2010-03-24 00:30:22

リフレックスは抗うつ剤治療のチャート?

テーマ:レメロン、リフレックス
初診の患者さんにリフレックス(レメロン)からスタートした場合、うまくいけばそのままで良いが、不調な時は他の薬に変更しなくてはならない。

「眠くてたまらない」という人には、眠くなさそうな薬を使いたいが、元々希死念慮があるような人にはSSRIは使う気が起こらない。(SSRIはパキシル、ジェイゾロフト、デプロメールの3剤)。(参考

そのような人には、状況にもよるが、とりあえずルジオミールより眠さが少ない抗うつ剤を選びたいので、トフラニール、アナフラニール、アモキサン、アンプリットくらいになる。

アンプリットは柔らかく服用しやすい薬ではあるが、いまいち馬力が出ないところがあるので、積極的に賦活したい時は、アモキサンが良い。ノリトレンはトリプタノールの親戚なので眠いと言う人は次善の候補になる。(実はノリトレンはそこまで眠い薬ではない)

だいたい、余裕で社会復帰まで至ることができる抗うつ剤として、アモキサン、ノリトレンは非常に有用である。なぜなら、賦活系抗うつ剤で馬力が出るからである。

リフレックスで眠さはさほどないが、いかにもセロトニンが悪さをしているようなケースでは、いろいろな選択肢がある。平凡にはルジオミールが良さそうであるが、これも人による(ルジオミールはセロトニンを増やす作用がない)。

ルジオミールでこれは何なんだ!という感じで改善する人は、それで十分である(当たり前)。このような人はリフレックスから始めないと、簡単にルジオミールに行き着けない。

その意味では、リフレックスはセロトニンの可否の試金石のように見える。


リフレックスを45㎎まで使って、なお不調な人がいた。その患者さんは、これでも抗うつ剤が足りない感じなのである。副作用としては眠さもなく、またセロトニンの悪影響もなく、希死念慮もなかったので、思い切ってジェイゾロフトを使ってみた。

結果;失敗

その患者さんは、ジェイゾロフトを使っていると、焦燥感が出現した上に時にパニック模様になり、全く食事が摂れない感じになった。(最高75㎎まで処方している)もちろん、実感はリフレックスより悪化している。この人はアンプリット、ルジオミールも一時使っていたが、芳しくなかった。

結局、今はアモキサン125㎎でかなり好調である。この患者さんは、うつ状態の回復とともに血圧が下がり降圧剤が減量できた。

リフレックスは完璧な薬ではないが、抗うつ剤選択のチャート的側面を持っている。

上の患者さんの場合、リフレックスを服用しなかったなら、ジェイゾロフトをそれも75㎎まで使いはしなかったであろうから。

最初から、希死念慮がガンガンに出ている人は、たぶんリフレックスは不適切である。入院中なら、良く注意しておけば使えないことはないが、長期的にはリスキーと思われる。

希死念慮でもいろいろあり、双極2型のうつ局面の希死念慮は、気分安定化薬と中心に考えた方が良いが、シンプルにブプロピオンで十分な人もいる。なんだかんだいって、気分安定化薬だけで重いうつ状態を回復させるのは容易ではない。注意点は、明瞭に双極性障害とわかるような人にはアモキサンは不適切なこと。躁転の確率が高いからである。

ブプロピオンは双極性障害のうつ状態の治療の際に、ラピッドサイクラー化を比較的避けることができるのは重要である。

広汎性発達障害やその範囲に至らない人たちの希死念慮を伴ううつ状態も、気分安定化薬を中心に考えた方が良い(特にデパケンRとラミクタール)。抗うつ剤はいろいろだが、僕は特別な人を除き、SSRIは使わないようにしている。SSRIは希死念慮、衝動、暴力などに治療的ではないから。

広汎性発達障害および軽微な器質性の人たちの場合、うつ状態にトフラニールは悪くない。また、アモキサンまたはノリトレンが良い人がいる。(あくまで確率的なものであるが)

トフラニールが悪くない理由だが、いくつかのことが挙げられる。広汎性発達障害の人たちは昼夜逆転が起こり生活が成り立たず、朝、学校や仕事に行くことができない人たちがいる。そういう主訴で来院されることがある。過去ログで、睡眠相後退症候群と安易に診断するのはスジが悪いといった内容のエントリをアップしているが、つまり状態像しか捉えていないからである。(参考

このような人には、トフラニールは睡眠を改善するので悪くない。アナフラニールも有効である。ナルコレプシーや夜尿にも効果がある薬は可能性を秘めている(別に夜尿はないのだが・・)。また、トフラニールは3環系でも構造式的にテグレトールに似ていることもあるのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

kyupinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

17 ■抗うつ効果最強の組合せ

NaSSAでノルアドレナリンとセロトニンを放出し、SNRIでそれらの再吸収を阻害し、エビリファイでドパミン量を調節すれば、抗うつ効果としては最強じゃないかと素人的には思うんですが、専門家から見ると違うんでしょうか。

例えば、うつ病が疑われる患者にはとりあえずリフレックス+サインバルタ+エビリファイを処方して経過を観察する。

もちろんそんな簡単にはいかないから精神科医が必要なんでしょうが、第一選択としてはどうでしょうかね?

