こんにちは。
ドラマセラピスト/心理カウンセラーの中野左知子です。


ドラマセラピーは、自分に与えられた人生を
「自分が主役のドラマ」ととらえなおし、
そのドラマをもっと魅力的にするためのセラピーです。
このブログに来てくださり、ありがとうございます。


このブログでは、私の本
「運命の人はいくつになっても現れる!
恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」

「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる
 ーあなたの中の美人が目覚める」


で書いていることや、
ドラマセラピーや声のワークなど
私がやっているワークのご紹介をしていきます。



本の中で疑問に思ったこと、
提案しているワークやエクササイズで
うまくできないで困っていることなどの
ご質問に対する答えも書いていきます。

ご質問やご意見などは、お手数おかけしますが、
すべて私のHPのお問い合わせから
ご連絡ください。


お問い合わせページはこちら
をクリックしてください。



私の本が発売中です!


運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー/
中野左知子

¥1,404
Amazon.co.jp


ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-/じゃこめてい出版
¥1,404
Amazon.co.jp

  • 29 Nov
    • 結婚を邪魔する心理的障害を解消させることは、育児のリハーサルになる

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログへのご訪問ありがとうございます。私の本を読み、「結婚を邪魔する心理的障害」があると気づいたけれど、親への怒りを感じたり、過去の恋愛の傷をまた見つめるのは、とてもしんどい。どうしても、自分の過去を癒さないと結婚できないんですか?ということを聞かれることが時々あります。もしも、自分のことをある程度好きでいて、自分は幸せになっていい、と思えていて相手から愛される価値のある存在だと思えているのなら、過去のことをいちいち見る必要はないと思います。でも恋愛しても例えば相手に嫌われないように顔色を伺いたくなってしまったり、いつか去られてしまうと不安になっていたり、自分が幸せになれるはずなんかないと思い込んでいたり、そもそも、「私なんかを好きになってもらうなんて、申し訳ない」(これ、私がずっと持っていた思い込みです)なんて思ってしまうのであれば、それらは「結婚を邪魔する心理的障害」ですし、その根っこは、おそらく過去にあるのだろうからその過去を癒してあげる方が、結局は早道だと思うんです。私は子供の頃から、気が強かったけれど、それは自信のなさの裏返しでしかなく、自分のことなんて、大嫌いでした。自分のことを好きになってくれる人なんていないと思っていました。だから、そんな自分が子供なんて、両親はかわいそうだなあと思うことさえありました。そしてその子供の自分は、ずっと私の中で成長できないまま存在していました。いわゆる、インナーチャイルドですね。これが、私の恋愛がうまくいかない原因になっていたわけです。そんなインナーチャイルドを癒すために、私は、イメージの中で、自分を責めたり、怒っていたり、傷ついて泣いていたり、悲しんでいた瞬間の自分を何度も訪れ、その度に、「辛かったね。だから意地悪なことを言っちゃったんだね。そういうことってあるよ。だから自分を責めなくていいんだよ」とか「意地悪をされて悲しかったのに、怒ることで頑張って乗り切ったんだね。悲しかったねえ。でも頑張ったねえ」などのように、丁寧に、丁寧に自分に語りかけました。その結果、少しずつ自分を許してあげられるようになりました。今では、どの瞬間の自分も優しい愛情を持って見つめてあげられるようになっています。こうやって自分の中のインナーチャイルドを癒すことが、結婚を邪魔する心理的障害を解消させることにもなりますが、自分を育て直すことにもなり育児のリハーサルにもなるなあと思っています。確かに大変な作業ですが、育児のリハーサル、できていた方が結婚後に役に立ちます。子供を持たないと思っていても、パートナーと家庭を作っていくことも「育てる」作業ですから、このリハーサルは、決して無駄にはなりません!私の大切な友人で、素晴らしいカウンセラーの同僚のかわいひとみさんが、最近子供のカウンセリングを物語にしました。こちらです。子供向けの本になっていますが、インナーチャイルドを癒すために、大人にも最適な本です。きせき‐のぼるは小学5年生‐1,566円Amazon子供の頃の自分は、何をどう感じていたのか、言葉にはできなかったし、してくれる人もいませんでした。この物語に出てくるカウンセラーの役割を果たす、不思議な存在「ミシャ」のような人に私も子供時代に出会えていたら、私はもっと早く健康的な自信を持って、もっと人生を信頼できて、恋愛の失敗もなくなっていただろうなーと思います。残念ながら、私はいっぱい失敗して転んで、傷ついて、を繰り返しながら、自分で自分を育て直すことになったわけですが、それも、私の人生に与えられた試練なのでしょう。(まあ、そのおかげで、この仕事もできているのかもしれません)私は子供時代にミシャには出会えなかったけれど、遅いから悪いわけではありません。心の旅は、その人に最適な時期に起きるからです。心を見つめるのは、とってもしんどいです。でも、自分を見つめなくてはいられないほど、色々な思いが溢れてしまったら、それは、多分、自分の過去を見つめて、癒してあげる時期だ、ということでもあると思います。大人になったら、誰でも自分のミシャ(カウンセラー)になれます。もしも、自分の過去を見つめる必要が出てきたら、自分が自分に優しく寄り添って、たくさんたくさん、自分に優しい言葉をかけてあげてください。自分を無条件に愛して、受け入れてあげることで、私たちは自分の中の子供を育て直すことができます。近い将来、パートナーと新しい家庭を作っているときに、きっとこの時のことを懐かしく思い出すでしょう。そして、あなたのミシャが、家族でも大活躍してくれると思います。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です。運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon

      16
      テーマ:
  • 26 Nov
    • ドラマセラピーで神様と繋がる

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログへのご訪問ありがとうございます。昨日は、関西でのワークショップでした。今回は2日間のワークで、テーマは「自分らしい人生をデザインするためのドラマセラピー」。10月に開催した1日目では、まずはドラマセラピーと参加者メンバーに慣れていただき、様々な役割を演じながら、自分を見つめていく時間を持ちました。最後は、自分が心から願う夢を絵にして、それをドラマ化!(ラボのお写真お借りしました)昨日の2日目では、前回の夢を叶えることを邪魔してくる心理的障害と向き合うような、個人的なドラマセラピーへと展開させました。私がドラマセラピーをするときは、まず必ずお祈りをするところから始めます。神様とか大きな存在が、私を通して、ワークをしてくれるように。私が完全に神様に委ねることができて、完全に筒になれるように。自分で言うのもなんですが、ドラマセラピーのグループの時が一番神様と繋がれている気がします。深いワークを扱う時のドラマセラピーは特に。だから余計な緊張も、みんなを喜ばせたいとか、役に立ちたいとか、すごいねって言われたいとか、そう言う余計な雑念がない状態でいられるんです。おかげで、何をするのかをほんとんど考えずに、勝手に出てきてくれるんです。個人カウンセリングセッションの時は、私の個人の思い、つまり早くお役に立ちたい、結果を出してあげたいと言う余計な思いが邪魔してくることもあるのですが、特にグループのドラマセラピーでは、私がちょっと催眠状態?なのかな?うまく繋がっている感じがします。ドラマセラピーをやっているのは、私ではなくて、もっと大きな存在だと思うんです。これは私にとっても心地よい状態で、疲れはあるけれど、充実した時間になります。昨日のワークは、輝きたいのに自分が輝いてはいけないと思ってしまう心理的障害や自分が声を出してしまうと、嫌われてしまうと思っている心理的障害などが現れてきてくれました。私たちが一番恐れるのは、不幸になっていくことではなく、実は、自分が輝いてしまうこと、なんですよね。そしてどのドラマも、参加者の皆様に必要なメッセージがあり、そして誰かのドラマのために演じている役割なのに、自分にとっても大きな意味があったり、、、私だけでは絶対できないワークがグループセラピー。参加者の方々の力がなくては成り立たないし、ドラマセラピーはいつも神様しかできない介入が起きるんです。メンバーも必然的に集まってくれた、このメンバーなんだよなーこのメンバーでしか、このドラマが起きないんだよなーといつもありがたく思います。昨日も、とっても楽しかった!関西のワークショップをいつもコーディネートしてくださるアーツ・コミュニケーション・ラボの皆様ありがとうございました。参加してくださった皆様も、素晴らしいワークをありがとうございました!次のワークショップは、東京での3ヶ月ワークです。詳しくはこちらをご覧ください。(クリックしてください)私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      8
      1
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 恋愛ドラマセラピー・35歳から理想の結婚を手に入れる!3ヶ月ワーク

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。年齢を重ねたからこそ「自分らしい幸せな結婚」をすることができるということを、あなたは知っていますか?そんな「大人の女性」たちのための結婚準備をするのが、恋愛ドラマセラピーです。35歳を過ぎても、40代、50代になっても、大好きな人と、幸せな結婚をすることは可能でしょうか?私はYES!可能だと思っています。しかし、婚活をされている多くの女性たちが、「35歳がボーダー」だと思っているようですし、男性側も「35歳以上の女性」は好まないとよく聞きます。なぜ年齢を重ねることが、こんなにもネガティブなことになってしまうのでしょうか?私は、20歳の頃よりも、25歳の頃よりも、30歳の頃よりも、今の自分の方が、人間的にもっと成長し、魅力を増したと思っています。結婚は「分離されていた二者の再統一」であり、「結婚は単なる肉体関係ではない。それはひとつの試練です。そしてその試練とは、二者が一体になるという関係において、エゴを犠牲にすることを意味しています」と、アメリカの神話学者、ジョーゼフ・キャンベルが言っています。(ジョーゼフ・キャンベル&ビル・モイヤーズ著『神話の力』より)つまり、結婚とは、通常の「自分」を超えた、「ふたりとしての自分」のためのものであり、私たちが考える以上に、もっともっと深い結びつきではないでしょうか。「パートナーシップを築く」という意味で結婚をとらえ、その中で、いかに人間として成長していけるのかが重要なのです。女性の生き方は、時代とともに、大きく変化しました。祖母や母が若い頃、どれだけの女性が、自分の好きな仕事を追求できたでしょうか? どれだけの女性が、旅行や趣味に時間を使えたでしょうか? どれだけの女性が、恋愛を楽しめたでしょうか? どれだけの女性が、「自分らしい人生」をデザインすることができたでしょうか?女性がもっと自由に生きる選択肢を与えられた時代に、なぜ私たちは、今まで通りの古い結婚観に振り回されるのでしょうか?もちろん10代、20代で運命の人と出会い、素晴らしい結婚をされる方もいます。でももしも、相手に出会わずに30代、40代になってしまったのだとしたら、「自分らしい結婚をするための準備をしてきた」と考えてみてはいかがでしょうか?でも、「自分らしい幸せな結婚」をするためには、いくつかの心のお掃除をしなくてはいけません。結婚ができないのは、年齢のせいでもないし、周りにいい人がいないからではありません。結婚ができないのは、たくさんの「心理的障害」があるからです。これをクリアにしていくと、まるで魔法のように、相手がみつかります。私自身が自分の結婚のために、色々なことを試し、理解したことを、本にしましたが、これを実際に体験していただけるのが3ヶ月講座です。心理的障害を見つめ、クリアにさせるワークを3ヶ月かけて行います。次回は2018年1月開始です!詳しくはHPをごらんください。(←クリックしてください)幸せな結婚をすることができる人が増えたら、子どもたちももっと幸せになると、私は信じています。だから、これから結婚する方は、責任もって幸せになってほしいと思っているのです。幸せな夫婦は、子どもの幸せになる。大げさかもしれませんが、きっとそれは、世界の平和にも貢献できると、私は信じているのです。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      11
      テーマ:
  • 17 Oct
    • 心配するよりも、信じてほしいだけ

