(FP試験オススメ教材、書籍)


【CFP試験対策】


◆基本書◆


(解説記事)
2015-12-06・13

◆過去問◆



(解説記事)
2016-02-14・21

【1級FP実技試験対策】


◆過去問◆


(解説記事)
2016-01-24


【努力の方法論-勉強法】


(解説記事)
2014-06-29


これら教材、書籍の取扱書店はHP にて

FP試験最高峰”CFP資格審査試験&1級FP技能検定試験”独学で合格するための対策ブログです。


1日1回(毎朝9:00)、以下の内容を更新しています。

【平日ならびに土曜日】

(1)時事・法改正  難易度の高い金融対策の内容をメインに、FPテキストと過去問だけでは対応できない時事、法改正問題対策として、日本経済新聞から、CFP試験と関連の深い記事をピックアップし、FP754の見解も交えて、お伝えしています。

(2)相場観  FPとして、経済状況の把握は必須ですが、株式、為替、商品の1日の動きについて、FP754の相場観を少々述べています。 →2014年3月21日休止 →2015年6月22日復活

 

【日曜日】

企画モノを更新しています。

(1)CFP試験 時事・法改正問題対策まとめ、試験前準備、受験者の感想、試験分析(総括の一部)など

  ※勉強法、試験分析(各課目の詳細&総括)、出題予想については、下記サービスの提供に移行 
(2)1級FP試験 
勉強法、試験分析、受験者の感想などの最新情報
※下記サービスの提供に移行

(3)CFP資格研修 CFPエントリー研修、みなし実務研修など

(4)その他   オススメ本、テレビ番組、日経新聞記事、グルメ、洋楽など


ホームページあなたの時間と費用を節約できる独学CFP資格取得法 」では、FP754が長年CFP試験支援業務で培ってきたCFP試験合格のノウハウの概要を確認でき、以下のサービスも提供しています。


【教材編】

(1) FPテキストサービス-全課目

CFP試験機関である日本FP協会が発行する教材であるFPテキストに、過去に出題された重要ポイントが分かるようにチェックを施すサービスです。

(2) CFP試験重要ポイント総整理-金融課目のみ

昔から一貫して難易度の高い金融課目における試験直前に押さえておきたい重要ポイントや出題予想を提示するサービスです。

【勉強指南編】

(1)FP754のCFP試験の勉強法

FP754が長年CFP試験支援業務で培ってきたCFP試験合格のノウハウを結集した勉強法シリーズです。

(2)FP754の試験分析

FP754が長年CFP試験の実施ごとに行ってきた試験分析シリーズです。

(3)FP754の1級FP試験の勉強法

CFP試験合格後、W資格取得のため受験する1級FP技能検定実技試験の勉強法シリーズで、日本FP協会の1級FP実技試験独自の論述問題について過去の出題傾向を詳細に分析し、出題予想を掲載しています。

(4)FP754の宅建試験攻略法

難易度の上がっている不動産課目における他資格同時受験の相乗効果を狙った勉強法シリーズです。


※勉強指南編は、上記HPの前半部分にあるFP754の勉強法、試験分析についての概要を3倍詳しく解説したサービスです。
※上記HPの後半部分には、当サービスを利用ならびにブログを閲覧いただいた合格者の声が多数掲載されています。

現在、FP754が運営するCFP試験に関するサイトは複数にまたがっていますので、サイト運営者の立場から「FP754のサイト活用法2016 」をまとめましたので、ご参照ください。

Copyright(C) 2006 FP754. All Rights Reserved

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-08-26 09:00:00

信用取引、来年にも早朝、夜間解禁

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞1面記事(Web刊]

CFP試験分類:株式
出題キーワード:信用取引、早朝・夜間解禁、東京証券取引所、私設取引所

 

(FP754より)
金融庁はお金を借りて株を買うなどする信用取引について、東京証券取引所が閉まっている早朝や夜間もできるようにする規制緩和に乗り出すという内容です。

(CFP試験対策)
信用取引は計算問題で頻出で、6月の前
回試験でも出題され、今後も出題される可能性が高いので、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)
いまは取引所にしか認めていない信用取引を、証券会社などが独自に運営する「私設取引所」にも解禁する方向とのことで、株式市場活性化へのテコ入れの1つだと思われます。



