tobiのブログ

 フリーランスの編集者兼ライターです。
 主として日本語関係のことを書いています。


テーマ:
 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【17】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1950899196&owner_id=5019671 


 テーマサイトは下記。 
【独り言の最後の「と」】 
http://okwave.jp/qa/q9294926.html 
==============引用開始 
マンガやドラマ、小説などで独り言のセリフの後に「・・・と。」「、と。」とあるのをよく見かけますが、この「と」とは一体何なのでしょうか? 
話し手が何かをしている時によく見るような気がします。 

例) 
「これここに立てかけて・・・と。」 
「最後にそっとかき混ぜて、と。」 

本当の独り言ではあまり言わないと思うので、読み手など第三者に「これは独り言ですよ」と分からせる合図か何かか?と思いましたが、独り言かどうかは一目瞭然なので、とりたてて合図が必要とも思えません。 
文法的な意味とか、使われるようになった経緯など、何か教えていただけると嬉しいです。 
==============引用終了 

 そんなにむつかしくないだろう、と考えて調べはじめて困ってしまった。 
 やはり辞書って●●だわ。 
【やっぱりWeb辞書は嫌い〈2〉〈3〉 】 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2919.html 

 辞書をひいても↑の答えは見つからない(全文は末尾に)。使い物にならないぞ、っと。 
 これは新種の「ト」かもしれない(笑)。 

 前に見た「ト」の特殊用法は下記。 
【〈正体不明の「と」〉の用法(仮)】日本語 
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1488.html 

 なんで見つからないのか不思議。東方の目が見聞録ってんだろうか。それとも斜陽産業……そう言われてずいぶんたつな。いまや取って代わったテレビも断末魔? 
 本当は終助詞あたりがあるとありがたいんだけど、ないものは仕方がない。 
 今度の「ト」に近いものをあげるのは、さほどむずかしくない。 
 格助詞で、「引用のト」の一種だろう 
===========引用開始 
2 (文や句をそのまま受けて)動作・作用・状態の内容を表す。引用の「と」。「正しい―いう結論に達する」 
「名をばさかきの造(みやつこ)―なむいひける」〈竹取〉  
===========引用終了 

 質問者があげた「独り言」もひとつの典型だと思う。 
 作業を順番に片づけるときなんかに、 
「まず、これをして、(っ)と」 
 などと呟く。(っ)はなくてもいいけど、是非つけたい(笑)。 
 小説などを想起するとわかりやすいのでは。 
「まず、これをして」と彼は呟いた。この場合は(っ)はいらないな。 
 当方が真っ先に思いついたのは、「軽く念を押すとき」などに使う例。 
「おいおい、肝心なものをわすれてるぞ、(っ)と」  
 自分に対してのものなら、同じ内容を「独り言」としても使えそう。 
「引用のト」のト以下が省略されている形だろう。 
「ト(思う)」「ト(考える)」あたりも用途が広そう。「ト(主張する)」もアリだろう。 

 コメントNo.1に対する質問者の返答が興味深い。 
「あらよっ、と」とか「よっこらしょっ、と」。そうか、これもそうだな、と感心した。これは省略されているのは「ト(勢いよく片づける)」「ト(声を出して立ち上がる)」くらいだろうか、と思ったが違うみたい。チッ。 

https://kotobank.jp/word/%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A8-1720214#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
1件 の用語解説(あらよっとの意味・用語解説を検索) 
デジタル大辞泉の解説 
あらよっ‐と 

[感]ある動作を行うときに発する語。掛け声や囃子詞(はやしことば)としても用いられる。「―、一丁上がり」  
===========引用終了 

 これも辞書がおかしいのかもしれない。掛け声の〈「あらよ(っ)」+ト〉と考えるほうが自然では。 
 こんな見出しをわざわざ立てるより、「ト」の解説をちゃんとしろよ、っと。  
 ちなみに「よっこらしょっ、と」は辞書にない。2語扱いなんだろう。 
「なんだと」も辞書にはない。これも終助詞的な用法だろう。 
「しろよ、っと」は「しろ、って」にもできそうだな。「なんだと」も「なんだって」にできそう。 
 うーむ。なぜかこちらは「終助詞」になっている(辞書の全文は末尾に)。同じようなもんでしょうに。 



https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
と[五十音] 