      私の両親は、結構心配性だった。心配してくれるのは、愛情でもあるのかもしれないけれど、私は両親の心配がとても重くて苦しかった。親の心配というのは、日々の生活の中で当たり前のように存在していたため、私自身もその心配症を受け継いでしまい、特に自分の未来を不安に思ってばかりだった。でも、自分の思考が人生を作るのだと知ってから、心配することは、自分が望む人生の邪魔になると気付き、思考を変える努力を始めた。そのかいあって、私はめちゃくちゃネガティヴだったところから割と楽観的な思考を持てるようになった。けれども私が変化しても、親の心配症はそれでなくなったわけではなく、心配しすぎて怒られたりしてしまうこともあった。心配されるだけでも随分重くて大変なのに、その上に怒られたらたまったもんじゃない。もちろんわかるのよ、心配だけれど、自分ではどうしようもできないからイライラしちゃうんでしょう。しかも、「なんとかなるよー」なんて言ってる娘を見たら、何にも考えてなさそうで、もっともっと腹が立つんでしょう。何を根拠に大丈夫だというんだ!って。でも逆に何を根拠に心配だというんだ!と言い返してやりたいくらいだよ。心配っていうのはとっても厄介。あなたのために心配しているのよって言われても冗談じゃない、本当は、何のためにもならないんだよ。本当に、どれだけ心配してくれても、それで私が幸せになるならともかく、何にもいいことないんだから、心配するのやめた方がいいよ。心配してくれるだけの愛情があることもわかるんだけどね、心配するってことは、私にはできないとか私の未来は不安だらけなんて思っていることになるんだよ。親に、自分の未来を不安がられてしまったら、子どもが自信をもって未来にむかっていけなくなっちゃうんだよ。それに気づいた私は、自分がまず自分の人生を信じてあげて、そのうえで、親の心配症にいっしょになって入り込むことをやめたら、親の心配もとってあげられるようになった。いや、こればかりは親の問題でもあるので、本当に取り除いてあげられたかどうかわからないけれど、少なくとも勝手に、無駄に、私を心配させないようにはできるようになった気がする。多分。「私の人生なんだから、私が一番ちゃんと考えてるから安心して。そんなことよりも、うまくいくといいねって思ってほしいよ」と言って。最近では、私のほうが、親のためにお祈りしてあげられるようにもなった。これからも元気で楽しくしていられますように。心配することは相手に負のエネルギーを与えるだけ。しかも自分にも負のエネルギーを向けてしまう。でも、相手を応援したり、幸せを祈ることは相手にエネルギーを与えてあげられるんだよね。ワークに参加してくださる方にも私のように、親の心配の中で育った人が多く、「心配するんじゃなくて、私を信じて」とドラマの中で親に言ってみるとホッとされることがある。ドラマの中であっても、親にそうやって言ってみることで、自分の心にもこの言葉が届くから。実は、これは自分にも有効。自分に対して心配性が出てしまうとき、不安がいっぱいのとき、心配し続けても何の解決にもならないけれど、お祈りして自分の心を楽にしてあげて、いい方向に導いてあげることができる。大切な自分なんだもの。心配するよりも、信じてあげたなくちゃね。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      14
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 結婚はバンジージャンプ!

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにお越しいただき、ありがとうございます。拙著『恋愛ドラマセラピーで35歳から理想の結婚を手に入れる』の最初のほうで、「あなたは本当に結婚したいですか?」という質問をしている。なぜその質問から始めたのか、というと。私たちは「結婚したい」と思っているはずなのに、結婚に対して漠然と不安や恐れを持っていたりして、心の中では、実は「結婚したくない」という思いも同時に持ってしまうことがあるから。実際に、私がそうだった。そうやって、相反する思いがあるために結婚という現実が起きないんだと気づいた時に、この「心理的障害」をクリアにすることができたけれど、「実は結婚が怖い」という思いを持っている人って多いんじゃないかなーと思うの。結婚が決まった人も「マリッジブルー」という言葉があるように、結婚前は不安を感じる人も多いはず。ちょうど「結婚が決まったら幸せ全開だと思っていたのに、そうでもないのだけど、大丈夫?」というメールもいただいた。結婚という未知の世界に入り込むとき、相手や相手の親とうまくやっていけるだろうか、お金は大丈夫だろうか、そもそも他人との生活で、ストレスたまらないのか、仕事と家事を両方なんてできるんだろうかなどといろんな不安や恐れが出てきてしまうと思う。具体的な不安には、それに対応できる考えを持ち、ある程度解消することもできるのだけれど、それでも結婚への漠然とした不安や恐れが消えない場合、無理に消す必要もないんじゃないかな。人生には、時に、何かに挑戦しなくてはいけない時がある。結婚、出産、転職、移住、家を建てる、、、などなど。人生の転機には、希望だけでなく、漠然とした不安があるのが当然。そういう時に動き出す一歩として私は「人生はバンジージャンプだ!」とよく言っている。私はバンジージャンプをしたことはないのだけれど、ニュージーランドでスカイダイビングをしに行ったことがある。そこで、一番怖かったのは、申し込みをする時。申し込み窓口に、何度もなんども行って、どうしようか、と迷う。受付のお姉さんに、「ものすごく素晴らしい経験よ!絶対やるべき!!」と説得されるものの「あなたは怖くなかったの?」と聞いてみると「私は、スカイダイビングなんてやったことないのよ!怖いもの!」なんていう、説得台無しのカミングアウトをされてしまい、ますます悩む。でもその時に、ふと目に入ったポスターに、Embrace Your Fear (恐れを抱きしめよう)という言葉が書かれていた。実は私は、ものすごく高所恐怖症。高いビルのベランダには絶対に立てないし、ゴールデンゲートブリッジでさえ、歩いて渡るのが怖かったくらい。でもこのポスターを見た時、よし、挑戦してみよう!と思った。これに挑戦できたら、恐れを本当に抱きしめられるような大きな人間になれるような気がしたから。結果、本当に素晴らしい体験だったし、実はそれほど怖くないことに気づくこともできたし、またいつかやろうと思っている。その後すぐにビルのベランダに出てみたらやっぱり怖くて足がすくんでしまったので、高所恐怖症は治っていなかったけどね。どこかの部族で、高いところから飛び降りたりまさにバンジージャンプみたいなことを通過儀礼として行なっているのをテレビで見ることがある。それができれば、一人前の大人として扱ってもらえるわけだけれど、私のスカイダイビングもそれに似ている。何か新しいことが始まる時、怖い気持ちがあるのはとても自然な心の反応。人は未知のものに不安を覚え、それに対応しながら、サバイブしてきた生き物だもの。その恐れや不安を受け入れてあげて、「これは、人生のバンジージャンプの時だな!」と思ってあげられると、少し勇気が湧くのではないかしら。結婚は、特に、大きなバンジージャンプ。怖い気持ちを持っていても、やってみよう!と思えたら、それはバンジージャンプをする時なんだよね、きっと。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon

      11
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 改めて、ドラマセラピーってなに。

      そう言えば、このブログでドラマセラピーそのものの話をほとんどしていない。ドラマセラピストがまだ少ないというのに、私はこのドラマセラピーの営業が苦手なんです。「ドラマセラピーってどんなことをするんですか。」という質問を、一体何回答えただろう。ドラマセラピーの説明って、結構難しい。欧米のようにドラマワークが学校の科目にあったりすると、想像しやすい人もいるようだけれど、日本ではドラマはテレビドラマを思い出させるし、セラピーが心理療法ではなく、マッサージ的なものと理解されているから。 ドラマセラピーの素晴らしさをよくわかっていて、これを本当に広めたい気持ちもある私だけど、ドラマセラピーの紹介をすることに飽き飽きしてしまった時期がある。(今も、まだそうなんだけどさ) 言葉で説明しても、イメージが湧きにくいから、ドラマセラピーを説明するのには時間がかかる。興味を持ってくれる場合はいいけれど、どうやらそれほど興味があるわけでもないのに、うっかり聞いてしまったらしい方の場合、途中からめんどくさそうな顔をしていることもよくある。 後々ビジネス系セミナーを受けた時には、自己紹介をしてドラマセラピーの説明を簡単にしてみたら、かなり短く言ったつもりなのに、18秒以内ですませなくてはいけないと言われてしまったことがある。なんなんだ、18秒って? どこから来たんだ、その数字。なんだって私たちはすぐに時間の効率ばかり考えなくちゃいけないんだ。でも人はそんなに長いこと聞きたいわけじゃないんだろうね。 ドラマセラピストになったばかりの頃は、どこにいくのにも自分の名刺を持って、機会があれば一生懸命説明していた。そのおかげで、いい繋がりもでき、今の私に確実につながって入るけれど、私の種まき活動はかなり効率が悪く、ほとんどの場所では、ただ忘れられていく会話の中で話していたような感じがする。いや、反対に、うるさいなあーと思われていたこともあるのかも。以前の私は一生懸命で、多分熱かったから。 本当にいろんな反応があった。「私もそれ興味あるの」なんていう予想外の反応が来た時は、アロマセラピーと勘違いされている。それならまだいいけれど、「何でもセラピーって時代になったね〜。怪しい仕事ね〜」と言われてしまったり、「そんなことで心を扱うな」と批判されることもあった。そういう反応って、心もちょっと凹んじゃうんだよね。おじさん、批判するなら、私じゃなくて、アメリカの学会に言ってよ。 でも、もっと嫌だったのは、説明しても何の反応もない時。なので、明らかに興味を持っていない人に、一生懸命説明するのがだんだん面倒になってきた。これが、私がドラマセラピーの説明に飽き飽きするようになった理由。 ワークショップなど、ドラマセラピーに興味を持って来てくれた方々を前にしている時には、何度もして来た同じ話、何回だって飽き飽きしない。ドラマセラピーがいいものだって知ってほしいし、興味を持ってもらえる会話では、聞いてくれる方々が私にもエネルギーを与えてくださるので、楽しいものになる。 そんなわけで、ドラマセラピーの営業をする必要がなさそうな集まりでは、何の仕事をしているかと聞かれたら、カウンセラーです、と答えるようにしてみた。すると、「へー、カウンセラーなんだ。じゃあ、何か言ってよ。分析とかしてよ」とちょっと失礼じゃないかと思う返事が来ることもあった。何を言えというんだ。 カウンセラーということで、勝手に優しい人だと期待され、悩みを打ち明け始める人もいたし、心理テストをやってくれと言われたこともある。心についてみんな興味があるんだなーと思う反面、ドラマセラピーよりも、めんどくささは減るけれど、やっぱりめんどくさいなー、と思い、次に行った集まりでは、当時は大学のカウンセラーをしていたので、ものすごくざっくりと「大学に勤めています」と答えてみた。すると相手の方、ものすごく驚かれた様子。驚かれたことに驚きながら、どうしました?と聞いてみると。「へー、いやー、驚いたなー、ものすごく若く見えますね。いやまさか、年上とは」という反応。明らかに自分よりも年上の男性にそう言われて、頭の中にクエスチョンマーク。当時の私は33歳。そりゃそうだ、あんたより若いんだよ。あなたはきっと40代前半くらい?「いえ、年下だと思いますが」と答えてみたが、信じてくれない。どうも、大学に勤めています、という私の答えを、勝手に大学教授ですと翻訳されてしまったらしい。大学教授ということは、絶対に自分よりも年上だと思われて、結果、33歳の私に、若く見えますねと言ってしまったようだ。 でも、やっぱり、正直に話したほうがいいよね。それに、ドラマセラピーを知ってもらうことも、私の仕事の一つなんだな。だから、最近は、なんとか頑張って自分の仕事を正直に明かすようにしている。本当に、18秒で説明できたらいいんだけど。 ということで、ドラマセラピーの説明、ここでしてます。これは、私がやっている3ヶ月ワークを受講してくださる方に聞いてもらっているものなので、講座の話も出て来ますが、ドラマセラピーがどんなものなのかを話しています。なんと20分以上もかけてます。よかったら聞いてみてくださいね。ちなみに次の3ヶ月ワークは来年1月からです。私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      12
      1
      テーマ:
  • 16 Aug
    • 幸せになること、豊かになることが、世界のためになる理由

