経世済民を考えるブログ(毎週月曜更新中!)

経世済民を考えるブログ(毎週月曜更新中!)

緊縮カルトの嘘を打破し、財政出動、国土強靭化により日本の経世済民の実現を目指します!

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

さて、小池の側近だったおときたなんとかさんらの離反もあり、

希望の党は早速ガタガタになりつつあるように思われます。

希望の党の支持率も今のところ大したことはない一方、

安倍政権の支持率も下がっており、

自民共々爆死してくれるのではという希望が持てなくもないです。

顔であるはずの小池が参戦できず、

国政選挙に出ない癖に裏で糸を引くという構図になる気持ち悪さもあるでしょうし、

おときたらが暴露したように、

小池のやり口がマーケティングが過ぎることや、

過剰な言論統制、リベラル弾圧も受けが悪いでしょう。

そもそも殆どが元民進が入り込んでしまうということもあり、

ネット上でもいまいち評判は良くないようです。

 

しかし私がどうも気になってしまうのが

小池が希望のリベラル派を弾圧しようとする動きですね。

 

民進に対する最も多かった批判としては、

方向性がない、ということがあげられると思うんですよね。

共産党にいてもおかしくないような左寄りがいたり、

自民党以上の右寄りがいたり、

党としてのまとまりが全くなく、

「お前らただの安倍アンチの寄せ集めじゃないか?」

と言われてもしょうがないような状態だった訳ですね。

恐らく民進の議員達も、その批判は重々承知しており、

だからこそ小池が出てきてこんなにもあっさり分裂してしまったのでしょう。

そして大多数の国民も政党が左と右できっぱり分かれ、

わかりやすい政治になることを望んでいるように感じてしまいます。

 

つまり、希望の党が爆死しようがしなかろうが、

政界再編の動きというのは続いてしまうのでは、

という恐れがあるわけです。

 

一見どうでもよさそうに思えるかもしれませんが、

当然自民党も一枚岩ではない訳で、

二階氏のような左寄りの勢力もそれなりに存在しますし、

連立を組む公明党も支持母体の創価学会からして左寄りです。

この状態から自民党の左派が排斥され、

公明党も排斥され、

代わりに自民、希望、維新なんかで連立を組んでしまったらどうなるか。

今以上にネオリベ改革やり放題、緊縮財政もやり放題、

憲法も緊縮条項まできっちり入れ込んで改悪されてしまう、という恐れがあるわけです。

 

そういった懸念を考慮に入れると、

個人的には希望の党は自民以上に危険な勢力と言っても過言ではないと思うわけです。

 

理想は希望が爆死し、自民は大幅後退、立憲やその他が支持を伸ばし、

政局が中尾彬のスカーフの如くねじれにねじれている状態を作り出すことでしょう。

国難であるからこそ「無能が決められる政治」というのは最も危険なのです。

 

自希は磁気を放っているのでどうせひっつくぞ!

に同意いただける方はクリックお願いします↓


政治 ブログランキングへ

 


テーマ:


 

さて、小池主導で現れた、

自称寛容な保守改革勢力である希望の党ですが、

コテヤン氏も喝破しておられるようにその公約はひどい物であります。

しかし政党としていかに勢力を伸ばすかという観点で行くと、

はっきり言って完璧と言わざるを得ないという感じな訳です。

メインターゲットとしてネット民でちょっと政治経済に興味がある、

右寄りの層なんかの支持を狙いつつ、

内部留保課税やBIの導入、反原発、消費税増税凍結のような政策で

左寄りの層や安倍アンチも取り込もうとしている訳で、

「ああこりゃ勢力伸ばすだろうなあ」

というのは体感として非常にわかる物であります。

 

結局政治家の評価というのは、どうしてもイメージで決まってしまうという問題がある訳ですね。

世間では民主はひどかった!安倍自民の方がマシだ!

という意見が主流になっているようですが、

雇用回復なんて民主の頃から起きてますし、

成果という観点からしたら大して変わりません。

むしろ実際に増税してないだけ民主の方がマシ、という見方もできます。

株価もはっきり言ってアメリカと連動して上がってるだけです。

しかし世間ではそういった現実認識はなされず、

民主はアホっぽい、安倍はアホっぽくない、

といったイメージ的な話で実際の成果をゆがめてしまうという話であります。

もっとわかりやすいのが小池知事で、

築地が豊洲より汚染されてると突っ込まれたら、

築地はコンクリートで地下水が触れないから大丈夫、

とか寝言言い出すわけですね。

豊洲もコンクリートで地下水が触れないようになってる訳ですが。

しかし小池知事の改革者のイメージが受けが良かったために、

実際は舛添の比ではない無駄をやっているのにも関わらず、

メディアでも大して批判されないというありさまな訳です。

 

