ポールスター星ピラティス公認メンターの奈津です。

 マシン完備の個人スタジオ横浜 metamorphose およびPilates Lab 代官山でお仕事しています。

 趣味はダンスです。(JAZZなど)

   横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
ポールスター・ピラティスは医療の専門家が解剖学に基づいてアレンジしたピラティスです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年01月12日(火) 14時33分13秒

ポールスター・ピラティスの体験、コース参加の準備にお越しください☆

テーマ:ピラティス
 ブログの更新がとても久しぶりになってしまいました。ポールスター・ピラティス公認メンターの奈津です。

 ポールスターピラティス卒業生、コース生の方はご存知と思いますが、私もお仕事させていただいているPilates Lab(ピラティス・ラボ)が2016年2月20日付けをもってポールスター・ピラティスのホストセンターとしての役割を終了することとなりました。

 Pilates Lab(ピラティス・ラボ)オーナーであり日本のピラティスを長年牽引されてこられた武田淳也先生はじめ、スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。長い間本当にありがとうございました。今後とも日本にピラティスを広めるべく、共に活動していきたい所存です。

 これまでPilates Lab(ピラティス・ラボ)ではポールスター・ピラティスのコンプリヘンシブ(『包括的な』の意)という最高位のコースが開催されており、私もメンターとして何度もコースをアシストさせていただいております。コース・サポート履歴はこちら

 香港にあるポールスター・アジア支部のヘッドクォーターでは、現在ラボに代わる日本のホストセンターを選定中とのことです。ポールスターのネットワークは全世界に広がっていますので、通訳なしで問題なければ日本語以外で受講することは可能です。Polestar Pilates Web Site

 ポールスター・アジアは日本において今後も変わらず多種多様なコース、継続教育、トレーニング・オプション等を提供すると発表していますので、新しいホストセンターの誕生を心待ちにしつつ、日々のセッションに取り組んでいきましょうっ

 日本でのコンプリヘンシブ・コース受講を希望される方は、新コース開催までの間にぜひmetamorphoseへお越しください。コンプリヘンシブ・コースでは、初回のモジュールまでに一定時間のピラティス・セッション受講が必須となっています。
 metamorphoseでは、コース理解の基本となる座学からムーヴメントまで、メンターとしてしっかりサポートさせていただきます。

 準備万端でコースに参加していただければ、その後の理解と成長が大きく変わります。ポールスター・ピラティスを体験したい方のお越しをお待ち申し上げております!

  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年09月12日(金) 20時01分05秒

「運動嫌い」だからって。。。

テーマ:ピラティス
 ご自分の意志でピラティススタジオにお越しになっているお客様でも、全ての方が運動に対して積極的になれるわけではありません。身体を変えなければまずいという状態まで来て、仕方なく運動施設を探された方も多いです。

 最近困ったことがあり、「運動嫌い」の方にメンタル面でどうしたら積極的になっていただけるかを考えていたのですが、ちょうど別の「運動嫌い」の方からHP用にコメントをいただくことができました。お返事を書くうちに自分の考えをまとめることができましたので、こちらにも転載させていただきます。やりたくない方をどう導いていくか、ここホント悩みませんか?

↓わたしの回答↓

 「わたしも学校の体育や運動部が好きではなかったので、Cさんのお気持ちは痛いほど分かります。わたし自身が運動を始めて感じたことは、『運動嫌い』はその方の身体が運動を嫌いなのではなく、外的要因に拠りそうなってしまうのだろうということです。理性を持つ人間ならではですね。動物はもともと動くように設計されており、『運動嫌い』は生物としては本来ない状態なのだと思います。しかし幼少期および成長期に良い運動経験ができないと嫌いになりがちで、そのような方は大勢いらっしゃいます。運動しなければ循環が起こらず体力や運動機能が低下し中高年以降に何かしらの問題が発生してくることが多く、悩みを抱えてピラティススタジオにお越しくださる方もいます。