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにお越し頂きありがとうございます。拙著の中で私は「幸せになることが世界のためになる」と書いている。でもそれは、身体を気づかう食事をすることで、環境をよくするお手伝いができたり、自分が満たされることで、子どもにいい影響を与えてあげられたり、など身近な世界が変わるようにしか、イメージできていなかったと思う。でも、最近、このことで、いままでよりももっとはっきりと「本当に世界を変えられるんだ」という気づきみたいなのがばーっと降りてきたことがあった。そのお話を書かせてください。私は、すでにブログでも紹介しているように、食べ物や日用品など、結構気を遣うほうだ。子どもができてからは、ますます、気にしている。でも、医療でも教育でも、知れば知るほど、何を信じたらいいのか分からなくなるほど世界が怖くなったことがある。まるで、映画のハンガーゲームとか、ダイバージェントみたいに世界をコントロールする、すごく怖い存在がいるように思えてしまう。『アナスタシア』という本の中で、(この本を読んでいなかったらぜひ読んでみてくださいね。素晴らしい本です)「闇の勢力」という言葉が出てくるけれど、それって、このこと???と思うようになっていた。でも、こういう映画は、闇の存在が、明らかに悪いものとして描かれている感じがするから、分かりやすけれど、私たちの世界における闇の勢力は、もっと功名に存在していて、いつのまにか気づかないうちに、私たちをコントロールしている気がする。なんで、マスコミは、こんな偏った報道をするんだろう?真実を知ったら、今の政府に対してもっと反対意見が出てもいいはずだけど?放射能汚染、食品添加物、有害化学物質にまみれた私たちの生活は本当に守られるの?本当に、ワクチン接種は、子どものためになるの?本当に薬や治療は、病気を治すことができるの?教育は、子どもたちそれぞれの能力を輝かせるためにあるのではなく、うまくコントロールできる子たちを作っていない?何が正しいのか、本当にそれを信じていいのか?とわかりにくい。イヨネスコの戯曲『サイ』でみんなの顔がサイになっていくのを、変だと思っていたのに、自分がサイの顔ではないことがおかしいと思えるようになってしまうように、私たちは、おかしいと思っていても、「周りと同じでなくてはいけない」と簡単にコントロールされてしまう。だから、多くの人が「正しい」と信じていることを違うんじゃない?と言ったとたん、ひどい目にあってしまう気がしてしまう。子どもの定期検診とか、とにかく戦闘態勢で臨んでしまう。(私の武器は、私が信じる「正しい情報」と英語で怒鳴ることができる夫だけですが)私は毎日を楽しく生きることはできているけれど、子どものことを思うと、この得体の知れない闇の勢力の存在を考えてしまい、なす術がない無力で小さな自分を感じていた。それって、本当の自由ではない。そんなの考えすぎ?闇の勢力なんていない?いいえ、やっぱり闇の勢力はいると思う。世界中の富をコントロールしている顔も名前も分からない、闇に隠れた人間がいると思う。私たちは、その人たちの富を安定させるためにコマのように動かされているかもしれない。幸せになりたいと思っても、この世界で生きるためには、お金という物質的な制限が出てきてしまい、毎日暮らしていくことが大変な人がたくさんいる。それが現実だと思わされているので、この世界の矛盾を受け入れるしかなくなる。私は、本当の意味で自由になりたい。本当に存在しているのかどうか分からないけれど、少なくとも、私の頭の中では存在しているこの「闇の勢力」から自由になりたい。そのためにはどうしたらいいんだろう。「世界の富には限界はない、誰もが豊かになれるだけの富がある」何度も何度も、色んな本で目にしてきたはずの言葉がふと目にとまった。私たちはみんな、有限の豊かさや幸せを、競い合って奪い合っている世界にいると思い込んでいる。でも、本当に、豊かさや幸せは、誰にとっても、得られる当然の権利なら、もしも、私たちみんなが豊かなら、自分の人生を楽しむことができて幸せなら、この闇の勢力は力を失う。だって、彼らに力があるのは、「私たちが豊かではない」から。私たちが豊かではないから、こういう競争の中で生かされているから、彼らに力が与えられてしまう。それが闇の勢力の目論見。もしお金が十分にあったら、私たちの多くはやりたくない仕事をしていないだろうし、世間の目を気にせず、好きなことの没頭したり、子どもともっと一緒に過ごすだろうし、子どもや自分に、本来の自分ではない自分にならなくてはと、強制することがなくなると思う。もし私たちみんなが豊かになれるのなら、私たちはみんな、本来の自分が願う生き方ができる。そしたら多分、世界が抱える色んな問題は一気に解決する。いじめも虐待も、戦争も、飢餓も、環境汚染も、すべて。ということは、闇の勢力に打ち勝つためには、私たちはみんな豊かに幸せになればいいだけだ。言葉で言うのは簡単。でもどうやったらそんなことできるんだろう?今と180度違う考えを持たなくてはいけない・・・。せっかくそんな気づきが降りていたのに、夫のひと言でむかっときた私がいた。その時、気づいた。闇の勢力は、私の内側にもあるということ。私の中にある闇の勢力はエゴ。我慢が美徳とか、清貧とか、好きなことをしたいなんてわがままだと私たちは教えられてきたけれど、それで幸せな人が増えているとは思えない。そんな風に自分を我慢させて生きてきた結果、私たちの内側はますます嫉妬とか、貪欲さとか、怒りとか不信感などでいっぱいになってしまった。不安を感じて、人生は苦しいのが当たり前だと思い込まされてしまった。自分を見て欲しい、自分を愛して欲しいという、自分だけは不幸になりたくないなどの欲求が増えてしまった。そして、大切な自分を愛することを忘れさせられてしまっている。そういうエゴが闇の勢力を作っている。でも、外側も内側も本当はつながっているから、私の内側を平和にすることができれば、それが世界の平和に貢献できる。本当に世界が豊かになっていくことをイメージしていても、こんなにちっちゃなひと言で、私は怒りを覚えたり、腹が立つからやり返そうとしている。そうやって、私は小さな怒りに心を奪われて、豊かさからかけ離れていってしまう。そっか。深い呼吸をして、夫の言葉で気にさわった自分を解放。闇の勢力はここにある。私が、自分のエゴに惑わされずに、本来の自分でいられたら、私の中の闇の勢力が少しずつ消滅していく。映画『ダイバージェントNEO』でも、最後は主人公のトリスが自分のエゴに打ち勝つことで、世界を救うというようなメッセージが示されていたと思う。マリアン・ウィリアムソンが「飢餓があるのは、私たちが十分に愛せていないからだ」とレクチャーで語っていた言葉を、そうかーとなんとなく聞いていたけれど、本当に理解できた。エゴに振り回されず、本当の自分の存在を愛情を持って受け止め、自分の願いに従って、世界を信頼して生きることができたら、私たちは必ず豊かになっていく。そして、闇の勢力とお別れすることができる。そうなると知っていれば、現状が変わらずとも私たちは幸せになれるし、豊かにもなれる。銀行口座の数字だけが豊かさを示すのではなく、私たちの内側が豊かになることで、物質的な豊かさがもたらされるはず。でも結局毎日を生きていかなくちゃいけないから、仕事しなくちゃいけないでしょ?言葉で簡単に言ったって、どんな仕事をすればいいわけ?と思うかもしれない。残念ながら、私もそれぞれが何をしたらいいのかはわからない。私が分かるのは、自分のことだけ。でもそれも、「今自分ができること」しか分からない。それぞれが自分の人生に責任があり、その人がどうやって願う生き方ができるようになるのか、という答えは、その人の内側からしか生まれない。でもそれは、どんな占い師よりも正確な情報だ。ただ、分かるのは、私たちが今と180度違う考えを育てていかなくちゃいけないということ。そしてそのためにも毎日、エゴに振り回されない自分になっていく精神的修行が必要。今、ここで、意識的に、エゴに振り回されないで存在することができれば、私たちは、クリエイティブに生きることができるようになり、自ずと、今何をすべきかを知ることができる。そうやって、自分の人生を作っていくしかない。それが、豊かさになっていくと信じて。大変だけど、それは、だんだん喜びに変わっていくと思う。夫の一言でイラっとした私だけど、エゴを解放するたび、私たちがますます幸せに、豊かになっていく、世界の平和に貢献できるようになっていく、と思えたら、なんだかワクワクしてきていた。それが、私たち人類の修行。色んな問題に満ちあふれている世界を救う方法。世界の大きな問題を前にすると、私たち一人ひとりは、とても小さい存在にしか思えないけれど、でも、本当は、私たち一人ひとりが、幸せになることが鍵。だから、自分のために、幸せになると決めてほしいと思う。もっと、もっと、豊かになってほしいと思う。私もまだまだ、精神修行中で、物質的には何にも変わらないように見えるかもしれないけれど、豊かさと幸せは、内側にあると信じている。みんなが豊かになることが当たり前になったら、世界の価値観は思い切り変わるね。私たちはもっとみんな喜びの中で生きられるようになる。いつか、お金は存在しなくなる、と聞いたことがあるけれど、本当にそうなっていくんだと思う。そんな世界にはすぐにはならないかもしれないけれど。でも、一人ひとりが、自分らしく輝いていく生き方ができることが、幸せになること、豊かになることが、世界を救うと信じている。闇の勢力よりも強い「愛の力」が私の中にあることを知ったら、もっと私は強くなれた気がする。もっと安心して、人生を信頼できる気がする。エゴに振り回されないで、精神修行を続けることができるたくさんの仲間たち、そして、遠慮せずに、自分の幸せと豊かさを叶えることができる、たくさんの仲間たちがもっともっと増えますように。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるーAmazon

      13
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 恋愛ドラマセラピーで35歳から理想の結婚を手に入れる!トークライブのお知らせ

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。私のブログに訪れてくださりありがとうございます。今日はお願いのブログです。私の本を出してくれたじゃこめてい出版が、親会社の倒産により、窮地に立たされています。そんな時、一番の助けになるのが、じゃこめてい出版の本を買うことなんです。ということで、じゃこめて出版応援キャンペーンを始めることにしました。2017年7月17日の祝日 10時半〜12時にフェイスブックでトークライブを開催します!皆様からの質問などにお答えし、ライブでやりとりしながらお話しします!今回のこのトークライブは、お世話になっているじゃこめてい出版の応援キャンペーンですので、6月1日〜7月16日じゃこめてい出版の本を買ってくださった方をご招待します。私の本「恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる」を出してくれたじゃこめてい出版は、ドラマセラピーというまだまだ知られていないこの療法を「素晴らしいものだからぜひ本にしよう!」と言ってくれた本当にありがたい存在です。それまで私は本を出したいと思いつつも「ドラマセラピーなんて、知られていないからねえ」と言われてばかりでした。現在、新しい本を準備していますが、それも、他の出版社では「うーん、これはまだそれほど人に知られていないから」という理由で断られてばかりでした。この新しい本は、テーマはもちろん心理ですが、私にとっても新しい挑戦です。じゃこめてい出版は、いつもこういう新しい挑戦を助けてくれるのです。この期間中に、私の本あるいはじゃこめてい出版の本を買ってくださった方にフェイスブックライブでの、無料トークライブにご招待したいと思います。このブログを訪れてくださっている方の多くは、私の本も読まれていると思いますが、どうかこの機会に、もう一冊購入し、お友達などにプレゼントしたり、じゃこめていの他の本を買っていただけないでしょうか。40代のほうはまだ読んでいない!という方は、ぜひぜひ40代のほうの本を購入していただけないでしょうか?じゃこめてい出版の本のラインナップはこちらからご覧ください。http://www.jakometei.com/フェイスブックライブは7月17日の祝日の午前中10時半~12時を予定しています。このときに、みなさんからの質問に答えたり、ライブですから、フェイスブック上でやりとりしながらお話することができます。もちろん、フェイスブックは秘密のグループ内で行いますので他に知られることはありません。フェイスブックをやっていないけれど、動画だけでも見たい!参加はしたくないけれど、あとから動画を見れたらそれでいい。という方には、youtubeに限定公開であげた動画のURLをお送りします。参加の仕方は簡単です!今日から7月17日の間に本を買ってくださった証拠の写真やメール(本と日付つきのレシートの写真やアマゾンのメールのコピーなど)をメール(HPのお問合せ)、あるいは私のフェイスブックにお送りください。フェイスブックで秘密の部屋を作り、ご招待します。(youtubeをご希望の場合はメールで送ります)じゃこめてい出版は、私が、新しい挑戦を世界に発信できる貴重な場所です。ですから、どうか、助けてください。よろしくお願いいたします。じゃこめてい出版応援キャンペーンで始まったことですが、トークライブ、ワクワクしてきました。みなさまとフェイスブックライブでお会いできますこと、楽しみにしております。今日もお読みくださりありがとうございました!私の本が発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon

      19
      1
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 自分を変えたいのなら

      今の自分が嫌いだから、自分を変えたい。もっと明るくなりたい。もっと前向きに人生を生きたい。もっと自信を持ちたい。 そんなふうに自分を変えたいと言う人はたくさんいると思う。だから、何か辛い時に、無理やり明るく考えようとしたり、怒りがあるのに、一生懸命笑顔になろうとしたり。 自分がなりたいと思う姿を目指して、みんな頑張っているなぁと思う。でも、自分を変えるために一番重要なことって、結局今の自分を認めてあげることじゃないかなと思う。 私って性格悪いんだ。だからもっと優しくならなくちゃ。だから怒っちゃいけないんだ。内側から出てくる悲しい気持ちや怒りを無視して、優しくなろうと頑張る。そうやって一生懸命自分を変えようとすればするほど、もっと苦しくなっちゃうんじゃないかな。だって、結局自分を変えようとすることは、今の自分を否定し続けることになってしなうから。矛盾しているように聞こえるだろうけれど、今の自分を変えたいのなら、今の自分をあるがままに受け入れてあげることが結局早道なんだなーとクライエントさんたちと向き合いながら、いつも思う。優しくなりたいと思う気持ちがあるってことは、本当に優しいから。それで十分。どうしても湧いてくる怒りや悲しみを無視する必要はない。心が変わっていくプロセスには順番がある。 怒りや悲しみを認めてあげてはじめて、じわじわと本当の優しさがこみ上げてくるようになる。 だから、自分を変えるためには今のままの自分をちゃんと認めてあげてぎゅっと抱きしめてあげることが重要。怒ってもいいよ。泣いてもいいよ。今のままの私でいいよ。って。自分が自分を認めてあげられるようになると、その「性格の悪い部分」が癒されて、内側から変化が起きる。だから、変わるために、もっと自分を好きになるために、今のままの私でいいよって言ってあげよう。カウンセリングを受けている方や、一生懸命自分と向き合っている方に、このブログを送りたいなと思います。今日もお読みくださりありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように♥じゃこめてい出版応援キャンペーンのお知らせ7月17日にフェイスブックでトークライブを開催します。詳しくはHP (←クリック)をご覧くださいね! 私の本が発売中です! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      27
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 引き寄せの法則についての誤解を考えてみる

      本の中でも書いているけれど、私は引き寄せの法則を信じている。でも、引き寄せの法則って、ちゃんと理解するのは難しいと思う。このブログで書くことは、あくまでも私の理解ですが、少しでも助けになれば、、、と思って書いてみたいと思います。「自分の思考が現実になる」という言葉をそのまま鵜呑みにして、ネガティブな感情を持つことを、「だめだ!」と思ってしまったり、「悪いことが起きる」と怯えてしまう人がいたり、自分の思いがなかなか現実にならなくて、「結局、本当はそんなものないんじゃないの?でも、それは、あなたの思いが足りないから、とか、今は時期ではないから、とかいいわけして、ずるい、おかしい!」と、引き寄せの法則の先生たちに腹を立ててしまう人もいる。確かに、私たちの思考が現実になる、と私も思うんだけど、そもそも「どの思考が現実になるのか」をちゃんと見たいと思う。誤解されがちなポイントを4つ、まとめてみました。ポイント①引き寄せの法則は、自分が思うことが、現実になるというものであって、「欲しいものを手に入れる」ためのものではない。でもいつも「ほしいもの」に焦点が絞られていることが多い気がする。これがほしい、あれもほしい、ああなりたい、こうなりたい「ほしいほしい」と言っている裏には「私にはない」などのような、欠乏の思考があるわけなので、その欠乏が、現実化してしまうわけ。「これだけほしいと強く思い続けても、なんで現実にならないの?」と思うかもしれないけれど、現実にならないのは、ほしいと強く必死に思っている状態のその裏に、「これだけ私には足りない」という思いが強くあるから。だから、結局その「ほしいもの」を遠ざけてしまうことになる。実際この、ほしい、つまり英語のwantは、欠乏を意味するという。ポイント②変えるのは思考であって、感情を否定する必要はない。ネガティブな感情を持ってしまうことは、なんにも悪いことではない。私たちは感情を選べない。感情はその瞬間に自然に生まれてくるもの。それをいい、わるいと判断することが間違い。感情は、どんなものであっても大切。だからちゃんと感じてあげて、その上で何をすべきか、考えればいい。嫌な出来事が起きたり、苦手な人に出会ってしまったときに、怒りや落ち込みや悲しみがあったら、そんな感情を持ってしまう自分がいけないのではなく、そういう自分を受け入れて、許してあげることがとっても重要。「怒っていると、悪いことを引き寄せる!」なんて思って、無理に自分の怒りを押さえようとする必要はない。「怒ってるよね。そうだよね、そんなこと言われたら、嫌だよね」って、自分の声をちゃんと聞いてあげる。感情はちゃんと感じていくと必ず消化されていく。そうすると、次に何をしたらいいのかが見えてくるもの。引き寄せの法則で変えるべきことは、思考。そういうネガティブな感情を受けて、「どうせ人生はうまくいかない」と「思う」のか、「ここから、少しずつ人生を変えていこう」と「思う」のか、で現実が変わってくる。「現実になる思考」というのは、その人が、自分自身や人生に対して、無意識のうちに考えていることじゃないかなーと思う。つまり、人から嫌われたらどうしようとずっと思っていたり、人生って辛いなあと口ぐせのように言っていたり、気をつけようと思っていても気づかないうちにも持っている思考。私の本では、それを心理的障害って呼んでいるんだけど、そういうものが、私たちの現実になりやすいんじゃないかな。だから、そういう気づかずにいつも持ってしまっている思考をクリアにしたほうがいいんだと思うの。ポイント③ 人生はすべて自分でコントロールできるわけではない。ほしい、ほしいと思うことは実際にはエゴで、それが叶っていくと、人は「自分がすごい力を持っているんだ」と錯覚してしまう。まるで、自分が人生をコントロールできると思い込んでしまう。実際、ある程度は、自分の思いを叶えることはできるんだろうけれど、人間にはそこまでの力はない。引き寄せの法則がうまくいっている時、人ってちょっと傲慢になるんじゃないかなーと思う。私が初めて、引き寄せの法則を知ったのはもう20年以上も前なんだけど、その頃から、私は引き寄せがうまくなかった。だから、引き寄せが上手にできる人たちを羨ましく思いながら、できない自分はダメなんだと思うようになってしまった。人生をもっとよくしたいと思って引き寄せの法則を学んだのに、どんどん自分を信じられなくなるというおかしな展開・・・。彼女たちから「私が駅に行くと、私に合わせたように電車が来るのよねー」とか、「あの仕事したいなと思ったから、できるようになったのよね」なんて、成功談を聞いていると、ほしいと思うものが、彼女たちのように手に入らないことで「ああ、私ってやっぱりダメなんだ」と思えてしまうと同時に、「ネガティブな波動を持っているからできないのよ」などとアドバイスしてくれる彼女たちを、なんとなく傲慢で嫌だなーと感じることもあった。引き寄せの法則って、なんだか、エゴを大きくしているだけ、という感じもするなー。本当は、私たちはエゴに振り回されずに生きられるようになることが課題なんだと思うのにな・・・。本当のところ、今の自分が思っていることが現実になるということには、限界がある。大体、引き寄せが得意になり、その人のエゴが強くなった時、思っただけでは叶わないようになる。多くの人が、引き寄せの法則が、働かなくなると感じるのはここ。人生をすべてコントロールできてしまったら、私たちの人生にはサプライズがなくなってしまう。何でも自分が引き寄せられると信じて、エゴが強くなった人ばかりになってしまったら、この世はちょっと嫌な場所になってしまうでしょ。最終的に、なんでも自分でやろうとコントロールしようとする思考を手放さないと引き寄せの法則はうまく働かなくなると思う。そもそも、引き寄せの法則の醍醐味は、自分のコントロールを超えたところにあるんじゃないかな、と思う。コントロールを手放せたら、引き寄せたいと思っていたことよりも、自分が想像すらしなかったもっと素敵な展開が待っているかもしれないということ。本当は私たちはワクワク生きるほうがいい。もっと素晴らしいものが用意されているんだと思って生きているほうが絶対楽しいはず。電車に乗り遅れて、待たされたけれど、次の電車で、会いたかった人に会えた、というような話を聞いたこと、あるでしょう?自分で全部コントロールしていたら、こんな展開、ありえないよね。ポイント④思考が現実になるかどうか、は、エゴからの思考なのか、心からの願いなのかによる。思えば何でも叶うんじゃないの?と思ってしまうかもしれないけれど、実際には、「何でも叶う」わけじゃない。ここで重要になってくるのは、願い。その人の人生で、心から願うこと。頭で考えていることではなく、自然に生まれてくる、その人が願うこと。心から願うことは、その人が人生でなすべきことなので、叶いやすい。一方、「人から評価されたいから、この仕事をしたい」などのようなエゴから出てくる思考は、叶いにくい。だから、思考が現実になるかどうか、は、エゴからの思考なのか、心からの願いなのか、で変わってくる。心から出てくる願いは、世間の評価や、お金などは、関係ない。エゴから出てくる欲は、世間の評価や、未来の不安や、親の顔色なんかが関係ある。心から願うことに、「叶わなかったらどうしよう」などのような判断が入ってくるときはエゴに邪魔されている状態。エゴは私たちを不安にしてくれるのだけれど、私たちが自分の人生を信じていれば、本来エゴに振り回される必要はない。人生を信じていたら「叶わなかったらどうしよう」なんて思うことはないし、人生の波にのっていられたら、そうなれば、そうなるし、ならなければ、それもそれ。みたいな、余裕がある。人生には、人間がコントロールできない、もっと大きな展開が待っているものだし、私がこうしたいなーと思ったところで、それよりもっといいシナリオがあったら、そのほうがいいはず。そうやって、自分が願うこと、あるいはそれよりももっと自分に合ったものへと人生が流れていくことを知っていればいい。だから、今、願いだと思っていることが、自分の思い通りに叶わなくてもいいの。本当に願うことは、いずれ、叶うんだし、叶わないときは、実は、自分がその時点では気づいていなかった、もっと自分に合った願いが見えてくるだけだから。実際私も、何年も前は本当に願っていると思っていたことで、叶っていないこともたくさんある。でも、結局のところ、私はそれが本当にほしかったわけではないんだなーとあとから気付く。自分のことって、実はそこまでわかっていなかったりするんだよね。よく考えてみると、本当に願っているつもりでいて、まだ、エゴに支配されていたんだなーと思う。そうやって人生が進んで、だんだん研ぎ澄まされていって、自分の真の願いが見えていくのだと思う。そういう願いは、宇宙や神さまの願いと一致するので叶う、というより、必然として起きるんだと思う。人生を動かそうと、コントロールしようとするのではなく、自分の願いに気づいたら、安心して、自分の思考を超えた、もっと大きな思考に身を任せたほうがいい。そう、結局最終的に重要なポイントは、「人生を信じて、大きな流れに身を任せる」ということ。引き寄せの法則は、その人が人生や自分に対して、根本的に持っている考えが現実に影響している、ということと、自信がなかったり、人生に不安を感じているからこそ出てくる「ほしいもの」ではなく、人生を信じているときに湧き上がる「心からの願い」が叶うよと説明しているんだと思う。だから、少しでもエゴの影響をなくして、自分が一番幸せを感じる瞬間や、どう生きていきたいのかを感じる練習が必要だし、自分でなんとかしなくちゃと、やみくもに動いてしまうのではなく、大きな力に導かれているという信頼を持てるような心を育てていくことが大切なんじゃないかな、と思います。今日もお読みくださりありがとうございました。こちらの本には自分の本来の願いに気付くために、「女性性とつながる」ということを説明しています。よかったら読んでみてくださいね! ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める- Amazon こちらの本も発売中です! 運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー Amazon

