★動物の幸せと人の幸せがリンクする選択肢を紹介するサイトです♪

★「伝え合うことで育て合う」ことが、どんなジャンルでも状況改善に有効だと思うので、そうしたスタンスで動物と共に幸せになる選択肢を紹介します♪

★動物の幸せを出発点とする「動物本位」の考え+「動物目線」でいろんな状況を改善すると、人間の幸せや利益に直結する!ということも紹介したいです♪

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-24

多摩動物公園(2017.9)12:アフリカ~蝶さんち~シロフクロウさんちなど♪

テーマ:多摩動物公園(東京)

現在、多摩は園内各地工事中で、う回路が多くて疲れた(笑)。でも、ふだん通らない道を歩けて楽しくもあります♪

 

ペリカンさんたちが水場に乗っかっていてかわいかったんだけど、よく見たら、水、飲みにくいかな?

 

 

ライオンさんの運動場も大々的に工事中で、でもさすが金持ち!と思ったのが、この囲い♪裏に入れっぱなしにしないで、少しでも運動場を確保していて素敵♪雪で潰れるのを気にしたのか、屋根の角度がものすごく急で、雨はしのげないし日陰も少ししかできなそうで、一体何を意図した屋根なのかが気になるけど。

 

 

蝶さんちは、ドームでいいですなぁ♪各動物宅もこれくらいだったら、すんばらしいのになぁ♪そんで魅力さく裂状態にして、いろいろ伝えて・・・というドドーンなドームが1~3つあるのが動物園の基本形になる日が、きっとくる♪

 

 

ムササビさんちにも、巣穴内のライブ映像が♪

中でかわいく寝ていることが、文句言われることではなく(もともとそうなんだけど)、立派にコンテンツになっていましたよ♪

 

 

シロフクロウさんちでは、扇風機に手作りで保冷剤を設置する工夫が!♪

 

 

若様たちが活用していましたよ~♪

 

 

多摩のこの猛禽さんちを見るたび思うのが、小さい動物もすべて、これくらいの広さを最低基準にしたら、魅力がもっと炸裂するのになぁ!!ということです♪もちろんこれでも狭いんだけど、せめて、という話で♪・・・と、書きながら改めてガン見するに、これじゃやっぱ狭すぎだな(笑)。まぁ、イメージ映像ってことで♪

 

 

タヌキさんち♪階段の上でお休み中♪コンクリはひんやりするので、選択肢としてあってもいいと思います♪

 

 

タヌキさんちには落ち葉プールらしきものもありました。おやつを埋める用かなぁ?なぞ(笑)。

 

 

ショップでは、コウノトリさんの保全につながる商品を売っていましたよ♪

 

 

豊岡のコウノトリの郷公園で売ってたやつだ~♪

 

 

ということで、2017年9月の暑い日の多摩ズー紹介、おわりです♪

 

 

 

 

 

 

AD
2017-09-23

多摩動物公園(2017.9)11:タスマニアデビルさんち・猛禽さんち・チンパンジーさんち♪

テーマ:多摩動物公園(東京)

タスマニアデビルさんちは、選択肢がモリモリ増えていて興奮しました~♪

 

左に送風機があるし、小屋にはワラが敷いてあるし、上り下りできるルートがあちこちに増設されています!♪

 

 

小屋自体も増えていて、「でもそんな奥行では雨はしのげないのでは」と思うけど、そういう時は寝室に帰れるように、ちゃんと寝室開放になっていて、寝室にも小屋が★ここの飼育員さんと選択肢トークしたいな~♪

 

 

しかも、「寝室=見えない」を解決すべく、ライブ映像が!♪素敵~♪

 

 

これは、エミューさんちの水浴び用の流水です♪エミューさんは水浴びが大好きなので、水の勢いいまいちでも、流水で素晴らしい♪

 

 

