デジカメ持って

忘備録です


テーマ:
連休最終日、7月18日。

この日も天気はくもり

もう一度行ってみたいと思っていた、鴻之舞へ行きました。
初めて訪れたのは2年前のちょうど今時期です。(2年前の記事はこちら
その時は、廃墟や資料館があることに気付かず、目についた箇所だけを写真に収めただけで、その後ネットサーフィンをして資料館があることを知りました。

丸瀬布から金八トンネルを抜けると、金鉱で栄えた鴻之舞に入ります
ちなみに、金八トンネル金八の名前の由来は、芸者金八姉さんからとったものだそうです。



43年前まで賑わっていた場所とは思えないほど、今ではゴーストタウンなっていて、舗装された道路以外、両サイドから見える景色は、雑木林ばかり。
人が住んでいたと言われても、ピンときません。
ここから、目的地になる旧上藻別駅逓跡地(郷土資料館)へ向かうのですが、途中でいくつか跡地を見て回りました。

鉱山発見の最初の場所となったのは枝幸で、更に紋別空港から近い八十士でも砂金が発見され、町は大騒ぎになったそうです。
まだ近くにも砂金があるのではないかと、紋別周辺を山師たちが砂金堀を始めたところ、この鴻之舞で発見され、ゴールドラッシュで賑わったとのことでした。

この土地を住友が買い取り、大正7年12月に操業開始
人口は徐々に増え、多い時で1万3千人を超えた時期もあったそうです。
更に鴻之舞には9か所の地区がつくられ、各地区には入浴施設があり、全て無料で入浴ができたので、時々住民以外の人が、入浴に来たなんてこともあったそうです。

また、映画館も建てられ、観賞料は無料。
また、商店街もできるのですが、土地代はすべて無料。
水道光熱費は、半分を住友が負担していたそうです。

ここから最後の場所に、住吉町の跡地があります。
住吉町は、緊急が起きたときにいつでも集まることができるように、教員たちや住友の役職の人たちが住んでいた場所だそうです



建物をいくつか見つけました
藪に囲まれているため、注意深くあたりを見ていかなければ見落としてしまいます

写真は社員住宅で、旭町周辺で見つけました。
囲まれていると言うより、匿っている。
「見世物ではないぞ」と訴えているようでした。



喜楽町地区を過ぎたあたりで、小さな建物を発見しました。
書類などを保管する書庫だそうです。



行く先々で建物や跡地を見つけるのですが、ほとんどが藪に隠れていて、雑草だらけ。
「関係者以外立ち入り禁止」の札がかかっていて、入るには周囲が気になって入ることが出来なかったのですが、主人は堂々と入っていきます

あとでわかったことなのですが、この土地は住友のものなので、資料館を管理している人でも、勝手に雑草を駆ることはできないのだそうです。
ただ、立ち入り禁止の場所は、車で入ることは出来ませんが、チェーンで囲われた場所以外であれば入ることができ、写真を取るのは構わないそうです



中学校跡地



この橋を渡った場所に校舎があったそうです。
ここから先入ることが出来ないと思い、橋の手前で写真を撮っただけなのですが、チェーンで囲まれてなかったので、どうやら行っても良かったみたいです・・・

資料館で中学校の写真を見せてもらったところ、写真には校舎手前にプールがあり、プールには観客席が設けられていました。
ここでは毎年水泳大会が行われており、この中学校を卒業された管理人さんの自慢の学校と仰っていました



学校のすぐそばに、そのままの形で残されていた民家を発見しました
初めは教員住宅だと思ったのですが、教員は住吉町に住んでいたと後で知り、ここは民家だと判明

ちなみに小学校はここからまだずっと手前。
多い時で生徒数が昭和17年の1593人。31クラスもあったそうです。

小学校の卒業生の中に銀河鉄道999で有名な、作曲家の故宮川泰さんがおります。



ここが、上藻別駅逓跡。郷土資料館です
「旧駅」だと思っていましたが、大正時代、北海道はまだ道路が開通されておらず、馬が人の足となっていた時代でしたので、馬を貸し出す場所として駅逓が道内各地に設けられ、他にも運送・郵便・宿泊の業務を取り扱っていたのがこの駅逓所で、北海道独自の制度だったそうです。

道路が開通すると、人の出入りが増え、この駅逓も増設されたそうです。

上藻別駅逓は8年前に国の登録有形文化財に指定されました
資料館には数人のスタッフさんがおり、この町に想いれのある方ばかり
今回、鴻之舞の歴史を教えてくださった方は、この場所で生まれ育ち、閉山されるまで働いていたそうです