 みなさんそこで『いかに運動は自分に向いていないか』をお話してくださいますが、伺っていると『運動』という言葉にある種の恐怖や押し付けてくるような理不尽さを感じられているように思います。とてもよく分かります。ポールスター・ピラティスは根性論ではなく科学的に解析されたエクササイズを提供してまいりますので、運動に対する怖れを解いていく一助になれると存じます。

 ただし慣れてこられたら、多少の根性は発揮していただきます!(笑)今できないことをできるようにする楽しさもピラティスのひとつなので、これからもご一緒させてください。」

 以下はCさんからいただいたコメントです。「褒めちぎりました♡」と言われました、てへへべーっだ!

 「元々運動が大嫌い、筋力も体力もありません!腰痛を直す為にグループレッスンのヨーガを続けていますが、ちょっと頑張るとかえって身体を痛めてしまう始末でした。

 そこで個人レッスンを探した所、メルモに巡りあう事が出来ました。インストラクターの奈津さんは、まるでお人形さんのように華奢で可愛らしい外見ですが、凛として芯の通った身体をお持ちです。全ての動きに無駄が無く、自然な美しさに溢れていて、いつも見とれてしまいます。そして、セッション中は、単にビジネスとしてでなく、ピラティスの素晴らしさを伝えたい!という奈津さんのキラキラした気持ちがたくさん伝わってきます。

 『腰痛は整体などで治してもらうもの』と、他力本願だった私が、少しずつ変わってきたと思います。これからもいつも優しく、時に厳しく、ご指導よろしくお願いします!」

  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2014年06月11日(水) 14時28分01秒

インソールと自力で作るアーチ

テーマ:ピラティス
 先日のワークショップで学んだこと、判明したことに引き続き気をつけて過ごしています。

 できるだけ胸椎のカーブをつくって腰椎前湾の過度な負担を減らすようにすること、足底のアーチと膝のお皿を引き上げ右足のアライメントに注意を払うことなどです。

 そうしていたら今日ふと気づいたことがありました。靴を履いている時に足底のアーチに当たるので、うっとうしいなーと感じたのです。そういえばずっと以前にインソールを購入して入れていたのを忘れていました。
 これまではその靴を履いても何も感じなかったのですが、意識しているうちに土踏まずの感覚が敏感になったのだとおもいます。そしてある程度自分でアーチを引き上げられるようになってきたので、もうインソールは必要ないのかも。自分でアーチを作る感じが阻害されるのでインソールは抜こうとおもいます。

 インソールはアーチを作る手助けをしてくれるとおもいますが、いつか自分で作れるようになって卒業できたら理想ですよね。そのことを諦めず、あらゆる補助ツールはそのような考え方の元に使っていきたいなとおもいました。

 まだまだ弱々な身体ですが、変化していくことはたのしいな~。

  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2014年06月03日(火) 22時08分53秒

Sherri Betz氏「高齢者のためのプログラミング」

テーマ:ピラティス
 アメリカから初来日されたSherri Betz氏のWSを福岡で受けてまいりました!Sherri先生はポールスター・ピラティスの副代表で理学療法士、骨粗鬆症の専門家の方です。今回はSherri先生の専門分野である高齢者の方に向けたプログラム・デザインについて主に講義していただきました。

 以下、かぎかっこ内はSherriさんがお話してくださったことで、わたしが感銘を受けた部分の抜粋です。一字一句正確なものではなく通訳さんがその場で訳してくださった概要の、さらにわたしの記憶からになります。

 「週一回の高齢者のためのグループ・クラスがわたしが最も誇りに感じるクラスです。できるだけ多くの高齢者の方にできるだけ長く社会に貢献してもらいたいので、ここにいるみなさん全員が週に1回高齢者のためのグループ・クラスを持つことがわたしの夢です」
 それは間違いなく社会を支える大きな力になります。わたしは今グループ・クラスを担当していないので考えるきっかけになりました。実はグループ・クラスが苦手でもあるのです…。でも苦手を乗り越える自分のためのトレーニングにもなりますし、今後は機会を作って社会貢献できたらと僭越ですが検討しています。

