前橋山岳会

いつも山と一緒に呼吸していたいから

会員募集中です。まずは例会に遊びに来てみませんか?くわしくはこちら から。

NEW !
テーマ:

2016/08/18~21
北アルプス縦走
上原

合宿翌日から、島々~徳本峠~常念山脈~中房温泉を歩いてきました。下山後の温泉がひたすら楽しみでした。

18日、島々~二俣~岩魚留小屋~徳本峠小屋
雨は降っていないが、曇り空のスタート。二俣までは林道歩き。岩魚留小屋でゆっくり休憩。

ここからがちょっと絞られました。徳本峠小屋手前の水場で3リットル満タンにして小屋到着。雨が降りだす前にテント設営。



19日、徳本峠小屋~大滝山~蝶ヶ岳~常念岳~常念小屋
起床、ガス。樹林帯を行く。晴れたりガスったり。大滝槍見台からの景色。

途中雨が少し強くなり少しの間雨具装着。蝶ヶ岳までの間は誰もいませんでした。蝶ヶ岳から先もガスの中、それでもやはり多くの人がいました。常念小屋にてテント設営後、雨が降ったり止んだり。水購入。

20日、常念小屋~大天井岳~燕岳~餓鬼岳小屋
やっとこさ晴れ!最高の天気の中気持ち良い稜線歩き。前日まで微妙な天気だったので、素晴らしい景色にみとれます。


それも長くは続かず、燕岳から餓鬼岳へ向かう途中から徐々にガスが多くなる。

遠くから何とも言えぬ声が聞こえる。しばらくするとでっかい猿が。さっきの鳴き声だろうか。さらにしばらくすると、でっかい何かを手で潰してしまいました。さっきの猿のだろうか、、、今回一番のアクシデント。テンションも下がり、そこからが非常に長く感じました。
13時到着、テント場にはすでに6張。何とか隙間を見つけて設営。設営時にはしっかりと雨にやられました。その後も1張増え、満杯のテント場でした。水購入。
21日、餓鬼岳小屋~東沢乗越~中房温泉
雨は止み、餓鬼岳往復。温泉目指して下山。東沢乗越から中房温泉までは荒れ荒れでした。


下山後、温泉、カレー、コーラ、アイス。
上原

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

2016年8月21日

谷川岳北面檜又谷本谷から笹平ノ沢

茂木 永尾

 

永尾さんの沢登りのトレーニングに行ってきました。私にとっても初見の谷です。川原歩きにかかる時間が不明の為、歩いて実測することにしました。3時間余歩くと、川岸が森からスラブになり渓谷らしくなりました。歩きにくいゴーロの谷底でした。枝沢は複雑で面白そうです。だが、詰めの藪漕ぎに苦労するこは請け合いです。

 

取水口のえん堤を越えて入渓です。

このような川原が延々と続きます。歩きずらいです。疲れます。

 

川原の間に時々露岩が現れ小滝を作っています。

わざわざ滝を登らなくても通過できるのですが、水中のフットスタンス・へつりのライン取りの練習をしました。

 

沢登りが初めての永尾さんは、最初のへつりでドボンを経験することにより、腹をくくったようです。様になってきました。

両岸にスラブが見えてくると、沢らしくなりました。両岸に奥の深そうな枝沢が合流し始めました。概念図を見ながら歩いているのですが、距離感がつかめず同定作業に難儀しました。

 

本谷をさらに詰め、やっと滝らしい滝に出会いました。このV字谷の奥が三俣でした。

ここまで徐々に高度を上げてきましたが、ブッシュの斜面が急に立ち上がってきました。いやな予感がしました。右の大岩が本谷上部と読んで、真ん中の笹平沢に入りました。

  

草の中に現れる滝は、ぬめっていて緊張を強いられました。

 

時折、チョウジキクが咲いていて和ませてくれます。

 

