やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

やりたいことをやりたいだけやって死ぬ。360°の幸せを創造しながら

「魅せ方で価値を変える」株式会社ゼンシン
代表 前田雄一が夢、目標、日々の出来事を綴っていきます。
ディスプレイ×テクノロジーで世界を変えていきます。

何のためにこの事業をしているのか。自分の人生の意義や今の価値観を創ってきたコトについてブログという形に残せることに感謝です.


悔しくて泣き叫んだこと


感動で涙が止まらなくなったこと


家族や仲間の優しさや、大切さを感じることも全て価値あることなんだと感じるようになりました。


↓創業ストーリーも少しづつまとめております。


http://s.ameblo.jp/zensin/entry-11623756822.html




展示会・ディスプレイのことならゼンシンへ 展示会で成功する為には、、、 ハードとソフト両方から販促支援

FACEBOOKは⬇



http://www.facebook.com/zensin7




http://www.facebook.com/zensinweb


【お問合せ・お申込みはこちらからお気軽に】

コロナかで気付くことがたくさんある。


詳しく書くのはまた次回の機会



事業ポートフォリオを見直し実践する。


1.災害対策ツール販売
ウィルス、また夏には台風、そしていずれ来るだろう大地震

その時に

売り上げになる=人のためになる

商品とサービス開発

いくつかはもうできている。

有事の度に売り上げが限りなく0に近づく
これを補填するモデルともなる。


2.サブスクリクションモデル
もしくは長期レンタルモデル


初期投資はかかるものの、安定すれば安定的に収益がはいってくる。

あれとあれ。

詳しくはまた




3.レンタルモデル

原価を回収すれば、仕入れ費用がかからないモデル。
施工費や保管費はかかりますが。



3について少し書こう。

その前に



これっ

私たちはワクワクする空間をつくることができる!

その中でも恐竜は、ものすごいポテンシャルを持っている。

事業計画の大枠はできている。





自分が楽しんで、人を楽しませて

「こんなに利益が出るの!?」



そして、説明すればするほど、人が口にするのが


「これはイケる!」






その瞬間に僕は

「でしょでしょ」って満面の笑顔✨で自信を持って言う。





今日はこんなんを持って、あるテーマパークさんに行ってくる。

コロナ対策ですが

結局、恐竜の話になるんだろう。




本日も一生懸命で価値ある1日にします!










会社丸ごと計画!

置いてある全てが私たちの扱う自社ブランド商品です。




コロナかで4月頭に1番に掲げた計画は順調に進んでいる。



そして、もう一つのコンセプト

「来たくなる会社!」

本当に賑やかで楽しくなる。


見た目だけではない、沢山の仕組みを融合していこう。


シンプルに
楽しい場所にお客さまに来ていただく。綺麗であることや、
例えばドリンクメニューも用意しよう。


会社メンバーには

カプセルホテルでのお昼寝制度や週末BAR. 

社食ももしかしたらできるかもしれない。






さあ次はテクノロジーの融合

そしてサスティナブル

スマートオフィスブランドADEN これからが楽しみ。

オフィスのあり方が根本より変わる。

私たちが業界標準をつくっていく。



「人生想った通りにしかならない」

本日も一生懸命で価値ある1日にします!



「是が非でも達成する意思」


この強さや執念がもたらす、行動力。

って大切。


市場が、

時間が、

予算が、


ましてやコロナだから

ないものを探して言い訳が頭の片隅にでも有れば


是が非でも達成するにブレーキがかかる。


コロナたから〇〇を売って目標数字を達成する。

有事だから、有事用の商品開発する。


そのポートフォリオづくりは、次の有事でも生きてくる。














今最重要と捉えている組織づくり




想い描く組織をつくりあげる。






本日も一生懸命で価値ある1日にします!







