西村由美のTokyoピラティスライフ

ピラティスはライフスタイル―――
をコンセプトに、東京・自由が丘を中心に、ピラティスのプライベートセッション(個人レッスン)やグループレッスン、ピラティスイベントなどを行なっています。
おしゃれに楽しく、快適なカラダへ。

NEW !
テーマ:
_20170119_194513.JPG 


今日は午前中お仕事がなくて
午後からのマンツーマンセミナーだけだったので
久しぶりにゆっくり読書三昧の時間を過ごしてみようかと
パレスホテル東京の「ザ パレス ラウンジ」へ。


気になっていたマロンシャンティイとコーヒーとともに。
あれ?コーヒーとお砂糖、やめていなかったっけ?(笑)


で、今日読んでいたのはこちらの本。

 

「学力」の経済学/中室 牧子
¥価格不明
Amazon.co.jp

 


今日ようやく読み終えることができたこの本は、
松原靖樹さんが勧めてくださったもの。


前半半分はひと月以上前に読んでいたのだけれど、
ゆっくり読書をする時間をずっと取れずにいたので、
今日は意識的にそんな時間を取ってみたのです。


この本の詳しいレポはまたあらためて、
書きたくなったら書きます。ニコ 


昨日までに昨年の振り返りワークを終えてみて、
そこから見出した今年の指針については、
またきちんと記事に残しておこうと思っていますが、


いま感覚的に思っているのは、
良質なインプットを、ということ。


本を読むこともそのひとつだし、
目にする景色、口にするもの、受けるサービス・・・
どこでどんな時間を過ごすのかということも。


今年はいろいろと変えていく。
振り返り法のまとめは、またあらためて綴ります。音符”

 

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「〔徒然〕」 の記事
NEW !
テーマ:
 


セミナー「教える仕事の心得」習得講座にいただいたご感想から
受講するとどんな成果が得られるのかをピックアップしてまとめてみました!




1 受講生の「分からない」が減る

講師にも受講生にも「タイプ」があります。
タイプに合った習得や成果は簡単に導くことができますが、
タイプに合わないものを採用するとうまくいきません。
自分のタイプ・特性が分かると、受講生の特性の違いや
内容や場面に合わせた対応ができるようになります。


   吹き出し” キッズの指導で特性を見分けて伝えるようにしたら
         子どもたちからの「わからなーい」が減りました!

  吹き出し” 大人の方へのヨガクラスでは、伝わりやすくなったからか、
        内面に目を向けていただきやすくなっている。 




2 コミュニケーションが取りやすくなる

自分と相手の特性の違いを理解できるようになり、
相手に合わせた伝え方ができるようになります。


  吹き出し” 自分とはタイプの違う方への苦手意識がなくなり、
        すべてのお客様とコミュニケーションが取りやすくなりました。

   吹き出し” 同じように教えても伝わりにくい受講生がいたり、
         逆にスッと理解できる理由があいまいだったけど、
         提供の仕方で大きく変わることが分かった!

  吹き出し” 夫婦間・親子間のコミュニケーションにも役立つ内容だった。
        主人がなぜ私の説明に毎回いらっとするのかが分かりました。(笑)




3 リピーターが増える

教える仕事の精度が上がり、個別の成果を出せるようになるので、
自然とリピーターも増えていきます。


  吹き出し” これまでお客様のほとんどが自分と同じタイプで、
        いま思えば、継続しない方は自分と違うタイプだったかも。
        受講後、自分と反対のタイプのお客様とご一緒するときには、
        お客様の特性に合わせた伝え方を意識するようになって、
        自然とリピートしてくださる方が増えました!





