・まぐまぐまぐろんとはヴェルディのサイトの事です。こっちが別館なのよん。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

本館まぐまぐまぐろん はこっちです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-24 22:00:24

WCCF15-16 第17節 / リベリア・ジ・ファントム使用感その2

テーマ:WCCF

a0151701_21572552.jpg


・アフリカンの個人技ですね。全選手★5にしておきましたが、終盤はこんな布陣が多くなりました。3バック、3ボランチ、レア戦術のボアテングから、右ウィングのモーゼスへと繋いで、真ん中のウェアとカヌへ空中戦と。これを主戦術として戦ってみましたが、結果は言わずもがな。レア戦術のモーゼスがいまいちでしたね。


a0151701_21564447.jpg
MF : ヤヤ・トゥーレ

・シティでのイメージから奪ってそのまま持ち上がり、ミドルシュートを一発でずどんっ!・・・みたいなイメージを持っていたのでその通りの仕上がりにある程度は喜んでおります。競り合いや中盤での奪取力は高いんですが、過去に使ったヴィエラの方がもっと強い印象。守備範囲もそんな広くなく、密着状態だと奪える。空中戦はまぁ勝てる。不満は足が遅いこと。ミドル撃ちたいのにちんたらしやがって。もうちょっと、大きいスタンスでドリブルして、2~3歩でズドンっ!がイメージなんだけどなー。ボランチの割にそこそこの数字も出しております。


a0151701_21565014.jpg
MF : クワドロ・アサモア

・ボランチの控えとして起用するつもりだったのですが、どうやらポジションは攻撃的な方だったのかもしれぬ。ハードプレスで相手を追いかけるんだけど、何か追いかける場所を間違えてるプレスが多かった。相手はそこじゃないよ的な。なので、ボランチで起用すると無駄走りもあるかも。もちろん、ちゃんと走って奪いには行ってくれるので、守備が出来ないわけじゃないけど。んで、守備じゃなくて実際はトップ下で起用した方がいいかも。スルーパスでアシストも多かったので。いきなり、前線のウェアへびしっと通したりしたので、なかなかの選手でしたよ。案外、今回のメンバーではヤヤ・トゥーレやオリセーより良かったかもしれん。


a0151701_21565496.jpg
MF : ケビン・プリンス・ボアテング

・レア戦術をやりたくって起用したけれど、そんなにすごくも無かったかな。もともと、スルーパスがばんばん出るタイプの選手。なので、右サイドのモーゼスへのリンクマン的な起用にするには勿体ない。序盤の活躍が全てでしたね。終盤を除いて80アシストってのは立派だもの。モーゼスいなければ3ケタ行ったかもな。GKへ直接渡しちゃうパスもあったけど、ウェアとは抜群でした。ウェアも一対一になりたがる選手なので、ストライカータイプとは合いますね。守備はそんな得意じゃないけど、追いかけちゃうので消灯した方がいいかも。なにせ、一番の課題は90分持たないスタミナ。守備なんかにスタミナ使うと勿体ないんでね。


a0151701_2156594.jpg
MF : オーガスティン・JJ・オコチャ

・あ、どうも、甥っ子にお世話になってます。いつか、甥っ子がカード化されたら使いますです。今回のアフリカンはほんとスタミナが無いね。このオコチャなんかゴールとか決めちゃったら前半で潰れちゃうよ。とにかく、ドリブルの種類が豊かなので、WCCF的なドリブラーではなく、見てて踊るタイプのドリブルです。なので、密着されると簡単に奪われたりします。シュートに関してもPA内でGKと一対一でもセーブされる事があるぐらい、競り合いどころかシュートのパワーも無いんですよ。終盤はモーゼスにレギュラーを奪われたというか、せっかくなのでレア戦術やりたかったので外しちゃいました。アフリカンにしては珍しいテクニカルな選手なので面白い選手ですよ。


