退職記念日

テーマ:

3月21日の今日は、ついに退職日。
さっき、保険証も郵送で返却した。明日には、国民保健の手続きに行かないとな~。
新卒で入社した会社で約7年働いて、退職。
その後、カナダに約1年の長期留学をして帰国。
そして、転職して入社した会社で約4年働いて、退職。
長かったような、短かったような…。
なんだか、とても不思議な気持ち。


実は、2016年の3月21日から『3年連用日記』という、3年間つけられる日記をつけていて、2017年3月21日の今日からはついに2年目音譜
私は結構な記録魔で、日記の他にも毎日、体重&体脂肪と家計簿、Study Plusというアプリを使って、何をどれだけ勉強したかの勉強の記録もつけている(まあ正直、たまにサボって数日分、まとめて記録しちゃう時もあるけど汗、一応続けている…)。
子供の頃は、夏休みの宿題の中で一番嫌いだったのが、毎日の日記だったけど、人って変わるもんだな~。
大体、日記とかって新年の始め…1月1日から始める人が多いだろうけど、私は「思い立ったら吉日」派なので、この3年連用日記も3月21日から始まってる(笑)爆  笑
食べ物だって、「食べたい!」って思った時が一番美味しいと、感じるでしょう?
だから、「やりたい!!」って思った時が、一番始めるのに良いタイミングだと思うんだよね音譜
アレコアレいろいろ考えているうちに、気が変わっちゃうかもしれないしね…あせる


さて、1年前の日記を見返してみると…すごいな。
最初の1週間だけで、ほぼ毎日「がんばろう」と「頑張らなくちゃ」って、書いてるよ(苦笑)。
そして平日は、ほぼ仕事の愚痴ばかり…。
うわ、土日も趣味の勉強以外に、仕事関係のことやってるよ…。
日曜日の日記は大体、「明日からまた仕事だ~…(><)頑張らなくちゃ……」で、終わっている。
大丈夫なのかしら、このコ…って、過去の私だ。って、さっきから何度セルフ・ツッコミしたことか(笑)。
私が珍しく、facebookでも愚痴った辺りの、去年の5月~6月頃の日記は、特に暗くてヤバイ日が多いね…。
その頃、ちょうど仕事もすごく忙しかったってのもあるんだけれど…。
「疲れた」「眠い」「憂鬱」「はぁ~…(溜息)」が目立つな~。
それでも、「がんばろう」「頑張らなくちゃ」ってあるんだもんなー…。
確かに、あの日々は辛かった……ドクロ
夜、ベッドの中で泣いた日も何度もあったしね……えーん
でもその辺りから、自分が本当にやりたいことは何なのか、悩みながらも真剣に考え始めた気がする。
(その時、相談に乗って下さった方々、あの時は大変お世話になりました!!)
日記によると、やっぱり大体この頃から、アドラー心理学の本や、ユダヤ人心理学者が書いた『夜と霧』といった、心理学関係の本も読んでるし、“癒し”に関する仕事がしたいみたいなことが書かれている。
今もプロコースで学んでいる、「日本メンタルヘルス協会」で心理学講座を受講し始めたのは、去年の7月23日からかー。
いろいろあったな~(しみじみ)。


“他人と過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ”って、メンタルの心理学講座で学んだ。
変えることはできないけれど、たまには過去を振り返ってみるのも良いと思う。
だって、“現在”があるのは、“過去”があったからだし。
“未来”を変えるためのヒントが、今まで歩んできた“過去”にあるはず。
過ぎ去ったことを後悔するためじゃなくて、これからやって来る“未来”のために、時には“過去”を振り返ってみる。
そのためにも、私はこれからも日記を―――
一瞬で“過去”になってしまう、現在である“今、ここ”を記していこうと思う。
 

ピンクハートいつもありがとうございます流れ星ピンクハート

 

AD

“お天道様”に恥じない生き方

テーマ:

