家具なび ~きっと家具から始まる家づくり~

インテリアショップBIGJOYバイヤー・コーディネートアドバイザーが語る家具選びのノウハウ紹介。愛知県名古屋市にて営業!
ソファやダイニングテーブル・チェア・ベッド・マットレスタンス・ドレッサーふとん・カーテンまでトータルコーディネートいたします。


テーマ:

インテリアショップBIGJOYではご来店予約をして頂けた方を優先に

CGを駆使した3Dコーディネートサービスを行っております。

そんな中で今回提案したのが家具レイアウトの新常識ともいえる

家具の配置術についてお話させて頂きます。

新常識!?といって何が新常識なのですか?

・・・・・・。

それは家具を壁にくっつけないという家具の配置を提案したことです。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


みなさんが家具を選ぶ際、その家具をどの壁に置くか

イメージする方がほとんどであると思います。

しかし、今回の提案は家具を壁につけておくのではなく、

家具と家具を背合わせとする、家具を壁にくっつけない家具の配置を提案させて頂きました。

今回の提案には理由がございます。

ある一定の広さのあるお部屋でなければならないのですが、

子育てを考えた家具の配置を提案しなければと考えた結果

浮かんできたアイディアです。

まず初めに

ソファの背中にオープンラックを並べて子供のおもちゃや絵本などの

お子様のものを整理整頓するスペースを提案しました。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


ソファの背面に1mほどスペースを取ると

ソファの背面に画像のようなオープンラックを置くことができます。

この考え方はリビングに入ってきたときにリビングダイニングがよりスッキリ

見えるための工夫です。

オープンラックでごちゃごちゃする部分をソファの背中で隠すことで

スッキリ見せるという考え方です!

更にはソファの背面の高さとオープンラックの高さを合わせることで

ソファの背面にオープンラックが並んでいるように見えないのです。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


さらにはオープンラックの高さが70㎝とすることで

様々な利点がございます!

まず一つ目は高さ70㎝とすることでデスクとしても活用できます。

通常のデスクのように天板下に足を入れることができないのですが

脚を広げてスツール座れば、高さ70㎝のシェルフ上をワークスペースとして

提案できるのです。

2つ目はオープンラックの天板上はソファのサイドテーブルとしての役割を果たします。

ソファ前のテーブル上にテレビのリモコンや新聞、雑誌、飲み物などを取るのに

前にかがむ必要がありますが、

ソファ後ろにオープンラックの天板があるので

サイドテーブルとしてすぐにリモコンを取ったり、ティッシュをとったり、

飲み物を置いたりと非常に便利なのです。

3つ目の利点としては一つ目とかぶってくるかもしれませんが

家族のコミュニケーションが取りやすくなるという点です。

インターネットをソファ後ろではなく、別のスペースでする場合

こんな例を思い浮かべます。

奥さんがインターネットで調べ物をしており、旦那さんがテレビでサッカー中継を見ている

状況下で奥さんが一言、「ねぇ!ねぇ!ちょっとこれ見てほしいんだけど・・・!」と

サッカーを見ている旦那さんは、(今いいところなのに・・・。と思いながらも)

「なに?どうしたの?」と、サッカーを横目に奥様のいるスペースへ向かうという状況は

夫婦あるあるではないでしょうか?

そんなやり取りもソファ後ろにワークスペース兼収納という考え方を取入れれば

わざわざ奥様のところへ行く必要がなく、ソファから後ろを振り返るだけでよいのです。

ソファの背面に高さ70㎝のオープンラックを置くことはこんなメリットがあるのです。

もうひとつがダイニングテーブルにユニット家具を背合わせとするアイディアです。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


画像のようなお部屋の場合、その多くがユニット家具、ユニットデスクのような家具は

壁面にくっつけて置くのが常識であると思いますが、

ここではあえて家具を壁にくっつけるのではなく、ダイニングテーブルと背合わせに

置く提案をさせて頂きました。

この家具のレイアウトにも理由がございます。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


それは子供の勉強スペースと大きく関連してきます。

みなさんのお宅はお子様の勉強スペースはどこでさせてますか?

小学校の宿題、その他の勉強を・・・

最近ではリビング学習ということばがあるように

リビングダイニング空間で勉強するという考え方を多いのではないでしょうか?

リビング学習の中でも多いのがダイニングテーブルの上で勉強です。

ダイニングテーブルの上で勉強しているとこんな光景に遭遇しませんか?

料理をするお母さん、学校の宿題をごはんができるまでに終えたいお子様

お母さんがひとこと「もうすぐご飯ができるから机の上を片づけて、ご飯の準備して?」と

するとお子さんは、「もう少し・・・ここまでやったら片づけるから・・・」と

当然のことですが、料理は出来立てがおいしく、

また指示を出したらすぐに動いてもらいたいと思うのが母親です。

勉強を終えてテーブルの上は消しゴムのかすがいっぱい、プリントなどの

勉強道具が散乱!こんな状況は回避できないのかと考えたのです。

インテリアショップBIGJOYでは、「食学分離」という造語を提案します。

「食学分離」というのは勉強するところと食事をするところを分けたいという造語です。

ダイニングテーブルでは勉強せず、デスクで勉強する!

という考え方です!そこで提案するのが今回のレイアウトです!


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


ダイニングテーブルとユニットデスクを背合わせにすることで

テーブルとデスクが一体となった家具の配置となります。

どうしてこのような配置とするかというと、それは・・・

勉強を壁に向かってするのはなく、ダイニングテーブル側に向かって勉強することで

開放的な空間で勉強することができるからです。

学校の勉強、塾などの勉強は壁に向かって勉強するのではなく

先生や黒板をみて勉強するものです。

壁を目の前として閉鎖的な環境で勉強させるより

このような配置は開放的な環境で勉強させることもでき、

かつお子さんの勉強している姿をお母さんもダイニングに座り見てあげることもできます!