1 五十音図タ行の第5音。歯茎の無声破裂子音[t]と母音[o]とから成る音節。[to] 
2 平仮名「と」は「止」の草体から。片仮名「ト」は「止」の初2画から。 
と[名] 

1 (打消しの助動詞「ぬ」のあとに付いて)…しない前。…しないうち。 
「我が背子を莫越(なこし)の山の呼子鳥(よぶこどり)君呼び返せ夜のふけぬ―に」〈万・一八二二〉 
2 …する時。 
「宍串(ししくし)ろ熟睡(うまい)寝し―に庭つ鳥鶏(かけ)は鳴くなり」〈継体紀・歌謡〉 
[補説]語源を「外(と)」あるいは「処(と)」に関係づける説などがあるが、未詳。 
と[副] 

[副]そのように。多く副詞「かく」と対になって用いられる。「とにもかくにも」「とにつけかくにつけ」→とかく →とこう →とにかく →ともかく 
と[格助・接助・並助] 

[格助]名詞、名詞的な語、副詞などに付く。 
1 動作をともにする相手、または動作・関係の対象を表す。「子供―野球を見に行く」「友達―けんかをした」「苦痛―闘う」 
「しぐれ降る暁月夜紐解かず恋ふらむ君―居(を)らましものを」〈万・二三〇六〉 
2 (文や句をそのまま受けて)動作・作用・状態の内容を表す。引用の「と」。「正しい―いう結論に達する」 
「名をばさかきの造(みやつこ)―なむいひける」〈竹取〉 
3 比較の基準を表す。「君の―は比べものにならない」「昔―違う」 
「思ふこといはでぞただにやみぬべき我―ひとしき人しなければ」〈伊勢・一二四〉 
4 動作・状態などの結果を表す。「有罪―決定した」「復讐(ふくしゅう)の鬼―化した」
「年をへて花の鏡―なる水は散りかかるをやくもるといふらむ」〈古今・春上〉 
5 (副詞に付いて新たな副詞をつくり)ある状態を説明する意を表す。「そろそろ―歩く」「そよそよ―風が吹く」 
「ほのぼの―春こそ空に来にけらし天のかぐ山霞たなびく」〈新古今・春上〉 
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
7 (同一の動詞・形容詞を重ねた間に用いて)強調を表す。 
「世にあり―あり、ここに伝はりたる譜といふものの限りをあまねく見合はせて」〈源・若菜下〉 
[補説]4は「に」と共通する点があるが、「と」はその結果を表すのに重点がある。7は、現在も「ありとあらゆる」などの慣用句的表現の中にわずかに残っている。 
[接助]活用語の終止形に付く。 
1 二つの動作・作用がほとんど同時に、または継起的に起こる意を表す。…と同時。…とすぐ。「あいさつを終える―いすに腰を下ろした」「玄関を開ける―、子供が迎えに出てきた」 
「銀(かね)請け取る―そのまま駆け出して」〈浄・大経師〉 
2 ある動作・作用がきっかけとなって、次の動作・作用が行われることを表す。「汗をかく―風邪をひく」「写真を見る―昔の記憶がよみがえる」 
「年がよる―物事が苦労になるは」〈滑・浮世床・初〉 
3 順接の仮定条件を表す。もし…すると。「見つかる―うるさい」「ドルに直す―三〇〇〇ドルほどになる」 
「今言ふ―悪い」〈伎・幼稚子敵討〉 
4 逆接の仮定条件を表す。たとえ…であっても。…ても。 
㋐意志・推量の助動詞「う」「よう」「まい」などに付く。「何を言われよう―気にしない」「雨が降ろう―風が吹こう―、毎日見回りに出る」 
㋑動詞・形容動詞型活用語の終止形、および形容詞型活用語の連用形に付く。 
「たのめずば人をまつちの山なり―寝なましものをいさよひの月」〈新古今・恋三〉 
「ちと耳いたく―聞いて下され」〈浮・曲三味線・一〉 
5 次の話題の前提となる意を表す。「気象庁の発表による―、この夏は雨が少ないとのことだ」 
[補説]3は中世以降用いられた。また、中古から使われていた4㋑は、現代語では4㋐のように特殊な慣用的用法として残っているだけである。 
[並助]いくつかの事柄を列挙する意を表す。「君―ぼく―の仲」 
「幸ひの、なき―ある―は」〈源・玉鬘〉 
[補説]並立する語ごとに「と」を用いるのが本来の用法であるが、現代語ではいちばんあとにくる「と」を省略するのが普通となっている。  
===========引用終了 

