「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ。「夫婦の信頼」と「あなたの人生」を取り戻しませんか?

FSD(女性性機能障害)、性嫌悪症、恐怖症、離婚など、夫婦関係やセックスレスでお悩みの方が、笑顔の毎日を取り戻すカウンセリングです。


テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

自分が育った家庭環境、特に親との関係って、その後の自分の人生に大きな影響を及ぼします。

基本的な考え方や価値観、人との関わり方にも関係してくるからです。

つまり、夫婦関係や親子関係にも影響してきます。

そのため、カウンセリングでは夫婦関係のお悩みをうかがう中で、

育った環境やクライアントさまとそのご両親との関係をうかがうことも多いです。

実は、そこに夫婦関係を変えていく大きなヒントがあったりするんですね。


たとえば、親との関係で満たされなかったものを、夫に過剰に求めていたり。

ご両親の夫婦関係の在り方を、自分と夫の関係にそっくりそのまま投影していたり。

親からの愛情を受け取れなかったことで、自分も夫からの愛情を素直に受け取れなくなっていたり。

すっかり大人になって、親から独立していたとしても

小さな子どもの頃に感じたこと、学習したことって、大人になっても根付いていたりします。

だから、そこを癒してあげて、解決してあげることがとっても大事なんです。

それによって、夫婦の関係や、自分と子どもとの関係も自然と変わってくるんですね。

不思議ですね^^

もしも今、夫婦関係や親子関係でつまづいていたり、なんとなく生きづらさを抱えているとしたら

過去、あるいは現在の「自分と親との関係」を見直してみるチャンスかもしれません。


「もしかして、私もそうなのかな?」と思った方は、まずはお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

今日の東京は雪でしたね~。

数日前まで気温20度だったのに、いきなり寒くてビックリです。

さて、「夫に言いたいことが言えない」ということ、ありませんか?

言いたいことが言えない、伝えたいことを聞いてもらえない。

一方通行のコミュニケーションは、とても虚しくて寂しいです。


そして、その言いたいことが言えない理由は人それぞれです。

正論をまくし立てて、常に言い負かそうとする夫に「何を言っても無駄だ」とあきらめていたり。

大声ですぐに怒鳴る夫が怖くて、言葉が出なくなってしまったり。

つい言い返しているうちに、論点がずれてしまって、最終的に言いたいことが何も言えてなかったり。

あるいは、子どもの頃から自分の言いたいことを言わずにいるクセがあるのかもしれません。

あなたの中の何が言いたいことを言えなくさせているのか、それを知ることが解決の第一歩になります。

たとえば、正論をまくし立てる相手だとあきらめてしまうのは、今までにそういう相手との会話で無力感が植え付けられたのかもしれません。

大声を出す相手が怖くてすくんでしまうのは、子どもの頃に大声で言い合いをする両親の姿が残っているのかもしれません。

「言いたいことが言えない」という一言の悩みでも、人それぞれ、いろんな原因やきっかけがあるんですね。

一般的なノウハウや解決方法でなく、あなた自身の中にある答えを探すこと。

答えはあなたの心の奥にある無意識が持っています。

あなただけの答えを見つけてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

今日は大阪でカウンセリングでした。

今朝の地震で東京駅までの電車が遅れまくって、新幹線に乗り遅れるかとヒヤヒヤしましたが^^;

