エリーちゃんが主催する「水曜日の読書会」に参加してきました。
{B0634FF5-2453-403B-8B69-AA6DD626B0D4}
 
おそろしく素敵な素晴らしいベーカリーカフェ。同じ敷地内に本屋さんがあり
帰りにみんなで本を求める読書会。豊か。
 
課題図書は吉本ばなな著「おとなになるってどんなこと?」

 

私は2015年に一度読んでました。

 

自立って?~本「おとなになるってどんなこと?」~

 

読み終えて手放す本も多いのですが、これは子どもたちも読むかな?

と自室でなく廊下の共用本棚においてありました。

2017年再読。

 

あらためて付箋を立てながら読み進むと、前回よりもおとなになっている自分に気づく。(笑)

 

そして同じ本を持ち寄って6人で対話。

それぞれの人の心に響いた箇所、

未消化な箇所について、
誰かの問いに答えたり
誰かの記憶の風景を感じたり
それに想起された自分の何かを言葉にしようとこころみる。

 

この相互性。

 

一緒にいるけれど

別々の私たちでいることが許される空間。

 

ああ、気持ちよかった。

ばななさんは「『おとな』になんかなろうとしなくていいんだよ」

という言い方をしているけれど

私は「『おとな』になるって豊かなことだ」と強く思った。

『子ども』の時は『子ども』であるだけだったけど

今は『おとな』の自分を相棒にした、最強の『子ども』である自分がここにいる。

 

『おとな』になろうとする時に、『子ども』の自分を置いてきちゃうと、途中でしんどくなる。

気づいたら、迎えにいこう。

 

私がカウンセリングでやっていることの中に、

その人の中の『子ども』を迎えにいく、ということがあるなあ。
辛い経験も
多幸感にあふれた時代も

全部全部大事な自分。
あけ忘れてたギフトボックスをあけて、
泣いていた子どもの涙を拭いて、

手をつないで走り出す。
そんなはたらきが、「聴く」という時間にはある。

 

エリーちゃん、同席してくださった皆さん、ありがとう。

この本を再度味わうことができて

娘たちへの愛を味わうことができて

自分のしごとへの愛を再確認しました。

 

※感化されまして私も読書会やります。

3/29(水)10時~12時
「思春期をめぐる冒険」岩宮恵子著

 

読了が参加要件です。

 

私の感想

思春期の謎解きと着地点~本「思春期をめぐる冒険」~

 

ココロの声を聴く、聴き方

ブライト・リスニング

ベルブライト・リスニング体験会

1/26、2/23 中野

2/15 新高円寺

2/17 船橋

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人セッション「ブライト・マインド・カウンセリング」

 

・・・・・・・・・・・・・・・

ドキドキ子育て中の方向けパートナーシップ講座、2017年2月に金町にて開催!

【もっと仲良く幸せになりたいあなたのためのパートナーシップ講座】

 

・・・・・・・・・・・・・・・

飛行機全国出張承ります。

1/20船橋「子どもの生きる力を育む『聴き方』講座」

1/22浦和美園「子どもの話を聴くコツ講座」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話せる場・聴く力をすべてのママへ
リスニング・ママ プロジェクト

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


 
AD