vege dining 野菜のごはん-トマトプロフィール


庄司いずみ/野菜料理家
野菜を愛して野菜を料理しています。野菜をたくさん食べてほしくて簡単でおいしく、野菜だけでも満足できる野菜料理を提案しています。「どこの店でも1、2品は植物性100%、野菜たっぷりのメニューがある」、それがあたりまえのことになるようにと願って活動中。かんぶつマエストロ、野菜ソムリエ、日本ベジタリアン学会会員。
(izumimirun)
顔写真撮影/千葉充

vege dining 野菜のごはん-アスパラお知らせ

☆発売中の『My Age』vol3で、冷えを解消するレシピを紹介しています。

☆『My Age』のオンライン版、Our Ageにてヘルシーごはんの連載をしています。

☆私のキッチンはこちらでご覧になれます。

ELEE ONLINEで私のレシピをご覧いただけます。

☆エンターブレインの社食でレシピ提供をしている模様がこちらのウエブ連載でご覧いただけます。

☆読売新聞の医療サイトヨミドクターで毎週土曜日連載中です。

ベランダ菜園のサイトでレシピを紹介しています。
★それ以外の主なお仕事実績はこちらをご覧下さい。

ポストお仕事のご依頼はこちらからお願いします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年11月27日

キドニービーンズのすったて風

テーマ:スープ、汁もの

 9月に岐阜を訪れたことは、前にこのブログでも書きましたが……。昨日ヤミーさんと2人で、岐阜のおいしいものを紹介するイベントに出演させていただきました。
 あとで試食用プレートの画像を紹介しますが、ヤミーさんはポトフのような料理という、コシード(岐阜風コシードという名前でした)や、しいたけの詰め焼きなどを。私は円空さといもという甘みたっぷりの里芋とえごまのナゲット、フルージックさんのドラゴンフルーツジャムでつくるスィートチリソースを添えたしいたけ焼売などを用意し、ご試食いただきました。
 そんなおいしいイベントでとっても気になったのが白川郷のすったて鍋。いわゆる呉汁がベースの鍋なのですが、「すったて」というかわいい言葉にグイグイひかれた私です^^。
 飛騨牛の入ったご馳走鍋、私はいただかなかったのですが、すったて風のものが食べたくなってさっきこしらえたのがこちらの汁もの、キドニービーンズでつくるほんのりピンクのすったて風です。
 缶詰のキドニービーンズとだし汁、味噌をミキサーにかけ、刻みねぎなどを入れてひと煮立ちするだけ。
 作り方はいたって簡単、すったて汁のレシピをどうぞ。

☆材料;1人分☆
a キドニービーンズ(水煮のもの) 50g
a 好みのだし汁、または水 150ml
a 味噌 小さじ1
刻みねぎ、豆腐 各適量


aをミキサーに短時間かけます。粒が多少残ってもかまいません。


1を鍋に入れ、好みの具材を加えてひと煮立ち、アクがでたらすくい、碗に盛りつけます。


 出来ました。
 大豆の呉汁、つまりすったてもいいですが、キドニービーンズも甘みがあっていいものです。具材はお好みでいいのですが、写真ではねぎの青いところと豆腐少々を加えています。
 長ねぎの青いところは固いしくさみがあるので捨てる方も多いようですが……。キドニービーンズのすったては少し甘みがあるので、シャキシャキ辛い青いねぎがよくあいました。よかったらお試しくださいね。


 これが昨日ご試食いただいたヤミーさんと私の料理。少しずつの盛りつけですが、お腹いっぱいのボリュームだったとか^^。
 里芋ナゲットやしいたけ焼売、驚きましたとたくさんの方からお声がけいただき、とても嬉しかったです。ご来場のみなさま、岐阜のみなさま、本当にありがとうございました。

このブログの7年半の集大成が一冊にまとまりました!

 ブログを始めてからこれまでのベストレシピを集めた本が発売になりました。題して野菜のごはん ベストレシピ197
 ブログ初期の頃のつたないレシピが恥ずかしく、レシピは徹底的に見直し、作り直して味も確かめました。
 ベスト197と銘打ってますが、判断基準は作ってくださった方の数。人気レシピはたくさんの“作ったよ”報告をいただいていますが、その多かった順にランキングを決めさせていただきました。
 白菜の生姜焼きやとうふアイス、茄子バーグなどの懐かしレシピから、最近の私のお気に入りレシピまで。もうすぐ発売。みなさんからいただいたコメントも掲載させていただきました。書店で見かけたらぜひ手に取ってご覧くださいね。アマゾンはこちらです。

和食の本、おかげさまで好調です!

 野菜を和で食べるレシピ発売中です。今回レシピもかなりがんばりました。よく売れていると聞き、ほっとしています。手にとってくださった皆さん、ありがとうございます!