小さい頃、祖母によく言われたのは、「誰が見ていなくても、お天道様が見ているからね。悪い事をしたら、必ず罰(ばち)が当たるよ」だった。
その当時は、“お天道様”が何なのかイマイチよくわかっていなくて、神様かご先祖様なのかな~くらいにしか、思っていなかったけれど。
子供の嘘やいたずらを戒めるために、昔はよく言われた言葉。
他には、嘘を吐いた時に「閻魔さまが舌を抜きに来るよ」…とか。
核家族化が進んでいて、二世帯家族が少なくなった今では、そういう昔からの教訓(?)みたいなモノを聞ける機会も少ないのかな。

 


話しを“お天道様”に戻して。
少し大人になって、“お天道様”が“太陽”を意味することを知ったけど、象徴的な意味として、神様や仏様、ご先祖様としても扱われるらしい。
でも最近は、“お天道様”を自分の“良心”とも捉えるようになった。
「お天道様が見ている」と思えば、例え他の誰かがやっていても、悪い事であれば踏みとどまれる。
それとは逆に、人と違うことやちょっと変わったことをすると、やたらと注目されてしまう事のある日本では、例え良い事であっても、するのに勇気が必要な時もある。
道ですれ違った人に挨拶をしたり、落ちているゴミを拾ったり、電車などで席を譲ったり…。
良かれと思ったことをして、思わぬ誤解を招くくらいなら、無関心や無視を決め込んだ方が良いと、思ってしまうこともある。
そんな時も、自分の“良心”がうずく。

 


人は環境や周りの人間に流されやすい生き物だけれど、良心に反することを行えば、後で必ず後悔したり、自分で自分に嫌悪感を抱く。
少なくとも、私はそうだ。
それこそが、“罰(ばち)”だと思う。

 

「誰が見ていなくても、お天道様が見ているからね。悪い事をしたら、必ず罰(ばち)が当たるよ」

 

素直な心を持った子供の頃に、この言葉に出会えていて、本当に良かった。
この言葉を思い返せば、今自分がするべきなのかどうかがわかる。
判断基準は、その他大勢の“みんな”じゃなくて。
他の誰でも無い、自分自身の“良心”。
勇気が必要な時もあるけれど、“お天道様”に恥じない生き方ができれば、気持ち良く生きられるんじゃないかな。


ピンクハートいつもありがとうございますラブラブピンクハート

 

AD

モグモグごっくん、価値観

テーマ:

小さい頃、両親(特にお母さん)からは、「他所は他所、ウチはウチ」とか「お姉ちゃんなんだから…」って言われて育ったのは、今でも覚えている。
子供の時は、それがただの理不尽としか思えなかった。でも―――
それだけが原因じゃないだろうけど、そのお蔭か「私は私。他人は他人」って思えるようになったし、責任感も強い方だと思う。
“自分の道は、自分で切り拓く。自分で決めた以上は、周りのせいにしない”というのが、私の価値観の一つになった。
それには良い部分もあれば、悪い部分もあって。
私の場合は、一度「こう!!」と決めたら、それに向かってひたすら努力はできるんだけど、あまり周りのことは見えなくなるし、何かを言われても聞く耳を持たない。
簡単に言うと、頑固で視野が狭くなる。
あと、好きなことや興味のあることに関しては、とことん頑張れるけど、嫌いなことや興味のないことに関しては、時間の無駄としか思えなくて、小指一本動かすのもイヤ。
…なんとも極端な価値観だ(苦笑)。


今までは、自分の価値観に合わないことがあると、ただ反発するか、いきなり無視を決め込んで、シャットダウンしていた。
でも今は、「そういう考えもあるよね~」と、一度は受け入れられるようになった(いや正直、未だに時々は失敗するけど…あせる)。
自分が様々な経験を経て、今の価値観を形成したように、他人は他人で、それぞれの経験があって、それぞれの価値観がある。
他人の価値観を全否定するということは、その人がこれまで歩んできた人生そのものを否定してしまうのと、同じなんじゃないかな。
だから、自分の価値観が絶対に正しい!!とは思わずに、違う価値観も認めて、受け入れてみる。
人の数だけ存在する、それぞれの価値観。
自分の価値観がしっかりしていれば、反発せずに「それは、それ。これはこれ」として、受け入れられると思う。
そうすると、今よりもっと、視野が広くなって、人間としての器が大きくなるんじゃないかな~。
なかなか簡単ではないとは思うけど、食わず嫌いせずに、まずはモグモグごっくん、してみよう音譜
意外と、珍味に出会えるかもしれない爆  笑(笑)!?