次回の「教える仕事の心得」習得講座は2月10日(金)&2月15日(水)に開催予定です。
リンク「教える仕事の心得」習得講座


テキスト版「教える仕事の心得」習得講座もオススメです!
リンクテキストで学ぶ!「教える仕事の心得」習得講座



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
NEW !
テーマ:





昨日テレビで
「ほっこり動画を観るとカラダは温まるのか」
という検証をしていて、4人中3人の被験者が
・顔の表面体温が上がり
・心拍数が下がり
・観ている間は寒さを感じなかった
という結果になっていました。


ほっこり動画というのは、動物の赤ちゃんなど、
可愛くて見ていて癒される動画のことを言うようで、
ほっこり動画でググってみると、そういうのがすぐ見つかるくらい
もはや一般的なワードなのね。


一方、国語辞典で調べてみると『ほっこり』は、
「いかにも暖かそうなさま。ほかほか。」とあって、
そこに「癒される」という意味合いは書かれてなかったりする。


でもね、『心がほっこりする』という表現があるように、
「ほっこり」→「暖かい」→「落ち着く」→「癒し」
という図式は、カラダのしくみ的にも当てはまったりする。ニコ





で、冒頭に書いた
「ほっこり動画を観るとカラダは温まるのか」
の話に戻ると、


ほっこり動画という視覚情報だけで、
気分だけじゃなくカラダに変化が起きていたのが
面白いなーって思って。


こういうところでも心とカラダがひとつであることがわかる。futabato.


見ること。
聞くこと。
感じること。


自分の五感を何で満たしているのかって
とても大事だなーと思うんです。


視覚情報がカラダに変化をもたらすなら、
使う「言葉」だってそうだと言えるし、


お客様のおカラダに関わらせていただく
私たちピラティスインストラクターは


どんな環境で
どんなウエアを着て
どんなメイクで
とか


どんな言葉を使って
どんな声で
とか


もっと言うと
どんな空気感で
どんなたたずまいで
お客様に触れる手の温度や
柔らかさはどんなで
とか


そういう
知識やスキル以外のところまでが
お客様のおカラダに変化をもたらす
ということを


理解しておかなければいけないんだなー
ってあらためて考えていたりする今朝の私です。音符”


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BeautyPlus_20170118143320_save.jpg 


今日は、昨年12月に開催した
エスモーズ強み動画セミナー・視聴勉強会
特別編「振り返り法」にご参加くださった皆様と
振り返り法のワークのシェア会をしました!


2017年の指針を立てるため
ブログに書き始めた〔自分振り返り法〕
今回が最後のワークです。
→*〔自分振り返り法〕0-1.今日から連載します!まずは全体像から
→*〔自分振り返り法〕0-2.大切なのは「自分」を基軸におくこと
→*〔自分振り返り法〕1-1.「成果」のフィードバック~仕事の成果
→*〔自分振り返り法〕1-2.「成果」のフィードバック ~関係性&リラックス
→*〔自分振り返り法〕2-1.年間事件 ~節目・流れのチェック 
→*〔自分振り返り法〕2-2. 年間事件 ~確定した未来の方向性
→*〔自分振り返り法〕 3.無意識のフィードバック  


このワークについては1年前にこんな記事を書いています。
リンク 過去から未来を読み解いてみる


人生年表とは、名前のとおり自分の人生を年表に落とし込み、
自分独自の流れ・規則性のあるサイクルを見つけていくワーク。
具体的には、二十歳くらいから今までの出来事を
時系列で「年表」にまとめていきます。
転機だったり、出会った人だったりを、仕事・プライベート問わず書きだす。


それを眺めてみると、
人生の流れに規則性があるのが
不思議と見えてきたりします。
私の場合は「5年」の周期で、
それが2サイクル=「10年」で新しい流れが来る。


去年の記事にも書いたのですが、
2015~16年の流れが2005~6年ととてもよく似ていて、
・ 2016年は再始動の年
・ 再始動の時期は4月~
・ 1月~3月はその準備期間

という予測は、まさにこの通りだっただけでなく、
実は1年全体を振り返ってみても2006年とリンクしていました。


ざっくり書き出してみると、


2005年
3月 妊娠がわかる
4月~実技を伴う仕事から全て外れデスクワーク中心に
9月~産休に入る
10月 娘を出産

2006年
1月~春からのレッスン復帰に向けトレーニングを再開
4月 レギュラーレッスン復帰
秋  日本フィットネス協会アクアスペシャリスト受験→合格



2015年
6月 夫の東京転勤が決まる
7月 スタジオを閉店 仕事がいったんゼロに
9月~神奈川での生活がスタート

2016年
1月~ 自由が丘でもピラティスセッションが少しずつ稼働しはじめる
4月~ フィットネスクラブのレギュラーレッスン復帰
秋  エスモーズのお仕事がスタート



