西村由美のTokyoピラティスライフ

ピラティスはライフスタイル―――
をコンセプトに、東京・自由が丘を中心に、ピラティスのプライベートセッション(個人レッスン)やグループレッスン、ピラティスイベントなどを行なっています。
おしゃれに楽しく、快適なカラダへ。


テーマ:
ジョセフ・ピラティスさん(ピラティス・メソッドの創始者)の著書に
『リターン・トゥ・ライフ・スルー・コントロロジー(Return to Life through Contrology)
というタイトルの本があります。


コントロロジーとはピラティス氏のつくった造語(Control+logy)で、
現在でいうピラティスのことを彼自身は「コントロロジー」と呼んでいました。


そしてLifeは
「生命」 「生活」 「暮らし」 「人生」 「元気・活気」 「実物・本物」 「生きがい」


コントロロジーでLifeを取り戻す。


彼の著書は単なるエクササイズ本ではなく、
彼の提唱したコントロロジーは単なるエクササイズではなく、
コントロロジーは“コントロールの哲学”と訳されたりする。


この「Return to Life」というコンセプトこそが
私がピラティスに惹かれる理由。


と、前置きが長くなりましたが。


昨日は夫が振替休日だったため、家族で生田緑地へ遊びに行ってきました。
今回いちばんのお目当ては『日本民家園』。
http://www.nihonminkaen.jp/






ここには江戸時代の民家など25の文化財建造物が移築・展示されていて、
当時の暮らしぶりを見学できるのはもちろんのこと、
実際にその中に入って囲炉裏の火を体験できたりもするんですよ。






囲炉裏の火が炊かれている古民家では、ただ自由に見学できるだけじゃなく、
学芸員の方が建物のことや当時の暮らしぶりについて説明してくださいました。






実際に足を踏み入れてみると、まるで当時にタイムスリップしたみたいな、
なんだか不思議な体感がありました。
日本人の細胞に残っている記憶が呼び戻される、とでもいうのかな、、、
その時代を生きた訳ではないのに、何となく“覚えている”みたいな。








風土によって暮らしぶりや家の造りなんかは違っていて、
その土地の文化が家に表れているのだけれど、
どの家にも必ず置かれていたのがはた織り機。
本当に自給自足の暮らしだったんだなぁと思いました。


現代人は仕事のために生きている、というような人も多い。
でも仕事って生きるために必要だからするものなんだなぁって。
朝起きてから日が暮れるまで仕事に明け暮れる、
そんなスタイルは今も昔も変わらないのかもしれないけど、
「暮らし」が真ん中にあった昔と、「仕事」が真ん中にある今は、
根本的なところが違っている気がしました。


ちょうどね、一昨日スマホに飛んできた松原靖樹さんの【ほぼ日コラム】とも
私の中ではつながってくることも多くて。






で、冒頭に書いたリターン・トゥ・ライフ。
コントロロジーでLifeを取り戻す。


ピラティスの「Return to Life」というコンセプトに近付くために
日々の暮らしを真ん中に置いた生き方を大事にしていきたいなと思います。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





大勢の人の前に立ってレッスンしたりするとき、
その日の調子のバロメーターになっているのが「声」だったりします。


メンタルが安定し、カラダも整っていて動きやすい日はお腹から声が出ます。
いわゆる腹式発声が自然とできる。


一方、ノドから発声してるなー、って日のレッスンはどうも調子が悪く、
言葉もカミカミだったり、片足バランスが取りにくかったり、
レッスンが終わったあとの疲労感がすごかったり。


「声」って、イコール「息」、つまり呼吸なんですよね。
呼気(吐く息)が声帯を震わせて音になる。


だから発声とコアのインナーユニットには関わりがあるのです。


今の「自分の声」を観察してみると見えてくるものが、
何かあったりするかもしれませんね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





昨夜、ちょっと調べたいことがあって昔のブログを見ていたら、
4歳当時の娘の、こんな姿を発見しました。


可愛い。ニコ
こんなちっちゃかったんだなー。


片付けしながら昔のアルバムとかに見入ってしまって進まないときのごとく、
ついつい当時のブログを読んじゃって調べものはどこかへ行ってしまった。(笑)


昔のブログの私は今よりずっと雄弁でした。
どんな思いで仕事に向き合い、どんな学びや気付きを得ていたのかを、
まっすぐ素直に綴っていました。


それらを読んでいて思ったことがあります。
私、ぜんぜん変わってない。^-^;


