vege dining 野菜のごはん-トマトプロフィール


庄司いずみ/野菜料理家
野菜を愛して野菜を料理しています。野菜をたくさん食べてほしくて簡単でおいしく、野菜だけでも満足できる野菜料理を提案しています。「どこの店でも1、2品は植物性100%、野菜たっぷりのメニューがある」、それがあたりまえのことになるようにと願って活動中。かんぶつマエストロ、野菜ソムリエ、日本ベジタリアン学会会員。
(izumimirun)
顔写真撮影/千葉充

vege dining 野菜のごはん-アスパラお知らせ

☆発売中の『My Age』vol3で、冷えを解消するレシピを紹介しています。

☆『My Age』のオンライン版、Our Ageにてヘルシーごはんの連載をしています。

☆私のキッチンはこちらでご覧になれます。

ELEE ONLINEで私のレシピをご覧いただけます。

☆エンターブレインの社食でレシピ提供をしている模様がこちらのウエブ連載でご覧いただけます。

☆読売新聞の医療サイトヨミドクターで毎週土曜日連載中です。

ベランダ菜園のサイトでレシピを紹介しています。
★それ以外の主なお仕事実績はこちらをご覧下さい。

ポストお仕事のご依頼はこちらからお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年12月19日

戻さず揉むだけ、切り干しと水菜のシンプルサラダ

テーマ:サラダ

 この本でも切り干しをもどさず揉み込むだけの和えものなどを紹介していますが、切り干し大根を洗うだけで塩味などをつけると、それだけでとってもおいしい箸休めになるのです。
 今日はざく切りの水菜と洗った切り干しを塩を混ぜて揉み込み、ごま油で風味をつけるだけのシンプルなサラダをご紹介します。
 シンプルだけど味は抜群。切り干しのうまみが水菜にうつり、水菜の水分で切り干しは自然と戻り、味もさらによくなるのだから言うことありません。
 作り方はごくごく簡単、シンプルサラダのレシピをどうぞ。

☆材料:1人分☆
a 切り干し大根 10g(洗ってざく切り)
a 水菜 50g(ざく切り)
a 塩 小さじ1/4弱
ごま油 小さじ1/2

1
aの材料をボウルに入れて混ぜ、ギュギュッとしっかり揉み込みます。


ごま油を加えて菜箸などで全体を混ぜて盛りつけます。


 出来ました。めちゃくちゃシンプル。ですが、味はとってもいいのです。サラダというか浅漬けというか……。切り干しがコリコリ、甘みも風味もよくて最高です。よかったらお試しくださいね。

このブログの7年半の集大成が一冊にまとまりました!

 ブログを始めてからこれまでのベストレシピを集めた本が発売になりました。題して野菜のごはん ベストレシピ197
 ブログ初期の頃のつたないレシピが恥ずかしく、レシピは徹底的に見直し、作り直して味も確かめました。
 ベスト197と銘打ってますが、判断基準は作ってくださった方の数。人気レシピはたくさんの“作ったよ”報告をいただいていますが、その多かった順にランキングを決めさせていただきました。
 白菜の生姜焼きやとうふアイス、茄子バーグなどの懐かしレシピから、最近の私のお気に入りレシピまで。もうすぐ発売。みなさんからいただいたコメントも掲載させていただきました。書店で見かけたらぜひ手に取ってご覧くださいね。アマゾンはこちらです。

和食の本、おかげさまで好調です!

 野菜を和で食べるレシピ発売中です。今回レシピもかなりがんばりました。よく売れていると聞き、ほっとしています。手にとってくださった皆さん、ありがとうございます!