この2つの家具の配置提案は結果的に

片面の壁に全く家具を設置しないという提案となってしまいましたが

この家具の配置はお子さんが小学校の間までの期間限定の配置として

提案するのです。


家具を壁にくっつけない提案!家具配置の新常識


お子さんが中学校となり、試験勉強などをするようになれば

お子さんのお部屋で勉強することとなる場合もあると思います。

そのようになれば、今回提案した家具の配置ではなく

壁面に向かってワークスペースや収納スペースを設けることを想定しているのです。

今回の提案はデスクが幅150㎝、オープンラック2台で幅172㎝なので

ソファの後ろにデスク、ダイニングテーブルに合わせてオープンラックを置くこともでき

お子さんが大きくなったらオープンラックは子供部屋にもっていき、

ソファは壁面まで下げることでソファ前がとても広いリビング空間となるのです。

お子さんの成長に合わせて家具の配置を柔軟に考えることこそ

まさに家具の配置の新常識と言えるのではないでしょうか?

インテリアショップBIGJOYではこのような家具配置、コーディネートの提案を

CGをつかって具体的にわかりやすくご提案しております。

是非、インテリアショップBIGJOYに来店予約をしていただき、

優先的に受けることができる3Dコーディネートサービスを是非ご検討ください。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYのコンセプト「きっと家具から始まる家づくり」という考え方から

窓の大きさ、取り付ける高さと家具とカーテンの関係性についてお話したいと思います。

今回の提案は2つございます。

ひとつは設計の段階で窓のサイズ、取り付ける高さを考えてくださいというもの

もうひとつは設計段階は終わって、施工中の方にオーダーカーテンの丈を注意してくださいという

提案です。

まず初めに家づくりをこれから始める方、もしくは今設計の段階である方に

窓の大きさ、取り付ける高さについてアドバイスさせて頂きます。

今回のアドバイスは家具屋だからこそ気づく、「家具から始まる家づくり」という考え方だから

気づくものです。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


窓の大きさ、取り付ける高さを考えようというのは、当然ですが掃出し窓(大きな窓)ではなく

腰高の腰窓と呼ばれる窓についての提案です。

家具を提案する際に、家具を設置できる場所を図面から提案しておりますが

その際に腰窓の場合は窓の大きさをチェックします!

チェックするポイントは窓の大きさ、高さをチェックします!

腰窓の多くは高さ110㎝のものと90㎝のものが多く

その窓の取付高は掃出し窓の大きさに準ずることが多いと思います。

掃出し窓の大きさに準ずるというのは

家を外から見た場合、窓の上面が同じ高さの方が見た目がきれいなので

腰高の窓の上面は掃出し窓の上面と同じとなることが多いのです。

つまり、掃出し窓の高さが200㎝、2mであれば

腰高窓が高さ110㎝の場合、窓の取り付ける高さは200㎝-110㎝=90㎝となります。

つまり、窓下の有効寸法はおおよそ90㎝となります。

窓の取付高はその窓下に置く家具とカーテンに影響を及ぼします。

下の写真をご覧ください、


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


腰高窓の高さは110㎝、取付高は90㎝というリビングの窓下に

高さ71.5㎝のユニット家具、カーテンは窓枠よりも15㎝~20㎝大きくするのが通例なので

カーテンの丈は130㎝ほどのものとなります。

写真を見て頂くとお分かりですが、カーテンの丈と家具の高さがぴったりで

カーテンの裾部分が家具と干渉していない良い事例となります。

次の写真をご覧ください!


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


この写真は先ほどと条件的に同じ、腰高窓の高さは110㎝、取付高は90㎝という場所

今回提案した家具は80㎝ほど、窓下90㎝につけるカーテンは15㎝~20㎝ほど大きくするので

家具とカーテンが干渉してしまう為、カーテンを開けている状態です。

家具が70㎝ほどであればおそらく干渉しないのですが

高さ70㎝ほどの収納家具は少なく、写真のような2段のオープンラックは

無印良品のスタッキングシェルフでも81.5㎝あるので

カーテンと家具が干渉してしまうのです。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


この事例は窓下の道具の配置、使い方が具体的に決まっておらず、

設計の段階で使い方が決まっていないから起こってしまったこととなります。

設計の段階でその壁面にどのような家具を配置するか、

その窓下のスペースをどのように使うか具体的に決まっていれば

窓の大きさ、取り付ける高さを変えていればこのようなことにはならないものです。

今回の事例の場合、窓の高さを90㎝、取付高を110㎝とすれば

カーテンの丈を窓下20㎝ほど下げても、家具とカーテンは干渉しないのです。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


このような考え方は「家具から住まいを考える」という視点がなければ

気づくことができないのです。

つまり、設計の段階で窓の大きさ、取付高はその部屋に入ってくる光や風を優先的に

考えすぎると、使い方が犠牲になってしまうということとなります。

今回は写真はございませんが、寝室や子供部屋でもこのような考え方は重要となり

窓の取付高が低すぎるとベッドのヘッドボードとカーテンが干渉したり

学習デスクとカーテンが干渉することがございます。

窓下のスペースをどのように活用するか、使い方から考えて窓の大きさ、カーテンの丈を

考えてもらいたいものです。

是非、これから家づくりをされる方、現在設計中の方は

設計士さんがこのような配慮をしてもらえる環境ならばいいのですが

多くの設計士さんはこのようなことを考えてもらえないこともありますので

お金を払う、本気度の高い施主様自身が気づかなければ

そのまま進んでしまうものですのでご注意ください。  



次にすでに設計が終わっている方、お住まいを施工中の方に

カーテンを注文する際にカーテンの丈をご注意くださいという

アドバイスとなります。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


すでに窓の大きさ、取付高が決まってしまっている方には

窓下の使い方、そこに置く家具の高さをしっかり計算して

カーテンの丈を決めるべきだと思います。

住宅業界の闇ともうしますか、住まいと家具のような道具、カーテンと

販売先がバラバラな場合、どうしてもカーテン屋さんは家具のことまで考えて

カーテンの丈を考えてくれないものです。

また、家具屋さんもカーテンの丈のことを考えて家具を提案することが少なく

(インテリアショップBIGJOYではカーテンの丈を考えて

ベッドの高さや家具の高さを提案します)

家具とカーテンが結果的に干渉してしまうことがございます。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


以前に私自身もカーテンを製作したのですが、そのスペースに置く家具と

カーテンが干渉することが取り付けてから判明し、

カーテンの丈を縮めることを提案しましたが、カーテン1枚につき3000円ほど

かかり、1窓に厚手のカーテン2枚、レースカーテン2枚の計4枚あるため

カーテンの丈縮めだけで12000円もかかったことを思い出します。

窓下スペースをどのように使うか考えたら、そこに置く家具の高さに合わせて

カーテンの丈を考えることをお勧めします!