成長してない、って言えばそれまでだけど、
それが「自分らしさ」ってものなのかもしれないなー、とも思ったり。


それはきっと自分という音楽を支えるベース音のようなもの。


変わりゆくものがあり。
変わらないものがある。


“変わらないもの”を大事にしながら、
常に変化しつづける自分でありたいと思いました。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 


自由が丘にあるピラティススタジオPYPにて
プライベートセッションを行なっています。

リンク 【自由が丘】 ピラティス プライベートセッションのご案内



8月のスケジュール

16日(火)10:00~/11:15~/12:30~/13:45~
17日(水)10:00~
18日(木)10:00~/11:15~
23日(火)10:00~11:15~12:30~
24日(水)10:00~/11:15~
30日(火)10:00~/11:15~/12:30~
31日(水)10:00~/11:15~


*7月25日~8月14日までお休みをいただきます。

(※7月24日現在)



※ご希望日時をお知らせいただいたのち、調整させていただきます。
    なお、スタジオの予約状況によりご希望に添えない場合もございます。
    あらかじめご了承くださいませ。


【 お申込み 】

PC・スマホ共用お申込みフォーム : https://ws.formzu.net/fgen/S57670331/
携帯電話専用お申込みフォーム   : https://ws.formzu.net/mfgen/S57670331/


【 お問い合わせ 】

ご不明な点などございましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  お問い合わせフォーム  >>>パソコンからはこちら  >>>ケータイからはこちら 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





2016年9月東京/8月大阪にて開講する
「シルクサスペンション™ インストラクター養成コース」
のご案内です!


シルクサスペンション™とは、
ハンモックと2つのサスペンションでできたツール。
シルクサスペンションに身を任せながらエクササイズすることで、
楽しく簡単かつ効果的に機能改善する事ができます。 


BeautyPlus_20160424171950_fast.jpg 
 
 

今回開催するファンダメンタル2日間コースは、
シルクサスペンションの基礎的なスキルをマスターするためのコースで、
シルクサスペンションが初めての方でも安心してご参加いただけます。
もちろんクラス構成についてのレクチャーなどもありますので、
クラス指導のヒントももらえますよ。

【東京】シルクサスペンション™ ファンダメンタル 2日間コース

【日時】
   1日目 :   2016年 9月 18日(日)13:00-20:00
 2日目 :   2016年 9月 19日(祝)10:00-17:30

   (各コース休憩時間を含む)

【コース受講料】
 ●通常価格 : 94,000円(税込価格:101,500円)
 ●早割価格 : 86,400円(税込価格:93,300円) ※8月18日まで

※各日を単発受講される場合は、 各回55,000円(税込価格:59,400円)にて受講可。
※2日間コースを受講された方には修了書が発行されます。
※マニュアル代金4,500円を含みます。  

【会場】  ボディワークスタジオPYP(自由が丘)

【講師】  小柳 光

【定員】  8名 残4

【申込フォーム】 https://ws.formzu.net/fgen/S48805240/

【大阪】シルクサスペンション™ ファンダメンタル 2日間コース

【日時】
   1日目 :   2016年 8月 11日(祝)10:00-18:00
 2日目 :   2016年 8月 13日(土)10:00-18:00

   (各コース休憩時間を含む)

【コース受講料】
 ●通常価格 : 94,000円(税込価格:101,500円)
 ●早割価格 : 86,400円(税込価格:93,300円) ※8月18日まで

※各日を単発受講される場合は、 各回55,000円(税込価格:59,400円)にて受講可。
※2日間コースを受講された方には修了書が発行されます。
※マニュアル代金4,500円を含みます。  

【会場】  スタジオRESPIRER(大阪市北区)

【講師】  安部 善城

【定員】  8名

【申込フォーム】 https://ws.formzu.net/fgen/S48805240/



講師陣をご紹介します。



 
 
東京コースを担当するのは、
受講生に寄り添う指導でフォローアップに定評のある小柳光さん。



 

そして、大阪コースの担当は、
フィットネス指導歴33年のベテランインストラクター安部善城さん。




futabato. こんな方におすすめfutabato. 