 Sherri先生の資料の中で驚いたのが完璧な胸椎伸展をしている老婦人の写真があったのですが、なんと82歳で骨粗鬆症と狭窄症をお持ちの方なのだそうです。しかもダンサーでもインストラクターでもないそうで、あれほど綺麗な伸展ができるようになるとは。。。

 「骨粗鬆症というと大事に大事に、動かさないようにしなければいけないイメージがありますができることはたくさんあります。身体は何もしないでいると坂を転がり落ちるように悪くなっていきます」

 ポールスターにはご高齢の方を安全にそこまで持っていくしっかりとしたストラテジーがあるのですよね。それがポールスターの原理原則です。あまり保守的になってばかりでは良くなるものもならないのです。

 具体的な例を挙げつつこのようなお話をしてくださるSherri先生の自信は、まさに現場で高齢者の方に教え、実際にたくさんの成功例を築いてきたからに他なりません。

 大御所になればなるほど、インストラクターにしか教えないインストラクターの方もいます。「週一回の高齢者のためのグループ・クラスがわたしが最も誇りに感じるクラス」とおっしゃるSherri先生とは対照的です。インストラクターに教えるピラティスは試験対策的なものから脱却せず「こういうクライアントさんが来たらこうだよね」と現場を想定した脳内シミュレーションに過ぎません。それでは本当に困っている人を導くための鍛錬はなかなかされないとおもいます。イントラにしか教えないイントラに教わったインストラクターも、現場力は身につきづらいのではないでしょうか。
 どれほどキャリアを積んでも現場に立ち、それを誇りにされているSherri先生は輝いていらっしゃいます。わたしも何よりも一般の方を見させていただいていることに感謝し続けていきたいです。

 「コア・コントロールができなくてホームに入る人はいないけれど、脚力が落ちて歩けなくなってしまったら入らざるを得ないです。最も大切なのは立位、歩行、脚力です。そのために片足立ちができるようになること、65歳の時点で片足立ちでのヒール・レイズが25回できることが目標です。手首を骨折しないために必要なことは手首の強化よりもバランス・トレーニングです」
 バランスとそのためのアライメント、脚力の重要性!まさにその通りです。高齢になってもそれを維持するためには今からがんばるしかありません。

 「何時間もかけて正しい腕の動きを教えます」
 これを聞いてとてもうれしかったです!正しいアーム・アークはとても難しく教えるのにいつも苦労しているパートなのですが、どうしてもどうしても綺麗な軌道で動く腕の軌跡しか見たくないのです。時間がかかってしまいクライアントさんに申し訳なく思うことも多々あるのですが、自信を持って時間をかけようと思いましたw 難しい動きは時間をかけるしかないこともあるのです。

 「マッサージは楽しいから受けるのであって、身体が良くなるために受けるものではありませんよ。どこかの筋肉が固くなるのは身体が上手く使えてないから、偏った筋緊張がこわばりを招くからです」
 こわばりや偏りを修正するにはマッサージではなく正しい動きをするしかない、だから普段の生活の中で正しく動けるようになる努力をするしかありません。それがピラティスであり、それを教えるのがインストラクターなのです。

 「ピラティス」と銘打ったセッションで枕を使って横になってマッサージをしているのを見かけるのですが(しかも理学療法士でないのに!)、本当に問題を解決に導いているのか疑問が残ります。そういうセッションはインストラクターとクライアントの馴れ合いになってしまっているのかもしれません。正しい動きを覚えることはイントラも受け手もお互いが必死にならなければ達成できませんが、マッサージは「なんだか気持ちいい、良くなった気になる」とクライアントが思い、提供する側も「なにか良いことができた、気持ちよくなってもらえた」となっているだけかもしれません。立って歩いてスタジオまで来た人をベッドに寝かせることは矛盾があります。楽をしてもらうことは弱くすることに簡単に繋ってしまいます。ピラティスに仰臥位があるのは固有感覚のヘルプのためフィード・バックを感じるためであり、基本は立位、あるいは立位を想定した仮想立位の仰臥位です。寝ることはピラティスではありません。

