2011年08月23日(火)

群馬県高崎市「ぐるりん」に乗って高崎炭田跡を散歩する♪・・・(2)

テーマ:├高崎線・上毛上信&上越信越

街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326166

先ずは、麓の小さな小路から確認・・・群馬県高崎市寺尾町地区

(本ブログ管理者2011.3.26撮影…↓地図中⑥⑦間の別れ道にて、、、)

赤矢印のほうに進むと、地図中の位置(を背に撮影)
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎炭田付近


いよいよ、高崎炭田跡に迫ります。。。

本ブログ内関連記事

■群馬県高崎市「ぐるりん」に乗って高崎炭田跡を散歩する♪・・・(1)

■群馬県高崎市「ぐるりん」に乗って高崎炭田跡を散歩する♪・・・(2)
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326167


廃墟っぽい感じは良く出ているのですが、廃坑跡などは見当たらず・・・

水が湧き出て、この先は竹薮になっていて進むことが出来ません。。。
(↑地図中にて本ブログ管理者2011.3.26撮影)
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326162


「館の百庚申」向かい側にも、廃墟っぽい感じの場所が・・・

(↑地図中にて本ブログ管理者2011.3.26撮影

館の百庚申

この百庚申は寛政10(1798)年から造り始めて、2年後の庚申(かのえさる)の年、寛政12(1800)年に完成されたもので、一石ごとに番号が刻まれています。

これらの塔の「庚申」の文字の中には有名な書家の手になるものも多く、本町の問屋の梶山彭、持田盾のほかに、下仁田町の高橋道斎や吉岡町華蔵寺(けぞうじ)の歙浦等の名前が見えて、書道展の役割も果たしていたようです。

しかし道路の開通や後方の山の崖くずれなどのために数が失われ、今は60基余りを残すのみとなっています。

60日に一度めぐって来る干支(えと)の庚申の日に行われる信仰行事のことを庚申待(こうしんまち)といい、60年に一度めぐってくる庚申の年のそれは、特に盛大に行われました。

これらの行事を記念して祈願をこめて建てられた塔を庚申塔といいます。

庚申の夜は、眠らずに語り明かすという習俗が江戸時代には一般的に行われていたようです。

高崎市管理史跡(昭和50年 市指定史跡指定)

資料出所: □外部リンク参照/高崎市役所の公式HP
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326158


竹薮化しつつあるところに、遺構らしきものを見つけました。。。

(↑地図中間…限りなくに近い位置にて本ブログ管理者2011.3.26撮影)
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326154


ついに発見!?

恐らく、

他所のHPで高崎炭田「金井炭鉱坑道跡」と記されている場所は、

この場所で間違いないと思われます。

□外部リンク参照①

□外部リンク参照②

□外部リンク参照③

□外部リンク参照④

□外部リンク参照⑤

(↑地図中の位置にて本ブログ管理者2011.3.26撮影)

高崎炭田

群馬県内には、各所に亜炭の埋蔵地域があり、観音山丘陵に広がる高崎炭田は良質の亜炭が産出しました。

明治初期に乗附村村長・田島元七が採掘をしたのを発端に、近在でも次々と採掘が行われていきました(乗附村=現・高崎市の一部)。

産出した亜炭は、おもに県内の製糸所で使用されたといわれ、上信電鉄の山名駅より富岡製糸場に貨車によって運ばれたという記録もあります

第二次世界大戦後は、石油、ガス燃料の普及によって下火になっていきます。

昭和の初めには15カ所の炭鉱がありましたが、

昭和39年に、最後まで残っていた金井炭鉱と興亜炭鉱が閉山し、高崎炭田の火は消えてしまいました。

本ブログ管理者は、最後まで稼業していた金井炭鉱跡を見学しました。

寺尾・館地区にあるこの跡地は、道路わきに広がる平地を50メートルくらい奥へ進むと見えてきます。
付近は沢と雑草で覆われていて目に付きにくいものの、直径2メートルくらいの半円形の坑口を見ることができます。