無事に予定通り乗ることができました。

考えてみると、大阪は十数年ぶりです。

トンボ帰りだったので、特に観光したりお友だちに会ったりすることはなかったですが

久しぶりの新幹線や、駅の中で大阪土産をあれこれ眺めるのも楽しかったです。

みどりの窓口の駅員さんや、お土産屋の店員さんが声が大きくてお客さんをテキパキさばくスピード感に惚れ惚れしたり

新大阪駅で駅周辺の地図とスマホを見比べながら悩んでいると、おじさんが親切に教えてくれて嬉しかったり

大阪の明るくてパワフルなエネルギーをいただいて帰りました^^

写真は新幹線から見た富士山です。




〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

「夫がやさしくしてくれるのに、それを受け取れない」


それもまた、苦しいものです。

自分を気づかって家事や育児を手伝ってくれるのに、素直にありがとうと言えない。

少し寂しそうな夫の顔に、心をかすめる罪悪感。


素直に感謝ができない自分に対する自己嫌悪。


「みんな、いい旦那さんでうらやましいって言ってくれるのに」

「どうして私は、そんな夫に冷たくしてしまうんだろう」

自分自身の気持ちや行動が、自分でも制御不能になる感じ、とても不安です。

でも、そんなふうに「意識」で理由がわからないことこそ、「無意識」の中にとても大切な意図があるんです。

意識が「やさしくしてくれるんだから、応えなくちゃ」と思うと

無意識が「ダメダメ!そんなことしたらヤバイよ!」と、どんどん強く主張するようになるんですね。

無意識の意図が何なのか、それは人それぞれです。

たとえば「やさしさを受け入れたら、セックスを求められるよ」と警戒しているのかもしれません。

「あの時、すごく傷つけられたよね。まだ謝ってもらってないのに、やさしくしちゃダメだよ」と言ってるのかもしれません。

「褒めたり感謝したら、二度と手伝ってくれなくなるよ」と教えてくれてるのかもしれません。

それが正しいか正しくないかはともかくとして、あなたの中の無意識にとって、それはとても大切なものです。

だから、大事なのは、意識の力で無意識の意図をねじ伏せるのではなく

無意識の言い分を聞いてあげて、無意識の意図を満たしてあげること。

無意識が納得できて、安心できたとき、きっと今まで感じなかった気持ちや思い、言葉が自然に出てくるはずです。

そんな無意識とのコミュニケーション、あなたにもできますよ^^



~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

長く暮らしていると、夫が肉親のように思えてくることもあります。


そんなご相談をシェアしますね。

20代の主婦です。

夫はやさしくて好きだし、大切に思っています。

それなのに、セックスだけはどうしても嫌悪感を感じてしまい、苦痛なんです。

年が一回り以上離れているため、父や兄のように思えてしまうからだと思います。

一度、そう感じてしまったら、もとに戻れなくなってしまったんです。

触られただけで吐き気がするほどイヤになってしまいました。

こんな風に思っているなんて、夫に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

今はやんわりと断っていますが、ひんぱんに求められるので、あまり断ることもできなくて。

でも、もう、精神的に限界だと感じています。

どうしたら改善できるのでしょうか。


やさしくて大好きな夫なのに、だんだん一人の男性としてではなく、父や兄のように思えてしまった。

肉親のように感じてしまうと、愛情は感じていてもセックスできなくなるのは自然な心の流れです。

でも、以前は一人の男性として見ることができたんですよね。

こういう場合、旦那さまとの関係だけでなく、

お父さんやお兄さんとの関係で何か引っかかっていることが投影されてしまったのかもしれません。


その引っかかりを解決することで、旦那さまとの関係が変わってくることもあります。

旦那さまに対する今のモヤモヤした思いは、過去のモヤモヤをスッキリさせるチャンスかもしれませんね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

「どうしてこの人はこんな当たり前のことができないんだろう」


そんなふうに感じて、イライラすることはありませんか?

脱いだ洋服を脱ぎっぱなしで床に放置していたり。

食事のときにくちゃくちゃ音を立てて食べていたり。

「いただきます」「ごちそうさま」が言えなかったり。

人として当たり前というか、常識だよね?と思うことができなくて、ウンザリしちゃう。


でも、実はそれって「人として当たり前」でも「常識」でもなかったりするんです。

あくまでも、あなたの育った「家庭での常識」、あなたが育った「社会の文化」だけのものだったりするんですね。

たとえば、日本では食事のときに食器を手で持ち上げて食べますが、韓国では食器を持ち上げて食べるのはマナー違反だそうです。

また、欧米では男性が女性を先にエレベーターに乗せたり、車のドアを開けてあげたりしますが

日本人の男性でそういうことができる人は少ないですよね。

きっと、欧米の文化で育った女性が日本の男性と付き合うと「気が利かない」「冷たい」と思うかもしれません^^;

