(FP試験オススメ教材、書籍)


【CFP試験対策】


◆基本書◆


(解説記事)
2015-12-06・13

◆過去問◆



(解説記事)
2016-02-14・21

【1級FP実技試験対策】


◆過去問◆


(解説記事)
2016-01-24


【努力の方法論-勉強法】


(解説記事)
2014-06-29


これら教材、書籍の取扱書店はHP にて

FP試験最高峰”CFP資格審査試験&1級FP技能検定試験”独学で合格するための対策ブログです。


1日1回(毎朝9:00)、以下の内容を更新しています。

【平日ならびに土曜日】

(1)時事・法改正  難易度の高い金融対策の内容をメインに、FPテキストと過去問だけでは対応できない時事、法改正問題対策として、日本経済新聞から、CFP試験と関連の深い記事をピックアップし、FP754の見解も交えて、お伝えしています。

(2)相場観  FPとして、経済状況の把握は必須ですが、株式、為替、商品の1日の動きについて、FP754の相場観を少々述べています。 →2014年3月21日休止 →2015年6月22日復活

 

【日曜日】

企画モノを更新しています。

(1)CFP試験 時事・法改正問題対策まとめ、試験前準備、受験者の感想、試験分析(総括の一部)など

  ※勉強法、試験分析(各課目の詳細&総括)、出題予想については、下記サービスの提供に移行 
(2)1級FP試験 
勉強法、試験分析、受験者の感想などの最新情報
※下記サービスの提供に移行

(3)CFP資格研修 CFPエントリー研修、みなし実務研修など

(4)その他   オススメ本、テレビ番組、日経新聞記事、グルメ、洋楽など


ホームページあなたの時間と費用を節約できる独学CFP資格取得法 」では、FP754が長年CFP試験支援業務で培ってきたCFP試験合格のノウハウの概要を確認でき、以下のサービスも提供しています。


【教材編】

(1) FPテキストサービス-全課目

CFP試験機関である日本FP協会が発行する教材であるFPテキストに、過去に出題された重要ポイントが分かるようにチェックを施すサービスです。

(2) CFP試験重要ポイント総整理-金融課目のみ

昔から一貫して難易度の高い金融課目における試験直前に押さえておきたい重要ポイントや出題予想を提示するサービスです。

【勉強指南編】

(1)FP754のCFP試験の勉強法

FP754が長年CFP試験支援業務で培ってきたCFP試験合格のノウハウを結集した勉強法シリーズです。

(2)FP754の試験分析

FP754が長年CFP試験の実施ごとに行ってきた試験分析シリーズです。

(3)FP754の1級FP試験の勉強法

CFP試験合格後、W資格取得のため受験する1級FP技能検定実技試験の勉強法シリーズで、日本FP協会の1級FP実技試験独自の論述問題について過去の出題傾向を詳細に分析し、出題予想を掲載しています。

(4)FP754の宅建試験攻略法

難易度の上がっている不動産課目における他資格同時受験の相乗効果を狙った勉強法シリーズです。


※勉強指南編は、上記HPの前半部分にあるFP754の勉強法、試験分析についての概要を3倍詳しく解説したサービスです。
※上記HPの後半部分には、当サービスを利用ならびにブログを閲覧いただいた合格者の声が多数掲載されています。

現在、FP754が運営するCFP試験に関するサイトは複数にまたがっていますので、サイト運営者の立場から「FP754のサイト活用法2016 」をまとめましたので、ご参照ください。

Copyright(C) 2006 FP754. All Rights Reserved

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-27 09:00:00

経済対策として低所得者に一律1万円給付など

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞経済面記事(Web刊

CFP試験分類:財政政策
出題キーワード:
基礎的財政収支(プライマリーバランス)、2020年赤字5兆円


(FP754より)

内閣府の経済財政諮問会議に中長期の財政試算を示したとの内容です。

(CFP試験対策)
財政政策は、前々回試験で出題されましたので、毎回出題される金融政策とともに、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)

黒字化を目指す2020年度でも、国と地方の基礎的財政収支は5.5兆円の赤字がなお残るとのことで、元々は20年度までの黒字化達成が目標であり、政府の試算の甘さが目立ちますので、例えば、今後の社会保障費負担が国民に及ぶことになることに備え、自分年金などの準備が不可欠だと思われます。

【金融、ライフプラン】

[
日経新聞1面、総合2面記事(Web刊

CFP試験分類:教育資金、健康保険、雇用保険、公的年金
出題キーワード:経済対策、ニッポン一億総活躍プラン、低所得者1万円給付、雇用保険料率0.2%引き下げ、育児休暇期間半年延長2年、給付型奨学金創設、年金受給資格25年から10年に短縮


(FP754より)

政府・与党は経済対策の概要をまとめたという内容です。

(CFP試験対策)
CFP試験関連として、ニッポン一億総活躍プラン関連として、給付金、雇用保険、育児休業、奨学金、公的年金と多岐に当てはまりますので
、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)
低所得者に一律1万円以上の現金を支払うほか、雇用保険料率を0.2%(3400億円)引き下げ、最低賃金は過去最大の24円上げを軸に詰めているとのことで、結局、一般市民が直接恩恵を受ける政策が揃っているようにみえますが、その効果はどうなるでしょうか。



【相場観】

(FP754より)
明日からの日米金融政策発表を控え、ドル円は103円台まで円高が進行しました。
株式では、日経平均はドル円が104円台前半まで急落する円高が進行したことで、輸出株主導で大きく売られ、下げ幅200円を超える3日続落、NYダウは発表された企業決算への失望売りや、明日の米FOMCを控え、様子見ムードが広がり、小幅続落、為替では、ドル円は東京時間に政府の経済政策や日銀の追加緩和への思惑からか、大きく売られ、104円台前半まで急落する円高が進行、欧州時間も円高の流れが加速し、一時104円台割れの103円台後半まで下落する場面もありましたが、その後、下落は一服、NY時間に日銀の追加緩和への期待から買い戻され、105円台回復目前まで反発する場面もありましたが、その後、失速し、104円台後半で推移、商品では、NY原油先物が需給悪化への懸念から、引き続き売りが先行し、3ヵ月ぶりの安値更新となる42ドル台まで続落しました。
昨日のドル円の急落には少々驚きましたが、日米金融政策前の調整ということでしょうか、明日未明に発表される米FOMCでは、今回イエレン米FRB議長の記者会見がないので、FOMC声明文の内容で相場は動くことになりますが、果たして現在の世界経済、米景気の分析ならびに利上げ時期についての言及はどうなるでしょうか。