沢水が枯れると、いよいよ藪突入です。

身の丈以上の熊笹が私たちに向かってきました。急傾斜の斜面の上から覆いかぶさってくるのです。藪が濃くて先が見えません。

笹平沢の右股を目指していたのですが、途中から中間尾根に追いやられたようです。ひたすら上に向かって進むしかないと、覚悟を決めるまで時間はかかりませんでした。30分程で縦走路に出ると踏んでいたのですが、読みが外れ、2時間弱かかりました。稜線は近くに見えるのですが・・・・・・。笹を左右に押し広げ、足と膝で押しつけ、次の笹に向かってゆく作業の繰り返しでした。新雪のラッセルのようです。さらに、笹のごみが気管支に入り 咳が止まりません。体力の消耗が激しいので、笹に埋もれて、3回休憩をとりました。

傾斜と笹の枝が細くなってきたので、ピッチが上がります。笹の葉が目の下になりました。

やっと武能岳の縦走走路の飛び出しました。

 

急いで下ります。真夏のラッセル-藪漕ぎから解放されたことと、とりあえず初見の沢をトレースできたこともあり、心軽く稜線歩きができました。    (記:もてぎ)

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2016/8/14~8/17
津久井(L)、 茂木、上原、神垣

 山をやっていれば一度は行ってみたくなるであろう涸沢定着で遊んできました。
古くには、涸沢貴族なる言葉もあった、山屋の聖地

14日 4人揃って上高地からテクテク、さすがに観光地、人が多い。

15日 天候が思わしくなく、当初予定では滝谷ドーム中央稜でしたが、北穂東稜へ
    稜線上では、完全にガスの中でした。

たらればですが、天候ばかりは致し方ありません。山頂で雨に打たれ南稜を降りました。
で、降りれば晴れ物干し・・・・ソフトアイスが美味しかった。





16日 茂木、神垣は休みの都合で下山。初パノラマ新道にて上高地へ。
    津久井、上原は2人に後ろ髪を引かれる思いを感じつつドーム中央稜へ


アプローチに少し迷いましたが、T2から懸垂下降して取り付きへ無事到着。


狭すぎる


グレード以上の体感


しかし、アドレナリン出まくり、楽しい面白い、充実感に満たされました。
南稜下降して、祝杯

17日 下山
    茂&神と同じく、初パノラマ新道にて上高地へ

 花が多く素晴らしいパノラマでした。
 白いシモツケ草、、、、、 なわけね~な   

 記、津久井                                    

**********追記:もてぎ**********
穂高の夏合宿には、奥穂から北穂高への稜線漫歩後、あわよくば、仲間と合流後北穂南峰チムニーで締めくくろうと、虫の良いプランを持って臨みました。残念なことに、天候不順のため 東稜で私の夏合宿は終わってしまいました。

入山日はこんなに天気が良く,奥又白谷が雄姿を見せつけていました。
  
夜、雨がぱらついてきました.。翌朝は、晴れ間はあるのですが、滝谷側にガスが沸いていました。天気図どうり低気圧が近づいてきて、不安定な状況になりつつありました。
    
 
読みは当たり、北穂の小屋につくとすぐ、スコールです。不安定な稜線で雨具着用にならず、ほっとしました。帰りに、松波岩の脇から滝谷に顔を出して、強風と寒気を体験しました。クライミング中にこの急変に遭遇したら、即低体温症になる事でしょう。涸沢側に戻ると無風で温かさを感じます。久しぶりの体験です。
テントに戻り ウトウトしていると、日が差し始めました。ぬれ物の乾燥に専念しました。
  
日が沈むと、涸沢槍のシェルエットが------なんとも言えぬ艶めかしさで浮いていました。
 
目まぐるしく変わる一日でしたが、以前、涸沢でこんな経験したこともあったな!その時は 緑色の雲が空一杯広がっていたな。
下山日は、パノラマ新道を使い屏風岩の耳まで足を延ばしました。横尾尾根の上に槍が見えます。耳まで行くと 南岳・キレットまで望むことができました。これが道の名の由来と合点しました。
 

この道は沢筋に遅くまで雪が残っていたためか、横尾へのそれより 花が多いいです。チングルマの穂が朝露に濡れて光っています。ガラス玉の飾りを付けておめかししています。
 
サラシナショウマ(晒菜升麻)の花も立派でした。
  
 なお、津久井さんが見た白い**は鬼下野です。
このルートは、登ってくる人が皆無なので静かな山歩きができます。
 下山に余裕のある時は、ぜひパノラマ新道を使うことをお勧めします。