・・・とこんな感じで、昨年は
・ 2016年は再始動の年
・ 再始動の時期は4月~
・ 1月~3月はその準備期間
・ 秋から新しい立場での仕事がスタート
というところまでがリンクしていました。


そして、今日のワークシェア会のために
昨夜、自分の人生年表を眺めていたときに
2017年は仕事が順調に進む分、
仕事ばかりに目を向けず、
家族との生活をより一層大切にしなきゃいけない1年である、

ということに気が付くことができたんです!!!
これは自分にとってめちゃくちゃ大事なことでした。


この人生年表のワークは、
ここまでやってきた前の1年の振り返りから見出した
次の新しい1年の方向性と照らし合わせてみて、
そこに不整合がないかどうか見ていくのに役立ちます。


次の記事では振り返り法のワークから立てた
2017年の方向性をまとめてみて、この連載を終えたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 

 「教える仕事の心得」習得講座のご案内です。


「教える仕事の心得」習得講座(3時間)

・日時 : 
       2月10日(金) 10:00~13:00
       2月15日(水) 10:00~13:00


・価格 : 8,640円(税込) ※再受講4,320円(税込)
・場所 : 都内 (渋谷など)
・定員 : 5名

お申込みフォーム >>> https://ws.formzu.net/fgen/S43841023/





この講座は、ピラティスインストラクターという「教える仕事」を生業とする私が
松原靖樹さんのあるコラムに感銘を受け、お願いして作っていただきました。


「教育者には教えるのがうまい人と
学ばせるのがうまい人、の2つのタイプがある」


そんな一文から始まるそのコラムは、経験をベースに感覚的に行なっていた、
私の「教える仕事」の在り方を、大きく変えるきっかけとなりました。
→*セミナー講師には2つのタイプがあるので


このコラムを読むと、自分がどんな「場」に最もマッチするのか、
どうやって得意なところを活かして伸ばせばいいのか、
どう欠点を補っていけばよいのか、がよく分かります。


でも、そのためにはまず、
・ 教えるのが得意な人
・ 学ばせるのが得意が得意な人
の違いを理解し、自分がどちらのタイプなのかを知らなければ始まりません。




同じように指導していても、Aさんにはうまく成果が出せるのに、
Bさんにはうまく伝わらない・・・そんなことがあったりしませんか?


講師(指導者)にも、受講生(クライアント)にも「タイプ」があります。
タイプに合った習得や成果は簡単に導くことができますが、
タイプに合わないものを採用するとうまくいきません。


講師は受講生のタイプを見分け、特性の違いに対応できる必要があります。
この講座を受講すると、自分のタイプを知り、その強みを生かしながら、
受講生のタイプに合った方法を提供できるようになります。


「教える仕事」にたずさわるすべての方に是非知っていただきたい理論です。



こんな方におススメです!

  本気で講師をしたい方
  人に教える仕事をしている方
  自分のメニューの精度を上げたい方
  自分の強みや特性を生かしたい方
  セミナー講師、コンサルタント、インストラクターの方



受け手の成果をうまく引き出せるか否かのちがいは、
「教えるスキル」や「知識・技術」の問題ではないことが、
往々にしてあったりします。


自分がどちらのタイプなのかがよく分からないという方は、
ぜひ「教える仕事の心得」習得講座にいらしてください!



「教える仕事の心得」習得講座(3時間)

・
日時 : 
       2月10日(金) 10:00~13:00
       2月15日(水) 10:00~13:00


・価格 : 8,640円(税込) ※再受講4,320円(税込)
・場所 : 都内 (渋谷など)
・定員 : 5名


お申込みフォーム >>> https://ws.formzu.net/fgen/S43841023/




「教える仕事」
に自信と誇りをもって取り組んでいくためにまとめられた
「教える仕事の心得」について、私自身の経験と知恵を交えながら
少人数セミナーでゆっくりじっくり分かりやすくお伝えします!


