進藤龍也牧師のヤクザな日記

私がヤクザから牧師になった人生が真実の様に聖書の話はありえない!信じられない!ような真実の話です
いつでも何処でも誰でも人生やり直せます!ぜひルームをご覧下さい♪

サポーター企業・団体 ↓クリックしてご覧ください↓







テーマ:
先生と呼ぶ日本のキリスト教会 業界において、、、
聖書では「先生」と呼んでも呼ばれてもいけないと書いてある。

しかし、そこは私は尊敬の日本文化として美しいことだと思います。
私も心から牧師を尊敬して「先生」と呼びますし。

私自身が先生と呼ばれるたびに襟を正す気持ちになります。
進藤さんとクリスチャンから言われて気分を害したなら「おかしくなった」証拠でしょう。

牧師の師をサムライの士にしたらかっこいいかも!笑

敬愛し尊敬します、見城 和人先生は、先生と呼ばないでくださいと初見で言われましたが、私はこの人はそう呼びたいと思い、そう呼ばせてくださいと願いそのように言いました。私は進藤さんです。

大切なのは、先生とよばれても、さんと呼ばれていると思うことです。
先生と呼ばれたなら、襟を正すとともに先生と呼んでくださる方の気持ちも受け止めることです。
だから美しい文化だと申したのです。

実際、いちいち否定している時間も実はもったいないということもありますが、、、

いっちゃーなんですが前科者ですから!

パリサイ人にならないように気をつけることです!
みことばは自分に適応することが肝要。
宗教の霊に気をつけること!

聖書では認めていない女性教職や、かぶりものはどうなるのでしょう?!
変わって良いもの、変わらない普遍的な真理、これを愛を持って吟味して裁かないことです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
基督教今日報

「日本の犯罪率の低下に一生をささげる」
覚せい剤使用でヤクザ追放 ヤクザから牧師へ 
日本「極道牧師」:死ぬまで罪人の友

日本に「極道」の牧師がいる。
17歳で日本のヤクザの世界に入り、15回以上も逮捕歴があり、3回の服役歴がある。最後の服役は覚醒剤の使用で、この時やっとヤクザの世界に身を委ねることもできないほどになっていることに気づいた。
そこで彼は元ヤクザから牧師になった人の本を読み、その牧師に連絡をしたところ、彼にかわって許しを求めてくれた。2年間の服役生活で、彼は恩返しをしようと聖書を読み、出所後、神学校で学び、今の罪人の友教会を開拓した。
彼は日本の埼玉県川口市にある罪人の友教会牧師の進藤龍也牧師だ。
鋭い視線、優しくて一途な話し方で、刺青や短い小指は気にせず、イエス様に出会って変わった人生によって、 聴衆を呼び覚ましている。

《17歳でヤクザの世界に、覚醒剤使用でヤクザ追放》
彼の人生は著書だけでなく、更生したい人を助け、海外でもメディアの注目を浴び、ドキュメンタリーも製作された。
「過去を見て、人はこんなにも変わるのかと思わない人はいないだろう」17歳でヤクザの世界に入った。母親は忙しく、彼の面倒を見る時間がなかった。
孤独な心を言うこともできず、慰めを求めて、勉強もせず、女遊びと賭博に明け暮れていた。めちゃくちゃな生活で、飲酒運転でボスの車を破損させ、小指をつめて謝罪した。服役生活は3回にもおよんだ。

