前橋山岳会

いつも山と一緒に呼吸していたいから

会員募集中です。まずは例会に遊びに来てみませんか?くわしくはこちら から。


テーマ:

2016/01/15
谷川岳 西黒尾根
津久井、上原、狩野、島袋

降り続ける新雪、どのくらい積もっているのかワクワクしながら谷川岳に向かいます。
 

胸ラッセル。


初めての経験です。

 

首元から入ってくる雪が、、、冷たい!

1人だとどうにもならないような深さですが、4人いると良い感じ。疲れる前に交代出来て、後ろで休憩。
 

鉄塔まで2時間ちょっと。
そこからさらに1時間程もがき撤退。



下り、トレースも消えかけていました。

時間もあるので、ビーコン捜索等を確認して、終了。

胸ラッセル、貴重な経験が出来た1日でした。
上原

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
2017/01/08~09
八ヶ岳 赤岳天狗尾根
上原、神垣

8日、この日にキレット小屋まで行きたいため早めに出発、5時歩き出し。
林道には全く雪がなく、出合小屋に着いても雪が少ない。




天狗尾根も下部はほとんど雪はありません。
岩場に取り付いてから雪が舞い始めましたが、風はほとんどなし。



数ヶ所ロープを出し、岩場を抜け稜線へ。





重荷での行動にヘロヘロ、キレット小屋までたどり着かずコルに幕営。
夜から風が強まりましたが、疲れから爆睡。

翌朝、天候回復。
一晩で結構積もり、景色が変わっていました。



ツルネ東稜、前夜の雪でトレースは消え、悩みながらの下降。

出合小屋にもしっかり雪が。


林道でまた雪に降られ、ヒエヒエでした。

今回、他パーティーはいませんでした。

重荷で登攀して長時間歩いて疲れたけど、それがまた気持ち良かったり。
次はどこへ行きましょう。

上原
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2017/01/02~04
八ヶ岳
津久井、上原、狩野(4日のみ)

2日、行者小屋にテント設営後、中山尾根へ。


他パーティーはいなく、天気も悪くない。条件は良さそうです。
下部岩壁を慎重に越え、上部岩壁へ。
おっ立っています。


核心部はランナー固め取りで思い切って越えました。



3日、阿弥陀岳北稜...?
あっという間に午前中で終了してしまいました。
夕飯までテントの中で休養、体を休めます。

4日、狩野さん合流し、赤岳主稜。


登るにつれ、風が強まるものの、気温が低くない分耐えられました。。
狩野さん、初の本チャン楽しんでおられました。




お昼過ぎには行者小屋へ戻れました。

行者小屋のテントが少ないなとは思いましたが、各ルートで他パーティーと合うことはなく、混雑なしのお正月八ヶ岳でした。

再び宿題が残ってしまいました八ヶ岳。
今度こそは。
上原
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/12/30・31
上原、茂木(寿)、島袋

30日、天神尾根予定も強風と視界不良のため、西黒尾根を鉄塔までの間に変更して、トレーニングしてきました。


ワカン、アイゼン等も積極的に使い、道具にも慣れてもらいました。
歩行を繰り返し、ビーコン操作、初期停止、滑落停止等を行いました。

31日、天候も回復し、白毛門。

先行者がおりトレースが付いている。
暖かく、いきなりの急登が辛い。
先行者を追い抜いてからはトレースもなくワカンを装着してラッセル。
森林限界を越えアイゼンに履き替え山頂を目指す。




山頂直下の急登、岩場を越え山頂に到着。
途中からトレースなく、みんなでラッセルしながらのピークは最高でした。


慎重に下り、土合駅へ。

ラッセルありでなかなかハードな1日でしたが、長時間歩くことが出来て、雪山に慣れてもらえたかと思います。
また次行きましょう!
上原
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

'17-01-04

八ヶ岳・赤岳

    リハビリさん、神垣

 

一人では何処へも行く気にもなれず、すっかり寝正月。

自身の楽しみを端折って、休み最終日を割いていただきました。

 

「折角なのでルートを登りたい」

と計画だけはしたものの、実際に歩いてみれば・・・。

全くスピートが出ない。

取り付いてみたものの、「おっとっと」と後退が出来ない現状。

恐怖が頭をよぎり思い切れない。

 

結局時間切れで敗退。

 

その後の下降が、登り以上に遅い。

 

まだ早かったか?

