重要追加説明】 


JAL123便墜落事故の出回っている話はウソばかり



世間では、このJAL123便墜落事故に関して様々な情報が
交錯して流れています。
かなり意図的な撹乱情報も相当流されている模様です。
この際、ある程度、簡潔に整理しておく事に致しました。




その理由の第一は、また別の形でまた起こる可能性がある
からで、同じ過ちを何度も繰り返すようでは話になりません。




第一点 (最重要ポイント)




画像と文章は、Dawning様より拝借しました。







ぶつかったと見られるミサイル(標的機)



日航ジャンボ123便 垂直尾翼にオレンジエアが刺さっているカラー写真
$»ä¤ˤȤäƿʹÖŪ¤ʤ⤦³Ç̵¡Þï¤ʤ⤦³Ϥʤ¤
日航ジャンボ123便の垂直尾翼の写真 鶴丸付近に、オレンジ色の破片が突き刺さっているのが
確認できる。

123便の事故は、本当は○○隊が○落させたんだよ。
当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、
行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便に
ぶつかったんだ。墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸が
あったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ


━─━─━─━─━─



 ¤ï¤ó¤ï¤ó
管理人


無論、絶対という決め付けは出来ませんが、
この文言には、かなり疑念が生じています。


たまたま、操縦不能になるというのも極めて怪しい話ですが、
百歩譲って、仮に操縦不能になったと仮定しても、
JAL123便に衝突するという確率というものは、
実に、とてつもなく低いのではないでしょうか?


恐らくは、何万分の一~何十万分の一以下でしょう。
ですから、偶然に衝突した可能性は、ほとんど考えられないと
思ったほうが良いと考えています。


それよりも、コントロ-ルして、意図的に衝突させたといった
ほうが、はるかに現実性が高く、説得力もあります。

この一点が、まず絶対におかしいと断言しても良いと思います。



また、更に言えば、日航ジャンボ123便の垂直尾翼の写真 
鶴丸付近に、オレンジ色の破片が突き刺さっているのが確認
できるっていう写真も果たして100%信用していいものかどうか。


それは置いといて、結論から言いますと、
仮に、標的機が衝突したという説を採るなら、
それは、123便にめがけて意図的に狙われたに違いありません。


そして、その流れで行きますと、なかなか落ちなかったので、
更に、空軍機のミサイルによって攻撃され、止めを刺された
という可能性に行き着きます。



もう一つ、これも本命の一つですが、
最初から某国空軍機のミサイルで撃墜された。
そして、更にその上に、
標的機が、その墜落の原因であるかのように工作された
可能性も十分残っています。





更に、もう一つの情報を見てみます。






日航元社員からの情報で、既にこれは知る人ぞ知る国家機密とも:


「あの日、最初の衝撃音がした海域では、
米軍の極秘訓練が行われ、日航機には撃墜訓練用の
ターゲット飛行物が尾翼に接触。

米軍は民間機に危害を与えたことをオンタイムで掌握しており、
墜落現場にもいち早く到着し、救出活動に入ろうとしたが、
日本政府から『拒否』の連絡をした」という。






う~ん、これも何やらおかしいですね。


米軍が極秘訓練って、一体何をやっていたんでしょう。

米軍が救出活動に入ろうとしたが、日本政府が拒否した
っていう話を私に信じろって言われても、はっきり申し上げて、
全然無理な相談です。


植民地の日本の政府が、しかも、アメポチだらけの
政治家・官僚の中で、拒否出来るような性根のある
人間を探すほうが難しいよね・・・笑。
取り分け、軍事の世界の話では尚更です。


しかも、そんな話が、もし万一外部にでも漏れたりでもしたら、
ただの責任問題だけでは到底収まりますまい。
刑事罰はおろか、国家反逆罪にも相当するものです。


寧ろ、そのように言わされていると判断したほうが、
はるかに、しっくりきます。
皆さんも、そう思いませんか。


あの当時だったら、ふむふむ、そういう事かと思ってしまいそう
ですが、情報がかなり開かれた今の御時世に、こんな与太話を
信じろっていうほうが、土台無理です。



こうして見ると、撹乱情報とも思えるデタラメな話が、あちこちに
満載されているのを痛切に感じています。


まず、一番簡単な分析として、
この日航ジャンボ123便を何がなんでも撃墜させようと考えた
のは、一体どこの誰なんだという原点に立ち返るべきです。



私には、例のあの話しか浮びません。


一部引用


このころ中曽根内閣で、竹下大蔵大臣ですが、円が強すぎて、
アメリカと貿易摩擦が起こっていたのですね!

そこで、アメリカ側が、円を切りあげろと、いってきましたが、
竹下は、せせら笑って取り合わなかったのです。

そうしたら、アメリカは、JAL機にロケット弾を打ち込んだのです!


