Samurai Art 武楽創始家元 源光士郎 オフィシャルブログ

武楽座(ぶがくざ)代表 源 光士郎のブログです。平成28年 東久邇宮文化褒賞受賞。侍の表芸である武術と武士の嗜みの能や茶の湯の諸要素、琵琶や鼓、能管、尺八、和太鼓など和楽器の演奏を組み合わせた侍の舞「武楽」を世界各地で公演し、日本のこころをお伝えしております。


テーマ:


■武楽座では公演依頼を随時受け付けております。
武楽のみの公演企画だけでなく、お祭りや各種イベント、パーティー、興行、懇親会、ブランドPRイベント、ファッションショーや新商品の発表会にも、どうぞご用命ください。
関東を中心に活動しておりますが、地方や海外へも出張致します。
会場や舞台の手配、イベント全体のプロデュースもご相談ください。



▲於 久良岐能舞台

【武楽とは】


企画内容、日時、会場の規模、客層、ご予算等をお知らせ下さい。
※費用については、演目、演者数(演者1人~20人規模)、必要な装束や道具、企画趣旨によって変化する場合がございます。
文化交流、福祉施設や学校、教育機関、地域イベント、チャリティー、慈善活動など企画の趣旨によっては、無償もしくは交通費程度で行う場合もございます。
一度、 御気軽にご連絡いただければ幸いです。

■一演目のお時間は、数分の祝福芸から45分程度のものまでございます。
※金気は邪気を払うともいわれ、古来より神事にも使われておりました。薙刀や太刀振りの祝福芸は必勝祈願や武運長久、験担ぎ、縁起の良いものとして喜ばれております。

その他、武術(古武道からエクストリーム・マーシャルアーツまで各種)・琵琶・琴・鼓・和楽器などのワークショップ・立花の実演、歴史講演などもご案内できます。
映像や光による特殊演出や、野外での公演、炎を使った演出なども柔軟にご要望にお応えいたします。

【活動実績・メディア掲載】
『フジロックフェスティバル'09』出演 TVにも放映されました。
第一回・二回歴史フェスティバル コンテスト連覇 NHK,中京TV,mixi newsに紹介されました。
日本映画際INフィレンツェ 世界遺産の大聖堂にてオープニングアクト 現地新聞数社、各メディア、フジテレビにも紹介されました。
その他、TV、ネットTV、映画、新聞、雑誌、街頭ビジョンなどのメディアにも紹介されております。

【掲載記事抜粋】
 打ち鳴らされる和太鼓、とどろく琵琶の響き。一転、張りつめた空気の流れる静寂の間。そして、舞台狭しと飛び、舞い、跳ねる演者たち。2007年1月5日、年始気分も抜けない中、Shibuya O-EASTで開かれた「地球交響曲(ガイアシンフォニー)第二番」のスペシャル上映会。1部・2部の上映の合間に繰り広げられる多彩なパフォーマンスは、どれもがステージ、サウンド、ビジュアルが一体となった珠玉のアート。中でも圧巻だったのが「武楽」の演目だ。これまでも、日本古来の伝統芸能や武術と現代の演劇や演奏とのコラボレーションの例はあったが、「武楽」はそのダイナミックさとスタイルの斬新さで抜きん出ている。ほかのどれにも分類できない、「武楽」としか呼びようのない独自の世界を創り出しているのだ。
 今回、上演された演目は「鬼切」。源頼光に仕える四天王の一人、渡辺綱が羅城門へ鬼退治に行き、源氏の名刀とその化身である「鬼切」と共に、鬼神と闘うというストーリーだ。「武楽」で演じられるのは、さまざまな武芸や舞、そして琵琶や鼓、能管、笙といった伝統的な楽器の演奏、さらに現代のマーシャルアーツや海外の民族楽器などとも融合したまったく新しい技芸。そのパフォーマンスを一度でも観たら、誰かに話さずにはいられないほどのインパクトと驚きに満ちている。



【公演イメージ】


▲由緒正しい能舞台では、日本独特の空気感を味わえます。 「鬼切」 武方武楽師 左から平沼成基,曽根敬志,栗沢学 写真撮影 宮城桃子 於 久良岐能舞台


▲琵琶楽コンクール第一位、文部科学大臣奨励賞やNHK会長賞、山崎旭萃賞など数々のタイトル受賞者 高峯香風、幼少よりの能楽師で劇作家でもある奇才 今井尋也など、一流の囃子方による演奏は和の心を伝えるだけでなく、喉歌(のどうた=ホーミー/ホーメイ)や韋駄笛(イダキ)といった民族楽器・民族音楽との融合も他に類を見ない魅力です。 「鬼切」 左から矢澤正弘,高峯香風,今井尋也,岡崎俊介 写真撮影 宮城桃子 於 久良岐能舞台