https://kotobank.jp/word/%E3%81%A3%E3%81%A6-572021#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
【三】[終助]文末の種々の語に付く。 
1 他から聞き及んだ話を伝える意を表す。…ということだ。…そうだ。「君、委員になったんだってね」「彼も行きたいって」 
2 (上昇のイントネーションを伴って)相手の言葉を受けて反問する意を表す。「えっ、なんだって」「なにっ、知らないって」 
3 (「かって」の形で)反語の意を表す。「こんなまずいもの食えるかって」「だれが言うことを聞くかって」 
4 自分の気持ちを主張する意を表す。「そんなこと知ってるって」「わかってるよ、もう言うなって」→たって[接助]  
===========引用終了
 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671 

mixi日記2017年月日から 

 某所で面白いお題をもらった。 
「〇〇は東京の東側に位置する」 
 の〇〇は都内か都外か。 
 ちょっと意表をつかれた。 
 辞書を見くびって、無視する。どうせ役に立たないから。(←オイ!) 
 たしかに「~の東側に位置する」は、都内の東部もあれば、都外の場合もある。 
 当方くらいの達人(←オイ! だって自分で書かないと誰も書いちゃくれないんだもん)になると、難問とは言ってもこの程度なら、見た瞬間にいくつも答えが出る。 
「東京の東隣」 
「東京東部に隣接する」 
「東京東部に接する」 

 え? 隣接してないの? そんな後出しは……。 
 出先からの帰り道につらつら考えた。 
「東方」が素直だろうな。 
 これを基本に、あとは文脈でねじ伏せる。「東京」だと妙な先入主(間違ったわけではない)が入るから架空の地名にしよう。 
「B町はA市の東方に位置する」 
 あれ? これだとA市内ととれなくはない? 
「B町はA市{の/から}東方(に)約10kmに位置する」 
「B町はA市から東に約10kmのところに位置する」 
「A市から東に約10kmのところにB町はある」 
「A市から東に車で10分ほどでB町に着く」 
 いくらでもある。でも、簡潔なのは……。 
 やはり「B町はA市の東方に位置する」だろう。A市内にとれる?
 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 下記の仲間。 
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner_id=5019671 

mixi日記2017年月日から 

 テーマサイトは下記。 
【破格、は”相場より並外れて安い場合”にのみ使い、”相場より並外れて高い場合”には使わない。ホント?】 
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9636447.html 
===========引用開始 
私が、とあるモノの値段が相場より以上に高かったことを指して 
「破格の値段だね」 
といったところ、友人から 
「その使い方は誤りだ。モノの値段に破格を使う場合は 
”相場より並外れて安いこと” 
だけを指し、 
”相場より並外れて高いこと” 
には破格は使わない」 

私が異議を唱えたところ、友人は 
「だから、値段に対して破格を使う場合、 
破格の値段、破格値、としか表現しないだろ? 
それは”相場より安い場合”と決まっているからだ。 
もしも君の言う通り、相場より並外れて高い場合にも破格を使えるならば 
”破格の安さ”、”破格の高さ” 
といちいち、相場より高いのか、安いのか、を表さねばならない。 
でもそうした表現はキチンとした文章や新聞記事やニュースでは見たことがないだろ。 
それはなぜか? それは破格、とは 
”相場より並外れて安い場合”にのみ使い、 
”相場より並外れて高い場合”には使わない 
って決まっているからさ」 
と言いました。 