【相場観】


(FP754より)
週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演を控え、様子見ムードが広がり、動意薄の展開となっています。
株式では、日経平均は明日のイエレン米FRB議長の講演を控え、日銀のETF買いが出ていたものの持ち高調整の利益確定売りが優勢となり反落、NYダウも同様に
週末のイエレン米FRB議長の講演を控え、持ち高調整の売りが優勢となり続落、為替では、ドル円は終日、100円台半ばを挟んで更に狭いレンジで推移し、商品では、中東産油国の増産凍結への期待から買い戻され、47ドル台まで反発しました。
やはり、j株式、為替ともに動意薄で、週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演まで、様子見ムードが続いていますが、いよいよ今夜のNY時間に講演を迎えることとなり、株式も為替も講演開始前後には乱高下が予想されますが、果たしてどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】

今日の日経新聞にもデカデカと広告が出ていましたが、ホンダが最高級スポーツカーNSXを約10年ぶりに発売しました。
その値段なんと2,370万円と、外車のフェラーリ、ポルシェ、アウディなどと同じように2千万円台という値段です。
デザインをみると、同じくホンダから出ているオープン2シーターの軽自動車S660と同じような系統ですね。
先日、たまたま
街中でS660を見ましたが、車高が低くてかなりかっこよかったです。
NSXはちょっと手が出ないという方がいつかNSX・・・と思いながら現実を楽しむのに十分検討に値する車と言えるのではないでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-25 09:00:00

週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演を控え、様子見ムード

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞経済面記事(Web刊]

CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:景気動向指数、景気一致指数、景気先行指数、内閣府

 

(FP754より)
内閣府が発表した6月の景気動向指数(改定値)の内容です。

(CFP試験対策)
日本の経済指標に関する問題は毎回出題されていますが、景気動向指数は、前
回試験でも在庫循環関連として連続して出題されており、今後も出題可能性が高いので、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)
景気の現状を示す一致指数は前月比1.9ポイント上昇の111.1となり、速報値は1.3ポイント上昇の110.5だったとのことで、足踏み状況が続いています



【相場観】


(FP754より)
週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演を控え、様子見ムードが広がっています。
株式では、日経平均は円高が一服したことで、輸出株主導で買われ、上げ幅100円に迫る大幅反発、NYダウは
週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールの講演まで動きにくいということもあり、様子見ムードが広がり、利益確定売りが出て反落、為替では、ドル円も週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演を控え、様子見ムードが広がっており、東京時間は円安、欧州時間は円高、NY時間は円安という流れとなりながらも、終日100円台前半から半ばのレンジ取引で推移し商品では、発表された米原油在庫が予想を下回る増加となったことを嫌気して、売りが優勢となり、46ドル台まで反落となりました。
やはり、j株式、為替ともに動意薄で、週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演まで、様子見ムードが続きそうな感じです。


【最後にひとこと】

今年の夏の暑さはもうピークを過ぎたっぽいですね。
結局、扇風機を付けっ放しにしないと眠れないような熱帯夜は1~2日くらいしかありませんでした。
毎年近所の公園で開催される恒例のラジオ体操や盆祭りもあっという間に終わり、夏ももうすぐ終わりそうです。
やっぱり夏の方が冬より過ごしやすいという思いが年々強くなっていますが、それにしても北海道には梅雨がないはずなのに、一昔前はほとんど降らなかった雨の多さや感じることもなかった蒸し暑い日が続くことにも驚きです。
先日も自分の住んでいる地域に大きな爆音を伴いながら雷が落ちてビックリしたと思っていたら、その後、台風による避難推奨まで出て、携帯は常時けたたましくアラートが鳴りっぱなしになるなど、やっぱり温暖化による異常気象を感じます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-24 09:00:00

最低賃金、全国平均は現在より25円高い時給823円

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】


【ライフプラン】


[日経新聞総合2面記事(Web刊
CFP試験分類:社会保険、雇用保険
出題キーワード:最低賃金、2016年度全国平均時給25円引き上げ、823円、全都道府県で初めて700円超

(FP754より)
2016年度の都道府県別最低賃金の改定額が出そろったと
内容です。
(CFP試験対策)
最低賃金については、前々回試験で計算問題が出題されていますので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの) 
全国平均は現在より25円高い時給823円で、全都道府県で初めて700円を超え、上げ幅は比較可能な02年度以降最大との、デフレの一番の要因となっている賃金引き上げの鈍さを更に改善させたいところです。