寝室や子供部屋の場合は家具に合わせてカーテンの丈を考えるのではなく

カーテンの丈を長くするのは光が漏れてこないようにするためなので

カーテンの丈に合わせてベッドのヘッドボードの高さを考えるべきであると考えます。

窓の大きさと取付高と家具とカーテンの関係性は

写真を見ていただければお分かり頂けると思いますし、

今までにもカーテンが家具と干渉して裾部分がクシャッとなってしまうことを

経験したことがある方も多いと思います。

こんな些細なことかもしれませんが、「家具から始まる家づくり」という視点を

考えれば窓の大きさ、取付高にももっと問題意識をもって確認して頂きたいものです。

腰窓下の収納家具は高さ70㎝であれば

たいていの窓に対して有効であり、家具とカーテンが干渉することはございません。


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性


インテリアショップBIGJOYでは高さ70㎝のユニット家具「Handy」

高さ71.5㎝の「Wonder」という家具をはじめ、

高さ70㎝のオープンラック「70シェルフ(ななまる)」をオリジナル企画商品として

販売しております。

高さを70㎝にする家具がお住まいでどうして有効なのか

このことからお分かり頂けると思います。

つまり、高さ70㎝の収納家具はどのような壁でも大抵置くことができるというわけです。

是非、高さ70cmほどのユニット家具、シェルフをどうぞご検討ください!

ベッドのヘッドボードも70㎝ほどに抑えてあれば、窓下にベッドの置いても

カーテンと干渉しないと思いますのでご検討ください!


家具から始まる家づくりとは、家具が置きやすい家という意味合いだけでなく、

使い方を具体的に考え、その使い方を活かすことができる家具の置き方から

考えた家づくりがきっと理想の住まいに一歩近づくものと考えます。

是非、これから家づくりをされる方、家づくりが現在進行形の方、

家具とカーテンをトータルで提案するインテリアショップBIGJOYだからできる

アドバイスがございます。

是非、ご相談ください!


窓の大きさ、取付高と家具・カーテンの関係性

最後にご紹介するのが、上の写真です。

ある女性設計士さんが窓下に家具を置き、その家具の上に写真立てや雑貨を置いても

窓と干渉しないように計算して窓の取付高を考えた事例です!

これぞまさに家具から始まる家づくりの象徴的な窓のイメージです。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが提案する3Dコーディネートの提案内容を事例として

壁にデスクカウンターを取り付けるべきかどうかを検証したいと思います。

私たち家具屋では新築の設計図面を多く目にします。

その多くの図面で、リビングダイニング空間にデスクカウンターを取り付ける予定と

書かれております。



本当にデスクカウンターを取り付けることが望ましいのでしょうか?




家具屋という立場でいうとデスクカウンターは取り付けるべきではないと考えます。

家具屋だから家具を販売したいと思う方もあるかもしれませんが

それだけではございません。


今回は実際に3Dコーディネートを提案させて頂いたお客様の事例で

説明させて頂きたいと思います。




当初の計画では下のCGの通り、ソファ後ろのスペースに

造り付け収納があり、その中央にデスクカウンターを取り付けるという図面となっておりました。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!



しかしながらあえてデスクカウンターを取り外す提案をさせて頂きました。

ご提案させて頂いたご家族には小さなお子さんがいらっしゃり

子育てを中心に考えるのであれば

デスクカウンターを取り付けるべきではないと提案しました。

どうして子育て中心に考えると取り付けるべきではないかというと

2点ございます。

1点は勉強スペースとして壁に向かう場所よりも、ダイニングテーブル上やソファ前の

テーブル上で勉強した方が開放的な空間で勉強できるからです。

壁に向かって勉強するのは高校受験や大学受験の勉強であれば

そのような形でもいいと思いますが、昨今の子供の勉強スタイルを考えれば

リビング学習という言葉があるように

リビングダイニングで勉強する、特にダイニングテーブルで勉強するといった

話を巷で耳にします。

当初の計画どおりデスクカウンターを取り付けてしまうと

計画通りそこで勉強させるより、ダイニングテーブル上で勉強するように

なってしまうのではないでしょうか?

そんなことではデスクを取り付けても使わないようになってしまってはもったいないと思います。

2点目は小さなお子さんがいらっしゃるご家庭であれば

どこの家庭でも見る光景だと思いますが、おもちゃがあふれるほどの量となり

片づけられないほどのおもちゃが散乱してしまうことがないでしょうか?

住まいを設計する際に子供の物を置くスペースを考えていない場合

おもちゃがリビングダイニングにあふれてきます。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


そんなときにワークスペースとしてデスクのあるスペースが

フリーなスペースとして収納家具が置ければどれほど便利なことでしょうか?

最近の住まいは窓が多く、家具を置く壁面が少ないように感じます。

そんな中デスクカウンターを取り付けるスペースは、いわば貴重な壁面となるのです。

そんな貴重な壁面をワークスペースとして使い方を固定してしまうのは

もったいないというわけです。

そんな2点のことを考えるとデスクカウンターを安易に取り付けるべきではないと思います。

今回提案した事例は

ソファ後ろのスペースにワークスペースとして使用できるようデスクを提案し

さらにお子さんのおもちゃや絵本を収納できるオープラックやマガジンラックを提案

飾り棚として使用できるガラス扉のキャビネットを提案させて頂きました。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


先程、リビング学習という言葉を紹介した際にダイニングテーブル上で勉強するという

話をさせて頂きましたが

私たちインテリアショップBIGJOYでは

ダイニングテーブルで勉強しない提案をさせて頂いております。

それはこんなシチュエーションを考えから提案しております。

ママが「こどもたち!もうすぐご飯ができるから机の上を片づけなさい!」というと

こどもが「もう少し!ここまでやったら片づける!」と

食事のタイミング、もっとも食事がおいしい出来立てのタイミングではなく

子供の勉強が終了するタイミングとなり、更には

勉強が終わった後は机の上にプリントや問題集が散乱、消しゴムのかすなどもたくさん

残っているような状態で、片づけも大変だと思います。

そんなことでイライラするママの気持ちを考えると

食学分離という造語を提案します。

勉強するところと食べるところを分けて考えるという考え方です。

つまり、ダイニングテーブルとは別のスペースで勉強してもらい

かつ壁面に向かって勉強するという環境ではない場所を選ばなくてはなりません。

そこで提案するのがソファ後ろのスペースなのです。

今回はリビング空間が広かったため、提案できるのですが

ソファの背面にデスクを置くことでとても開放的な環境で勉強ができ

ソファに座りながら、子供たちの勉強を見ることもできます。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


