トラブったけど、ノーダメージ |  ZEPHYR

 ZEPHYR

     ゼファー ―――――――――――――― the field for the study of astrology and original novels

 作家として
 占星術研究家として
 家族を持つ一人の男として

 心の泉から溢れ出るものを書き綴っています。

あれほど、私の愛車、赤いスイフト君を糞(ふん)まみれにしてくれていたジョウビタキが、このところあまり姿を見せません。

糞もほとんどない……

 

まあ、糞ばかりされるのもいやですが、きれいな小鳥で、ドアミラーをのぞき込んでいる姿が可愛かったので、いなくなるのもちょっと寂しいような……(笑)

 

寒くなってきたので、河岸を変えたのかも知れませんね。

 

 

ところで、先日。

愛車のスイフト君がパンク! しました。

 

なんと大学へ行く日で、大学到着時に、正門で警備をしてくださっている方が、「先生、左の前輪、パンクしてますよ!」と。

 

見ると、ぺったんこ。

 

どひゃー。

こんなんで、よく走ってこれたもんだ。(;゚ロ゚)

 

まったく気づかなかった……

てか、最近すごくまったり走っていますし、大学への通勤は結構、渋滞区間も長い。

カーブを曲がるときにおかしな挙動を感じることもなかったのです。

(もっと繊細なドライヴァーなら、気づいていたと思いますが、私はいつもぼーっと考え事ばかりしているので……)

 

久しぶりにジャッキアップして、タイヤ交換(ほっそいスペアタイヤに)。

そのスペアタイヤも、なんと空気が抜けていて、やばい感じ。(笑)

スイフト君を購入以来、タイヤ交換の機会なんてなかったもんな~。

 

見かけた大学関係者の方が、すぐ近くに修理してくれるところがあると。

とりあえず車を持っていくと、講義中にはやってくれそうだったので、お願いしました(私の記憶に間違いなければ、そこは昔=私が大学に通っていた頃はバイク屋だったところで、いつの間にか自動車の修理工場に変わっていた)。

 

パンクの原因は、そもそも私の操作ミスでした。

 

その二日ほど前、自宅近くの道が細くなるところで、ちょっとだけ脱輪しかけたのです。

普段、そんなことはないのですが、なんで? というようなもので、すぐに修正できていたのですが、そのわずかな瞬間に、タイヤの内側に亀裂が入ったようで、そこから空気が漏れたと……。

 

油断大敵ですね。

走り慣れている道こそ、注意しなければ。

 

 

こうした事例も、火星のハードアスペクトゆえなのでしょうが(自動車=火星)。

 

今、自分にある火星のハードアスペクトの強さに比較すると、あまりにも出来事が小さい。

そもそも、タイヤの溝が薄くなっていて、そろそろ交換かなと思っていたので、前輪二本、新品を入れてもらいました(サイドの亀裂なので、修理は無理ですが、接地面の問題だとしても、まず間違いなく交換を選択する)。

つまり予定されていた出費が、少し早まっただけ。

 

ほとんど、ノーダメージに近い。

 

これもご加護のたまものかも知れません。

この程度のことを小出しにして、済ませていただいている。

 

感謝。

 

 

☆占星術・タロット鑑定のお申し込み→こちら

☆ゼファーの電子書籍→こちら

 

 

ポチしてくださると、とても励みになります。(^人^)

     ↓

 
人気ブログランキングへ