こころの美容液

穏やかで優しい微笑みの美笑女を応援する読むコスメ
 ~あなたの微笑みが、周りを明るく幸せにします~

NEW !
テーマ:

 

 

 

誰にでも助けてほしい時があるものですが、

 

期待していたところから助けが来なかったり、

 

意外なところから助けが来ることがあります。

 

 

 

 

 

助けてもらえる資格がないのに助けられると、

 

相手の一方的な憐みに驚いたり感謝したり、

 

自分の浅はかさに気づかされたりするのです。

 

 

 

 

 

誰かの好意を無にしないよう最善を尽くしても、

 

自分の力不足で機会を失うこともあるでしょうが、

 

ご縁がどこに繋がっているかは不思議なのです。

 

 

 

 

 

自分が良かれと思って始めたことがピンチを招き、

 

あまり気が乗らなかったことが軌道に乗ったりと、

 

意外な経験をさせられるのも私たちの人生です。

 

 

 

 

 

ですから、どのような相手であろうと見下さずに、

 

自分の得だけを考えて行動しないようにしながら、

 

誰の役に立ちたいのかを考えることも大切です。

 

 

 

 

 

自分に都合の良いことだけが起こる人生はなく、

 

見返りを求めない奉仕の中に運が潜んでいたりと、

 

自分の謙虚さと傲慢さを常に試されているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

物事が教科書通りに進むことは少ないもので、

 

何が正しくて何が間違いなのかは今は分からず、

 

先に進んでから気づかされることが多いのです。

 

 

 

 

 

そして、正解はひとつとは限らないのですから、

 

感じていることを、感じているままに受け止めて、

 

自分に正直な選択を繰り返すことも大切でしょう。

 

 

 

 

 

あの人が言うから、この人が言うからという理由で、

 

感じている方向とは違う方向に流されやすい状態は、

 

自分の意見や意思を封じ込めている証しなのです。

 

 

 

 

 

誰にでも、譲れない思いがあって当然なのですから、

 

他人の思いや考えとは違う自分がいてもいいのです。

 

だから、他人がどう思うかを意識し過ぎないことです。

 

 

 

 

 

そして、自分の間違いに気づいたら素直に認め、

 

同じような間違いを繰り返さないようにしていけば、

 

以前よりはマシだと思える自分に出会えるでしょう。

 

 

 

 

 

私たちは、常に正しいから愛されるのではありません。

 

正しかったり、正しくなかったりを体験する仲間として、

 

自分らしく生きていこうとするからこそ愛されるのです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

自分で自分を見下し過ぎる傾向がある人は、

 

夢や希望を持てずに自滅の道を歩みがちで、

 

成り行き任せの人生を送ってしまうものです。

 

 

 

 

 

自分の人生のハンドルを握ることを放棄して、

 

目の前の出来事だけに右往左往するのではなく、

 

最終的な目的地へ辿り着く道を選択するのです。

 

 

 

 

 

目的地に向かうための手段は人それぞれですし、

 

入学や就職、結婚がゴールではないはずですから、

 

最終的に得たい感情を意識しなければ進めません。

 

 

 

 

 

こんなはずではなかったと思う時も訪れるでしょう。

 

初めからやり直す必要が生じることもあるでしょう。

 

しかし、自分自身を低く見積もる必要はありません。

 

 

 

 

 

荷物を背負い込み過ぎているなら降ろすことです。

 

休息が必要な時は思い切って休むことも大切です。

 

時には、寄り道をすることで視野が広がるのです。

 

 

 

 

 

真っ直ぐな道を一生歩き続けられる人はいません。

 

曲がりくねった道を途方に暮れて歩むことがあっても、

 

自分を信じることをやめずに一歩一歩進むことです。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

頭でっかちになりやすいのが私たちですし、

 

知識ばかりを詰め込み過ぎることに麻痺し、

 

実生活に必要な知恵を疎かにするのです。

 

 

 

 

 

教わったことは少しずつ忘れていきますが、

 