このようなソファの背面にデスクを置くという提案は子供の勉強という面だけでなく

実は・・・。大人も便利になるです。

お子さんが寝た後、ご夫婦でドラマや映画を見る際に

飲み物やスイーツをデスクの上に置き、ソファで寛ぐという使い方も提案します。

最近の家具の提案ではソファ前のリビングテーブルを置かない提案をしております。

お子さんが広いスペースで遊べるようにテーブルが邪魔となるのです。

ソファ前にテーブルがないのでソファの背面にデスクがあると便利なのです。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


その他、ソファの後ろにデスクがあると

旦那さんは日本代表のサッカー中継をソファに座って見る

奥様はサッカーにあまり興味がないのでソファ後ろのデスクに座って

インターネットをしながら必要に応じて旦那さんとコミュニケーションをとる

といった状況もあると思います。

ワークスペース、パソコンスペースをソファと一体にすることでこんな使い方もできるのです。


今回はお子さんが中学生ぐらいとなり、おもちゃを処分したらどうなるか

シュミレーションしてみました!

オープンラックを子供部屋にもっていき、デスクをオープンラックのあった場所へ移動させる提案です。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


そのころとなれば試験勉強などは自分の部屋でする子も多くなったりすると思いますので

自分の部屋で勉強するようになればリビング空間は子供のオープンラックをなくし

すっきりさせることができます。ソファを少し後ろに下げてソファ前を広くします!


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


デスクはパソコンを使う時ぐらいしか使用しない為、壁面につけてすっきりさせるようなイメージを

提案します。

また、いままで飾り棚として使用してきたガラス扉のキャビネットを

テレビボード上に乗せるという提案もさせて頂きました。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


今回、テレビボードをユニットタイプ「Wonder」という商品で提案し、

幅2m40㎝の大型タイプを提案しておりますが

1枚天板とせず、あえて180㎝と60㎝の天板を提案


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


将来、60㎝の天板を外して、ソファ後ろの収納キャビネットの上台を

テレビボードの上に乗せ換えることもできるように提案しました。


壁にデスクカウンターをつけるべきではない!


実は、作り付ける予定のデスクカウンター自体はすでに発注されている場合

そのもの自体は別の場所で活用する提案もしました。

テレビボード上に奥行き25㎝ほどの棚を取り付けるイメージを提案

この棚はもともとデスクカウンターであり、半分にカットし、別々の場所につけることを

提案させて頂きました。

将来ユニット家具のテレビボード「Wonder」に飾り棚をつけてもおかしくない位置に

棚を固定することも考えて提案しております。

家族で最も大きい旦那さんの目線より高い位置に設置すると

神棚代わりとしても提案できます。

厄年の際に神社で厄払いのお札をこのような棚の上に飾ることもできると思います!

BIGJOYでは棚の使い方としてこんな使い方もあることを提案しております。

以上のことから

デスクカウンターをつける予定のスペースですが

あえてデスクカウンターを取り付けるのではなく、フリースペースとして

色々な用途に使用できるスペースとして考えることが大切であると思います。



お子さんの成長に合わせて

子育て中心に考えれば、子供のおもちゃや絵本の収納場所、

文房具や道具の置き場所、幼稚園や小学校で使用するグッズ、習い事のカバン類

着替えなどあらゆる子どもの物を置くスペースを少しでも確保していただければと思います。

マンションにお住まいの方は子供部屋に子供の物を置いてもいいと思いますが

一戸建ての場合、子供部屋はリビングダイニングと別の階にあることが多く

子供のものを取りに行くのにその都度階段の上がり降りは大変なので

リビングダイニング、プラス和室にいかに子供のものを置くかというのが

お子さんが小さい間は大切です。

お子さんが自分のことを自分でできるようになるまでは、1フロアで子育てが完結できるように

したいものです。だからこそ子供の成長に合わせて変化する家具のレイアウトを提案

したい考え、デスクカウンターを安易に取り付けるべきではないと考えます。

子供の成長に合わせて、お部屋の使い方が大きく変化するのはお子さんが中学生以上と

なるタイミングです。

そのタイミングまでは子育て中心の家具レイアウト、

お子さんが大きくなったら、家族がくつろぐリビングダイニングという

家具の配置ができる間取りの計画を是非お考えください!

インテリアショップBIGJOYでは今回提案したような内容を

ご予約いただいた方へアドバイスをさせて頂いております。

ただ家具を選ぶのではなく、お部屋をどのように使うか?しっかり考えて

家具の選び方を提案させて頂きます。

是非、家具の選び方をインテリアショップBIGJOYへご相談ください!



壁にデスクカウンターをつけるべきではない!









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します!


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


今回は床やドアがナチュラル色で天井の梁やデスクカウンターの天板がブラウン色という

内装に対して一部の家具をナチュラル色とウォールナット材を使用した家具を取り入れることで

バランスのいいツートンスタイルコーディネートを提案させて頂きました!


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


そんな中、今回ご紹介したいのがインテリアショップBIGJOYオリジナルソファ「ZEN」です!


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


壁面に対して設置するソファの配置ですが

ウッドフレームソファの特徴でもある背面の美しさが見えるような提案をしたいと思います。

つまり、ソファの背クッションを必要以上に使わない、置かない提案となります。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


従来、このソファは背クッションがしっかりついているものなのですが

BIGJOYのオリジナル提案として

ソファの背クッションを外す提案をさせて頂きました。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


もちろんウッドフレームの特徴である背面を見せるためという目的ではございません。

あえて背クッションをつけないのは

座面を広く使用するためです。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


座面を広く使用し、ウッドフレームに直接もたれたり、

少し大きめなクッションに身を預けるように座ったりという提案で

BIGJOYが提案したいのは

座面を65㎝ほどとし広く使うことで、ソファの上に足を上げて座ることができるという

提案となります。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ



みなさんはソファに座るときどんな姿勢で座りますか?

