1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年04月23日(木) 00時02分22秒

岡田てつお、最後のお願いです(お決まりフレーズではありますが)

テーマ:マツリゴト
【岡田てつおハガキ大作戦・最後のお願い!!】

岡田てつお

《三宅洋平を政界に引き込んだ男・岡田てつお》

僕をこの世界に引き込んだ張本人です。
彼がいなければ、僕は選挙に出ていません。
2012年、震災がれき拡散阻止の院内交渉(環境省役人との議員会館での直接交渉)に参加していた時に、国会の昼休みに「ようへい、ひさしぶり」と、
ふらりと彼が顔を出したのがいろんな意味での始まりでした。

街頭演説をフェスにしてしまう発想も、
「そういうことはできるのか?」
「できる。喜納昌吉選挙で200回は街頭ライブやってる前例がある。総務省に確認済みだ。」
という彼の確信があったればこそ、あれはできました。

88万人

渋谷

国会議員秘書歴10年を経て、この度、世田谷区議選に立候補の岡田てつお。
僕らには、彼を必ず当選させる義務があります。
当初、岡田選対の本部長に就きましたが、
全国各地の推薦候補を応援に回ることになって、
事務所入りが今日になってしまいました。

明日からは、僕もミドリのTeeシャツを着て、参加していきます。


《!》
公選ハガキのリミットが迫っています。

3000票がボーダーラインの世田谷区議選、岡田てつおを全国から応援するために、世田谷区のご家族、友達の住所を教えてください(必ず、連絡先へお電話1本かけて承諾をとってね)。いただいた住所へ、岡田てつお事務所より公選ハガキを郵送させていただきます。

投票へ行くかどうか、どの候補者にするかどうか、
迷っている人のところへ最後の日に公選ハガキが届くのは、
実はとても票につながるケースが多いのだそうです。 

お友達の住所、送付先アドレス
→岡田てつお事務所 info@okada-tetsuo.jp

①世田谷区にお住まいのお友達のお名前・住所
②あなたのお名前
③選挙名簿への登録を希望する/ しない
*今回以降の選挙で岡田てつお事務所より、推薦候補の選挙ハガキなどが送られてきます
例)来年の参院選で、三宅洋平のハガキを送付する際の名簿に使用するなど..
締め切りは明日、木曜日の21時となっています。
(**金曜日朝イチ発送が最後のチャンスです)

これを書いている時点で

あと、
20時間です。


最後の追い込みです。
1票が分け目となります。

自分たちが送り出した人が議員になる4年間は、想像するだけエキサイティングです。
岡田てつおと一緒に議会の傍聴席へ行って、眠っている議員たちを叩き起こしましょうぞ。

なにとぞ、よろしくお願いします。

なんだか、
どぶ板選挙がすっかり身についてしまった三宅洋平でした。

岡田てつお公式HP
http://okada-tetsuo.jp

岡田てつおFacebook
https://www.facebook.com/matsurigoto.setagaya?fref=ts


沖縄舞踊エイサーの名人(元喜納昌吉チャンプルーズのダンサー)
エイサー岡田


渋谷4

渋谷2

渋谷3



むぎ
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年04月19日(日) 10時28分30秒

NAU推薦、太田あゆみを全国から応援する方法

テーマ:マツリゴト
《電話かけが得意な方を募集しています》

高松市議会に挑戦の、34歳のママ。
無所属・新人 太田あゆみ。
議会の傍聴席からみた、議員の体たらく。
こんなことに税金が使われたり、こんな風にして税金の使途が決められている。
誰も立たないなら、私が立とう。

まったくの素人で、手探りの選挙ながら、
演説センスも吸収力も高く、そして何より
ものすごい行動力で3ヶ月の辻立ちを敢行。

とてもよく通るその声は、いま、
告示後の高松市内に響き渡っています。

1日30~50箇所の街宣を、魂こめて続けています。

「選挙フェスとは違って、地方のつまらない選挙手法ですが、
勝つために、必ず通るために、そこに徹します。」
という告示前夜のメイルに、その覚悟がうかがえる。

ぜひ、応援してください。

高松市議選挙候補(香川) 太田あゆみ
《緑の党推薦、NAU推薦》
2
1

太田あゆみ電話かけ大作戦FBグループ
https://www.facebook.com/events/423571261156377/

太田あゆみ公式HP
http://www.ayumirai.com/
太田あゆみブログ
http://ayumirai.exblog.jp
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年03月31日(火) 12時15分27秒

エヴリデイ 選挙フェス!

