アイラ島。。。。

それはウイスキー愛好家にとっては憧れの聖地。東京23区ほどの小さな島には
数多くのウイスキー蒸留所が点在している。

私たちがアイラ島に行ったのはおよそ3年前。(過去のブログにもいます。)
今、連続テレビ小説「まっさん」以来さらにブームが加速し、アイラ島観光客がとても増えているのだそうです。

主人はウイスキー、私はケルト文化に惹かれ、アイラ島10日間の旅をしました。

私は元々お酒は飲めないのですが、ウイスキーを一滴も飲まないアイラ島観光客として、現地の人に笑われたのもいい思い出です。

そこでクリスティーンという素敵な女性にガイドをしてもらいました。
ウイスキーの業界では大変有名な方だと最近知りました。。。。

当時私は妊娠七ヶ月という事もあって彼女には随分気にかけてもらいました。途中不安はあっても彼女の存在は大きな安心と勇気となっていました。

彼女は本当に明るくて楽しくてなんだか花のよう、でも時折温かい愛情深いマリア様のような落ち着いた一面もあり。。。なんとも言えない魅力があるのです。私達はほんの1日過ごしただけでクリスティーンが大好きになりました。

そんな彼女の来日をツアー会社のlady of Islay がご丁寧に教えてくださり、またセミナー主催者側の温かいご配慮の元、クリスティーンと再会する事が実現しました。


あの時お腹にいたリヒトを彼女に合わせる事が出来、感激してしまって涙が止まりませんでした。密かに主人も泣いていてびっくり。。。(^^)

また彼女に会いたいという思いと。Jura島の幻想的な景色。アイラ島の美しい花々がもう恋しくてたまらない。

クリスティーンへお土産と手紙を渡したのですが最後にこう書いて渡しました。
「巡
all rotats . we are proud of meeting you in our life.

全ては巡る。 人生で あなたに会えたことは私たちの誇りです。」

またウイスキーとケルトの妖精の聖地で彼女と会いたいな。。。。


AD
備前のワルミってご存知ですか?

沖縄北部のパワースポットで神様に呼ばれた人じゃないと辿りつけない場所なんてネットに載っていて、つい気になった。

1人だと行けないけれど、夫がいれば行けるような気がした。








何も計算していなかったけれどちょうど干潮で岩と岩の間を通り抜けると美しい浅瀬の海が広がっていた。

今回はYURAIさんの歌がずっと守っていてくれました。私達家族の中には不思議と頭の中でエマさんの歌声が響いていて

風舞う~ エソール エマール 夢の島~ 命の夢に目覚めた心よ 光溢れたあつき想い伝えよう~ 君に届けよう秘密の言葉~ 空よりも青い海~

YURAIさんの歌は自然と沖縄の海と空を連想させました。


「人間の命のいとなみのなかではね、辛いことはいつか終わる。でも、愛は永遠、この寄せては返す波のように。」

備前のワルミで受け取ったメッセージの一つ。。。。










AD