登録有形文化財に指定される前までは、手弁当1つで活動し、一切の報酬は貰わなかったそうですが、平成20年に国の登録有形文化財に指定されると紋別市が動き、道が駐車場を整備し、現在は交通費程度の報酬を貰っているそうです

そのスタッフさんは鉱外勤務だったので、鉱内のことはあまりよく知らないと言っておりましたが、それでもこの町の歴史が聞けたのはとても貴重でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
連休1日目

天気が良ければ、道南方面。

天気が悪ければ夕張を希望していました

7月16日天気はくもり

行先は夕張ではなく、主人の一声で、鹿追町に決まりました

午前は現場の仕事が入っていたので、出発は午後からです。
午後から出発だったことや、なるべ短時間で目的地に着きたい主人の切望で、昨年秋に、熊と出くわした置戸三又林道を通ることに・・・
この場所、私が何度も絶対に通りたくないと訴えている場所なのですが
ドライバーは主人。

権限は自分にあると問答無用で、林道を通る通らないで、出発早々喧嘩勃発でした



写真は糠平湖です

糠平温泉郷から鹿追町へ向かう途中に、広い空き地が見えたので車を止めてもらい、少し歩くと、糠平周辺が一望できる展望台のような感じになっていました



「千畳くずれ」といいます。

糠平湖を見降ろした後更に前へ突き進み、白樺峠に入ると、両サイドに駐車スペースが広く設けられていました。
初めは特に気にすることなく、鹿追方面へ向かったのですが、峠からさらに突き進むと、扇ヶ原展望台を見つけ、そこで休憩を取った際に見つけた案内板で「千畳くずれ」の存在を知ったのでした

写真は翌日に撮ったものです



扇ヶ原展望台です。

然別湖周辺を見下ろすことができる展望台で、天気が良ければ



こんな絶景を一望できます(写真はこちらからお借りしました)
ここは2日の間に4回ほど訪れましたが、景色を見ることが出来ませんでした



然別湖です。

そして向こうに見える山は唇山
湖面に映る姿と形が唇に見えることから名付けられたそうです



湖には魚がうじゃうじゃ・・・




そして湖も綺麗です
車窓から眺めていたときは、オンネトーによく似ているなと思ったのですが、実際湖を観察してみてみると、神の子池にも似ていると思しました
この然別湖は標高810mの道内では一番高い場所にあり、神の湖、天空の湖と呼ぶ人もいるそうです。



その湖にプカリ浮島が見えます。
よくよく見ると鳥居も見えました
ここは人が入ることを許されない、縁結びの弁天島と呼ばれているそうです
弁天島に入ることは出来ませんが、遊覧船が運航しているので、近くまで見ることは出来るかもしれませんね


さて、天気があまり良くなかったのと、前回の反省を活かし、今回は即席キャンプカー(作業車)で外出しました。
今年に入り、少しずつですが車に荷物を積み込むための整理棚を作り、エアーマットも用意しました。

車中泊として選んだ場所は、道の駅です
キャンプ場も考えたのですが、こちらは車が留められないほど、利用者が多く、全会一致でキャンプ場は却下
道の駅は2か所あったのですが、ほとんどノンストップで車を運転していた主人は、一番近いうりまく道の駅で一夜を過ごすことに。
乗用車とは違い、作業者なので広く場所を使うことができ、また、エアーマットを利用したので、とても寝心地は良かったと思います

ただ、枕が高くて寝ずらい

マットと一体した枕で、高さ調整が出来ないのが残念でした

そして、やはり隣の鼾がうるさい

あれ、なんとかならないかな・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月28日晴れ??
妹から電話が来て、午後から妹の運転でドライブです。
まず腹ごしらえに、回転ずしのトリトンで昼食を済ませ、再び東藻琴の芝桜公園へ行きました。




午前中は天気が良かったのですが、東藻琴に着いた時には天気が崩れ始め、空気も少しヒンヤリ
これから階段を上るにはちょうど良い気温。



妹、入口前までは来たことがあるそうですが、お連れの方は花より団子で、入口で販売されている食べものにしか興味が無く、園内に入ったのは今回が初めてだと言っていて、園内に広がる芝桜の絨毯に感動し、興奮しきりでした。
折角なので、ここで記念撮影をして、心臓破りの階段を上ることに。



