野村克也さん、ご逝去 |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

また昭和の偉大なスポーツ選手(監督)がこの世を去りました。

 

野村克也さん。

もちろん解説者としても活躍されていました。

 

私が野村さんのことを知ったのは、じつは水島新司さんの「あぶさん」という野球漫画のほうが先でした。

当時、お茶の間で放映される野球といえば、だいたい巨人の試合で。

パ・リーグのことなど、子供の私にはまったく情報がありませんでした。

 

当時の南海ホークスの監督兼捕手。

生涯一捕手。

そして各球団の監督を歴任されることに。

 

画像はアマテルで作成→高機能 占星術ソフト・アマテル

 

いや、このホロスコープを拝見しても、実に頭の良さそうな印象です。

水星は双子座で本宅、キロンとコンジャンクションの月も双子座。

 

キロンは研究者の星でもあるのですが、これらが双子座という情報収集の星座にある。

 

今でこそ当たり前ですが、情報収集し、分析し、相手の癖などを見つけ、それをプレーにも役立てていたそうです。

 

スポーツの火星は天秤座で減衰していますが、これはプロ選手でもまま見られます。

火星に問題があるからこそ努力するタイプの人は、減衰であることも多いのです。

(減衰だから活躍できないということではない)

 

名キャッチャー。

名打者。

名監督。

 

火星と共に去られたようです。

 

大きな貢献を野球界に与え、私たちに見させてくれた。

感謝。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆2020年の12星座運勢→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