マクロミルへ登録




ブログタイムズ



サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン
2010-05-01 22:29:00

第9地区

テーマ:洋画 た
GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 ブログネタ:GWに行こうと思っている映画・舞台・美術館 参加中

GW突入しましたね。\(^0^)/

この作品は映画館で予告を見て、

観たいと思った作品です。

しかも、私が映画批評で一番信頼しているおすぎさんが、

“今年一番の映画!”と言ったとか。

これは観ないわけにはいきません!

今日は映画の日。

映画館は満席でした。


アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如、

巨大な宇宙船が現れる。

船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果ていたので、

政府は“第9地区”に仮設住宅を作り、

彼らを住まわせることにする。

28年後、第9地区のスラム化し、

超国家機関MNUは宇宙人たちの強制収容所への移住を決定し、

現場責任者ヴィカスを派遣するのだが…。


アバター 」「ハート・ロッカー 」と

アカデミー賞作品賞にノミネート作品は3作目ですが、

ノミネート作品では、

この作品が今のところ一番面白かったです。\(^0^)/

最初はドキュメンタリーっぽく入っていって、

真ん中から急にエンターテインメントっぽくなるのは、

ハート・ロッカー 」と同じ構成なのです。

流行りなのでしょうか?

前半は1つの民族をさげすみ、

自分たちの都合の良いように侵略していく様子が、

とてもリアリティがあって、怖かったです。

また舞台が南アフリカ共和国で、

ナイジェリア人がかんでいるというのもね、

どうなんでしょう?( ^ _ ^;

セリフにもありますが、

「誰もが自分だけには起きないと思っている」ことが、

もし、自分に起きたらと思ってしまう。

彼に起こったことが自分にも起きて、

精神的ショックの上に、デタラメなことを報道され、

追われて、実験材料にされる、みたいな。。。

そこも現実味があって怖かったので

中盤から急にお芝居っぽい展開になって、

逆に安心しました。f(^^;)

後半の展開はちょっと笑えちゃったりするんですよね。

突っ込みどころはあるのですが、勢いがあるので、

私は気になりませんでした。

突っ込みどころを超える面白さでした。

結構、唸ってしまった。

おすぎさんは、

”最後にはエビを応援したくなる”と言ってましたが、

それはなかったな。

というか、エビにはどうしても見えなかった。

虫っぽかったですね。( ^ _ ^;

B級映画っぽいので、

アカデミー賞は取れないのは仕方がないと思うのですけれど、

観て損はない映画かもしれません。

突拍子もないけど、妙にリアリティがあるのが凄い。

あまり知られてない人を使うことで作品のリアリティさを上げている。

作品で勝負しているって感じ。

動員数目当てで、

スターが意味なく、うじゃうじゃ出ているだけの作品よりずっと面白いです。

続編がありそうな終わり方ですが、

変に作るよりは、このまま勝ち逃げして欲しい映画ですね。



ストーリー  ★★★
映像     ★★★
音楽     ★★★
総合評価  ★★★☆


人気blogランキングへ

いいね!(0)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

6 ■B級。

確かにB級って感じですよね。( ^ _ ^;
でも私もB級映画って嫌いじゃないので楽しめました。(^^)
タコ型イカ型、そうでしたね、懐かしいです。
彼らはどこへ行ってしまったのでしょう?(笑)

5 ■TBありがとうございます

はじめまして。
夢路と申します。
遅くなりましたが、TBありがとうございました。

おすぎさんが絶賛していたとは知りませんでした。私も映画館の予告を観て、是非観てみたいと思った作品でした。
が、勝手に想像していた内容とは違いましたね。

どちらかというとB級に入る出来栄えなんでしょうが・・・ 
それでも、それなりに私は楽しめました。

あの男(一応主人公)が、ちょっとうざかったですが。(笑)

それにしても、なぜ宇宙人というと、昆虫型を作りたがるのでしょうね?!

やはり未知の物(者)は、創造できないってことなのでしょうか?!

そういえば、むか~し(30年くらい前?)は、日本では火星人はタコ型、金星人はイカ型って、なんか定番だった気が…(笑) 
古くてすみません・・・(;^_^A

4 ■面白かったですよね(^^)

私も東京で観たのですが、
あまり大きい劇場じゃなくて、
残念でした。
満席でしたけれどね。
エビの親子に対しては
ヴィカスを助けて欲しかったので
感情移入が少なかったのかもしれません。

3 ■見てきました

こちらの映画館には、とても回ってきそうにない作品なので、東京まで出かけて見て来ました(まあ、他の用事もあったのですが(^^;)。
最後まで臨場感が途切れず、面白かったですね。
まあ、話のつじつまは、よく考えると変なところもかなりあるのですが、そういうところは脇に置いといてもいい作品ですね。
異形のエイリアンとの友情は、昔の「第5惑星」を思い出させました(あれよりは、ずっとリアルですが)。
わたしも、最後には、エビの親子を応援してました…ヽ(^。^)ノ
特に息子がかわいく見えてくる…(^^;

2 ■面白かったですよね。(^^)

いえいえ、
馬鹿とは思いませんよ!(^^)
私は話が急に熱い友情物語になってしまったのが、
可笑しくなってしまって。。。f(^^;)
台詞では見かけもそうだけれど、
海の底のゴミあさりという軽蔑の意味もこめて
「エビ」と呼ばれているとありましたね。
ムシの方が嫌な感じですが。( ^ _ ^;

満足度の高い映画でした♪

1 ■このたびはTBありがとうございました!

私はエビを本気で応援してしまった馬鹿です(笑)。
あの造形は虫が苦手な人には生理的に受け付けないのでしょうね。人の家のゴミ漁ったり、ゴキブリみたいですもん。

人間の「業」みたいなものを突き放して描いた、とてもシニカルな映画で私も満足でした!

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。