家具屋さんでソファの座り心地を試すような姿勢で常に座ってますか?

私自身は床の上で座るような姿勢でソファに座ることが多く

常にソファの上に足をのせるイメージで座っているので

みなさんの多くもそのような姿勢で座っていないでしょうか?

若い同年代の男女がシェアハウスしている「テラスハウス」という番組でも

多くの男女がソファの上に足を上げて座っているのを見ることが多く

「自宅で寛ぐ」際にはその多くがソファの上に足をのせて座るのではないかと

考えました。


そこでインテリアショップBIGJOYでは「座・SOFA」として

ソファの上に足を上げて座れるソファを集めております。

すでに10種類以上のデザインで提案させて頂いておりますが

その多くが背クッションを外して座ることができるソファとなっております。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


ソファの奥行きを大きくするとソファ前のスペースが狭くなってしまうので

ソファの奥行きは80㎝~90㎝ほどが望ましく思います。

奥行が1m以上もあるようなソファでは

ソファが大きすぎてリビングが狭くなってしまうこともございます。

よってインテリアショップBIGJOYが集めている多くのソファは「座・ソファ」として

日本人の為の、日本人の座り方にあった、日本人向けのソファという

コンセプトとしております。



背クッションが大きい場合、ソファから外してしまうとその外した背クッションは

邪魔者となってしまうのです。

だからこそ、今回提案したようなオリジナルソファ「ZEN」は

背クッションを最小限の大きさとして、あえて背中の無垢材を見せるような

クッションの置き方を提案しているのです。


結果的にウッドフレームの特徴でもある背中の美しさが

壁に背中をつけるようにおいても見えることとなり、かつ座り方に合わせたクッションの

使い方ができるというソファとなるのです。

ソファはどこかデザイン性や価格で選ぶという基準であったと思いますが

インテリアショップBIGJOYではソファは使い方から選ぶ時代となったと思い

日本人の為の、日本人の座り方に合った、日本人向けのソファ 「座・ソファ」を

提案致します。

ソファの上に足を上げて座る、つまり床の上で座るような姿勢で座ることができる

ソファは本当の意味で日本人向けのソファではないでしょうか?

日本人は昔から床の上でごろごろ生活する文化がございます。

欧米の文化が入ってきてソファという代物ができたとはいえ

床に座るとどこか安心感のあるものです。

お部屋が広く、ソファもない住空間ではなんだか間延びしてしまい

お部屋がさみしく思うので、

インテリアショップBIGJOYが掲げるソファのコンセプト

ソファは床の上に座るような姿勢で座ることができるソファを提案致します。

是非こんな考え方のソファをインテリアショップBIGJOYへ見に来ていただければと思います。

今後、このようなコンセプトで新しいソファが入荷する予定もございます。

是非、日本人のための、日本人の座り方に合った、日本人向けのソファ「座・SOFA」を

ご覧ください!

今回はコーディネート事例の中でもソファに焦点を当ててご紹介させて頂きました。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


ナチュラル色とウォールナット色のツートンスタイルの家具を

チェア、スツール、サイドテーブル、テッシュボックスとバランスよく提案し

統一感のある住空間として提案させて頂きました。


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ



参考にしてください!


オーク無垢材をぜいたくに使用したソファ


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します!


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


今回はフローリングがウォールナット柄、天井の梁がブラウン色という内装で

家具はウォールナット無垢材、ウォールナット材を使用した家具で統一させて頂きました


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


全体的にウォールナットブラウンとファブリックをベージュ系で統一することで

まとまりのある空間となりました!



今回はL字型のリビングダイニング空間で

ソファを目いっぱい下げて使用することもできたかもしれませんが

あえてソファ後ろの空間を開けて


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


そこへインテリアショップBIGJOYオリジナルのオープンラック「70SHELF」

ウォールナット材バージョンを2本設置

1本が幅86㎝ほどなので2本で幅172㎝ほどとなります。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


高さが70㎝であることにこだわって製作したオリジナルシェルフは

ダイニングテーブルの高さ(71㎝)やソファの背面の高さ(68㎝)と

ほぼ同じ高さとなるため、このように設置しても狭くなるような感じはありません!

高さをそろえることも狭く見えるかどうかに影響しているかもしれません。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ



このようにオープンラックを設置するとお子さんのおもちゃ収納スペースとなり

さらには高さ70㎝なのでちょっとノートパソコンを触る程度であれば

ワークスペースとしても提案が可能です!


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


オリジナルシェルフ「70SHELF」は裏表すべて仕上げておりますので

このように間仕切りとして活用できます!




今回、リビングに設置したテレビボードはインテリアショップBIGJOYのオリジナル

テレビボード「クワトロLDK」です!


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


テレビボードの前板中央にウォールナット材のしらた(ウォールナット材の白い部分)を

アートのように提案したデザインとなります。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


前板は板扉でありながら、テレビやAV機器のリモコン操作ができる優れものです

AV機器などすべて扉の向こう側に隠すことができるのでとてもすっきりします!

また、扉の縁まわりを8㎜の無垢材としており、

ウォールナット材は無垢材と突板(薄い板)は経年変化をすると

色の出方が異なってきます。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


無垢材の部分を極力狭くし、突板部分を広くし、

縁まわりを框組した枠に凹凸感をつけることで経年変化後

色の出方が辺にならないようにと考えております。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


市場で売られている家具の中には無垢材と突板材が一緒に使われている家具は多く

そのほとんどは購入時には同色となっているため

色の違いはあまり感じないと思いますが、使用して数年が経つとその色の違いが

はっきりと出てくるので、そのような家具はBIGJOYとしてはあまり好みません。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


こだわり過ぎかもしれませんが、無垢材のみが前面にくるデザインか

突板のみが前面に出てくるデザイン、プリント化粧合板のみが前面に出てくるデザインの

いずれかのデザインを選んでいただいた方がいいと思います。

極論かも知れませんが、

無垢材と突板材が前面に混ざっているデザインよりも、プリント化粧合板のみの家具のほうが

かえって安っぽくならないように思います。



ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


今回はソファのファブリックとチェアのファブリックをベージュ系、グレージュ系で統一しており

ウォールナット無垢材の家具や内装となっているため

ファブリックをブラックやネイビー色のような濃いめとなると

お部屋が暗い印象となるかと思いました。


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ


グレージュ系であればウォールナット材との相性も抜群なので

おすすめなカラーです!