【相場観】


(FP754より)
ドル円が一時100円割れとなる場面もありました。
株式では、日経平均はドル円が100円割れを試すなど、円高が進行したことで、輸出株主導で売られ、下げ幅100円を超える3営業日ぶりの大幅反落、NYダウは発表された米住宅指標が予想を大きく上回りましたが、週末のイエレン米FRB議長の講演を控え、様子見ムードが広がり、小幅反発にとどまり、為替では、ドル円は東京時間に100円割れを試す場面がありましたが、回避すると反発する場面もありましたが、日経平均が軟調に推移したことで、上値も重く、欧州時間は一時100円台割れとなる場面がありましたが、滞留時間は短く、その後、100円台を回復、NY時間は発表された米住宅指標が予想を大幅に上回り、NYダウも小幅ながら堅調に推移したことで、100円台前半のレンジ取引で推移、商品では、NY原油先物がイランが増産凍結に前向きとの報道を受けて買いが優勢となり、48ドル台で反発しました
ドル円は一時100円割れとなる場面がありましたが、そこから下落が加速することはなく、すぐに100円台を回復したことから、週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールの講演までは様子見ムードが広がり、100円を挟んだレンジ取引で推移しそうですが、果たしてどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】

最近、本格的にメガネデビューしました、といっても老眼鏡ですが・・・。
元々視力は良くて、これまでの人生もずっと裸眼で過ごしてきて、今年春に受けた健康診断でもなぜか両目とも1.5でしたが、仕事で資料に目を通す際、明らかに小さな文字が見えなくて困ることが多くなっていたため、試しに100円ショップで売っている老眼鏡をつけてみると、見え方が全然違、以前、PCメガネを購入した時にフレームの歪みが気になったので、そこだけこだわって、一応、ちゃんとしたものをネット通販で購入、それ以来、事務作業の時だけですが、愛用しています。
初めてメガネをつけることになると、デザインやつけた時の見た目も気になるようになるかなと思いましたが、それで外に出るわけでもないので、特に気にすることもなく、そのメガネよりもケースがシンプルで気に入っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-23 09:00:00

金融機関、窓販保険の手数料自主開示

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【リスク】


[日経新聞総合1面記事(Web刊
CFP試験分類:保険業法

出題キーワード:窓販保険、手数料自主開示、10月から、3分の1程度対象

(FP754より)
三井住友銀行のみずほフィナンシャルグループは窓口で保険商品を販売したときに自分たちが保険会社からもらっている手数料を10月から自主開示すると発表したという内容です。
(CFP試験対策)
保険業法は、保険法とともにほぼ毎回出題されていますので、窓販保険の手数料についても過去に出題されたことがありますので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの)
金融庁の要請を受けた措置で、窓販保険の3分の1程度が対象とのことで、顧客側からすると投資信託などでは当然になっていることで、金融商品取引法では、変額年金などは同種の金融商品という位置付けなので、むしろ遅いくらいでは・・・と言える措置です。



【相場観】


(FP754より)
ドル円の週明けスタートは方向感のない展開となりました。
株式では、日経平均はフィッシャーFRB副議長の利上げや黒田日銀総裁の追加緩和発言を受けて、ドル円が一時100円台後半まで上昇するなど円安が進行したことを好感して買われ、続伸、NYダウは逆にFRB副議長の利上げ発言が重しとなり、売りが優勢となり、小幅続落、為替では、ドル円は早朝、フィッシャーFRB副議長の利上げや黒田日銀総裁の追加緩和発言を受けて、100円台後半まで、窓開けで大きく上昇スタートとなりましたが、その後、すぐに反落し、窓埋めの動きとなりましたが、東京時間に、日経平均が堅調に推移すると、再び買われる動きとなり、100円台後半まで上昇する円安が進行しましたが、欧州時間に入ると、上昇と続かず、一貫して売りが優勢となり、100円台前半まで反落、NY時間は材料難の中、上値は重く、小動きとなり、そのまま100円台前半で推移、商品では、NY原油先物が中東の需給への思惑から、売りが優勢となり、8営業日ぶりに反落となる47ドル台で推移しました
週明けのドル円は、いきなり窓開けで大きく上昇スタートなりましたが、すぐに窓埋めの動きとなりましたが、再び反発に転じ、上値を試すも、101円台にさえ届かず、再び100円割れを目指す展開となりましたが、100円割れも回避と、徐々に方向感のない狭いレンジで推移に移行しそうな気配ですが、とりあえず週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演まで様子見ムードが広がり、大きな動きは出なくなる可能性が否めませんが、果たしてどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】