※※※※※※※※
私初の涸沢でした。

天気に悩まされながらも、東稜、ドーム中央稜を登り、楽しめました。

東稜、途中から完全にガスの中も、あっという間に北穂小屋へ。先輩方曰く、ここはアプローチだ、との事で、次は東稜~の滝谷登攀へ繋げたいと思います。



テント場に戻ると快晴。


ドーム中央稜、どのピッチも面白い。
1ピッチ目のチムニー狭い!ザックが大きすぎたかもしれません。 2ピッチ目もカンテからスラブへ出るあたりが、、、
この日のドーム中央稜はどうやら我々だけでした。
下降後の祝杯はたまりませんね。コーラですが。

パノラマ新道、花に詳しくありませんが、キレイ!と思うほど一面にしっかり咲いており、癒されました。
上原
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 '16-08-09~12
北ア・秘境地区~裏銀座

   角田
 
夏季休暇のスケジュールが合わない。
お盆の行事があるため、独り歩きへ。
「主稜線の旅」の取りこぼしをこなすには、日数が足りず。
で、「落穂拾いの旅」。

北アの主稜線はほぼやり切っているので、登下降路で気になるところへ。

七倉尾根~船窪乗越~針ノ木谷~烏帽子岳~野口五郎岳~湯俣~七倉
を計画。
10年前に主稜線は、踏破済み。

前夜、過労の身体に鞭打って強硬に七倉へ。

8/9
七倉~七倉尾根~船窪乗越~針ノ木谷

睡眠不足も加わった重い身体を1歩づつ上げて行く。
キツイ急登。
七倉尾根はお初。
船窪小屋までに、4人に抜かれる。
こんなに抜かれるのは初めて・・・。
老い?
トレーニング不足?
両方だな。

テント場にて水補給。
船窪乗越より針ノ木谷へ下降。
ここもお初。
 
下降なのに登ってばかりだが、じきに下りだす。
途中登りの女性と行き会う。
驚きのあまり、しばらく談笑。

10年ぶりの針ノ木谷に降り立つ。
全く記憶にない。
早速ビバーク。
夕方降雨。
瀬音が高いが、爆睡。
 
 
 8/10
針ノ木谷~船窪乗越~不動岳~烏帽子小屋

船窪乗越までの登り返し。
何かバカみたいな計画だな。
しかし快調な登り。
が、それもここまで・・・。
以降は、暑さにやられ・・・。
もう熱中症寸前。
 
この付近は崩壊の進む脆い地域。
登山道整備に敬意を表します。
その稜線に、シナノナデシコが多く咲いてた。

烏帽子岳は、一度登っているので割愛。
それどころではない。
早く休みたい。

烏帽子小屋にて水を大量購入。
至急の大量摂取と安静で乗り切る。
  
  
                            あ~剱行きてぇ。
  
 
8/11
烏帽子小屋~野口五郎岳~竹村新道~湯俣

今夜は風呂だ。
それだけを心の支えに行動開始。
西風が稜線を吹き抜ける。
「こんなもんだろう」とTシャツ1丁で通す。
やっぱりバカ。
 
 ほとんどの登山者は、裏銀座を行く。
へそ曲がりは、お初の竹村新道へ。
 

ひたすら温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 温泉まぁく 。
 
  硫黄尾根と北鎌尾根。
もう登る事はないだろうな。
行っておいて良かった。
  

長い下り。
長い・・・。
それでも、同じ下りが他に3人。登りが結構居る。
時間からも疑問的な位置ですれ違う・・・。
まぁいいや。

営業している湯俣・晴嵐荘は初めて。
無論、お湯も指で触っただけ。
テン場は、砂地で柔らかい。
さぁ、風呂だ温泉まぁく  

8/12
湯俣~高瀬ダム~七倉

朝もひと風呂浴びてしまった。
心地が良いのでテントを乾かしてからと思ったが、我慢できずに出発。
 
大きな氾濫があったようで、温泉前の橋も仮橋。
そういえば、温泉前の湧出場所も埋まって違っていた。
道中も桟道が崩れていたり・・・・。

高瀬ダムで軽く腹を満たし、敢えてタクシーは使わず徒歩にて七倉へ。

  
 