 

ピンクハートいつもありがとうございます音譜ピンクハート

 

AD

「私らしく、好きなことを仕事にして楽しみながら、自分も周りも幸せにする!!」
と、いうことが、私にとっての“成幸”。
ただ、“趣味”ではなく“仕事”をする以上、ビジネスとして継続させるためにも当然、お金を稼ぐことも必要。
プロの心理カウンセラー、セラピストとして、クライアントに満足して頂いた上で、その対価にお金を頂くためにはどうすれば良いか。
自分の魅力・強み・オリジナリティーは何で、それを誰に、どうやって提供するか。
クライアントになるのはどんな人で、自分が関わることによって、どんな風になって欲しいのか。
心理カウンセラーである、衛藤先生が仰っていたように、私が「100人に1人の存在」になるためには、どうすれば良いのか。
『「私らしさ」のつくりかた』の著者である、猪熊真理子さんが仰っていたように、私が「1000人のファン」を作って、キープするためには、何をしたら良いのか。
そんなようなことをずっと、寝ても覚めても常に考えている。


今日は、「私の魅力は何か」に関して書き出して、①自分も周りも魅力だと思っていること、②自分は魅力だと思っているのに、周りは知らないこと、③周りは魅力だと思っているのに、自分が知らないこと(似たような内容もいくつかあるけど)に振り分けてみた。
(『売れっ子セラピストになるための3つのステップ』菊地スミエ・著 参照)

 

①自分も周りも魅力だと思っていること    
まじめ
話しをよく聴いてくれる
努力家
一緒にいて気が楽で、ポカポカする
向上心がある
勉強熱心
誠実
読書家
嘘をつかない
約束は守る
実行力がある
自立している
忍耐力がある
行動力がある
ひたむき
人の気持ちを考えられる
一緒にいると、自分も頑張ろうっていう気持ちになる
自分を律することができる
パワーを分けてくれる
好きなモノに対する情熱はすごい
傾聴できる
前向き
粘り強い
人を癒すのが得意

 

②自分は魅力だと思っているのに、周りは知らないこと
マイペース
何事にも感謝できる
幼稚園からの親友がいる
英語が得意
人を喜ばせるのが好き
アロマテラピーを勉強している
心理学・カウンセリングを勉強している
好奇心旺盛
継続力がある
チャレンジ精神がある
素直
ユーモアがある(意外とおちゃめ)
感性が豊か
口が固い
自己信頼感がある

 

③周りは魅力だと思っているのに、自分が知らないこと
笑顔が眩しくて癒される
優しい
責任感が強い
可愛い
心が広い
真心で付き合ってくれる
気が利く
安心感がある
筋が通っている
信頼感がある
信念を持っている
心配してくれる
体力がある
グルメ

 

と、振り分けると大体こんな感じになった(「私の魅力は何?」っていう質問に答えてくれた、友人・同僚・後輩に感謝ラブラブ引き続き募集中音譜)。
次にこれらをまとめあげる作業があるんだけど、そこで今は止まっちゃってる…汗
なんか、上手くまとめられなくて……う~んあせる


ずっと考えてはいるものの、まだ“継続できるビジネス”にするためにはどうすれば良いかの、ハッキリとした「答え」は出てこない。
ただ、すごくワクワクはしてる音譜
「絶対にできる!」って信じて、まだ見ぬ未来のクライアントの笑顔を想像するのは、とっても楽しい!
もっと強く、自分がワクワクするイメージを潜在意識まで落とし込もう!!