【最後にひとこと】


先日の日経新聞で、厚生労働省がマタハラの加害者が懲戒処分の対象になる旨、就業規則に明記するように求めるとの記事が掲載されていました。
最近、「○○ハラ」という言葉がすっかり浸透していますが、今回のマタハラのほか、思いつくものとしてセクハラ、パワハラ、オワハラなど色々ありますが、昔から陰では存在していたものの表面化しなかったものが、今やすっかり市民権を得て、世間に認知されるになっていますが、ハラスメント被害そのもののほか、逆手にとってハラスメントだと騒ぐことも問題化しているなど、なかなか対処の難しい社会現象です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-26 09:00:00

貿易収支、円高が重石

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験まで、新たにCFP試験対策をスタートしています

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞経済面記事(Web刊)]

CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:貿易統計、財務省

(FP754より)
財務省が発表した1から6月の貿易統計速報(通関ベース)の内容です。
(CFP試験対策)
日本の経済指標に関する問題は毎回出題されていますが、アベノミクスによる円安が進行する中、貿易収支は国際収支、経常収支とともに注目度が高まっていて、まさに前回試験でも国際収支統計が出題されましたので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの)
1~6月の輸出額は前年同期比8.7%減と、6年半ぶりの大きな落ち込みとなり、新興国経済の減速に加えて円高が円換算の輸出額を押し下げているとのことで、英国のEU離脱決定による円高の影響が今後ますます重石になると思われます。

[日経新聞経済面記事(Web刊
CFP試験分類:投資信託
出題キーワード:MMF(マネー・マネージメント・ファンド)消滅、マイナス金利政策


(FP754より)
証券業界が個人の株式投資の呼び水と位置付けるMMF(マネー・マネージメント・ファンド)が24年の歴史に幕を閉じようとしているとの内容です。
(CFP試験対策)
MMFはMRFとともに、公社債投資信託関連として頻出ですので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの) 
マイナス金利で資金の運用が難しくなり、大手運用会社は10月末までにMMFをすべて償還する見通しで、株式投資を促すはずだった日銀のマイナス金利政策が投資の源泉を枯らす皮肉な構図が浮かぶとのことで、確定拠出年金でもMMFは償還の案内が来て、強制的に預替となっていましたが、代替となるものが少ないのが問題だと思いました。



【相場観】


(FP754より)
週明けの相場は、週末の日米金融会合という重要イベントを控え、利益確定売りが先行しました。
株式では、日経平均はなんといってもポケモン相場で株価が急騰していた任天堂が業績絵への影響は限定的とコメントを発表したことで、ストップ安となる急落となったことが重石となり小幅反落、NYダウは今週の米FOMCを控え、過熱感もあり利益確定売りが優勢となり反落、為替では、ドル円は東京時間に朝方買われ、106円台後半まで上昇する場面がありましたが、日経平均が任天堂ショックで上げ幅を縮小したことで、売りに転換し、欧州、NY時間も、欧州株、NYダウが軟調に推移したことで、売りが継続し、106円台割れまで下落、
商品は、NY原油先物が需給悪化への懸念から売りが優勢となり、3ヵ月ぶりの安値更新となる43ドル台まで下落しました。
今週は、米FOMC、日銀金融政策決定会合を控え、週前半は世様子見ムードが広がり、週後半は特に日銀の結果を受けて、大きく動き出すことが予想されますが、どうなるでしょうか。


【最後にひとこと】

昨日の株式市場の
ポケモン相場失速による任天堂のストップ安は凄かったですね。
2012年末から始まったアベノミクス以降、日経平均などの株価指数や時価総額の大きな銘柄の株価も本当に大きく動くことが多くて、投資チャンスと言えなくもないですが、一方で、腰を据えた投資もしにくい環境で、まさに投機的な相場化しているという印象です。

※FP754の1級FP試験サービスを申込受付後、こちらからご案内メールを返信した方で、申請手続きができない方へ
メールにて、
(月~金)10:00~24:00、(土日)19:00~22:00の中から、申請作業できる都合の良い日時(30分単位)をご連絡ください。
こちらは上記時間帯であれば対応可能なので、返信することなく、その日時になりましたら、申請できるようにします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-25 09:00:00

今週の注目点は日米金融政策

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであCFP試験。
次回の平成28年度第回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[
日経新聞1面記事(Web刊

CFP試験分類:海外経済指標
出題キーワード:
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議、英国の欧州連合(EU)離脱、Brexit

(FP754より)

日米欧に新興国を加えた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は、英国の欧州連合(EU)からの離脱で世界経済が混乱しないように連携していく方針を打ち出したとの内容です。

(CFP試験対策)
日本の経済指標に関する問題は毎回出題されていますが、海外の経済指標も頻出であるとともに、今回のG20のように国際会議、国際機関なども過去に出題されたことがありますので、内容を確認しておいてください。
(
内容そのもの)
世界経済の不確実性が高まっており、各国の政策を総動員すると再確認したとのことで、金融市場では、Brezitの混乱からすっかり落ち着きを取り戻したこと、先日、メイ英新首相がEU離脱の年内手続きはしないと表明したことで、市場のテーマは次の材料である日米金融政策にうつり、この材料は将来蒸し返されるまで、しばらく終わりという感じになっています。


【リスク】


[日経新聞金融面記事(Web刊
CFP試験分類:損害保険

出題キーワード:新種保険、自動運転の実証実験、富士山噴火、成年後見人、再生医療、民間救急 


(FP754より)
富士山の噴火に対応、再生医療の健康被害を補償など、損害保険各社が変わり種の新商品を続々と開発しているとの内容です。

(CFP試験対策)
損害保険の保険商品については、新種ではないもののほぼ毎回出題されていますので、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)