同じ日本でも、目玉焼きにはソースかしょう油か、ということから

大皿から取り分けるときにも、直箸(じかばし)を使うか取り箸を使うか、など、家庭によってさまざまです。

「我が家の常識は、世間の非常識」という言葉もありますね。

なので、こういうときに

「どうしてこんなことするの?」「どうしてできないの?」

と思うと、ストレスがたまるばかりです。

「そういうものなんだ」と、とりあえず現実を認めるとずいぶんラクになります。

コツは「この人は、こういう世界で生きてきたんだなあ」としみじみ眺めてみることです。

ストレスって、自分の常識外のことが起きると生まれてくるものなんです。

だから、逆にイライラしたときは「私の中の常識ってこういうことなんだな」と自分を発見できるチャンスでもあります。

お互いの常識を知ることができると「じゃあ、どうしていけばいい?」という対策のヒントも見つかります。

一緒にヒントを見つけてほしい!という方はこちらです^^


~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
こんにちは。松尾 聡子です。

FSD(女性性機能障害)や性嫌悪症、セックスレスが原因で、夫婦関係にお悩みの方のカウンセリングをしています。

「夫とセックスしたくない」という気持ち、身近な人にはなかなか気軽に相談できないですよね。

「結婚したんだから、セックスするのは当たり前でしょ?」と、逆に非難されたり。

「ちょっと我慢して、やらせてあげればいいじゃない」とたしなめられたりすることも。

セックスを拒否したせいで旦那さまと険悪になってしまい、針のむしろのような毎日になってしまった方も多いのではないでしょうか。

させないなら浮気するとか、離婚するとか責められたり。

「私だってラブラブになりたいのに、どうしてもできない」

そんな苦しい気持ちを旦那さまに伝えたいのに、うまく伝わらないもどかしさを感じたことはないですか?

大事な人を傷つけているという申し訳ない気持ちや罪悪感をかかえた毎日は、つらいですよね。

いっそのこと、セックスなんてこの世からなくなればいいのに・・・

こんな日々が続くなら離婚してしまいたい・・・

そんなつらい気持ちを抱えて毎日を過ごしている方が、少しでもラクになれるようなメールマガジンをお届けします。

メルマガの感想をいくつかご紹介させていただきますね^^

ずっとずっと探し続けていた出口のない迷路の中に

やっと光を感じれた、そんな気持ちです。


何度も何度も読ませていただいています...

共感する部分があまりにも多く、

こんなにも私と同じような方がいるのかと初めはビックリもしました。


長年悩み続けた問題に

糸口を発見させていただきました。

嬉しかったぁ。


まさに私のことだと、読み進めながら動悸がしてきました。

明日の配信が待ち遠しいです。


私自身もFSDで悩み、苦しんできました。

自分自身が消えてしまいたい、逃げ出したいと思ったり、離婚したいと思ったこともありました。

でも、今はお互いの気持ちを大事にしながら、仲良く年をとっていけたらいいなと思えるようになりました。

時には、手をつないで2人でお買い物に行ったり、一緒に食事に行くこともあります。

こんな時間が持てるようになるなんて、悩んでいる最中は思えませんでした。

夫婦関係って、良くも悪くも変わることができるんですね。

メールマガジンでは、そんな私の経験も織り交ぜながら

・セックスレスでも、夫と心を通わせる方法

・毎日の生活が少しでも心地よくなるヒント

・堂々巡りの夫婦の会話が、前向きな会話に変わるコツ

・罪悪感から解放されて、夫と新しい関わり方ができるようになる方法

などを、お伝えしていきます。

また、たくさんの方がご覧になるブログでは書けないようなこと、プライベートなお話なども書いています。

今、まさに悩んでいる方のヒントになると思います。

まず、最初の5日間にお届けする内容をお知らせします。

1日目:「セックスしなくちゃダメですか?」

2日目:セックスレスを克服するまで

3日目:もしかしてFSDかも・・・。その時、どうする?

4日目:セックスを上手に断る3つのポイント

5日目:夫との関係を壊さずに「セックスしたくない」と伝えるコツ


あなたの心に寄り添いながら前向きに生きる勇気を、メルマガを通して心を込めてお届けします。


●きちんとお届けするために、お願いがあります。


登録後、すぐに第1回目のメールをお送りします。

受信トレイに届いてない場合は、迷惑メールフォルダなどご確認ください。

登録は無料です。

好きなときにいつでも登録・解除ができますので、ご安心くださいね。

こちらからご登録いただけます。
   ↓
メルマガ:「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

「夫が帰ってくる夜の時間が憂鬱」

「そろそろ今夜は誘われるかも、と思うと不安になる」

そういう心の緊張状態が続いているときは、身体にも変化が起こっているんです。

こういう場合、自律神経の中の「交感神経」が優位になっています。

交感神経は、緊張、興奮しているとき、活動しているときに強く働く神経です。

交感神経ばかり働いていると、自律神経のバランスが崩れて、心と身体の不調を引き起こしてしまうんですね。

そうすると体調も悪くなり、さらに気分が落ち込んで・・・という悪いスパイラルに陥ってしまいます(>_<)