講座内容

2*学校教育のリセット
講師として、また学び・勉強・習得などを考えたときに弊害となる
3つの思い込み」を解除します。

1*4つのタイプ
講師にも受講者にも「タイプ」があります。
習得や成果を簡単に導くために、自分と相手の特性を理解し、
タイプ別の対応法を学びます。


2*3つの実践法
受講生が習得するときに必要な「適切な方法」と、
習得や成果の「分野」について理解します。


3*6つの講師磨き
講師として心得ておきたい「教える仕事力」の磨き方をご紹介します。



受講するとどんな成果が得られるのか

  自分にとって最適な「教える」ための方法が分かる
  自分のメニューの精度が上がる
  お客様の成果を出しやすくなる
  受講生によっての教え方を変えることができる
  お客様のリピート率が上がる


講座受講生の方の 成果の一例

ニコニコ。 「育成をする人への育成」をするために受講。「直感」や「なんとなく…」が解消されました。
ニコニコ。 明日から、レッスンをするのが楽しみ!
ニコニコ。 生徒さんによって、レッスンがうまくいくときといかないときがあった。相性の問題かと思っていたが、理由がわかった!
ニコニコ。  自分のタイプ・特性が分かり、それに合わせた様々な方法が習得できた。
ニコニコ。  夫婦間・親子間のコミュニケーションにも役立つ内容だった。主人が、なぜ私の説明に毎回いらっとするのかが、わかった!

>>> ご感想一覧はこちらから




【講師紹介】  

西村 由美 
フィットネスインストラクター歴25年/ピラティスインストラクター歴12年。
自身が腰椎すべり症をピラティスで克服した経験や、妊娠・出産を通じて感じたピラティスの素晴 らしさを、年間のべ3,000名以上の女性に伝えてきたピラティス・フィットネスの専門家。 大手フィットネスクラブのインストラクター養成やマニュアル監修を手掛けるなど、フィットネスを「教える仕事」のスペシャリストとして活躍。 現在はその経験を活かし、インストラクターのためのワークショップや最新エクササイズ体験イベントなどをプロデュースする「inte.(インテ)ピラティスライフ・プロジェクト」を主宰し、後進インスト ラクターのサポート活動を行なうなどピラティスの普及活動にも力を注いでいる。http://www.ariku-pilates.com/

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:




はじめてアップしたとき同業の方にも多く共感をいただいた

2015年5月に書いた記事です。



この思いはいまも変わらず、これからも大切にしたいこと。

いま再び心に留めておきたくて再掲してみました。ニコ




以前、ヨガインストラクターの友人と話していたときに、
「ピラティスって 難しい というイメージがある」
と言われてしまったことがありました。


誤解のないよう補足しますと、彼女の中でピラティスは
「身体づくりへの意識が高い方が好まれるエクササイズ」
という印象をもっていた、ということだったんですね。
だから、ヨガに比べてピラティスは少し敷居が高い、と。


それを聞いて、正直まあまあショックでした。


と同時に、もしそんなふうに感じさせてしまっているとすれば、
それは私たちインストラクターのせいかもしれないなー、とも思ったりしました。


ピラティスは「動きの正確性(精度)をとても重視します。
ピラティス・インストラクターは、ピラティスの「本質」を伝えることを、
とても大切にしていて、そこにこだわりを持っている人が多い。
それはある意味、ピラティスを伝えるプロフェッショナルとして当然のこと。


でも。


もし、そこにこだわりすぎてしまうが故に、
「難しいもの/トクベツなもの」という印象を与えてしまっているとすれば、
それってジョセフ・ピラティスさんの本意ではないのでは?とも思うのです。


