湯島天神へ行ってきた。
毎年1月25日、菅原道真を祀る天満宮で鷽(うそ)替え神事なるものがある。
「昨年の凶事を吉事に取り(鳥)替える」とかいうもので、
鷽(うそ)という鳥の木像を毎年新しいものに取り替えて、
凶事を嘘にして幸運に替えることを祈願するもの。

鷽の木彫りを買うのに30分くらい並んだかな。
大(700円)と小(500円)の2種類あり、小を3つ購入した。


心臓に爆弾を抱え、来月手術をする父。
乳がん治療を続けている従妹。
年末に体調を悪くした義母。

わたしたちにできることは神頼みくらいだから、せめてもの気持ちを届けよう。


鷽という鳥は、天神さまゆかりの鳥
見たことないけど、木彫りはかわいらしい
セキセイインコ青


後ろ側には湯島天満宮の文字が


梅まつりは2月8日から。まだまだ2部咲きくらいのものが多かったけど、
何本かはキレイなピンクの花が多く開いていた。
AD

2017年1月14日(土)

 

横浜のたまプラーザテラスにて、DUO(光GENJI・佐藤寛之&忍者・正木慎也の二人で組んでいるユニット)のインストアイベントカラオケ
今回は2枚目のCDをリリースしていたのだ。

 

初めて下りるたまプラーザ駅。

駅直結の会場に着くと、なんとビックリの野外じゃないか!
当日の天気は曇天の気温8度。
体が芯から冷え、ヒロくんも慎也くんも可哀想なほど寒そうだったタラー
この日にCDを買うつもりで、年末のライブでも買うのを見送っていたのに
まさかの完売…
どうして余裕を持って用意しておいてくれないの〜ハッ

 

そういえばこの手のイベント司会って、素人(会場の人)がやることが多いけど、
この日はずいぶんと喋り慣れた、上手な人だなと思ったら、横浜ローカルFMサルースのパーソナリティだった。
この方のブログに二人の写真が載ってたカナヘイハート

http://ameblo.jp/rockfolk/entry-12238131447.html

AD

今年初の光GENJIは大沢樹生くん。

映画監督・大澤樹生の作品「THE ACTOR」を観に渋谷ユーロライブへ。

率直な感想は、これまで樹生くんが手がけた作品の中で一番面白かった。

主演の野村宏伸と金子昇の演技力が、全体の質を上げていたように感じた。

特に野村宏伸の芝居は20年ぶりくらいに観たけど、やっぱり本業は役者なんだなぁとしみじみ感じたほど。

そして、そんな彼にオファーした樹生くんの男意気に感動カナヘイきらきら

 

時折「何かの伏線か?」と期待して何もなかったり、もう少し早くカットしてもいいのにと思うシーンとか、ここでBGMいらないなぁ、などいくつか気になる部分はあったけれど、総合的によかった!

 

刑務所から出所したヤクザの男(野村宏伸)が職探しの中、ひょんな流れから極道映画に出演。そのリアルさから俳優として頭角を現していくというストーリー。

上映後、樹生くんをはじめ出演者(篠田光亮、森山栄治、円道シャーク・一成、谷川みゆき)によるトークショーがあった。

話を聞いたら、もう一度観たくなったよ。

 

AD

1月7日は各所で七草粥を振る舞うイベントが行われていると知り、

朝食はグリーンスムージーだけにして、早々に出かけた。

 

最初に向かったのは酉の市で有名な鷲神社(東京都台東区)。

10:10に到着すると既に神社の外まで長蛇の列!

ただこの列はお餅待ちだったので、まずは七草粥をゲット。

食べながらお餅の列に並んだのだけど、これは失敗だった。

お餅が切れると、次がつきあがるまで作業がストップするため、

列がまったく動かなくなるのだ。

結局、お餅にたどり着いたのは11:20!

きなこと、あんこ。美味しかった〜カナヘイうさぎ

 

七草粥は3杯もいただいたのに撮影忘れあせる

 

次はそこから歩いて約20分。待乳山聖天の大根まつりへ足を運んだ。

ここでは11時からフロフキ大根とお神酒が振る舞われていた。

まずお参りをして、整理券と「大根」をいただく。

この大根は聖天様へのお供え物の「おさがり」で、これを食べることで聖天様のお得をいただき心身の健康を得られるそう。

12時近くになってしまったけど、無事にフロフキ大根をいただけたカナヘイハート

今年は無病息災の1年になるかなグッ

 

おさがりの大根は根元と先っぽが袋に入っていた

 

2016年10月21日(金)

 

この日の行程。
1 内宮の別宮・伊雅宮(三重県志摩市磯部町)
すぐ横にある広い田んぼで、毎夏、行なわれる伊雅宮御田祭は、
日本三大御田植祭のひとつと言われているそう。
わたしが見たのは単なる田んぼ。当然だが…

 

2 おうむ岩と展望台( 三重県志摩市磯部町恵利原 )
「語り場」から話しかけると、50m離れた「聞き場」から岩を伝って

その声が聞こえるとか。
試してみたけど、聞こえたような、そうでもないような…
そもそも大きな声を出したから、直接聞こえてしまうのだった。


 

3 天岩戸神社( 三重県志摩市磯部町恵利原 )
この神社を検索すると、宮崎県の天岩戸神社が真っ先にヒットする。
天照大御神が身を隠してしまったと伝説の場所は、本当はどこなの?
言ったもん勝ち?

この湧水は名水百選のひとつ。そのまま飲むなとあったが飲んでしまった。問題なし!


4 横山展望台(三重県志摩市阿児町)
英虞湾を一望できる高台。近くまで運転して来ると、最後の坂道の入口で
一般車両は下の駐車場に停めろとの表
示があったけどスルーして上っていったら、
案の定、普通に何台も駐車していた
むかっ

 

5 石神さん(三重県鳥羽市相差)
神様が女性で、女性の願い事をひとつ叶えてくれる。
所定の用紙に願い事を書いて箱に入れた。
「従妹のガンがこれ以上大きくなりませんように」
「母の膝の痛みがなくなりますように」
用紙を入れた後に気づいた! 『願い事をひとつ』ということに…。

このお守り(800円)を買うと、願い事を書く用紙と神明神社行きの封筒をくれる。

夫が2人の母親にひとつずつ購入。なかなかイキだな^^

(画像は伊勢志摩国立公園のHPより拝借)

 

さて最終日の宿泊先はファインガーデン松阪というホテル。何を隠そうラブホドキドキ

最近、東京五輪を前に宿泊施設不足が問題視され、ラブホが注目され始めていると聞いていたけど、三重県も同じなのかしら?

ホテル料金比較サイト「トリバゴ」を利用して事前予約をしたのだけど、明らかに観光客という利用者がわたしたち以外にもいた。

料金は破格の2,475円!!なんだか申し訳ないくらい。

キャンプ続きだったわたしたちには、この上ないラグジュアリー感満載の1泊だった。