だからこそイメージ的な意味で完璧に近い希望の党は、

どれだけ政策的に失敗しても批判されずに評価され続けてしまう、

という恐れが大きいと思うわけです。

そういう意味で希望の党というのは自民以上に危険な政党と言っても過言ではない状態であります。

 

ただ唯一の救いは、

小池知事自体の評価はネット上では賛否両論ということでしょうかね。

ざっと見た感じですが、

テレビを見過ぎない人で、ちょっとでも自分で考える力があったら、

「豊洲問題は小池知事が悪いんじゃない?」

とさすがに気付く人が多い訳ですね。

ただ希望の党の公約自体は、

右寄りのネット民の多くから大喝采を受けてしまっている訳で、

あまりうかうかもしていられません。

もう一つ気になるのが希望の党が公約に掲げる内部留保課税でありますね。

この政策により課税されたくない企業が、

配当や自社株買いに企業預金を回してしまったら、

株価が上がってしまい、それが小池の成果として認識されてしまう恐れがあるわけです。

恐らく小池はそこまで考えて企業預金が配当や自社株買いに回るように誘導してくると思われます。

「所詮旧民進の寄せ集めだろ?」

みたいな感じで希望の党が失望されて求心力を失ってくれるとよいのですが、さてどうなるか。

 

サヨクなのであまり応援する気にもなりませんが、

枝野率いる立憲民主党が頑張ってくれることを祈るしかありません。

なんにせよ今回の選挙で経世済民の実現のためには、

財政出動が必要である、という現実が少しでも広まってほしい所存であります。

 

希望の党じゃなく絶望の党に改名しろ!

に同意いただける方はクリックお願いします↓


政治 ブログランキングへ

 


テーマ:

北朝鮮情勢が緊迫化する中での安倍首相の解散宣言は、

安定を望む国民心理を利用しようという党利戦略に思えてならないのですが、

そんな中小池新党の希望の党とやらが維新と協力体制を取り、

一気に国政進出しようとしているようであります。

この小池新党、「日本をリセットする」なんて掛け声からも明らかなように、

あからさまなネオリベ政党な訳です。

消費税増税凍結だけはまともですが、

どうせ財務省に言いくるめられるでしょうし全く期待はできません。

 

かといって野党はというと民進はネオリベ色、

自民色の強い前原がトップになり分裂状態ですし、

まともな政策を掲げている政党というのが存在しないという状態であります。

 

ではどこに投票すればいいのか、という話ですが、

私は現状で一番ベターなのは、無能に見える無能ではないかと思うわけです。

民主のルーピーレベルだと問題も大きいかもしれませんが、

福田くらいならちょうどいいんじゃないでしょうかね。

 

今日本で起きている危険な現象の一つに、

低成長なのに何故かその状態での安定を求めている、

ということが挙げられると思います。

サラリーマン年収はだらだらと下がっている状態なのに、

頭の悪い安倍信者が景気回復がどうのこうの騒ぐ訳です。

つまり有能に見える無能がトップについたら、

現実に起きている問題がそもそも認識されなくなってしまうということであります。

そう考えたら安倍首相や小池のような、

大多数の国民に有能と思われるのが上手い無能が総理になってしまうというのは最悪中の最悪と言わざるを得ない訳です。

(もうなってますが。)

 

もちろん少しでもまともな人がいるならそこに投票するに越したことはありませんが、

私は迷ったら無能に見える無能に投票しようかなと思っています。

皆さんも考え方の一つとして留めおいてくれると幸いです。

 

問題が問題だと認識されないのが最悪!

に同意いただける方はクリックお願いします↓


政治 ブログランキングへ

 


テーマ:

ビットコインとは仮想通貨の中でも最もメジャーな物でして、

性質としては通貨というより貴金属に近い感じの、

グローバルな人たちに人気な代物であります。

 

しかし普通の通貨と比べたメリットと言えば、

ただ送金に手数料が殆どかからないという一点のみであります。

レートが普通の通貨と比べても異常なまでに激しい値動きをすることから、

貯蓄用やプリペイドカードのような使い方には

よっぽど酷いインフレの国でない限りは向いていません。

通貨というよりただの投機商品と考えた方がいいでしょう。

 

しかし、そんなビットコインをネオリベかぶれみたいな人が良く持ち上げたがるのはなぜでしょうか?