      35
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 出産が怖い方へ 少しでも楽しい出産にするためにできること

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。たった一度の経験しかしていないし、助産師でもないのに、おこがましいですが、出産が怖くて、結婚や妊娠ができなくなっている人もいるんじゃないかなーと思うので、そんな心理的障害を取り除く助けになれば、と思って出産を楽しくする方法について書きたいと思います。出産って、想像を絶するほど痛そうだし、とーっても怖い・・・。実は私も心の底にそんな不安を持っていました。色んな人に聴いてみても、ものすごく痛かった、大変だった、もう二度と味わいたくない、という声も多数。でも、具体的にどんな痛さかも想像がつかない感じ。。。「ものすごいひどいゲリみたいなものだよ」と言われたのが一番具体的だったけど、でもやっぱりそれがどのくらい痛いのかわからない~!私は、どうやら痛みにめっぽう弱く、今までに痛みのあまりに気絶した経験が4回もある。そんな私なので、出産という痛みに耐えられないんじゃないか、とずっと心配していた。実際、母からも「あなたは痛みに弱いんだから、お医者さんにも、気絶するかもしれないって、言っとくんだよ」と何度も言われていたし。出産中気絶しちゃったら、どうなるんだろう…と考えてしまうと、余計に怖くなってしまう。でも。これも、いってみれば、「心理的な障害」になってしまわないかな?違う考えを持つことで、乗り越えられるんじゃないか????と思って、調べてみた。そもそも、出産って、生物の自然の営みであるわけで、そんなに不安に思う必要もないんじゃない??そして見つけたのがヒプノ・バーシング (Hypno Birthing)直訳すれば、催眠出産。私は仕事の中でも催眠療法を取り入れることもあるし、たしかに、催眠療法を応用すればできそう!!早速ヒプノ・バーシングを始めたイギリスの助産師の方の本を購入。こちら。これを読んで理解したことは、自然に合わない体勢でのお産や、不安や恐怖が出産を困難なものにしてきた、ということ。不安や恐怖、緊張があると、脳内にコルチゾールが分泌されるけれど、そのせいで、痛みを感じやすくなるそう。緊張することで、身体もかたくなるから、それも痛みを増やしてしまう原因になる。反対に、リラックスできていると、エンドルフィンが分泌され、それが、痛みを緩和してくれるそう。また、リラックスできていれば、身体が柔らかくなり、赤ちゃんに合わせて動いてくれるようになる。病院で出産するのに、体勢を変えてもらうことはできないだろうけれど、ヒプノセラピーを使って、完全にリラックスしていれば、そこまでひどい痛みを心配する必要はなくなるかも?エンドルフィンは、口角をあげるだけで分泌されるそうなので、深い呼吸をこころがけ、口角をあげていれば、大丈夫!ってこと。結局キーは出産にまつわるネガティブな思いこみを書き換えて、とにかくリラックスすること。催眠療法もそこがポイントですよね。私たちの身体は、本来何をすべきかを知っているはず。それなら、リラックスして、身体がちゃんと必要なことをしてくれるのを待っていればいいのだ!!そう、リラックスして、身体とつながり、身体の声を聴けばいい。そんなわけで、出産当日、私は完全に身体に主導権を渡し、余計なことを考えることはやめてみた。身体はすばらしく、確実に何が必要か教えてくれた。暖房の風が顔にあたって、嫌な感じがする、と気付いたら、すぐに、助産師さんに頼んで、風があたらないようにしてもらう。足にかけてくれたふとんが、少し重すぎたので、軽めのブランケットに変えてもらう。そうやって、身体が少しでも楽になれるように工夫。そばで見ていた夫によると、かなり事務的にてきぱき言っていて、とっても苦しそうとは思えなかったし、助産師さんに遠慮なく要求していたようです…。すみません、助産師さん。私を担当してくださったこの助産師さんは本当に素晴らしい方で、私の楽しい出産のためには、彼女の力はもちろん大きかったです。夫は、英語で話しかけてくるので、もはや頭の働かない「身体の人」となった私には、めんどくさすぎるため、すべて無視。本によると、ギャラリーが多いほどお産の時間は長引くとのことだったので、両親には来てもらわないつもりだったのに、両親もつきそいできてしまい、いろいろと話しかけてくる母には、「もう、黙ってて」の一言。やっぱり「身体の人」になってしまった私は気を遣うなどのような頭を使う言動はできない。自分に必要なことをただてきぱきと言っていくだけ。本当はお礼のひとつも言えないといけないんだろうけどね、身体は、そんな気を遣わないのよ。お母さん、ごめんなさい。そして、陣痛の合間に、できるだけ口角をあげ、助産師さんからは「すごいわね、なんだかずっと笑顔ねー!」とほめていただき、自分でも、私っていきむタイミングがうまいわ、とほめたりして、エンドルフィン大放出に努めた。そんなわけで、もちろん痛いんだけれど、全然耐えられる痛みの中、娘を出産することができた。身体の知恵とつながるのは、私にとって、本来の自分とつながることと同じ。ものすごい充実感と幸福感に包まれる。ドラマセラピーのトレーニングでポーランドに住んでいたころ、私が夢中になっていたワークと同じ。身体とつながることができているとき、私たちは、エゴに振り回されている小さな自分ではなくなり、もっと大きな存在としての自分を感じることができるのだと思う。痛みはあっても、その大きなつながりを感じることができたため、出産は、私にとって人生で最も幸せな瞬間となった。ヒプノ・バーシングの本には、出産の準備のためのCDのほか、体を準備したり、出産にまつわる不安をなくすためのエクササイズがたくさんあったのだけど、お産の前に、自分の身体を信じられるようにするために、本に書かれていたこと以外で、私がもう一つやっていたのは、「世界中の母というスピリットとつながること」。そんなイメージングをすることで、もっと自分がリラックスし、自信が持てると思ったから。特にまだ不安があったころから、私はこのイメージングをしながら、自分が自然の一部であり、その自然の活動として、出産ができると信じられるような心を作っていった。周りの人に気遣いもできない「身体の人」となっていた私だけど、実際には、たくさんのマザーや女神様たちや母なる地球にも守られていたのですよ。私が出産を楽しめたのは、娘が小さめで生まれてくれたから、というのもある思うけれど、(私の母は、絶対そのおかげだと言い切りますが←多分可愛げなかった私への腹いせにちがいない)、やっぱりヒプノ・バーシングを知ったことが一番大きい。ただ、私の出産は、楽しいだけではありませんでした。実は、出産する前に医者から「あなたは体が小さいのに、赤ちゃんが大きめだから、帝王切開にします。37週になった時に産めなかったら、帝王切開になるから、今から急いで準備してください」と言われてしまったのです。赤ちゃんの命のために帝王切開にすることもあるでしょうから、帝王切開を否定するわけではなけれど、ヒプノ・バーシングを試したかった私としては私の身長が低いという理由だけで、帝王切開にされたんじゃたまったもんじゃない。あと1週間、本当は安静にしていればよかったのに、あの時の私は、身体の知恵とつながることができず、医者の言葉に翻弄されて、無駄に動き回ってしまい、結果、37週になる前に、切迫早産。身体の声を聴いていたら、多分、こんなことにはならなかっただろうな。出産のために、身体とつながる準備をしていたにもかかわらず、不安になると、こんなにも簡単に身体とのつながりを失うこともできちゃうわけです。だから、妊娠してから、出産するまで、身体ともっとつながっていれたらよかったなーと思うけれど、今となっては、それも含めて、いい経験。やっぱり、妊娠、出産は、自然の営みの一つ。そんな自然の一部としての自分と、いつもつながっていられたら、そんなに心配しすぎる必要もなかったし、タイミングももっと直感的に分かったのだろうと思う。もちろん、リスクも伴うものなので、これをやれば大丈夫、と言っているのではなく、すこしでも余計な不安や緊張がなくなったら、出産が楽になると知れば、出産を怖がる人が減るんじゃないかな。ヒプノ・バーシングを知ったとき、本来の身体の知恵とつながれなくなるのは、私が本で書いている心理的障害と同じだなーと思ったので、ドラマセラピーや催眠療法を取り入れて、出産が不安な方たちのグループもできたらいいな!!!と熱くなってました。いつかやりたいな!興味のある方は教えてくださいね。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です。運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー)Amazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-)Amazon

      22
      テーマ:
  • 18 Dec
    • 女性には、35歳の壁なんて、ない!!

      先日、電車に乗っていたら、32歳(だという)女性たちが、結婚と妊娠の心配について話していた。たまたま向かいの席に座っていたので聞こえてしまったのだけれど、そうかー、32歳で、もう悩むんだなあ~とびっくり。こうやって、世間が年齢を気にすればするほど、女性たちが生きることが難しくなってしまうなあと思う。ちょうど仕事に行く途中で、たまたま拙著「35歳から〜」を持っていたので、彼女たちの目の前で読んでみて、宣伝活動〜!逆に「この人私たちより年上で独身で頑張ってる人なのね」と思われちゃったかしら。。。私が、出産する少し前、宋美玄さんが、ご自身の妊娠と出産について書かれた本を読んでみた。その本の帯には、「女性には、35歳という壁があるのです」という言葉。冗談じゃない、勝手に壁なんて建てられてたまるか。産科医として、いろいろ見てきた方の意見なので、私よりもずっと信憑性はあるんだろうけれどね。でも、医者の目線と、自然派の考えは全然違う。本の中で彼女は、もっと若かったら、楽だったのだろうなーとか書いていたけれど、若くても大変な人もいるわけだし、40歳の私は、当時35歳の彼女と比べると、ずいぶん楽だったし。体力勝負の育児は、若いほうがいいのよ、って考えもあるようだけれど、精神的な強さでいえば、やっぱり今の私のほうがいいわけだし、そもそも若い頃に妊娠も出産も育児もしていないから、本当に若い頃のほうが、私にとって良かったのかどうかなんて、絶対にわからない。だから、若いほうがよかったとか、比べる意味もないんだと思う。ところで妊娠しているとき、どうでしたか、と聞かれると、実は、今も思い出すとワクワクしてしまうほど、妊娠中は楽しくて幸せだった。おなかの中で大きくなっていく赤ちゃんを見ていられたし、おおいばりで自分中心生活ができたし、電車に乗っても、親切にしてもらえた。ありがたいことに、つわりもなかったし、食べたいものが健康的なものばかりで、体重も増えすぎず、元気だったので、最後の最後まで動き回っていた。20代でも、大変そうな生活をしている方も見ていたので、年齢って関係ないわ!私はこんなに楽しい40歳の妊娠生活~!なんて、カヌーしにいっちゃったり、おなかが大きくなっても立ったままで靴下をはく挑戦とかしたりして、逆に、ちょっと調子に乗っていたと思う。「忙しく動き回れる妊婦」がいいというわけでもないのに、多分、40歳の妊娠、出産を素敵なものだと証明したくて、ちょっと頑張りすぎた。結局、最後の最後に、ちょっとアクシデントがあり、調子に乗っていたことや頑張りすぎたことを反省することになってしまった。子どもは無事に生まれてくれたので、いまとなっては、それも問題なし、なんだけど。とにかく、この体験を通して、妊娠、出産は、年齢に関係なく、命の関わる大きな仕事であり、「授かる」という言葉が表わすように、とても神秘的なことで、私たちの力の及ばない場所で起こることなんじゃないかな、と確信するようになった。私は、結婚も子どもを持つことも、もっと魂の視点で見てほしいなと思う。人間側の私たちができることは、年齢に関係なく、子どもが育ちやすい体や精神を、自分なりに用意すること。結婚も子育ても、とても大変な魂の修行だから、その準備や覚悟ができれば、与えられるのだと思う。子どもを持てるようになって、肝に銘じていることは、娘は、神さまの子であって、私の所有物ではないということ。きっと神さまとか大きな存在が私に「この子を預けるから、育ててね」という学びをくださっただけ。私はこの子を大切に育てたいと思うけれど、自分が思うように作り上げようとはしてはいけない。彼女が、人生を自分の願い通りに生きていくお手伝いをするだけ。2009年以降に生まれる子どもたちはクリスタルチルドレンと呼ばれている。「ピュア・インディゴ、ピュア・クリスタルの子供たち」という本に、クリスタルチルドレンという、私たちよりもエネルギーレベルの高い子どもたちが増えていき、地球の新時代を築いてくれるということが書いてあったけれど、そんな彼らを育てるのは、私たち。そこには、こんなことも書かれていた。「未来の女性の多くが現在よりも遅い年齢で子どもを持つことを選ぶのはそのためかもしれません。男女は、子供を迎える前に、まず自分たちの基盤をしっかりと築き、人生を有意義に過ごすべきでしょう」 ね?親になるためには、年齢よりも、精神的な成長のほうが重要。だから、やっぱりもっと魂の視点で子どもを持つことも考えてみてほしい。35歳には、何の壁もない!!40歳にだって、壁なんてない!!!今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon

      23
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 40代になったら、フツウでいることをやめてみる

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。まだ叶えられていない私の夢の一つにエッセイストになることというものがあります。できれば、心や心理療法のことを、笑いながら簡単に読めるようなもの、でもちゃんと重要なメッセージが伝えられるようなものを書けるようになりたいな、とずっと思っていました。なので、このブログの中で少しずつ練習、挑戦していきたいなーと思っています。おつき合いくださいませ。****40歳を迎えたとき、40って不惑の年なんだよねえ、色んなことに迷わずにいられるってことなのかな、そりゃあ、無理だなあ。レストランで食事する時だって、メニューで迷うし、嫌なことがあると、気持ちが揺らぐことだって、セラピストとして修行をしてるけど、なくなったわけじゃないし、私はまだまだだなあ、、、と思ったことがある。でも、「不惑」って本当はどういうことなんだろうと調べてみたら「狭い枠にとらわれずに自由に生きること」という意味だと知った。てことは、40歳過ぎたらもっともっと、自由に生きようよってこと?なんて素敵なことなんでしょう!!!!仕事でよく言われるけれど、基礎をしっかり学び、それを十分に実践し、応用できるようになると、自分のものとすることができる。世阿弥の教えの、「守・破・離」。私も、そうやって、自分らしいドラマセラピーというものができるようになったと思う。同じように、人生もある程度の学びを終えたら、自分らしく生きよう!ということなんだと思う。その学びが終るのが30代なんだね〜。だとしたら、30代後半からは、自分らしく生きることに意識をシフトさせた方が絶対いい。クライエントさんや生徒さんたちには、「普通はこうあるべき」という考えにとらわれがちな方がたくさんいる。特に、35歳を過ぎて独身だったら、「絶対に変な人、問題がある人」と思われているんじゃないかと気にしてしまい、「フツウじゃない」自分を嘆いてしまう。実は私もそのひとりだった。私は、35歳のときに、ポーランドに行ったわけなんだけれど、明らかに色んな人が不思議そうな目で私を見ているのが分かった。友達からは「なんか、あまりにも違いすぎて、好きなことができてて羨ましいとさえ思えない」なーんて言われてしまったし。そんな風に、結局好きなことをしていても、好き勝手生きている自分のことを心のどこかで恥じていたし、いい年して、社会人としても情けないなあ、と思ったりしていた。それはいつだって「常識」という枠の中に私もいたから。周りからは「結婚できなくてかわいそうって思われてるんだろうな」と常に思っていたから、年齢を言うのも嫌だった。でも、あるきっかけでよし、もう私らしく生きるぞ!常識とか気にするのをやめよう!!と思えるようになったら、平日に仕事もしないで昼間の太陽を浴びながらビールを飲んでいる自分も私にとって「フツウのこと」として楽しめるようになってしまった。私は変だ、と嘆いてしまう人は、だからもっとフツウにならなくちゃって思っているようなんだけど、じゃあ、「あなたって、普通の人ですね」って言われたら、それを褒め言葉として受け取れるんだろうか?そんなこと言われたら、それはそれで、なんだか失礼なことを言われたって感じないかなあ?日本人は「みんなと一緒」が好きなんだと、よく皮肉なジョークとして言われたりするけれど、それならこれはどうでしょう?「フツウは、40代になったら枠にとらわれずに自由に生きることができるようになるものです」自分らしく、自分を楽しませて生きることができる大人が増えたら、子どもたちも、未来をもっと楽しく思い描き、夢いっぱいもって生きることができるようになると思うんだけどな。今日もお読みくださり、ありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      14
      テーマ:
  • 08 Nov
    • 結婚を邪魔するお金の問題へのクリエイティブな考え方

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログをお読みくださり、ありがとうございます。結婚が難しいのは、結婚を邪魔する心理的障害があるためだ、私は話していますが、その障害の一つにお金の問題があるように思えます。特に、35歳を過ぎてから結婚をしようと考えたとき、「結婚したら、今までのようにお金が使えなくなるかも」とか「相手の収入でふたりが生活できるとは思えない」などのように考えてしまうという話をよく聞きます。そうすると年収の高い人と結婚しなくちゃ!となってしまうわけなんですが、、、年齢や年収にふりまわされるのではなく、もっとクリエイティブに結婚を考えたいと思います。そのためにも、お金から自由になりたいですよね。お金って、あれば気持ちが安定すると思いがちですが、それは本当の意味でお金から自由になった状態ではありません。ビジネス系のセミナーに行っていたころ、私の考え方ではお金が稼げないなどとアドバイスをいただいたのですが、「お金を稼がなくちゃいけない!!」と思わされている状態が私にはとても苦しい状態でした。確かにお金は大事です。でも「ほしい、ほしい」と思い続けることは、逆に「私は欠乏している」と感じることだと思います。実際、英語のwantは、欠乏を意味するそうです。だから、「お金を稼がなくちゃいけない」と思えば思うほど私は苦しくなっていたんだなーと今はよくわかります。「40代から人生のヒロインになる」の中でも紹介していますが、お金から自由になっている人は、お金があってもなくても、何の影響も受けず運命に絶対的信頼を持っています。言うは易しで、お金がなくても大丈夫なんて、なかなかなれない気がしますよね。運命を信頼するためには、お金がすべて神様のものだと考えるといいと思います。さらに、私たちはみんな、その神様のお金にいつでもアクセス可能だと知っておくことも大事です。ほしいときではなく、必要な時に必ず手に入ります。お金が出て行っても、それは神様の元に戻っただけで、いつでも必要な時に自分のところにも戻ってきてくれるんです。それだけです。そう信じていると、未来の不安から解放されます。そしたら目の前の数字にこだわる婚活もやめられますよね?年収が一見少なく見えてもその人の内面には、神様の願いとつながる可能性があるのです。もちろん、あなたも、神様のお金につながることが簡単にできるはずなんです。お金の心配はあなたと結婚相手との問題ではなく、神様への信頼感がないことが原因なんです。ところで豊かになりたいと思うことはわがままでしょうか?私もそれについて考えてみました。私はできれば地球のために、食材や日用品など、なるべくいいものを使いたいと思っていますが、そういうものは金額が高いですよね。でも神様なら、私に安全で、地球にやさしいものを使ってほしいだろうと思います。そのためには私にもそれだけの経済的余裕が必要です。だったら豊かになったほうがいいですよね?前回のブログで誰もが豊かになるようにデザインされていると書きましたが、みんなが豊かになることで、地球も人も救われていくと思うのです。私もまだ豊かさについて学んでいるところですが、お金だけでなく、いろいろなものすべて、私は神様のものだと考えています。ドラマセラピーも、私が書いた本も、夫も、娘も、全部神様のもの。だから、私がすべてをコントロールせずに、私は与えられた役目を誠実にこなせばいいのです。自分に何かの願いが降って降りてくるのは神様が「こうしたい!」と私を通して考えたこと。そうつまり、私が願うことは、神様が願うこと。私は、その願いをかなえるために自分ができることを頑張ればいいだけ。エゴに振り回されない、神様の願いなら、叶います。数字で表れるお金の状態を気にすることなく、本当にお金のことを考えずに、「この人と結婚したいな」と思える人を選べたら最高ですよね。そして、自分たちの運命を信頼して、運命と協力して、人生をつくっていけばいいのです。お金は神様のもの。あなたの結婚も、神様のもの。神様を信頼してみたら、婚活はどんな風に変化するでしょう?今日もお読みくださりありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように!お知らせ12月4日、女性性をテーマにした神戸でワークショップします!「もっと、自分を好きになる!」詳しくはhttp://a-c-lab.or.jp/workshop01/drama_therapy_201612/をご覧ください。私の本が発売中です。ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      10
      1
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 本当の意味で豊かになるということ

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。このブログにお越しいただき、ありがとうございます。「これからは、物質的な成功を目指すのではなく、精神的な豊かさを実現する時代になる」という考えを聞いたら、どんな気持ちがしますか?ドラマセラピストとしてどうやって仕事をしていったらいいんだろう・・・と悩んでいたとき、しばらくの間、ビジネスセミナーなどに参加していました。でも、成功って一体なんなんだろう、と思うようにもなっていきました。お金を稼ぐ、人に知られるようになる。どれも大事で、ありがたいことではあるのですが、それだけでは、心がほっとしない自分に気づきました。私はもっと豊かになりたいけれど、成功するために頑張ることがなんだか自分には合わない気がしたのです。豊かさって、成功とはちょっと違うんですよね。豊かさは、銀行口座の数字にも世間からの評価にも影響されません。豊かさは、人それぞれ違う意味合いを持つと思います。ちょうど同じ頃から、アメリカのセラピストによる女性性の力を育てるための講座を受けるようになっていました。私にとって、女性性の力を育てることと豊かさはつながると感じられました。そのことは拙著「ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになるーあなたの中の美人が目覚める」にも書いていますが、女性性の力を育てるためにできることをまとめると、こんな感じです。感情をコントロールする競争の中に身をおかないこと自分の中の「美人」を目覚めさせることみんなが正しいと思っていると知ること人間関係を上下ではなく、仲間とみること人生の波にあらがわないこと運命と協力すること人と比べて自分がどうと比べることや人と競争することをやめ、自分の人生が用意してくれていることに対してオープンになれたら、私たちは自分の本来の良さとつながることができますし、本来のミッションを見つけていくことができるようになります。自分らしく生きることができることほど豊かなことってないですよね。人生に迷ったり、誰かに嫉妬してしまったり、自分のこれからが心配になってしまったとき、本来私たちは豊かになるようにデザインされていることを思い出してください。そして自分にとって豊かさってどんなものなのかを感じて見てくださいね。今日もお読みくださりありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように。お知らせ12月4日、女性性をテーマにした神戸でワークショップします!「もっと、自分を好きになる!」詳しくはhttp://a-c-lab.or.jp/workshop01/drama_therapy_201612/をご覧ください。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      9
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 35歳からの婚活で一番重要なこと