自動車保険や火災保険といった従来の枠にとらわれない「新種保険」とのことで、保険実務の情報収集も兼ねて、内容を確認しておいてください


【相場観】


(FP754より)
今週の注目点は日米金融政策です
英国のEU離脱(Brezit)の混乱から落ち着きを取り戻していますが、先日の黒田日銀総裁のヘリコプターマネー否定発言報道で、ドル円が2円も急落する円高が進行したように、現在の市場のテーマは、日米の金融政策に移っており、今週開催される米FOMCで今後の年内利上げをどう考えているか、日銀金融政策決定会合で追加緩和があるかに大注目です
米経済指標、イベントでは、火曜日にケース・シラー米住宅価格指数、新築住宅販売件数、消費者信頼感指数、リッチモンド連銀製造業指数、水曜日に耐久財受注、住宅販売保留件数、米連邦準備公開市場委員会(FOMC)政策金利発表、木曜日に新規失業保険申請件数、金曜日に4-6月期四半期実質国内総生産(GDP、速報値)、シカゴ購買部協会景気指数、ミシガン大学消費者態度指数(確報値)、米以外の経済指標、イベントでは、月曜日に貿易収支
、独IFO企業景況感指数、水曜日に豪4-6月期四半期消費者物価指数、木曜日に独失業者数、失業率、消費者物価指数(CPI、速報値)、ユーロ圏消費者信頼感(確定値)、金曜日に全国消費者物価指数、失業率・有効求人倍率、鉱工業生産、豪4-6月期四半期卸売物価指数(PPI)、日銀金融政策決定会合年間マネタリーベース増加目標、政策金利発表、黒田日銀総裁の定例記者会見、仏4-6月期国内総生産、独小売売上高、ユーロ圏消費者物価指数(HICP、速報値)、4-6月四半期域内総生産(GDP、速報値)と重要指標の発表、イベントが目白押しです。


【最後にひとこと】

昨日の企画もの記事で、今回のCFP試験で結果報告をお寄せいただいたコメントとその返事を掲載しました。

その後も続々とコメントをいただいていますが、今後、いただいたコメントとお返事も、企画もの記事に追加していきますので、ご確認ください。
なお、昨日も触れたようにホームページ「あなたの費用と時間を節約できる独学CFP資格取得法」でも、【ブログ閲覧者の声】として、皆さんから当ブログにお寄せいただいた合格コメントを、毎回掲載させていただいていますので、何卒ご了承ください。

9月の1級FP実技試験対策となる「FP754の1級FP試験の勉強法」サービスについては、CFP試験結果報告のコメント投稿の期限となる7月31日(日)にもう一度だけ告知して、対応を締め切ります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-24 09:00:01

平成28年度第1回CFP試験(2016年6月試験)合格コメントとその返事(その2)

テーマ:受験者のFP試験感想、合格コメント

皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマでありますCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

日曜日は企画ものです。
本日は平成28年度第1回CFP試験(2016年6月試験)合格コメントとその返事です。

なお、コメント多数と文字制限のため、2回に分けて更新しています。


【合格コメントとその返事】


(頂いた合格コメントは日付順ですが、都合により入れ替える場合があります。青がFP754のコメントです)


■相続合格しました。

毎度書き込みしているかずです。

3回目の受験で合格しました。

不動産、タックス、相続が受かりあと半分です。

この秋はライフとリスクを受験しようと思います?

かず

相続合格おめでとうございます。

同じ課目に何度も不合格になると凹みますが、逆に合格した時の喜びも格別ですね。

ライフとリスクは相関性もあり、良い組み合わせだと思いますし、

日程も別々なので、最後の追い込みも可能ですから、ぜひ今の調子で頑張ってください。


■全科目合格しました

今回の試験で無事6科目合格することができました。

1~2科目ずつの受験でしたので2年半かかりましたが、全科目とも1回で合格できました。

時事問題や試験直前のポイントなど、このブログには助けられることばかりでした。

本当にありがとうございます。

9月の1級受験は考え中ですが(1ヵ月の勉強で大丈夫ですかね?)、受験の際はまたお世話になると思いますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

全課目合格おめでとうございます。

1級FP実技試験は今回受験した方がよいです。

最大の理由は、FP最上級の資格にもかかわらず、その高すぎる合格率にありますが、以前にも先送りした方が後悔していたことがありました。

1ヵ月の勉強といっても勉強量によりますが、正直言うと、十分対応可能です。


■全科目に合格

試験後の、受験者の皆様のコメントに一喜一憂・共感しながら、合格発表日を迎えました。

結果、勉強開始時は苦手だった金融も、FP754様のポイントをおさえたブロクを参考させていただき、全ての科目に合格することができました。

試験後1カ月間勉強を休んでいましたが、次は、9月の1級実技に向けて再び机に向かおうと思います。

この後1級実技の対策ブログに申込みさせていただきたいと存じます。

  

金融、ライフ、リスクならびに全課目合格おめでとうございます。

ブログが役に立ったということで良かったです。

1級FP試験サービスはかなり充実した内容になっていると思いますので、ぜひ有効活用してください。

またCFPエントリー研修についてもまた受講の感想などお寄せください。


■相続、不動産合格しました。

あと2課目(金融、リスクと保険)、11月試験で合格できるように頑張りたいと思います。

えーぼー 

相続、不動産合格おめでとうございます。

金融、リスクといえば、今回難易度が高かったツートップですね。

しかしながら、これまで合格してきた課目と同じようにやっていただければ十分対応可能です。

強いてあげれば、金融は時事と計算、リスクは資料の読み取り問題の攻略がポイントです。

■全科目合格

タックス合格しました。

これで全科目合格しました。

今後は9月の1級実技を目指したいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

88662211 

タックスならびに全課目合格おめでとうございます。

タックスが最後というのは珍しいパターンですね。

1級FP実技試験は非常に合格率の高い試験なので、油断さえしなけらば、大丈夫です。

1級FP試験サービス、ぜひ有効活用してください。


■全科目合格できました!