果たして友人の説明は正しいでしょうか?  
===========引用終了 

 結論だけを書くなら、質問者のご友人は間違っていて、最大の原因が辞書をひかないから、ってことになる。ただ、ご友人に同情するする気持ちもなくはない。 
 まず辞書をひけばわかるかと言うと、「間違っている」ってことはわかっても、それ以上は……。 
 これは辞書の限界ってヤツだろう。 
 先行コメントに辞書の引用がいくつかある(数えるほどしかない?)が、これでは「どちらにも使える」としか言えないはず。 
 関連しそうな辞書の引用は末尾にまとめる。 
 こうなると話は俄然おもしろくなる。まぁ、元々辞書さえひけば片づくような話にはあまり興味がないんだけど。 

「破格」自体はニュートラルな言葉(のはず)。マイナスの場合も、プラスの場合も使える。 
 ↓の『大辞泉』の「2」はあまり一般的な使い方ではないので、無視する。 
 まず考えなければならないのは、「1」のときに「破格」の対象がどんなものかということ。 
『大辞泉』の例は1つだけ。1)「破格な(の)安値」 
『大辞林』の例は2つだけ。2)「破格の昇進」「破格の安値」 
 いくらなんでもさぁ。まぁ、当方が考えてもこんなものかも(泣)。 
 先行コメントから探す。 
3)破格の優遇 
4)破格な金遣ひ 
5)芸術は凡て破格でなけれ 

 4)や5)はあまり言わないのでは……。 
 当方が思い浮かぶのは「待遇」の類か「価格」の類。 
 なぜか「待遇」の場合は、プラスしか使えないような。「破格の昇進」「破格の出世」「破格の抜擢」……etc. はあっても、「破格の降格」はないだろう。 
 これが「価格」になると、辞書にあるとおり、まず「破格の安値」が想起される。論理的には「破格の高値」もありうるが、まず使わないのでは。毎年ニュースになる初セリのマグロの高値は「破格の高値」と言うより「ご祝儀相場」とか言うのでは。めったにないことだし、ほかにも「過去最高値」「前代未聞」とかいろいろあるから、「破格の高値」の使用例は少ないのでは。検索結果は下記。 
 “破格の高値”のヒット数は“破格の安値”の3分の1強か。ずいぶんある、とも言える。でもこれは、「破格(の価格)」と言っただけで「安い」を意味する使い方が圧倒的に多いせいって気もする。 
 質問者のご友人が勘違いした理由(と思われること)をランダムにあげていく。 

【A】なんとなくそんな雰囲気 
 ↓の辞書の例文も「破格の安値」。世間で使われるのもそういう例が多い。だからマイナスにしか使えないと思い込んだのでは。「待遇」の場合はたいていプラスだってことに気づけば、もう少し考えたと思う。 

【B】いいほうの「破格」はほかにもある 
 先にあげた「前代未聞」はニュートルだろう。「前代未聞の快挙」もあれば「前代未聞の醜聞」もある。 
「破天荒」(昨今のように単に「型破り」の意味で使うのは誤用だろう)は、プラス限定だろうな(本来は)。 
 プラスのニュアンスが強い言葉には「別格」「格別」などがある。 
 これは↓の『類語例解辞典』を見てほしい。 
【2】「格別」は、よいことに対して使われる場合が多い。 
【3】「別格」は、定められた格式とは別であること。また、他とは別のよい扱いを受けること。 
 らしい。マイナスのニュアンスで使えるかな。よくわからないんで辞書を信じてパスする。 
 このように、プラスに使う言葉はほかにあるんで、「破格」はマイナスだと思い込んだ?  

【C】破格の「格」は「価格」のこと? 
 ちょっと検索すればわかるが、質問サイトに同様の質問が多数出ている。どうやら「破格」=「価格を破る」と考えている人が多いらしい。ここまで行くと、「価格破壊」との混同も容易に想像できる。「破る」と「壊す」は近いよね。そうなると、「破格の高値」なんてあるわけない、って話もよーくわかる。 
 辞書をひけばすぐわかる誤解なんだけど、こういうホニャララな話はすぐに広まる。ヤレヤレ。 