今回は観光客が多く、特に中国から来た観光客が目立ちました。


一色敷き詰められた芝桜も綺麗ですが、所々に散りばめられた色の芝桜も綺麗。



宝くじが当たりますように・・・



我が家の3日分の食費・・・
わずか5分程度の遊覧飛行を楽しむには、主人と息子、そして私の食事を3日分抜かなけれねば乗ることが出来ない(汗)




1時間ほど園内で満喫したあとは、妹にわがままを言ってメルヘンの丘へ
前回行った時も天気に恵まれなかったのですが、今回もポツポツと雨
なかなか晴天には恵まれないな・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
5月15日
天気・・・ちょっと怪しいけど、晴れ

東藻琴の芝桜まだ満開とは言えないのですが、見ごろを迎えているというで、行ってきました

8時ちょうどに芝桜公園に到着
駐車場は既に20台近くの車が停まっていました。



恐怖の、心臓破りの階段
287段あるこの階段は登りがきつく、まだ半分も歩いてないのに
心臓が飛び出そうでした

しかし、まぁ

今年は、階段に縁があるな・・・



中央に立つ2本の木は、夫婦白樺と呼ばれているそうです



頂上に到着した後は、例年遊覧車に乗って下へ戻るのですが
今回は全部回ってみようと言うとこになり、

今年は桜と芝桜のコラボを見ることが出来ました





この階段を歩いたのだよ












いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回の釣りはほとんど不発で、最後に富武士で釣りをして、そこで釣れなければ、あきらめて帰ろうと言うことに。



その最後の神頼みである富武士に向かう途中で、「サロマ展望台」の案内板が立っています
以前から気になっていて、主人に行きたいとお願いしていたのですが、自分が興味のない場所は、聞こえないふりを貫く人で、1度も行ったことがありませんでした。
そこで今回は強気に、そして命令口調でお願いしてみることに(笑)

展望台なので、高い場所にあると予想が付いていたものの、正直悪路だとは思ってもいませんでした。
奥へ奥へと進んでいくと、いつ土砂が崩れても不思議ではなく、道幅が狭く、急カーブあり
ハンドル操作を誤ると、真下に落ちてしまいそう・・・
しかも驚いたのは、雑木林にポツンと、錆びれたポストが、寂しく立っていたこと。
かつては人が住んでいた場所だったことを、ポストが無言で語っていたるようでした。



さて・・・展望台駐車場に到着
幌岩山と言われ、登山ができるルートがありました。

しかし・・・
また階段かぁ・・・



もう少し・・・



到着(^O^)



幌岩山は標高376mあると言われ、この展望台は昔『幌岩山展望台』と呼ばれていたそうです。




遊覧船かな?



手前に見えるのがサロマ湖
写真では解りづらいかもしれませんが、うっすらと横に線が見えるのですが、そこから向こうがオホーツク海です。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
AM2時起床
お弁当を作って、コーヒーを落として、それをポットに入れて・・・
3時少し前に出発



能取湖―栄浦―浜サロマ―富武士
ご覧のフルコースで、1日を釣りに費やしました



家を出たときはまだ、あたりが真っ暗だったのに、能取湖に到着した1時間後には、日の出が始まりそうでした。



能取湖は産卵のため、しばらくの間、釣りは出来ません
今日が最後の釣りになるので、先に能取湖で釣りをし、たくさん釣れれば、しばらく居座るつもりだったのですが・・・


氷下魚が二匹連れた程度。



私は2時間ほど仮眠
実際には3時間眠っていたそうです・・・
3時間粘ってみたものの、連れる様子が無く、移動決定



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


嫁に行った娘が、風邪気味で家に戻ってきているため
午後から孫と一緒に、上ところにある金刀比羅山神社へ行ってきました
天気が良く、風も穏やか。
芝生の上にシートを敷いて、お弁当を食べながらお花見を楽しむ方もいました
そして、ここでもデイサービスの利用者さんが、専用車に乗ってやってきて
記念撮影をしていました



上の駐車場に車を止めて、そこから歩いて階段を上るのですが
今回は孫を抱っこしながら階段を上がったので、例年よりきつかった(>_<)
1人で孫を連れて行くには無理があると、予想はしていたので
主人も一緒に来てもらったのは大正解でした。
交代交替で、孫を抱っこしながら階段を上がる
心臓が破れるのではないかと思ったくらい、きつかったです



今まで使っていたメーカーとは違うカメラを使っているので
連写やフラッシュの場所を探すのも一苦労で、いまいち使いこなせず・・・
安さにつられて買ったものだったけど、これは失敗だったかな・・・