昨日リオオリンピックは閉幕しましたが、先日、個人的に今回の大会で最も印象に残っているのは
卓球女子の福原愛選手とレスリング女子の吉田沙保里選手の涙だったと述べましたが、
昨日の日経新聞記事で同じような見方をされている記者の方がいて、やはり他にもいたんだなと興味深く読ませていただきました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-22 09:00:00

今週の注目点はイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

ナシです。


【相場観】


(FP754より)
今週の注目点はイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演です。
日米金融会合も終わり、夏枯れ相場の中、世界的なドル全面安の影響で、円高ドル安が進行している状況ですが、今後ドル円が明確に100円割れとなり、更なる円高の進行を回避し、円安に転換する最も大きな材料になりえるのが米早期利上げであり、それを占う上で、週末のイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演が注目されます。
米経済指標、イベントでは、火曜日に新築住宅販売件数、リッチモンド連銀製造業指数、水曜日に中古住宅販売件数、木曜日に新規失業保険申請件数、耐久財受注、金曜日にイエレン米FRB議長の講演、4-6月期四半期国内総生産(GDP、改定値)、米以外の経済指標、イベントでは、月曜日に
4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)火曜日に黒田日銀総裁の発言、ユーロ圏製造業ならびにサービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)、消費者信頼感(速報値)、水曜日に独4-6月期国内総生産(GDP、改定値)、木曜日に独IFO企業景況感指数、金曜日に全国消費者物価指数(CPI)、仏4-6月期国内総生産(GDP、改定値)など重要指標の発表、イベントの開催が予定されています。


【最後にひとこと】

今日でリオオリンピックが閉幕しますね。
開催前は準備不足や治安不安など色々報道されていましたが、蓋を開けてみれば、日本は過去最高のメダルラッシュに沸き、多くの歓喜と感動もあり、本当に素晴らしい大会となりました。
先日も述べたとおり、個人的には卓球女子の福原愛選手とレスリング女子の吉田沙保里選手の涙に一番感動しましたが、盟友のサッカー女子澤穂希選手がすでに引退しているように、次回の2020年東京大会での吉田選手もちょっと年齢的、体力的にも正直、出場は厳しそうですが、柔道男子でオリンピック3連覇した野村選手のように、最強でなくなっても、自分が納得できるまでレスリングを続けてほしいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-21 09:00:00

平成28年度FPテキストサービス予約申込受付中です

テーマ:FP754サイト、サービスなど告知全般

皆さん、おはようございます。
FP754です。

.このブログのメインテーマでありますCFP試験。 
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートします。

日曜日は企画ものです。
今回は、平成28年度FPテキストサービス申込受付中との告知です。



【平成28年度FPテキストサービスについて】

【平成28年度FPテキストサービスの提供開始スケジュール】


2016年6月に平成28年度第1回CFP試験が実施され、7月に合格発表があり、同時に5回目となる合格ラインも公表されましたが、すでに11月に実施予定の平成28年度第2回CFP試験に向けて、勉強を進められている方も多いと思います。

FP754のホームページにて、CFP試験対策用の各種サービスを提供していますが、そのサービスの核となるのがFPテキストサービスです。
これまで、数多くの方にFPテキストサービスをご利用いただき、ホームページ巻末の【合格者のコメント】にもあるように、数多くの合格者を輩出してきました。

教材となるFPテキストですが、平成28年度税制改正など法改正を反映した平成28年度FPテキストは8月5日(金)に発売され、早速、新FPテキストを入手し、現在、平成28年度第2回試験(2016年11月試験)ならびに平成29年度第1回試験(2017年6月試験)に対応する平成28年度FPテキストサービスの提供準備を進めています。

現在のところ、以下のスケジュールを予定しています。


8月5日(金) 平成28年度FPテキスト発売

8月中     平成28年度FPテキストサービス提供準備

9月上旬    平成28年度第1回試験過去問発売(※1)

9月下旬    平成28年度FPテキストサービス提供開始(※2)


※1 昨年の平成27年度第1回試験過去問の発売日は9月3日でした。

※2 昨年の平成27年度FPテキストサービス提供開始日は9月22日でした。


【平成28年度FPテキストの内容チェック】

先週の企画もの記事で、平成28年度FPテキストを金融、不動産の2課目チェックした段階で小幅改訂という印象であるとお伝えしました。

引き続き、内容チェックを続け、9月初め(8月末の最終週末)に全課目終了する予定ですが、丁度、同時期の9月上旬に、
平成28年度第1回試験(2016年6月試験)の過去問が発売されますので、続けてそちらの反映作業を進める予定です。