これはあくまでも私の解釈なので、ピラティスさんご本人が
本当にそんなふうに考えていらしたかどうかは分からないのですが、

「コントロロジー(=コントロールの哲学)ヒト本来の機能だと考えると、
ピラティス・エクササイズは本来は誰もができるはずの「動き」である
と考えることができるのではないでしょうか。
実際ピラティスさんは、現代人はその「本来の機能」を失いつつある、として、
それを取り戻すためのエクササイズ=コントロロジーに取り組むことを推奨していた、

と彼の著書から私は読み取りました。



futabato.ピラティスの「本質」をお伝えしていくこと

futabato.誰もが気軽に楽しむことのできるエクササイズとしてピラティスを提供すること



この2つは両立できます。



だから、

もっともっとピラティスのことを分かりやすく発信していきたいな、

ピラティスの「入り口」で「おいで~」って手招きする人でありたいな、

と思ってる今日この頃の私です。にこにこ






いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:

IMG_20170108_074658367.jpg 


自由が丘で行なっているマットピラティス・グループレッスン。
リンク【自由が丘ピラティス】マットピラティス・グループレッスン  


ご参加くださっているM・H様より
こんな嬉しいご感想をお知らせくださったので
ご紹介させてくださいね。


PhotoGrid_1484642386278.png 
(お客様のご承諾をいただき掲載しております)


自然に長く歩けたり、動いたり・・・
なんだか動くことが苦ではないのです。


なんて素敵なご感想なんでしょう~ハート
Hさん、ありがとうございます!


月に一度のペースで行なっている
このマットピラティス・グループレッスンでは
「呼吸を深めるかんたんなエクササイズ」が中心なので、
はじめての方でも安心してご参加いただけます。


これまで「ピラティスってキツイsweat*とか
「ピラティスって難しい顔  」と思った経験のある方も、


エクササイズ矢印 キツイ・疲れる・頑張らなきゃいけない矢印 だからキライ
こんなイメージで体を動かすことを敬遠してこられた方も、


終えたあとカラダが軽くなるピラティス
ぜひ一度ご体験いただけたら嬉しいです!ニコ 


リンク【自由が丘ピラティス】マットピラティス・グループレッスン  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
 


自由が丘にあるボディーワークスタジオPYPにて
ピラティスとシルクサスペンション™のレッスンを行なっています。

リンク 【自由が丘】 ピラティス プライベートセッションのご案内
リンク【自由が丘ピラティス】はじめてでも安心!シルクサスペンション™グループレッスン
リンク【自由が丘ピラティス】マットピラティス・グループレッスン  




1月のプライベートセッションスケジュール

10日(火)13:45~
11日(水)11:15~
17日(火)11:15~/12:30~/13:45~
24日(火)11:15~12:30~13:45~
31日(火)10:00~/11:15~/12:30~13:45~



 2月のプライベートセッションスケジュール

1日(水)11:15~/12:30~
7日(火)10:00~/11:15~/12:30~/13:45~
8日(水)10:00~/11:15~/12:30~
14日(火)10:00~/11:15~/12:30~/13:45~
21日(火)10:00~/11:15~/12:30~/13:45~
22日(水)10:00~
28日(火)10:00~/11:15~/12:30~/13:45~


(※1月17日現在)


※ご希望日時をお知らせいただいたのち、調整させていただきます。
    なお、スタジオの予約状況によりご希望に添えない場合もございます。
    あらかじめご了承くださいませ。


【 プライベートセッションお申込み 】

PC・スマホ共用お申込みフォーム : https://ws.formzu.net/fgen/S57670331/
携帯電話専用お申込みフォーム   : https://ws.formzu.net/mfgen/S57670331/


 1467787382102.jpg


1~2月のグループレッスンスケジュール

シルクサスペンション™グループレッスン

・1月11日(水) 10:00~11:00
・1月24日(火) 10:00~11:00


【シルクサスペンション™お申込み】
 >>> https://ws.formzu.net/fgen/S17570055/


IMG_20161028_232750676.jpg 


マットピラティス・グループレッスン

・1月17日(火) 10:00~11:00 
・2月14日(火)  10:00~11:00

【マットピラティスお申込み】
 >>> https://ws.formzu.net/dist/S3330598/

ご不明な点などございましたら、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。
  お問い合わせフォーム  >>>パソコンからはこちら  >>>ケータイからはこちら 




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



(Wikipediaより拝借いたしました)



今朝のテレビでテニスプレイヤーの大坂なおみさんが取り上げられていました。
なんと大坂選手にテニスを教えたのはお父さんなんだそうですね!


