東京銀座で美人になるレッスン!フィニッシングスクール望月順子

東京でイメージコンサルタントをしている望月順子です。パーソナルカラー診断、骨格診断、メイクレッスンをしているフィニッシングスクールです。

「エレガントな女性になるファッション講座」WEB講座を開講中です。

テーマ:
こんにちは。『美人になるレッスン』を主催しているイメージコンサルタントの望月順子です。

口紅を全部使い切ることって、ありますか??

滅多にないと思いますが、このリップは今年の春に買って使いきりました。



キッカの6番。

黄みよりの赤です。

ブラシで使えばまだ使えますが、これは直に塗るととても綺麗に発色します。


そして、これを再度買おうかどうか迷ったのですが・・・同じようなモノをたくさん持っているからそれでやり過ごそう。

と思っていたところ、いい色を見つけて、それを購入しました。





イヴサンローランのグロス、205番。

こちらは、オレンジに近い赤です。

このシリーズは、グロスながら結構発色がよく、この色が出ます。

グロスよりも、キッカの口紅の方がいいな〜とは思ったのですが、同じの2個買うってなかなかテンションが上がりませんから違うのにしました。

仕上がりはこんな感じ。




グロスのテカテカ加減が気になりますが、これはグロスだけでこの発色です。

このイヴサンローランのグロスは、チップの形がとてもよくてチップでキレイにつけることができます。

ブルーベースの赤は、同じくイヴサンローランの「ルージュヴェルニ」のシリーズにたくさんありましたよ。

ルージュヴェルニはとても使いやすくて、いい色が多いのですが、黄みの赤がなかったので、私はこのグロスにしましたが、質感としてはルージュヴェルニの方が好きです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。『美人になるレッスン』を主催しているイメージコンサルタントの望月順子です。

今日じゃなくて、昨日の服。

うふふ。昨日の千秋楽。





花道の横でした。もっと前に行きたかったな・・・。

今回は目があったように思う。猿之助と。自己判定
照れる



海老蔵さんの衣装には、お香が焚きしめてあっていい香りがしました。

隣の席のご婦人に「あなた、ずっといい姿勢で座っているなんて偉いわ〜」と、子供みたいなことを言われました。

その女性は、靴脱いでましたしね。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。『美人になるレッスン』を主催しているイメージコンサルタントの望月順子です。

「美人になる7日間レッスン」という動画メルマガをこっそりと削除しました。

もう4年も前の動画を配信し続けるのは、早くやめたいと思っていましたが、新しいものが出来ていないのでずっと放ったらかしにしておりました。

ちょくちょくご登録くださる方がいて、たまに「人生が変わりそうです!」というメールまでいただくので、「まぁいいかな」と思っていたのですが・・・

もう、今の私と随分違いますし、きっと今なら違うことを言うだろう・・・などと考えていると、すぐさま消したくなってそそくさと登録フォームを消しました。

既に、ご登録くださっている方はずっと見ることができます。

毎週金曜にお送りしている、メールマガジンは健在です。


今日は、地味でオバサンっぽくなる服装について、考察します!

若いのにオバサンっぽくなる服装って、イメージできますか?

「老ける」という風に捉えてくださって結構です。

・濁り色

・体型を隠すライン


この2点じゃないかと感じます。

濁り色とは、濁っている色のことで専門的なことをいうとたくさんあるのですが、今日はベージュ、ブラウン、グレーとしておきます。

この3色は、要注意です。

地味になりがちな色です。

これらの色は、アクセントが要ります。

そのアクセントを上手く取り入れられる人は、問題ありません。

今日街を歩いていて「オバサンぽい」と思った若い女性が何人もいたのですが、みんな濁り色の服にアクセントがなかったのです。

アクセントとは、差し色、アクセサリー、メイク、ヘアスタイル・・・など。

例えば、全身ベージュのワントーンコーディネートにする場合、アクセサリーが要ります。

アクセサリーをあまりつけないのも今っぽいので、その場合はツヤツヤの肌とリップと赤みのチークと、いい姿勢が要ります。

などなど、いろんな方向から「若々しさ」を足す必要があります。

そして、もう一つの要因「体型を隠すライン」。

緩いラインのパンツや、スカート、トップスは、今の主流でお買い物に行くとこんなラインのものばかり勧められます。

このラインは、おばさんぽくなります。

もちろん、うまくコーディネートできる方には問題ありません。

どうも垢抜けない・・・おばさんぽい・・・。

と思う人は、この2つの要因のどちらかを排除するといいですよ。


例えば、ベージュ、ブラウン、グレーを着る場合は、タイトなラインにする。

タイトなラインというのは、身体に適度にフィットする服のことです。


また、体のラインを隠す服を着る場合は、濁り色をやめる。

若々しいパキッとした色にするといいと思います。

白、ネイビー、黄色、オレンジ、グリーン、ブルーなど。

もちろん、お一人お一人ベストな着こなしがあるので、これらはベストよりもベターを選択する方法として参考にしてください。

なんか、今日は講座みたいなことを書きました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)