入り口は鉄板でふさがれているため内部を見ることはできません。

資料出所: □外部リンク参照

本ブログ内関連記事

■本ブログ内関連記事/仙台の旧・亜炭採掘鉄道跡を散歩(1)・・・西多賀起点周辺編

■本ブログ内関連記事/仙台の旧・亜炭採掘鉄道跡を散歩(2)・・・金剛沢中間地点編

■本ブログ内関連記事/仙台の旧・亜炭採掘鉄道跡を散歩(3)・・・八木山終点周辺編

■東京炭鉱~都県境~武蔵野炭鉱・・・をポタリング、、、(1)

■東京炭鉱~都県境~武蔵野炭鉱・・・をポタリング、、、(2)

■東京炭鉱~都県境~武蔵野炭鉱・・・をポタリング、、、(3)

■大蔵鉱山・・・(1)

■大蔵鉱山・・・(2)

■本ブログ内関連記事/仙台の野草園にある亜炭鉱跡
街や交通網の衰退を監視する....警「美」報 告 書 ☆彡   ▼CAMMIYA-高崎110326153


山道をさらに登って、地図中の⑨⑩の場所にも行ってみたのですが、、、

「それ」らしい(?)雰囲気はあるのですが、

残念ながら、遺構を発見することは出来ませんでした。。。

(群馬県高崎市寺尾町にて本ブログ管理者2011.3.26撮影)




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

街と交通をトータルコメントするお散歩ブロガー▼CAMMIYAさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:藤原喜代美さん

貴重な情報ありがとうございました。

なるほど・・・養蚕にも使っていたのですか、、、

今回「世界遺産」に指定された富岡~島村(伊勢崎市境町)の話に繋がってきました。

もし、早めにアピールできていれば、
養蚕燃料(養蚕関連施設)ということで、高崎炭田もセットで世界遺産指定も可能だったかもしれなかったのでは?

って考えると、残念で仕方がありません。

歴史的遺構を後代に伝承する好機を惜しくも逃してしまったような気がします、、、

5 ■興亜炭鉱について

亡き父は興亜炭鉱の幹部でした
女の子でありながら、男子の職場にトロッコに
乗せてもらいカンテラの明かりの薄暗い寒い
地下道をはいつた記憶がよみがえりました、
黒いダイヤと言うに等しいものが、我が家にときどき届くと、近所の人たちがリヤカーで
我先にともっていき、養蚕や、風呂焚きに
利用していましたね^_^
半世紀以上前の誇れる父をおもいおこしています。
藤原喜代美

4 ■Re:歴史の証人>あらいさん

コメントありがとうございます!!

是非、今度、取材させてくださいっ!

本当は、鉱山関連施設の配置図面が欲しいのですが、
過去の記憶・・・を、現在発売されている国土地理院発行1/25000地形図に手書きで印をつけたものでも構いません。

是非、前向きにご検討願います・・・・・

3 ■歴史の証人

私の父は金井炭鉱で鉱夫をしていました
母も選炭場で働いていました昭和39で閉山しましたがまだ実家は炭鉱の近くにあります
子供のころは坑道も遊び場で大勢の人々が
いて、それはにぎやかなところでした
仕事の合間に協同風呂も管理し水道もなかった時代は湧水を何回も運んだ様です。

2 ■Re:発見>日本初・ミスインターナショナル出場の大学の先生さん

単なる過去の遺構というだけではなく、

当時の燃料政策や、交通計画(本記事…高崎には存在しませんでしたが、同様事例の仙台とか、現存する飯能などでは貨物線路まで敷かれていた・・・)に到るまで、、、

より幅広い視点から地域の歴史を学ぶことができます。。。

小さな廃坑遺構ではありますが、結構、話題の「奥」は深いです・・・・・

1 ■発見

こんなに小さな場所ですが、

すごい発見ですね。

歴史の一ページですね。

どれだけの、人や、汗や、あったのか

考えると、

深いですね。


コメント投稿

AD

ブログパーツ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。