ちなみに孫は、知らないおじさんたちに手を振り
愛嬌をふりまくり、アイドル気分(笑)
おまけに若い女性が好きなようで「可愛い」と言いながら
ついて行こうとする
思わず「クレヨンしんちゃんか!」と、突っ込みを入れたくなりまたわ
一応、女の子です(笑)



そんなんで、ゆっくり桜を見る余裕が無く、翌日もう一度行ってきました
今度はライトアップされた時間に・・・



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
飛び込みの仕事や、子供が帰省したのもあって、私たちのGWは最終の7・8日でした。
7日はお決まりの釣りにつき合わされ、8日も釣りになるところだったのですが
風が強く、巨体の私でも飛ばされそうな勢いでしたので
海方面は控え、フラワーパラダイスへ行きました。




FBの過去ログ見てわかったのですが、ちょうど1年前の母の日にも訪れているのですね




母の日というとこもあり、昨年は、義母と一緒に来たのですが、
今年は妹を誘うと思い、連絡を取ったところ、仕事が入っているということで、今回は主人と2人



風が強い以外は天気もよく、気温も夏日並みの暖かさだったので
花見客がとても多かったです。
特に桜が満開だったのもあり、特養施設の利用者さんたちが多かったです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ところどころ雪が残っておりますが、ようやく春らしくなって

フキノトウが顔を出しています。

ふきのとう



そして私も、冬眠からなんとか目覚め(汗)先週くらいからあちこち出歩いています。

昨年の秋にデジカメを壊してしまい、写真を撮ることが出来なかったのですが

今年に入り、新しいカメラを買ってもらい、早速、先週から使いはじめました。

画素数が以前の2倍なので、とても綺麗に映っています。

ただ・・・私の腕前は依然変わりなく、下手な横好きってことで(汗)


下の写真はちょうど1週間間に撮影したもの

佐呂間別川で数人の釣り人が、大きな魚を釣り上げていたので

様子を見に行こうと、橋を降りたのですが

釣り好きの主人です。釣竿を持たずに出かけるはずがありません。

当然のような顔をして、釣りの準備を始め、川に竿を垂らしました

うぐい

釣竿を垂らしてすぐにヒット

30センチ前後のウグイが釣れました

こちらは2度目に釣ったウグイ。

大きさは46センチです



そして今日は、浜サロマ→栄浦→常呂漁港

再び栄浦→佐呂間別川で、釣りです


SUN

午前中は天気が良く、心地よい暖かさだったのですが、11時を過ぎたあたりから

雲行きが怪しくなり、風もピュンピュンと吹き

手足が冷え、長時間外にいるのはさすがに堪える年頃です。

コーヒー

我慢できずに、私は作業車に戻り、車の中からコーヒーを飲みながら様子を見てました。


浜サロマ


まず、浜サロマですが・・・

無反応。

わずか5分足らずで、栄浦へ移動

ハクチョウ

栄浦へ向かう途中、路駐の車、2台発見

毎年、この時期になるとシベリアへ向かうハクチョウが、休憩地点として

サロマ湖にやってきます。

割と近くで白鳥を見ることかできるのですが

車を止めて見るには、通過する車の迷惑になるので

毎年通りすがりに車窓から見る程度だったのですけど

初老と思しき男性が白鳥に餌付けをしており、

2人の孫が鶴と戯れていました。

餌付けはあまり良くないのでしょうけど、鶴は警戒する様子無く

幼い子供たちが、楽しそうに鶴と戯れる様子は、見ていて微笑ましかったです。


さて、栄浦です。

栄浦では、小さなカレイが1匹連れた程度で、その後は全く成果なし

その真向い側に移動し、竿を垂らすと、1年ぶりのカレイを釣り上げました。

大きさ32センチ。

カレイ

この時期は産卵の準備に入るため、お刺身にして食べてもあまり美味しくないそうです。

フライか煮つけにして食べるのが一番かな??と、釣り仲間の方が言っていたので

ワンパターンですが、いつものフライあんかけにして食べる予定です。


その後、佐呂間別川へ

サロマ別川


ここではウグイ目当てに来たのですが、前回のように大きな魚に

めぐり合うことは出来ませんでした

1時間粘ってみたものの、次第に風が強くなり、断念しました












いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

8月30日(日)