体験して得た知恵はいつまでも忘れません。

 

ですから、知恵を働かす機会が必要なのです。

 

 

 

 

 

何でもかんでも、誰かの言いなりになっていると、

 

自分で考え決断して、自分で一歩踏み出せずに、

 

自分の人生を自分で生きている実感が出ません。

 

 

 

 

 

うまくいっていない状況の時ほど知恵が必要です。

 

順調な時は、お陰様での精神で過ごせるでしょうが、

 

不調な時は、他人のせいにしても始まらないからです。

 

 

 

 

 

自己中心的に考えやすい思考に気をつけながら、

 

相手にとっても、自分にとっても、良くなる方向性で、

 

今を改善できるような知恵を生み出していきましょう。

 

 

 

 

 

そのためには、物知りではなく、人知りであること、

 

心を持つ人間同士が関わっているのだということ、

 

それを土台にした発想を湧かすことが大切でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

いつも気にかけている人に何かあると心配ですし、

 

心配をさせる相手に腹を立てることもあるでしょう。

 

しかし、心配する相手がいることは在り難いことです。

 

 

 

 

 

その相手は、家族や友人、先輩や後輩だったり、

 

何らかの形でお付き合いしている相手でしょうし、

 

相手の性格などを知っているから心配なのです。

 

 

 

 

 

どんなに優れている相手であってもピンチはあり、

 

現在が良くても未来は分からない私たちですから、

 

不安の種が、尽きることがないのが当たり前です。

 

 

 

 

 

子供を心配することをやめてしまう親もいますし、

 

配偶者を心配することをやめる人もいますので、

 

心配を掛けてくれる人がいることは素敵なのです。

 

 

 

 

 

いくつになっても、親から見れば子供は子供で、

 

その年代に応じた心配事が続いていくでしょう。

 

それは、自分のことより相手の方が心配だからです。

 

 

 

 

 

心配される側に立つと、鬱陶しく感じるでしょうが、

 

心配し合える相手がこの世に存在していることで、

 

良い時も悪い時も、共に喜び、共に泣けるのです。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

この世ではいったんお別れをしてしまったけど、

 

自分の中では今も生き続けている人がいたり、

 

記憶が相手との繋がりである人もいるでしょう。

 

 

 

 

 

記憶は、相手の声であったり、笑顔であったり、

 

思い出の残る会話のやりとであったりもしますが、

 

少しずつ薄れていく記憶に寂しさも伴うものです。

 

 

 

 

 

自分に影響を与えた度合が多い相手であれば、

 

自分の記憶が薄れないように祈る気持ちが湧き、

 

永遠に記憶の中から消えないでほしいはずです。

 

 

 

 

 

同じように、自分自身が地上での生涯を終えた後、

 

誰かの記憶の中で生き続けることになるかもしれず、

 

その場合は、明るい思い出であってほしいものです。

 

 

 

 

 

私たちは、自分自身が望む望まないに関わらず、

 

自分の記憶の中で誰かが生き続けるものですし、

 

誰かの記憶の中で自分が生き続けるのでしょう。

 

 

 

 

 

そうであれば、互いが生き続けていく記憶の中に、

 

互いにとって明るい思い出を多く残していくには、

 

今の関わり方を見直すことが大切かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

骨が折れるような苦労はあるでしょうが、

 

どのような試練にも脱出の道はありますし、

 

心が折れなければやり直しはできるのです。

 

 

 

 

 

良いとき、悪いときは、誰にでも訪れます。

 

しかし、すべてを糧にしていく人にとっては、

 

過去のマイナスが未来のプラスになります。

 

 

 

 

 

味わった挫折が今の自分の土台となっていたり、

 

味わった痛みが人への優しさを生んでいたりして、

 

心が折れそうな体験を通じて進化させれるのです。

 

 

 

 

 

もうだめだと思うようなことが繰り返されたでしょう。

 

歩んできた道が間違いだったと感じたことでしょう。

 