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログにご訪問ありがとうございます。私のところには、35歳を過ぎて婚活をしているときにとっても傷ついた経験をされたかたがたくさん相談に来てくれます。こんな言葉に傷つき、婚活を続けていく自信をなくしてしまったそうです。「30代後半になったのに、お見合いで、あなたに会ってもいいって言ってくれる人がいるのよ、あなたには選ぶ権利なんてないわよ!贅沢言っちゃいけないわ!」「そんな年齢の女性は相手にされないわ。50代、60代の人との結婚を考えなさい」「30代後半、40代になっても結婚できない女性は、問題がある」この話ひとりや二人からから聴いたのではありません。35歳をすぎてから婚活している女性たちのかなりの人が言われているようです。これって、完全にセクハラだと思いませんか????私は聞いててとっても腹が立ってきてしまいます。だって、年をとることは自然なことで、誰にだって起きることで、決してネガティブな現象ではないのに。色んな事情があって、今まで結婚するチャンスがなかっただけで、今、これから結婚をしたいと思っていることがそんなにも悪いことではないですよね?でも、こういうネガティブなことばには、ものすごく傷つきますよね・・・。もーしかしたら、結婚相談所の方などは、「現実を見据えて、自分にあった婚活をするため」や「ヘタな期待を持たせてがっかりさせないように」などの親切心もあってのことかもしれません。でも、こういう言葉を聞いているとただでさえ自信をなくしがちな婚活という場面で、ますます自分の価値を見失ってしまいますよね。何度も何度も言っていますが、世間の声をそのまま信じてしまうと自分が苦しくなるだけです。年齢を重ねてしまうと、世間から聞こえてくる声のせいで、よけいな「結婚を邪魔する心理的障害」が増えてしまいます。だから、自分の心を傷つける言葉を信じないことが絶対重要。そんなこと信じて、ますます自分を追い込んでしまうのはもったいないですよね。もう若返ることなんてできなんだから、自信をなくすだけの言葉に耳を傾けている暇なんてないんです!年齢を重ねたことでの人間的な良さだって、本当はちゃんとあります!あなたは自分の人生の主役。だから、あなたのストーリーをもっとハッピーにしてあげなくちゃ。年齢に関してネガティブなことを言われてしまったら、そのことには一切意識を向けず、年齢だけでははかれないあなたの素晴らしいところに意識をむけてください。難しいかもしれませんが、自分を傷つけるような言葉から自分を守ってあげてくださいね。35歳からの婚活で一番重要なことです。今日もお読みくださりありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように!!私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon

      31
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 40歳で子どもを産むための心の準備

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。私のブログへのご訪問、ありがとうございます。40歳で子どもを産むためにできることを書いてきましたが、最後は心の準備についてです。拙著「恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れる」の本では、結婚ができないのは「心理的障害があるから」と話していますが、妊娠も同じだろうなと思います。多くの女性たちが年齢を重ねることで結婚ができなくなると悩むのは「年をとると子どもが産めない」と信じてしまっているからだと思います。私はこれまで書いてきたように身体のことは気をつけていましたし、基本、自分の身体が、妊娠できないと思うことはほとんどありませんでしたが、それでも、周りから言われる「もう年だから、無理だよね」とか「諦めたんでしょ?」なんて言葉をかけられると、いつのまにか「子どもが産めない年齢になっているのかも」と、ふと思うことがありました。これも心理的障害となる思い込みですよね。「こうして思考は現実になる」という本の中に「フランスの外科医でノーベル賞を受賞したアレクシス・カレルは、細胞が永遠に生きられることを実験で証明してみせた。彼の研究によって、細胞が劣化しなければならない理由はただの一つもないということが実証されたのだ」と書かれていました。だから、身体の年齢は、私たちの意識次第なんですよね。心理的障害には他にもあります。子どもを持つことの経済的、時間的不安。自分の生活が大きく変わることの不安。子どもが健康に生まれるかどうかの不安。自分が育てれるかどうか不安。などなど。。。人によって不安は違うでしょう。なんにしても、こういう不安があると、妊娠したいと思いながらも、同時に、妊娠を心の底では怖れている状態になりますよね。私は仕事を続けていきたいと思っていました。でも、子どもを産んだら、仕事にはどのくらい影響があるだろうか、クライエントさんに迷惑をかけるかもしれない、ここまでやっと築いてきたドラマセラピーの仕事が忘れ去られてしまうかもしれない、、、、今までは、自由に海外に勉強にも行けたけれど、それもできなくなる、、、、とか。私にはこれが一番大きかったです。夫は「やっぱり年だから、妊娠しないのかなー」と言ったりしてましたが、私は、このことを心の中で解決しない限り、妊娠はしないだろうなと分かっていました。実際、「いろいろやりたいこともまだあるけれど、子どもがいるとできないわけではないし、きっと子どもがいるからこそ、仕事でできることも増えていくはず。私の子宮さん、そろそろ子ども作ってもいいよ」と、自分の子宮に声をかけた1ヶ月後、妊娠が分かりました。40歳の妊娠は、周りからの心配の声も大きくなるのだと身をもって体験しました。その多くが「無事に産めるか分からない、健康な子が産めるか分からない」というものでした。自分の身体に妊娠の許可を与える前に、私もこのことはちゃんと考えていました。そのためには魂の学びについて知っておくことがいいと思います。もしも、私が無事に子どもを産めなかったら、それもレッスン。そして、何かの病気や障害などを持つ子どもを持つことになったら、それは、私の魂が、その天使を育てるだけの大きな学びをすると決めてきたのだということ。子どもは、私の学びのためにもそういう状態で私のところに来てくれるのだということ。私にできるから、そういう学びが来るだけ。そして、その学びから、きっと、大きな喜びや豊かさが見出せるはずだと思います。言葉で言うと簡単ですし、実際に障害のあるお子さんを育てられている方には「そんな甘いことじゃない」と言われるだろうと思いますが、私になりに、何があっても受け入れる覚悟はしていました。この考えは、すでに私の一部だったので、周りからの心配は実はうるさいだけであまり気になりませんでした。心の整理をし、自分の身体を完全に信頼すること。信頼できるようになるためにも、ちゃんと身体という畑を健康にしておくこと。私はこんな風にして、娘を迎えました。これからもまだまだたくさんの学びはあるでしょう。今はまだ子育てのことはほとんど知らない状態ですから、えらそうなことは言えません。きっとたくさん、たくさん学ばせてもらえるのでしょうね。。。でも40歳からの妊娠、出産を考えている方に、少しでも参考になれば。30代後半になると、お見合いなどで女性として価値のない存在として扱われてしまい、傷ついている女性たちからたくさん連絡を頂きます。そんな女性たちに、妊娠は、自分次第なのだということ、そして、自分の人生は自分が作るのだということを覚えていていただければ幸いです。今日もお読みくださりありがとうございました。あなたのドラマがもっともっと素敵に輝きますように!私の本が発売中です!運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazonドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon

      33
      テーマ:
  • 19 Aug
    • 40歳で子どもを産むためにー 食べ物が私たちを作っていることを忘れない

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。最近書き続けている「40歳で子どもを産むために」。今日は食べ物のことです。海外に住んでいた頃、日本の食べ物が世界で一番健康でおいしいと思い込んでいました。外国の友人たちもそう信じています。でも。認可されている添加物の数は、日本はどこの国よりも多いようです。いろいろなデータがありますが、私が以前調べていた時はこんな数字だったな、と思うのでこちらのサイト(クリック)を紹介しておきます。今まで、やっぱりイギリスは、料理がまずいよねーとか、アメリカの食べ物が大味だわー、なんてバカにしてたのに。あんなすごい色のケーキとか食べてるアメリカよりも、ずっとずっと食品添加物が多くて、その多くが、人体に有害だったなんて〜。他国では危険だと禁止されているものも日本では多く使われています。あまりに多いのでどう注意したらいいか分からなくなります。ということで、これだけは気をつけるといいよと紹介してくれているサイトを見つけました。こちらです。(クリック)この便利な世の中、食品添加物を全くとらないで生きるのは本当に難しいです。ですから、減らす努力をすることがいいと私は考えています。食品添加物と農薬をなるべく減らすために私がしていたことは。なるべく生きた食べ物を食べること。私たちの身体は食べたものでできてること、忘れちゃいけません。コンビニ、冷凍食品、ファーストフード、ファミレス、チェーンレストラン、レトルト食品を基本はやめていました。あるとき、冷凍食品の唐揚げを出されたことがあります。口に入れたとたん、衝撃が走りました。薬の味しかしません。食べ物の味は一切せず。。。添加物をとらないようにすると、添加物の味が分かるようになるんですね。添加物を覚えようとしても私はどうしてもすぐに忘れてしまうので、買い物をする時に、なるべく添加物が少ないものを選ぶようにしていました。でも、どうしても食べたいとき、食べなくてはいけない時には、なるべく罪悪感を持たないように、おいしいね、楽しいね、と思うようにも努力。私も外食が好きですし、そういう時には、気にしてばかりいられないですから。。。それに私は甘いものが大好き。だから、なるべく、添加物が少ないものや安心できそうなお店で買うようにします。あとは、イギリスとかヨーロッパのお菓子を買うようにしていました。多少高いですが、結果、量を食べなくなるので、いいですよね。菓子パンは一切買いません。パンを買うのなら、手作りパンのお店のみ。(それだって添加物使ってるはずですが)あとは生理痛や、頭痛、風邪などのとき、薬を飲まないことも大事だと思います。風邪のときには、エキナセアというハーブがおすすめです。私は薬を飲むと胃がいたくなってしまうので、もう10年以上、余計な薬はのまず、風邪引きそうな時はエキナセアで治しています。気にし出すと、あまりにも、心配な食べ物があふれていて食べるものがない、、、と思えてしまうでしょう。本当は食べることって、楽しいもののはずなのに、食べることで、不安が増えてしまうのは寂しいです。コンビニや冷凍食品とか食べてても元気な人はいるように、人間の身体はそこまでやわじゃないでしょう。それに、私たちの意識が一番重要なのですから、「おいしく、気持ちよく食べる」のが一番。ということで、今度は違う発想。添加物や有害化学物質や、放射能や農薬や、そんなものに負けない私になるためにできることを考えました。私たちは、放射能の影響も受けている国にいることを忘れちゃいけないと思うんです。でもそれに恐怖を感じてしまうのも心の健康に良くないですから、「放射能にも負けない身体作り」が必要です。でも、私はめんどくさいのは一切続けられません。毎日続けられなくちゃ意味ないからね。で、私が基本やっていたことは。毎朝白湯かレモンホットウォーターを飲む。(水はなるべくいい浄水器をつけるといいと思います。)白湯の健康法 こちらをクリックしてください。レモン水 こちらをクリックしてください。色んな方が紹介してくれているのでネットってありがたいですね、本当に。塩素だけでなく、水の放射能汚染が気になる方は、カットできるウォーターサーバーがあるみたいです。調味料を、昔ながらの製法で作っている安全なものに変える。潮やお醤油とか、本来は身体にいい調味料のはずが、今じゃにせものがあふれているみたいです。ちゃんとしたものを買うと1本1000円くらいします。でも味は全然違います。それから味噌も。長崎の原爆のあと、味噌と玄米によって、原爆症にならずにすんだと話している秋月医師のお話は、色んなところで目にしますね。こちらのブログをどうぞ。妊娠中、私はみそ汁をとにかくずっと欲していて、飲み物のように飲んでばかりだったんですが、もしかしたら、身体が浄化をしようとしてくれてたのかなーなんて思います。調味料系、マヨネーズ、たれ、ソースなんかもなるべくいいところで買うようにしています。ムソー、オーサワジャパンとか。今気にいっているのは徳島のヒカリ食品です。一番量を多くとるお米、それから頻繁に飲むお茶はすべて無農薬にする。野菜は、なるべく無農薬のものを選びたいのですが、なかなか簡単に手に入りません。それにとっても高いですよね。手に入る時は、なるべく選ぶようにしていましたが、普段は、近くの農家さんが売っているものをよく買っていました。彼らの野菜が無農薬だとは思いませんが、自分たちでも食べているわけですから、そこまでひどくないんじゃないかな、と思っただけです。 写真はポーランドの市場。ポーランド人は、自国の食べ物が一番安全だと胸を張っていました。いいなあ。。。実際、内海聡医師のセレクトショップで売っている「ほたて洗いたい放題」という、農薬を除去してくれる洗浄剤があるんですが、それを使ってみると、近所の農家さんのものは、そんなに出てこないです。これくらいだと、多少お金はかかりますが、続けやすいでしょう?少しでも努力しているとああ、私は自分の身体の面倒見れてるなーと自画自賛できるようになります。この意識が大事。本当のところは分からないけれど、でも意識の上では私はすっごく健康だー!と思えているんです。そうすると、全身全霊で自分の健康に自信が持てるようになります。結局最後は、心の問題。自分の身体が健康で、赤ちゃんを育てる準備ができているんだと思えるだけでもしかしたら十分かもしれません。こんなブログを私が書いているのは、妊娠するためだけでなく、私たちの日常生活にあふれる有害なものについて気づく人が増えてほしいと思っているからです。気づいて、変えようとしてくれる人が増えると、日本はもっと変わっていくと思うのです。40代で妊娠することは、日本の健康を変えることにもつながるんです。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      13
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 40歳で子どもを産むために―日々使うものを気をつけること

