福山市で屋根が何年もつのか気になる人に 年間500軒屋根診断する瓦屋

ここは広島県福山市。明治30年から瓦を焼き、瓦を葺き、瓦を愛してきました。そして今・・・愛する瓦を受け継いでいきます!


テーマ:

おはようございます。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

 

空気の澄んだ朝、気持ちがいいですね。

 

IMG_20171121_090515314.jpg

 

明日も雨が降るそうなので

つかの間の天気を大切に

瓦職人さんは動き回ってくれています。

 

秋から冬に変わる気配がありますね。

私も、

先週末の「みゆきフェスタ2017」が無事に終わって

秋の大きな行事もひと段落。

 

 

「みゆきフェスタ」では

町内のみなさんが集まって出店をしたり

町民文化祭もおこなわれた。

 

小学校のPTA役員さんでお店も出した。

 

お祭りなので、子どもたちに楽しんでもらいたい。

ってことで

お菓子のつかみ取りとわなげおねがい

 

そんなにつかんでいかないで~ガーン

ってくらい、お菓子をガッツリ。

 

 

わなげの景品目当てに

リピートしてくれる子もたくさん爆  笑

 

 

みゆきフェスタに行って楽しかったね

っていう思い出を作ってほしい。

 

そんなみゆきフェスタの中で

小学生の発表会もあった。

 

学年によってテーマが違い、

健康のこと、地域のことなど

子どもたちが総合的な学習の中で

調べて学んだことを発表していた。

 

なんと!

 

6年生が藤井製瓦工業を発表してくれたびっくり

 

 

先日、会社見学に来てくれたクラスだった。

そのときの様子はこちら↓

https://ameblo.jp/fujiikawara/entry-12326397074.html

 

「地元のオンリーワン、ナンバーワン企業」

という発表だった。

 

しっかりとしたスライドを何枚もつくり

全員セリフを覚えていたのにも感心したが

 

会社訪問の時に質問して答えた内容なども

ちゃんとまとめて発表してくれていてビックリしたびっくり

 

藤井製瓦工業が大事にしていること。

地域貢献のことや、未来の御幸町のこと

 

本当に素晴らしい発表だった。

御幸小学校6年生のみなさん、

ありがとうございました。

 

 

これからもいろんな形で

地域に恩返しをしていこうと心に誓った

みゆきフェスタ2017となった。

 

 

 

 

 

創業明治30年 今年創業120年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

 

明日、11月18日(土)から

福山市でイルミネーションが始まる。

 

今回で7年目を迎える

「みろくの里」の

ウィンターイルミネーション

 

 

約110万球の電飾を使用。

音楽に合わせて動く迫力のイルミネーション

今年、新設されたダイナソーパークでも

光や映像を駆使した幻想的な世界が広がる。

 

遊園地ならでは、

アトラクションに乗りながら

イルミネーションが満喫できる。

 

 

花火の開催日には音楽に合わせて、

イルミネーションと打ち上げ花火の

光の競演が楽しめるそうだ。

 

(みろくの里HPより

  http://www.miroku-hoshizora.jp/

 

私も何年か前に行ったことがあるが

かなりレベルアップしているようだ。

今年は行ってみようかな。

 

ところで

イルミネーションってなぜ冬なの?

 

それは・・・

・空気が澄んできれいに見える

・夜の時間が長い

・広葉樹が落葉してきれいに飾れる


・寒くなるとひと肌恋しくなる

・年末年始というお祭りムードに合致
 

なんて理由があるだろう。

 

 

では、

冬の屋根点検はなぜ必要なの?

 

それは・・・

 

・凍害瓦が多発する

・雪で被害が出る

・落ち葉で雨樋がつまる

 

といった理由。

 

今日の点検でもありました。

凍害瓦

IMG_20171117_224239170.jpg

 

こんなに割れたら

漏りますよ。雨。

 

IMG_20171117_224239065.jpg

 

こちらはシミが少しだけだったので

最近割れたのでしょう。

 

よかった、早く見つけて。

 

IMG_20171117_224239187.jpg

 

1枚交換したらもう安心。

 

 

ってことはない。

 

他の瓦が毎年毎年割れてくる。

 

これが凍害瓦の怖いところ。

 

 

だから、毎年点検すること!

 

凍害瓦があるお宅は

お守り会員になっていれば

安心できるね。

 

お守り会員とは↓↓

https://ameblo.jp/fujiikawara/entry-12224681060.html

 

 

創業明治30年 今年創業120年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

朝夕が寒くなって

秋を感じる今日この頃。

 

屋根の調査に伺っても

秋を感じてうれしくなるおねがい

 

IMG_20171115_120134549.jpg

 

でも、私は寒いのが苦手ショボーン

 

先週の小学校6年生訪問に引き続き

小学校2年生も会社見学に来てくれた。

 

IMG_20171115_120134368.jpg

 

6年生と2年生じゃあ説明する内容も

変わってくる。

 

6年生はあれこれお話しして学ぶといった感じ。

2年生は見て触れて感じて学ぶといった感じ。

 

子どもたちみんなノリが良くて楽しい。

 

ミニチュア瓦を並べて

瓦葺きの体験もしてもらった。

 

IMG_20171115_120134500.jpg

 

向きはどうかな?