スマートセキュリティ





バーチャルショールーム



https://aden-japan.com/virtual-showroom/



感染症対策



https://deluxs.co.jp/medtech/


アフターコロナのためのオフィス家具


https://deluxs.co.jp/columns/columns-5785/




そして会社丸ごとショールーム計画



これらは全て

私たちが考えるスマートオフィス構想に繋がる。




スマートオフィスブランドADENリリースまでカウントダウン開始!




「感動価値創造」株式会社ゼンシン前田雄一




———-

「テレワーク(リモート)を成功させるために必要な6+2つのポイント」


テレワーク(在宅勤務)を勤務スタイルに取り込むには、以下の体制や仕組みが出来ていないと生産性が落ちる可能性が高い。


1.指示命令 (系統とボリューム管理)


2.勤怠管理


3.業務進捗管理


4.人事評価システム


5.教育手法の確立


6.セキュリティ


ならびに必須条件として

・キャッシュレス 

・ペーパーレス


そもそもテレワーク出来る人は


・自分で仕事をつくれる人

・指示待ち人間では成果や生産性を高めるのは難しい


スタートアップや小規模ベンチャー企業は、そもそも少数精鋭だから取り組みやすい。

会社規模や組織規模が膨らんでくると全社をあげてのテレワーク体制は困難。


緊急事態宣言をもって、強制かつ緊急避難的に始まった今回のリモートワークはあくまでもコロナから逃げるための緊急対策であり、いわゆる働き方改革に向けた恒久対策とは言い難く、経営者によっては今回のリモートワークを成果と思い込み、すでに事務所不要論や面積縮小を言い出してる人も居ます。

総論としては僕もテレワークはもちろん事務所面積縮小などについて大賛成な反面、上記の体制や仕組みが整っていてこそ、テレワーク成功への近道と考えるべきではないかと思います。




展示会場の感染者スクリーニングから始まったdeluxs-Medtech ご提供範囲はテーマパーク様、商業施設様、病院様と拡がってきました。

そしてこの度、大掛かりなウォークスルー検温システムをオールインワンにしたGATE KEEPERリリースしました。顔認証、体温測定、非接触手消毒、次亜塩素酸噴霧をこれ一台で。花粉のシーズンに役立つエアーシャワーオプションももうすぐリリース


※京都ショールームで現物をご覧ください。




そして
バーチャルショールーム



https://aden-japan.com/virtual-showroom/



さらに
アフターコロナ家具





スマートセキュリティ





コロナ禍、細切れに新サービスを発表してきましたが


これらは私たちが考えるスマートオフィス構想につながります。


スマートオフィスブランドADENもうすぐリリースです。

日本のオフィスが変わります!


「感動価値創造」株式会社ゼンシン 前田雄一

———-

「テレワーク(リモート)を成功させるために必要な6+2つのポイント」


テレワーク(在宅勤務)を勤務スタイルに取り込むには、以下の体制や仕組みが出来ていないと生産性が落ちる可能性が高い。


1.指示命令 (系統とボリューム管理)


2.勤怠管理


3.業務進捗管理


4.人事評価システム


5.教育手法の確立


6.セキュリティ


ならびに必須条件として

・キャッシュレス 

・ペーパーレス


そもそもテレワーク出来る人は


・自分で仕事をつくれる人

・指示待ち人間では成果や生産性を高めるのは難しい


スタートアップや小規模ベンチャー企業は、そもそも少数精鋭だから取り組みやすい。

会社規模や組織規模が膨らんでくると全社をあげてのテレワーク体制は困難。


緊急事態宣言をもって、強制かつ緊急避難的に始まった今回のリモートワークはあくまでもコロナから逃げるための緊急対策であり、いわゆる働き方改革に向けた恒久対策とは言い難く、経営者によっては今回のリモートワークを成果と思い込み、すでに事務所不要論や面積縮小を言い出してる人も居ます。

総論としては僕もテレワークはもちろん事務所面積縮小などについて大賛成な反面、上記の体制や仕組みが整っていてこそ、テレワーク成功への近道と考えるべきではないかと思います。