参考にしてください!


ウォールナット&ベージュ色で統一したコーデ




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します!


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


今回は明るいメープル柄系のフローリングにホワイト色の明るい内装の

リビングダイニング空間にナチュラルコーディネートを提案しました。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


今回のコーディネートテーマはライトグリーンカラーをテーマカラーとした

コーディネート提案で、中でもメインカラーでもあるライトグリーン系を

ラグやクッション、インテリア雑貨などのアイテムで表現!


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


家具はナチュラル色で統一し、チェアやソファのカバーはアイボリーやベージュ系と

家具はベージュ系で統一したチョイスを提案し

彩はラグやクッション、小物で提案したコーディネートです


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


料理でいうパセリやグリーン野菜を彩で合わせるような提案です。




このような考え方はいろいろなテーマに合わせたコーディネートが

しやすく、ラグやクッションを民族柄を取入れ、雑貨をアジアン雑貨を置くと

全く異なる雰囲気となるのです。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


ソファの張り生地やチェアの張り生地を個性的な色でもある

赤や黒、グリーン、イエロー、ブルー色という色にすると

コーディネートのイメージによっては合わない場合もあると思います。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


最近ではヴィンテージ系の雑貨が多く、流行となっているのですが

そんな雰囲気にしたい場合はラグやクッション、雑貨を総入れ替えすれば

そのようなイメージにも合わせることができるのではないでしょうか?




今回はあえて家具のイメージを統一し、ラグやクッション、雑貨で

イメージを整えるという提案方法をご紹介します!


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ



今回は明るいライトグリーン系、イエロー系の色を合わせ

ラグやクッション、雑貨にグリーン色やイエロー色のアイテムを並べ

イエロー色と相性のいいグレー色も一部に取り入れました。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ



家具のデザインもチェア、ソファ、リビングテーブルを

丸脚で先細り、テーパーデザインで統一させることで

北欧スタイルのイメージを提案し、


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


ダイニングテーブル、シェルフ、テレビボードはすべてスクエアな家具で

合させて頂きました。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ



平面図を見た際に、ダイニングスペースとリビングスペースの間が

広くあくように感じたので、空きスペースにオープンラックを提案

子供のおもちゃや絵本を収納できるようなスペースを提案させて頂きました。


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ


北欧スタイルのナチュラルコーディネートはとてもいい感じコーディネートできました。

参考にしてください!


ライトグリーンをテーマ色としたナチュラルコーデ



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


今回はナチュラル色のフローリング材と天井の大きな梁が数本ある

リビングダイニングのコーディネートを提案させて頂きました。

天井の大きな梁を意識したカントリースタイルのコーディネートを提案!

なかでもダイニングチェアはアーチ状の形状はまさにウィンザースタイルで

カントリースタイルにふさわしいデザインです!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


今回は明るめな内装に合わせてアルダー材という少し赤みのある無垢材で

全ての家具を統一!

素材感を合わせることでとてもまとまりのあるリビングダイニング空間となりました!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


今回の間取りは建売物件でしたので

家具屋の立場から考えると、ソファ後ろの腰壁面に

本棚を作り付けているのが気になりました。


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


日当たりを気にして大きな掃出し窓が2面ある間にしかテレビボードを置くことができず

ソファを外に向けておくのか、部屋の中に向けておくのか

お客様に選択してもらうことを考えれば

本棚という固定された使い方の壁にするのではなく、

テレビボードを配置できるように考えるべきであると思いました。


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


建売住宅であれば、使い方を限定した提案をするよりも

あらゆる家具の配置ができるようしっかり考えて設計してもらいたいものです。

こんな考え方が「家具から始まる家づくり」と言えると思います。

このリビングダイニングの広さを考える少々小さなテレビボードとなってしまいましたが

今回は既存の部屋を最大限生かした家具の配置を提案しました!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


先ず提案したのが、ダイニングテーブル奥のスペース、

ダイニングテーブル奥のスペースにはユニット家具を提案!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


最近のレイアウトではデスクを開放的な空間と訴えているのですが

今回はそんなスペースを考えることができなかったため、

このような提案をさせて頂きました。

壁面のあるダイニング空間にしっかり収納家具を提案させて頂きました!

テレビボードも今回ご紹介したユニット家具と同じデザインを採用


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


幅120㎝のという限定されたサイズをユニット家具で提案

窓と窓の間の限られたスペースにコンパクトなテレビボードを提案させて頂きました。


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


ダイニングセットは丸脚のダイニングテーブルに丸脚のチェア、ベンチを合わせて

リビングテーブルも丸脚のデザイン


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


リビングダイニングの家具のイメージを合わせることで統一感のある空間となりました。

チェアのデザインがナチュラルカントリースタイルを象徴し、


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


リビングのアクセントラグもカントリースタイルのイメージにぴったりなチェック柄をチョイス

幅2m20㎝ほどのコンパクトサイズのカウチソファには

ブラウン色を取り入れたクッションを置くことで

全体的に明るくぼやけてしまうリビングダイニング空間にアクセントを加えるような

提案をさせて頂きました。


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ


全体的にとてもまとまりのあるナチュラルカントリースタイルのコーディネートなり

とても素敵な空間となりました。

参考にしてください!


アルダー材で統一したナチュラルカントリーコーデ




Facebookもチェック インテリア家具販売サイト ナチュラル・ウォールナット家具専門店


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します

今回は縦長のリビングダイニング空間を活かした家具のレイアウト提案を

軸としたコーディネートをさせて頂きました!


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


今回のリビングダイニング空間はダイニングとリビングの間の空間があるのが特徴

縦に長い空間ということもあり、その長さを活かせないかと考えさせていただきました。

そこで考えたのが高さ70㎝のユニット家具でお部屋の間仕切るという考え方です。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


インテリアショップBIGJOYのオリジナルユニット家具「Wonder」の裏面化粧バージョンを

提案させて頂きました。

裏面がきれいに仕上がっているので四方のどこから見ても

きれいに仕上がっているため、今回のように壁に対して垂直方向に家具を置き


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


表面は収納扉、引き出し、裏面はきれいに仕上がった面、

をしっかり見せ、使いやすい提案をさせて頂きました

ユニット家具「Wonder」は高さ71㎝ほどなのでダイニングテーブルほどの高さしかない為

間仕切るといっても全く圧迫感は感じません。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


ダイニングとリビングをユニット家具で仕切ることでジグザグとした導線となりましたが

縦長の住空間を活かせる家具の配置となったのではないでしょうか?