場所はあってるかな?

簡単そうに見えて難しい。

 

IMG_20171115_120134113.jpg

表と裏を間違える子もいたりニコニコ

 

体感して学んでくれたと思う。

 

 

この体験はもっとやりたい、楽しい爆  笑

 

って盛り上がった。

 

 

最後に

「瓦好きになった?」

って聞くと

 

「はーい!!おねがい

 

ってみんな言ってくれた。

 

これからもっといろんなものを見て触れて感じて

大好きになるものをたくさん見つけてほしい。

 

 

「おじさんは瓦が大好きです照れ

 

 

創業明治30年 今年創業120年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

 

昨日、藤井製瓦工業に

にぎやかなお客様が来てくれた。

 

地元御幸小学校の6年1組、32名の

子どもたち。

 

 

地元の企業がどうやって

事業を継続しているかといった事を調べて

自分たちが将来、どういうことが出来るかを

考えてくれるみたい。

 

まずは藤井製瓦工業の歴史や

事業内容をご説明。

 

 

みんな真剣に聞いてくれてうれしかったニコニコ

「おぉー」とか「へー」とか反応がイイ。

 

質問がありますか?と聞くと

次々手が上がってきた。

 

 

どんなことを大切に仕事をしていますか?

何のために会社で地域貢献していますか?

御幸町は好きですか?どんなところが??

 

 

さすが6年生。聞くことが違うね。

 

最後はみんなに期待していること

好きな事、得意なことを見つけて

将来、地域貢献につなげてほしいって事を

伝えた。

 

会社見学で初めて瓦に触れた子どももいたみたい。

楽しんでもらえてよかった照れ

 

 

地元を知るってことは

地元が好きになるってコト。

好きになってどんどん地域に関わっていってほしい。

 

 

瓦だってそうだ。

 

例えば、家を新築するとき。

 

屋根の材料、何にしますか?

 

って聞かれても、材料のコト知らないと、

「何でもいいです」ってなっちゃう。

 

屋根って家を守るもの。

その家に50年住み続けたいなら

50年持つような屋根材にしたい。

 

35年ローンを組むなら

せめて35年はメンテナンスにお金をかけたくない。

 

長期的に考えた屋根の材料選びが

本当は大事。

 

新築住宅で使われる屋根材ベスト3

1位 陶器瓦(粘土系)

2位 化粧スレート(セメント系)

3位 ガルバリウム鋼板(金属屋根材)

 

それぞれの材料を

長期的に見た時、どうなるか。

私が勝手に経験でまとめた感じだと

こんな感じになる。

 

 

初期コストがどのくらい違うかは

商品や地域で違うと思うので

建築業者さんに確認することが大事。

 

将来、思いもよらぬ出費にならないように

ちゃんと知ること。

知ってくると気に入る材料も出てきて

家にさらに愛着が湧いてくるウインク

 

 

創業明治30年 今年創業120年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは。

屋根の寿命を診断する
福山市の瓦屋 藤井製瓦工業
藤井孝浩です。
―――――――――――――――

 

ついに、11月に入りました。

昨日から新人さんが入社してくれました。

 

今回の入社はいつもとちょっと違って

まずはトライアルという事で

3か月間のお試しだそうです。

仕事に慣れて気に入って

続けてくれるとうれしいなニコニコ

 

秋は、文化の秋、芸術の秋という事で

昨日は小学校の音楽発表会に行ってきた。

 

体育館を埋め尽くす大勢の保護者の方。

でも、とってもマナーよく静かに

子供たちの姿を観覧しました。

 

 

そんな秋の瓦屋は忙しい。

毎年のことだが

年末に向けて工事が立て込む。

 

瓦置き場には

お客様のもとへ行く日を待ち構えている

瓦たちもたくさんいる。

 

 

今日は

山門の瓦工事でお世話になった

因島の明徳寺さんで

瓦チップ「びんごテコラ」の工事を

させて頂いた。

 

水たまりで悩んでいた

お地蔵さんの前。

 

 

キレイに

びんごテコラ黒が敷き詰められた。

 

 

これで雨の日にお参りする人も

気持ちよく歩けることでしょうおねがい

 

 

創業明治30年 今年創業120年

葺き替え工事が得意な屋根工事の専門店

  こちら↓↓↓↓↓↓↓↓

藤井製瓦工業株式会社

  http://www.fujiiseikawara.co.jp/

  福山市御幸町下岩成1097

  地図はこちら→マップ
  電話:084-955-0108

  フリーダイヤル0120-85-0108

日曜・祝日もお気軽にお電話ください

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)