▲伝統的な日本の美しい装束や建築も見所です。 「鬼切」 武方武楽師 左から平沼成基,栗沢学,曽根敬志 写真撮影 宮城桃子 於 久良岐能舞台


▲武楽の特徴は、様々な武術由来の勇壮かつダイナミックな伎芸です。能をはじめとする伝統芸能と武術とには、多くの共通点があります。 左から源光士郎,できた,平沼成基


▲美しい国、日本の誇る伝統的な「古武術」だけでなく、中国武術やテコンドー、カポエィラ、そしてエクストリーム・マーシャルアーツ(XMA)といった最新のアクロバティックな武藝も取り入れています。 横田真吾(映像や舞台役者、アクロバットチームsuper-Bリーダーとしても活躍。アクロ体操では日本代表として世界選手権出場経験あり、アクロバット・殺陣の美しさに定評がある) 写真撮影 高橋弘康 於 久良岐能舞台


【特殊演出】


▲気鋭の映像作家 高岡真也(AURA)が担当する映像と光による幻想的な特殊演出(小書)の、よりスタイリッシュで斬新な表現も武楽の新しい試みです。 「鬼切」 源光士郎(左),平沼成基 写真撮影 三橋 玄 於 渋谷O-EAST


▲頼光四天王筆頭 渡辺綱を演じる武方武楽師 平沼成基 写真撮影 瑳山ゆり 於 渋谷O-EAST


▲パーティーや結婚披露宴での公演ご依頼も承っております 「日蝕」 映像監督 仲本将 於 六本木グランドハイアット東京


▲スペースの限られた会場ではDJやCD音源等によるパフォーマンスもご好評頂いております 「櫻花」 映像 中尾嘉伸 於 青山ベロア


▲日本人で唯一世界に認められたエクストリームマーシャルアーティスト神戸 豊(super-B),東京新聞主催 第4回東京国際和太鼓コンテスト大太鼓一人打ち部門準優勝 菅原光朗(奥) 写真撮影 三橋 玄 於 渋谷O-EAST


【野外公演】


▲野外では、炎を使った迫力の演出も大好評です。
ファイアーパフォーマンスの第一人者でフジロックやチャリティーイベント等でも活躍し、若者からも高い支持を得ている火付盗賊とのコラボレーションも人気です。 左から伊豫田史絵,金谷友太,源光士郎,平沼成基,佐藤紀彰 写真撮影 林 冬人 於 八丈島 映画「今日という日が最後なら、」


▲空中技では、その高さも見所です。 写真撮影 林 冬人 於 八丈島 映画「今日という日が最後なら、」


▲平沼成基(現代のスポーツなどの常識に捕らわれない日本古来の身体操法である武術のリアルな動きで芸能の世界に新たな風を吹き込んでいる)  
写真撮影 宮城桃子 於 八丈島 映画「今日という日が最後なら、」


▲オーストラリアで腕を磨き、空中技のキレと高さで定評があり、女性ファンも多い金谷友太  
写真撮影 宮城桃子 於 八丈島 映画「今日という日が最後なら、」


【体験コーナー・ワークショップ】


▲平成十九年八月二十五日 於 観世能楽堂「第二十三回 花影会」での武田 志房先生(重要無形文化財総合指定保持者)がシテを演じる能「半蔀」にて、異例の若さで立花供養も務める華道家 横井紅炎による舞台美術や立花の実演は、海外からの貴賓にも高く評価されています。 横井紅炎(中央) 写真撮影 宮城桃子 於 久良岐能舞台


▲海外からのお客様には翻訳者による解説や質疑応答のご提供も承っております。


▲国立音楽院で講師も務めているプロの指導者・武楽師による和楽器や民族楽器、武術ワークショップは、日本の芸能の理解を深め身近なものとし、その世界に入り込むまたとない経験となります。 今井尋也(中央)  
写真提供 須田清彦 於 久良岐能舞台



▲私たち武楽座は組織理念の根幹として、二千年前の書物『春秋左氏伝』の「それ武は功を定め、兵をおさむ。ゆえに戈を止むるを武となす」という楚の荘王の言葉から、「武」の本義は争いを止め、平和を守る事と捉え、真の武士は和を貴び、和のために闘うものと定義しています。
美しい国、日本の誇る文化・芸術のさらなる普及、振興、そして海外との文化交流、伝統芸能に触れる機会の少ない子供や若者への橋渡しを志しております。
応援いただければ幸いです。

ご賛同頂ける方の後援、後盾も求めております。




武楽座では、海外文化交流、環境問題やボランティア活動等に取り組むイベント・団体にも賛同し、積極的に参加しております。どうぞご遠慮なくお声かけ下さい。
※PVを撮影した久良岐能舞台の鏡板は日本画壇の重鎮であった平福百穂の筆になるもので、芸術的価値の高いものです。創建以来、幾多の人間国宝をも育んだ歴史の重さと風格を感じさせてくれる能舞台です。 
映像撮影 高岡真也 於 久良岐能舞台


【武楽とは】
http://ameblo.jp/bugaku-bugei/theme-10018239400.html
【武楽の理念】
http://ameblo.jp/bugaku-bugei/theme-10018239409.html
【公演依頼について】
http://ameblo.jp/bugaku-bugei/theme-10018239426.html

 アメーバ武楽公式ブログトップへアメーバ
$■-武楽(ぶがく)英伝-■
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。