高さ71㎝ほどということもあり、写真のようにブラック色のスツールを置くことで

デスクカウンターのように使用することもできます。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


残念ながら格子の壁ということもあり、おそらくコンセントは近くにないように思いますが・・・。

事前にこのような形でお部屋を使用するという具体的なイメージがあれば

家具の近くにコンセントを配置することもできたのではないでしょうか?

こんな小さなことですが、この考え方が「家具から始まる家づくり」となるのです。

使い方を具体的に考えて、その使い方に合わせたコンセントの配置は

実際生活が始まるとその問題意識をしっかり考えて住まいを計画したかどうかが

身にしみてわかってくるものと思います。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


さて今回はウォールナット柄の床にブラウン色のカウンターや格子の柱などがあり

サッシがブラック色ということもあり、ウォールナット&ブラック色のコーディネートを提案

ダイニングテーブルはウォールナット無垢材の天板と脚はブラック色

チェアはブラック色、ユニット家具やテレビボード、リビングテーブルはウォールナット

スツール、ソファをブラック色というコーディネート提案をさせて頂きました。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案



まずご紹介するのがリビング空間です。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


幅150㎝のテレビボードと幅128cmほどのオープンラックを並べて提案!

こどものおもちゃや絵本などを収納するためのオープンラックは

幅128㎝ほどなのでテレビボード横でも間仕切りで使用したユニット家具の位置でも

置くことができます。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


将来、お子さんが大きくなってオープンラックの位置に収納家具を置きたい場合に

フレキシブルにレイアウト変更ができるようにイメージした提案となります。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


またリビングテーブルはお子さんが小さい間は

子供の遊びスペースとしてしようするためリビングテーブルが必要ないという場合に

移動がしやすいように2つに分かれたタイプを提案、

ひとつひとつは奥行きが浅いので

ソファと壁の間にテーブルを置くアイディアも考えられます!


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


(そのイメージを写真撮影すればよかったです・・・。)

リビングテーブルはお子さんが小さい間は使用しない方もあると思います。

そんな時にソファの後ろにベンチのようにおいていただくのもいいのではないでしょうか?

(今度、チャンスがあればそのイメージを撮影したいと思います。)

これら2つの考え方はお子さんの成長に伴い、お部屋の使い方が変化します。

その変化に対応できるような家具をそろえることで

その時々が充実した使い方となるような家具の提案ができると考えます。

今の暮らし方と10年後の暮らし方はきっと異なると思います。

そんなことを考えながら家具を選ぶというのはなかなか難しいと思いますが

インテリアショップBIGJOYではできる限り、間取りを見ながらそんな提案ができればと思います。

今回提案したソファは90㎝のコーナーソファ2つと65㎝のアームレスソファの3つのアイテムから

成り立っております。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


階段で上の階へ上がることができるためのスペースを考えると2mほどのソファが適正サイズと

考えましたが、2階へ上がることがない時は

ソファを横に並べて2m45cmほどの置きなソファとして家族みんなで座る使い方もありだと思います。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


幅180㎝のコーナーソファはとてもコンパクトでありながら

今回のお部屋にはとても使い勝手のいいソファだと思いました。


ダイニング空間はウォールナット無垢材の天板と脚はブラック色、

チェアもブラック色で合わせることでとてもおしゃれになりました。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


ユニット家具はダイニング側に引き出しと扉を向けているので

細かい小物や文房具などを引き出しに入れたり、補完する書類などを

ユニット家具に収納できるのでとても使いやすい家具の配置となったように思います。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


よくブログに欠かさせて頂いておりますが、

住宅の造り付け収納には引き出しはほとんどありません。

大きな扉と中に棚がつくだけだったり、棚のみをつける収納スペースなどとなりがちです。

ユニット家具のような引き出し&扉の収納家具はいろいろなものを整理整頓するのに

きっと便利だと思います。

住宅を設計する際に何をどこに収納するかなど具体的なイメージをしていただき

クローゼットのような収納をつけるべきか、置き家具で考えるべきか

安易に決めるのではなく、よーく考えてもらいたいものです。


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案


今回は一部の壁面にあざやかなブルー色が取り入れられた内装だったので

フラワーアレンジやクッションにブルー色を取り入れたコーディネートを

提案させて頂きました。

ウォールナット&ブラック&ブルーというテーマカラーのお部屋で

とてもいい感じのコーディネートができました。

参考にしてください!


ウォールナット&ブラック色のコーディネート提案






Facebookもチェック インテリア家具販売サイト ナチュラル・ウォールナット家具専門店


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーディネート事例をご紹介します!


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


今回は節ありの素材感たっぷりなフローリングに

オーク無垢材を使用したシャープでモダンな印象の家具で統一した

リビングダイニング空間をご紹介します。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


今回のコーディネートのテーマは「デスク」ワークスペースの提案です。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


通常、新築の住まいでみられるデスクカウンター

その多くは壁面に向いたつくりとなっています。

お子さんの勉強、学校の宿題を壁面を向いたデスクカウンターでするのでしょうか?

なんだか閉鎖的な感じがするので、結局意図としない使い方で

ダイニングテーブルの上で勉強してしまってないでしょうか?


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


今回、インテリアショップBIGJOYではあえてデスクを壁面に向けるのではなく

デスクをお部屋の中央に置いて、空いた空間の有効活用と

お部屋を間仕切る感じに家具を設置することを提案します。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


対面型のデスクをリビングダイニングに提案することで

片面からお子さんが勉強し、もう一方から親が覗き込むようなシチュエーションとなります。




ダイニングテーブルで勉強すると、ママが「ごはんだよ~!」といっても

「もう少し勉強したい」、「ここまでやりたいからもう少し待って!」などと

食事のタイミングもずれてしまうことがないでしょうか?