どうもこんばんは。

平日忙しく、コメントが遅れましたが、全科目合格できました。

タックス、相続ともにボーダーが、33点とかなり高得点で、相続は、ボーダーで合格となり、

本番で適当に選んで正答となったものもあったので、本当に運がよかったと感じております。

ただ1級FP試験、CFPエントリー研修と、やることが残っているので、夏、秋はまだまだ忙しい感じになりそうです。

kotetsu

タックス、相続ならびに全課目合格おめでとうございます。

相続はボーダーでの合格とのことで、本当に紙一重ですが、逆に1点差で不合格という方もいると思いますので、

1点の差で明暗が別れてしまうのは厳しい現実ですね。

1級FP実技試験、CFPエントリー研修も続けて感想などお寄せいただければ幸いです。


■全課目合格しました。

金融と不動産合格しました。

平成27年の第1回から2課目ずつ計画的に学習を進めることができました。

当ブログは学習方法、モチベーションの向上に大いに役立ちました。

ありがとうございます。

9月の1級実技と10月のエントリー研修にも出願しました。

今後ともよろしくお願いします。

captain-kabuto 

金融、不動産ならびに全課目合格おめでとうございます。

計画的に勉強、受験を進めることは、合格ポイントの1つだと思います。

当ブログが役に立ったということで良かったです。

引き続き、1級FP実技試験、CFPエントリー研修も頑張ってください。



【最後にひとこと】


今後、CFP試験を受験される皆さんにとって、合格された方からお寄せいただいたコメントの中には、合格を勝ち取った勉強法や今後のアドバイスなど参考になる内容が含まれている場合が多いので、できるだけ多くの合格コメントに目を通しておくことをオススメします。
そのような主旨から、当ブログをコンテンツの1つとし構成し、メッセージボードにリンクしているホームページ「あなたの費用と時間を節約できる独学CFP資格取得法」でも、【ブログ閲覧者の声】として、皆さんから当ブログにお寄せいただいた合格コメントを、毎回掲載させていただいていますので、何卒ご了承ください。

※CFP試験全課目合格を達成したら、次は9月の1級FP実技試験を受験しようと考えている方へ
FP754では、その試験対策を詳しく解説した「FP754の1級FP試験の勉強法」サービスを条件付き無料で提供中です。
利用条件、申込方法については、7月10日(日)記事をご確認ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-24 09:00:00

平成28年度第1回CFP試験(2016年6月試験)合格コメントとその返事(その1)

テーマ:受験者のFP試験感想、合格コメント

皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマでありますCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

日曜日は企画ものです。
本日は平成28年度第1回CFP試験(2016年6月試験)合格コメントとその返事です。

なお、コメント多数と文字制限のため、2回に分けて更新しています。


【合格コメントとその返事】

(頂いた合格コメントは日付順ですが、都合により入れ替える場合があります。青がFP754のコメントです)


■全科目合格

平成27年1回から、受験しやっと全科目合格できました。

受験は、各科目とも1回で合格したものの、長くて険しい道のりでした。

このブログが、私の心の支えでした。

感謝しております。

masao099

全課目合格おめでとうございます。

各課目とも1回で合格されるとは素晴らしいですね。

ブログが役に立ったということで良かったです。

続けて、1級FP実技試験も頑張ってください。


■お世話になりました。

平成27年第1回から始めて今回リスクとライフを無事合格できました。

リスクはラッキーでした。

金融の記事は大変参考になりました。

今後ともよろしくお願いいたします。

■Re:お世話になりました。

すみません、今回で全科目合格です。

ありがとうございます。

加藤(仮名)

ライフ、リスクならびに全課目合格おめでとうございます。

リスクは今回皆さんの感想通り、合格ラインが下がりましたね。

いつもブログも閲覧いただき、ありがとうございます。

今後も皆さんに役立つと思っていただける記事を更新できるよう頑張ります。


■漸く

6科目合格しました。

長い道のりでしたが、何とか無事合格しました。

FP754さんのブログには大変励まされました。

ありがとうございました。

9月の1級FP技能士試験も頑張りたいと思います。

対策ブログも申込致しますので今後も宜しくお願い致します。

ノリリン

全課目合格おめでとうございます。

ブログが役に立ったということで良かったです。

申込いただいた1級FP試験サービスはかなり充実した内容になっていると思いますので、

ぜひ隅々までご活用ください。

■相続合格しました

やっと3科目合格です。

次回はタックスとリスクを受験予定ですが、受験日が分かれるし、もしかしたら金融も受験するも。

でもタックスとか難化しそうだし多分受験しないでしょう、比較的難しいリスクと金融が残っているし。

今後ともよろしくお願いします。

太郎

相続合格おめでとうございます。

タックスは最も難易度の変動が少ない課目なので、現在の水準を維持する可能性の方が高そうです。

逆に今回難易度ツートップの金融、リスクの対策が重視されると思います。

特にリスクは解答スピードが相当要求されますので、しっかり対策を講じてください。

■無題

ライフとタックス合格しました??

ライフはギリギリでした。

一番時間をかけたけど理解が浅かった不動産は落ちてしまったので秋に向けて今度こそ余裕を持った勉強をします。

かおりん

ライフ、タックス合格おめでとうございます。

今回は全課目合格は持ち越しとなりましたが、残り不動産1課目ということで、

コメント通り余裕をもって臨まれることと思います。

次回試験での全課目合格のご報告、楽しみにしています。


■全科目合格しました!

平成27年第1回からの受験でした。

平成27年第1回・金融、相続

平成27年第2回・不動産、リスク、タックス

平成28年第1回・ライフ

FP754様のブログは毎日拝見しておりました。

大変参考になる部分が多く、また、モチベーションの維持にも大きな影響力があったと感じています。

本当にありがとうございます!

感謝しております!

山田浩(HIROSHI YAMADA )

ライフならびに全課目合格おめでとうございます。

また、いつもブログを閲覧いただき、ありがとうございます。

ブログが役に立ったとのことですが、こちらもいいね!を押していただけると元気をもらえます。

今後も宜しくお願いします。


■金融合格しました。

ブログ及び金融重要ポイント総整理サービスで苦手科目の金融に合格でき、全科目合格しました。

重要ポイント整理サービスが今回の合格の鍵になりました。

本当にありがとうございました!