今回の読破
「我々はいかに「石」にかじりついてきたか
   -日本フリークライミング小史-」    菊池 敏之著

つのだ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/8/8
子持山獅子岩南壁    津久井、上原

 ひとり遊びの多い私の為に、有休を使って遊んでくれる上様。
先週は敢え無く雨の為撃沈でしたが、夜のお勤めの前に付きあっていただきました。

 晴れていたら1本、曇りなら2本などと冗談を交わしていたが、、、、、
1本 に決まってます。おじさんですもの。

 意外や意外
下界は35度にも達する真夏日にもなったのに、汗ばむ程度の爽やかな
登攀でした。樹林帯はしっかり絞られましたがね~
久しぶりのマルチピッチに華麗に加齢を披露しました。

※※※※※※※※
二子山中央稜は結構きつかったけど、今回は落ち着いて登れました。春にも来てたからですかね。
暑さもそこまで気にならず、快適な1本でした!

近くて良い練習になるので、次は秋ですね!
上原
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/07/30
二子山中央稜
田村、上原、神垣

夏合宿に向け、岩、マルチをと考えて真夏の二子山行ってきました。
人気ルートのため混雑を予想し、5時に前橋集合出発。これが正解でした




7時半登攀開始。
この日一番乗り!
後ろには3パーティー程いました。

私上原2年ぶりの二子山。
2年前、入会して数ヵ月で来て登れたので、余裕だろうと思っていましたが、とんでもありません。
1ピッチ目、動きが鈍い。
2ピッチ目もスムーズでない。
3ピッチ目、核心まで順調も、核心でビビりまくり。クラックの隙間のカエルにもビビる。悩んだ末に突破しました。







後ろも来ているため、広いテラスで休む事なく、残りのピッチも終え登攀終了。



良い景色です。

久しぶりのマルチでしたが、いろいろと確認でき、良い1日でした。
合宿前に来れて良かったです。

前橋に14時到着!
二子山より、暑かったです。
上原


※※※※※※※※
合宿前に行きましょう と計画してもらって
頑張ってきました。 

中央稜っていう割には立ってますよね。
1P目  うっ...先が思いやられる。 
2P目  スタンスを進める勇気を味わう。
3P目  困った。どうしよう。右に左に上に奥にと調査したい。
のに腕パンプ。すぐ下では田村さんも待ってるし。こんな状況でずっと待ってもらうのも何だし...腕もマズイし。
困った。 参った。 
仕方ないので回収したヌンチャクをかけてボルトを踏んで何とか抜ける。  
4〜6P目  あ〜、こんな感じが好きだ。

合宿前にいい勉強になりました‼︎
田村さん、上原さん お世話になりました。
参ったけど楽しかったです。  ありがとうございました。            

神垣 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2016年7月31日 晴れ
谷川岳南面ヒツゴー沢
茂木 田村 上原

 谷川温泉の、いつもの場所に、約束時間より前に全員集合しました。田村・上原は、昨日の二子山に続き連チャンです。意気込みを感じます。朝日に照らされた俎嵓は、いつ見てもよいものです。
 
 いよいよ、谷川歩道に突入です。
 
牛首の先の河原まで、ヒル対策のためにノンストップ早歩きをしなければなりません。
蒸し暑い中、必死に歩いたその結果は・・・・・・
 
 私もてぎは、脚絆の足首部分に、幅10㎝の『ヒル下がりのジョニー』による防御ラインを作ったので取りつかれませんでした。
牛首を越えて、河原に降ります。河原では、ヒルは生息できません。ゆっくりと休憩と遡行準備ができます。谷川本谷の河原を歩いて 中ゴー尾根登り口に向かいました。汗をかいた身には、冷たい水は気持ち良いものです。
   
