tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:

 下記の仲間。 

日本語アレコレの索引(日々増殖中) 

http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-306.html 



mixi日記2016年月日から 


 直接的には下記の続きかもしれない。 

【場所を表わすニの働き 二の特殊用法? 資料編】 

http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12162697906.html 


 テーマサイトは下記。 

【続 「先生にお電話をいただきました」と「先生にお電話を差し上げました」】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9291488.html 


 先日来、ニの用法について考えていて、気になっていた質問があった。例によって膠着状態のままなんの進展もなく終わるorz。考えをまとめる気にもならなかった。 

 解決のため、質問をする。 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 


 下記にどうコメントすればいいのか悩んでいるうちに締め切られてしまいました。 

【「先生にお電話をいただきました」と「先生にお電話を差し上げました」】 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9278130.html 


 基本的には、コメントNo.9のかたが書かれているとおりだと思います。 

 当方が気になっているのは「先生にお電話をいただきました」の「に」の働きです。 


『日本国語大辞典』にさえピッタリのものがないのですから、フツーの国語辞典に見当たらないのが当然です。 

https://kotobank.jp/word/%E3%81%AB-590835#E5.A4. … 


 ちょっと調べてみると、下記のサイトに関係しそうな記述がありました。 

〈⑤恩人〉です。〈「Nから」とも言える〉は、〈「Nから」のほうが一般的〉だと思います。 


http://www.geocities.jp/niwasaburoo/07kakujosi.h … 

==============引用開始 

7.3 に 


 用法の広い格助詞です。基本的な意味は何らかの意味での「点」を示すことでしょう。 

形容詞文にも多く使われます。「受身」や「使役」という「ボイス」にも使われます。 

①~④(略) 

  

⑤恩人  「Nから」とも言える  

     人にもらう/借りる/教わる 


⑥~⑪(略) 

==============引用終了 


「恩人」はちょっと違う気がしますが、「恩恵等を授けてくれる人」を「恩人」と短縮してもいいかもしれません。 

 たしかに「人ニもらう」は使われる気がします(自分では使いません)。「先生ニ電話をもらう」は「人ニもらう」と同じ用法でしょう。 


 疑問点が2つあります。 

1)個人的な語感では「先生に電話をもらう」に異和感があります。これが「先生にお電話をいただきました」だと異和感が強くなる気がします。気のせいでしょうか。 

2)仮に「見知らぬ人にいたずら電話をもらう」だと、「恩恵」ではありません。むしろ「迷惑」でしょう。これも「先生に電話をもらう」と同じように使えるのでしょうか。 


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 


 いろいろな問題が絡んでくる気がする。「いただきました」だとちょっと別の要素が入るから「先生ニ電話をもらう」を原形と考える。 

■「恩恵」でいいのか 

 かなり微妙で、現段階では不明。 

  先生ニお目玉を{もらう/食らう} 

  先生ニお叱りの言葉をもらう 

 あたりも愛の鞭と考えれば「恩恵」なのかな。 

  常連客ニ クレームをもらう 

  挑戦者ニ パンチをもらう(「挑戦者の」ほうが自然だろうな) 


■カラかノか 

 ↑の段階で横道に入る。 

 このニの用法は、書きかえるならカラだと思っていた。 

 通常は「AカラBニ(贈る)」で、カラが起点でニは着点。ニが起点になるのはおかしいだろ。当方のがこのニを使わない理由も、この異和感。でも言うんだからしかたがない。 

 ふと考えると「先生ノ電話をもらう」もアリだろう(「先生カラノ電話をもらう」も自然だ、という話はとりあえず忘れる)。 


■やりもらい 授受 

「やりもらい」って表現は初めて見聞した。一般的には「授受表現」あたりで、「あげる」「くれる」「もらう」あたりのことだろう。 

 ただしここで考えているのは「もらう」「受」限定。「あげる」「授」もニを使うけど、それは対象を表わすごくフツーの表現。ここを混同するとグチャグチャになる。 


■ニは言葉足らず? 

 使われることがあるとは知りながら、自分では使わない。どうにも言葉足らずの気がする。 

 子供相手の会話のニュアンスがある気がする。 

 幼児が見慣れぬオモチャを手にしていることを不審に思い、母親が問い詰める。 

「それ、どうしたの」 

「もらった」 

「誰にもらったの?」 

「公園で知らないオジサンに(もらった)」 


 この場合はカラよりもニのほうが自然に感じる。 

 もしかすると元々は幼児語? 


■○○ニ~してもらう 

 もうひとつの可能性も感じている。 

「もらう」(「いただく」も同様)は本動詞だとカラもニも使えるが、補助動詞だと、ニしか使えないことがある。 

「先生ニ食べてもらう」 

 これが「先生ニ教えてもらう」だと「受動詞」(と意味不明の言葉を使ってみる)になる。 

 前者はカラにできないが、後者はカラにできる。 

 ここまではさほど混乱しない。 

 微妙なのは下記のような例。 

「先生ニ言ってもらう」 

「先生ニ読んでもらう」 


 このあたりのまぎらわしさのせいで、何がなんだかわからなくなっているような。 

「先生ニ教わったとおり」なら異和感はない。 

「先生ニ電話をもらう」だとちょっと異和感がある。 

 これが「先生ニお電話をいただきました」だと異和感がずっと強くなる。ニの言葉足らず感と関係があるのかないのか(泣)。





    語学(日本語) ブログランキングへ


    AD
    いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

    kuroraccoさんの読者になろう

    ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

    AD

    Ameba人気のブログ

    Amebaトピックス

        ランキング

        • 総合
        • 新登場
        • 急上昇
        • トレンド

        ブログをはじめる

        たくさんの芸能人・有名人が
        書いているAmebaブログを
        無料で簡単にはじめることができます。

        公式トップブロガーへ応募

        多くの方にご紹介したいブログを
        執筆する方を「公式トップブロガー」
        として認定しております。

        芸能人・有名人ブログを開設

        Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
        ご希望される著名人の方/事務所様を
        随時募集しております。