テーマ:マツリゴト
よく「選挙フェスはまたやるんですか?」
って聞かれるんだけれど、
選挙フェスは1度も終わってないし
その後も毎日、
あの場に居たそれぞれの人生の中で続いていると思っている。

そしてこの統一地方選は確実に、
日本を変える大きなチャンスになる。

世論調査には出てこない、
もしかしたら今回の選挙情勢にも表立っては出てこない、
地域に根ざした人々の心の変化と、
それに付随した新たな連帯、行動と試みが
世代を繋いで
巻き起こっている。

具体的に議席をつかみ、
宙に浮いていた様々な意見の出どころを作り、
皆で集めた予算の使い方に口を出す。
そのために集まり、勉強して、
提案の仕方や、働きかけ方を磨く。

そういう正面からのやり方を通して、
社会に変化を求めていたはずの自分たちが変化していく。

それが何よりの社会の成長につながっていく。

ヒトの社会がある限り
マツリゴトが終わる日なんてないだろうし、
そういう意味じゃ、
選挙フェスはもう始まってしまったというだけで、
終わるとか続けるとかではなく、
マツリゴトはもう開かれたんだと思うのです。

投票日だけが選挙じゃなくて、
告示日からが選挙だし、
その以前から選挙は始まっていて、
古い慣習の中では
「選挙は告示日には終わっている」という言葉すらあります。

いま一度、このたび、
全国800(総数1700ほど)近い自治体で行われる選挙にご注目いただき、
「1票を入れる」という、やや尊大な立ち場ではなく、
「1票を入れてもらう」という事のために東奔西走するという、
1歩踏み込んだ選挙との関わり方をする人が増えてほしいなと、
願っている次第であります。

本日は熊本で、
園田みつよし君たちを応援する思いを込めて
春の音楽祭に参加です。

傍らでは、
4/3本格稼働を控えたサイトのやり取りで、
あちらこちらとひっきりなしに電話の高尾くん(岡山から同行中)。

エンジニア、
デザイナー、
イラストレーター、
ライター、
進行、
交渉、
運営、
経理、
雑務。

このサイトはいずれ、
みんなのものにして欲しいのですが、
キックスターターとしてNAUのチームと
NAUに集まった三宅洋平への個人献金50万円で始まっています。

ページの基盤を整えるためにも、
資金のファンドページもぜひ、ご確認ください。
おもしろい、と思ったら、投資してください。


1万人の立候補プロジェクト(プレオープン中!4/3本格稼働)
http://pre.10000.jp.net/index.html
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年03月30日(月) 10時03分32秒

1万人の立候補プロジェクト、新サイトがプレOPEN中

テーマ:マツリゴト

1万人の立候補プロジェクト 4/3より本格稼働!

http://pre.10000.jp.net/index.html
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年03月18日(水) 23時13分20秒

釈明とお詫び

テーマ:ブログ
さて、
ここのところtwitterで炎上気味の
「三宅洋平は差別主義者」「三宅洋平は陰謀論者」
というお話について
一部にねじ曲がった情報や解釈も拡散されていっているので、
1度、経緯と真意をちゃんと書いてみようと思います。

その上で、僕がどの程度、差別主義者で、陰謀論者であるかの判断は、
読んだ皆さんにお任せしようと思います。

ものの見方は立ち場によって様々でそれぞれなので、
アンチの皆さんにはどこまで納得いただけるか分かりませんが、
精一杯、トライしてみることにします。


まず事の発端は、僕が精神科医(訂正→内科医・漢方医)・内海聡さんの

「え、アベシが日本人じゃないって、まだ知らない人がいるの?」

というFaceBook上の短いコメントをシェアしたところからでした。

精神薬や精神医療を医者自ら辛口に告発してきた
内海氏の言動を知るものとして、
これは朝鮮人差別をするヘイターや右翼に向けて、
「君たちが信奉する総理大臣も含めて、そもそも日本は多分に、渡来人の歴史じゃないか」
と、彼らの論理的矛盾を皮肉まじりに突いたものだと解釈しました。

       *

僕はそれを受けて、以下のようにシェアしました。

「アベシは確かに売国の度が過ぎて、その出自との関連を疑わざるを得ない。
だがそも、純血の日本人なんてのは居るのか?それはムーから環太平洋に四散した時の血を持って(仮説)、日本人と呼ぶのか?
アイヌはアイヌ。琉球は琉球。混じりまくりの日本人て、実はアジアの人種の坩堝ならぬ「つむじ」だと思ってる。」

       *

【売国】

TPP、
集団的自衛権行使、
憲法改正(悪)、
放射能汚染と被ばく問題、
IS人質問題の不可解な対応、
膨大な軍事予算の米国への過剰とも思える払込み、
辺野古基地の強行建設、
東アジア外交における強硬な態度、
相変わらずの国債発行、
消費増税、
特定秘密保護法、

など
安倍総理(と官僚たち)の行う政治は、
建前ばかりは愛国的に勇壮ですが、
とてもこの国の危機を本質的に解決しようという
意志はみじんも感じられません。

彼らの中では「国家(自分たち)」と「社会(我々)」とが
切り分けられているかのように感じられます。

ごく一部のエスタブリッシュメントたちと、
その経済機構における実務の担い手である「勝ち組」にむけて富が集中し、
膨大な負債やツケだけが国民にのしかかっています。

こうした富の集中は国際的に顕著であり、
世界の数代~十数代に及ぶパワーエリートたちの思考にはもはや、
「国家意識」「国籍意識」は希薄で「コスモポリタン」化しているように
見受けられます。

「金融ユダヤ人」という言葉はそもそも、
こうしたコスモポリタン化した「流浪の」特権層を差した言葉であり、
血統や宗教上のユダヤ人とは一線を画している場合が多いと、
いまのところ僕の知りうる限りでは、
そのように認識しています。(*1)

そういう人たちが政治やメディア、教育を使って「愛国心」を煽り、
せっせと人々を働かせたり、戦争をさせたりしているのですから、
これは随分と滑稽な話です。

しかも安倍氏の場合、
祖父の岸信介元総理は、
巣鴨プリズンでA級戦犯の処遇から、
対米従属路線の保守・自民党の礎を作った総理大臣となり、
いわばCIAのエージェント的な立ち位置を果たしていた側面を、
歴史学、政治学の上でも指摘されているのは事実です。

また、自民党が1955年の結党当初から、
CIAに巨額の資金援助を受けていた事は、
2006年に米国務省が自ら認めるところです。

その米国議会は、多分にユダヤロビーに突き動かされている側面があります。
彼らの多くは、イスラエルに送金をしています。

その中には、世界の金融界、メディア界、産業界のドンと目される超大物も
とても多く含まれています。
1元的に世界を支配、とは云いませんが、
多元的に大きな影響を発揮、とは云えます。

そこらへんで、グルグルしてきます。

「一体この国の総理は、誰のために仕事をしてるんだ?」

今やっている事を差して、
ネット右翼お得意の「売国」のレッテルを貼ったとして
もはや過剰な風刺とは云えない状況です。


(*1)
金融業の成り立ちにユダヤ人が深く関係していることや、
ユダヤ人という人種そのものが「血統」的に複雑な分布をしていること、
また、血統とは別に「宗教」上のユダヤ人が存在すること、
アメリカのユダヤロビーは現に米国を動かしていること、
などが、ユダヤについての認識をむずかしく、
誤解の多いものとしているのも事実だと思われます。

反ユダヤがホロコーストの悲劇を生んだことの背景、
イスラエルとアラブの終わらない確執の始まり(1894年バーゼル会議以降)、
ユダヤ12氏族の離散の実体(王族以外の多くのユダヤ人が国家滅亡後もそこに残ったこと、そもそもユダヤ人のみならず古代から多くの人種が入り乱れる土地であったこと)、
あらゆる文脈で「ユダヤ人」の意味が少しづつ違っています。

人種ではなく、家系や階級という切り口から検証するべきことも多いと思われます。

       *

【出自】

そこで「出自」という言葉を持ち出したのには、
僕自身の歴史観が絡んできます。

既に充分長いのでなるべく、簡潔に書きます。
が、多分、長いです。すみません。


スペインやポルトガルの宣教師が(イエズス会など)、
布教と侵略の先鋒、の両方の役割を果たしていたことは、
世界史がある程度、証明するところだと思います。(*2)

その後、英国、オランダの覇権がやってきて、
フランスなど絡めて世界に植民地支配を形成していきます。

日本の明治維新も、
そうした西欧列強の思惑と、
彼らの技術力や資金を利用しようとした薩長、江戸幕府、天皇などの
複雑な引き合いと絡みによって、
出来上がった歴史です。

坂本龍馬は英雄であるという声(司馬遼太郎史観など)と、
薩長同盟を介して長州に武器を横流ししたグラバー商会の使いに過ぎない、
という相矛盾した説が飛び交うなど、
この時代考証には、まだまだ時間を要します。

そうした海外勢力も密接にからまった、
複雑で謎の多いパワーバランスの中で、
長州閥(山口県)という勢力が、
初代総理大臣伊藤博文、山形有朋など、
明治政府の要人を多数、輩出していきます。

戦中の陸軍大将などの重鎮も非常に多いです。

そして、戦後、岸、佐藤、安倍一族という戦後史の中幹を担う
政治一族を輩出するのです。

こうした長州(山口)の政治史をひもといていくと、
田布施という土地から凝縮して人材が輩出されていることは、
すぐに知ることになると思います。

伊藤博文、木戸幸一、宮本顕治、河上肇、難波八助、
松岡洋右、安倍源基(終戦時の内務大臣)、賀屋興宣、
と枚挙にいとまがありません。

彼らと今の政権の、思想的な繋がりを検証することは
今の政権を理解し、反駁していく上で、
ひとつの大切な要素だと思います。

僕が知るのは、ここまでです。

そこから、先、
田布施システム=明治天皇すり替え論という、
世に陰謀論の批判が多い話が、ネットなどで出て来ます。

これに関しては、
書いてあることの真偽が立証できる立ち場に全くないのですが、
ここのところ自分自身が陰謀論者と云われているそれが
何なのかと、少し深入りしてみましたが、
どうにも、仮説の域を出ないが、
とても興味深い、壮大なフィクションだったとして、
「誰が何の為につくったフィクションであるか」までは
いまのところたどり着けていません。

しかし、
天皇家の南朝と北朝の歴史や、
明治維新期の空気感を想像するのには、
役に立ちました。


(*2)
だからといって、日本に在するキリスト教を否定する者ではありません。

       *


【ムーについて】

ムー大陸やアトランティスについては、
これも真偽の確認できない仮説であり、
人によっては「トンでも」「オカルト」と毛嫌いします。

世界的物理学者のホーキング博士が
「人類とコンタクトしている宇宙人がいる可能性は数学的に言って否定できないが、
彼らが友好的であるという保証はどこにもない」
と言っていたりする世の中で、
あるいは骨格学上、
人類は地球外で形成されている可能性をオックスフォード大学で研究していたり、
NASAが金星移住計画を真剣に考えたりしている時代に、

日本人的感覚でいうなら
「縄文人」以前のことって、
実は全然分かってないし、
よく知らないけれども、
なんとなく全ての宗教の、
あるいは種々の民族の歴史の、
符号したりシンクロしたりする部分の、
基盤となるものがそこにある気がしています。

例)
世界の宗教観における
「とてつもない大雨が降った」などの世界の始まりのイメージの共通性

で、
そうした話でよく出てくるムーやらアトランティスを、
よくまーここまでというくらい内海氏が近著「大麻の正体」で
(あくまで自分の専門外の領域の素人オタクの憶測)として
大展開していて面白かったものですから、

そもそも
「純血の日本人」などという
純血主義者、優生論者たちが差別のよりどころとする血筋など
存在するのか?というテーゼの一環として、
(仮説)と注意書きした上で、
使用しました。

半ば、冗談というか、
内海さんのいう「日本人」すらよく分からないよな、
という皮肉も込めて。

       *


【批判から知ること】

さて、
書いてるほうもなのですが、
読まれる方も疲れて来たと思います。
すみません。

どうにも長くなってしまいますし、
言葉も慎重にならざるを得ません。
言葉が足りないと、すぐに歪曲した情報やかいつまんだ情報が、
拡散されて、そこに情感が絡んでねじ曲がって行きます。


僕が「出自」を根拠に
安倍氏を批判する発言をとったこと、
また田布施の政治集団に触れる発言をしたことで、
むしろそれが部落問題などの朝鮮人差別につながる、
あるいは利用される情報を拡散したという、
かなり厳しい批判、お叱りを沢山いただきました。

この事で僕が正直に申し上げるのは、
同和問題などの部落問題や、戦後の在日韓国・朝鮮の歴史に、
まだ全然疎いということであり、
在日の友人などに少し立ち入った事を聞かせてもらったり、
資料や本を読み進めていく事を続けて行くしかないな、と思います。

「出自」という言葉が、
関西圏などで部落問題を想起させる言葉であることなどは、
このたび、一部の方から教わった次第です。

また、痛烈な批判の根底に、
戦争によってねじ曲げられた歴史の中で苦労や差別を強いられてきている、
有名無名の多くの声を改めて聴いた思いでもあります。

ヘイトスピーチ批判の急先鋒である、しばき隊関係の皆さんからも
同様に、厳しいお声をいただいていますので、
今後、政治を目指すものとして、
慎重な発信・発言、情報確度の向上を、
精一杯目指していく所存であります。

このたびは、
僕の知識、配慮の至らなさから、
長い争論に多くの人を巻き込んでしまい、
大変申し訳ありませんでした。


今後は、なるべく不快な思いをする人の少ないよう、
表現に気をつけ、
より科学的な検証力のある機関との連携や、
専門家のサポートを得られるチームづくりを目指し、
自分の意見のブラッシュアップに、努めていこうと思います。

まだ「公人」なわけではないのですが、
今回の1件で、
それを目指すものとして1段、ギアを入れ替えるというか、
まだ自由でラディカルな音楽人のようなもので居たい自分とのわだかまりに、
一定、決着がついたような気もしています。


長々とした文章を、
途中色々と思う事もおありな中で最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

1日の日課を終えて、
22時半頃から書き始めて、
4時間以上が経過してしまいました。

「今晩、見解を書きます」と伝えた @bcxxx さん始め、
お待たせした皆さん、大変申し訳ありません。

今後も、
twitterなどの短文での誤解の発生などを避けるために、
ブログなどで丁寧に説明していくように
心がけていきます。

今後とも、
よろしくお願い致します。


三宅洋平 拝
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年02月26日(木) 13時07分25秒

しとど雨降る沖縄で

テーマ:ブログ
ゆんたくるー(@yuntacrew)のtwより
「辺野古区内中学校教諭 「以前、”埋め立てには反対です。でも言えないんです。”というバナーが辺野古の道に貼られていた。後日写真を撮ろうと戻ると、そのバナーは外され、”辺野古の海の埋め立て断固反対”」というバナーに変わっていた。複雑なんですよ、だから少しずつ。でも確実に変わっています。」

とても、大切な声だと思いました。

「基地反対」には違いないんだけれど「断固反対」とは云えない。この複雑な感情を汲み取っていける者でありたい。

そしてALSOKや機動隊、県警、米軍の隊員に怒りたくなる気持ちも分かるが、むしろ1ミリでも彼らの心を動かして、やってる事の意味を考えてもらえるように仕向けたい。皮肉も批判もトンチも含めて。なので「お前たち、そんな仕事してて恥ずかしくないのか!」と迫る手法もあるが、多分、彼らの自尊心を傷つけても心を閉ざすと思うし、同じことを言っててもそこに愛があるか敵意があるか、で伝わり方は変わると思う。韓国で米軍を一時撤退させた300万人のサイレントデモは、ただキャンドルを持った人々が静かに、しかし膨大に抗議の意を表したという。

僕はかつて、荷揚げや警備、その他数えきれないくらいの現場仕事をやってバンド活動を維持した頃があって、もっと若い学生時代には「このまま就職してホワイトカラーしか知らない人間」になりたくなくて、ブルーズに憧れて1年半くらいメット被って安全靴履いて現場仕事に行ってた。

行った現場の周りで、例えば「マンション反対運動」とかあるわけだけれど、バナーとか横断幕は、たいてい作業フェンスの向こうからは目に入らない。仕事も結構キツいし、こちとら生活もキツいので、その貧しくて若い瞳には反対してる住民のほうが豊かで余裕のある者に映る事もあったくらいだ。若くて貧しく力が無い頃は保守だろうが革新だろうが右翼だろうが左翼だろうが、総じて「大人たち」に対する疑念や、敵意があったものだ。

そこへ自分の与り知らない国や行政の決定事項への反対感情をぶつけられたとしても、己の意識がもっと目先のことでイッパイになっているのだとしたら、とっさに嫌悪感や無理解を感じて思考停止してしまったかもしれない。原発の阻止現場、基地反対の現場、で不毛な気持ちになってしまう時があるのは、何か漠然とした大きな「ディスコミュニケーション」を社会そのものに感じてしまうからかもしれない。

だが、社会が「左翼」と呼んで来た現場の運動が何十年、連綿と続いていなかったなら、そんなバンドマンの僕が、とりわけ911以降、こまっしゃくれて遠くの国際情勢だの海外の紛争だのを糾弾したり批判ばっかりしていた僕が、まったく足下のこの日本で起きているにも関わらずメディアには殆ど載らない現在進行系の極めて本質的な現実を、知ることすらできなかっただろう。

こうして社会の目をそむけさせたところにこそ、社会の都合のよさの最後のしわ寄せを喰らう人々が居て、それはまさに社会がもっとも隠しておきたい現実なのだ。だからこそ、基地に限らず、近くの様々な開発現場と住民の軋轢を、その目でみて感じてほしい。その体験に、身体を差し出してみて欲しい。多様な人々が、問題に目を向け、自分なりの何かを感じた時に、国のあり方、社会のあり方、人々のあり方、経済のあり方、政治のあり方、色んな事が前進を始めると思うのだ。

そういえばひとつだけ、良い話を聞いたのを思いだした。

永遠に黙って、永遠に正面を向いて、拡声器を顔に向けられて、時にはもみ合いになって、ゲート前にて警官隊の前を護衛していたセキュリティ会社のバイト君が、数週間の派遣の任期を終えて帰りしな、抗議の関係者にそっと伝えて行ったのだと云う。
「東京に帰ったら必ず、周りの人たちに伝えます」。

しとど雨の降る沖縄北部、平日の木曜日。数日前に米軍に拘束された運動のリーダー・山城ヒロジ氏が保釈されて現場へ戻った翌日の今日、名護市・辺野古のキャンプシュワブ・ゲート前では、200数日張られていた抗議のテントが、強制撤去された。
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年02月09日(月) 08時13分27秒

風邪の時の心得(薬に頼らない方法を学ぶ)

テーマ:三宅商店
春までになんとか阻止、お流れにさせたいTPPです。
低所得者が病院に行けなくなる、薬が買えなくなる、と云われますが、それならば医者にも薬にも頼らずに済む身体作りを、出来る人からしておく事が何よりの対策です。そもそも、それで損する事はひとつもないわけですしね。

・風邪っぽい時

ネット上のコメントのやり取りで、「ビタミンをとるためにジュースをのむ」などよく見かけられますが、これはビタミン神話で、ジュースはむしろ陰性で身体を冷やすのでましてや大量に摂って良い事はないようです。

風邪の時は、デスクワーク時などコマメな足湯(15分)をしながら身体を温めて排出を促すこと。鼻水やせきなど、薬で抑えるのは排出を阻害するのでお薦めしません。病気は身体のハウスクリーニングです。途中で停めていい事はありません。

それから、梅醤番茶(なるべく無農薬・手作りの梅干しをすりつぶし小さじ1-2、純正醤油(古式醤油)小さじ1、しょうが少し、に番茶を注ぐ)など飲んで「冷えて陰性に入ったからだ」を陽性に戻してあげてください。旅行や忙しい方には、ビンに入って自然食品店などで市販している、お茶でとくだけの梅醤番茶もあります。(三宅商店にもあり〼

熱帯で育ちからだを冷やす効果のあるパイナップルなどの陰性の果物は、風邪で熱のあるときは食味もいいし喉のかわきも潤すように思えますが、実際には冷えた身体を余計に冷やすので、注意した方がいいようです。僕はそれでもどうしても欲しいと身体が求めるときは、それに従います。生の果物が持つ酵素の力が必要な時もあると思うからです。身体の温冷だけでなく、陰陽のバランスを整える事が大切です。
お酒(極陰性)をよく吞むので、その分必死で身体を中性に戻そうとすると、味噌やごぼうなどの根菜などを時間かけて煎った「鉄火味噌」などはこれまた、自家陣中の薬籠という事になります。