《ヤクザから牧師へ、神にかえる》
覚醒剤の副作用などで、また覚醒剤を買う。お金がなくなり、権力もなくなり、最後の覚醒剤の使用で逮捕された。覚醒剤の使用でヤクザの世界から追放され、人から見下され、これからどうすればいいかわからなかった。
そのとき、2回目の服役生活で鈴木啓之牧師の証しの本を読んだことを思い出した。鈴木牧師もヤクザから牧師になった人である。鈴木牧師に連絡すれば、助けてもらえると思った。三回目の服役生活の時に鈴木牧師は彼に代わって「減刑請願書」を書き、減刑の機会を得た。
《エゼキエル書に深い感銘受ける、捕虜を刈り取る人に》
エゼキエル33:11
進藤牧師は著書で、エゼキエル書33章11節を読んだとき、神がエゼキエルをもちい、当時神の教えから遠ざかっていたエルサレムの民を阻止したことに驚いたと書いている。イスラエルの民が神の目からみて悪いことをしていたので、イスラエルを審判する前夜、エゼキエルは捕虜を刈り取る人になった。
洗礼を受け、出所し、彼は過去を清算して昔のヤクザ仲間との関係も断ち、神を信じ、社会に受け入れてもらおうとした。日本社会の伝統で、前科者は家族の恥と同じで、過ちを認めて更生しても再び日本社会に戻るのは容易ではなかった。
しかし、彼は全ての罵倒と嘲笑を受け入れ、神の道を歩んでいった。
神に与えられた使命のため、お弁当を運ぶアルバイトをしながら神学校に通った。2005年、母親が経営していたバーをを改装して教会にし、出所して更生しようとしている人を助けている。10年間で100人以上が洗礼を受けた。

《「神の愛で日本は変わる」 犯罪率の低下を目指して》
聖書の福音書には、ローマ政府の取税人であるザアカイが登場する。しかし、ユダヤ人は不法な手段で財を求めたザアカイに嫌悪感を抱いていた。イエスがエルサレムに来た時、ザアカイはイエスを持ち望んでいた。桑の木に登ってイエスを見ていた。イエスはザアカイの名を呼び、彼の家に行った。
全ての人が疑っただろう。イエスがザアカイを接待した時、ザアカイは思ってもいないことを言った。「主よ。私の財産の半分を貧しい人に施します。また、誰かからだまし取ったら、4倍にして返します。」
ザアカイのように社会で受け入れられない人は少なくない。進藤牧師は神を信じてからの経験で、ザアカイのように社会で見下されても、神は進藤牧師をもちいて使命を与えた。イエスの愛とあわれみでザアカイの名を呼んだように、一人の罪人を感動させ、自分の財産の半分を貧しい人に施し、悔い改めたように。
進藤牧師は神学生の時から、服役中の兄弟や彼と同じ経験をした人に福音を伝えている。そのため、彼は受刑者と更生する人への重荷を持っている。ヤクザの生活から抜け出すのは容易ではなく、出所後の生活が不安定なことも彼はよく知っている。そのため、彼の教会で住み込みで生活を支え、更生したい人が自立できるまで助けている。
進藤牧師は 日本の犯罪率低下のために一生をささげると 日本キリスト教のメディアでも言っている。

彼が信じたように、神の愛で日本は変えられる
日本の特殊な民族社会の雰囲気で、彼はどうすればいいかわからず、ヤクザの世界からも追放されたみじめな人間になった。しかし、神の愛に触れ、パウロがイエスに出会ったように、神の召しと使命で「罪人の友」を実践している。今後も十字架の道を歩み続けることだろう。
マルコ9:23







説教動画
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
試練の時の祈りとは 主に会うための祈り。

試練の時の祈りとはトンネルの祈りのようだ。

しかし!

試練の時の祈りとは、長く見えるが実は出口は見えているのだ。

そして その祈りの中で成長する。

主は良い方であり、正しいことしかなさらない。

トンネルとは、また近道であることを忘れてはならない。

出口があるからこそトンネルなのだ。



ニューホープ ハワイチーム ゲスト

ザアカイの家



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分は弱い!自分は寂しい!
と、神の前で正直になれた時、
ちょっとずつ強くなって、
心も癒されて子供の頃の話もできるようになったんだ。