天気晴れくもり


気温23度


8月最後の日曜日、久しぶりに日帰りドライブを楽しみました


行先は上士幌にあるタウシュベツ橋梁。


橋が老朽化していて、いつ崩落してもおかしくない状態


しかし補修が難しく、また、財政難のため


補修工事をする予定が無いらしく


崩落する前に、一度行きたいと思っていました。


主人は年のせいか長距離運転を避けたがり


あまり乗り気ではありません。


日帰りツアーがあれば、妹を誘って行こうと考えていました。


ところが昨日、主人が「行くぞ」と言うので


急いで外出の準備。


8時ころに出発しました




糠平に行くため置戸に入り、裏通りを抜けて


予定時刻より30分早く、上士幌に到着しました。


糠平温泉郷に向かう途中、湖を発見し


そこでボートに乗って釣りをされている方を見つけました


約50m先に駐車場があり、そこに車を止めて


湖にたどり着くと、コンクリートアーチ発見


1937年に作られたコンクリートアーチで


第三音更川橋梁というそうです


ここから先に、いくつものコンクリートアーチが姿を現します




鱒見トンネルを抜けてまもなく


姿を現したコンクリートアーチ


第四音更川橋梁です


ひがし大雪自然観でトイレタイム


館内を探索し、再び出発・・・・


実は、ひがし大雪自然観を後にしてから


三の沢橋梁を見つけるまで、随分と道に迷いました


前もってネットで場所を確認し、ナビを利用して


糠平源泉郷に行くのですが、ナビ通りに進むと


林の中に入っていくのです


なんか違うな・・・と思いながら


ナビ通りに林道を進んでいく・・・


林のど真ん中で突然


「目的に到着しました。ルートガイドを終了します」


ΣΣ(゚д゚lll)


Uターンしようにも、車1台がやっと通行できる狭い場所


広い場所を探して前を走り


ようやくUターン出来そうな道幅を見つける


が・・・


同じ場所で1台の車が、Uターンをしようとしていたので


さらに前へ進む・・・


道幅を見つける


また別の車がUターンをしようとしている


また前へ進む・・・


私たちの前を2台の車が走っていたらしく


たぶん(だけど)ナビに騙されたドライバーさん?


「そうでなければ、用もないのに何もない林ん中


走る奴なんておらんべ。しかもUターンしてるんだぞ」


確かに・・・(^_^;)


結局、別の場所を探してUターンをし


再び、ひがし大雪自然観に戻り


地図付パンフを貰い


ついでに近くの食堂で昼食を取ったため


1時間以上もオーバーです


ナビを信用し過ぎると、痛い目に合うとこの日、学びました(笑)




ひがし大雪自然観を過ぎてまもなく右折し


旭川・層雲峡方面へ向かう国道273号線に入る


右折してすぐの場所に糠平川橋梁が


あったのみたいなのですが、全く気がつかず


2キロ近く真っ直ぐ進むと「三の沢橋梁」の案内板


駐車場はとても広く、トロッコも運行してる様子でした


上の写真は、三の沢橋梁です


三の沢橋梁を渡って、糠平湖に行くことが出来ます




糠平湖


ダムによって形成された人造湖で


ヤマベやワカサギなどが放流されているそうですよ


三の沢橋梁を観た後は、4キロ先にある


タウシュベツ橋梁


タウシュベツ橋梁を近くで見るには


ひがし大雪自然ガイドセンターのバスツアーを利用するか


森林管理所から許可をもらう必要があるらしいのですが


バスツアーは有料で、2人分だと7000円近く


ちょっと痛い・・・


許可を貰うにも場所がわからないので、近くで見るのは諦めました


その代わり三の沢橋梁から数キロ先に


タウシュベツ橋梁展望所があり


国道の路肩に、3・4台停められる狭い駐車場に車を止めて


遠くからタウシュベツ橋梁を眺めることにしました



駐車場から180m。





見えました。


タウシュベツ橋梁


タウシュベツとはアイヌ語で「樺の木が多い川」と言うそうです


1936年に竣工され、周辺の砂利をかき集めて作られた


コンクリートアーチです。


1937年に上士幌~幌加内間が建設


糠平湖が建設される1955年まで、このコンクリートアーチの上を


鉄道が走っていたのです。


ダム水位があがる6月頃から橋が水に埋まり


水位の変動により、橋が見え隠れすることから「幻の橋」と呼ばれ


天気の良い日は、湖面に橋が写ることから


「めがね橋」とも呼ばれているそうです


近くで見られなかったのは残念でしたが、


もしチャンスがあれば、次回は妹を誘い


バスツアーを利用してみようかな??


それまで崩落せずにいてほしい。と、願って(^○^)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。