身体の陰の氣を払って陽を入れる。

逆に、肉(陽性)を食べ過ぎて陽に偏る事も様々な悪影響を及ぼします。西洋料理で陽に寄った身体を戻そうと、食後に甘いもの(陰性)が欲しくなるのが、デザートという風習かもしれません。僕は大好きですが、消化器官にとっては打撃の連続です。

この辺の知恵は、東城百合子『自然療法』に詳しいです。魔法の本ですよ。子どもの治療方法も満載です。一家に1冊。
(店主)

追記:東城先生のお話では、彼女のマクロビオティック教室か何かへ、とある重い症状を携えた生徒さんが来て「これを何とかする方法は?」と尋ねたそうですが、「何でも自然療法で治せるわけじゃない。あなたはさっさと病院へ行きなさい。」と大変厳しくおっしゃったそうです。このバランスが、真理をついているのじゃないかと思います。
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年02月08日(日) 23時33分39秒

4/6 三宅洋平独演会@東京・下北沢

テーマ:告知
★三宅洋平独演会~1万人の立候補スペシャル★
4/6(月)@下北沢Cafe KICK
OPEN 18:00/START 19:30
料金:2500円(ドリンク別・60名限定)

■LIVE
三宅洋平
■トークゲスト
岡田てつお
■DJ
カリビアンダンディ

4/6(月)Cafe KICK(下北沢)にて三宅洋平が久しぶりのライブ&トークによる独演会。トークゲストには岡田哲扶氏を迎える。2013'三宅の参院選を支えた選対本部長の岡田哲扶が、地元の世田谷区議選に立候補を決意したという事で、なんとこの度は三宅が選対本部長を任命。候補者⇄選対本部長、と関係の入れ替わった2人のトークに期待。


■TICKET&INFO
Cafe KICK
世田谷区 北沢2丁目8-8 NSビル3F
http://r.gnavi.co.jp/gcd4300/
ご予約は2/10より、メール&電話にて受付。 (17時~24時)
03-6407-1688
cafekick288@gmail.com
※タイトルを『4/6ライブ予約』として、お名前、人数、お電話番号をご記入下さい。
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年02月05日(木) 23時48分58秒

世田谷区の皆さまへ

テーマ:nau
自分が区議選に出ることになった、うちの選対本部長・岡田てつおのHPが完成。絶賛稼働中です。
世田谷にお住まいの方、
世田谷にお住まいのご家族ご友人がいるという方、
ぜひチェックしてみてください。

統一地方選の日程は4/19告示、4/26投開票となっています。
(地域によって前後あり)

金・組織のない市民派の選挙って、
一人が一人に伝え、それがまた一人に伝えの連鎖でしか勝てない。
つまり、究極の口コミと、ボランティアとカンパ、そして候補者と選対の地回り、
およびネットによる後方支援のかみ合わせなんですね。

世田谷区民だという方。
ぜひ、岡田をチェックしてみてください。
千歳船橋駅から徒歩2分の事務所にも、ふらっと顔出してみてください。
いいじゃないか!と思ったら、ぜひ、その声を同じ世田谷区の誰かに伝えてください。

http://okada-tetsuo.jp

地方選挙は、とりわけ都市部の選挙区は、
エリア外からでも「選挙ハガキ」を使う事で具体的に票の獲得を支援することができます。
世田谷区にご友人、ご家族がいるという方はぜひ、ご協力ください。

本人は「トップ当選を狙う」と鼻息荒いようです。
ノマド選対本部長たる僕は、勇み過ぎじゃないかと心配していますが、さてはて。

彼が「市民派選挙のカミサマ」こと斎藤まさし氏からこの10年学んで来た知恵と経験を、自分なりにフルに表現して、区議会への扉を開けようと日々がんばっていますので、僕も彼をサポートしながら、地方選というものを学んでいます。

何より、選挙が候補者をどのくらい成長させるかを少しは知っているつもりなので、初めてオモテに出た勇気ある裏方である岡田てつおが、残り80日ほどの中で、どのくらい世田谷区議に相応しい人になれるのか、また3000人以上の区民から支持を得られる人になれるのか、それを見ていこうと思います。