16 ■リフレックスで躁転

はじめまして。私はちょうど一年前に鬱になり、治験でトレドミンかパキシルを飲み、薬疹が出て中止、その後リフレックスに変更し間もなく躁転し、眠らずに何かに没頭する、警察や道路公団に喧嘩ふっかけたりしながら半年後激鬱になりました。その後ジェイゾロフト、リーマス、アモキサン、ノリトレンに変わりやっと落ち着いてきました。リフレックスで躁転した人っています?

15 ■リフレックス、レメロンのおかげか??

4月の自殺者大幅減 政府の対策が効果か

http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051001000784.html

14 ■薬の効きにくい身体?

先生の日記には、薬に敏感な方々が登場しますね。その繊細な感じと自分を比べると、私は薬に鈍感なのかな~と思いました。
いいのか悪いのか…

リフレックス一時期飲みましたが、よく眠れる睡眠薬って感じでした…

13 ■トフラニール

は、たしか、テンプル・グランディン博士が、自伝したためた時点では、彼女の生活を支える主剤ですね。グランディン博士を果たして日本的な広汎性発達障害の範疇に入れて語ることが意味をなすのかどうか、今の私には疑問もありますが。彼女がたまたまトフラニールを選んだことが、その後の安定と成功につながったのかもと思いました。

12 ■おお-

ルジオミールの存在、そのライン違いぶりが奇跡というか福音というか、興味ぶかく思えます

11 ■Re:Re:Re:むやみに不安にしないで。

>kannokeさん

私もそんな感じで3年くらい働いていたので・・・
で、結局今は休養モードです。

「飲まないよりはよい」で無理して、行き着く先はここなのかなぁ、と。

きびしいですね。

10 ■Re:Re:むやみに不安にしないで。

>(さ)さん
おっしゃりたいことは、よくわかります。
治りません!でも、飲まないよりはいいです。
SSRIが合うとも思っていません。仕事と副作用と症状を考えての妥協点と思っています。

9 ■Re:むやみに不安にしないで。

>kannokeさん

>私は、ジェイゾロフト100mg+リチウム200mgで、なんとか仕事に行けてます。

SSRIの欠点ってそこじゃないかな~なんて思ってます。
治らないんですよ。ましにはなるけど。

SSRIがぴったり合う人には最高なんですけどね。

8 ■むやみに不安にしないで。

リフレックスは15mgでも2日間寝込みました。
アモキサン&ノリトレンは、軽躁状態になりました。
SSRIは、会社勤めのうつ状態の人が多く飲んでいるように思います。
私は、ジェイゾロフト100mg+リチウム200mgで、なんとか仕事に行けてます。
たぶん、休養ができたら薬は要らないような気もしないですが、やはり飲まないと落ちて落ちて仕事に行けません。
kyupin先生のSSRI嫌い(?)は、このブログでは有名ですが、私のような中途半端な病人には、なんとか社会生活を送る上で、背中を押してくれる薬だと思っています。

7 ■SSRIとNaSSA

私の場合、SSRI(デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト)はダメでした(主に吐き気の副作用)。NaSSAのリフレックスは効いているのか分からない状態が続き、その後吐き気がきました。

まず、NaSSAで治療を開始し、副作用が出たらノルアドレナリンに作用する旧来の抗うつ剤を試すべきだと思いました。

6 ■素人なので不思議なのですが

リフレックスが効かない→トリプタノールに変更(最強抗うつ剤)
と単純に行かないのは、トリプタノールの副作用が大きいからでしょうか。

本当に素人ですみません。

5 ■リフレックス

私はリフレックスで動けるようにはなりますが
気分はうつうつとしているので
エントリの中の方のように次回診察時にぜひ高い用量のアモキサンをもらってきたいです。
デパケンRももらってきたい……。
エントリ大変参考になりました。

P.S なぜかリフレックスで眠気を感じないので
少しは昼寝とかして憂うつを取りたいです(*_*)

4 ■無題

kyupinさんの記事のおかげで、母の主治医とのインフォームドコンセントが今のところ上手くいっている様に思います。
服用して約1ヶ月半、どのへんがリフレックスの効果となっているのかはよくわかりませんが・・・。
セロトニンがする悪さ・・・って何でしょう・・・。




3 ■リフレックス

1/2錠の服用で、鬱状態から脱出し、仕事に休まずに出勤できてます。
今月は病欠ゼロを目指したいです。

2 ■無題

うつ状態には必ず最初にSSRIを出すと決めている医者を見ると、kyupin先生は神のように思えますね。先生のような繊細な処方ができる医師はなかなかいないと思います。

1 ■無題

URL消しごめんなさい。

膠原病&腺維筋痛症由来?の鬱でした。(過去に境界型人格障害の診断あり。)
SSRI(ルボックス)服用開始後2週間で増悪しまして。(自傷。)
精神科主治医が「緊急処方。」してくれたのがリフレックスでした。
とにかく眠くて・・・・4日ぐらいで安定しました。(現在、服用2ヶ月半。)
ルボックスは過去にも飲みましたが「胃腸障害。」が激しかったのを覚えています。

自分は「鬱病。」ではないと思われますが(と注釈。)

鬱状態の改善にリフレックスはいいと思います(相性・眠気を克服出来るなら、ですが。)

眠気は大体1ヶ月程度で慣れて来るようです。(友人3人談。)

主治医が言うには
「不眠もあったので、眠らせるためもあった。」そうです。(現に2日寝込みました。)

就寝前処方です。

アモバン(7.5)
デパス0.5)
ハルシオン(0.75)
リフレックス(15)

ベゲタミン(頓服)

希死念慮があったのですが、リフレックスでかなり軽減されています。

拙文失礼しました。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。