身体と抽象精神という、それぞれ単独では存在し得ないものを、互いに結び合わせることによって、教育の真の要求に応えるのです。そうすれば、私たちの言葉は、重みを持つと同時に、翼を持つのです。

 

教室での皆さんは、二つのことをなさるのです。一方では子どものために飛び去ろうとする言葉をしっかりと引き止めます。

 

他方ではただ重たいだけのものに翼を与えるのです。

 

 

 

 

 

 

十四歳からのシュタイナー教育

ルドルフ・シュタイナー著

高橋巌訳

AD