vege dining 野菜のごはん-トマトプロフィール

vege dining 野菜のごはん

庄司いずみ(izumimirun) 野菜料理家。野菜を愛して野菜を料理しています。食いしん坊ベジタリアンで、「とっても簡単、だけどおいしい。野菜だけでも十分満足!」。そんな野菜のお料理を提案できたらと、日々がんばり中。かんぶつマエストロ、野菜ソムリエの資格を取りました。 by izumimirun

vege dining 野菜のごはん-アスパラお知らせ

☆発売中のレシピブログマガジン夏号にて、夏のおひるにぴったりな野菜たっぷりの麺を8pで紹介しています。

☆『My Age』のオンライン版、Our Ageにてヘルシーごはんの連載をしています。

☆メロディアンさまから発売中の夏のスムージーを監修させていただきました。

☆ニチレイから発売中の野菜のソース、スマートベジを監修させていただきました。

☆私のキッチンはこちらでご覧になれます。

ELEE ONLINEで私のレシピをご覧いただけます。

☆エンターブレインの社食でレシピ提供をしている模様がこちらのウエブ連載でご覧いただけます。

☆読売新聞の医療サイトヨミドクターで毎週土曜日連載中です。

ベランダ菜園のサイトでレシピを紹介しています。
★それ以外の主なお仕事実績はこちらをご覧下さい。

ポストお仕事のご依頼はこちらからお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月25日

最新刊から☆アボカドのねぎ塩和え

テーマ:副菜・小さなおかず

 今日は最新刊、野菜を和で食べるレシピの中から、お気に入りレシピを一品ご紹介しますね。
 和食というと醤油味のお煮染めやおひたしがすぐ思い浮かびますし、この本の中でもド定番レシピは数多く紹介していますが、今日ご紹介するようなちょっとハイカラ(^^)、チョチョッとつくれて、居酒屋でも出て来そうな“いまどき和食”もたくさん紹介しています。
 このアボカドの和えものは本当にカンタンなのですが……。スタイリストのK代さんがとっても気に入り、「これ大好き~!」とお皿を抱えてくださった自信作。
 作り方はすごく簡単。ねぎ塩和えのレシピをどうぞ。

☆材料:2人分☆
アボカド 小1個(180g・1.5㎝角に切る)
ねぎ 小1本(80g・みじん切り)
a 塩 小さじ1/2
a ごま油 小さじ1
a レモンの絞り汁 小さじ2


ボウルにねぎを入れてaを加えて混ぜ、5分味を馴染ませます。


アボカドを加えてさっくり混ぜ合わせて盛りつけます。


 出来ました。メチャメチャ簡単、簡単ではあるのですが……。人が集まる時などにチャチャッと用意して振る舞うと、株が上がること間違いなしのおいしさなのです。
 ねぎに調味料をまぶした状態、つまりプロセス1の段階でとめておき、ねぎ塩としてストックもできますよ。アボカドに和えるほか、冷ややっこにかけたり、そうめんのトッピングにしても素敵なのです。
 ぜひぜひお試しくださいね。

こちらは画像のみ、簡単なレシピ説明だけのご紹介ですが……。これもかなり好きで評判がよかったねぎごはん。2合でなんと2本のねぎをぶつ切りにし、切り干しだいこん、ひじき、干ししいたけ、そしてしょうゆを入れて炊いただけのカンタン炊き込みごはん。悶絶もののおいしさななのです。書店で見かけたらぜひレシピをチェックなさってくださいね。

最新刊はやさいの和食。発売になりました!

 最新刊野菜を和で食べるレシピ、発売になりました!
 わが家は大の和食党。家族全員ごはんと和風のおかずが大好きです。
 すし、刺身、焼き魚など、魚料理が有名な和食ですが、考えてみると和食の基本は野菜料理。特に家庭でのおそうざいは煮っころがしやおひたし、野菜たっぷりの汁もの、精進揚げや野菜の炊き合わせなど、家庭料理は野菜なしには成り立ちません。
 というわけで……。
 今回のテーマは野菜の和食。紹介するレシピはだしを含めて植物性100%。かつおだしさえ使っていないので、精進料理とも言えるのかもしれませんが……。
 私のレシピですから毎日チャチャッと作れる簡単なものばかり、精進料理というほど肩肘張ったものではありません。
 毎日のおかずに大活躍する定番レシピから、アボカドの和えものや豆乳だれの焼きなすなど居酒屋風、いま風の和食も。ちょっとしたひと手間で仕上がりがグーッとおいしくなる、野菜料理のコツもたくさん盛り込みました。ぜひぜひチェックなさってくださいね。

