今は亡き、報道ステーション、
岩路真樹ディレクターの過去のブログ記事が素晴らしい!










つぶやきいわぢろう

2012.12.17 ~の記事より


勝ったのは自民党でなく官僚
http://blog.iwajilow.com/?day=20121217

民主党が壊滅し自民党が大躍進しましたが
実は僕たちの生活というのはほとんど変わらない
のではないかと思っています。

というのは、本当の民主党政権があったのは
実は最初の10カ月だけで、その後は自民党時代と同じ官僚政権
になってしまったと考えているからです。

恐らく、民主党の代表選で小沢一郎氏と菅直人氏が戦って
菅直人氏が勝った時が終わりの始まりだったのだと思います。

圧倒的な民意を得て民主党政権が誕生したとき
色々な方から「官僚は本当に危機感を覚えている」と聞きました。

そして以下は僕の妄想です。
こんなことがあったらいやだなぁと想像しながら書きました。

彼らはサボタージュ、密告、アメリカへのご注進、でっち上げ、
情報操作…さまざまな手を使って、その時の中心人物である
鳩山由紀夫氏と小沢一郎氏を権力の座から引きずり降ろしました。

その状況を間近で見ていた菅直人氏は官僚を敵に回すと
自分も同じ目にあうと感じました。
そこで官僚のご機嫌をとるために「消費税増税」を言いだします。

しかし、参議院選挙で民主党は惨敗。
本当は、民主党はここで気がつくべきでした。
自分たちは「官僚に騙されている」と。

官僚の力でなく、圧倒的な民意で政権を取ったのに
その民意を裏切れば支持率が下がるのは当たり前です。
民主党は民意の後ろ盾がなくなり官僚に支えてもらわなければ

政権運営ができない状態になりました。
本来は優れた政治的能力を持つ小沢氏の力を借りて

官僚の影響力を排除するべきでしたが
もはや官僚のいいなりとなっていた面もあったし、

自分の非を認めないという彼自身の性格とプライドの高さも
あったでしょう。


「小沢氏が惨敗の原因ですよ」という官僚の言葉にすがり
「小沢さんにはしばらくおとなしくしていてほしい」などと
本来の敵を見誤ります。
そして小沢氏の力をそぐことに全力を注ぎました。
官僚は身内の中で争ってくれれば万々歳です。
批判は官僚ではなく小沢氏の方に向くからです。

これこそ近隣諸国と敵対させて団結させない事で力をそぐ分断統治です。
官僚の言いなりになって総理になった菅氏ですが
支持率低迷に苦しみ、これはやはり官僚に言いなりになっている
からではないか?と気が付きます。

そこで急に官僚の方針とは違う「脱原発」を言いだしました。
しかし時すでに遅し、もはや官僚に対峙できる側近はおらず、
あっという間に総理の座から引きずり降ろされていきます。

「官僚に逆らってはいけない」
このあとは赤子の手をひねるように
民主党は官僚のおもちゃとされていきます。

しかしやはり官僚にとって邪魔だったのは手練手管の小沢氏と
軽薄な約束をする鳩山氏でした。
この二人を徹底的に排除しなければならない。

小沢氏の事件では本来非難されるべきは検察ですが、
民主党には「小沢氏を叩けば支持率があがりますよ」
あるいは「きちんとした政策をしているのに支持率が上がらない

のは小沢氏の影響があると思われているからですよ」と
洗脳し検察批判を封じ込めました。
もちろんマスコミにもありとあらゆるネガティブ情報を流しました。
そして民意で信任された議員たちの意見よりも官僚の意見を
重要視するという完全に間違った判断をします。

これが消費税増税でした。
しかも官僚の言いなりになっていると見限られて先の選挙で
負けた自公との合意です。
これでは政権交代した意味がないと多くの有権者は思いました。

しかし野田という「マリオネット首相」は官僚の
「小沢さんたちがいるからゴタゴタして決められない政治と
思われているんですよ」という言葉を真に受けます。

小沢さんたちが出ていったのは官僚にとってこの上もないことでした。
「選挙のプロがいなくなれば、この党は壊滅する」

野田氏という「勘違いマリオネット」
あるいは「思い込みマリオネット」を見出したことは
彼らの勝利を決定づけました。

この時期の解散総選挙も官僚の入れ知恵だったのかもしれません。

公務員改革などに手をつける前に消費税増税に道筋をつけた
本人に解散をさせたのです。

もし年を越して公務員改革などに手をつけていれば
それこそ順序は逆になりますが「身を切る改革」「シロアリ退治」も
したという実績になります。
そんなことをさせてはいけません。