カラアゲ

金融ならびに全課目合格おめでとうございます。

お返事は直接メールしたとおりですが、今回は金融の合格ラインが過去最低点に下がったことで、

合格された方がいる一方、それでも続けて不合格になられた方もいらっしゃいました。

続けて、9月の1級FP実技試験の方も頑張ってください。

■ありがとうございました

全科目合格しました。

金融31点、不動産33点で金融が心配でしたが、結果として不動産が合格点から1点差であったことに少し驚いております。

毎日のブログはとても参考になり、特に金融の問題を回答するための勘どころが押さえられたと感じております。

感謝しております。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

金融、不動産ならびに全課目合格おめでごうございます。

今回の合格ラインは金融は下がり、不動産は上がりましたね。

ブログも役に立ったとのことで良かったです。

まだ1級FP実技試験、CFPエントリー研修と続きますが、引き続き頑張ってください。


■6割ピッタリで合格

リスクと保険で30問正解でした。 

28問正解で合格は目を疑いました。

でも、結果受かったのでよかったです。

本当に1ヶ月悶々としてちょっと暇なら合格ラインを参照していました。

次は相続・事業承継です。

リスク保険

リスク合格おめでとうございます。

リスクは今回合格ラインが下がりましたが、元々難易度の低い課目だったのですが、

今回のように急に難易度が上がることがあり、結構、曲者的な課目です。

一方、相続はその逆の傾向ですが、最近は落ち着いていますので、引き続き頑張ってください。


■金融合格しました

やっと、全科目合格となりました。

人事異動で、残業・休日出勤が続く中、モチベーションを保ち続けるのに苦労しましたが、

FP754様のブログを読み続けることで励まされ、おかげ様で、苦手科目であった金融に、無事、合格することが出来ました。

合格ついでに、9月の1級FP技能検定実技試験も頑張ってみようかと思っています。

FP754様、本当に、ありがとうございました。

mikamikamiiko

金融ならびに全課目合格おめでとうございます。

お返事は直接メールしたとおりですが、今回コメントをいただけて、嬉しく思っています。

ブログも役に立ったということで良かったです。

引き続き、1級FP実技試験も吉報お待ちしています。



【最後にひとこと】


今後、CFP試験を受験される皆さんにとって、合格された方からお寄せいただいたコメントの中には、合格を勝ち取った勉強法や今後のアドバイスなど参考になる内容が含まれている場合が多いので、できるだけ多くの合格コメントに目を通しておくことをオススメします。
そのような主旨から、当ブログをコンテンツの1つとし構成し、メッセージボードにリンクしているホームページ「あなたの費用と時間を節約できる独学CFP資格取得法」でも、【ブログ閲覧者の声】として、皆さんから当ブログにお寄せいただいた合格コメントを、毎回掲載させていただいていますので、何卒ご了承ください。

※CFP試験全課目合格を達成したら、次は9月の1級FP実技試験を受験しようと考えている方へ
FP754では、その試験対策を詳しく解説した「FP754の1級FP試験の勉強法」サービスを条件付き無料で提供中です。
利用条件、申込方法については、7月10日(日)記事をご確認ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-23 09:00:00

実質賃金4ヵ月連続増加でも、6月以降の円高で一服か

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】

[日経新聞経済面記事(Web刊

CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:厚生労働省、毎月勤労統計、現金給与総額

(FP754より)

厚生労働省が発表した5月の毎月勤労統計調査(確報値、従業員5人以上)の内容です。

(CFP試験対策)
日本の経済指標に関する問題は毎回出題されていますが、毎月勤労統計は、最近、名目賃金から物価上昇を差し引いた実質賃金の伸びを確認する指標として、景気回復の先行きを占う上で注目度が高まっていますので、内容を確認しておいてください。
(
内容そのもの)
物価変動の影響を除いた実質賃金は前年同月比0.4%増と速報値の0.2%から上方修正し、増加は4ヵ月連続となったものの、6月には、英国のEU離脱決定による円高の進行により企業業績の悪化懸念も出ており、今月末の日銀の追加緩和による株高、円安期待が高まっている状況です。


【相場観】

(FP754より)
週末の相場は、方向感の出ない小動きとなりました。
株式では、日経平均は昨日の黒田日銀総裁ヘリコプターマネー否定発言報道を受けた円高の進行を嫌気し、売りが先行し、下げ幅200円に迫る大幅反落、NYダウは主だった経済指標の発表がない中、前日、反落による調整が入ったことで、再び買いが意識され反発、為替では、ドル円は東京時間に日経平均が大幅安となりましたが、105円台半ばでは底堅く推移し、下落は限定的、その後、欧州時間に106円台を回復する場面もあり、方向感の出ないレンジ取引の展開となり、NY時間も若干買いが優勢ながら、105円台後半から106円台前半のレンジ取引に終始、商品では、NY原油先物がドル高が重しとなり、売りが出て、44ドル台で推移しました。
週末相場は、前日まで大きく乱高下する場面が多く、激しい動きがみられていた反動か、小休止といった感じになりましたが、いよいよ来週は日米金融政策の発表があり、特にヘリコプターマネー議論で追加緩和の期待が勝手に高まっている日銀会合が注目され、追加緩和があった場合は多少の円安、なかった場合は失望による超円高が予想されますが、前回現状維持で100円割れまで円高が進行してしまった教訓を活かすのか、それともまた伝家の宝刀はまだ温存しておくのか、日銀はいずれにしても難しい判断を迫られることになりそうです。


【最後にひとこと】


6月のCFP試験の結果報告のコメントを数多くお寄せいただき、ありがとうございます。
改めて、合格された皆さん、おめでとうございます。
いただいたいコメントは、明日7月24日(日)更新予定の企画もの記事で、まとめてお返事させていただきます。
そして、同時に合格ラインについても公表されましたが、これまで4回公表された6割前後という水準でしたが、金融は過去最低点を更新、タックス、相続は過去最高点と同水準と、合格ラインの範囲のばらつきが拡大、課目の難易度の順位は、ほぼ皆さんの試験の感想と一致していました。
その合格ラインについての考察については、8月更新予定の企画もの記事で分析しようと思います。
引き続き、受験された皆さんからの合格のご報告お待ちしています。

