イノベーションで未来を創ろう! ある企業研究者の Life Strategy

日本、いや世界の未来の担い手は企業の研究者・エンジニアです。
イノベーション、ビジネス、自己啓発、科学、健康などについて発信していきます。
研究者・エンジニアでなくとも是非、お立ち寄り下さい。
創造性豊かに暮らせる世界をつくりましょう!


テーマ:
▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ




経営学者の一橋大学 楠木健教授の言葉を借りると


ビジネスには、

日向戦略日陰戦略があるとのこと。


日向とは時代の最先端の領域で、

多くの人の注目を集め、ホットではあるが、

それだけ競争も激しいことを指します。


例えば、

今、話題のIoT(モノのインターネット)や人工知能などが

それにあたるでしょう。


iPS細胞ももう少し先の時代になると、

日向戦略のビジネス領域になるかもしれませんね。


日向は規模も大きく、

戦略も分かり易い反面、

誰もが進出をしようと狙っているビジネスでもあります。


つまり、

競争力がないと勝ち抜けない

ということになります。


それに対して

日陰とは、

日向に対する影の部分、

誰もが気づき難く、やりたがらないが、

実は、ビジネスチャンスがある領域。


楠木健教授の例えでは、

アメリカ1850年代のゴールドラッシュ


多くの移民がアメリカンドリームを実現しようと

自己資金を投入して金の採掘をしました。


ここでいう、

日向戦略は金採掘して大きなリターンを得ること。

その裏面となる日陰戦略は、ジーンズを売ること。


採掘をする労働者の必需品の一つが作業着となるジーンズです。


「金を掘るよりジーンズを売れ」という言葉があるように

金はいつ当たるか分からないが、ジーンズは採掘をしている限り、

安定的に売れるわけです。


これが日陰戦略


日向への日差しが強ければ強いほど、

日陰戦略も活きてきます。


例えば、

先に、例に出したiPS細胞

治療としてのiPS細胞を保険償還するビジネスは日向になります。


各大学、企業が将来、急成長するiPSを初め再生分野の治療へ投資をしています。

治療を達成し、収益化するには、

安全に、且つ、コストがかかりすぎないように細胞を製品にしなければなりません。


再生医療には、必ず細胞を培養するステップがあります。

培養には時間がかかりますし、また、コンタミといって菌などが紛れ込んではいけません。

また、目的の機能を発現すえるように処置もしなければなりません。


これらは、今は人が実施しています。

時間と手間がかかり、

これが最大のコストになります。


ここに注目するのが日陰戦略と思います。


再生医療そのものではなく、

細胞培養を促進する培養液や、

細胞培養のオートメーション化する機械等の開発は

実は、大きな隠れたニーズがあるでしょう。


そして、

これらは日向戦略として細胞治療をビジネスとしている企業は

やりたがりません。

でも、敢えてこの分野に強みやノウハウのある日向戦略企業が

日陰戦略をとって、

細胞培養の促進や品質の安定化をさせるビジネスにも足を踏み入れると、

実は、こちらの方が収益性が良い。

ということは十分にあり得るでしょう。


日向戦略 vs 日陰戦略


という構図というよりも、

日向戦略から日陰戦略にできるビジネスはないか?

その逆(日陰⇒日向)はないか?


と考えると、

限られた製品での勝負でなく、

得意領域をバランスよく抑える事業戦略を実践できる。


かつて

プロ野球で太陽の長嶋茂雄、月見草の野村克也といわれたように、

記憶にのこるビッグプレイヤーと緻密なID野球の先駆者

この二人の存在は野球界に大きな影響を与えました。


どちらも野球界で必要であったように

ビジネスでも同じことが言えるのでしょうね。


巧妙なビジネスは日陰戦略にあります。

お役に立てばうれしいです。

お読みくださり有難うございます。


以下、こちらも有益な情報をシェアしますね。


PS1

何をしても夢を実現できない場合は、成功を科学する。ジェームス・スキナーの傑作!

⇒ http://bit.ly/1PSeTi4


PS2

自由なライフスタイルに憧れるならコレ!日本一読まれているメルマガ

⇒ http://bit.ly/1PONldT


PS3

あの稲盛和夫氏、柳井正氏も絶賛する目標達成メソッド!
⇒ 
http://bit.ly/1Q9jApQ


PS4

ダメ親父が教えるゆる~いFX勉強会
⇒ http://bit.ly/1shFQEe



▼応援ポチッと宜しくお願いします!

  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


製造業 ブログランキングへ









いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)