こちらは過去ポスター





説教動画

刑務所伝道が必要な理由を数字を出して説明


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は集会の数を減らして刑務所伝道の仲間や支援者との交わりに重点を置こうと思いそのようにしました。感謝の旅!
ピーチで関空に!そこにハウスチャーチ ホサナの金銅一家が来てくれて無事に合流。
どうしても私に会いたい人がいるということでしたので、もちろん「快諾」して茶話会。
賑やかに子供6人、大人6人の会食に。


翌日はホサナの車を借りて(感謝)伊丹市の刑務所伝道の支援者のお宅に。
そこには尼崎市の同志 松本信章牧師、
ブレスユアホームのO姉妹、
西宮市からa姉妹夫婦が、その日の私の電話にもかかわらず集まってくれたのが、嬉しくて嬉しくて!


伊丹にその息子さんとともに泊まり、藤井寺市に向かいました。
親子講演会をするため、カナン プレイズチャーチへ。
ここには友人の井上達也牧師が企画してくれました。
支援企業ASKアカデミーのセミナーで知り合ったN君も来てくれて信仰のスタートを切りました。





ホテルに一泊して藤井寺から一路、和泉市へ
大阪~東京 遠隔伝道 つまり無料電話相談で大阪の人場合、つなげる一つの教会
泉キリスト栄光教会へ。ここには大阪罪友の多くが集っている。
ここでカウンセリングや相談
和泉市は銭湯天国である。もちろん銭湯を堪能。





大阪最後の日は伯母のところへ。


日曜日は朝早く起きて岡山へ!
岡山明るい社会づくり運動講演会のためです。
160名の方が集まって刑務所伝道を傾聴くださいまして著書も50冊買ってもらいました。
ちなみに5冊目の著書はのこり100を切りました。











礼拝を受けていないので夜の礼拝をしている友人 吉岡創牧師の南輝キリスト聖約教会へ。


月曜日は岡山刑務所へ無期囚への面会です。
同じ松江刑務所出所者で元ヤクザクリスチャンの岡山番外地さんと共に行きました。
彼は4作目の著書「立ち上がる力」に証を書いています。





火曜日はリバーサイド岡山教会で夫人の集いを講演会にしてもらいました。
この教会の開拓当初からのお付き合いです。
私が岡山に行くということをいうと必ず集会を作ってくれます。感謝
昼なのに多くの人が来てくれ、再会を喜びました。






最終日は意識不明の大事故から奇跡の復活を遂げたJTJの後輩 佐藤史和牧師
岡山ニューライフ教会へ
なんとお見舞いと思いきや、昨日、退院しました!と、いうことで、、、
夜の集会に!!








愛されて応援されていることを実感した旅になり感激して戻りました!皆様のためにこれからも祈ります!感謝
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
”霊的法則''

人生で成功している人は霊的法則を実践しているかどうかである。お金持ちがイコール成功者ではない。というのはお金持ちが悩み苦しみ自殺しているだけではなく、生きる意味を求めている人が多い。
私は知っている。キリストの道、真理、いのち!

このキリスト道を知らなくても天地を造られた神の霊的法則は目に見えないが活きて働いている!それを実践しているかどうかである。

1、裁く者は裁かれる。
まず、裁く者は神に裁かれる。また、裁いた相手に知られたら?当然、嫌われる。逆に赦せば、まず神に赦され愛され祝福を受ける。そして相手とこれ以上、悪くならないばかりか、回復の道さえ残るのだ。平和の神は平和に向かう心を慈しむのだ!