多摩の猛禽さんちは、飛べる大きさがあります♪フライトショーに出る猛禽さんは普段、短いヒモでつながれたり、餓死もあるほどの食事制限をされるので私は大反対なんだけど、ヒモでつなぐことに反対意見を言うと「鳥は用がない限り絶対に飛ばないんだから、いいんだ」という言い訳が多いです。でもここで観察していると、結構な頻度で、ただ飛んでます。しかもその風圧を感じられたりして感激できるので、こういう「自分の飛びたいときに飛べるお宅」を激しく推進中★

 

 

日光にも当たれます♪

 

 

多摩のチンパンジーさんちは、やっぱり、逃げ場があるのがいいなぁと♪

仲間と揉めた時、小山の裏に行けば、視界から外れることができます♪

 

 

チンパンジーさんちだけは毎日キーパーズトークがあって、しかも結構長くて素晴らしい♪

来園者からの質問に答えたコーナーなどもあって、熱意と親しみやすさを感じます♪

伝えることが仕事であるという認識が、どんどん広まるといいなぁ♪

 

 

記憶に残りやすいように、キャッチーな個別紹介もあって素敵♪

 

 

屋根の下にも居場所が複数用意してあります♪

 

 

ごはんのバリエーションが豊富で、熱意と愛情を感じます♪

ゴボウをそのまんまかじっていて、すごい歯だなぁと、感服♪

 

 

つづく^^

 

 

AD
2017-09-22

多摩動物公園(2017.9)10:オランウータンさん♪その5(林その3)+専門施設の話

テーマ:多摩動物公園(東京)

多摩ズーのボルネオオランウータンさんちの続きです♪

本宅に帰りたいお母さんに木からおろされつつあるちびちゃん。途中で上下が入れ替わったと思ったら・・・

 

 

 

なんと、おんぶ状態に!♪

 

 

そのまま本宅に戻るロープに行くのかと思いきや・・・

 

 

林の奥にスタスタと歩いて行きましたよ!♪

この様子に、3~4人いた常連さんたちがどよめき、「え?!こんな展開、初めて見たかも!」と言ってました。

何はともあれ、まだ林で過ごせて、よかったね♪

 

 

その後、親子で奥の木(もうどれだか分らん・笑)に登り、ほぼ確認できなくなりました。

人の目の届かない場所で、静かにゆっくりしたかったのかな?♪

 

 

たまにチラっと動いているのは分かるので、そっち方向をズームして撮ったら、ちょっと写ってた♪

まぁでも、別に写真が撮れなくてもいいのです♪

ウータンさんたちが快適に心安らかに過ごせているのが、最高です♪

 

ここでほぼ動きがなくなったし、暑くてへろへろだったので、私たちは移動しました。なので、その後どれくらい林にいたのかは不明ですが、常連さんたちは確認していることでしょう。本当はそれくらいの行動観察を、飼育員さんたちができるのが一番なんですが♪

 

あと、多摩は林がいっぱいあるので、こういう飛び地が増えたら、ズバ抜けると思うんだけどな~♪もしくは全敷地をウータンさんたちの飛び地にして、ボルネオオランウータンさんの専門施設になればいいのに♪ああ、想像しただけで鼻血の出そうなうきうき有意義施設が思い浮かびます♪

 

私は、「1園1種」を本気でオススメしていますが、その1種を選ぶ基準のひとつが、「その動物に対して熱意のある飼育員さんがいるかどうか」です。逆説的ですが、根本的に大事な要素なのです。多摩のウータンさんの飼育員さんたちを知っているわけではないですが、動物宅の様子から推測するに熱意ありげかと。多摩の飼育員さんたちで評判が複数回耳に入るのはゾウさんチームですが、ゾウさんをしあわせにするのは困難を極めますので。全敷地使えばなんとかなるかもだけど♪

 

そういうもろもろから考えて、多摩はウータンさん専門でいいと思う♪ああ、でも、ゾウさん専門施設ってのも夢見たいところ♪と、将来の理想像を考えるのって、実はすごく大事なことなんですよ♪そこに向けて、数十年計画で事態を進めていくことが、必須で有効です♪

 

 

 

つづく^^

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。