さらには勉強道具や消しゴムのかす、プリント、書類などがダイニングテーブル上に

たまってしまっては食事するスペースが削られてしまいます。

やはり勉強するスペースはダイニングテーブルではなく、ワークスペースでした方がよい

と考えるのであれば、デスクの置き方、ワークスペースの作り方を

住まいの設計の段階でしっかりと考えてもらいたいものです。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ



今回、デスクをユニット家具で提案しておりますので

お子さんの友達が遊びに来たり、ホームパーティーをする際にはデスクは壁面に

移動し、さらには親が座るスツールもダイニングの予備椅子として

ご使用いただけます!


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


家具の置き方、道具の使い方は家族の成長に伴い変化するものです。


安易にワークスペースを作り付けるのではなく、いろいろな使い方が提案できるよう

できるだけ家具やカウンターを作り付けるのではなく

置き家具で置き方を変化させるなど、フレキシブルにレイアウト変更ができるような

間取りのつくり方をおすすめします!


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


さらに家具を置くことを考えて窓の高さを設定し、カーテンの取付寸法も

しっかり考えたうえで、窓下のスペースをどのように活用するかという

問題意識のもと設計図に向き合ってもらえればと思います。

こんな考え方は家具屋ならではと思いますので参考にしてください!




デスク以外の部分についてお話させて頂きます。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


今回のコーディネートはナチュラルモダンな提案です!

ダイニングテーブル、チェアの脚、ソファの肘部分、リビングテーブルの天板の厚み

テレビボードの天板の厚みなど

通常よりも細いデザインの家具で統一


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


無垢材を使用したシンプルな家具ですが

シャープさ、モダンさを提案するため、「細い」というキーワードで統一された

家具のチョイスとなります。




特にダイニングテーブルの脚がおしゃれで

通常、脚を細くするとテーブルは横揺れをします。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


しかしながら今回提案しているテーブルは脚の付け根部分が3つのパーツをくっつけた

補強兼デザインされた脚となっております。

細く、強くというモダンデザインの理想形ともいえるデザインで

その細い足のテーブルにあわせるようにチェアの脚も細くシャープなデザインを提案

モダンなダイニング空間を提案できました。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


リビング空間においても

ソファの肘、サイドテーブルの天板、リビングテーブルの天板は

それぞれ底面をシェービング、けずり落としているためシャープな印象となります。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


天板が薄く見えるけど、実際は厚みのある天板となるのです。

そんな小口面がシャープになるので

リビング全体がモダンな印象となります。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


テレビボードも通常は25㎜ほどある天板をあえて20㎜で製作することで

天板の厚みが薄くなることで印象がモダンな印象となります。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ



オーク無垢材を使用した家具であるにもかかわらずモダンな印象の

ナチュラルモダンコーディネートとなりました。





最後にレイアウト変更した場合の家具の使い方、サイドテーブルの使い方の提案を

お話させて頂きます。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


中央に配置したデスクをホームパーティーの際には壁面にデスクを置くことができるような

サイズのデスクを提案しており、対面式で親が座るために用意したスツールを

来客用としてダイニングで使用します!


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ



サイドテーブルもソファの中央で使用でき、さらにソファの肘部分とデザインを合わせているので

肘とサイドテーブルをくっつけると大きな肘面となるように使用することができます。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


肘部分がとても広くなるため、

子育て中のママが子供を早く寝かせて、お気に入りのスイーツとお気に入りのドリンクで

癒しのひとときを過ごしてもらいたいものです。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ



今回の提案は家具の使い方を具体的に考えることで

その間取りを有効に活用する提案の一つとなります。



デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ


住まいを設計の段階で一つ一つの部屋の使い方を具体的に考えることで

設計変更し、理想の住まいに近づけてもらいたいものです。

是非、家具から始まる家づくり、具体的な使い方から考える家づくりを

少しでも多くの方に考えて頂ければと思います。

参考にしてください。


デスクを部屋の中央に配置したナチュラルコーデ







Facebookもチェック インテリア家具販売サイト ナチュラル・ウォールナット家具専門店


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

インテリアショップBIGJOYが手掛けたコーでィネート事例をご紹介します


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


今回は濃いめのグレー色のキッチン、薄めのグレー色の壁面

節ありの素材感たっぷりなオーク無垢材のフローリングという内装に


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


オーク無垢材の家具、ダイニングテーブル、テレビボード、リビングテーブルと

オーク材のシェルフ、


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


ブラック色のチェア、ソファにはブラック色のクッション、ブルー色のクッション

グレー色の文字の入ったクッションを置き



お部屋全体をナチュラル&グレー、ブラック、ブルーをテーマカラーとして

コーディネート提案させて頂きました。




内装はブルーグレー色のキッチン、壁面、グレー色の濃淡で壁面にアクセントをつけた

提案でナチュラル&ブラックのダイニングが相性抜群でした!


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


キッチン横のカウンターデスクに合わせるチェアもブラック色とすることで

ダイニングキッチン空間がとても素敵になりました!


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


ナチュラル色のダイニングセットよりもチェアをブラック色とすることで

より引き締まった感じがします。


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート



リビング空間には変形のカウチソファを提案!


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


広い座面が特徴的なソファで、ソファの上を床の上のように使用できるため

ソファの上に足までのせてゴロゴロしたり、立膝ついたり、体操座りをしたりと

自由な姿勢で寛げるユニークなソファです!


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


このソファの背クッションをテーマカラーでもある

グレー色の文字のクッション、ブルー色のストライプのクッション

ブラック色の大きめなクッションを3個置くことでリビング空間とダイニングキッチン空間の

調和を図りました。



ダイニングテーブル、チェア、テレビボードの脚を丸脚で統一し、


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


丸みのあるデザインのソファとリビングテーブル


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


全体的に丸みのある優しいナチュラルコーディネートでありながら

ブラック色でしまったコーディネートとなりました。


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート



リビング空間には子供のおもちゃや絵本を収納するシェルフを置き

幼児のいるご家庭をイメージしたリビングダイニング空間を提案することができました


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート


ナチュラル&グレー・ブラックコーディネートを素敵です

参考にしてください!


グレー・ブラック色とナチュラルコーディネート



Facebookもチェック インテリア家具販売サイト ナチュラル・ウォールナット家具専門店


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。