 わが家は大の和食党。家族全員ごはんと和風のおかずが大好きです。
 すし、刺身、焼き魚など、魚料理が有名な和食ですが、考えてみると和食の基本は野菜料理。特に家庭でのおそうざいは煮っころがしやおひたし、野菜たっぷりの汁もの、精進揚げや野菜の炊き合わせなど、家庭料理は野菜なしには成り立ちません。
 そこで今回のテーマは野菜の和食。紹介するレシピはだしを含めて植物性100%。かつおだしさえ使っていないので、精進料理とも言えるのかもしれませんが……。
 私のレシピですから毎日チャチャッと作れる簡単なものばかり。
 毎日のおかずに大活躍する定番レシピから、アボカドの和えものや豆乳だれの焼きなすなど居酒屋風、いま風の和食も。ちょっとしたひと手間で仕上がりがグーッとおいしくなる、野菜料理のコツもたくさん盛り込みました。ぜひぜひチェックなさってくださいね。

とうふと野菜のレシピ本、好評発売中です。

 最新刊とうふと野菜だけレシピの主役はとうふ。そのとうふと野菜を組み合わせたレシピをたくさん紹介しています。
 とうふに刻んだ野菜や味付けした野菜をのっけただけのお手軽やっこアレンジから始まって、人気メニューのおとうふバーグやとうふステーキ、チャンプルーやとうふサラダ。さらにとうふを肉がわりにつかったとうふ餃子やとうふのミートソース風、とうふオムレツのオムライスまで。誰もが大好きなおとうふを食べ尽くすレシピ集です。
 買ってきてすぐに食べられるのが魅力のおとうふだから、もちろんレシピはいずれもカンタン。しかもごはんものや麺類にいたるまで300kcal以内と、低カロリーを実現できたのもヘルシー素材のとうふならでは。
 いつものように植物性100%のレシピですが、とうふと野菜の組み合わせなら、タンパク質とビタミン、ミネラルが一緒にとれるのがスバラシイ。栄養的にもパーフェクト! ぜひぜひチェックなさってくださいね。

私初、ダイエットメソッド本、大好評です!

 私史上初の本格ダイエット本野菜食べ順ダイエット、おかげさまで大好評。痩せたという報告をたくさん受けていますが、ふだんから野菜中心の食事という友達まですぐに1.6㎏痩せたというからビックリ。やっぱり食べ順って大事なんですね。
 この方法で紹介するダイエットの方法はとってもカンタン、野菜を食べる順番をかえるだけ。この本では1、2、3の3ステップで野菜を食べることを提案しています。
 ステップ1は生野菜。サラダや冷やしトマト、もろきゅうなどをまずどうぞ。生野菜には食物酵素がふんだんに含まれ、しっかり補うと代謝がアップ。痩せやすい状態をつくります。
 ステップ2は温野菜。おひたし、野菜炒め、煮ものなどを食べます。これは食物繊維補充のためです。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑えてくれるから、その後いつもと同じように食べても痩せやすい状態に。
 そしてステップ3は汁ものやスープ。水分が食物繊維と結びつくとお腹の中でふくれ、満腹感が生まれます。さらに、温かい汁ものなら内臓がダイレクトに温まるから、消化促力がアップ、ますます痩せやすい状態になるというわけです。
 この3ステップのあとは何を食べてもOK、その後糖質たっぷりの炭水化物をとっても、油っこいメインディッシュをとってもいつもより太るリスクは下がっています。
 ガマンゼロ、ストレスゼロ、世界一カンタンで効果抜群のおいしいダイエット法というわけです。
 3品も野菜料理を準備しなくちゃならないの、と思うかもしれませんが……。コンビニやファミレス、居酒屋など、ふだん行っているお店でもできる方法も紹介しているので、外食派でもOKです!
 もちろん自炊派には、パパッと3品準備できるレシピもたっぷりと紹介しています。ぜひ書店でチェックなさってくださいね。

うちのあさごはん。
 画像取り忘れましたが……。お茶漬け、梅干しのスープ、れんこんと栃尾揚げの煮もの、昆布とにんじんの煮もの、だったかと……。

 今朝目が覚めたらなぜか急に気合いが入り、朝からとってもキリッとした気分。「何を隠そう、ママ、今とってもキリッとした気分なの!」と娘に言ったら「ほお~、それはいいねえ」と気のない返事が返ってきました。
 お茶漬けの具材についてとか、アレコレおしゃべりしているうちに、キリッとした心がちょっとほんわり和らぎはしたのですが……。今日はそんな一日なのか、頭がグルグル働いて、キリッとした気分は持続しております^^。キリッととホワっと。その切り替えが自由自在にできるようになりたいものです。


 今日の渋谷は晴天です。今日もいい日になりますように。




これまでの出版物はこちらからごらんください
2008年3月~2009年10月

2009年10月~2012年1月

2012年2月~
庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年11月26日

かんぶつバル。

テーマ:Simplog
投稿写真

かんぶつバル。

一般の方向けのイベントではないのですが……。
本日さいたまスーパーアリーナで行われている展示会にて、かんぶつバルというブースで私の提案するかんぶつレシピをご試食いただけます。
もどさずつくるおつまみがテーマ^^。
写真は白ワインによく合う高野豆腐の塩レモンソテー。
サッと洗ってザクザク切った高野豆腐と角切りの玉ねぎ、みじん切りのにんにく、水、白ワイン、オリーブオイルと味噌少々で炒りつけ、塩レモンとケッパーで味付けをするだけの簡単レシピ。
塩レモンは最近は市販のものもあるので、よかったらお試しくださいね。
塩レモンとケッパーが高野豆腐をお洒落な味にしてくれますよ。

あいにく私は別のイベント出演で会場には伺えないのですが……。展示会にお出かけのかたがもしもいらしたらぜひかんぶつバルをのぞいてみてくださいね。


庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014年11月24日

京都 河原町 マツオントコ

テーマ:Simplog
投稿写真

京都 河原町 マツオントコ

ビーガンバーガーで有名なビーガンカフェ。京都駅から迷いに迷って、やっといきつきました。
バーガーではなく、今日のランチをチョイス。車麩のカツ、びっくりな美味しさ。
また来たい素敵なお店です。


庄司いずみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み