【“破格の高値”】の検索結果。 
約 10,700 件 
https://www.google.co.jp/search?client=safari&rls=en&q=%E7%A0%B4%E6%A0%BC%E3%81%AE%E9%AB%98%E5%80%A4&ie=UTF-8&oe=UTF-8&gfe_rd=cr&ei=WUOkWKfDIMyQ8QfhoKuoAQ#q=%E2%80%9C%E7%A0%B4%E6%A0%BC%E3%81%AE%E9%AB%98%E5%80%A4%E2%80%9D 

【“破格の安値”】の検索結果。 
約 28,600 件 
https://www.google.co.jp/search?q=%E2%80%9C%E7%A0%B4%E6%A0%BC%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%80%A4%E2%80%9D&cad=h 

https://kotobank.jp/word/%E7%A0%B4%E6%A0%BC-599765#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
は‐かく【破格】 

[名・形動] 
1 しきたりや通例を破って、並はずれていること。また、そのさま。「破格な(の)安値」 
2 詩や文章などで、普通のきまりからはずれていること。また、そのさま。「破格な(の)文体」 
===========引用終了 

https://kotobank.jp/word/%E5%88%A5%E6%A0%BC-624984#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
べっ‐かく【別格】 

定められている格式に拘束されないこと。特別の取り扱いをすること。「会社で別格の扱いを受ける」 
===========引用終了 

https://kotobank.jp/word/%E6%A0%BC%E5%88%A5-460733#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89 
===========引用開始 
デジタル大辞泉の解説 
かく‐べつ【格別/各別】 

[名・形動] 
1 普通の場合とは程度・事柄が違っていること。また、そのさま。格段の違いがあるさま。特別。「―な(の)努力」「―にひいきする」「冬の夜の鍋の味は―だ」 
2 それぞれ別であること。また、それぞれ別に行うこと。 
「野郎ぐるひの太鼓五人、女郎ぐるひの末社五人、―にきはめ」〈浮・敗毒散・三〉 
[副] 
1 程度のはなはだしいさま。また、特に他と区別されるさま。特別。とりたてて。「今日は―寒い」「―言うことはない」 
2 普通とは違う、別の扱いがなされるさま。別として。ともかくとして。「子供なら―、大人の行為としては許せない」 
[用法]格別・格段――「この会社の技術力は格別(格段)に優れている」「この店の料理は格別(格段)にうまい」のように相通じて用いられるが、「格別」は他と比べて特にまさっている場合に用い、「格段」は他との違いがかなり大きい場合に用いる、というような意識の違いがある。◇したがって、「格別に変わったこともなかった」のような場合は「格段」を用いないし、「技量に格段の違いがある」では、ふつう「格別」と置き換えられない。◇類似の語に「特別」がある。「今日は特別暑い」「今日は特別変わったこともなかった」など「格別」と同じように用いられるが、「特別にあつらえる」のような場合は、「格別」「格段」を用いない。 
===========引用終了 

http://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/17029/meaning/m0u/%E5%88%A5%E6%A0%BC/ 
『類語例解辞典』 
===========引用開始 
特別(とくべつ)/格別(かくべつ)/別格(べっかく)/特殊(とくしゅ) 

[共通する意味] 
★他のものとは違っていること。 
[英] 
special《形》 
[使い方] 
〔特別〕(形動・副) 
▽特別な扱いはしないでほしい 
▽特別に安くしてやろう 
▽この店のケーキは特別おいしい 
〔格別〕(名・形動・副) 
▽今年の梅の美しさは格別だ 
▽格別の御厚意ありがとう存じます 
▽格別変わったところはない 
〔別格〕 
▽別格の待遇を受ける 
▽彼だけは別格だ 
〔特殊〕(名・形動) 
▽特殊な道具を使用する 
[使い分け] 
【1】「特別」は、普通一般とは何かしら違っているさま。よいことにも悪いことにも使われる。 
【2】「格別」は、よいことに対して使われる場合が多い。 
【3】「別格」は、定められた格式とは別であること。また、他とは別のよい扱いを受けること。 
【4】「特殊」は、普通とは異なっていること。 
[反対語] 
▼特別⇔普通 
[分類コード] 
918-26→分類一覧 
===========引用終了

 

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語

#日本語 #敬語 #誤用 #慣用句 #言葉 #問題 #間違い #二重敬語 


語学(日本語) ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。