 繊細で細かな身体の動きを「感じる」ことはなんだか頭がいいような気がしてインストラクターもクライアントもお互い自分に酔えるかもしれませんが、ただ感じている場合ではなく実際に強くならなければ意味がありません。65歳で25回のヒール・レイズが目標なのです。どれだけみっともなくてもインテリジェントに見えなくても、はじめはベーシックなエクササイズを一生懸命やるしかありません。ダサい動きでもそれがいつしか繊細な美しい動きに繋がっていくことを信じて盲目的にやり続けるしかないのです。ベーシックを通らずしてインテリジェンスな動きには辿り着けません。わたしもピラティスやり始めはダッサダサでひどいものでした。今はだいぶましになりました。

 わたし達にはいつもいつも何か目新しいエクササイズが必要なのではないとおもいます。ベーシックなエクササイズにおける動きの精度を上げていくことが、上手な立位と歩行に繋がっていきます。ピラティスやボディ・ワークの資格を2つも3つも持っているのにベーシックすら上手くできない方がいますが、意識が外にいってしまいすぐに他が気になってしまうからそういう状態に陥っているのかもしれません。各団体ごはんを食べるために手ぐすね引いていますから、「新しい知識」はマーケティングの勧誘だったりもします。誘惑に負けずに一つ所で自分に集中していけばきっと上手くなります。自信がないと目移りしてしまいますが、自信が持てるようになるまでには時間がかかるものなので浮つかず落ち着いて継続的にがんばりましょう。もちろん資格を取ることが悪いことでは全くなく、2つ3つと重ねていくうちに知識も動きもきちんと向上していくことがベストです。

 話がずれてしまいましたが、ポールスターに継続教育が課せられているのは何度でもベーシックに戻ることが大切であるから、と確認するためでもあるようにおもえたSherriさんのワークショップでした。もちろん、継続教育で最新の情報を提供していただけるWSも多々ありますから、やっぱりポールスターはすごいぞーとおもいます!いえーい !

  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014年06月02日(月) 19時34分44秒

ポールスター・ピラティス 奈津のメンター活動履歴

テーマ:ピラティス
 ポールスター・ピラティスのメンター(インストラクターを目指す方々の指導者)活動につきまして現在までの履歴をホームページにまとめてみました!→リンクはこちら

 すべてのコースで共に過ごしたコース生のみなさま、メンター、エデュケーターのみなさま、お疲れさまでした。

 メンターとしてはまだまだ未熟者のわたしですが、こうして写真を並べて見ると初期の頃がすでに懐かしいです。初心を忘れず、エデュケーターの先生方、コース生のみなさま、いつもいつも助けてくださる先輩方のお役に立てるようがんばりたいです。

 このお仕事では超至近距離で大勢の方に囲まれて身体とその動きを凝視される、いやっ していただくことが多いので、本気で身体をつくらねば。みなさんの記憶に残る動きをすることが目標です。コース中のラボではすぐに再現していただかなくてはいけないですし、その後もみなさんの印象に残るとうれしいです。デモンストレーション中は「この動きを覚えよう」とおもって見てください!

 コース生のみなさま、どうぞメタモルフォーゼへお気軽にお越しくださいませ(^◇^)

  横浜 ピラティス メタモルフォーゼ
     ピラティス専用マシン完備・マンツーマンキラキラ☆
   横浜のちいさなピラティススタジオ、メタモルフォーゼ。

        代官山 ピラティス 奈津
      Pilates Lab 代官山でもセッション受付中!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。