生きることに精一杯だったときもあったことでしょう。

 

 

 

 

 

体の痛みは時期が来れば回復していきますが、

 

心の痛みは一生背負っていく痛みもあるのです。

 

そして、それが生きているということなのでしょう。

 

 

 

 

 

自信を持ったり、自信を失ったりもする私たちが、

 

耐え忍んだ時間は無駄になることはありませんし、

 

折れにくい心を育てるための時間も必要なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

私たちが、未体験の出来事に遭遇する場合、

 

いろいろな思いが自然と湧いてくるものですし、

 

期待と、不安や恐れが同居してしまうものです。

 

 

 

 

 

未来に起こる出来事は誰にも分かりませんが、

 

自分の弱さや無力さを真摯に受け止めるなら、

 

嵐が来ても揺るがない自分の土台が必要です。

 

 

 

 

 

他人から見るとマイナスの出来事を体験中でも、

 

絶望せずに、未来の自分の糧にしていけるのは、

 

自分の未来に対する期待を失っていないからです。

 

 

 

 

 

他人から見るとプラスの出来事を体験中でも、

 

本人が、自分の未来に期待を持てずにいれば、

 

不安や恐れが、いつも付きまとってくるでしょう。

 

 

 

 

 

また、何かの結果が出るまでは不安でしょうし、

 

出た結果が、思い描いていたものと違った場合、

 

大きく膨らんだ恐れを乗り越える勇気が必要です。

 

 

 

 

 

目の前の状況にしか視点が向けられなくても、

 

時間を掛けて解決できた経験もあるはずです。

 

恐れがあっても、未来には期待していいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

私たちが知らないことはたくさんありますが、

 

知らないことに出会うたびに素直に教わり、

 

自分の糧にしていく心の姿勢が大事でしょう。

 

 

 

 

 

知ったかぶりをする人ほど嫌われるもので、

 

自分の知識のなさを謙虚に受け止める人は、

 

人に好かれ、善意の協力者が増えるのです。

 

 

 

 

 

知っていることでも自分の範囲は限られますし、

 

専門家の話を聴くと、新たな気づきも与えられ、

 

人間としての視野も広がっていくかもしれません。

 

 

 

 

 

自分が知らないことが何かも知らないのです。

 

知っていると決めつけてしまうと成長は望めず、

 

今の自分の視野を広げることはできないでしょう。

 

 

 

 

 

様々な立場を経験してこそ知ることができたり、

 

様々な思いを味わってこそ知る痛みがあったり、

 

実際に体験したから得られるものも多いのです。

 

 

 

 

 

「それは知ってる」と決めつけたがる自分に対し、

 

自分が知っている範囲は限られていることを戒め、

 

自分と違う見方も参考にできる余裕を持ちましょう。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

私たちが、この世を去る確率は100%ですが、

 

幸せな人生だったと思える人になれる確率は、

 

目的と手段を勘違いするかどうかで変わります。

 

 

 

 

 

幸せや成功の定義は、ひとりひとり違いますが、

 

幸せという感情を多く味わうことが目的でしょうし、

 

成功は、そのための手段のひとつと言えるでしょう。

 

 

 

 

自分が自分らしく生きていることが成功の人もいます。

 

愛したい人を愛せていることが成功だという人もいます。

 

愛されたい人から愛されていることが成功の人もいます。

 

 

 

 

 

欲しいものを欲しいだけ手に入れることを目的にして、

 

経済的に満たされた状態を目指すことを生きがいに、

 

全てを叶えたのに幸せを味わえていない人もいます。

 

 

 

 

 

目的と手段がごちゃ混ぜの状態を続けていると、

 

何処を目指しているのか不明な方向音痴になり、

 

頑張れば頑張るほど不幸になるかもしれません。

 

 

 

 

 

勉強することも、遊ぶことも、働くことも手段です。

 

幸せな感情を得るという、目的を見失うことなく、

 

与えられた家族や仲間との日々を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。