a0151701_2157461.jpg
FW : ジョージ・ウェア

・あまり、一人にゴールを獲らせる戦術を使わないまぐにしては高水準のゴール数となりました。137試合で163得点とは見事なもんです。とにかく、足元パスからでもスルーパスでもクロスでも何でも独力突破をしてくれます。トラップ、縦、擦り抜けてズドンっ!ってな感じ。GKと一対一でもほとんど決めてくれます。終盤にノイアーあたりに止められたかな。GKからのロングボール、CBのクリアボール、これらも全て胸トラップで自分のものにしちゃうので非常に楽でした。頭でもボレーでも決められるのでクロスにも充分に対応可能。トップクラスのFWなのは間違いないですね。ミラン縛りんは是非起用してみてくださいな。シェフチェンコと組ませるなんて、昔はよく見たもんだな。終盤にモーゼス寄りの戦術しなければ、200とか行ったりしたかもなー。


a0151701_2157957.jpg
FW : ヌワンコ・カヌ

・むしろ、モーゼス寄りの展開をしたら活躍をし始めたのがカヌ。上背はあるのでヘディングゴールはGKに勝ちますね。確実にキャッチされたかな?ってのも上からたたきましたよ。パワーもあるので真横からのタックルぐらいではビクともしない。足は遅いので間に合うものの、片手で相手を制してゴールってのも多く観られました。単独でドリブルしてゴールってのはあまりないのでお膳立てが必要な選手です。それと現役時代でもそうでしたが、練習でも試合でもよくケガしますね。あくまでも趣味の世界の選手なので、起用はあまりしないかもしれないね。


a0151701_21571975.jpg
FW : ビクター・モーゼス

・一時期、プレミアを席巻したウィンガー。今シーズンはマフレズやパイェが話題をさらいましたが、同じぐらいモーゼスのスピードを止められない時期がありましたよ。すでに何年も前の話ですが。その夢をもう一度という事でレア戦術で起用しましたが、あっさり止められまくりました。とにかく、オーシャンズカップでは一度もマルディーニの牙城を崩せませんでした。これに固執するあまり最後までオーシャンズカップを優勝出来ず、全冠の夢を断たれました。それでも、終盤だけで50アシストなので数字は残せたんですけどねー。クロスの精度より、決める方の技術だったのでクロスもどうだったか。


a0151701_21571458.jpg
FW : フレデリック・カヌーテ

・もはや、特殊実況の「ピンクパンサー」の為だけに起用したサブのFW。終盤は自然と使わなくなりました。まぁ、白カードのFWって感じでしたね。特筆すべきところも別段ありません。若干のスピードも足りないし、オコチャ同様にGKにセーブされるシュートもありました。サイドからのクロスをヘッドに関しては止められませんでしたが、独力突破はほとんど無かったですね。結局、カヌの方が使い勝手ありました。




・とまぁ、こんな感じです。反省点はやはりモーゼスにすべてを託してしまった事ですね。レア戦術は面白かったものの、優良カード勢には歯が立たないという結果で終わりました。傷有りで格安で購入したウェアの為のチームだったのですが、最後までウェアの為のチームにしなかったのは悔やまれます。さて、次回のチームですが、今週のWCCFブログで運営開始しております。かなり、豪華なチームに仕上がっております。別に何の思い入れも無いんですが、大きな波には逆らえなかったのです・・・そんなチームですよ。

 

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-23 23:05:35

僕が第一クールの清水戦に勝った理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・さて、清水戦と言う事でちょっとだけ「J2」に居るという現実感が抜けて観戦出来ますね。ここまで勝利が遠いんですから、それぐらいの現実逃避もいいじゃないか。ただ、ヴェルディあるあるでこういうチームには勝ったりなんかしちゃうことも多い。でも、相手は小林伸二なんでね、清水も守備的になっちゃってるのかなー。そこだけが不安だ。真っ向からぶつかってきてくれよ。とか言って、こっちは避ける気まんまんだけど。

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔

 安西幸輝  ドグラス  高木善朗  南 秀仁
                  
          中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  高木純平

          鈴木椋大

SUB:柴崎、ウェズレイ、中野、井上、楠美、一樹、杉本


     -清水エスパルスのメンバー-

       北川航也
      (石毛秀樹) 大前元紀

   白崎凌兵          金子翔太
                (村田和哉)
       河井陽介  本田拓也
            (鄭 大世)
 松原 后  角田 誠  ヤコビチ  川口尚紀