  ポイント シルクサスペンションのエクササイズを習得したい
  ポイント 流行最先端のエクササイズに興味がある
  ポイント 楽しみながらできるレッスンをお客様に提供したい
  ポイント 体幹のインナーユニットを効果的に鍛えるエクササイズを学びたい
  ポイント 新しいスキルを身につけたい
  ポイント 指導の幅を拡げたい
  ポイント 新たな顧客層を獲得したい
  ポイント 新たなトレーニングツールを探している





この機会にぜひ話題のエクササイズに触れてみてくださいね。
お申込み、お待ちしております!!



《講師紹介》

 
 
小柳 光  (こやなぎ ひかる)   http://ameblo.jp/rkhgnyk/

医療系専門学校時代に病気予防の大切さを実感し、フィットネスインストラクターになる。2004年にピラティスに出会い、その魅力に惹かれ東京進出。東京-海外を拠点とし勉強と指導を開始。その後、海外研修中にヨガに出会い、ピラティスとヨガの2つのエクササイズを平行して勉強を進める。現在は、マインド&ボディーの大切さを改めて感じながらグループとパーソナルの指導、そしてピラティスの養成講師としても活躍している。 
  
 *PAI(ピラティスアカデミーインターナショナル)認定 サティスファイド・インストラクター
 *シルクサスペンション サティファイド・インストラクター
 *カーディオラティス サティスファイド・インストラクター
 *ヨガインストラクター 200時間上級
 *セラピーボール&セラピーヨガ


 

安部 善城  (あべ よししろ)   http://www.studio-respirer.com

1983年より神戸、大阪を中心にエアロビクスインストラクターとして活躍。1988年より4年連続全日本エアロビクスチャンピョンシップ西日本代表(競技エアロ)。2004年より大阪府内のスポーツジムにてパーソナルトレーナーとして指導開始。現在はOL、主婦からアスリートまで幅広くクライアントを持つ。

 *PAI(ピラティスアカデミーインターナショナル)認定 サティスファイド・インストラクター
 *シルクサスペンション サティファイド・インストラクター
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




先日チラッと目にしたテレビ番組で
現代人の「集中力」8秒しか続かず、これは金魚の9秒を下回る、
というトピックを紹介していました。


興味深かったのでネットでちょっと検索してみたところ、
デジタル化されたライフスタイルが、1つの物事への集中力を激減させた、
というようなことがこのトピックの補足的に紹介されている記事を見つけました。
反面、短時間の瞬発的集中力や多重タスク処理能力は向上しているそうです。


これって先日書いた記事でいうところの「外側の仕事」だな、って思います。


量をこなすことやスピード感を求められる現代社会の様式は、
「外側」のスイッチを常にOnにしていなければならない環境。
一方、「内側」のスイッチは入りにくくなっている、とも言えて。


ピラティスの原理原則として伝えられているキーワードの中に、
「集中」consentration というものがあります。

リンク続・ピラティスをピラティスらしく。


ピラティス・メソッドの創始者であるジョセフ・ピラティスさんは、
「心と体は対等であり、どちらかひとつが優位ではない」
という考えのもとに「コントロロジー(contrology)」、
現在でいうところのピラティスを提唱していました。

リンクコントロールの哲学、について思うこと


カラダに意識を集中することは、自分の「内側」とつながること。


私たち現代人は「自分」とつながる時間がどんどん減っている、
とも言えるのかもしれませんね。


そして、そのことと現代人の呼吸の浅さにも
関連性があるのではないかなーと思ったりしています。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






そろそろ夏休みの計画を立てなきゃな~、とか考えてるうちに、
あっという間に夏休みになってしまって少し焦り始めた私です。


どうも私の脳ミソは基本「今」しか考えられないように出来ているらしく、、、顔2


こういう人のことを「幸せ系」というそうです。
これに対して未来を見越して考え行動できる人のことを
「成功系」と呼ぶんだと思います。


その日暮らし的な生き方が合っているっぽい私ですので、
計画的に動くということが苦手です。
だから、直前になって焦りまくる、というのがいつものパターンで、
その都度「次こそちゃんと計画通りに…」と思うのですが、
いっこうにそんな日はやってきません。涙


だから、旅行とかって本当に苦手。汗
日程組んだり、ホテル予約したり、列車の指定席押さえたり、
そういう作業が全部苦手すぎるので、旅行を楽しめるときって大概、
誰かの計画に便乗させてもらうときなんですよね。