なお、今回の試験で全課目合格された方は、9月に実施される1級FP実技試験の受験資格が得られます。
FP754では、CFP試験だけでなく、1級FP実技試験対策についても、情報、サービスを提供しており、今回のCFP試験の結果報告は、無料で閲覧でき
る「FP754の1級FP試験の勉強法」における利用条件の1つとしていますので、サービス利用を検討される方は、期限となる7月31日(日)までに当ブログに結果報告のコメントをお寄せください。
なお、今回のCFP試験全課目合格者(条件付き無料)の皆さんににもすでにサービスを提供中ですが、サービスの申込方法、利用に関する注意点など7月10日(日)記事で詳しく解説していますので、必ず目を通していただき、特に注意事項を厳守することに同意できる方のみ申込ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-22 09:00:00

ドル円は107円台の高値更新後、黒田総裁のヘリコプターマネー否定報道で105円台まで2円急落

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たに
CFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】


【金融】


[日経新聞1面記事(Web刊]

 CFP試験分類:株式、債券
出題キーワード:年金積立金管理運用独立行政法人、GPIF、環境や企業統治を重視した企業を選別、ESG投資

(FP754より)

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、環境や企業統治を重視した企業を選別して資金を流すESG投資に乗り出すとの内容です。
(CFP試験対策)
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、3回前の試験で出題されたことがありますので、内容を確認しておいてください。
(
内容そのもの)

企業統治などが優れた銘柄で構成する新たな株価指数を作り、早ければ年度内にも投資を始めるとのことで、先日は投資銘柄を全面開示する方針を打ち出すなど、2016年に入ってからの株安を受けて、損失が拡大しているため、改めて投資意義を周知する戦略というところでしょうか。

日経新聞総合1面記事Web刊]

CFP試験分類:金融政策
出題キーワード:欧州ECB、
定例理事会、金融政策現状維持

(FP754より)

欧州ECBの定例理事会とドラギ総裁の記者会見の内容です。

(CFP試験対策)

現在、金融市場の最大のテーマの1つとして、日米欧の金融政策の行方があり、それぞれ日銀はマイナス金利付き量的・質的金融緩和の拡大、米FRBは利上げ、欧州ECBは英国のEU離脱決定を受けた追加緩和となりますが、3回前の試験で、まさにECB関連の内容が出題されましたので、日米欧の金融政策を決定する機関と会合として、日銀の金融政策決定会合、米FRBのFOMC、欧州ECBの定例理事会はセットで、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)
欧州中央銀行(ECB)は理事会で金融政策の現状維持を決め、英国のEU離脱決定を受けた欧州景気の下振れリスクについても触れましたが、市場はすでにBrexit後、落ち着きを取り戻し、NYダウが史上最高値を更新するなどリスク志向の転換していることで、今回の欧州ECBの定例理事会の注目度は低く、市場もユーロが多少乱高下しましたが、結局、元の水準に戻っています。

【金融、ライフプラン】


[日経新聞社会面記事(Web刊]

 CFP試験分類:金融商品取引法
出題キーワード:プロ向けファンド、悪徳商法

(FP754より)

「プロ向けファンド」の制度を悪用し「当局のお墨付け」のうたい文句で、投資経験の乏しい高齢者が出資被害に遭うトラブルが相次いでいるとの内容です。
(CFP試験対策)
「プロ向けファンド」は金融の金融商品取引法の特定投資家制度関連に該当しますが、今回の6月試験のライフプランで、まさに悪徳商法について出題されていましたので、内容を確認しておいてください。
(
内容そのもの)

通常のファンドと異なり届け出だけで運用できるため問題業者の割合が増加、金融庁は取り締まりを強化したとのことですが、振り込め詐欺をはじめ、このような高齢者被害は増加の一途を辿っています。


【相場観】


(FP754より)
ドル円は英国のEU離脱決定前につけた106円台後半を突破し、107円台半ばまで高値更新後、黒田総裁のヘリコプターマネー否定報道で105円台前半まで2円急落しました
株式では、日経平均は前日のNYダウが連日で史上最高値を更新し、ドル円も英国のEU離脱決定前の高値を突破し、107円台まで円安が進行したことを好感し、上げ幅100円を超える大幅反発、NYダウは発表された米住宅指標は予想を上回りましたが、連日で史上最高値更新の9日続伸となっていたことからさすがに利益確定売りが出て、10営業日ぶりに反落、、為替では、ドル円は朝方、ストップを巻き込み、英国のEU離脱決定前の高値106円台後半を突破し107円台乗せ、更に日経平均が大幅高となったことで107円台半ばまで上昇しましたが、その後、利益確定売りが出て小幅に反落、欧州時間は、黒田総裁のヘリコプターマネー否定発言の報道を受けて、一気に売りが膨らみ、105円台前半まで2円近く急落しましたが、そのインタビューがバーナンキー前FRB議長が来日し議論した7月ではなく、6月半ばのものだったことが判明し、一気に買戻しが優勢となり、106円台前半まで反発しましたが、NY時間に発表された米住宅指標は好結果だったものの、NYダウが反落したことで、売りが優勢となり、再び105円台後半まで反落、商品は、NY原油先物はNYダウが軟調に推移したことから、連れ安となり、44ドル台まで反落しました。
やはり、今月末の日銀の追加緩和や政府の大型財政支出によるヘリコプターマネーへの期待から、日経平均、ドル円ともに連日で高値を更新していましたが、その反対材料が出るといとも簡単に崩れてしまうことが露呈され、相変わらずすぐに乱高下が起こってしまうような不安定な相場展開となっていますが、ドル円はテクニカル的にも1月のマイナス金利導入時につけた121円台からの高値を結んだ下落トレンドラインにまさに頭を押さえられた形となりましたが、再び高値抜けを試し、110円台を目指すのか、それとも更に反落が進み、再び100円割れを目指すのか、重要な岐路を迎えています。


【最後にひとこと】

引き続き、6月のCFP試験の結果報告のコメントを数多くお寄せいただき、ありがとうございます。
改めて、合格された皆さん、おめでとうございます。
いただいたいコメントは、今度の日曜日7月24日(日)更新予定の企画もの記事で、まとめてお返事させていただきます。
そして、同時に合格ラインについても公表されましたが、これまで4回公表された6割前後という水準でしたが、金融は過去最低点を更新、タックス、相続は過去最高点と同水準と、合格ラインの範囲のばらつきが拡大、課目の難易度の順位は、ほぼ皆さんの試験の感想と一致していました。
その合格ラインについての考察については、8月更新予定の企画もの記事で分析しようと思います。
引き続き、受験された皆さんからの合格のご報告お待ちしています。