とうふと野菜のレシピ本、好評発売中です。

 最新刊とうふと野菜だけレシピの主役はとうふ。そのとうふと野菜を組み合わせたレシピをたくさん紹介しています。
 とうふに刻んだ野菜や味付けした野菜をのっけただけのお手軽やっこアレンジから始まって、人気メニューのおとうふバーグやとうふステーキ、チャンプルーやとうふサラダ。さらにとうふを肉がわりにつかったとうふ餃子やとうふのミートソース風、とうふオムレツのオムライスまで。誰もが大好きなおとうふを食べ尽くすレシピ集です。
 買ってきてすぐに食べられるのが魅力のおとうふだから、もちろんレシピはいずれもカンタン。しかもごはんものや麺類にいたるまで300kcal以内と、低カロリーを実現できたのもヘルシー素材のとうふならでは。
 いつものように植物性100%のレシピですが、とうふと野菜の組み合わせなら、タンパク質とビタミン、ミネラルが一緒にとれるのがスバラシイ。栄養的にもパーフェクト! ぜひぜひチェックなさってくださいね。

私初、ダイエットメソッド本、大好評です!

 私史上初の本格ダイエット本野菜食べ順ダイエット、おかげさまで大好評。痩せたという報告をたくさん受けていますが、ふだんから野菜中心の食事という友達まですぐに1.6㎏痩せたというからビックリ。やっぱり食べ順って大事なんですね。
 この方法で紹介するダイエットの方法はとってもカンタン、野菜を食べる順番をかえるだけ。この本では1、2、3の3ステップで野菜を食べることを提案しています。
 ステップ1は生野菜。サラダや冷やしトマト、もろきゅうなどをまずどうぞ。生野菜には食物酵素がふんだんに含まれ、しっかり補うと代謝がアップ。痩せやすい状態をつくります。
 ステップ2は温野菜。おひたし、野菜炒め、煮ものなどを食べます。これは食物繊維補充のためです。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えてくれるから、その後いつもと同じように食べても痩せやすい状態に。
 そしてステップ3は汁ものやスープ。水分が食物繊維と結びつくとお腹の中でふくれ、満腹感が生まれます。さらに、温かい汁ものなら内臓がダイレクトに温まるから、消化促力がアップ、ますます痩せやすい状態になるというわけです。
 この3ステップのあとは何を食べてもOK、その後糖質たっぷりの炭水化物をとっても、油っこいメインディッシュをとってもいつもより太るリスクは下がっています。
 ガマンゼロ、ストレスゼロ、世界一カンタンで効果抜群のおいしいダイエット法というわけです。
 3品も野菜料理を準備しなくちゃならないの、と思うかもしれませんが……。コンビニやファミレス、居酒屋など、ふだん行っているお店でもできる方法も紹介しているので、外食派でもOKです!
 もちろん自炊派には、パパッと3品準備できるレシピもたっぷりと紹介しています。ぜひ書店でチェックなさってくださいね。

2つの野菜だけでつくるカンタンサラダ本、好評発売中です。

 たった2つの野菜でカンタンサラダ、おかげさまで好調です。
 サラダは食事の基本です。生野菜のシャッキリサラダも好きですし、甘みたっぷりの温野菜のサラダもいいですね。
 毎日たくさん食べたいものだから、作り方はカンタンなのが一番。いろんな野菜を盛り合わせ、手をかけたご馳走サラダもいいですが、それだと作るのが億劫になりそうです。
 野菜はたまに食べればいいというものじゃなく、毎日しっかり食べたいものだから、今度の本ではカジュアルに楽しめるレシピばかりを紹介しました。
 この本のサラダはどれも使う野菜はふたつだけ! だから下ごしらえもラックラク。
 旬の野菜の旬サラダ、5分や10分もあればパパッとできるスピードサラダ、どんっと作って3~4日楽しめる常備菜感覚のなじませサラダ。さらにサラダを麺にのっけて主役にしちゃおうというサラダのっけ麺や、おつかみサラダの提案も。
 野菜が好きな方にも、「とらなきゃな~」と思っている方にも。ぜひぜひおすすめの一冊です!

うちのあさごはん。
とうもろこし、ひややっこ、白菜と出し殻昆布の煮もの、かぼちゃのポタージュ。
 夏と言えばとうもろこし。ほかのものは何も食べてなくてもいいなら5本は食べられます。と思います。子どものころは畑をやっている親せきのお宅で5本くらい食べていた気が……。今でもきっといけると思います。お腹痛くなるかしら^^。


 今日の渋谷は薄曇り。今週も素敵な週になりますように。




これまでの出版物はこちらからごらんください
2008年3月~2009年10月

2009年10月~2012年1月

2012年2月~


izumimirunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み