で、我が家の場合。
家族全員が幸せ系その日暮らし属。^-^;
いつも「●●したいよね~」と言いながら実現することなく、
休暇が終わってしまうのがパターンで。


もったいなーい。


幸せ系の人の中にも成功系の要素はゼロではないらしいので、
私なりにうまくやれる方法はないものかと模索中。


とりあえず、

ポイント思い付いたときにやっちゃう!(調べる~予約するまで)
ポイントパックになってるものを利用する!
ポイントやりたいことリストを書いておく!
ポイント段取りが得意な友だちと約束する!(で、全部任せる!笑)

こんな感じで今年の夏休みを充実させたいと思います。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日コアを強くするにはという記事を書きました。


コア(core)って言葉は「物の中心部」とか「中核」といった意味ですが、
カラダ的には「胴体」「体幹」のことを指すことが多いかなと思います。


それをもう少し掘り下げてみると、
中軸骨格といわれたりする脊柱~骨盤と、
それを支えるインナーユニットと称される筋肉たちのことを
「コア」と呼んでいたりするわけです。

リンク 背骨を支える最強ユニット「パワーハウス」 


 
 
 
ピラティスが「呼吸」に重きを置いていたりするのは、
このコアのインナーユニットに働きかけることも目的のひとつ。
ジョセフ・ピラティス氏が「パワーハウス」と呼んだ
コアのインナーユニットを構成する筋肉たちは
呼吸に関わる筋肉でもあるんですよ。

リンク インナーユニットと呼吸。


そして、コアのインナーユニットが協働して支えるチカラを発揮するためには、
骨格を適切にポジショニング(配置)することも大切。
なぜなら、コアの骨格にはそれを支える筋肉たちが付着しているから。


私が最初にピラティスを学んだストット・ピラティスでは、
「5つの基本原則」というエクササイズの土台となる考え方があります。

1 呼吸
2 骨盤の配置
3 胸郭の配置
4 肩甲骨の動きと安定
5 頭と頚部の配置


これらは全てコアのインナーユニットの働きに関わること。
最後にこれに関して書いた過去記事もいくつかご紹介しておきますね!

リンク ピラティスをピラティスらしく。
リンク 
ピラティスって何に効くの?
リンク 子どもの発育とピラティス。
リンク 
遊びは母なる自然によって計算されたエクササイズ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
セッション、カウンセリング、コンサルティングで精神性は上がらない。弱い心は決して強くならない。そんな簡単なことがわからない者が多い。
成果によっても心は強くならない。


心を強くするのは自分への負荷だけだ。自分に課した約束を1ミリも間違えずにその通りにするということでしか、心は強くならない。その約束のハードルを上げ続けなければ、精神力は上がらない。


松原靖樹




今朝届いた松原靖樹さんのメルマガを読んで振り返ってみたら、
私は「自分との約束」に甘いタイプだな、と思った。
反面、「人との約束」「人に与えられた課題」に対して
「応えたい」という気持ちはすごく強かったりする。


これは私のカラダの癖にも表れています。(←長年の課題)


カラダから見たとき、外側からの刺激に対してチカラを発揮しようとするのは、
「グローバル・モビライザー」と分類される筋肉たち。
一般的には「アウターマッスル」という呼び名のほうが分かりやすいかな。
つまりは、表層(アウター)にあり、大きく広範囲を担当する(グローバル)
動くための(モビライザー)筋肉たちです。


この子たちは「この仕事をして!」とオーダーされたときに、
目に見えて大きな成果を出す役割を担っています。


一方、コアとかインナーマッスルとかって表現されることの多い筋肉たちは、
役割的には「ローカル・スタビライザー」という名称で呼ばれていて、
深層(インナー)にあり、小さく狭い範囲を担当する(ローカル)
安定させること(スタビライザー)がこのコたちの担当業務。


本来、内側(安定)と外側(動き)はいつも協力体制にあります。
安定だけでは動けないし、安定という土台のない動きでは
良いパフォーマンスは発揮できません。


だから「コアが大事」とか「インナーマッスルを鍛えよう」とか
言われるようになってきたわけです。


ところが、鍛える、トレーニングする、というように
意図をもって何かを「する」というのが得意なのは、
グローバル・モビライザー=外側の仕事だったりするのです。


外側の仕事に終始していると、外側ばかりが鍛えられていきます。
すると、何かを「する」というオーダーが来るといつも優先的・自動的に
外側のスイッチが入ってしまう、という誤作動が癖づいちゃうことも多くて。