肥大化へ楔を打とうとの行動であったが・・・。

春までには何とかならんかの・・・。

 

神垣、すまんなぁ。

 

~最近の読破~

・謎の山アムネマチン エベレストより高い山がある       レナード・クラック著

・人生は探検なり 西堀栄三郎自伝 西堀栄三郎選書1巻   唐津 一 他編

・神々の白い峰 グルジャ・ヒマール登頂記             薬師 義美著

・遥かなるヒマラヤ                              薬師 義美著

・世界山岳名著全集6  アイガー北壁に挑む          フリッツ・カスパルク

・               わがアルプスの北壁          ウィロ・ウェルツェンバッハ

・               ある登山家の生涯            ウィリー・メルクル 

・世界山岳名著全集7  K2登頂                   アルディート・デジオ

・               山、わが生命                ジュスト・ジェルバズッティ

・パタゴニア自然紀行 氷河調査隊同行記             松井 覺進著

・アムネマチン初登頂                         上越山岳協会編著

・ヒマラヤ七四〇三メートル                      佐藤 京子著

・遠い山 近い山                             望月 達夫著

・朝の山 残照の山                             日高 信太郎著

・山に忘れたパイプ                                                          藤島 敏男著

・ヒマラヤ第三の極地                   ギュンター・オスカー・ディーレンフルト著

・新編 黒部の山人 -山賊鬼サとケモノたち         鬼窪 善一郎語り 白日社編集部編

・心に山ありて                              今井 雄二・喜美子著

・改訂版 パタゴニア氷床横断 南米大陸白い地図に挑む     阪上 秀太郎著

・山は満員                                渡辺 公平著

・吉田博全木版画集                          吉田 博 

・憧れの山々 ~山を愛し、山を描く                 町田市立国際版画美術館 編

・銀嶺に死す                               瓜生 卓造著

・現代ヒマラヤ登攀史 ~8000メートル峰の歴史と未来           池田 常道著

 

リハビリさん

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/12/18
谷川岳 西黒尾根
上原、狩野、小林

待ちに待った冬山に行ってきました。

晴れ。

鉄塔までラッセル訓練。
鉄塔上からはトレースに合流し快適に進みます。
この日は天気も良いこともあり、西黒は何組も入っていました。


お二人とも今年度の新入会員ですが、冬山の経験もありありのため、歩行も問題なさそうです。
アイゼンでの岩場の通過も安定しています。




晴れてはいるものの、風は強め。

大盛況のトマの耳到着。


下りの歩行も問題なく安定しています。

歩行以外でも、自分が教わってきた中で気付いた点は確認しながら、無事に下山。
暑い下り、汗だくになりました。

上原、西黒4連敗からの2連勝中。

上原
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016/12/10
裏谷急沢
上原

近場狙いで一人アイトレに裏谷急沢へ。

2月にアイスで来たことはあるルート。

相変わらずのアプローチの短さ。
車降りてから3分で最初の滝。


16m3段滝が手強かった。
右から巻くもブッシュも信用出来ず岩も脆い。
いやーこわい。

見事な柱状節理の大滝は楽に巻けました。




下りの北稜下降も前回よりは安定して歩けたような気がしました。



一人だと、想像以上にビビった裏谷急沢でした。
短いけど満足。

上原
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年12月11日

西黒尾根

もてぎ(の)、もぎ(か)

 

 沼田に入ると、白いものがウインドに張り付き始めます。湯檜曽は雪景色、こずえが薄化粧しています。雪山が初めての新人には、願ってもない気象条件となりました。無雪期には必要とされない身の回りの工夫に 気付く良い機会になります。同行者として張り切りざるを得ません。去年・12月13日(白毛門)の雪山訓練は、全く雪がありませんでした。今日は、青空がありません。太陽がありません。絶え間なく落ちてくる細かな雪だけです。