それはビットコインの発想がそもそもネオリベじみているというのがあると思います。

ビットコインはサーバーに取引処理を代行してもらい、

その処理に応じてビットコインを受け取れる(マイニングといいます)、

といった仕組みで安い手数料で成り立っている訳ですが、

マイニングによる報酬はどんどん減らされてしまっており、

ビットコインのレートが上がり続けていなければそのうち電気代で赤字になってしまい、

誰もマイニングしなくなりビットコインは大暴落してしまうことでしょう。

更にビットコインを発行できる最終的な量は決まっているので、

そのうち発行できなくなってしまいます。

 

ここまで話したら大体わかると思いますが、

ビットコインに関わってる人たちは、

モロに貨幣数量説に捕らわれているということですね。

 

本気でビットコイン維持しようと思うなら、

ビットコインが下落したらマイニングの報酬を増やし、

ビットコインが上昇したらマイニングの報酬を減らすといった形で、

レートの安定を目指すべきでしょうし、

どう考えても破滅する貨幣総量規制なんて必要ないでしょう。

それをする気がないってことは、

結局どこかで売り逃げて大儲けしようとたくらんでるとしか思えませんがな。

 

そもそも、国に捕らわれない通貨が素晴らしい!とかいうおかしな賞賛をするネオリベもいますが、

もろにビットコインの団体に捕らわれてますやんけ。

国とわけわからない団体だったら普通国の方が信用できると思いますがね。

まあ中国の元とかよりはマシかもしれませんが。

 

なんにせよ近い将来、貨幣数量説に捕らわれた人たちが貨幣数量説で破滅する光景に人類は出くわすのかもしれません。

その時のダメージが最低限になるよう祈らずにいられません。

下手にこれ以上上がってしまうと日本経済も大打撃でしょう。

 

 

貨幣数量説に捕らわれず機動的な財政政策を!

に同意いただける方はクリックお願いします↓


政治 ブログランキングへ

 


テーマ:

 

 

ツイッターでタイムラインにこんなツイートが流れてきてぞっとして、

 

本当に絶望的な気分になってしまいました。

それもリツイートしていた人が、個人的に尊敬していた人だったので余計に・・・。

 

金がないなら刷ればいい、というのが最大のツッコミ所ではありますが、

それ以前に恐ろしいのが、

同じ国民である同胞を死に追いやろうとしているのに、

全く平然としていることでしょう。

仮に日本という国家の為に個人を犠牲にする必要が出てきた場合、

私は本当に申し訳ないと思いますし、

少なくともこんな

「別にしょうがないじゃんかー金ないんだからー」

みたいな態度をとれる訳がありません。

しかしこのツイートの講師は申し訳なさそうなそぶりすらありませんし、

このツイートを取り上げた山本一郎氏も特にフォローしておらず、

この態度を肯定的にとらえているように思えます。

 

しかしですね。

例えば実際に具体的な名前が出てくるどうでしょうか。

「~さんあなたはお金がない老人なので社会保障の無駄なので死んでください」

なんて山本一郎氏はツイートすることができるのでしょうか?

できるわけありませんね。

したところで炎上するだけでしょう。

 

しかし名前をぼかして、

しかも講師に代弁させ、

サバサバした態度でさっぱり死に追いやる分には、

山本一郎氏は大して抵抗がなく、

炎上もしないどころか賛同の声が多数というわけです。

 

ここに大量虐殺の恐ろしさがあります。

一人の人間を殺すのはサイコパスでもない限りは気が引けますが、

特定の階層を死に追いやっても、

ただの数字の動きにしか感じられない訳です。

しかし当然ながら大量虐殺で殺されるたくさんの数字の内の一つは、

家族があり、様々な人生を歩み、

努力したり悩んだり苦しんだり喜んだりする一人の人間であり、

それも同胞である日本人なのです。

 

地方だって同じことです。

地方は無駄だから衰退させろ、

というアゴラだかゴリラだかのネオリベさんたち、

本当に衰退の対象とする特定の地域を名指しすることができるんでしょうか?

本当にそれだけの覚悟があってそんな妄言を吐いてるのでしょうか?

 

そしてもう一つ言っておきたいのが、

金のない老人を死に追いやる社会は、

金のない子供も、金のない若者も、

金のないおっさんおばさんも、

当然死に追いやります。

 

歴史に学べばすぐわかるはずです。

同胞を大切にできない共同体はいとも簡単に崩壊します。

崩壊しないまでも、多くの血が流れることは間違いありません。

しかし、山本一郎氏を支持しているような

ネトウヨまがいの連中は、そんなこと露知らず、

日本の為に老人も、自分も、誰もかれもを死に追いやり、

日本国を亡国へと導いてしまうのでしょう。

 

しかし、本当に今回ばかりは泣きたくなってしまいました。

これが今の日本国の現状ということでしょうか。

とにかくまず想像力を働かせて、

同胞をシバく論というのがどれだけ残酷なのか理解してほしい訳です。

そうすれば、自然と国の借金なんて馬鹿らしい、

という話にも耳が行くようになり、

内容の整合性や、破たん論の馬鹿らしさにも気づけるはずです。

 

同胞を大量虐殺する前に、目の前の現実を見よう!

に同意いただける方はクリックお願いします↓


政治 ブログランキングへ

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス