夜海を照らす月を見上げて

ストーリーと夜半言の部屋


テーマ:

 「俺は、この件の発端はその記事が原因じゃないかと思ってる」

言いながら煙草に火をつける遼平に、

 「今、きれいにしたばかりなのよ」と幸恵は眉をしかめた。

 「灰皿は、灰がないとただの皿や。そんなもんに意味はないやろ」

彼女のムッとした表情に動じることもなく、涼しい顔で一息白い煙を吐き

 「楠原聡子は、実は少々有名人やったんや」と話を戻した。

 「次男が事故に遭うまでに数回、ある雑誌に手記を綴っている。日常の中で感じる事柄のいわば日記のようなものだが、自閉症児を持つ家族とのネットワーク作りの会で積極的な活動をこなしている彼女自身もまた、自分の病と闘う身であるところに編集者が目をつけたんやろ。実際かなりの反響もあったらしい。同じ境遇を抱える人に勇気を与えるといってね。」

 「いいことだわ」

 「まあね。ただメディアというのは時折、華舞台に上げておきながらその一方では、そこから突き落とす穴を平気で掘る輩もいてる」

 「どういうこと?」

 「その記事を読めばわかるよ」

 窓の外の何もない空を見るともなく首を傾けている彼の、こめかみから頬にかけて走る影が

険しい顔つきに変えているのだろうか。それとも、既に自分だけが知り得ている何かが、まだ知らされていない私にも不穏な空気として伝わってくるのだろうか。

 幸恵は、開かれたページの見出しに再び視線を落とした。

紙面との釣り合いを無視した大きな文字は、まるで嘘や虚勢を隠し通す手段として、攻撃的に大声を張り上げ相手を威圧する人のように、品性を欠いている。


 記事内容の大筋はこうである。


 “息子や家族に対する愛情についての手記で賞賛されていた母親が、裏では頻繁な折檻を行い、そしてまた、兄も弟に対する同様な行為を繰り返していたらしい。立ち会った監察医と親しい人物からの情報で、複数の痣と火傷の不自然な外傷の痕跡が多数見つかったことが何よりの根拠である。また、水事故の現場における兄の行動も怪しく、偶然の不幸じゃないのではという目撃者を名乗る人物も浮上。今後警察は再調査を行うこともありえるだろう。”


 「事故前の手記と同雑誌ではなく顔写真も目の部分を隠しているが、それでも読んでいた人にはわかるだろう。読者からの非難や怒声の電話やFAXが一時はひっきりなしで、家族会は大層頭を痛めたそうだから、多分楠原家の自宅もそういう状況に陥ったと考えられる」

 遼平の言葉がよく聞き取れない。顔をあげたが、読むうちに溢れてきた涙が彼の姿を霞ませた。

 「こんな酷いこと。こんなことって」

 「一応、これを書いた記者も追っかけたが、所詮三文記事を飯の種にしていた奴さ。

今は歓楽街の専門誌で風俗嬢を相手に、体当たりレポートなんてふざけたものを書いてやがる」

 「嘘よ、全部嘘だわ」

 「ああ、裏の取れている情報なんて全くなかった、すなわち信憑性はゼロや。しかし問題は、不慮の事故で家族を亡くした一家に追い討ちをかけた、しかもそれが根も葉もない話と推測すると、負ったダメージは並のものじゃないだろうな。それから数年後に長男の失踪、そして夫に先立たれて今に至る…やな」

 遼平の語気が少し弱くなる。いつも少々ずけずけと感じるほど、はっきりと言う彼には珍しい態度で、それは一層幸恵の胸騒ぎを掻き立てた。

 「それで、信二君の行方は掴めたの?今どこにいるの、どうしているの。教えて」

身を乗り出して覗き込む幸恵の顔を正面から受けた彼の口が動く。

 「俺が調べた結果、恐らくは生きていない可能性が高い」

 頭の片隅に燻っては否定し続けていた結果が現実になる。

 瞬間、幸恵はこの空間やこれまでの時間、それは全部架空であるような錯覚を覚えた。

耳から浸入してきた声も、灰皿から立ち上る煙、聡子、遼平そして今ここにいる自分さえ、色も脈絡もない夢を見ているもう一人の自分が悪戯に描いてしまった物語なのではと思える。

だがすぐさま、それは突きつけられた現状から少しでも離れたいがための悲しい空想だと気付くのだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「なに、この雑誌。随分古そうだけど」

表紙のモデルは、一昔前に流行した水着姿でポーズをとっている。

どこかで聞いたことがあるような雑誌の名前だが、いかにもゴシップ専門というそれに、

幸恵は興味を抱いたことはなく、当然読んだ記憶もなかった。

 「俺、気になって調べたんや。次男のこと」

パラパラとめくるページに視線をやりながら、遼平は続けた。

 「楠原聡子は、次男を水の事故で亡くしたとだけ話してくれた。確か幸恵はそう言ったよね」

 「え、ええ」

信二の行方を捜す材料になるとは思えない過去の一件に、彼が探りをいれたことを疑問に思ったが、

幸恵は、彼女から語られた内容の、そのほとんどについて遼平に伝えることはしなかった。


 私の不注意だったんです。悪いのは私なんです。


 あの時、小さな位牌の前で、涙に目を潤ませ未だ後悔の念に苛まれつづけている彼女の苦しい過去に、

誰であろうが、入り込むべきではないと幸恵はそう決めたのである。

 「なんで、こんなことに俺が首を突っ込むねん。今そう思っているやろ」

顔を上げた遼平の、あまりに意標をついた言葉にうろたえたが、

 「そりゃそうよ。聡子さんがお願いしたのは息子さんの捜索だけだもの。

それ以外は私達には関係のないことでしょ」

誤魔化すように、少し憮然と切り替えした。

 「もちろん、依頼の範囲を越えていることはわかっている。自分自身、らしくない感情に囚われている気さえしてるんやから。けど、どうして信二は出ていかなあかんかった。弟を亡くした後、悲しみにくれる両親を振り切って、そうまでして出て行くきっかけはなんだったのか。俺には、それがわかれへんかった」

そう言って、雑誌の開いたページを幸恵の方に向けた。

 そこには、目の辺りを黒く塗りつぶされた人物の写真とともに、大きく見出しで


慈愛の皮を被った家族の本性。そして被害者となった息子の悲惨な末路


と書かれてあった。








もっと頑張りなさいと思われましたら、ポチッとご協力を★

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「おう、早かったな。コーヒーでいいかな」

ドアを開けきらないうちに、遼平の言葉が飛び込んできた。

 「それしか、ないくせに」

そう言って、幸恵はテーブルの上の、吸殻が山となった灰皿を指差し

 「ヘビースモーカーな上に、コーヒー中毒。絶対、病気になるわよ」

脱いだコートをソファーの背にかけた手で、そのまま灰皿を持って

小さなステンレスの流しに行った。

 (私、話が本題に入ることが怖いのかしら)

蛇口から流れ出る水で灰皿を洗いながら、思わず小さくため息を漏らしたが、

振り返ると、彼は煙草をくわえたままぼんやりと窓の外に顔を向けている。

 「もう、言うてるそばから火をつけてるんだから」

幸恵はわざと、ゴトンと鳴るよう、彼の目の前に灰皿を置いたが、

それを気にした様子は見せずに、落ち着いた声で、話を切り出した。

 「今更こんなこと聞くのもなんやけど」

 「うん」

 「俺は、幸恵と楠原聡子の関係をどう理解したらええのかな」

 「え?」

 「楠原聡子の、いや、その家の内情を、幸恵が知ることに対して

彼女がどの程度までをよしとしているかなんや」

 (確かに・・・)

 ただのご近所同士にすぎない私には、むしろ知られたくないことの方が多いかもしれない。

しかし、脳裏には彼女が仏壇の前で語った最後の言葉が蘇ってきた。

"お願いします。私にとって、幸恵さんのご好意に甘えさせてもらうことが、

こんな老いぼれの生きる望みに繋がっているんです"

 幸恵は顔を上げ、挑むような目で遼平を見たが、

 「彼女にとって、私は近所の知り合いでしかないのは事実よ。それでも

私を頼るしかなかったの。それくらい追い詰められていると思う。

そんな人を放ってはおけないじゃない。せめて真実を知らせてあげたい、

ただそれだけよ」

 そう静かに口を開き、コーヒーを啜った。

 「よし、わかった。だが、俺は仕事としてドライになれるけど、幸恵はそうじゃない。

もし、楠原聡子に直接伝えにくければ、代わりに俺が会って話をするから」

そして、テーブルの上に一冊の週刊誌を放った。




もっと頑張りなさいと思われましたら、ポチッとご協力を★

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それから、もっぱら会話の内容は、孝美の新しい彼氏のことになり、

幸恵は聞き役として、時折相槌をうってはいたが、

頭の中は、さっき二度続いて鳴った、携帯の呼び出し音に気をとられていた。

 「やぁね、なに気を使っているのよ。でてあげなさいよ、電話」

少し怪訝な表情を浮かべた孝美に向かって、

 「いいの。話すと長くなる相手だし、どうせ大した用事じゃないと思うから」

そう言ってテーブルの上の携帯を取り、見えないように太腿の上に置いた。

液晶画面には、発信者をあらわす、"遼平"の文字が確認できる。

(遼平が、立て続けに電話をかけるだなんて)

きっと、行方探しについて、何か重要な手がかりが掴めたか、いやそれどころか、

本人の居場所を知らせてくれる朗報かもしれない。

 (ここから地下鉄に乗れば、事務所まで20分もあれば行ける)

幸恵は、やはりここは大事な用件を優先しようと思い、

 「ごめん、今日、実はこの後予定があるの。 そろそろ行かなくちゃ」

この次は、近々夕食で、ゆっくりと新彼の話も聞くからと謝り、

 「その時に、もう別れちゃった、なんて言わないでよね」

レシートを摘んで、やれやれという顔の、孝美の鼻先でひらひらさせた。


 「もしもし、私よ。さっき電話くれてたでしょ。今、事務所の近くに来ているの。

話があるなら、今からそっちに行ってもいい?」

遼平が驚くことを少し期待していたが、

 「ああ、それなら待っているよ」

淡々とした口調は、いつもの、感情をわかりやすく晒す彼とは違う。

幸恵は思わず、どうだったのと言いかけたが、喉に押し込み、かわりに

 「すぐ行くから」

と言って、電話を切った。

 三月のかかりとはいえ、まだ、どの枝も芽吹いていない裸の街路樹が、長く続く歩道を抜け、

相変わらず、ビルの谷間風が吹きすさぶ界隈を足早に進みながら、

少しでもよい知らせならば、一刻も早く聡子に伝えようと考えていた。

しかし、もしそうでなければ。

その後、自分が取るべき行動について、考えもしなかったことに、今になり気が付いたのだった。


もっと頑張りなさいと思われましたら、ポチッとご協力を★  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「大体、幸恵は隆志さんと結婚するつもりあるの?」