   
 ヒツゴー沢に入ると、「いいねー、滝いいねー」 の連発です。
 
 奥に進むとシャワークライミングもどきが始まりました。「あれ!ちょっと水多くない?」 滝の飛沫にしては量が多すぎます。ザックから、上着、ズボンも、色が濃くなりました 。ちょっと冷たいですが、気持ち良いものです。(胸に付けたカメラがぬれ始めました。ザックに緊急避難したためF21までの写真はありません)
  
  photo:tamura                
滝が連続してます。滝つぼを横切ったり、水流に腕を差し込んだりと、結構ぬれました。場所によっては、沢床まで太陽が差し込みません。日が差し込んでる河原があるところは、日光を浴びて暖をとりたいのですが、目の前に滝があると、ルート検討後 即取りついてしまいました。F21(チムニー滝)の下で、トカゲと休憩です。
 
F21を越えると、小滝が続き、空が広がってきます。
 
蛇紋岩交じりの河原をこれでもかと歩き続けること2時間で、稜線の岩峰が見える草原にたどり着きました。キンコウカが咲いています。
 
1時過ぎ、やっと国境稜線に飛び出しました。稜線で、互いに固い握手を交わしました。
足ごしらえを、沢から山仕様に切り替えです。これから荒れた中ゴー尾根を下らなければなりません。
 

国境稜線上にマツダランプのポールが残っていました。以前は、三国峠まで見ることができましたが、最近見かけません。ポール建設の経緯について、田村が説明しています。
   
 中ゴー尾根上部は、刈りはらってません。足元が見えないうえに、よく滑ります。私は脚力とバランス感覚が低下したため、リズムよく下れません。さらに、あの6時間タイマーが作動し始めました。この下降でだいぶ時間をかけ、二人に迷惑をかけました。
オジカ沢連爆と幕岩を眺め、一息つきました。オジカの滝は登りたいが、その後の長い河原歩きを考えると、もう、無理でしょう。
 
 
 
 
 尾根下部の森林内の登山道の一部は、倒木によりその根が剥がされ、下の岩が露出しているものもあれば、泥の門になっているところもありました。残雪期より 始末に負えません。
 オジカ沢の出合の河原で、しばし休憩です。沢水で顔を洗い、水分補給です。蒸し暑さから解放されました。
 
再び沢靴に履き替え、牛首まで川歩きです。従来なら、水中の足場の探査と滑り具合の確認等の『おさらい』をしながら、楽しく涼しく歩けるのですが、私の膝がぐずり始めました。余計なことをせず、ただ歩くのみでした。牛首前で、ジョニーを十分すぎるほどスプレーして、谷川歩道に突入です。膝を曲げずに足を前に出すので、どこかの兵隊さんのようであり、我ながら滑稽であると思た次第です。
二人のおかげで、久しぶりの沢登りができました。また行こう!いやか?  (記;もてぎ)

********
ヒル、手強いです。朝、昼下がりのジョニーを適度に吹き掛けたのに、付かれました。驚愕でした。

しかし、入渓するとそんなヒルのことも忘れていました。









キレイなナメ、次から次へと出てくる滝の連続で楽しませてくれます。
ルーファイしまくります。





滝の登攀も難しすぎず、快適に登れました。

源頭部にて黄色い花が見えたので、タンポポだと騒いだら、キンコウカでした。

今回、マツダランプの存在を初めて知りました。過去を知るのも大事な事だと感じました。

帰りは朝以上に大量にスプレーをしてヒル対策をしました。すると1匹も付きませんでした。大量噴射がとても効くみたいです。

ヒルに怯えたり、中ゴー尾根も長いですが、非常に面白い沢でした。
またよろしくお願いします!
上原

***********
フェルトソールの安心感がパねえ。
ヒルの侵入力もパねえ。

田村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年8月11日の「山の日」のイベントを
「谷川岳エコツーリズム推進協議会」と「群馬県山岳団体連絡協議会」の主催で行います。
土合の「谷川岳山岳資料館」を中心に、難易取り交ぜて6コースの設定がございます。
期日が迫っておりますが、まだ空きがございます。
ご参加如何ですか

問い合わせ先は
谷川岳エコツーリズム推進協議会事務局
0278-25-5031

申込先
みなかみ町観光協会
0278-62-0401   9:00~16:00

 
 
つのだ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
群馬県山岳連盟 遭難対策委員会主催の
「テントフォーラムinかなやま」を昨年に引き続き開催いたします。

ご参加をお待ちしております。

 

つのだ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。