結婚式でのご友人やご同僚の皆様は、

ほぼスマートフォンやカメラを持たれて撮影していたりします。

新郎新婦さんをパシャパシャ、お料理をパシャパシャ。

 

挙式ではキャンドルの灯りだけの雰囲気のあるチャペルですが、

何十台ものスマートフォンが煌々としたイルミネーションになっていたり。

バージンロードを歩くフラワーシャワーでは、新郎新婦さんにお花をで祝福せずに、

スマートフォンで連写シャワーをしている方もいたり。

 

ご披露宴のお開き間際、謝辞をされて新郎新婦さんとご両家ご両親が披露宴会場を出られる際に、

拍手では無く、スマートフォンで報道カメラマンのようにその模様を撮り続けていたり。

という光景も珍しいことではありません。

 

インスタグラムなどのSNSが主流になっているので、思わずカメラを向けてしまったり、

今日出席できなかった友達に見せたい、自分たちの結婚式の参考にしたい、みんなが撮っているから、

などなど気持ちはわかるのですが、

その気持ちはほどほどにされて、挙式ではカメラでは無く新郎新婦さんと一緒に緊張と感動を楽しんだり、

牧師先生の言葉に心を傾けましょう。

フラワーシャワーや謝辞の後は、カメラと指を合わせるのでは無く、手と手を合わせて拍手でお二人をお祝いしましょう。

カメラは僕が集中し心を込めて撮影していますので安心して下さい。

写真が欲しければ僕に言っていただければ、新郎新婦さんを介して渡す手配をさせていただきます。

 

カメラで無く心で感じる結婚式。心と笑顔でお祝いする結婚式。

何よりも大切なことだと思います。

僕もそうしたいけど、出来ないですもの(‘A`)

 

ある日の結婚式、挙式の入場時はバージンロードを新郎さんと花嫁さんで歩まれました。

その光景をお友達の皆様がパシャパシャと撮影していたのですが、

「え、どういうこと?」「私も私も!」「ふぉええ!」

という結婚式入場に似つかわしくない声が響きます。カメラと新郎新婦さんを必死に見比べています。

新郎新婦さんは「え? なに?」という顔でバージンロードを歩まれていきました。

僕のカメラの画像も同じ事、いえそれ以上のことが起こっていましたが、
特に珍しいことでもないので、冷静に撮影を継続します。

挙式も無事に執りおこなわれた後に、挙式入場時に起こっていたことをお話しました。

 

他界されている、花嫁さんのお父様が新郎新婦さんと一緒に歩いていました。

新郎さんと新婦さんの間にしっかりと。

肉眼では見えませんが、カメラにはしっかりと。

 

ご列席者のほとんどのカメラに写るほど存在感。

花嫁さんと一緒にバージンロードを歩かれたかったのでしょうね。

ちなみに僕のカメラにはダブルピースサインしていました。

 

写真のお打合せの時に「父が来ていたら教えて下さいね」と言われました。

お父様は花嫁さんが20歳の時に他界されていました。

でも一緒にバージンロードを歩きたいと奥様に花嫁さんが3歳の頃から話していたのだそうです。

お父様も夢がかなって、皆様のカメラに写るぐらいのうれしさだったのでしょうね。

 

結婚式で遺影をお見かけすると、

いつもお辞儀をして手を合わせて「一緒に写って下さいね」とお声がけします。

今回もお父様にお声がけはしたのですがここまでたくさんの人のカメラに写るのは、とても稀ですね。

いらしたとしても会場にひっそりとということが多いです。

 

また披露宴の結びの謝辞。通常の謝辞はご両家ご両親様、

新郎新婦さんと6名が横に並ぶのですが、

今回は花嫁さんのお父様が他界されているので5人、

その際は5人で隙間空けずに並ぶのですが、

「お父様の場所を空けてみませんか?」と新郎新婦さんに相談して、少し空けて並んでいただきました。

きっとお父様がいらっしゃるかなと。

 

けれどお父様はいらっしゃませんでした。

そしてチャペル入場時には光り輝いていたたくさんのスマートフォンも、
出している人はほとんどいらっしゃいませんでした。

もしかしたら近くでは見られずに遠くで感動の涙をされていたのかなと。

 

披露宴会場では花嫁さんも謝辞をされて空を仰いで「パパいつまでも近くにいてね」

その言葉、そして空気が輝いていました。

感動で涙が頬を伝うこと、心が感動で満ちあふれること、

ただカメラを向けるのでは無く、

結婚式の時間ってそうやって味わうものだと僕は思います。

 

ちなみに花嫁さんのお父様はカメラマンさんでした、
あくまで僕の推論ですが、

ゲストの皆様に新郎新婦さんにカメラを向けるのでは無くその目と心でお祝いして欲しい、
そんな思いから抑止力としてお父様が皆様のカメラに写ったのかもしれませんね。
でもそういうのが好きな人だとお父様を余計に撮ってしまうかもですけどね、

僕みたいに(‘A`)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

インスタグラムと冷やし中華始めました('A`)

 

カメラ結婚式のスナップ写真撮影を承っています

パンダブログからお問い合わせの方にはかなりお得な特典もあったりなかったり('A`)

 

ウエディングカメラマンの裏話

 

日程の空き状況だけ確認をされたい方はコチラ→

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今まで約1600組のカップルの結婚式を撮影してきました。
お二人の結婚式、心とダジャレを込めて撮影させていただきます。

よろしければ運営しているwebサイトのご紹介をさせていただいております、
結婚式のスナップ写真撮影依頼についてなど、お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせが大変多く、空いている日程が非常に少なくなっていますので、

お早めのお問い合わせをおすすめいたします。

 

パンダ撮影のお問い合わせのメールにはすでに撮影予定が入っていても、

48時間以内に必ずお返事をさせていただいています。
●「問い合わせをしたけど、返事がまだ届かない…」 そんな時は【迷惑メールフォルダ】の中をご確認ください。
●スマートフォンや携帯電話からのお問い合わせの場合、設定によりこちらからのメールが送れないことも多いです。パソコンメール、URL付きメールを受信する設定にされて再度お問い合わせ下さい。

それでもメールがないようであれば、 念力かメールで再度ご連絡下さい→
手紙パンダ

 

【メディア出演】■『Mr.サンデー』(フジテレビ)■『ブログの女王』(テレビ東京)■『MUSIC PLUS』(J-WAVE)■『site9-11』(FMぐんま)

【メディア掲載】■『本当にあったブログ内緒話』(大洋図書)■信濃毎日新聞 ■ねっため(ソフトバンククリエイティブ)■ドバイ政府観光・商務局 ■H.I.S.

■アメーバブログさんが運営されています『アメばこ』にインタビューされました。
『アメばこオススメブログ ウエディングカメラマンの裏話』

保存保存

AD