 わが家は大の和食党。家族全員ごはんと和風のおかずが大好きです。
 すし、刺身、焼き魚など、魚料理が有名な和食ですが、考えてみると和食の基本は野菜料理。特に家庭でのおそうざいは煮っころがしやおひたし、野菜たっぷりの汁もの、精進揚げや野菜の炊き合わせなど、家庭料理は野菜なしには成り立ちません。
 そこで今回のテーマは野菜の和食。紹介するレシピはだしを含めて植物性100%。かつおだしさえ使っていないので、精進料理とも言えるのかもしれませんが……。
 私のレシピですから毎日チャチャッと作れる簡単なものばかり。
 毎日のおかずに大活躍する定番レシピから、アボカドの和えものや豆乳だれの焼きなすなど居酒屋風、いま風の和食も。ちょっとしたひと手間で仕上がりがグーッとおいしくなる、野菜料理のコツもたくさん盛り込みました。ぜひぜひチェックなさってくださいね。

とうふと野菜のレシピ本、好評発売中です。

 最新刊とうふと野菜だけレシピの主役はとうふ。そのとうふと野菜を組み合わせたレシピをたくさん紹介しています。
 とうふに刻んだ野菜や味付けした野菜をのっけただけのお手軽やっこアレンジから始まって、人気メニューのおとうふバーグやとうふステーキ、チャンプルーやとうふサラダ。さらにとうふを肉がわりにつかったとうふ餃子やとうふのミートソース風、とうふオムレツのオムライスまで。誰もが大好きなおとうふを食べ尽くすレシピ集です。
 買ってきてすぐに食べられるのが魅力のおとうふだから、もちろんレシピはいずれもカンタン。しかもごはんものや麺類にいたるまで300kcal以内と、低カロリーを実現できたのもヘルシー素材のとうふならでは。
 いつものように植物性100%のレシピですが、とうふと野菜の組み合わせなら、タンパク質とビタミン、ミネラルが一緒にとれるのがスバラシイ。栄養的にもパーフェクト! ぜひぜひチェックなさってくださいね。

私初、ダイエットメソッド本、大好評です!

 私史上初の本格ダイエット本野菜食べ順ダイエット、おかげさまで大好評。痩せたという報告をたくさん受けていますが、ふだんから野菜中心の食事という友達まですぐに1.6㎏痩せたというからビックリ。やっぱり食べ順って大事なんですね。
 この方法で紹介するダイエットの方法はとってもカンタン、野菜を食べる順番をかえるだけ。この本では1、2、3の3ステップで野菜を食べることを提案しています。
 ステップ1は生野菜。サラダや冷やしトマト、もろきゅうなどをまずどうぞ。生野菜には食物酵素がふんだんに含まれ、しっかり補うと代謝がアップ。痩せやすい状態をつくります。
 ステップ2は温野菜。おひたし、野菜炒め、煮ものなどを食べます。これは食物繊維補充のためです。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えてくれるから、その後いつもと同じように食べても痩せやすい状態に。
 そしてステップ3は汁ものやスープ。水分が食物繊維と結びつくとお腹の中でふくれ、満腹感が生まれます。さらに、温かい汁ものなら内臓がダイレクトに温まるから、消化促力がアップ、ますます痩せやすい状態になるというわけです。
 この3ステップのあとは何を食べてもOK、その後糖質たっぷりの炭水化物をとっても、油っこいメインディッシュをとってもいつもより太るリスクは下がっています。
 ガマンゼロ、ストレスゼロ、世界一カンタンで効果抜群のおいしいダイエット法というわけです。
 3品も野菜料理を準備しなくちゃならないの、と思うかもしれませんが……。コンビニやファミレス、居酒屋など、ふだん行っているお店でもできる方法も紹介しているので、外食派でもOKです!
 もちろん自炊派には、パパッと3品準備できるレシピもたっぷりと紹介しています。ぜひ書店でチェックなさってくださいね。

うちのあさごはん。
にんじんがゆ、焼き豆腐と白菜の煮物、きゅうりの浅漬け、トマトのスープ。
 最近ダイエットなども気にしているそうで、夕食を外で食べる時などはごはんを控えたりしているようです。が、朝食はいつもキチンと食べてくれます。昔よりももっと野菜ばかり。昼夜外でということも多いので、できるだけたくさん野菜を食べてほしいのです。