なお、今回の試験で全課目合格された方は、9月に実施される1級FP実技試験の受験資格が得られます。
FP754では、CFP試験だけでなく、1級FP実技試験対策についても、情報、サービスを提供しており、今回のCFP試験の結果報告は、無料で閲覧でき
る「FP754の1級FP試験の勉強法」における利用条件の1つとしていますので、サービス利用を検討される方は、期限となる7月31日(日)までに当ブログに結果報告のコメントをお寄せください。
なお、今回のCFP試験全課目合格者(条件付き無料)のサービス提供は、本日7月22日(金)12:00から開始しますが、サービスの申込方法、利用に関する注意点など、7月10日(日)記事で詳しく解説していますので、必ず目を通していただいた上で、お申込ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-07-21 09:00:00

NY時間に日米株高を受けて、ドル円107円台を回復

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFRP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

ナシです。



【相場観】

(FP754より)
NY時間に日米株高を受けて、ドル円は107円台を回復しました。
株式では、日経平均は6日で上げ幅1,600円上昇したことで、過熱感から利益確定売りが出て、7営業日ぶりに反落、NYダウは好調な企業決算を好感し、連日で史上最高値を更新する9日続伸、為替では、ドル円は東京時間に日経平均が軟調に推移したことを受けて、一時106円台を割れる場面がありましたが、欧州時間に欧州株高、NY時間にNYダウ、日経平均先物の上昇を受けて、一貫して買われ、引けにかけて、買いが加速して急騰、ついに6月下旬の英国のEU離脱決定前につけた106円台後半を突破し、107円台乗せとなる円安が進行、商品では、NY原油先物は発表されて原油在庫が減少し、需要期待から、45ドル台に反発しました。
NYダウの9日続伸、史上最高値更新を受けて、本日の日経平均も大幅高、ドル円はBrexit前の高値を突き抜け、107円台乗せしたことで、更なる円安の進行が期待されますが、やはり今後の焦点となるのは、NYダウ上昇の持続力、そして月末に迎える米FOMCにおける今後の利上げ、日銀会合における追加緩和の有無ということでしょうか。


【最後にひとこと】


昨日は、6月に実施された平成28年度第1回CFP試験の結果発表日でした。
先月の試験の感想に続いて、早速、結果報告のコメントを数多くお寄せいただき、ありがとうございます。
改めて、合格された皆さん、おめでとうございます。
いただいたいコメントは、今度の日曜日7月24日(日)更新予定の企画もの記事で、まとめてお返事させていただきます。
そして、同時に合格ラインについても公表されましたが、これまで4回公表された6割前後という水準でしたが、金融は過去最低点を更新、タックス、相続は過去最高点と同水準と、合格ラインの範囲のばらつきが拡大、課目の難易度の順位は、ほぼ皆さんの試験の感想と一致していました。
その合格ラインについての考察については、8月更新予定の企画もの記事で分析しようと思います。
それにしても、試験の感想をお寄せいただいた際、自己採点結果もご報告いただいていましたが、今回の試験でも、ほとんどの皆さんが合格されているようで、改めて当ブログをご覧いただいている皆さんの実力の高さを再確認しました。
引き続き、合格のご報告お待ちしています。

なお、今回の試験で全課目合格された方は、9月に実施される1級FP実技試験の受験資格が得られます。
FP754では、CFP試験だけでなく、1級FP実技試験対策についても、情報、サービスを提供しており、今回のCFP試験の結果報告は、無料で閲覧でき
る「FP754の1級FP試験の勉強法」における利用条件の1つとしていますので、サービス利用を検討される方は、期限となる7月31日(日)までに当ブログに結果報告のコメントをお寄せください。
なお、今回のCFP試験全課目合格者(条件付き無料)のサービス提供開始は7月22日(金)からとしますので、それ以降にお申込ください。
(仮に、早く申し込まれても、こちらからのご案内は22日以降になります)
その他、申込方法、サービス利用に関する注意点など、
7月10日(日)記事で詳しく解説していますので、必ず目を通してください。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2016-07-20 09:00:00

IMF世界成長率下方修正

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFRP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】

【金融】


[日経新聞総合2面記事(Web刊

CFP試験分類:国内経済指標
出題キーワード:
国際通貨基金(IMF)、世界経済見通し、3.1%

(FP754より)

国際通貨基金(IMF)が改定した世界経済見通しの内容です。

(CFP試験対策)
日本の経済指標の中でも、GDPは必ず毎回出題されていて、海外の経済指標でも、特に国際通貨基金(IMF)などの資料を用いた世界各国のGDP比較は、過去に出題されたことがあり、まさに前々回試験の第1問で出題され、今後も出題される可能性がありますので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの)
2016年の世界経済成長率は3.1%となり、英国の欧州連合(EU)離脱決定で「不透明感が増した」とし、4月時点の予測を0.1ポイント引き下げたとのことで、最近、英国のEU離脱決定の影響はどこへやら、金融市場では、日経平均、ドル円は決定前の水準を回復、NYダウは史上最高値更新となっていますが、果たして完全に落ち着いたとみてよいのでしょうか。

[
日経新聞経済面記事(Web刊

CFP試験分類:派生商品
出題キーワード:
日本取引所グループ、大阪取引所、デリバティブ(金融派生商品)、東証マザーズ指数先物など4商品

(FP754より)

日本取引所グループの大阪取引所はデリバティブ(金融派生商品)の新しい取引システムを稼働させ、東証マザーズ指数先物など4商品を上場したという内容です。

(CFP試験対策)
先物、デリバティブ関係も目立ちませんが、案外、頻出なので、内容を確認しておいてください。
(内容そのもの)
マザーズ先物は中心となる9月物の日中取引の終値が924.5で売買高は2874枚で、「新システム初日の取引量としては合格点」とのことで、日経平均先物が先進国の先物指数とは思えないような乱高下を繰り返す中、新たな投資先として注目されます。


【ライフプラン】

[
日経新聞経済面記事(Web刊

CFP試験分類:健康保険、雇用保険
出題キーワード:ベテラン保育士、私立の認可保育所への助成金増額


(FP754より)