そうなると、内側の「安定」⇒外側の「動き」という本来のしくみが働かず、
内側の働きが弱い、つまり土台が不安定なままに動き始めることになる。

リンクピラティスが「プチ不調」の改善に効果的な理由


だから、そんな癖をカラダが持っている場合には、
コアを鍛えよう、インナーマッスルをトレーニングしよう、とするよりも、
自動的かつ優先的に入ってしまう外側のスイッチを切る
つまり外側からの刺激に対して「する」のをやめて「しない」、
ということをするほうが有効なことも多いんですよ。


そして、自分がどう「在る」か、にフォーカスしてみる。
自分がどう「在る」かを感じること、
自分らしい「在り方」を探っていくこと、
自分らしく「在る」ことを一番に大事にしていくこと。


これは冒頭に紹介した松原さんのコラムにある
「成果によっても強くならない」
という一文ともリンクしているなと思ったりして、
なんとなく書いてみたくなりました。





ピラティスのレッスンをするときにも、
お客様ご自身に感じていただくことを大事にしたいです。
インストラクターである私からの指示、つまり外側からのオーダーが
強く出すぎてしまわないように、ということをいつも心に留めておきたい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

自由が丘にある「スタジオPYP」にて
ピラティスのプライベートセッション
おこなっています。


A.RI.KUピラティスセッション 
 
 
プライベートセッションとは、
マンツーマンで行なう個人レッスンのこと。


PYPのプライベートセッションは一枠に一組様のみの
完全なるプライベート空間。
心地よく自然体な自分を取り戻すための時間を
存分に味わいつくすことができます。


完全個別対応ですので、お客様のご要望はもちろんのこと、
姿勢や体力、体調などを考慮 しながらプログラミングしていきます。



しかく まずはヒアリング

初回のセッションではヒアリングからスタートします。

 ・ カラダについて気になっていること
 ・ ピラティスに何を期待しているか
 ・ 日頃の生活習慣について
 ・ これまでの運動習慣について ・・・などなど。



しかく 次に姿勢分析

ヒアリングに続いてお客様の姿勢を拝見することで、筋力のバランスなど、
適切で安全なエクササイズを選択するための情報を得ることができます。
→* 姿勢から分かること



しかく カスタマイズされたレッスン

このようにレッスンの進め方はお客様のペースと
目指すゴールをふまえて進んでいきます。


ヒアリングと姿勢分析から得た情報とを合わせて決めていくため、
レッスンは基本的に完全にカスタマイズされた内容になります。
また、質問などにも随時お応えしつつ進められるのも、
マンツーマンならではの利点です。


「肩こりが楽に」「腰が疲れにくい」といった効果とともに、
「ボディラインの変化」を実感される方が多いのも特徴です。


また、健康な妊婦さんの体重増加防止や体調管理、
産後のお子様同伴セッションなどにも対応させていただきます。
 

お友だち・ご夫婦など、2名様がご一緒に受けていただける
セミプライベートセッションもございます。



マタニティピラティス 



【 ご感想 】

音符” ウエストラインにくびれ
着実にカラダのラインが変わってきているのがわかります。
特にウエストラインにキレイな「くびれ」が!自分でもすごいなと思いました。
          ~プライベートセッションを月2~4回継続されているお客様より~

音符” 初めてでも丁寧な指導でわかりやすかったです
呼吸方法から細かい動作までわかりやすく伝えてくれ、
意識する場所も手を添えて くれるから集中しやすい。
マンツーマンのプライベートセッションだからいいですね!
        ~ピラティス初体験のお客様より~


【 料金 】

プライベートセッション (1名様) : 8,640円 
セミプライベートセッション (2名様) : 10,800円  (1名様あたり5,400円)

※すべて税込み価格です。


【場所】

自由が丘 スタジオPYP 
(自由が丘駅より徒歩5分)

※詳しい場所はご予約確定後にお知らせします。


【 スケジュール 】

月曜日~金曜日
9時~14時半

 リンク 今月のスケジュール

上記よりご希望日時をお知らせいただき、日程を調整させていただきます。
なお、スタジオの空き状況によりご希望に添えない場合もございます。
あらかじめご了承くださいませ。


【 お申込み 】

PC・スマホ共用お申込みフォーム : https://ws.formzu.net/fgen/S57670331/
携帯電話専用お申込みフォーム   : https://ws.formzu.net/mfgen/S57670331/


【 お問い合わせ 】

ご不明な点などございましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
I お問い合わせフォーム  >>>パソコンからはこちら  >>>ケータイからはこちら 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)