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。ブログをお読みくださり、ありがとうございます。ここしばらく、40歳で子どもを産むために、できることについて書いています。今日は、日々の生活でできること。私たちが日々使っている日用品には、かなりの有害化学物質が含まれています。私がこのことを気をつけ始めたのは、映画監督の永井智一さんのお話で、動物実験の実態を知ったことからです。動物実験なんて、名ばかりの、本当に残酷な虐待です。そもそも、なぜ動物実験をする必要があるのか、というと、「危険な化学物質を、どこまで人体に影響なく使えるのかを知るため」という風に、私は理解しています。使う材料が安全なものであれば、そんな実験なんてしなくていいはずですよね。動物実験の実態を知り、本当にショックを受け、なるべく動物実験をしていない、つまりそんな実験の必要のない安全な製品を使うことに決めました。安全でない製品はだいたい「石油由来」の製品です。なぜ石油をわざわざ色んなものに使うのか疑問ですが、その方が安く作れるんでしょうね。そもそも石油が人体によくないはずなのに、そういう石油由来の製品を使いやすくするためにさらに、有害な化学物質が使われます。代表的なのはラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、プロピレングリコール。他にもたくさんあるでしょうけれど、覚えられないので、まずは最も危険とされるこのみっつを避けるようにしました。発がん性物質であり、とても危険なので、ヨーロッパでは使用が禁止されているはずです。化粧品は、以前からアレルギーが出てしまうため、もともと安全なものを使っていたので、最初に変えたのはシャンプー。それから徐々に、その他の身の回りの日用品を安全なものに変えていきました。安全なものを売っている会社は日本にもちゃんとありますし、以前よりもお手頃な値段で、スーパーなどでも手に入りやすくなっています。石油由来のものがよくないのはなぜか、は、こちらのブログ(クリックしてください)を見てください。皮膚吸収の毒は、体内に90%が残ってしまうと本で読みました。しかも、子宮はそういう毒がたまりやすいということも知りました。ということで、少なくとも妊娠したい1年前から身体をきれいにしておくといいとも、どこかの講演会で教えてもらいました。羊水がシャンプーのにおいがする、という話をきいたことがあります。どのシャンプーかもわかることもあるそうです。ってことは、どんなシャンプーを使うかで、子宮への影響を軽くできるわけですよね。できるだけ安全なものを使っていると言っても、妊娠中は、シャンプーを使う頻度を週1、2回に減らし、大体お湯だけで洗うようにさえしていました。以前少しだけ学んでいたインドの古典医学アーユルヴェーダでも日本の古い言い伝えでも、生理の時には頭を洗うな、と言っています。その詳しい理由は、こちらの方のブログ(クリックしてください)を読まれるといいと思います。また、粘膜のほうが、化学物質の吸収が高いので、歯磨き粉も変えました。話はそれますが、花粉症で苦しんでいる方が、シャンプーと歯磨き粉を変えたら、花粉症がなくなったと話していました。私は花粉症がないので、わからないのですが、私も友人に歯磨き粉をあげたら、花粉症がその年なくなったと言ってました。歯磨き粉は、猛毒といわれるフッ素が入っていることが多いですし、妊娠中はそれが胎児に影響を与えるともいわれます。体内に入るものなのに、危険なものが多く使われていることに疑問を感じます。知らないって、怖いことですよね。買い物は投票だという言葉を聞くことがありますが、本当にそうだと思います。石油はとても安く製品を作ることができるので、大々的に宣伝もできます。ということは、テレビのCMで有名人を使って紹介されているような製品は大体危険。こういうことを知って、製品を選ぶことができると、動物実験をする会社よりも安全なものをちゃんと作ってくれる会社が選ばれるようになりますよね。妊娠できる身体をつくることは、こんなにも社会の問題と関係してくるんです。年齢を重ねると妊娠しにくいと思っている方が多いですが、私は年齢の数だけ、こういう危険物質がたまっているからではないかなと思います。ですから、これから妊娠する前に身体を準備しておくことがいいと思うのです。私たちの生活は、本当にたくさんの社会の毒であふれていますから、ゼロにすることは不可能です。こうしてパソコンの前にいて、電磁派浴びてるし。。。だからできることから、毒を減らしていくのです。写真は、ポーランドのオーガニックファーム・ヨルダヌフ。私はよく自分の身体を畑とイメージしていました。オーガニック野菜は、元気な土地から始まります。そんな感じで、自分の身体を有害物質を減らしていくことで、赤ちゃんが育ちやすい環境を作ることができます。今日もお読みくださりありがとうございました。私の本が発売中です!ドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      22
      テーマ:
  • 20 Jul
    • 40歳で子どもを産むためにー子宮のケアについて

      こんにちは。ドラマセラピストの中野左知子です。前回、妊娠前に気をつけていたことを書きましたが、それぞれを少しずつ説明していこうと思います。(ドラマセラピーとは関係ないようですが、結局、こころとからだのケアするというは同じことですよねー!)まずは、子宮を大切にすること。私が布ナプキンを使い始めたのは、多分今から8年くらい前。経皮毒について学んでみると、特に有害化学物質の経皮吸収率が、他の身体の部位と比べてもずばぬけて高いのは性器だそうです。そしてそもそも生理用の紙ナプキンが何でできているのかを知り、ビックリしてしまったのです。「私はこのままいくと、間違いなく子どもを持てても高齢出産だよな、それならますますちゃんとしておかなくちゃ!」と思い、布ナプキンにしました。このサイトにも詳しく出ていましたので、以下、抜粋させていただきます。「紙ナプキン」といわれますが、実際使用されている原材料は石油系素材。肌にあたる部分は、漂白されたポリエステル、ポリプロピレン、レーヨンなどの不織布。内部には、漂白された綿状パルプ、高分子吸収材、ポリマーなどの吸収促進剤、消臭目的のデオドラント材、香料など化学物質がふんだんに使われています。製品を清潔に保つため法的に漂白が義務付けられており、一般の紙ナプキンには塩素系漂白剤が使用されています。吸収材である高分子ポリマーは皮膚障害をひき起こす有害化学物質。今現在、これらの化学物質の私たちの体への安全性は確立されていません。いつも当たり前に使っている紙ナプキン。それは有害物質のかたまり、「ケミカルナプキン」なのです。     (抜粋ここまで)もともと生理痛もなかったのですが、布ナプキンにしたら、生理がとても軽くなりました。紙ナプキンに使われている吸収体は、血液をどんどん吸収してしまうので、ますます生理が重くなるんだそうです。また、紙ナプキンは、子宮を冷やすとも言われています。紙ナプキンの怖さを考えると、赤ちゃんが生まれた時に、紙おむつを使うことも、怖くなりますよね。しかも、赤ちゃんの場合、おしり全体が、この石油からできた「紙」で覆われるんですから。。。さらに経皮毒を学んでいき、日用品を変え、食事に気を遣うようになり、(こちらはまた順に書いていきます)次に気になったのは、洋服。服は、高いから、質がいいってわけじゃないですよね。有名ブランドだって、ファーストファッションと同じように、化学物質に汚染された生地を使っていることもあるようです。服の問題は、健康被害だけでなく、環境破壊、労働問題などにも関係してきます。ここまで知ると、やっぱり服を変えるべきだなあと思うんですが、でも、H&M を簡単にやめられない。。。服をすべてナチュラル素材、オーガニック素材にするのにはとてもお金もかかるし、種類も多くない。。。そんなわけで、服を変える一歩手前で下着を全て替えました。で、知ったことですが、下着を変えることは、生地の問題だけではないんです。ゴムを使った下着で身体を締め付けることで免疫力が20倍も下がってしまうのだそうです。20倍っていうのなら、下着変えただけで、もう、すっごく免疫力あがっちゃいそう〜!最初に変えたのは、空気パンツと空気ブラ。ヒップアップを目指してガードルはいて、よせてあげて、少しでも胸を大きく見せたかった時代よ、さようなら。。。サイトには以下のように紹介されています。「空気パンツ&空気ブラ」は、天然素材の下着シリーズ。一般的なゴムが入ったり締め付けがある下着から体を解放することで、リンパや自律神経、ホルモンバランスの働きを促進させ、免疫力アップにつながり、卵巣も本来の働きを取り戻します。これにより、女性が抱える様々な悩みが解消する可能性があります。正直言うと、使い始めて、免疫力アップしたのかどうかは、もともと割と健康なんでしょうか、よくわからないんですけれど、、、でも色んな不調がないので、いいのかもしれません。空気パンツはちょっと高めだし、長持ちしないので、途中から、モッコふんどしパンツにかえました。こちらは、柄も色々あって、けっこうかわいいです。素材は、綿、麻です。しかも、安い!!!(って、やっぱり安いと嬉しくなっちゃうんですよねぇ〜)こちらです。(手作業で丁寧に作っていらっしゃる方なので、少し時間がかかるようですが、おすすめです。)子宮周りを大切にできたら、今度は子宮そのもののケア。以前のブログで紹介したマヤ文明の腹部マッサージで、柔らかいお腹にすること、そしてかかとのマッサージが有効だということを学びました。こちらのブログを見てくださいね。以前、あるワークショップで山口県から来た整体師さんとお話ししたことがあります。その方が不妊治療のために「子宮の位置を正常にする」施術をしているという話をされていて、マヤ文明のお腹のマッサージと同じ考えだなーと思ったことがあります。その方は、「子宮が正常な位置にあれば、不妊なんて治っちゃうんだよ」とまで言ってました。子宮の位置をずらさないために、特に生理の時には重たいものを持ったりせず、足の組み方、荷物の持ち方なども左右対称になるように気を遣ってみたり。こんなことをしていると子宮の存在をいつも感じていられて、あなたを大事にしてるわよ、ってそんな思いが子宮にも伝わりそう。そうすると、「私の子宮っていごこちよさそう」なんて、思えるようになってきます。こういう思い込みって、実は大事です。前回私は、体内はその辺の若い子に負けない自信があると書いていましたが、これだって、本当は思い込みかもしれないんです。でも、意思で癌を治す人がいるように、私たちの思いは細胞レベルに影響を与えるんです。さあ、ふかふかの子宮ベッドを作っちゃいましょう!今日もお読みくださりありがとうございました。わたしの本が発売中ですドラマセラピーで40代から人生のヒロインになる-あなたの中の美人が目覚める-1,404円Amazon運命の人はいくつになっても現れるー恋愛ドラマセラピーで35歳からの理想の結婚を手に入れるー1,404円Amazon

      24
      テーマ:

プロフィール

Sachi

性別:
女性
自己紹介:
SACHI 中野左知子 北米ドラマセラピー協会認定ドラマセラピスト、心理カウンセラー。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブックマーク

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。