【FPテキストサービスの内容、納期の選択について】


平成28年度FPテキストサービスは、①これまですでに発売されている平成27年度第2回試験(2015年11月試験)までの過去問内容を反映した平成27年度FPテキストサービスの内容に加えて、②9月上旬に発売予定の平成28年度第1回試験(2016年6月試験)過去問の内容を反映させ、初めて納入する形をとっています。

しかし、①のテキストサービス内容の移行作業は8月中に全6課目完了する予定である一方、②の過去問反映作業は9月上旬の発売日を待たねばならず、作業進捗中に一定の空き期間が発生することで、納期が後にズレてしまいます。

一方、平成28年度第2回試験は11月13日、20日(日)実施予定なので、納期が遅れるほど、勉強時間も少なくなることになります。

そこで、昨年同様、通常の納期となる内容重視型と、②の過去問反映作業は省略して、①のテキストサービス内容移行作業が終了した段階でテキストを納入する納期重視型(申込受付数限定)の2つの選択制を取ることにします(ただし、対応数限定。予告なく締め切ります)ので、サービス申込の際は、ご希望をお聞かせください。

なお、どちらを選択してもサービス料金は同じです。


【FPテキストサービスの料金について】


昨年同様、今年も現行料金を据え置きとします。

具体的なサービス料金については、当ホームページのFPテキストサービス申込箇所に掲載している料金表をご確認ください。 


【FPテキストサービス申込受付について】


平成28年度FPテキストサービスは、基本的に申込先着順で対応していますので、申込が遅れるほど、納期も後にズレ込みます。

すでに、予約申込をいただいていますので、ご検討されている方はお早めにどうぞ。



【最後にひとこと】

平成28年度FPテキストサービスを申込いたただく際、基本的にFPテキストについてはこちらで用意していますが、平成28年度FPテキストや過去問を利用して独学で勉強を進めるため、ご自身でインターネットで購入する場合、現在、丸善、ジュンク堂書店、文教堂書店のサイトを統合したハイブリッド型統合書店であるであるhontoでは、会員登録(無料)で送料無料のキャンペーンを実施中で、在庫があれば納期も早く、大変お得で便利です。
FP754のホームページのサイドバーに、オススメ教材として、FPテキスト、過去問の商品画像、テキストリンクを貼っていますが、最新のFPテキストとFPK過去問についても、すでに掲載済みですので、ご購入を検討されている方はご利用ください。
なお、hontoの日本FP協会過去問と紀伊國屋書店の最新版FPテキスト、FPK過去問についても近日中に更新予定ですので、しばしお待ちください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-20 09:00:00

週末のドル円は小動き

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

ナシです。


【相場観】


(FP754より)
週末のドル円は小動きでした。
株式では、日経平均は前日のNYダウが上昇したことやドル円が100円台を回復する円安が進行したことを好感し、買いが優勢となり反発、NYダウは主だった経済指標の発表がない中、週末のポジション調整の売りが出て大幅反落、為替では、ドル円は東京時間に日経平均が上昇したことを好感して買われ、100円台半ばまで上昇する場面もありましたが、その後、100円台前半から半ばで売り買いが交錯し、上下動、欧州時間は100円割れは回避するものの、100円台前半の狭いレンジで推移、NY時間は主だった経済指標のない中、NYダウや日経平均先物が大幅安となったことで、売りが優勢となり、100円を挟んだ展開で、100円割れとなる場面もあり、商品では、NY原油先物が週末のポジション調整の売りが出て、小幅反落となりました。
週末のドル円は主だった経済指標の発表もなく、株価動向を見ながらの展開となりましたが、100円を挟んで、比較的迫いレンジ取引での推移となりましたが、来週は注目されるイエレン米FRB議長のジャクソンホールでの講演が予定されており、今後の利上げ時期を占う上で注目されること、そして8月は何かと円高の月になっていることが多いのですが、今週の99円台半ばで円高が一服してくれるのか、まだまだ予断を許しません。


【最後にひとこと】

メダルラッシュで盛り上がっているリオオリンピックも終盤を迎えていますね。
今大会でこれまで最も印象的だったのは、卓球女子の福原愛選手の涙を堪えて気丈に振る舞う姿と、レスリング女子の吉田沙保里選手の試合後の表彰台でも涙を流して悔しがり感情を全面に出す姿が対照的で心に残りました。

