イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



日本経済新聞の教育欄で最近知った内容です。


名古屋外国大学学長曰く

とある審議会の未来予測


2011年度に米国の小学校に入学した児童の65%が将来、

現段階において存在しない職業につく。


今後20年のうちに、

現在の職業の67%ロボットや人工知能によって代用される。


2030年までに人間は、週15時間程度の労働で済むようになる。


と予測されているとのこと。


どれも本当か?

と思いますが


自分の子供が大人になって働くころには、

私たちの知らない職業がたくさん選択肢にあり、

消えていく職業があることは確かでしょう。


特に、

手に職をつける仕事はなくなっている可能性は高いです。

新しい技術が出てくると、淘汰されてしまいます。

また、車の運転や税理士など、資格を必要とするものも

人工知能の発達で、徐々に替わられていくでしょう。


逆に

コンピューターが苦手な

人の心を読むコミュニケーションを必要としたり、

創造力を必要とする仕事は

必ず残ることでしょう。


ですから、子供には

勉強勉強といって詰め込むよりも、

自ら考え、不確実な世の中でも

自らの答えや仮説を持って行動することを教えるように

心掛けなければなりませんね。


自ら考えて生きる

自生心と表現したらよいでしょうか。


言葉を変えると

コミュニケーションでリーダーシップをとり、

創造力で新しい価値を生む


時代とともに教育も変わっていくべきです。


にしても、

③の週15時間の労働時間

実は、かなり可能性低いと思っています。

メールやネットの時代になり、

情報のピラミッド化がフラット化してきた

今でさえ、労働時間は大して昔と変わらないですから、

将来も、大きくは変わらないと思います。

人間は、暇になると不安になる生き物ですし、

競争心、向上心を持って仕事をする人は

めいっぱい働こうとしますからね。



お役に立てば嬉しいです。




(おススメ情報)

-------------------------------------------------------------


~~ワクワクするビジネス・自己啓発のお薦め情報(日々更新)~~



〇好きなことをトコトン楽しむ達人

→ http://junseiyamato.seesaa.net/article/416580588.html  



〇YouTube で億万長者になる方法

→ http://flmk.biz/member/go/ga/002640001166005/


-------------------------------------------------------------


▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)