我が家で一番褒められる |  ZEPHYR

 ZEPHYR

    ゼファー ―― the field for the study of astrology and original novels ――

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

うーん。

目がかゆい……(笑)

が、加齢と共に、花粉症の症状がゆるくなってきたゼファーです。

 

 

近頃、我が家で一番、褒められる存在……

それも容姿を褒められる。

 

ハイ。

それはリブラ様です。

 

 

「かわい~♡」

と、サロンに来られたお客様が、皆様、そう言って帰られます。

 

 

何も知らない方は、たいてい雄だと思ってますけど。(笑)

鼻の下のちょび髭っぽい模様のせいかと思われます。

 

まあ、お客様の大半は、リブラの本性を知らないわけで。

結構キツい。

 

好き嫌い、メッチャ激しい。

先日も、あるお客様が手を伸ばすも、ゴキゲン斜めだったようで。

軽く威嚇していました。

 

当サロンにおいでの方は、ご注意下さい!!

 

でも、そういえば、先日、Fさんの娘さんには妙に愛想が良かったが……

(あの差はなんだろう……?)

そういう人も、たまにいらっしゃいます♡

が、基本、用心してくださいませ。

 

 

このところ、リブラの要求が激しい。

・おやつ出せ要求。

・なでなでしろ(相手しろ)要求。

後者は、だいたい私にしか示しませんけど。(笑)

 

おやつ出せは、誰にでもいいます。

とくに、今時、ほとんどおうちでご飯を食べていますし、奥さんのお休みが子供たちと一致すると、お昼なんか、家族5人揃って、なんていうことも結構あるわけです。

 

で、5人が食卓を囲んでいると、要求鳴きが始まります。

ま、リブラにしてみたら、「あんたらええもん食べて~むかっ アタチにも出せや~むかっ」という感じなのでしょうが。

べつに、とくにええもん食べてるわけじゃなく、家で作ったラーメンとかオムライスとかなんですけど。

 

リブラにしてみると、

たぶん「自分は猫だ」というような感覚はないんでしょうね。

同じ家族。

しかも、彼女のカーストでは

私>妻……妻と同じくらいで自分(リブラ)……>母>息子>娘

というランキングかと。

 

娘、カワイソウ。

娘が死にかけている子猫のリブラを見つけたというのに。

 

私のことは、家の中で「一番えらい」みたいな認識は持っているようです。

あ、専制君主みたいに振る舞ってはいませんよ。

むしろ、主夫していますから!

 

リブラ本人(人じゃないけど)が、私がいるいないでは安心感が違うらしい。

 

我が家の番犬ならぬ番猫。

 

でも、本人は猫とは思っていない。

 

先日も娘が足元に落としてしまったジャコ。

これを、ちょっとクンクンはしたけれど、食べる気配もなく素通りした。

 

「リブラ、猫じゃねえ」

と、娘は言っておりました。

 

うん。

たぶん、魚まるごと出しても食べないだろうね。

 

2010年の秋、我が家に来て。

もう10才を超えた。

換算すると、私たち夫婦と同い年くらい!!

 

なんてこった。

 

長生きしておくれ。

 

 

☆美麗! ZEPHYRオリジナル・タロット注文受付→こちら

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