          碓井健平
 
SUB:杉山力裕、邊 峻範、福村貴幸、六平光成

 

 





・スカパーにもろ映ってやんの。今回の布陣は4-1-4-1な様です。ただ、正直言って4-1-4-1には見えなかったです。南と善朗のポジション取りがイマイチ。その間にスペースがある訳でも無いのに、どちらも行かないで素通りがありました。更に前半失点に絡んでしまいます。南のパスが中後に渡る前にカット。大前からのスルーパスに白崎が強烈なフィニッシュ。Jデビューとなった鈴木の顔面の横を擦り抜けるスーパーゴールで清水先制。鈴木にとってはJの洗礼ってやつですかね。実は鈴木の獲得に関してはトガちゃんが熱望したそうで、同年代のGKの中では突出してたそうです・・・。開幕からケガで出遅れていたそうで、実際は最初から鈴木にスタメンを任せる気だったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔
          
 南 秀仁  高木善朗  ドグラス  高木純平
                  
          中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

          鈴木椋大



・事件は現場で起きてるんじゃない、ホワイトボードで起きてんだっ! はい、今回はホワイトボードが大活躍ですね。選手があっちこっちへ行ったり来たり。よし、トガちゃん、一緒にWCCFでもやらないか。あっちこっち行ったり来たり出来るよ。んで、前半だけで白崎がハットトリックを取ってもおかしくない程に決定機の山。右サイドからのクロスに流し込みも外へ。左サイドからパスのフリしてミドルも入ってもおかしくないシュートとでした。さすがにこれで前半から4-2-3-1へと戻す事を決断します。これが大当たり。というか、最初から大外しだったもんですから、反動も大きかったんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔
          
    高木善朗  ドグラス  高木純平
                  
       井上詩音  中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

          鈴木椋大



・戦術上の交代なのか、南の負傷によるものなのか、失点に絡んだのは南なのだが、実際清水のチャンスの大半は善朗にある。中盤の位置での善朗のボールロストは即カウンターである。ある意味、清水のカウンターの起点になっていたのは善朗の方だった。そこを左右に弾いた事で奪われた後でもボランチが2枚居るカタチになる。これで善朗ものびのびとプレーが出来た。左サイドへの中後のパス、イーブンボールだったが安在が競り勝ち、GKと一対一を浮かせて中へ。ハイボールを上げてるところを見るとドウグラスへのボールだったのだが、決めたのは直前で入り込んだ大輔のヘッドで同点。その後、立て続けに詩音のシュートのこぼれを反応した善朗がGKと一対一でシュート。これを決めて1-2とまさかの逆転。こんなに効果が早く出るもんかい?


・まぐもこのヴェルディの試合前にドイツの国内カップ戦決勝を観てから来たんですわ。まさかの0-0PK戦という、すっきりしないままに来た訳ですが、試合内容は0-0とは思えない程のサッカーでしたよ。ドルトムントの選手が全員足を釣るのは珍しくないが、これを迎え撃つバイエルンですら全員が足を釣る程に戦ってましたよ。まさか、それを移動のバス内で映したりしてないかい?感化されちゃったのか途中出場の井上詩音がスプリントしまくり。ボランチとして、中後がアンカーで詩音がまず第一の矢としてスプリントしてプレス。ここで全力で走ってプレス、次の第二の矢も自分が行くというどこまでも全力。そして、奪った後にもスプリントして前でも貰おうとするのがいいですねー。更にベテランである純平が裏を走ってるんですよ、それでも渡さないっていうのもいいですねー。GKと一対一になれるかもしれない位置に純平がいるんですよ。それでも、自分がミドルを撃つんですよ。これは肝が据わってますなー。この1試合で化けたかもしれませんよー。途中出場ですが、試合終了までやってましたよー。


・選手交代は善朗にかえて杉本、純平にかえて中野・・・善朗は早々と足を釣って交代、純平も下がる際に足を引きずってる様に見える、強行出場だろうし時間で変える気だったのかな。しかし、こっから大輔も足が釣り、中後も足を引きずりながらプレー。もはや、ドウグラスも走らなくなってきた。更に気温も高い中でのプレーなので消耗戦。逆に今回の勝因にこの暑さがあったかもしれないですね。みんな疲弊した事でコーナーフラッグで時間を稼ぐという事で意見が一致しましたね。3点目を取ろうという気持ちも大事ですが、守りたい、時間使いたい、獲りたいが混在したチームは痛い目を見るもんですからね。結局、ここで時間を消費する作戦も成功し、見事清水を相手に2-1で勝利しましたーっ!!



