「老舗の味」

ってありますよね。

あれって、「かたくなに同じやり方をしている」という印象ですが、実は違ったりする
ことも少なくないそうです。

時代によって、環境も変わり、お客様の好みも変わる。

そんないろいろな変化に対応して、微妙な調整をしているからこそ、「変わらない味」
が保てるのだと。

イチロー選手だったかな・・・、以前、こんなことを言っていました。


「変わらないためには、変わらなくてはいけない」

深いですね。

アスリートとして同じパフォーマンスを続けるには、年齢や環境に応じてプレースタイ
ルや練習方法などに修正を加え続けなければいけない。

単に同じことをやる続けるアスリートは生き残れないのです。

ビジネスも同じです。

私がこれを学んだのが、人気ラーメン店一風堂の「一風堂心得帖」


この、「一風堂心得帖」は、創業者の河原社長の「50のこだわりの経営哲学」がまと
められているもの。

とても勉強になります。
その、34番目にあるのがこれです。

「変わらないために変わり続ける」
ホームページの該当部分がコチラ。
ぜひぜひご覧ください。
http://jin-planet.com/QR/public/l.php?9996&2904&236m2


▼一風堂の「一風堂心得帖」全体像はこちら▼

 


河原社長からは学ぶべきことがとても多いですね。

「変わらない」ことは、「何もしないこと」、ではない。

何もしないこと、を言い訳にするのは止めよう。

「変わらない」ことは、「変わり続けること」。

普段の生活の中で、「ちょっと元気になる」言葉です(^^♪。



~お薦め本ご紹介~

「おこだでませんように(作:くすのきしげのり 絵:石川聖岳)」

 

 




ウチのお薦め講師でもある、山崎清治さんに教えてもらった絵本です。
深いです。
小さいお子さんがいる方、とにかく読んでみてください。
子供との接し方だけではなく、大人の世界にあてはめてもいろいろと考えさせられるすばらしい絵本です。


【お薦め講師】
無人島生活で子供たちとともに「当たり前」の貴重さを伝える『遊びの達人』。大人こそ、この人から学びたいです!

 

 


<山崎清治>





【PR】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
場づくりの達人!クラウン(道化師)から学ぶビジネスヒント!

【7/4  ビジネスで活かす!「クラウン流コミュニケーションセミナー」】
http://jin-planet.com/QR/public/l.php?9996&2904&236m6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
========
【研修・講演を企画するなら人財育成プラネット】
http://jin-planet.com/QR/public/l.php?9996&2904&236m7
========

AD

昨日は、「CLOWN!CLOWN!CLOWN!2017」に行ってきました爆  笑

 

これは、日本最大のクラウン(道化師)集団「プレジャーB」のメンバーが総出演する年に1度のステージです。

 

 

私は毎年見に行っていますが、年々人気を増すばかりでチケットも取りにくくなるほど。

今年も3日間の公演すべての回でほぼ満席です。

 

 

 

 

 

入り口のめちゃいい場所に、お花飾っていただきました ^^) _旦~~。

 

 

さて、日本では、「ピエロ」という認識の強い「道化師」ですが、正式には「クラウン」といいます。

このプレジャーBには、世界チャンピオンはじめワールドクラスのクラウンが多数所属し、いつも「プロフェッショナルな姿」を学ばせてもらっています。

 

彼らから特に学びたいのは、「場」の作り方。

サーカスなどでは空中ブランコなど派手な演目が終了すると、クラウンが登場!

お客さんとコミカルな掛け合いをしている間に、ステージは次の準備が進められます。

クラウンは、決して目立たない「名脇役」なのです。

 

これ、組織やチームの「潤滑油」的な存在として極めて重要ですね。

本当は素晴らしい技術を持ちながら、それを「上から見せつける」ことをせず、時にはさりげなく失敗することで相手を持ち上げ、関係性を深めていく。。。

 

ビジネスコミュニケーションにも活かせることたくさんあります。

だって、クラウンは基本、「しゃべらない」んですから。

翻って我々ビジネスでの悩みってどうですかね???

 

●部下がどれだけ言っても育たない・・・

●あれだけ言っているのに報連相がなっていない・・・

●彼と話をしていても言いたいことが伝わってこない・・・

 

そうか考えたらすごくないですか?

クラウンにみなさんは、言葉に頼らずにお客さんとコミュニケーションをとり、関係性を高め、一緒にステージを作り上げていきます。

 

言葉を使っても意志疎通できないビジネスマン・・・

言葉も使わずに関係を作り上げるクラウン・・・


これは何か学ぶべきものがあるに違いない!

そんな楽しくて、学びの多いセミナーをプロデュースさせていただいています。

上場企業さんやメーカーさんの企業内研修として実施し大好評のセミナー、一昨年から一般公開しています。

 

次は7月。

昨日のような大きなステージを総演出する、ワールドクラスのクラウン「LONTO」さんと加古のコラボセミナー。
ビジネスにおける場づくりの重要性や、チーム力を上げるヒント満載です(^^♪。

【7/4 ビジネスで活かす!「クラウン流コミュニケーションセミナー」】

 

過去のセミナーの様子、チラリと(笑)。

 

 

ちなみにこのプレジャーBの皆さんの稽古場にもちょくちょくお伺いすることがありますが、黙々と練習するプロの姿を見かけることが少なくありません。

 

「自律した個」が集まる集団」

 

カッコいいです(^^♪。

 

AD
挑戦する・・・って、こういうことか・・・
そう思わせる男がいます。
 

阿部理(おさむ)ってバスケット選手知っていますか?
彼と会ったのはもう10年くらい前ですね・・・。
彼も若けりゃ、私も若い(^_-)-☆。

(ってか、なんでこんなに日焼けしているんやろ・・・)
 

ってか、この背丈の差、どうよ・・・(^-^;。

2mを超える彼と正面向き合ってメシ食っていると、普段人と会うのと違う目線で、肩凝ったり、バランス感覚がおかしくなります(笑)。

 

 

日本鋼管(現・JFEエンジニアリング)、トヨタ自動車などでプレーし、新人王やベスト5賞、スリーポイント王などを獲得。名実ともに日本バスケ界において、その名を歴史に刻んだ選手です。

 

そんな彼が当時、日本を飛び出し、夢であるNBAに挑戦していました。
「いました」って思っていたんですが、なんと!

 

彼、今もまだ夢を追いかけています。


先日、「最後の挑戦に向けていったん帰国した」との連絡ありました。
2メートル以上ある大男ながら繊細で優しい、素敵な選手です。

彼の活動をまとめたこの映像、ぜひぜひ見てください。

 

【阿部 理 最後のNBAチャレンジ!】

 

そして笑えるのがこの記事。
数年前に、挑戦を続ける阿部選手について書いたものですが、米国で取材しているこの丹羽って記者・・・高校時代ずっとと同じクラスだったツレやん(笑)。
イチローにも張り付いて海外スポーツライターとして活躍しているのは知っていましたが、阿部さんを取材しているとは。


【無謀か一途か 43歳の型破りなNBA挑戦 /スポーツライター 丹羽政善】
 

こうしたチャレンジングな仲間を見ていると、自分を揺さぶるいい刺激を頂けます!

 

阿部さん、まだまだ頑張って!!!!!

 

<シーズンオフなどで阿部さんの経験をお聞きできる講演会の企画も可能です>

お問い合わせはこちら

AD