ところで、先月、WIN7だったノートPCをWIN10へアップデートしてから半月以上が経ちますが、不具合として、PCを休止状態にすると無線LANのネットワークがつながらなくなり、再起動が必要になる症状が出ていたのですが、結局、コントロールパネルのネットワークからプロパティのチェック内容を一部いじったことで、症状が出なくなり、快適に使えていますので、とりあえず、WIN10への無償アップデートは実行して良かったという結果になっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-19 09:00:00

原油安による輸出減は円高圧力

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験まで、新たにCFP試験対策をスタートしています

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞経済面記事(Web刊
CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:日経
CPINow、T指数、全国スーパーの販売情報からはじく、身の回り物価

(FP754より)
スーパーの販売情報からはじく消費者物価指数は1年4ヵ月ぶりに前年比でマイナスに転じたとの内容です。
(CFP試験対策)
日銀の金融政策と消費者物価指数は深い関係にありますが、日経CPINowも現場の状況を反映する参考指標として、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの) 
プリン、カップ入りスープ、発泡酒-。極めて身近な食品などの物価が下がり始めており、賃上げペースが鈍い中、企業が今春以降に値上げに慎重になっているためだとのことで、果たして日銀の9月の金融政策決定会合で予定される総括的な検証にどう影響を与えるでしょうか。


[日経新聞経済面記事(
Web刊)]

CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:貿易統計、財務省

(FP754より)
財務省が発表した7月の貿易統計速報(通関ベース)の内容です。
(CFP試験対策)
日本の経済指標に関する問題は毎回出題されていますが、アベノミクスによる円安が進行する中、貿易収支は国際収支、経常収支とともに注目度が高まっていて、まさに6月の前回試験で国際収支統計が出題されましたので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの)
7月の輸出額は前年同期比14%減と、輸出数量は2.5%減で、中でも産油国である中東向けの輸出額は30.8%と落ち込みが際立つとのことで、産油国の業績悪化の理由と言えば原油安ですが、これは日銀が常々物価目標が達成できない要因としてきたものであり、リスクとして再認識されそうです。


【相場観】


(FP754より)
ドル円は再び100円割れとなっています。
株式では、日経平均はドル円が再び100円割れとなる円高が進行したことによる輸出株主導で大きく売られ、下げ幅250円を超える大幅反落、NYダウは発表された米経済指標が予想を上回ったことや原油高を好感し、買いが優勢となり、小幅続伸、為替では、ドル円は朝方から円高が進行し、節目の100円台割れとなり、99円台半ばまで円高が進行しましたが、東京時間でなんとか下げ止まり、政府要人の9月の日銀会合での大胆行動の可能性との発言をきっかけに買い戻され、100円台を回復、欧州時間に再び100円割れまで円高が進行する場面がありましたが、その後、100円台半ばまで大きく反発するも、NY時間に、NYダウ、日経平均先物が堅調に推移したにもかかわらず、米10年債利回りが低下したことなどから、再びドル全面安の展開となり、再び100円割れ、
商品では、NY原油先物が来月以降のOPEC総会での産油国の増産凍結期待から買いが優勢となり、1ヵ月分ぶりの高値更新となる48ドル台まで続伸しました。
ドル円は一昨日101円台を回復する場面があったものの、円安の流れは続かず、あっという間に再び100円割れの99円台に押し戻されてしまいましたが、特にドルは対ユーロでも下落していることから、ドル全面安の流れとなっていることが、ドル円にも波及していると考えられますが、果たして99円台で踏ん張り、2番底をつけて反発となるでしょうか。


【最後にひとこと】

昨日のリオオリンピックでも色々ドラマがありました。
まず、卓球男子の団体決勝ではやはり中国の壁は厚く、負けてしまいましたが、それでも今大会中に覚醒した水谷準選手が今まで一度も勝てていなかった中国選手に一矢を報いるなど、特に卓球は、男子は水谷選手の大会期間中の急成長、女子は福原愛選手の「苦しかった」という言葉が表す通り、負けてもキャプテンとして気丈に振る舞う姿、銅メダルが決まった時の今まで我慢していた涙が溢れる姿が感動的でした。
そして、金メダルラッシュに沸いたのが女子レスリングで、今日の朝方までにすでに4つの金メダルを獲得、特に伊調馨選手は前日未踏のオリンピック4連覇を達成、いつも吉田沙保里選手の影に隠れている印象でしたが、伊調選手も国民栄誉賞にふさわしい活躍をしていると常々思っていました。
そして、今回の日本団キャプテンの吉田選手は決勝で惜しくも負けてしまいましたが、顔をくしゃくしゃにして悔し涙を流す姿が印象的でした。
最後に、バトミントン女子ダブルスで、高橋・松友ペアが見事金メダルを獲得しましたが、女子ダブルスは今大会でも解説していたあのオグシオペアから始まり、その後も次々と強豪ペアが出現しては大きな大会で優勝しているという印象です。
とにかく、今大会での皆さんの活躍は素晴らしいの一言ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-18 09:00:00