政府はベテラン保育士を増やすため、私立の認可保育所への助成金を増額するという内容です。

(CFP試験対策)
ライフプランで、育児・介護関連は毎回出題されており、前回試験でも出題され、今後も出題される可能性が高いので、内容を確認しておいてください。

(内容そのもの)
保育士の平均勤続年数などの条件を満たす保育所への国からの支援を年約300~500万円上乗せし、定着率を高め、賃上げで離職を防ぎ人手不足を補うとのことで、保育士も介護士もそのハードな仕事ぶりに見合う賃金が得られないということが最大の離職理由になっているようなので、ストレートに待遇改善を進める方針ということです。



【相場観】

(FP754より)
英国のEU離脱決定による市場の混乱はどこへやら、引き続き市場は堅調に推移しました。
株式では、日経平均は連休明けとなる中、NYダウが連日で史上最高値を更新、ドル円も106円台を回復など円安が進行したことを好感し、大きく買われ、上げ幅200円を超える6日続伸、NYダウは発表された米住宅指標が予想を上回り、引き続き米景気回復、企業業績への期待から買いが続き、小幅ながら、連日で史上最高値更新、為替では、ドル円は東京時間は日経平均が大幅高となったにもかかわらず、すでに前日織り込み済みで、また豪RBA議事要旨を受けた豪ドル円の下落に引きずられる形で、105円台後半まで下落する場面がありましたが、引けにかけて106円台を回復する反発、欧州時間は欧州通貨でドル高が進行したことで買いが継続し、106円台をキープ、NY時間はに発表された米住宅指標が予想を上回り、NYダウが連日で史上最高値を更新すると、106円台半ばまで上昇する場面がありましたが、日経平均先物が下げ幅を拡大したことで、売りが優勢となり、一時106円台割れとなる場面もありましたが、再び106円台を回復、商品では、NY原油先物がドル高が進行したことを嫌気し、44ドル台で推移しました。
日経平均は1万6千円台後半、ドル円106円台半ば、NYダウ連日の史上最高値更新と、引き続き堅調に推移し、英国のEU離脱決定による市場の混乱は完全に忘れ去れたように、市場は完全に落ち着きを取り戻しましたが、果たしてこのまま蒸し返されることなく、終焉してくれるのでしょうか。


【最後にひとこと】


昨日、テレ東のWBSに告知もなくソフトバンクの孫正義社長が生出演し、今回の英半導体大手ARMの大型M&Aについて説明されていましたが、前回の米携帯大手スプリントをはじめ過去の株価の急落時と同様、ソフトバンク株は一時急落した後、必ず回復してきたことに言及されていたことが印象的でした。

ところで、いよいよ本日7月20日(水)10:00から、6月に実施された平成28年度第1回CFP試験の結果発表があります。
先月の試験の感想同様、受験された皆さんからの合格のご報告、楽しみにお待ちしています。
なお、今回の試験で全課目合格された方は、9月に実施される1級FP実技試験の受験資格が得られます。
FP754では、CFP試験だけでなく、1級FP実技試験対策についても、情報、サービスを提供しており、今回のCFP試験の結果報告は、無料で閲覧でき
る「FP754の1級FP試験の勉強法」における利用条件の1つとしていますので、サービス利用を検討される方は、期限となる7月31日(日)までに当ブログに結果報告のコメントをお寄せください。
なお、今回のCFP試験全課目合格者(条件付き無料)のサービス提供開始は7月22日(金)からとしますので、それ以降に申込ください。
その他、サービス利用に関する注意点など、
7月10日(日)記事で詳しく解説していますので、必ず目を通してください。

PS: FP754のサービスをご利用いただいた皆さんへ
先月に続き、本日、正午までにアンケートメールを送らせていただきますので、ご協力のほど宣しくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2016-07-19 09:00:00

いよいよ明日、平成28年度第1回CFP試験の結果発表

テーマ:時事・法改正、相場観
皆さん、おはようございます。
FP754です。

このブログのメインテーマであるCFP試験。
次回の平成28年度第2回試験に向けて、新たにCFP試験対策をスタートしています。

本日の時事・法改正、相場観は・・・


【時事・法改正】


新聞休刊日でナシです。


【相場観】

(FP754より)
週明けの相場は、日本が祝日で休場の中、ソフトバンクの大型M&Aを好感し、再びドル円は106円台を回復しました。
株式では、日経平均は海の日の祝日で休場、NYダウは発表されたソフトうバンクの大型M&Aへの思惑もあり、
史上最高値更新となる7日続伸、為替では、ドル円は週明け、トルコクーデターが失敗に終わったことを好感し、窓開けで105円台前半を回復する上昇スタート、そのまま窓を埋めることなく、東京時間は祝日で休場の中、105円台半ば前後でレンジ取引で推移、欧州時間も同様の流れでしたが、NY時間はNYダウが堅調に推移したことや、ソフトバンクの大型M&Aへの思惑もあり、英ポンド円のクロス円主導で、ドル円も大きく買われ、106円台を回復し、その後も106円台を割れることなく、レンジ取引で推移、商品では、NY原油先物は需給悪化への懸念から売りが優勢となり、45ドル台で反落しました。
週明けの相場は、先週末にトルコクデーターにより、ドル円が104円台後半まで急落していましたが、クーデターが失敗に終わると、窓開けで上昇スタート、更にソフトバンクの大型M&Aへの思惑から英ポンド円のクロス円主導でドル円も買われ、106円台を回復しましたが、月末の米FOMC、日銀金融政策決定会合に向けて、このまま堅調に推移するでしょうか。


【最後にひとこと】


いよいよ明日7月20日(水)は、6月に実施された平成28年度第1回CFP試験の結果発表ですね。
先月の試験の感想同様、受験された皆さんからの合格のご報告、楽しみにお待ちしています。
なお、今回の試験で全課目合格された方は、9月に実施される1級FP実技試験の受験資格が得られます。
今回のCFP試験の結果報告は、無料で閲覧でき
る「FP754の1級FP試験の勉強法」における利用条件の1つとしていますので、サービス利用を検討される方は、期限となる7月31日(日)までに結果報告のコメントをお寄せください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。