地方から日本を立て直しましょう。
候補、選対、ボランティア。
「選挙する力」を身につけておけば、今後も地方選から国政まで、色んな人を支援することができます。

もう、テレビの前で「どうなってんだ」と怒ったり、「いいね!」して終わりの時代は終わりです。
政治的に法的に経済的に、この世界をどうにかするための行動を今すぐにとりましょう。

で、いきなり答えなんかあるわけありません。それを期待するのはゲーム脳。
トライ&エラーを繰り返して「身につけられる」何かがあるのです。
しかし独りよがりだったりも人迷惑なので、知識とか、論理とか、戦略はあったほうがいいです。
そのためには、仲間と集まって日米合同委員会並みに月2回はmtgしましょう。

俺たちなりの FUNKNESS というのか、絶対に愉しいものに変換させながら進んで行こうという姿勢はそのままに。しかし、今やるしかないですよ。国際的におかしな事になってきてる。僕は「日本が変われば世界は変わる」と思っています。

かくも悲惨なまでにメデイアや就労環境において多くの誤解や歴史誤認、体制や企業が広める浅はかな似非ロジック、コマーシャリズムに満ちた社会では、「非戦・脱原」みたいな当たり前のことを云う人が、自分をメディアとして最大化させる必要があります。

立候補って、そのための費用対効果を考えれば、ちゃんと戦略的に展開できればローコストなんです。当選すればなおさら、そのコストは下がり4年間の議員活動を通して具体的に地方の政治に関わり、より多くの人に理解を得たり考えを受け容れてもらうチャンスを手にします。

例え落選しても、何人かの戦友のようなスタッフ仲間と、何十人かのコアな支援者と、何百~何千人という今回あなたの名前を投票用紙に書いた人と出会えるのです。確実に、次の選挙は「1から」ではありません。支持基盤には変わりありません。そして例えば国政で呼びかける事もできるのです。「わたしに投票した皆さん、どうか◯◯候補をご注目ください」などと。

選挙を通じて得た連帯、ひとつのコンパクトな政治チームは、その後も皆で協力して勉強し、情報を交換し、行動力を増幅し合うでしょう。落選しようが、不正選挙があろうが、白紙が二重カウントされようが、投票箱が後で何者かに開けられたとしても(実際に過去の選挙で何度も起きている事です)、一つの選挙を本気で共にした人々の連帯そのものは奪えません。そうして政治的に非力でない「普通の」国民が圧倒的多数になった時に、今の自民党による国会運営のような茶番風景は成立し得なくなるわけです。

でも、出るからには
勝ちましょう。
選挙は、数合わせの勝負事なのです。




姿、形を超えて集う
ジャンル、スタンスまたいだ 総結集
あの手この手の限りに人や音のための場をCREATE
組んず解れつ織りなす結晶 ワイドな価値観で語れば一緒
ACT LOCAL, THINK GLOBAL 地で行く各地の文化豪族
手をあげろ 手をあげろ YO
PUT YOUR HANDS UP 立候補
声あげろ 声あげろ YO
SING IT LOUD 全力でサポート
一人が立ち上がり また一人の背中押すストーリー
俺たちが巷(ちまた)に
ART 刻み込む番だ MAKE HISTORY

http://okada-tetsuo.jp

三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015年02月05日(木) 10時54分19秒

現代の職人イズム ガラス工房 sunnydrop(沖縄・今帰仁)

テーマ:三宅商店
あー、こんなして出来上がるんだ。
と改めて感嘆しました。
サニードロップのガラスチョーカーやランプ。
現代の職人です。

修繕も含めて、様々な分野で日本の職人文化は、これからまた花開くと確信します。
これから、ある種のナウシカ的な時代「過去の遺物を丁寧に直して使う」事が
時代のトレンドになると思います。
手先が器用で仕事が丁寧な日本的職人イズムは、この分野においても任される事が多くなると思っています。

最近、沖縄から京都へ引っ越した映像作家ohji君のクリップをご覧ください。

沖縄・今帰仁 sunnydrop 制作風景(7:24)



三宅商店 にて扱っており〼。
三宅洋平★(仮)ALBATRUSさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>