民主党が壊滅しても消費税増税は残ります。
しかし手つかずの公務員改革は何も進みません。
自分たちから権限を奪うようなことを絶対させません。

そして、この選挙で官僚たちは見事に鳩山氏を引退に追い込み
小沢さんを民主党から追い出すことで民主党も小沢さんも潰す
ことに成功しました。

このありさまを野党として見ていた自民党はそもそも官僚傀儡党
ですが 彼らは自分たちが甘い汁を吸うにはやはり官僚の言う
ことは聞かなければならないなと気持ちを新たにしました。

そして今回、消費税増税、原発推進を掲げて大躍進。
官僚の言いなりになっているといいことあります。
そんな官僚の皆さまには天下り先をたっぷり提供できる仕組みの一つ
公共工事200兆円をプレゼントしました。

その財源はどうするか?もちろん福祉の切り捨てです。
生活保護費や年金は削減しても私どもを支えてくださる官僚の
皆さまのお手当は決して削減いたしません。

官僚にとって、民主党政権とは
官僚に逆らうとどうなるのかを見せしめるいい機会でした。

彼らは自分たちに敵対する勢力をせん滅させることに成功したのです。


<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人


どこのマスコミも報じない(報ステ・岩路記者の自殺)
を取り上げた「FLASH」の突然の発売中止!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11922125310.html


実は、元日本テレビ報道局デスクでいらした木下黄太氏が、
ご自身のフェイスブックやブログにおいて、
岩路記者の自殺と「FLASH」突然の発売中止!とは、
全く関係ないと必死で打ち消されておられます。
反原発に止まらず、
節々の政治的な出来事の時に、よく発言される方です。

木下氏は、過去に、何度も勝手に私の記事をご自身のブログで
引用されていますので、お許し願えると判断し、
その部分をフェイスブックから引用します。

以下 ↓

9月8日

【週刊誌「Flash」回収に関して】

複数確認できたので、書いておきます。
このフラッシュの当該号に、報道ステーションディレクター
の自殺に関しても触れているが、内容は古館キャスターなどに
ついて書かれているテレビ記事が出ているので、
これを見せない為に、回収が仕組まれたという類の話を
流布しようとしている状況がまたしてもあるようです。

しかし、業界内部やフラッシュ関係者に聞いても、
全く違う話しかありません。
この号に、最近話題のアメリカの女優やタレントなどの
流出画像が掲載されて...います。
ネットからパクリで転載していて、それもまずいですが、
その画像掲載で、アメリカから被害者から訴えられる想定が
できておらず、訴えられたら、巨額の賠償金支払いとなる可能性に、
後から気がついて、慌てて回収しているそうです。

レベルが低すぎて話もしたくありません。
このフラッシュは、長年まともな取材記事が殆どなくて、
おそらくここ10年以上、袋とじだけで食べている写真誌です。
こうした写真誌が、ひみつの情報を掲載して、
陰謀で回収されることなど、まったくありえません。
業界人なら常識です。

しかし、レベルがとことんまで、低くなっていて、
最低限の防御も成立しなくなっている模様です。唖然とします。
いくら売れなくなっている週刊誌業界。
おわっている出版界とはいえ。

まあ、被曝している東京では、
こういうありえないミスが平然と起きてもおかしくありませんが。
チェックしている人たちがボーっとして
チェックしていないのでしょうが。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


9月9日

反原発にしろ、被曝回避にしろ、今回の「報道ステーション」
ディレクター自殺案件で、謀殺を匂わせるニュアンスを書いて
いる人たちは、人間として最低限の確認もしないし、
きちんとした対応をしない人が多いことは認識しました。

本人のある文言がどういう背景でのどういう発言かも
わからないまま、謀殺説を平気で垂れ流している人は、
相当数に上っています。

彼らの時代的気分、自分の立場からの感覚優先で、
現実でないことが拡散しました。

彼の知人関係者の中には、頭のおかしい妄想に呆れて、
僕も書かないようにしていた、
彼の個人事情を一部、公にされた人もいます。
こんな状態は本来おかしいです。

個人の自殺で、まわりがその個人事情をあきらかにしない
とならないほど、ネットでの妄想が伝播しています。
しかもそれが、原発事故の裁判関係者や著作を出している
元外交官まで及んでいるのを見ると、
本当にどうしようもないと思います。