これまで必ず出題されている超重要なNISA

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融、タックス】

[
日経新聞1面記事(Web刊

CFP試験分類:株式、投資信託

出題キーワード:少額投資非課税制度(NISA)、長期積立枠、20年

(FP754より)

政府は伸び悩んでいる少額投資非課税制度(NISA)をテコ入れするという内容です。
(CFP試験対策)
少額投資非課税制度(日本版ISA=NISA)については、現在、最も旬な法改正内容の1つであり、ジュニアNISAとともに、当然のごとく6月の前回試験でも出題されましたが、引き続き出題される可能性が極めて高いので、必ず得点源にできるよう内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)

具体的には投資上限の120万円の半分以下にする代わりに売却益や配当に税金がかからない期間を現行の5年から大幅に延ばす新たな枠を設ける方向で調整するとのことで、やはり新規開設の伸びが鈍化しているのは英国のEU離脱決定よる株安、円高などアベノミクスによる上昇相場が終わり、市場が下落基調に転換していることが大きく関係していると思われます。


【相場観】

(FP754より)
ドル円は一時101円台を回復する場面がありましたが、再び100円割れを目指す展開となっています。
株式では、日経平均はドル円が一時101円台を回復する円安が進行したことで輸出株主導で大きく買われ、上げ幅150円に迫る大幅反発、NYダウは発表された米FOMC議事要旨を受けて、今後も緩やかな利上げペースが続くとの見方から、買いが優勢となり、小幅反発、為替では、ドル円は東京時間に前日のダドリーNY連銀総裁の9月利上げ発言による円安の進行を受けて、日経平均が堅調に推移したことで、買いが加速する場面があり、一時101円台前半を回復する場面がありましたが、欧州時間に次第に円高の流れに転換し、ジリジリと下落、NY時間は発表された米FOMC議事要旨を受けて一時急反発する場面もありましたが、再び急反落する乱高下の展開となり、元の円高基調に戻り、100円台前半で推移、商品では、NY原油先物が米FOMC議事要旨を受けてドル安が進行したことを好感して買われ、1ヵ月半ぶりの高値更新となる46ドルまで上昇する5日続伸となりました。
ドル円が一時101円台まで上昇する円安が進行したと思ったら、その流れは続かず、再び100円割れを目指す円高基調に戻ってしまいましたが、テニクカル的には、英国のEU離脱決定時につけた安値98円台後半を1番底と、先日の安値99円台半ばを2番底とするダブルボトムを形成できれば、その後の反発基調に弾みが付きますが、いずれの安値も大きな下ヒゲをつけており、やはり100円割れでは買い意欲も強く、次第に底固めの展開になる可能性もあるように見えますが、果たして2016年円高の夏はどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】


昨日のリオオリンピックでは、卓球女子に続いて、バトミントン女子の準々決勝で日本人対決があり、奥原希望選手のプレーを初めて見ましたが、全身バネのような動きで、相当な運動神経の持ち主だな、とちょっとビックリしました。
奥原選手といえば、あの違法カジノ店の賭博行為でリオオリンピックに出場できなくなったバトミントン男子の桃田選手と国際大会で同時優勝し、一時ペアで注目されていたことがあったのを覚えていますが、その時はどちらかというとイケメンで華やかだった桃田選手の方が注目されていたように思いますが、まさかこんなに凄い選手だと思いませんでした。
それにしても、バトミントンは
見ているだけでも相当な運動量と反射神経を要するハードな競技だということがわかりますね。
そういえば昔、会社の同僚と、退社後の夜、市民体育館で卓球とバトミントンのサークル活動をしていた時期があり、明らかにバトミントンの方が動くのが大変で、汗が噴き出したことを思い出しました。
ちょっと老体には厳しそうなので、これからやるなら卓球にします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-17 09:00:00

米国債償還絡みのドル全面安の展開となり、ドル円一時99円台半ばまで円高進行

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】


【金融、ライフプラン】


[日経新聞政治面記事(Web刊

CFP試験分類:融商品取引と法律
出題キーワード:
金融取引に関する裁判外紛争解決制度(金融ADR制度)、苦情48%増


(FP754より)