━─━─━─━─━─



円切り上げというのは、米国の至上命題だったはずです。
植民地の日本が、イエスといわなければ、激怒するはずで、
次に何を考えるのかは、子供にだって分ります。


事実として、物理的、軍事的恫喝は、それまでもずっとやって来た
歴史があり、それらの情況証拠にも困ることはありません。

とってもシンプルです。

何故、その他のたくさんある与太話にみんな騙されるのか。

こういった事実関係を心の感性で感じ取れなければ、
いつまで経っても騙され続けるだけです。

もうそろそろ覚醒しなければいけないと思います。

ソ連空軍機との交戦の話も出て来ていましたね。
そんなバカな話は無いと思います。


北海道で、スクランブル発進するのは結構ある話ですが、
日本の中心部付近まで、一体どこから飛んで来たというのか。
空母からでないと、帰りの燃料なんて無いでしょう。

しかも、全然レ-ダ-にも引っ掛からずに・・・

仮に、あの当時、ステルスが既に開発・実用化されていたと
仮定しても、支援機の存在もなく、ほとんど有り得ない話では
ありませんか。


自衛官の自殺させられた話も出ていましたが、統計からして
これは、事実のように思えます。
しかし、これを日本の当時の防衛庁が、そこまでやりますか・・・
そんな恐ろしいことを。到底考えられません。


もし、これを平気でやれるとしたら、
日本を植民地にしている某国しか考えられません。
某国の支配下にある、ある秘密組織。



それと、これらの一連の恐ろしい事実を、隠蔽しようとした連中が、
当時の政府や防衛庁の中に、相当数いたことは容易に考えられます。

いわゆる、防衛利権族の存在です。

つまり、米軍様がいてくれる事で、様々な利権にありついて、
長年ずっと美味しい思いをして来た連中です。

こういった連中には、本当の愛国心など皆無で、利権拡大と
出世や天下り先のことなどしか考えていないでしょう。
無論、かの国にシッポを振るだけの最大の傀儡亡者たちです。


あの御巣鷹山付近に、怪しい軍事設備の存在があるといった
話も、あまり信じないほうが良いと思いますけどね。

UFOの話が出てきたりと、まさに陰謀論が百花争乱の如くの
有様ですが、話を複雑にしている連中がワンサカいるのでしょう。




皆さん、はっきり申し上げて、我が国・日本においては、
工作員だらけだとと申し上げても良いかと思います。
特に、軍事評論家だの独立総合研究所だのといった所は、
もろに末端のCIA工作員だと思ったほうが良いです。

信用してはダメですよ、本当に・・・笑。
今回はこのへんにしておきます。






最後に、一番真実に近い秘密を漏らした人の言葉を
引用して締めくくりたいと思います。




事故調査にあたっていた前橋地検の山口悠介検事正は

「事故原因を、ぎりぎりまで追究すれば、戦争になる!」

と発言しています。ボイスレコーダーも公表していませんね!


これが、一体何を意味しているのかは、
聡明な読者の皆さんには御理解いただけると思います。





犠牲になられた搭乗者の皆様に
哀悼の意を!



本当にご無念だったであろうと
思わずにはおれません。



合掌






当ブログ記事より一部引用



日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き


ŷ¹ñ¤¦³ª²ÖȪ







      河口博次 さん(52)
 兵庫県芦屋市。大阪商船三井船舶神戸支店長。遺体の上着の
胸ポケットに入っていた手帳に7ページにわたって、219字。

マリコ
津慶
知代子
どうか仲良く がんばって
ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因は分らない
今五分たった
もう飛行機には乗りたくない
どうか神様 たすけて下さい
きのうみんなと 食事をしたのは
最后とは
何か機内で 爆発したような形で
煙が出て 降下しだした
どこえどうなるのか
津慶しっかりた(の)んだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今六時半だ
飛行機は まわりながら
急速に降下中だ
本当に今迄は 幸せな人生だった
と感謝している




吉村一男 さん(43)
 横浜市金沢区。日建設計社員。
 横浜市金沢区の会社員、吉村一男さんも
「しっかり生きてくれ。(二人の子供を)よろ
しく頼む」という短文を残していた。
 吉村さんの遺体は16日早朝、自宅に帰っ
たが、遺族が同日、遺品の整理をしていて、
遺書が見つかった。社用の便せんらしい紙
にボールペンで走り書きされており、勤務す
る会社の茶封筒の中に入っていた。
            (毎日新聞記事抜粋)




白井まり子 さん(26)
 大阪府豊中市。日本航空大阪支店。フライト時刻表の余白
に、24字。
恐い
恐い
恐い
助けて
気もちが悪い
死にたくない
まり子





村上良平さん(43)
 千葉県柏市。富士電機サービス課。社名入り封筒に。
機体が大きく左右にゆれている
18・30 急に降下中
水平ヒコーしている
日本航空18・00大阪行事故
死ぬかもしれない 村上良平
みんな元気でくらして下さい。
さようなら 須美子 みき 恭子 賢太郎
18・45 機体は水平で安定して
酸素が少ない気分が悪るい
機内よりがんばろうの声がする
機体がどうなったかのかわからない
18・46 着陸が心配だ
スチュワーデスは冷せいだ





     対馬祐三子 さん(29)


東京都目黒区。アシスタントパーサーの一人。
不時着を想定して書いた緊急アナウンス用のメモ。
ところどころ英文をまじえて、書いてあった。






おちついて下さい
ベルトをはずし
身のまわりを用意して下さい
荷物は持たない
指示に従って下さい
PAX(乗客)への第一声
各DOORの使用可否
機外の火災CK(チェック)
CREW(乗員)間CK
ベルトを外して
ハイヒール
荷物は持たないで
前の人2列
ジャンプして
機体から離れて下さい
ハイヒールを脱いで下さい
荷物を持たないで下さい
年寄りや体の不自由な人に手を貸
火災
姿勢を低くしてタオルで口と鼻を覆って下さい
前の人に続いてあっちへ移動して下さい





 
      \¯\ê\寤¹¤ë¤ȿ·¤·¤¤\¦\£\ó\ɥ¦¤dz«¤­¤ޤ¹







AD

コメント(77)