ガンジーのことば。
弱い人は赦すことを知らない。赦しとは強い人の資質なのだ。

2.与えると与えられる。
ギブアンドテイクは見返りを期待するものであるがギブアンドギブ、与えても見返りを求めないイエス様の言葉のように、お返しのできない人たちに施すことは100倍の祝福を受ける。ヨハネの手紙のように伝道の働き人を助けることや教会を支えていく献金も同じ!見返りを求めないからだ。これは霊的法則なのだ。クリスチャンではなくても、この法則にそって生きている与える賜物を持った人たちは困らない。経営者でもギバーとして生きている人たちは困らないし、人生そのものが豊かである。

私も自分の価値がわからずヤクザにまでなってしまった。
しかし、キリストにある自分の価値を見出した時に、誰かの役に立つ自分を発見して大いに人生そのものが豊かになった。


今日のみことば

さばいてはいけません。そうすれば自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば自分も罪に定められません。赦しなさいをそうすれば、自分も赦されます。

与えなさい。そうすれば自分も与えられます。人々は量りをよくして、押し付け、ゆすり入れ、あふれるまでにして、ふところにいれてくれるでしょう。あなた方は、人を量る量りで自分も量り返してもらうからです。
(ルカ6:37-38)


説教動画
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3度目の服役の前に東京拘置所で減刑嘆願書を書いてくれ、出所後も教会住み込みを許してくれ、洗礼を授かった牧師(命の恩人)鈴木啓之牧師



刑務所で聖書を教えてくれて文通した仁司路子牧師
罪人の友 主イエス・キリスト教会で証をしてくださった時の写真


JTJ神学校在学当時の国際学長で師匠の中野雄一郎牧師夫妻(巡回伝道者)


一緒に開拓伝道を始めた相棒の忠太郎(群馬県伊勢崎市出身プードル&シーズー)


写真はありませんが、山形の月岡実(世光)先生には東京拘置所のときも神学生当時も励ましてもらいました。アーサー・ホーランド牧師もよく話を電話でも聞いてもらいました。感謝

そして何より罪人の友 主イエス・キリスト教会のメンバーに感謝しています。
何よりも愛するものです。命をかけて良いものですね!キリストの体なる教会。

いろいろな形がありますね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私たちがしている教会住み込みの自立支援サポート刑務所伝道は私がしてもらったことの「続き」です。
ここ罪人の友 主イエス・キリスト教会で救われた人がまた誰かを助けられるように!

現在教会で住み込みをしている青年とも日記を提出してもらっているけど、私自身が励まされ神からのものと感じたものを記録しておきたい。


先生にこのことばを贈ります。
「神に愛される人よ。恐れるな。安心せよ。強くあれ。強くあれ。」ダニエル書

今、教会のことで先生は大変です。
けれど先生には忍耐と愛があります。
なので必ずこの教会には平安が訪れます。
主はいつもともにおられます。
困難にあるとき平安を与えてくださいます。
弱い時に力を与えてくださいます。
自分もそうしてもらっています。
神様がどうかもっともっと先生に力を与えてくださいますように!アーメン




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
兄弟たち。私はあなた方にお願いします。あなた方の学んだ教えにそむいて分裂とつまづきを引き起こす人たちを警戒してください。彼らから遠ざかりなさい。そういう人たちは私たちのキリストに仕えないで、自分の欲に仕えているのです。
ローマ人への手紙 16:17-18


とあるメールや電話で、進藤牧師の知り合いの教会に傷つけられた、進藤牧師の友人の牧師に傷つけられた云々、相談とも取れない内容に、もちろん事件性があれば警察に相談することを勧めますが、私は全部を聞いて同情を寄せます。

そして、傷ついた分、強くなれるし、傷ついた分、優しくなれる。だから被害者のまま生きる必要はないし、いつまでも恨み節では成長はないよ!赦して祈って前進しよう!と、励まします。
もちろん、私はその友人知人を愛して信頼していることを伝えます。特に教会ないではそうするべきです。

また、その本人の能力不足はないか点検しようと。愛があるならその人との関係を維持しようと努めるはずだ。愛があるならその人とうまくいかなくなっても、その人の悪口は言わないはずだ。

愛とは、にもかかわらずあいすることだから!ずっと進藤の悪口を言っている人、愛することは自分ではできませんが、私は聖霊なる神と共に愛することを選択しています。

祈りは神を変えられない。人を変えるのだ。キェルケゴール




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。