こういうどうしようもなくて、駄目な人間達が多くいることを
改めて実感しています。

断言しますが、あなた方は、彼の死を弔っているふりをして、
自分達の活動の拡大のため、自己顕示欲の為、あらぬ妄想を
拡散させているだけです。

人間として最低。

こういう輩が、反原発サイド、被曝サイドに一
定数いることを本当に悲しく、不快に思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・


9月9日

【通告】「報道ステーション」ディレクターが謀殺されたと
思いたい方は、僕のフォローは止めてください。

友達も外れなさい。

現実も確認しない、バカの相手はしません。
汚らわしいです。
そういう低いレベルの情報発信を追認するのも同じ穴の狢。

どんどんフォローを外してください。

最低の人間は除外したいです。


<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




管理人

今日は、奇しくも9.11同時多発テロがあった日です。
今や、米国の自作自演であった事はバレバレな訳ですが、
その陰謀説がテレビで取り上げられた時に、当時、
狂ったようにその陰謀説を否定する発言をしていた
タレントがいました。
CIA工作員の噂が高いデーブスペクターがその人。


2009年6月14日のたかじんさんのTV番組911事件放送
1分15秒あたりからの執拗な攻撃~工作員の仕事してま~す。





もみじ
☆イタリアで国会議員が 『911は内部犯行』 と明言
http://ameblo.jp/64152966/entry-11623696229.html

<一部引用>


しつこいくらい、
一体何の為に自作自演をやらねばならないんだと
あの芸能人は、必死に議員を責めていましたね・・・笑。
教えてあげますよ ↓
http://ameblo.jp/64152966/entry-11601312207.html

<一部引用>

911爆破テロの本当の狙いも、実は借金帳消しにありました。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=242323
~より ↓

このブレディ債の満期、なんと2001年9月12日。
償還所要額は1,200億ドル。
借金を跡形も無く消し去りました。

ペンタゴンに飛行機が墜落したというのもウソで、
実は、ミサイルが打ち込まれました。
ミサイルが打ち込まれた場所には、何兆円もの
使途不明金の調査書類があった場所です。

また、WTCビルの地下には1,200億ドル相当の金塊が保管されて
いましたが、2001年9月11日の朝までに全部運びだされて、
それ以後、行方は不明です。
大方、NY連銀の地下金庫にでも隠されているのでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



何やら・・・
今回の木下氏の連発する発言が、このデーブスペクター騒動と
かぶって仕方無いのです。

岩路真樹ディレクターの知り合いの方が、
「FLASH」の記事の内容は、そのような陰謀論につながる
ようなものではなかったと発言していますが・・・

違うんです。
そうじゃないんです。
大衆紙の「FLASH」の内容なんて、見なくてもタカが知れています。

最大の問題点は・・・

報道ステーション 岩路真樹ディレクター 自殺

この3文字が、世間に出ること、それそのものを
何としても絶対に避けたかったということなんです。

事実、他では、一切その事実は報道されていません。
明らかに、強大な権力が報道管制をしていた。

まさに、その事実こそが、決定的な証拠 になるといえるでしょう。

その事を知らない「FLASH」は、その禁を破ってしまった。

だからこそ、闇の権力は、
世間の大きな関心を呼び、噂が次々と拡大することを
何としても封殺しようとした。
・・・という話になる訳です。

これは、関東・東北の放射能汚染の本当の実態を隠すのと
同じようなものだと理解すれば分かりやすいと思います。
まさに、表に出ては大変都合の悪い、困る連中がいたと
いうことです。


岩路真樹ディレクターと元日本テレビ報道局デスクの
木下黄太氏は、局は違えど、同じテレビ記者の出身ですが、
その人物像はまるで違います。



以下は、木下論争の時の安保隆さんの言葉です。
私も全く同じ気持ちで、生涯の記憶に残る名言です。


私も平時であれば他人を批判などしません。

自分に返ってきますから。


しかし、311以降は戦時です。

日本や日本人を守るために敢えてやっています。


戦争・・・ですから。





もみじ
関連記事


☆売られたケンカは買いましょう!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11392944835.html


☆木下さん!
あなたは、数々の疑惑に対して
何故、きちんと弁明なされないのですか?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11377424447.html





AD

コメント(8)