ピンクハートいつもありがとうございます流れ星ピンクハート

 

普段の生活の中で、心がときめく時間は、どれだけあるだろうか。
いつもの日常の中で、瞳がきらめく時間は、どれだけあるだろうか。
今の毎日の中で、過ぎ去る時間は、輝いているだろうか。
たった一度きりの人生、“自分色”で描くことができているだろうか。


会社員を辞めて、自由な時間が一気に増えた。
以前は朝起きて、朝食・支度を済ませて、満員電車に押し込められて出社。
それから仕事、打ち合わせ、仕事、仕事、束の間の昼休み、そして仕事、打ち合わせ、仕事の合間に夕飯、気が付けば残業に突入。
その後、くたびれた心と体を引きずって帰宅して、お風呂に入り、一日で一番ぼんやりする、暫しのまったりタイム。
SNSのタイムラインを追っているうちに、あっという間に寝る時間。
明日、やらなくちゃいけない仕事の内容を考えて、憂鬱になりながらも就寝。寝たと思ったら、もう次の日の朝…これが、平日5日間の繰り返しだった。


それに対して休日はどうだったかというと、会社に行かなくて良い今と、そんなに変わらない。
朝5時には起きて、軽く運動して、ちょっと勉強する…これが私の“朝活”だ。
その後、英語の勉強を兼ねて海外ドラマのDVDを観ながら、ゆっくりと朝食。
片づけやお掃除、お洗濯などの家事を済ませたら、勉強をするために9時過ぎには勉強カフェへと出掛ける。
勉強カフェへ出掛けたら、帰宅するのは早くて夕方、遅いと夜10時~11時過ぎで、その間は勉強や読書、気分転換に本屋へ行ったりして過ごす。
こう言うと、大抵の人たちから「すごいね!」と言われた。
でも私は正直、「そうかな~?別にすごくないけどな…」っていう感想だった。
周りからは大変そうに見えるけど、私としては自分が好きでやっていることだから、それほど辛くはなかった。
それよりも寧ろ、例え忙しくなくても、会社で仕事をする方が数億倍、苦痛だった。
この違いは、一体なんだろう?


それは時間に対して、“自分がやりたい!”という主体性があるか、無いかの違いじゃないかな~。
以前は、「やりたくないけど、やらなくちゃいけないこと」や「やらされてる感」が満載の時間を過ごしていた。
それはとても嫌な気分だったので、何とか自分のために「コレは後で、自分にとってプラスになる!」とか「頑張れば、いつか報われる!!」と無理やりポジティブ変換を試みてはみたけど、以前の仕事では限界があった。
それで辞めて、今に至っている訳だけれど…。


それでも今はまだ、理想の時間は過ごせていない。
上手く言葉にもできないのだけれど、濃い霧の中に漸くぼんやりと浮かんだ影を追いかけているような…
抽象的で、ハッキリしない状態。
正解のない“答え”を、必死に模索している感じ。
本当はもっと、自分にしかできない役割を見つけて、私らしく生きることで、自分も周りも幸せにしたい。
今、言えるのは…
もっと、夢・理想を具体的に描いて。
それに対する、自分の現在地を知って。
そこから、夢・理想に近づくためにはどうすれば良いのかを考えながら、一つ一つ実行していく。

今年の年明けに決めた行動指針である、“動きながら考え、心が感じるままに動く”を実践していく。
正直、自分でも曖昧でハッキリしない今の状態は、焦るし不安もある。
ちゃんと、途中で棄権せずにゴールまで辿り着けるのかな~…とか。
最後まで諦めずに、夢を叶えることができるのかな~…とか。
だけど―――
今はその道筋を、精一杯楽しもう♪


泣いても笑っても、1日は24時間。
幸せでも不幸でも、人生は一度きり。
どんな不平等に生まれても、いつか死ぬという事実の前には、誰もが平等。
私は、この限りある時間をどう生きよう?
そう、考えた時―――
普段の生活の中で、もっと心がときめく時間を楽しみたい。
いつもの日常の中で、もっと瞳がきらめく時間を感じたい。
今の毎日の中で、もっと輝く時間を過ごしたい。
たった一度きりの人生、私にしか出せない、“自分色”で描ききりたい。
そう、思った―――

 

ピンクハートいつもありがとうございます!流れ星ピンクハート