窓から、昼下がりの傾斜した陽が差し込むホテルのティーラウンジで

孝美は普段よりも少し声を抑えて言った。

 半円形の室内には、幸恵たちと、他には1組の客しかいない。

カウンター内では、いかにもホテルマンらしい髪型のウェイターが、ナフキンでグラスを

磨いて暇をやり過ごしている。

 「別に嫌になったのなら、やめればいいんじゃない。彼、新婚旅行も兼ねて

海外で2人だけの式にしようっていうんでしょ。そんなの幸恵のご両親が許すと思ってるのかしらねえ」

だが、すぐにおどけた風に

 「まあ、結婚について私がどうこう言える立場じゃないけどさ」

と肩をすくめた。

 「まったくよ。あの時の電話、本当に驚かされたんだから」

幸恵が言うと、二人はこらえきれなくなったようにして笑いあった。

 孝美は、2年前に離婚をしている。

学生時代から、周りのアプローチも多かった彼女が、突然親の薦めるお見合い話にのって、

それからあっという間に結婚を決め、盛大な挙式を催したにも関わらず、僅か半年で別れてしまった。

性格の不一致をその理由にしていたが、本当のところは違うことを、

親友である幸恵だけは真っ先に知らされていた。

 新婚旅行から帰ったばかりの国際空港の公衆電話口で、

こんなに酷い仕打ちには我慢できないと、孝美は泣きながら訴えたのだ。

彼が初夜まで何もしなかったのは、私を大事にしていたからじゃない。

元々、女に興味がなかったからだと。

彼女はそれから、結局一度も新居に帰ろうとはしなかった。

 「だって、外国人の男の子を見る目がいやらしいのよ。ビーチに行くと、露骨に目で追いかけてるの。

問い詰めると、彼、あっさり認めたわよ。女に興味はないけれど、世間体がどうとかこうとか。

あー、もうやめよう、忘れたいんだからあ」

そう言って少し口を尖らせながら、フォークでミルフィーユをつついた。

 「あのさ、幸恵。もしかして、柚木さんのこと、まだ引きずっている?」

突然真顔で聞かれ、幸恵はすぐさま言葉がだせず、ただ顔を左右に振ることしかできなかった。

 「ふうん、ならいいけど」

 実は彼と会ったことと、そこに至った聡子との出会いから、先日の仏壇の前での話しまで

いささか抱えていることに重さを感じた幸恵は、彼女に打ち明けることも頭の片隅に置いていたが、

今日はやめておこうと思った。

 隆志の顔は遼平に、そして聡子から家族写真へと頭の中に次々と浮かんでは消え、やがては

家族という二文字に行き着く。

そして、時折同じことを繰り返すたびに、漠然とした不安感にさいなまれるのだった。

 「隆志とは結婚するわよ。ただ、今はちょっとお互いに忙しいだけよ」

いつも鋭い読みをする彼女に突っ込まれないよう、目線を逸らして言った。


もっと頑張りなさいと思われましたら、ポチッとご協力を★

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「誠一といいます」

後ろの声に振り向くと、いつの間にか部屋に戻った聡子が幸恵のすぐ傍まで近づいていた。

 「息子さんが、もう一人いらっしゃるんですね」

 「はい」

 「信仁さんとは、年がいくつ離れた弟さんですか。写真では十歳くらいかしら」

できるだけ、何気なさを装うため明るく切り出したつもりだが、

すぐに言葉を返さない聡子に、やはり踏み込むべきではなさそうだと思った。

 「あ、ごめんなさい、いいんです。ただ、なんだか綺麗な目をした子だなあと思って」

話題を変えるために書棚から離れようとした幸恵に、

 「ここにいてます」

そう言って、こちらへ来てくれというふうに、頭を小さく下げ、歩き出した。

 ここにいてます?

言葉の意味が理解できないまま、後ろについていくと、

廊下を挟んだ向こうの襖を開け、照明を点けて彼女は幸恵を招きいれた。

 4畳に半畳ほどの床の間がついた和室である。

そこには、仏壇だけがあった。

 「主人と誠一です」

日当たりが良くないせいか色褪せてはいるが、小ぶりな仏花が両脇にたむけてあり、

彼女の言葉通り、中には位牌が二つ並んでいる。

 幸恵は言葉もなく、前に正座をして手を合わせた。

 「事故で亡くしました。あれは、信仁が14歳で誠一はまだ11歳の、子供でした。

誠一は自閉症で、そこまで育てるのに私ら夫婦もそれは苦労もありましたけど、

家族はほんまに幸せやった。信仁も弟のことを可愛がって、よそのお宅とは違っても

仲のいい兄弟やった」

 「聡子さん・・・・・・」

 二人の沈黙の隙間に、振り子時計の音だけが響く。

カチッ、カチッ、カチッ・・・・・・

 「辛いこと思い出させてごめんなさい。もう何も言わなくていいですから」

聡子は頷いた。

 だが、もう何年も誠一のことについて誰とも話をしていない。かえって聞かせる

には暗い話になると思うが、この子は思い出してもらっていると喜ぶだろう。

悪いが、息子のために少し付き合ってもらえないかと言った。

 幸恵は正座したまま、彼女の方に向きをかえた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 翌日、太陽が高くなり、寒さが和らぐ時間を見計らって、

煮込みハンバーグのうちの二つを容器に詰め、楠原聡子の家へと赴いた。

 独りで暮らしていると、ましてや病を抱える身ともなると余計に、

ものぐさになりがちなのは食事だと思い、昨日のお見舞いも兼ねて朝から作ったのである。

 約束通り調査依頼をしたという報告は、きっと、彼女を前向きな気持ちにさせる

明るいニュースになってくれるだろう。

幸恵は、手や体の毛を舐めているケイトに向かいひとりごちた。


 玄関チャイムを押してしばらくすると、今日は、聡子の方から出迎えてきた。

 「こんにちは、容態はどうですか?」

 「朝のうちは、冬の寒さもあって痛くて手も足も動かせないんですけど、痛みを抑える薬が

お昼前くらいにようやく効きだして、今やっとぼちぼち体を起こせたところです」

毎日、ほぼそのような状態なのだと言う。

彼女は、忙しくなければぜひ上がってくれないかと、スリッパを幸恵の足下に置いた。

 自分はまだ料理をこなせる程の腕ではなく、お口に合うかはわからないが、ご迷惑でなければ

食べてほしいと言い、聡子に紙袋を差し出すと、

 「本当に、気を使わせてばかりや。なんてありがたいことやろう」

今晩にでも頂くことにする、とても楽しみだと言って微笑んだ。

 お茶の用意をするため、台所へ入った彼女を待つ間、幸恵は、書棚に飾られた数点の写真を

それぞれの背景や季節感を感じるように、この間より落ち着いた気持ちで見ていた。

 楠原夫妻の次男と思える少年は、茶色がかった瞳を真っ直ぐにファインダーに向けている。

よそに気をとられているらしい写真もあるが、いづれにしても、少年の表情の中には

チーズの掛け声で作るような、わざとらしい笑顔が、見受けられない。

 幸恵は、彼の表情に豊かさはないが、だからこそ彼の瞳の輝きは、最大の特徴であるように

浮き上がって見えるのかもしれないと思った。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 真冬の冷気を伴ったビルの谷間風が、

まるで、道行く人々の行く手を阻むかのように吹きすさぶ。

それは、今し方まで、久しぶりの再会のせいか少し火照っていた頬も、

瞬く間にして、冷めた肌色に戻すほどだった。

 幸恵は、足早に地下鉄の階段を下り、改札口を抜けて帰りの電車を待つ間、

どっと虚脱感のような疲れを感じ、やはり緊張していたのだと思った。

 先客のいないベンチを見つけ腰掛けたものの、

さっきからたびたび頭に浮かぶ、遼平の笑顔を打ち消すため、

別のことを考えようと試すのだが、どうもしっくりとこない。

 (もう、私ってばなに一人でてんぱってるのよ。)

気を紛らわそうと、天井に吊るされた時刻表を目で追っていた時、

ふっと先程の会話の一部が蘇ってきた。

 (家族写真に写ったもう一人の少年か・・・・・・普通に見るとやっぱり兄弟にしか

見えないなあ。でも、今回の件に直接関係なくて、聡子さんがあえて口にしたくないなら、

詮索するのはやめよう)

 幸恵は、またも頭の中に飛び込んできた彼の顔に向かって

 (警察じゃないんだからね。いーーーーっだ)

と舌をだしてみせた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「お昼まだ?だったら久しぶりに一緒にどう」

 言いながら、遼平は部屋の隅に置いたポールハンガーに掛けたコートを取るため、席を立った。

「ううん、お昼は済ませてきたの。それに、猫が待っているから」

 幸恵は、遼平と肩を並べて歩くことが、隆志に対する裏切りへの一歩になるような気がした。

だが、それは自分だけの問題で、彼にとってはそれ程意味のある誘いではないだろう。

自分は、意識しすぎているのだとも思った。

「そうか、残念やな。近所においしいオムライスの店ができてさ。好きやろ、オムライス」

 言葉の割りに、さほど惜しい顔をせず、

何らかの情報が掴めても、そうでなくても近いうちに連絡をすると言い、

場合によっては、楠原聡子にも一度会って話しを聞いた方がいいかもしれないと付け加えた。

それじゃあと、ドアを開きかけ、そういえば調査費について、

まだ何も話していないことに気付き、「遼平、調査費はツケておいてね」と振り向いて言った。

 学生時代、彼は懐が寂しくなると、一緒に食事をする時や喫茶店に入っても

飲み食いした後になって、「幸恵様、ツケでお願い」と、よく手を合わせた。

幸恵は、彼が学費の大半を、アルバイトでまかなわなくてはならない事情を知っていたし、

また、父親が会社の重役という家庭の彼女にとって、それがさほど苦に感じることもなかった。

むしろ、自分を必要としてくれているのだという、微かな喜びを、胸の中に隠していたのだ。

「厳しいなぁ」

 その時の口癖を真似た冗談のつもりだったが、彼は、指でオッケーのサインをしながら、笑っていた。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「もしもね」

「もしも、被災地に住んでいる場合はどうなると思う?」

「そうやなぁ」

遼平は、左手の人差し指で眉を掻いた。

(今、言葉を選ぼうとしてるのね)

幸恵は、彼の癖が意味するもの、それは今自分が危惧していることと

相違ないのではと思い、ほんの数秒の間に、それは確信めいたものに変っていき、不安を起こさせた。

「あの場所では、今でも建物の下敷きになっている人とか、それこそどこにいてるのかもわからん人が

仰山いてる。そうなると、時間は多少かかるかもな」

「そう」

「ただ、身元を保証しなくてもできる仕事なんて、そうそういくらでもというわけにはいかへん。

ようは、既にある程度絞りこむことはできるってことや」

「ほんま?」

「ただし、こういう時に役に立つのは、どっちかと言うと幸恵の嫌いな人種。

例えばさっきの電話の相手とかね」

遼平は、からかうように、小意地の悪そうな表情をして見せた。

「もぅ、いけずやわ。ちっとも変ってない、そういうとこ」

緊張が解されたのか、幸恵もまた負けじと、あえて意地悪く言ったが、

それからすぐ、笑い顔に変っていた。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。