東京ヴェルディ 2-1 清水エスパルス
得点者:高木大輔、高木善朗 / 白崎


MOM:FW高木大輔(3度目/通算12度目)
MOM:MF高木善朗(3度目/通算9度目)
MOM:MF井上詩音(初選出)
MVP:DF安在和樹(2度目/通算10度目)
MVP:GK鈴木椋大(初選出)

MVP:MF白崎凌兵(3回の決定機、全部は無理か)
MVP:FW大前元紀(違いは魅せた)



・高木兄弟が結果を出してくれて久々の勝ち点3。化学変化が起きましたね。清水相手に考えていた4-1-4-1は失敗(?)に終わったのですが、そこで前半から変化に踏み切ったのは大きかった。さて、今後もリセットされずに続けてくれれば、ある程度はどことも対等に戦える自信になるんじゃないでしょーか。ただ、ヴェルディってほんとこういう試合の次でいきなりリセットボタン押しちゃうんだよなー。急に走らなくなっちゃったり。まぁ、世の中、朝起きたらパソコンがWindows10になるんだし、何が起きても不思議じゃないってことで。


・MVPにも入れたのは御祝儀という事で。GK鈴木に関して、じっくりと見てみたんですが、何を言ってるかは分からないけどコーチングはしてますね。コーチングの重要性は過去に本並さん、義成、菅野で勉強しました。正確かどうかも重要ですが、本並さんみたいに「ドスの効いた声」でもいいし、義成みたいに「みんなで幸せになろうよ」でもいいし、菅野みたいに「FWのポジションまで指示する」でもいい。今後は鈴木のコーチングの中身を聞きたいですね。解説で秋田さんも「柴崎は指示をしない」とはっきりおっしゃってるのでこの部分は解消されるかも。キック精度に関しても、ゴールキックは全てドウグラスのポジションに蹴ってますね。パントキックの飛距離も申し分無い。ただ、名鑑にも長所にあるハイボールの処理に関してはやや疑問の残る対応でしたよ。セットプレイの失点を減らす為には、ハイボール処理は必要不可欠。今後とも、ハイボールを注目しておかねば。

 

 

 

AD
いいね!(12)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-05-21 21:56:22

俺より技が出ない人に会いに行く その2

テーマ:対戦格闘ゲーム
・はい、前回の動画から一ヶ月たっちゃいましたが、オーディンスフィアが思った以上に長くかかっちゃったのでこうなりました。今後は定期的にスト5でやってまいりますです。まだ、まぐの様な初心者が続けていてくれると助かるんですけど、猛者だらけになられちゃうとかなり勝つのは厳しいですかねー。





18~20試合 = キャミィ(日本)・・・2勝1敗
21~23試合 = ケン(日本)・・・2勝1敗
24試合 = キャミィ(日本)・・・1勝
25・26試合 = キャミィ(トルコ?)・・・2勝
27・28試合 = ケン(日本)・・・2敗
29・30試合 = キャミィ(日本)・・・2敗
31~33試合 = キャミィ(中国?)・・・2勝1敗
34・35試合 = ララ(日本)・・・1勝1敗
36・37試合 = レインボー・ミカ(日本)・・・2敗



・はい、今回の対戦はこんな感じです。キャミィだらけの対戦になってしまいましたが、9勝11敗と言う事でまぐにしてはなかなかの成績で終える事が出来ました。まぁ、お陰様で「ルーキーリーグ」から「ブロンズリーグ」になってしまったのがヤバいかなと。こうなると、今後は対戦相手が「ブロンズ」だらけになってしまうので、猛者としか当たらなくなってしまう。そうやって強くなるしかないんだけど、まだまぐには早いかな。


AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。