外でもDM作れるタブレットが欲しい!


毎度の事ながら、今回も欲求が押し切りそうです・・・。





AD