 今日の渋谷は晴天です。今日もいい日になりますように。




これまでの出版物はこちらからごらんください
2008年3月~2009年10月

2009年10月~2012年1月

2012年2月~
庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年12月18日

渋谷 ロス・バルバドス

テーマ:Simplog
投稿写真

渋谷 ロス・バルバドス

私にとっては懐かしい場所。代々木八幡から渋谷に抜ける小道の途中にある、小さな小さなアフリカンバー。
肉や魚の料理もある中、ヴィーガンメニューがふんだんにあるから驚きます。
お店の方に理由をたずねると「最初はベジタリアンメニューをやる気はなかったのだけど、ベジタリアンのお客さんが多いので取り入れることにした」とのこと。
写真はファラフェルなどの揚げものやサラダが盛り合わせられたベジタリアン用の前菜。
どの料理もちょっとしたスパイス使いが独特で味もとてもよく、初めてのアフリカの味に感激しました。
一番感動したのはベジタリアン用のマフェというシチュー。
この店大好き、とってもおすすめです。


庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年12月17日

そぼろみたいな、おろし高野とレタスのサッと煮

テーマ:副菜・小さなおかず

 サッと炒めたレタスをみりんとしょうゆでサッと煮るだけ。とっても簡単なレタスの炒め煮に、すり下ろした高野豆腐を加えると……。鶏そぼろと煮たような、ボリュームもあるおかずになるのです。
 レタスから出た水分をおろし高野でまとめるイメージ。だし汁や水を使わないからレタスのうまみが逃げないのもいいですね。
 作り方はやっぱり簡単、レタスのサッと煮レシピをどうぞ。

☆材料:1~2人分☆
レタス 大3枚(120g・手でちぎる)
ごま油 適量
しょうゆ、みりん 各小さじ1
高野豆腐 1枚(18g・すりおろす)


ごま油を熱してレタスをサッと炒めます。


しょうゆとみりんで味をつけ、レタスから水が出てしんなりしてきたら高野豆腐を加えます。


高野豆腐が水分を吸うまでかき混ぜながら炒りつけて、火を止めます。


 出来ました。
 お好みで七味をふってもいいですね。
 水やだしを使わないから、うまみが逃げません。レタスのうまみを吸った高野がなんとも言えないおいしさです。
 しょうゆとみりんだけのシンプルな味付けですが、しょうがを入れてもいいですね。ホロホロになるまで炒りつけると、鶏そぼろみたいになりますよ。
 高野豆腐をすりおろす手間を省くなら、みすずさんにトーフミールという商品があるのでこちらを使っても。
 うちでは好きでよく買うのですが、おからのように使えて保存ができ、助かっています。

このブログの7年半の集大成が一冊にまとまりました!

 ブログを始めてからこれまでのベストレシピを集めた本が発売になりました。題して野菜のごはん ベストレシピ197
 ブログ初期の頃のつたないレシピが恥ずかしく、レシピは徹底的に見直し、作り直して味も確かめました。
 ベスト197と銘打ってますが、判断基準は作ってくださった方の数。人気レシピはたくさんの“作ったよ”報告をいただいていますが、その多かった順にランキングを決めさせていただきました。
 白菜の生姜焼きやとうふアイス、茄子バーグなどの懐かしレシピから、最近の私のお気に入りレシピまで。もうすぐ発売。みなさんからいただいたコメントも掲載させていただきました。書店で見かけたらぜひ手に取ってご覧くださいね。アマゾンはこちらです。

和食の本、おかげさまで好調です!

 野菜を和で食べるレシピ発売中です。今回レシピもかなりがんばりました。よく売れていると聞き、ほっとしています。手にとってくださった皆さん、ありがとうございます!