とはいえ、お父さんは元テニスプレイヤーというわけではなく、
バスケットボールやアメリカンフットボールをされていたんだとか。


なのに、大坂なおみ選手とお姉さん、二人の娘をプロテニスプレイヤーに育てた!


特にフットワークやコーディネーション強化を心がけてきたそうです。
お父さんはテニスそのもののに関しては素人だったかもしれないけど、
恵まれた身体能力をフルに生かすための土台づくりを
子どもの頃から指導されてきたんですねー。


ピラティスもカラダの土台をつくるエクササイズ。
だから多くのアスリートがトレーニングに取り入れています。


カラダの土台を整えておきたいのはアスリートだけではありませんよね。
どんな物事もベストパフォーマンスは安定した土台の上に成り立つ。


実はクリエイティブなお仕事をされてらっしゃる方にも
ピラティスの愛好家は多かったりするんですよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



自分の適性を知る!
「4つのポジショニング」セミナーのお知らせです。



4つのポジショニングとは
仕事の適性、コミュニケーションの改善、
自分の生かし方に役立つマルチツールです。


概念を知れば、これまで疑問だった様々な疑問が解けてきます。


人の特性は

□トップ(T)バック(B)
□アタック(A)サポート(S)

という2つの系統に分け、
さらにこれらを組み合わせることによって

■トップアタック(TA)
■トップサポート(TS)
■バックアタック(BA)
■バックサポート(BS)

という「4つのポジショニング」に
カテゴライズすることがでできます。


個人で仕事していく場合、最初はこの4つのポジショニングを
ぜんぶ一人でこなしていく必要がありますが、
自分の不得意な分野を少しずつ得意な誰かに任せ、
チームで動いていくと仕事力を向上させることができます。


もちろんがっちりチームを組まなくても
外注という形を取ったっていい。
例えば私は苦手な経理を外注してます。


一人で仕事するにせよ、チームで仕事するにせよ、
4つのポジショニングの概念を知っているのといないのとでは
仕事力には確実に差が出てくるはず。


ちなみにこれは仕事に関わることだけじゃなくて、
子どもの学校のPTAとか、趣味のサークルとか、
家庭内での役割分担なんかにも当てはまります。


人はけして一人では生きていけない動物だから、
誰もが知っておくとほんと便利なツールだと思います。



こんな方におススメです!


  自分のポジションを知りたい方
  無理なく成果を出したい方
  うまくいくチームをつくりたい方
  人間関係をスムーズにしたい方

  自分の強みや特性を生かせるもの(こと)を明確にしたい方



「4つのポジショニング」セミナー(3時間)

・
日時 : 2017年1月19日(木) 14:00~17:00
・価格 : 8,640円(税込) 
・場所 : 渋谷(予定)
・定員 : 5名  残4

お申込みフォーム >>> https://ws.formzu.net/fgen/S43841023/


「4つのポジショニング」の概念について、私自身の経験と知恵を交えながら
少人数セミナーでゆっくりじっくり分かりやすくお伝えします!



【講師紹介】  

西村 由美 
フィットネスインストラクター歴26年/ピラティスインストラクター歴13年。年間のべ3,000名以上にレッスン指導してきた経験を生かし、大手フィットネスクラブのインストラクター養成やマニュアル監修を手掛けるなど、フィットネスを「教える仕事」のスペシャリストとして活躍。
現在は「分かりやすい」と評判のピラティスレッスン指導のほか、エスモーズセミナー「教える仕事の心得」習得講座を中心にセミナー講師としても活動している。
2016年秋よりエスモーズの初心者部門および講師養成講座を担当。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)