金融取引に関する裁判外紛争解決制度(金融ADR)を通じた2015年度の苦情件数が8499件となり、前年度より48%増えたことが金融庁のまとめでわかったという内容です。

(CFP試験対策)
金融ADR制度は、金融でほぼ毎回出題される金融商品取引法の内容で、過去に出題されたことがあり、6月の前回試験では、ライフプランで通常のADRが出題されましたが、9月の1級FP実技試験の論述テーマとしても重要で、今後も出題される可能性がありますので、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)

過去5年で最多、金融機関による投資信託の乗り換え販売などで、手数料や販売商品に対する不満が増えているとみられるとのことで、金融取引の法令順守(コンプライアンス)はかなり法規制が厳しいと思われますが、それでも苦情は増えているのが実情です。

【ライフプラン】

[日経新聞経済面記事(
Web刊
CFP試験分類:住宅資金
出題キーワード:住宅ローン借り換え、金利を固定する契約にシフト

(FP754より)
住宅ローン利用者が10年など長期間、金利を固定する契約にシフトしているという内容です。
(CFP試験対策)
フラット35が6月の前回試験でも出題されましたが、実務的な内容として確認しておいてください。
(内容そのもの) 
導入から半年となった日銀のマイナス金利政策の影響で、10年固定で年0.3%台という超低金利商品が出てきたのが大きく、変動型を下回る金利を設定する銀行もあり、大手行では全体のほぼ半分、借り換えに絞ると7割強が固定型を選んでいるとのことで、国民は将来の金利上昇を敏感に肌で感じているようです。

【相場観】


(FP754より)
米国債償還絡みのドル全面安の展開となり、ドル円は6月24日の英国のEU離脱決定以来、一時100円割れの99円台半ばまで円高が進行しました。
株式では、日経平均は米国債償還絡みの円高が進行したことで、企業業績悪化への懸念から大きく売られ、下げ幅300円に迫る大幅続落、NYダウは発表された米住宅指標が予想を上回るもダドリーNY連銀総裁の9月利上げ発言を受けて、警戒感による利益確定売りが出て反落、為替では、ドル円は東京時間に101円台前半で始まりましたが、日経平均が日銀のETF買いも出ず、軟調に推移したことや米国債償還絡みの売りも出て、ドル全面安の展開となり、100円台半ばまで下落する円高が進行、欧州、NY時間に入ってもその流れは変わらず、発表された米住宅指標が予想を上回りましたが、米国債償還絡みの売りが継続し、ついに節目の100円割れとなると、ストップを巻き込んで売りが加速し、6月24日の英国のEU離脱決定時以来となる99円台半ばまで下落する円高が進行しましたが、ダドリーNY連銀総裁の9月利上げ発言を受けて、急速に買い戻され、100円台半ばまで回復する円安が進行、その後、NYダウが軟調に推移するも、100円台前半から半ばで推移、商品では、NY原油先物が産油国による増産凍結への思惑から買いが継続し、1ヵ月ぶりの高値更新となる46ドル台まで続伸しました
8月半ばは、夏枯れ相場で何かと仕掛け的な動きも出ることが多い中、米国債償還絡みのドル全面安の展開となり、ドル円はついに6月24日英国のEU離脱決定以来となる節目の100円割れ、99円台半ばまで円高が進行しましたが、ダドリーNY連銀総裁の9月利上げ発言をきっかけに大きく買い戻しが先行し、100円台前半から半ばを回復し、ローソク足の日足では大きな下ヒゲができた形となりましたが、これで円高は一服してくれるのか、今後の円高ドル安の動きに注目ですが、果たしてどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】

昨日は夜中の途中まで観戦し、朝、ニュースで見ましたが、卓球女子が団体戦の3位決定戦で、見事シンガポールを3-1で下し、銅メダルを獲得しました。
試合後のインタビューの福原選手の涙を見て、こちらもウルっときてしまいましたが、本当に卓球女子は今大会、最終ゲーム、最終セットまでもつれる試合ばかりで、本当に苦しい戦いを強いられました。
一方、卓球男子は団体戦の準決勝で、見事宿敵ドイツを3-1で下し、決勝に進出、絶対王者の中国と明日18日に対戦しますが、個人戦で銅メダルを獲得し、団体戦でも全勝と波に乗り、チームをひっぱる水谷選手の活躍が期待されます。
ところで、水谷選手、芸人の波田陽区さんに似てますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。