来年一月から工事が着工します。
親愛なるアイラ大使クリスティンより嬉しい報告がありました。現在アイラ島の天気はかなり寒くなり夕方四時には真っ黒になるくらい荒れています。

この小さな島に9個目の蒸留所ができます。

9個目のロマンが生まれます。

バーテンダーや飲食のお店をされている方、そしてウィスキーの魅力をご存知の方にとって欠かせない情報ではないでしょうか。


AD
アイラ島。。。。

それはウイスキー愛好家にとっては憧れの聖地。東京23区ほどの小さな島には
数多くのウイスキー蒸留所が点在している。

私たちがアイラ島に行ったのはおよそ3年前。(過去のブログにもいます。)
今、連続テレビ小説「まっさん」以来さらにブームが加速し、アイラ島観光客がとても増えているのだそうです。

主人はウイスキー、私はケルト文化に惹かれ、アイラ島10日間の旅をしました。

私は元々お酒は飲めないのですが、ウイスキーを一滴も飲まないアイラ島観光客として、現地の人に笑われたのもいい思い出です。

そこでクリスティーンという素敵な女性にガイドをしてもらいました。
ウイスキーの業界では大変有名な方だと最近知りました。。。。

当時私は妊娠七ヶ月という事もあって彼女には随分気にかけてもらいました。途中不安はあっても彼女の存在は大きな安心と勇気となっていました。

彼女は本当に明るくて楽しくてなんだか花のよう、でも時折温かい愛情深いマリア様のような落ち着いた一面もあり。。。なんとも言えない魅力があるのです。私達はほんの1日過ごしただけでクリスティーンが大好きになりました。

そんな彼女の来日をツアー会社のlady of Islay がご丁寧に教えてくださり、またセミナー主催者側の温かいご配慮の元、クリスティーンと再会する事が実現しました。


あの時お腹にいたリヒトを彼女に合わせる事が出来、感激してしまって涙が止まりませんでした。密かに主人も泣いていてびっくり。。。(^^)

また彼女に会いたいという思いと。Jura島の幻想的な景色。アイラ島の美しい花々がもう恋しくてたまらない。

クリスティーンへお土産と手紙を渡したのですが最後にこう書いて渡しました。
「巡
all rotats . we are proud of meeting you in our life.

全ては巡る。 人生で あなたに会えたことは私たちの誇りです。」

またウイスキーとケルトの妖精の聖地で彼女と会いたいな。。。。


AD