 わが家は大の和食党。家族全員ごはんと和風のおかずが大好きです。
 すし、刺身、焼き魚など、魚料理が有名な和食ですが、考えてみると和食の基本は野菜料理。特に家庭でのおそうざいは煮っころがしやおひたし、野菜たっぷりの汁もの、精進揚げや野菜の炊き合わせなど、家庭料理は野菜なしには成り立ちません。
 そこで今回のテーマは野菜の和食。紹介するレシピはだしを含めて植物性100%。かつおだしさえ使っていないので、精進料理とも言えるのかもしれませんが……。
 私のレシピですから毎日チャチャッと作れる簡単なものばかり。
 毎日のおかずに大活躍する定番レシピから、アボカドの和えものや豆乳だれの焼きなすなど居酒屋風、いま風の和食も。ちょっとしたひと手間で仕上がりがグーッとおいしくなる、野菜料理のコツもたくさん盛り込みました。ぜひぜひチェックなさってくださいね。

とうふと野菜のレシピ本、好評発売中です。

 最新刊とうふと野菜だけレシピの主役はとうふ。そのとうふと野菜を組み合わせたレシピをたくさん紹介しています。
 とうふに刻んだ野菜や味付けした野菜をのっけただけのお手軽やっこアレンジから始まって、人気メニューのおとうふバーグやとうふステーキ、チャンプルーやとうふサラダ。さらにとうふを肉がわりにつかったとうふ餃子やとうふのミートソース風、とうふオムレツのオムライスまで。誰もが大好きなおとうふを食べ尽くすレシピ集です。
 買ってきてすぐに食べられるのが魅力のおとうふだから、もちろんレシピはいずれもカンタン。しかもごはんものや麺類にいたるまで300kcal以内と、低カロリーを実現できたのもヘルシー素材のとうふならでは。
 いつものように植物性100%のレシピですが、とうふと野菜の組み合わせなら、タンパク質とビタミン、ミネラルが一緒にとれるのがスバラシイ。栄養的にもパーフェクト! ぜひぜひチェックなさってくださいね。

私初、ダイエットメソッド本、大好評です!

 私史上初の本格ダイエット本野菜食べ順ダイエット、おかげさまで大好評。痩せたという報告をたくさん受けていますが、ふだんから野菜中心の食事という友達まですぐに1.6㎏痩せたというからビックリ。やっぱり食べ順って大事なんですね。
 この方法で紹介するダイエットの方法はとってもカンタン、野菜を食べる順番をかえるだけ。この本では1、2、3の3ステップで野菜を食べることを提案しています。
 ステップ1は生野菜。サラダや冷やしトマト、もろきゅうなどをまずどうぞ。生野菜には食物酵素がふんだんに含まれ、しっかり補うと代謝がアップ。痩せやすい状態をつくります。
 ステップ2は温野菜。おひたし、野菜炒め、煮ものなどを食べます。これは食物繊維補充のためです。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えてくれるから、その後いつもと同じように食べても痩せやすい状態に。
 そしてステップ3は汁ものやスープ。水分が食物繊維と結びつくとお腹の中でふくれ、満腹感が生まれます。さらに、温かい汁ものなら内臓がダイレクトに温まるから、消化促力がアップ、ますます痩せやすい状態になるというわけです。
 この3ステップのあとは何を食べてもOK、その後糖質たっぷりの炭水化物をとっても、油っこいメインディッシュをとってもいつもより太るリスクは下がっています。
 ガマンゼロ、ストレスゼロ、世界一カンタンで効果抜群のおいしいダイエット法というわけです。
 3品も野菜料理を準備しなくちゃならないの、と思うかもしれませんが……。コンビニやファミレス、居酒屋など、ふだん行っているお店でもできる方法も紹介しているので、外食派でもOKです!
 もちろん自炊派には、パパッと3品準備できるレシピもたっぷりと紹介しています。ぜひ書店でチェックなさってくださいね。

うちのあさごはん。
にんじんがゆ、白菜と油揚げ、出し殻昆布の煮もの、プチトマト。
「野菜中心、ごはんは少しでお願いします」とのリクエストに応え、やさしい献立に。
 バイト先の忘年会で朝帰りだったので、そのようなリクエストになったわけですが……。朝5時半から一眠りして、「ごはんだよー」のひと声で7時に起き、食べられるわけだから……。若いってすてき。


 今日の渋谷は晴天です。今日もいい日になりますように。




これまでの出版物はこちらからごらんください
2008年3月~2009年10月

2009年10月~2012年1月

2012年2月~
庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み