1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月30日(土)

梅雨が明けて

テーマ:ブログ

東京でもやっと梅雨が明けましたね。フォーチュンバイク店頭も無茶苦茶忙しくさせて頂いて、嬉しい悲鳴です。順番で作業しておりますので、車体メンテやオーバーホール等にはお時間を頂いております。あらかじめ御容赦下さい。

 

さて、夏といえばビールを飲む人も多いでしょう。錦織もビール大好きです。疲れてクタクタの残業仕事終わりにコンビニで買ったりもしますw

 

あとは鈴鹿ロードで土曜日の夜にみんなで飲むビールが一年で一番美味しいです。ルートビアとビールを割って飲んだりするのも好きですが、大半の人はドン引きしてこっちを見てきますねw(意外と美味しいとおもうんだけど。。。)

 

 

さて、そんなお酒を飲む機会も増える時期だからこそ、自転車乗りには絶対に戦ってほしいのが「飲酒運転」です。飲酒運転は言語道断、なんの正当性もありません。

 

「海外ではちょっと飲むくらいなら飲酒運転とはみなされない」なんてことを言う人もいますが、GPSで位置情報確認したほうがいいですよ。

 

ここは日本で、ママチャリが狭い歩道を走り、歩きながらポケモンを探しちゃっている人もたくさんです。環境や周囲に問題を見つけて改善していくことは大事ですが、まずはやはり自分がちゃんとして、自分の周囲にちゃんとしてもらうってこと大事だと思います。

 

以前、広島で飲酒運転事故の犠牲となって亡くなった高校生のことをブログアップしました。

”お酒飲んで乗り物に乗らないで下さい”なんてことは、自転車乗りならとっくに理解して徹底していることだと思います。

 

ですので、この夏からは、これからは 同じ酒席で飲酒運転をしようとしている人にNO!を突き付ける勇気を もってもらいたいです。

 

これ、けっこう大変だと思います。場が冷えたらどうしよう?うるさいやつだと思われたらどうしよう?と思う気持ちも人によってはあるでしょう。

 

言われる方も「俺は大丈夫!気をつけてるから!」なんていう人もいるかもしれません。

 

そんなときは上記のブログを見て、

 

「俺の自転車仲間が飲酒運転の犠牲になった。

だからぜったい許せん。

頼むから飲むの止めるか、乗り物置いて帰れ。」

 

と言ったらいいのではないでしょうか。それでも飲む奴とは絶縁したらいいし、通報してもいいくらいだと思います。

 

僕の仲間で集合は車で来る奴もいますが、必ずビジネスホテルか、カプセルホテルかどこかに必ず泊まります。

 

僕はあのTREKに乗った高校生を直接は知りません。でも人を辿れば、仲間を辿れば、必ず、その人に行き着くのが趣味の世界の素晴らしさだと思います。広い意味において、どこかで自転車乗りは皆が繋がっています。

 

ご遺族の方や直接のお知り合いの方々にお許しを頂いているわけではないですが、勇気と哀悼の気持ちを持って、亡くなった三浦伊織さんを同じ自転車仲間だと思い、彼の死を仲間の死だと思って欲しいのです。

 

本当ならどこかで同じレースを走る機会があったりしたかもしれないのです。だからこそ、自分たちは飲酒運転で仲間を失ったと言うべきだと僕は思います。

 

もう仲間を失うべきではないのです。仲間は増えていき、深くつながっていったり、経験を共に重ねていくべきですから。

 

http://www.zero-hiroshima.net/special.php?id=1

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>