そんなときは、もう一つの自律神経「副交感神経」を働かせることが大事です。

副交感神経は休息やリラックスしているときに働きます。

緊張や疲れ、不調な部分を整え、身体のメンテナンスをしてくれます。

でも、ただ寝ればいいというものでもないんですね。

緊張状態のまま寝ても交感神経が働いた状態なので、副交感神経が出る幕がなく、心も身体も休まらないんです。

交感神経と副交感神経はシーソーのような状態で、どちらかが働くとどちらかがお休みしてしまうんですね。

シーソーなので、バランスが大事です。

不安や緊張が続いてきついなあ、と思ったら

深呼吸をしたり、好きな音楽をぼーっと聞いてみたり、ストレッチをして身体を伸ばしてみることで、副交感神経のスイッチをオンにすることができます。

「はぁぁぁっ」と思いっきりため息をつくのもいいそうですよ^^


心を整えるヒントはこちらでも。



~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセリングをしていると、夫婦の関係って不思議だなあと思うことがあります。

たとえば「正しいことが正解じゃない」ということ。


ケンカをしていて、ひどいことを言われた。

夫に浮気された。

すごくすごく傷ついて、絶対に許せない!許しちゃいけない!

あの時に傷ついた自分のためにも許しちゃいけない。

それに、ひどいこと言ったり浮気したりしたことを許すのは正しくない。


でも、時が経って、たくさん話し合いをして、謝ってもらって

心の奥では許しちゃってたりするんです。

だけど、許しちゃう自分が許せない。


そんなこともあります。

逆に、自分が夫にひどいこと言ったり、浮気したりしたことがあって。

夫のことをずいぶん傷つけたし、離婚するとも言われた。

でも、夫はそんな自分のことを許してくれた。

また、家族で仲良くやっていこうと笑ってくれる。

だけど、私が自分を許せない。

あんなひどいことしたのに、夫に許されるなんて、そんなの正しくない!


許される自分を、自分だけは許しちゃいけない。

そんなこともあります。

常識的、倫理的に考えると、許せないこと、正しくないこと、たくさんあります。

でも、夫婦で大事なのは、正しいか正しくないかではなくて、今の二人の気持ちです。

自分の中の価値観や常識の枠から自由になって、

自分の気持ちを素直に受け止めることができるようになると

そこから、今まで見えなかった新しい未来が見えてきます。


枠組みを外した先にある、新しい夫婦の未来を見てみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。松尾 聡子です。

さて、クライアントさまから嬉しい感想のメールをいただきました。

ご紹介させていただきますね。

先日はありがとうございました。

あの日のカウンセリングは私にとって本当に衝撃的でした。

今までほとんど人に言えなかった気持ちを聞いていただき、

傷ついた過去の自分と向き合ったことで、今の自分がこんなにも癒されるなんて驚きです。

終わった直後から家に帰るまでずっと、なぜか嬉しくて嬉しくて、幸せな気持ちでいっぱいでした。

松尾さんが「たくさん愛されてたんですね」と言ってくださったこと、

私の気持ちに寄り添って涙を流してくれたこと、

どれもすごくありがたかったです。

松尾さんにお願いして本当に良かったなと思いました。

(Kさん)


記憶って、実はいろんな情報が削除されていたり、

事実そのものから歪曲されていたり、

「あの時こうだったからこの時もこうだっただろう」って
一般化されていたりするんです。

でも、実はその時に見過ごしていた情報、忘れていた大事なこと、

それって無意識ではちゃーんと覚えているんですね。


忘れていた、過去に置き去りにしていた記憶、周りの人の温かな思い、

自分でも認めてあげられなかったあの時の自分の気持ち。

そんな大事な大事なものをもう一度自分の心に取り戻せたとき、

もう、過去は自分を傷つけるものではなくなります。

それどころか、これから前を向いて自分の人生をしっかりと歩いていくための

自分を支えてくれる大きな自信に変わるんです。


Kさんが、本当はたくさんの愛に包まれていたことに気づいたとき、

私も幸せな気持ちにいっぱい包まれて、思わず涙が出てしまいました。

私こそ、こんな幸せな瞬間に立ち会わせていただいて、とても嬉しかったです。

つらい過去が今もあなたを苦しめているならば、

それが、今の夫婦関係や人間関係をつらくしていると感じているならば、


一度、お話にいらっしゃいませんか?

つらい過去は、本当はあなたに幸せを教えてくれるものかもしれません。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)