 指導センターから鉄塔まではひざ下の積雪で、ラッセル跡もあり、労せず取りつくことができました。鉄塔からしばらく歩くと、ところどころ藪の薄くなる斜面が出てきました。ラッセル跡を 意図して外れ、新雪ラッセルを始めます。まずツボ足で、初めは傾斜のなるい所、それから徐々に傾斜のきつい所を探しながら林の中を進みます。ピッケルでかき落とし、ひざで押さえて、その上に乗る・・・のいつもの手順です。サラサラの新雪のなせる業か、体重の差か、茂木君は、簡単に地上に降り立ってしまいます。すれちがう登山者のいぶかしがる視線は無視します。

 小ピークからコブ下までは、ワカンをつけてのラッセルです。ラッセル跡は、マチガ沢から吹き上げる雪で消されています。うなるブナ林の中、適度の斜面を見つけては、突入の繰り返しです。ワカンを「後方に抜き、横に回し、前に出す」の脚運びは、口頭のみの説明になってしまいました。雪が軽すぎて、その手順を必要としませんでした。

 コブ下でアイゼンに履き替え、いよいよコブの通過です。鎖場で、大人数のグループがザイルを使って訓練中でした。ザイルがルート上に垂れ下がり、登りに必要な手がかり足がかりに人が居り、登りずらい事この上なしです。雪稜をたどり、一つ目のコブに立ちました。二つ目のコブが見えます。トレース痕も確認できます。引き返してきた登山者から、「コブの先は、胸ラッセル」との情報がありました。その胸まで行こうかと下降点向かって歩き出すと、沈み方が異常です。踏み跡から外れると腰まで沈みました。下降点は、脚がすくわれそうな不安定な雪質であることが想像できます。即中止です。また次回があります。

 

 帰りは、”走って競争”とは行きませんでした。踏み跡が消えています。膝位ですが疲れます。踏み跡に当たれば良いのですが、外れのときは、太ももの後ろがピクピクします。私は、2か月ぶりの、病み上がり山行なので痙攣寸前でした。一日中トップを務めた元気な茂木君も疲れたようです。

 6時間の訓練中、雪はやむことなく降っていました。ザックと身体は雪まみれ、吹雪いている中での食事と休憩、手袋を着けてのアイゼン・ワカンの着脱等、非日常の経験ができたことでしょう。これらを突き詰めて行くと、少しでも濡れない方法にたどり着く事が出来るでしょう。私もまだ出来ません。一緒に研鑽に励みましょう。     【記;もてぎ(の)】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016-12-4  黒岩
津久井、リハビリさん、上原、神垣、茂木(寿)、狩野   


  歩きますからね。空いてる?と思いきや混んでました。
茂木くん、狩野くんの成長を願って支点構築から。支点色々、懸垂下降、ビレイ習得を上&神で指導。そんな様子をリハビリさん&津久井さんは後ろから監督。   前橋山岳会は手厚いんです。   

{8A3492DE-8D34-46FC-BE7A-463584BC0D71}

2人の初登りを見たかったけど神垣は冬支度のため早上がり。  
楽しめたのかな?  
※リハビリさんは靴履いちゃダメですよ!    (神垣)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2016/11/27  
中木川小山沢バリエーションルート
津久井、田村、毛呂、上原、神垣、茂木、狩野
 毎年恒例行事のアイゼントレーニングです。前夜は天幕祭で盛り上がり、二日酔い
寝不足数名!待望の新入会員が二人!
{31484DBF-F41D-46A3-AD02-98B8E2818903}

{F1C5B768-9013-41D4-9A27-BC70D783B678}

入渓するや、水量多くていきなりの高巻きを強いられ楽しさ倍増です。
{15AFE9B6-86DC-4B45-B75C-8DE29F88FA59}

{80034696-AB09-457A-8D35-ABF69F16D1A4}

{8C2C4A67-5F99-4306-8AD0-0104F073C3B5}

{F44F860B-FE03-4928-85EB-BF13249F4051}
まずまずでした。

 分かりきった事ですが、山は楽しいだけじゃありません。辛さ苦しさがあっての山ですから、仲間は大切です。
盛り上げていきましょうね〜
{AECE04C1-01A2-44F9-A0B3-7D16CB37D1BE}

{C3BDD9C8-605F-4D7B-BA37-3D3A2DB072F4}

(津久井)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。